こんにちは。意匠設計事務所勤務のものです。
配電盤・分電盤のちがいは何でしょうか?
キュービクルの中に配電盤があるのですか?
また、分電盤と動力盤・電灯盤の違いって・・・
図面によって書き方いろいろでよくわかりません。
教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

配電盤、分電盤などについては他の質問も散見されます。

合わせて参考にしてみてはどうでしょう。

教えて!goo 配電盤、分電盤等の違いについて
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8245797.html

A 回答 (5件)

お答えします。



配電盤とは分電盤等へ電気を供給する盤です。
分電盤とは各機器(照明,コンセント,モータ等)へ電気を供給する盤です。
通常家庭に取り付けている盤はこれですね。分電盤の行き先はコンセントか照明器具でしょう!

次に動力,電灯というのは次のように区別しています。
動力回路とは3相3線をいいます。電圧は関係ないです。
電灯回路とは1相3線,1相2線のことをいいます。
ですから動力盤,電灯盤とは上記の電気がきている盤ということですね!
両方きているときは動力・電灯盤ともいいます。
ですから動力配電盤,電灯分電盤,動力・電灯配電盤,動力・電灯分電盤などが存在します。

次にキュービクルとは高圧の電気を低圧にダウンする為にトランス(動力,電灯),コンデンサ,低圧ブレーカ等を内蔵した盤です。トランス等の寸法が大きいので大きな盤になります。ちなみにトランス等をむき出しにする時もあります。キュービクルというのはいっしゅの変電所ですね。
当然キュービクルの中には低圧のブレーカーも内蔵していますがほとんどは各分電盤への電気を送る役目をします。ですからキュービクル内の低圧は配電盤の役目になりますね!

ちなみに、日本では電力会社から電気の供給は以下の通りです。
  ・1相2線       →街灯などがこれ
  ・1相3線 100v/200v  →一般家庭はこれ
  ・3相3線 200v    →俗に言う動力引き込み
  ・3相3線 6600v    →俗に言う高圧引き込み
   ※高圧も動力ということですね!
    高圧は電気の使用量が相当多くないとだめですよ。
  ・その他 →3相3線22000v,3相3線77000v等があります。

   
    • good
    • 21
この回答へのお礼

わかりやすいアドバイス有難うございます。
電気のマメ知識まで頂きまして・・・。
机の横に貼っておきます。

お礼日時:2004/11/01 10:10

こんにちは


はじめにキュービクルとは...?
自家用受変電設備(一般的な6kv受電)は、
専用の区画室が必要で、そこに変圧器他高圧機器を組み合わせて受変電設備を形成していたのですが、
JISによりキュービクル式受変電設備が規定され、
盤形式が主流になったわけです。
キュービクルとして一体になった受変電設備でも、
中身を分割すると、
(1)高圧受電盤(高圧引込部、遮断器等、電力会社機器収納)
(2)高圧コンデンサ盤(高圧コンデンサ等)
(3)高圧き電盤(高圧回路の系統分岐用)
(3)変圧器盤(変圧器収納)
(4)低圧盤(低圧電灯動力回路のブレーカ収納)
一般的に上記(3)(4)が同一盤となり低圧配電盤と読んだりしています。低圧配電盤では区別がわからないので低圧電灯盤、低圧動力盤って私はつけます。
電灯の系統は低圧電灯盤(低圧配電盤)→電灯分電盤→照明器具、コンセント
動力の系統は低圧動力盤(低圧配電盤)→動力分電盤(一般的には制御があるので動力制御盤)→動力機器という感じです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

きれいにまとめて頂きありがとうございます。
キュービクルの結線図とにらめっこして、確認していきました。
GUWANAさんに習って、わたしも名前が混乱しないように低圧電灯盤、電灯分電盤・・・と区別して呼ぶようにします。

