同内容の質問をしましたが、シックリ来ないので
もう一度質問させてもらいます。

マルチ商法とは連鎖販売取引の事で合法。
消費者センターに相談が多く寄せられてる職業で、
問題は多い。有名なのはアムウェイ。
等、基本的な事は全て把握して質問します。
別に合法なので職業自体を批判したい訳ではありません。

マルチ商法をやってる人に、職業を尋ねると
「コンサルタント」と名乗り、集客をしてる人がいます。
マルチ商法は連鎖販売取引で収入を得ている訳で、
コンサルで収入を得ている訳ではありません。
コンサルはクライアントの与件に対してクリアした事により、報酬をもらう事で職業として成立してます。これが本当に職業がコンサルタントの人です。

マルチの人は自分の下を育成して商品を買ってもらわないと自分の収入になりません。その育成の為に
フォローするからコンサルタントと名乗っているのはわかっています。世間のマルチに対する風当たりの悪さが影響しているのもわかっています。
連鎖販売取引をしている事を中々言え無いのもわかっています。


車を販売する人が車のコンサルタントとは
言いません。お客さんに尽くし、運転や構造をフォローしてもそれはセールスです。車を売って報酬を得るのですから。職業、車のセールスマンです。
職場で新人を教育する事を職業コンサルタントとは言いません。それは新人教育なだけです。


マルチ商法をやっている人で
セールスと新人教育を一緒にしてコンサルタントと言っています。
職業とは何で収入を得るか?だと思うのです。
マルチ商法は連鎖販売取引で収入を得ている訳です。下の人間を育成してその人から報酬をもらう訳ではありません。
コンサルタントの報酬で収入を得ている訳では無いのです。
あくまでも連鎖販売取引。下の人間が商品を買って
自分の収入になるのです。

職業虚偽は詐欺だと思うのです。

マルチ商法をやっている人が「コンサルタント」と
名乗る事。
これは違法では無いのでしょうか?

本件はあくまでもコンサルタントと名乗る事のみに
焦点を当てています。マルチ商法、連鎖販売取引はあくまでも合法なので、それを問題にはしないで下さい。

詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

商法(マルチ商法の商法ではなく、法律の商法です)にはコンサルタントの定義も規定もなく、何をコンサルと呼ぶかは決まりがありません。

商法には代理商という規定がありますが、それとも違うようですし。

なので、マルチ商法をやっている人が「コンサルタント」と名乗っても違法とする法律がありません。職業虚偽が詐欺になるかどうかですが、詐欺罪(刑法246条)には詐欺罪を「人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する」とあるので虚偽だけでは詐欺にならず、人をだまして金品を巻き上げて初めて詐欺と言えるんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

定義も規定も無いのですね!
法律的に問題が無くても世間の認識があるので
実際にコンサルの仕事をされてる方には
迷惑だと思うんですけどね……
とてもわかりやすい回答だったので、また、新たな疑問が湧いてきました。
マルチ商法の方がクレジットなどの申請する時は
何て書くのでしょうか?
そこにコンサルと書いて何も問題が無いのなら、
私のモヤモヤも完全にスッキリする気がします。
金融機関が認めてるなら虚偽では無いですもんね!
コンサルの定義や規定が無いから通ってしまうのかな?
良ければ教えて下さい。
もしくは、新たに質問文を投稿させてもらいます。

とても参考になりました!
ありがとうございました!

お礼日時:2016/01/20 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンサルタントって必要

コンサリングの人とかね。
コンサルタント会社とかね。
起業に助言するだけ、あーや、こーや、責任も無い立場で、
私は、分かりません、失敗をするなら自分でしたいし、成功も自分でする。
起業は社員の生活を守る必要がありますが、倒産は増えている。
コンサルタント会社は、責任が無い人々の集団と思われますが?
起業・会社には、必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

>起業・会社には、必要なのでしょうか?
はい。

コンサルタントが必要でないと思うのならば、この質問も大いなる無駄である事に気づくべし。
自分の知識だけで考えればよいのだから。

Qイメージコンサルタント-、目指したいのですが。。

こんにちは。
先週40歳を迎え、次の20年に向けて新たな挑戦をしたいと考えております。
これまで14年間、金融業界でマーケティングコミュニケーションマネージャー、現在はIT企業でマーケティングスペシャリストとして働いています。

