会員登録で5000円分が当たります

福岡空港から対馬空港までよく飛行機を利用するのですが、対馬空港はすぐに視界不良で着陸ができずに欠航になります。
視界不良は天気が悪い事が原因だとは思いますが、雨が降っていても視界不良にはならなく普通に着陸する事もあります。
どのような天候の状況が重なってしまうと視界が悪くなりやすいのでしょうか?
そして、この時期はやはり特に視界不良になりやすいのでしょうか?

A 回答 (1件)

雲の高さが影響しています。


対馬空港は山を切り開いて(山頂を削ったのだったかな?)作った空港なので標高が少しある(と言っても100mも無かったはずですが)ため、雲の底面と地上との距離が海岸部の空港の場合より不利になります。その辺の影響です。
で、あとは山間部に作ったため風向が一定しない場合があり、これも着陸の妨げとなります。

で、雲が低い場合も、空港側に飛行機を滑走路へ誘導するための設備が十分整っていれば安全に着陸できますが、対馬空港の場合はそういった設備も十分ないため欠航になってしまうものです。
設備設置には多額のお金が掛かるので需要を考えると難しいのでしょう。

参考まで。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング