同内容の質問をしましたが、シックリ来ないので
もう一度質問させてもらいます。

マルチ商法とは連鎖販売取引の事で合法。
消費者センターに相談が多く寄せられてる職業で、
問題は多い。有名なのはアムウェイ。
等、基本的な事は全て把握して質問します。
別に合法なので職業自体を批判したい訳ではありません。

マルチ商法をやってる人に、職業を尋ねると
「コンサルタント」と名乗り、集客をしてる人がいます。
マルチ商法は連鎖販売取引で収入を得ている訳で、
コンサルで収入を得ている訳ではありません。
コンサルはクライアントの与件に対してクリアした事により、報酬をもらう事で職業として成立してます。これが本当に職業がコンサルタントの人です。

マルチの人は自分の下を育成して商品を買ってもらわないと自分の収入になりません。その育成の為に
フォローするからコンサルタントと名乗っているのはわかっています。世間のマルチに対する風当たりの悪さが影響しているのもわかっています。
連鎖販売取引をしている事を中々言え無いのもわかっています。


車を販売する人が車のコンサルタントとは
言いません。お客さんに尽くし、運転や構造をフォローしてもそれはセールスです。車を売って報酬を得るのですから。職業、車のセールスマンです。
職場で新人を教育する事を職業コンサルタントとは言いません。それは新人教育なだけです。


マルチ商法をやっている人で
セールスと新人教育を一緒にしてコンサルタントと言っています。
職業とは何で収入を得るか?だと思うのです。
マルチ商法は連鎖販売取引で収入を得ている訳です。下の人間を育成してその人から報酬をもらう訳ではありません。
コンサルタントの報酬で収入を得ている訳では無いのです。
あくまでも連鎖販売取引。下の人間が商品を買って
自分の収入になるのです。

職業虚偽は詐欺だと思うのです。

マルチ商法をやっている人が「コンサルタント」と
名乗る事。
これは違法では無いのでしょうか?

本件はあくまでもコンサルタントと名乗る事のみに
焦点を当てています。マルチ商法、連鎖販売取引はあくまでも合法なので、それを問題にはしないで下さい。

詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

商法(マルチ商法の商法ではなく、法律の商法です)にはコンサルタントの定義も規定もなく、何をコンサルと呼ぶかは決まりがありません。

商法には代理商という規定がありますが、それとも違うようですし。

なので、マルチ商法をやっている人が「コンサルタント」と名乗っても違法とする法律がありません。職業虚偽が詐欺になるかどうかですが、詐欺罪(刑法246条)には詐欺罪を「人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する」とあるので虚偽だけでは詐欺にならず、人をだまして金品を巻き上げて初めて詐欺と言えるんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

定義も規定も無いのですね!
法律的に問題が無くても世間の認識があるので
実際にコンサルの仕事をされてる方には
迷惑だと思うんですけどね……
とてもわかりやすい回答だったので、また、新たな疑問が湧いてきました。
マルチ商法の方がクレジットなどの申請する時は
何て書くのでしょうか?
そこにコンサルと書いて何も問題が無いのなら、
私のモヤモヤも完全にスッキリする気がします。
金融機関が認めてるなら虚偽では無いですもんね!
コンサルの定義や規定が無いから通ってしまうのかな?
良ければ教えて下さい。
もしくは、新たに質問文を投稿させてもらいます。

とても参考になりました!
ありがとうございました!

お礼日時:2016/01/20 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営コンサルタントと戦略コンサルタント。

経営コンサルタントと戦略コンサルタント。

理系の就活生です。
コンサル業界に興味を持ち、
いろいろと調べているところですが、
経営コンサルトと戦略コンサルの仕事違いがわかりません。

わかる方ぜひ教えてください。


そして、外資系企業は学歴特に重視されるそうで、
やはり大学の成績も重視されてますでしょうか?!

Aベストアンサー

申し訳ないがこれを調べられない時点で絶対にあきらめた方がいい。
絶対にだ。これはイヤミではない優しさです。本屋なり検索なり手段はたくさんあるだろうに

Q経営コンサルタントの料金

従業員22名の塗料メーカーですが、営業力の強化を
図るため、経営コンサルタントをお願いしようと
思っています。
経営コンサルタントの費用は相場幾らくらいとみれば
よろしいでしょうか?