社会人成り立ての時に受けたメディアトレーニングで、イメージコンサルタントという仕事を知りました。そして、いつかなりたいとずっと思っていました。しかし、20代、30代では説得力がないかなと人生、社会人経験を積むことで時間を費やしてきました。

とうとう40歳になり、それなりに経験も重ね、説得力ある年代になったかと思います。

しかし、私はCA上がりでも、モデル出身でもありません。あまり、マナーのことは分かりません。

私のように、ビジネスの世界で生きてきた人間が、突然イメージコンサルタントになれるか不安です。
一応、大森メソッドという会社のイメージコンサルタント養成講座を受けようかと考えています。

しかし、7日間の受講で54万近くかかります。かなり高い値段だと思うのですが。。。


マンションも購入したばかりで、無駄な投資をする余裕はないです。

でも、真剣にフリーランスでイメージコンサルタントとしていつか働きたいと考えております。


大森メソッドを受講された方、いらっしゃいますか?

念願のコンサルタントになれましたか?

仕事になりますか?

単なるぼったくりではないですか?

海外生活14年で英語は堪能なので、いずれAICI(アメリカのイメージコンサルタント協会)のメンバーになり、正式な資格も得ようと考えています。

無謀な夢でしょうか。

悩んでいます。

どんなアドバイスでも結構ですので、お考え、共有いただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。
先週40歳を迎え、次の20年に向けて新たな挑戦をしたいと考えております。
これまで14年間、金融業界でマーケティングコミュニケーションマネージャー、現在はIT企業でマーケティングスペシャリストとして働いています。

社会人成り立ての時に受けたメディアトレーニングで、イメージコンサルタントという仕事を知りました。そして、いつかなりたいとずっと思っていました。しかし、20代、30代では説得力がないかなと人生、社会人経験を積むことで時間を費やしてきました。

とうとう40...続きを読む

Aベストアンサー

多くの人は直接 AICI に加入できないのを活用して、日本で窓口をやるかわりに、お師匠さんにはたんまりお月謝とお礼を持ってきてくれはるんやろなぁ、という資格商売をしているのでしょう。

CA やモデルは、それだけで経歴=肩書きに使えて、出版のお話も出ますし、プロデュースして知名度を集客に結びつけることができます。それは、アパレルに限らず、資格の世界でも同じです。

以前、元CAさんが記したファーストクラスに乗る人がどうこうという自己啓発本だかを見かけたことがありますが、見た目だけのマナーで心がこもっていないことが伝わってきました。むしろ、ファーストクラスのお客様の振るまいのほうが、自然に大人の社会でのマナーを心得ている、と勉強させられただけなのでは、と思ったものです。

それくらい、資格の中でも「言った者勝ち」「稼いだ者勝ち」の資格商売ともいえる世界があること、そこでは声の大きいもの勝ちであること、をじっとガマンしながら、そういう目をも超えられる「イメージコンサルタント」になられることを願っています。

Qコンサルティングの職業

コンサルティングには下記肩書の職業以外のコンサルティングの職業はあるのでしょうか

経営コンサルティング
財務コンサルティング
人事コンサルティング
生産コンサルティング
営業コンサルティング

Aベストアンサー

コンサルタントです。あえて言えばITコンサルタントです。

あなた、いったい何を考えてコンサルタント業を細かく分解しようと思うのですか。
営業コンサルタントとコンサルタントは違うなんて考えたことがある以上、素人さんですよね。

私のやっていることを言いましょうか。言っときますがITコンサルタント、あるいはシステムコンサルタントとしてやっていることです。

まず売上を訊きます。
従業員数、開業からの年数と売上で、組織が健全な状態かどうか判断します。
この段階ではITは関係ありません。
創業社長にありがちなパタンで、細かなものを含めあらゆることを自分の手の内におさめようとしているかどうかがわかります。

この判断は経営コンサルタントの分析世界ですね。

社長の能力をオーバーフローしているのに口を出さないでいられない、しかし事業はうまくいっている、完了しそうならば、M&A売却を勧めます。

ストラテジーコンサルタントです。

そこまで熟していないとすれば、組織状態、責任の分散状態がわかりますので、打てる手が絞られます。
何を商品としてみましょうか、どう売り出しましょうか、と言う話になりますから営業コンサルタントになります。