お礼日時:2004/11/01 10:15

過去、受変電に関係していましたが、図面、盤のネームプレートで配電盤というのは余り記憶に無いですね。

引込み盤,高圧盤、トランス盤、コンデンサー盤、発電機盤、切換え盤、、、、。440V動力分電盤、220V
動力分電盤、照明分電盤、、、、。6600Vの受配電設備の呼び方は大体こんな風だと思います。
配電という呼び方は送配電関係(特高)だと理解しているのですが、どうでしょうか?
1、盤の違いについては上述のとうりで、
2、キューピクルは直接知りませんが、見ていますと
おっしゃるように中に高圧保護装置、トランスの高圧盤と
低圧動力、照明の低圧盤があります。主幹の下に分岐して
送り出しているので高圧盤、低圧盤、又は低圧分電盤と言った格好だと思います。
3、分電盤と動力盤、、、。については直接負荷に供給する盤か、そうでないかの違いだと思います。
下に分電盤のあるような場合根もとの配電な訳ですので単に照明盤と呼び、その下にNO.1照明分電盤、、、。というような名前のつけかたでした。
以上、ご参考まで。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

専門的アドバイス有難うございます。
盤の名前もいろいろでうね。
NO.5の方のアドバイスと総合すると受変電内の動力分電盤・照明分電盤とおっしゃているものがそのまま動力配電盤・照明配電盤と読みかえれそうな感じです。
これからもよろしくおねがいします!

お礼日時:2004/11/01 10:05

キュービクル自体はあまり覗いたことがありません。


(高圧エリアは、私は関係ないので)
死亡事故とかまれにあるので近寄らない様にしてます。

図面で見た感じでは受電盤=キュービクルという感じですね。
大きな開閉器があってそこから配電盤に繋がってるという形になってます。
キュービクル内にはトランス等入ってて、6600Vから440V,220V,105Vといった感じに降圧した電源系を個別に配電盤に送ってます。
これ以降は低圧エリアになります。

小さな設備だと、キュービクルから動力盤,照明盤にそのまま繋がってるのもありますね。
(これは配電盤としての機能もキュービクルに含んでる様です)

私自身は、動力盤以降は細かく把握してますがそれ以前の部分は大雑把にしか把握してません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました。
電気の世界は意匠屋にはまだまだ深くてナゾが多いです。
勉強になりました。
この後も電気に関する質問をすることがあると思いますので、宜しくお願いします。

お礼日時:2004/11/01 09:55

うむぅ。

私も理解はしてませんが。

各フロアに対して一括監視できるのが配電盤,フロアの中で各装置に電力を割り振ってるのが分電盤かなという気がしますが。

私が見てる物としては下記の様な感じで名前付いてますね。
動力盤と電灯盤は、ポンプや機械用としての動力電源と照明用電源の系統を分ける事が多いのでそれぞれの用途のブレーカが収められてます。
動力盤の下流に分電盤がいます。
分電盤は、末端の装置(ポンプ等)の直前に有ります。
動力盤が無いところではいきなり分電盤だったりします。

実際のところ、規模に応じて名前つける人次第という気もしますね。私もよく判りませんです。

下記URLに一部の盤の仕様など載ってますので参考までに。

参考URL:http://www.mitsubishielectric.co.jp/haisei/index …

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます!
うーん、ということは、配電盤>動力盤>分電盤
または、配電盤(≠動力盤)>分電盤だったりですか?
キュービクルと配電盤の関係ってどうなんでしょう??
次から次へと質問すいません。

補足日時:2004/10/30 19:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【電気工事】「分電盤と配電盤について教えてください」 分電盤に関する質問: 一戸建て住宅だと分電

【電気工事】「分電盤と配電盤について教えてください」

分電盤に関する質問:

一戸建て住宅だと分電盤はお風呂場の更衣室に多い気がしますが、なぜわざわざ水分や湿気が多い場所に分電盤を置くようになったのでしょうか?

電気業界は漏電させて火災かショートさせて買い替えを加速させたかった?

分電盤を風呂場の脱衣所の湿気が多い場所に設置するようになった歴史を教えてください。

配電盤に関する質問:

マンションだとどこかに配電盤管理室があって、そこから各家庭の家の中にある分電盤=ブレーカーボックスに電線が引っ張られてきていると思いますが、マンションの場合は配電盤はどこにあるのが一般的ですか?

うちのマンションは空き地の広場スペースに灰色の金属ボックスがポツンと置かれているのですがこれが配電盤でしょうか?

外に配電盤があるのはおかしいですか?

管理人室の電気点灯ランプとか付いている何かしら監視している管理室に配電盤があるものなのでしょうか?