Aベストアンサー

 ピンからキリまであります。
 中でも経営コンサルティング会社に所属しそこから派遣される経営コンサルタントと、個人経営(個人事業主)の経営コンサルタントでは、格段に費用が違います。そして個人の経営コンサルタントの中でも仕事として稼がないといけない人と、60歳を過ぎて年金をもらいお金にそう不自由がなくて社会貢献くらいのつもりで経営コンサルタントをしている人でも費用はかなり違います。
 また半年や1年のような期間を定めて契約する場合と、コンサルティングに来るたびに支払う出来高払いのような契約をする場合でも、費用に違いが出ます。
 年金生活の経営コンサルタントの場合は月に数回ほど指導訪問してせいぜい数万円/月、稼ぎたい個人の経営コンサルタントの場合は5~15万円/月、会社組織の中の経営コンサルタントなら20~50万円/月がひとつの目安です。ただし指導訪問の頻度(回数)にもよります。

Qコンサルタント?

経営コンサルタント・中小企業診断士等の役割について教えて下さい
又詳しく知れるサイトが有りましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして

質問の背景が判らないので一般的な話を書きます。
<質問の背景?>
・職業としてコンサルタントになりたい?
・現在自営等で会社(商売)をやっていて、コンサルティングが役に立ちそうか
 調べている?
・コンサルティングの会社に就職しようとしていて、どんな仕事か調査中?

(1)経営コンサルタント、中小企業診断士の違い
 基本的には、同じです。中小企業診断士には「公的資格」が必要なはずです。
 経営コンサルタントは「自称」でも可です。もちろん「技術士」のような公的資格
 をとって経営コンサルタントを行っている方もいます。

(2)役割
 企業を診断し業務改善の指導を行います。
 中小企業診断士は、名前のように中小企業や零細企業を主な客先とします。

(3)分野
 例え「経営」コンサルタントと言っても、それぞれのコンサルタントは、得意分野
を持っているのが普通です。
 <業態による分類>
 ・例えば、飲食店経営の分野、医療施設・医院経営の分野、衣料小売分野、等
  得意とする分野が業態によって決めているコンサルタント
 <業務による分類>
 ・経理部門の効率化、経営戦略の立て方の指導、工場の工程設計指導、
  在庫管理の指導、販売部門強化指導、等業務の深い知識によってコンサル
  ティングを行うコンサルタント

(4)規模
 経営コンサルティングを行っている会社の規模は、千差万別です。
 小は1人で行っているコンサルタント・中小企業診断士から、大は数百人規模
 の企業までさまざまです。
 5人以下のところが圧倒的に多いようです。

(5)経営コンサルタントの経営能力
 経営コンサルタントや中小企業診断士の人が、事業として経営コンサルティング
 を行っているわけですが、それらの人達の自分の経営が順風万歩かというと
 かなりお寒いのが実情です。
 理由は、
 (1)この不景気で、コンサルタントを雇う金が企業にない
 (2)コンサルタントの人達は、一般に企業の計数管理については勉強しています
  が、営業や販売の経験がないケースが多いため自分の営業が出来ていない

以上、役割を含め外部状況を簡単に説明しましたが、お役に立てたでしょうか?

はじめまして

質問の背景が判らないので一般的な話を書きます。
<質問の背景?>
・職業としてコンサルタントになりたい?
・現在自営等で会社(商売)をやっていて、コンサルティングが役に立ちそうか
 調べている?
・コンサルティングの会社に就職しようとしていて、どんな仕事か調査中?

(1)経営コンサルタント、中小企業診断士の違い
 基本的には、同じです。中小企業診断士には「公的資格」が必要なはずです。
 経営コンサルタントは「自称」でも可です。もちろん「技術士」のような公...続きを読む

Qコンサルタントどは?

