人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

炭火で焼肉を焼く時に 炎の上がらない上手な焼肉があれば教えてください。毎回焼く時に炎が上がり困っています。

A 回答 (10件)

炭火コンロを「炭を集めて火力の強い所・炭が少なく火力が弱い所・(可能なら)炭が無い場所」をつくるのです。



炎が上がるのは、肉から脂が滴るからで、そこまで焼けたなら、火力の強いところから弱いところに移動させます。炭が少なく火力が弱いなら脂からでる炎でむしろ良く焼けるようになるでしょう。

もっとも炭と網の距離が近すぎると、炭が少なくても炎で焦げることがあるので、そういう場合は、炭のないところを作るのもあります。
    • good
    • 0

それって肉から出る脂が、火(炭)に落ちるからでしょ!


脂が火に落ちない様に工夫すれば良い事です。
網を使わずに、鉄板で焼くとか・・・出た脂を集めて落ちない様に工夫すれば良い事ですね。
(こんなの観察して考えれば幾らでも防げる事ですよ)
    • good
    • 0

火力が強い


炭と網の高さが短い
肉の脂が溶けて燃える

七輪などは、煙突構造で 日が強くなりがち 炭も備長炭は、火力が強すぎる ホームセンターの安い炭も 燃えやすく日持ちしない オガ炭が一番良いと思います。
バーベーキューグリル(フラットに炭を並べるやつ)
網焼きでなく鉄板で焼く

鶏肉の鳥皮などは、燃えますねー
牛肉なら 強烈な霜降りでなければ 七輪でも大丈夫ですよ! 火が出たら 端に避けるで
何とかなります。
    • good
    • 0

網を直だとなるから、網の下に受ける鉄板をおけばいいんじゃない?


そうだ!自分も今頃気付いてる
    • good
    • 0

炭に落ちた脂が燃えるので、網焼きだと避けようがないです(^^;)


これは、焼肉店でも同じこと。

なので、どうしても炎を出したくなければ、鉄板でやるしか無いかと。
鉄板でも、遠赤外線の効果は得られますし。

肉が脂に浸かるのが嫌なら、凹凸のある鉄板を使用するか、鉄板を少し傾けてあげれば、
少しは解消できると思います。
    • good
    • 0

脂が落ちると炎が上がります。


脂が少ない部位ならば多少回避できますが、炭火で焼いて美味しい部位は脂がほどほど以上にありますからね。
岩塩プレートなんかを使うと、直に脂が落ちないので炎が上がりづらいですよ。
https://yamahack.com/808
    • good
    • 0

使う炭は何を使ってますか?


品質の良くない炭だと火力が弱いし、持ちも悪い。
火力にムラがあり炎が上がりやすいです。

我が家は年間20回くらい炭火BBQをしています。
オガ炭なんですが、残った炭は火消し壷に入れて次回に使います。
コスパがいいですし、爆ぜないし、煙も出にくいですよ。
    • good
    • 0

炎が上がるなら氷を網に置けばいいだけですよ。

    • good
    • 1

そういうものなので、割り切ってください

    • good
    • 0

ホルモンの油で炎上するのですか?


豚肉ですか?
炭が多すぎるとか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭火バーベキューの際の、炭からの発火について

炭火を使っての焼肉が好きで、春から秋にかけて
庭先などでよくやっています。
そこで、毎年悩んでいるのですが、鳥の手羽や豚トロなど
を焼くと油が網の下の炭に滴り落ちて、火が出てしまいます。
そうすると、炭焼きではなく、火あぶりになってしまって
黒焦げになり、おいしく焼けません。
鉄板では味気ないので、何としても網焼きにしたいのですが、
どうすればこの問題を解決できるでしょうか。
どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

アウトドアが趣味で、年間20kgの炭を2~3袋使う人です。

まず炭を完全に熾しましょう。(全体が赤くなるまで。)
安物のでなければそれなりな時間持ちます。
炭を追加したい場合は、別に用意した火熾し場所で赤くなってから
追加します。(この場所をファイヤーピットといいます)

この準備をした状態で、焼肉をすすめてください。
一度に肉を乗せすぎると、無駄に油が落ちすぎてしまうので、
強い火力で短時間が基本です。(厚い肉除く)
野菜等の強い火力が向かない材料がある場合は、
コンロ内に炭の多い場所と少ない場所を作ってあげればよいのです。

そして油が落ち、火が出たら霧吹きを使って火を消します。
全体が赤くなった炭は、炎が消える程度の霧吹きの水分くらいじゃ火力が極端におちたりしません。
BBQの詳しい人の中には霧吹きで火力調節(かなり吹きかけるらしい)する人もいるらしいですけどね。

と言うわけで、
1、炭は全体が赤くなってから使用。(できればファイヤーピットを準備)
2、肉を乗せすぎない。
3、火力に差をつけたい時は炭の量をコンロ内でエリア分けする。
4、炎が上がったら霧吹きで消化。
で、おいしくできますよ。

【参考】
火熾しにはチャコールスタータがあると便利です。
商品名だとチャコスタ等。
これがあると種火さえあればほっといてもあっという間に勝手に真っ赤な炭が作れます。
所要時間は10~15分くらいです。

余計な話までながなが書きましたが、順を追うと火あぶりにならなくておいしくできる流れなので
参考までに!

アウトドアが趣味で、年間20kgの炭を2~3袋使う人です。

まず炭を完全に熾しましょう。(全体が赤くなるまで。)
安物のでなければそれなりな時間持ちます。
炭を追加したい場合は、別に用意した火熾し場所で赤くなってから
追加します。(この場所をファイヤーピットといいます)

この準備をした状態で、焼肉をすすめてください。
一度に肉を乗せすぎると、無駄に油が落ちすぎてしまうので、
強い火力で短時間が基本です。(厚い肉除く)
野菜等の強い火力が向かない材料がある場合は、
コン...続きを読む


人気Q&Aランキング