配電盤が外にあるのか中にあるものなのか教えてください。

Aベストアンサー

>住宅だと分電盤はお風呂場の更衣室に多い気がしますが…

・ユニットバスに点検口があり、維持管理がしやすい
・分電盤が美観を損なうものとの誤解から、客人の目に付きにくいところを選んだ結果
・浴室・脱衣は家の角になることも多く、たまたまそこが電柱から近かった

などの理由です。

>分電盤を風呂場の脱衣所の湿気が多い場所に設置…

確かに推奨されてはいませんし、娘さんが入浴中にブレーカーが切れてもお父さんは直せにいけないことになります。

私も本職の電気工事士ながら、あまり良い場所とは思っていません。
自分からお客さんに勧めることはしませんが、図面上でそうなっていたり、お客さんがそういろという場合はやむなくそのようにしています。

>マンションの場合は配電盤はどこにあるのが…

マンションの規模により、電力計に近い玄関や廊下、管理人室、専用の電気室など様々です。

Q屋外キュービクルと分電盤の離隔距離

ビルの屋上にあるキュービクルからAC200Vを取り出しキュービクル側面に設置した分電盤に配線する予定なのですが、キュービクルと分電盤には離隔を取る必要があるかどうか?
また離隔を取らなければならないとすると、どのような法規にそれが書いてあるか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>キュービクル側面に設置した分電盤に配線する予定なのですが、
キュービクルと分電盤には離隔を取る必要があるかどうか?

*高圧受電設備規程(JEAC 8011-2002)の 130-1(受電室の施設)の2項に
 キュービクルとの保有距離が定められています。

(1)点検を行う面・・・・・・・・・・・0.6m以上
(2)操作を行う面・・・・・・・・・・・1.0m+保安上有効な距離以上
(3)溶接等の構造で換気口がある面・・・0.2m以上 
(4)溶接等の構造で換気口が無い面・・・ -   

 屋上が屋外のケースでもこれに従うとよろしいです。

 質問の側面が(4)のケースですと、離隔は必要有りません。 
但し、高圧受電設備規程の130-3に屋外に設置する場合の保有距離(1m+保安上有効な距離以上)が必要な場合や
点検保守用通路の確保(0.8m)が必要と定めています。

Q配電盤・分電盤の違い

こんにちは。意匠設計事務所勤務のものです。
配電盤・分電盤のちがいは何でしょうか?
キュービクルの中に配電盤があるのですか?
また、分電盤と動力盤・電灯盤の違いって・・・
図面によって書き方いろいろでよくわかりません。
教えてください!

Aベストアンサー

お答えします。

配電盤とは分電盤等へ電気を供給する盤です。
分電盤とは各機器(照明,コンセント,モータ等)へ電気を供給する盤です。
通常家庭に取り付けている盤はこれですね。分電盤の行き先はコンセントか照明器具でしょう!

次に動力,電灯というのは次のように区別しています。
動力回路とは3相3線をいいます。電圧は関係ないです。
電灯回路とは1相3線,1相2線のことをいいます。
ですから動力盤,電灯盤とは上記の電気がきている盤ということですね!
両方きているときは動力・電灯盤ともいいます。
ですから動力配電盤,電灯分電盤,動力・電灯配電盤,動力・電灯分電盤などが存在します。

次にキュービクルとは高圧の電気を低圧にダウンする為にトランス(動力,電灯),コンデンサ,低圧ブレーカ等を内蔵した盤です。トランス等の寸法が大きいので大きな盤になります。ちなみにトランス等をむき出しにする時もあります。キュービクルというのはいっしゅの変電所ですね。
当然キュービクルの中には低圧のブレーカーも内蔵していますがほとんどは各分電盤への電気を送る役目をします。ですからキュービクル内の低圧は配電盤の役目になりますね!

ちなみに、日本では電力会社から電気の供給は以下の通りです。
  ・1相2線       →街灯などがこれ
  ・1相3線 100v/200v  →一般家庭はこれ
  ・3相3線 200v    →俗に言う動力引き込み
  ・3相3線 6600v    →俗に言う高圧引き込み
   ※高圧も動力ということですね!
    高圧は電気の使用量が相当多くないとだめですよ。
  ・その他 →3相3線22000v,3相3線77000v等があります。

   

お答えします。

配電盤とは分電盤等へ電気を供給する盤です。
分電盤とは各機器(照明,コンセント,モータ等)へ電気を供給する盤です。
通常家庭に取り付けている盤はこれですね。分電盤の行き先はコンセントか照明器具でしょう!