コンサルタントについて詳しく教えてください。簡単に言うと得意な分野でアドバイスをしてお金をもらうんですよね?アドバイスが不適切で損失を与えた場合は損失を負担したりもするんでしょうか?分野によっても違うと思いますがいたったい全体わかりません!

Aベストアンサー

いろいろな領域がありますが、経営コンサルタントに関して話します。
おっしゃるとおり、得意な分野で、経験値や分析に基づいて、アドバイスをする仕事です。その結果顧客がそれを実行するかどうかや、結果に対しては責任を負いません。コンサルタントはそれらの顧客に対するコンサルティングから得た経験値を次のコンサルティングに応用していきます。

医者をイメージするとわかりやすいですね。
患者の不養生には結果責任負わないですから。

費用はほとんどの場合、コンサルティング開始前(プロポーザルという)に取り決めるので、顧客に損失を与えても負担はしません。(そうならないように予め細かく規定を設けます。他人のふんどしで相撲をとるのです)例外的に、成功報酬型の契約もありますが、コンサルティング会社は一般的にあまりそういうリスクをとりたがりません。

Qコンサルタントって?

コンサルタントって?

中小企業で社内ベンチャー的に新ビジネスを立ち上げ,業態的には売上好調ですが経理的には赤字です。社員1人パート4名で奮闘しています。このような状況なので社長は次々経営コンサルタントを送り込んで来ますが,その先生方はほぼ例外なく事細かにダメ出しをするので現場で苦戦している者にとってストレスが溜まるばかりです。コンサルタントの意見は曰く正論なのですが,現実的には机上の空論と聞こえてしまいます。特にこの業界に詳しい訳でもなさそうなのですが,コンサルタントの進言をどの程度受け止めたらいいのでしょうか?一時期心系(?)経営コンサルタントの書生経験があり舞台裏を見ているのでなおさら複雑です。

Aベストアンサー

>曰く正論なのですが,現実的には机上の空論と聞こえてしまいます。

セブン&アイの鈴木敏文氏が、かつて現場に指示した時、
「役員、確かに理屈ではそうかもしれませんが、現場は違います」
と、机上論であると反論して来た部下がいたそうです。
その時の鈴木氏の答えは
「理屈が正しいと思うなら、その通りにやりたまえ。理屈が正しければ上手くいくはずだ。上手くいかなければ理屈が間違っているのだ。どこが間違っているのかを治せば上手くゆく」


>特にこの業界に詳しい訳でもなさそうなのですが,

同じく、売場経験のない鈴木氏に対して「本の取次に現場がわかるものか」と言う批判が出た時
「現場を知らないから改革が出来る。現場を知ってしまったら(慣習に縛られたら)ナニも出来ない」




鈴木氏が、机上論の評論家でないことは明らかですよね。

コンサルを拒否し、敵対していたら、何も進みません。

「机上論だ」というならば、
「現実にやってみると、こういうことが起こるから、その通りに出来ない」
と、返答した方が良いですね。
「じゃあ、こうしましょう」という解決策が出るはずです。
マニュアルの回答しか用意していないコンサルなら出ないでしょうが、否定するのはそれからでも遅くありません。

ちなみに
>売上好調ですが経理的には赤字です
これが、イニシャルコストの償却を含んでいないのなら、大問題です。
売上不調なら、テコ入れ方法もありますが、いくら売っても赤字という構図では、事業をしない方がまし、という結論になってしまうからです。

見込みがある事業だからこそ、社長はテコ入れに先生を送り込むのだ、と前向きに捉えてください。
コンサルの先生が来なくなった時は、その部門が閉鎖されるときです。

>曰く正論なのですが,現実的には机上の空論と聞こえてしまいます。

セブン&アイの鈴木敏文氏が、かつて現場に指示した時、
「役員、確かに理屈ではそうかもしれませんが、現場は違います」
と、机上論であると反論して来た部下がいたそうです。
その時の鈴木氏の答えは
「理屈が正しいと思うなら、その通りにやりたまえ。理屈が正しければ上手くいくはずだ。上手くいかなければ理屈が間違っているのだ。どこが間違っているのかを治せば上手くゆく」


>特にこの業界に詳しい訳でもなさそうなのですが,

同じ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報