ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

仮に私がフリーランスで仕事を受注し、成果物を受注先に納品し、対価を得たとします。
この場合、受注先は「顧客」という言い方で正しいのでしょうか。
広義で得意先ではあるとは思いますけど。

A 回答 (1件)

>受注先は「顧客」という言い方で正しいの…



仮に正しくないとしたら、あなたは何というのが正しいとお思いですか。

>広義で得意先ではあるとは思いますけど…

得意先とは、ひんぱんに、定期的に、仕事をくれる顧客のことです。
ご質問文では、
「受注し、成果物を受注先に納品し、対価」
とのことであり、それが単発で終わる、あるいはたまにしか来ないというのなら、“顧客”ではありますが“得意先”とは言えません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受注先・仕入先について

題の通りですが、例えばAからBが注文を受けたときですが、Bから言えばAは受注先というのでしょうか?前に勤めていた会社ではそのように言っていたと思います。しかし自分は受注先がBに言葉でいえば思えていました。Bから言えばAは受注元と感じるのですがどうなんでしょうか。受注元という表現している所はあるんでしょうか。またAからBがモノを仕入れたときBにとってAは仕入先なのでしょうか。「先」というくらいだからBが仕入先でAが仕入元という感じがします。そのへんの常識はどうなっているか知っておられる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

会社によって表現が異なりますし、言葉の表現では微妙で分かりにくいことがありますが、

注文はA社→B社、品物はA社←B社となるわけですね。
この場合、B社にとってA社はお得意先であり受注先となります。
逆にA社から見るとB社は発注先となります。手配先と言う表現もします。
受注元と言う表現はあまり聞きませんね。

後半は品物はA社→B社ですよね。
この場合、B社にとってA社は仕入先で、A社にとってB社は納入先と言うのが普通ではないでしょうか。

仕入と言うのは買う側にとっての行為をあらわしていますので、「元」と言えば自分を指すことになります。

そういう紛らわしさを防ぐ意味でも「受注」に対しては「発注」、「仕入」に対しては「納品」と言うように言葉を使い分けています。


人気Q&Aランキング