なぜそうするかというと、そこでスタート点をはっきりさせないとITの世界から始められないからです。

具体的に何かを作る話になったとき、手法や生産計画の相談をしていくあたりからITコンサルタントです。
お客様のほうは、その本題に入ることを期待して発注しています。そこにいくための準備掃除のようなことをしてもらったとしか思いません。

さて、この話はべつの職業では何と同じでしょうか。

医者ですよ。

医者にも内科外科耳鼻咽喉科産婦人科、等がありますが、外科は切るばかりだということはありませんね。

たとえば甲状腺の病気があります。腫れていて身体コントロールのバランスが崩れている場合、どう治療すると思いますか。

その腫れをひかせる、という手のために内服薬でやる方法があります。これは甲状腺内科の仕事です。
腫れをひかせるのに医薬品では有効でないので、放射線で収める方法があります。これも甲状腺内科の仕事です。

腫れすぎて喉がつまりそうになっていたら、摘出が最善という場合があります。これは甲状腺外科です。

そして、甲状腺内科と甲状腺外科は別の医師ですけど、密接に連携して治療にあたります。
外科が患部を切ったらよい、と言う話にはなりません。何しろ成長ホルモンの臓器ですから、まともな稼働になるように調整するには内科が手を出さなければいけないのです。

もっと一般的な病気でいいますと、急に腹が痛いと駆け込んでくる患者は、どの科に行きますか。
通常内科ですね。でもそこで診断したら胃腸ではなく心臓かもしれません。腎臓や胆嚢かもしれません。もしかしたらべつの古傷のせいかもしれません。
あるいは女性の場合は子宮系統かもしれません。

頭が痛いと駆け込む先が脳外科ということは普通なくて、やっぱり内科ですね。
そしたら耳鼻咽喉科の問題かもしれませんね。
あるいは血栓かもしれませんね。
歯髄炎のような歯科医の領域かもしれませんね。

よく聞いてみるとストレス過多が問題で、心療内科にいったり精神科にいく必要があるかもしれませんね。

どの専門医にいくかはわからないんです。

でも入口は大体の場合内科が多い。
だったら内科医は、おれは外科は知らないとか、耳鼻咽喉科は知らないとか婦人科は知らないとは言えないのです。
自分は専門ではないというのはかまいませんが、耳鼻咽喉科や婦人科に渡したほうがいいという判断まではできないとまずいのです。
往診先で内科ではない病気だと思ってもその場で対処がすぐにできないとまずいから持っている薬を処方して注射できる程度の判断は要求されるのです。

よく飛行機パニック映画で病人が出て「お医者様はいらっしゃいませんか」というシーンがありますが、このセリフはとりあえず医者であればだれでもいいのです。
何が悪い患者なのか、死ぬのか助かるのか、対応に想像がつくかだけ知りたいわけです。

コンサルタントの話に戻りましょう。

何コンサルタントといおうが、他のコンサルタントの守備範囲を理解し、連動できる程度の実力は必要です。

自分を何コンサルタントだと言うのも自由でしょうが、インチキを見抜くのはただ一つ。
専門としているだろうと思われる以外のコンサル領域の質問をすればよろしい。
なんとかコンサルタント、といっていながら簿記の知識もないのであれば明らかにインチキ、あるいは半端ものです。

具体的に言うと騒ぎになりますけど、Web系のコンサルタントを称している連中にインチキが多いと思いますよ。

たとえばSEOだけのコンサルタント、って何の役にたつと思いますか。

相手の社名とキーワードを組み合わせてニッチな状態で検索トップにだす、なんていうのは誰にでもできる手品です。
それしかできないようならインチキ以前に詐欺じゃないですか。
そうでない人もいるでしょうから、特定の職業を悪く言っているのではありませんよ。ただゴミが多いという感想を述べただけです。

コンサルタントです。あえて言えばITコンサルタントです。

あなた、いったい何を考えてコンサルタント業を細かく分解しようと思うのですか。
営業コンサルタントとコンサルタントは違うなんて考えたことがある以上、素人さんですよね。

私のやっていることを言いましょうか。言っときますがITコンサルタント、あるいはシステムコンサルタントとしてやっていることです。

まず売上を訊きます。
従業員数、開業からの年数と売上で、組織が健全な状態かどうか判断します。
この段階ではITは関係ありません。
創業...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報