次に動力,電灯というのは次のように区別しています。
動力回路とは3相3線をいいます。電圧は関係ないです。
電灯回路とは1相3線,1相2線のことをいいます。
ですから動力盤,電灯盤とは上記の電気がきている盤ということですね!
両方きているときは動力・電灯盤ともいいま...続きを読む

Q分電盤の表記(図面上での)

失礼いたします。
僕は電気工事会社に勤めてまだ一年にも満たない新入社員です。
場違いかもしれませんがご回答願います。
僕は今図面の修正を上司から頼まれていて、今の図面に載ってない盤があるのでそれを拾ってどんな盤かを文章で書かなければいけまん。盤自体は写真を見て判別をしろと言われています。
大体でいいとは言われているのですがそんなわけにはいきません。
それでですが、盤の表記はどのような形で書けばいいのでしょうか。
頭のMCCBやELCBなどの規格や盤の回路数などを書くものなのでしょうか?
わかりにくい質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

書き込みがないのでアドバイスします。

この回答は質問者さまの情報が不足しており指示した上司しかわからないでしょう。
ですから上司に直接聞いてください。

まして新人なら不明点は遠慮せず聞くべきです。
嫌われるほど聞いて上司の性格と技術を吸収してください。

時間が経過すればどんどん聞きにくくなります。

補足
それから実務経験が長くなれば聞きにくいことも少しずつ増えてきますよ・・・。
経験上5回ぐらいは同じことを聞いても良いと思います。

Q【電気工事】「分電盤」と「配電盤」の違いを教えてください。 配電盤には漏電遮断器は入ってないだけの違

【電気工事】「分電盤」と「配電盤」の違いを教えてください。


配電盤には漏電遮断器は入ってないだけの違いですか?

配電盤には配線用遮断器だけ入る?

それだけの違いならなぜ配電盤を使う必要がある?

どこに配電盤を使う?

制御盤はリモコンリレーが入るボックスですか?

OA盤って何が入るんですか?

OAの略は何ですか?

Aベストアンサー

<以下、「分電盤通販ショップ」様のサイトです>




電力会社の発電設備や変電設備の多くは都心部から離れた所にあり、電気を使用する都心部までの数十kmから数百kmを送電するため、電圧を高めて送電ロスを少なくしています。需要家が電気を使用できるよう、高圧を低圧に変圧(6600Vから200Vや100V)して、負荷設備に配電する設備がキュービクル(高圧受変電設備)です。キュービクル(高圧受変電設備)は、扉上部に「変電設備」の表示があり高圧受電(6600V)で契約する、小中規模工場、ビル、学校などに設置されます。キュービクル(高圧受変電設備)は、区分開閉器、断路器、遮断器、変圧器、保護継電器、制御装置、計測機器、低圧配電設備で構成されています。

キュービクル




分電盤についてもっと詳しく説明します




分電盤とは、電気を安全に使用するために必要な漏電遮断器(漏電ブレーカー)や配線用遮断器(安全ブレーカー)を1つにまとめた箱のことを言います。ホーム(住宅用・家庭用)分電盤では、これらの他に電流制限器(アンペアブレーカー)が設置できるリミッタスペースを設けている製品があります。業務用分電盤、電灯盤などの場合には、漏電遮断器や配線用遮断器のほかに電力量計や制御用のリレー、照明をリモコンで制御するための制御ユニットなどが組み込まれている場合があります。

<以下、「分電盤通販ショップ」様のサイトです>




電力会社の発電設備や変電設備の多くは都心部から離れた所にあり、電気を使用する都心部までの数十kmから数百kmを送電するため、電圧を高めて送電ロスを少なくしています。需要家が電気を使用できるよう、高圧を低圧に変圧(6600Vから200Vや100V)して、負荷設備に配電する設備がキュービクル(高圧受変電設備)です。キュービクル(高圧受変電設備)は、扉上部に「変電設備」の表示があり高圧受電(6600V)で契約する、小中規模工場、ビル、学校などに設置され...続きを読む

Q分電盤 アロー盤

住宅用分電盤とアロー盤との使い分けはどのようにされていますか?

Aベストアンサー

パナソニックの分電盤はあまり使用した事が無いので詳しく知りませんが、そのような事を聞いた覚えは有りません。

焼けるのは根本的に分電盤の選択が悪かっただけで、住宅用とかアロー盤とかは関係無いと思います。
主幹バーの容量と主幹ブレーカーの容量、そして負荷の使用状況を考慮して選択すべきです。

ただ、アロー盤は住宅用に比べスペースにゆとりがあり、材質も金属なので放熱性は良いと思うし、強固なので信頼性は高いと思います。

Q分電盤と配電盤は同じものなんでしょうか?

分電盤と配電盤は同じものなんでしょうか?違うものなんでしょうか?

Aベストアンサー

一般的なもので説明すると・・・・

ある程度規模の大きい店舗やビルは高圧(6000Vとか)のまま受電しキュービクル(ミニ変電所)で100Vに落とし何カ所かに配電します。それが配電盤です。
さらにその先に分電盤を設けあちこちの照明・コンセントへ分岐させます。

一般住宅では電柱のトランスで100Vに変圧済みのものを受電しますのでいきなり分電盤へつながっています。

おおまかに言えばこんな感じでしょうか。
一般人の間では区別せずに使われていることがほとんどですが、別にそれが元でトラブルになったりすることはないと思われます。

Q分電盤

分電盤でメインブレーカが175Aです、1次側の電線サイズをWL1の60sqで配線しています。 R相側だけ70度のサーモラベルが変色しています。 どんな理由が考えられますか?

Aベストアンサー

電流の偏りも考えられます。増し締めを確認してください。
内戦規程では定格電流の80%以下で使用することになっています。
それと、ブレーカは周囲温度による影響を受けますので、そのブレーカの温度補正率を算出し、更に掛ける必要があります。
あとブレーカは実効値で動作しますから、実効値測定ができる測定器を使用してください。

Q配電盤・分電盤の取り扱いに関して

以前配電盤・分電盤の取り扱いに関して電気工事士資格が必要がどうかを質問させて頂きました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1062319.html
分電盤への作業に関する規定を定めている法律は何に当たりますでしょうか。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気工事士法3条2項で定められていますが、これでは具体的ではありません。

法律の条文どおり経済産業省令で定めています。

ということで、「電気工事士法施行規則」で詳細に定めています。
内容は参考URLに施行規則の抜粋があります。

分電盤に関連した作業では

  イ 電線相互を接続する作業
  ハ 電線を直接造営材その他の物件(がいしを除く。)に取り付ける作業
  ニ 電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物に電線を収める作業
  ヌ 配電盤を造営材に取り付ける作業

などが電気工事士資格者のみに許された作業ということでしょうか。

参考URL:http://www.nisa.meti.go.jp/safety-chubu/hokuriku/denki/sikaku/koujishi/sekoukisoku.htm

Q分電盤製作時の疑問

いつも質問ばかりさせてもらっています。
動力の分電盤を製作するときに主幹、分岐回路が盤内にあります。主幹ブレーカの2次側と分岐回路のブレーカ1次側をつなぎますが、容量が大きく、接続が困難な場合は、よく主幹の1次側から、分岐回路のブレーカの1次側に渡らせて接続しているのを見ます。
私的には、主幹ブレーカの2次側から出た線と、分岐回路のブレーカ1次側を接続するのが、正当だと考えていました。

そこで疑問なのですが、

(1)このように、主幹の1次側から、分岐回路のブレーカの1次側に渡らせて接続するのは正しいのか?

(2)もし長所、短所などがありましたら、ご教授ください。

Aベストアンサー

(1)正しくない、とは言えません。分岐回路の規定と引込口装置の規定を満足していれば大丈夫です。(幹線の過電流保護が出来ること、主幹ブレーカーと一次送りブレーカーの合計個数が6個以下であること。)

(2)長所は主幹の動作でその回路が遮断されないことでしょう。非常用負荷などは一次送りにします。短所は逆に保護協調が難しいことと、主幹を開放しても切れない回路があるので危険なことです。

なお、起動電流が大きい回路を一次送りにする場合は、幹線側の保護が出来ていないケースが多いので、よく検討する必要があります。

また、漏電しやすい回路を主幹漏電遮断器の一次送りとして、専用の漏電遮断器を設ける場合も有ります。

原則は主幹の2次側に接続です、接続しにくいから一次側に、と言う安易なことは避けるべきです。メンテナンス面からも、一次送りは好ましくありません。(停電時に誤認する可能性が高い。また、主幹一次端子が過熱する可能性が高い。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報