人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

こんにちは。意匠設計事務所勤務のものです。
配電盤・分電盤のちがいは何でしょうか?
キュービクルの中に配電盤があるのですか?
また、分電盤と動力盤・電灯盤の違いって・・・
図面によって書き方いろいろでよくわかりません。
教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

配電盤、分電盤などについては他の質問も散見されます。

合わせて参考にしてみてはどうでしょう。

教えて!goo 配電盤、分電盤等の違いについて
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8245797.html

A 回答 (5件)

お答えします。



配電盤とは分電盤等へ電気を供給する盤です。
分電盤とは各機器(照明,コンセント,モータ等)へ電気を供給する盤です。
通常家庭に取り付けている盤はこれですね。分電盤の行き先はコンセントか照明器具でしょう!

次に動力,電灯というのは次のように区別しています。
動力回路とは3相3線をいいます。電圧は関係ないです。
電灯回路とは1相3線,1相2線のことをいいます。
ですから動力盤,電灯盤とは上記の電気がきている盤ということですね!
両方きているときは動力・電灯盤ともいいます。
ですから動力配電盤,電灯分電盤,動力・電灯配電盤,動力・電灯分電盤などが存在します。

次にキュービクルとは高圧の電気を低圧にダウンする為にトランス(動力,電灯),コンデンサ,低圧ブレーカ等を内蔵した盤です。トランス等の寸法が大きいので大きな盤になります。ちなみにトランス等をむき出しにする時もあります。キュービクルというのはいっしゅの変電所ですね。
当然キュービクルの中には低圧のブレーカーも内蔵していますがほとんどは各分電盤への電気を送る役目をします。ですからキュービクル内の低圧は配電盤の役目になりますね!

ちなみに、日本では電力会社から電気の供給は以下の通りです。
  ・1相2線       →街灯などがこれ
  ・1相3線 100v/200v  →一般家庭はこれ
  ・3相3線 200v    →俗に言う動力引き込み
  ・3相3線 6600v    →俗に言う高圧引き込み
   ※高圧も動力ということですね!
    高圧は電気の使用量が相当多くないとだめですよ。
  ・その他 →3相3線22000v,3相3線77000v等があります。

   
    • good
    • 23
この回答へのお礼

わかりやすいアドバイス有難うございます。
電気のマメ知識まで頂きまして・・・。
机の横に貼っておきます。

お礼日時:2004/11/01 10:10

こんにちは


はじめにキュービクルとは...?
自家用受変電設備(一般的な6kv受電)は、
専用の区画室が必要で、そこに変圧器他高圧機器を組み合わせて受変電設備を形成していたのですが、
JISによりキュービクル式受変電設備が規定され、
盤形式が主流になったわけです。
キュービクルとして一体になった受変電設備でも、
中身を分割すると、
(1)高圧受電盤(高圧引込部、遮断器等、電力会社機器収納)
(2)高圧コンデンサ盤(高圧コンデンサ等)
(3)高圧き電盤(高圧回路の系統分岐用)
(3)変圧器盤(変圧器収納)
(4)低圧盤(低圧電灯動力回路のブレーカ収納)
一般的に上記(3)(4)が同一盤となり低圧配電盤と読んだりしています。低圧配電盤では区別がわからないので低圧電灯盤、低圧動力盤って私はつけます。
電灯の系統は低圧電灯盤(低圧配電盤)→電灯分電盤→照明器具、コンセント
動力の系統は低圧動力盤(低圧配電盤)→動力分電盤(一般的には制御があるので動力制御盤)→動力機器という感じです。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

きれいにまとめて頂きありがとうございます。
キュービクルの結線図とにらめっこして、確認していきました。
GUWANAさんに習って、わたしも名前が混乱しないように低圧電灯盤、電灯分電盤・・・と区別して呼ぶようにします。

お礼日時:2004/11/01 10:15

過去、受変電に関係していましたが、図面、盤のネームプレートで配電盤というのは余り記憶に無いですね。

引込み盤,高圧盤、トランス盤、コンデンサー盤、発電機盤、切換え盤、、、、。440V動力分電盤、220V
動力分電盤、照明分電盤、、、、。6600Vの受配電設備の呼び方は大体こんな風だと思います。
配電という呼び方は送配電関係(特高)だと理解しているのですが、どうでしょうか?
1、盤の違いについては上述のとうりで、
2、キューピクルは直接知りませんが、見ていますと
おっしゃるように中に高圧保護装置、トランスの高圧盤と
低圧動力、照明の低圧盤があります。主幹の下に分岐して
送り出しているので高圧盤、低圧盤、又は低圧分電盤と言った格好だと思います。
3、分電盤と動力盤、、、。については直接負荷に供給する盤か、そうでないかの違いだと思います。
下に分電盤のあるような場合根もとの配電な訳ですので単に照明盤と呼び、その下にNO.1照明分電盤、、、。というような名前のつけかたでした。
以上、ご参考まで。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

専門的アドバイス有難うございます。
盤の名前もいろいろでうね。
NO.5の方のアドバイスと総合すると受変電内の動力分電盤・照明分電盤とおっしゃているものがそのまま動力配電盤・照明配電盤と読みかえれそうな感じです。
これからもよろしくおねがいします!

お礼日時:2004/11/01 10:05

キュービクル自体はあまり覗いたことがありません。


(高圧エリアは、私は関係ないので)
死亡事故とかまれにあるので近寄らない様にしてます。

図面で見た感じでは受電盤=キュービクルという感じですね。
大きな開閉器があってそこから配電盤に繋がってるという形になってます。
キュービクル内にはトランス等入ってて、6600Vから440V,220V,105Vといった感じに降圧した電源系を個別に配電盤に送ってます。
これ以降は低圧エリアになります。

小さな設備だと、キュービクルから動力盤,照明盤にそのまま繋がってるのもありますね。
(これは配電盤としての機能もキュービクルに含んでる様です)

私自身は、動力盤以降は細かく把握してますがそれ以前の部分は大雑把にしか把握してません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございました。
電気の世界は意匠屋にはまだまだ深くてナゾが多いです。
勉強になりました。
この後も電気に関する質問をすることがあると思いますので、宜しくお願いします。

お礼日時:2004/11/01 09:55

うむぅ。

私も理解はしてませんが。

各フロアに対して一括監視できるのが配電盤,フロアの中で各装置に電力を割り振ってるのが分電盤かなという気がしますが。

私が見てる物としては下記の様な感じで名前付いてますね。
動力盤と電灯盤は、ポンプや機械用としての動力電源と照明用電源の系統を分ける事が多いのでそれぞれの用途のブレーカが収められてます。
動力盤の下流に分電盤がいます。
分電盤は、末端の装置(ポンプ等)の直前に有ります。
動力盤が無いところではいきなり分電盤だったりします。

実際のところ、規模に応じて名前つける人次第という気もしますね。私もよく判りませんです。

下記URLに一部の盤の仕様など載ってますので参考までに。

参考URL:http://www.mitsubishielectric.co.jp/haisei/index …

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます!
うーん、ということは、配電盤>動力盤>分電盤
または、配電盤(≠動力盤)>分電盤だったりですか?
キュービクルと配電盤の関係ってどうなんでしょう??
次から次へと質問すいません。

補足日時:2004/10/30 19:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q弱電端子盤って何ですか?何が入っているのでしょうか?

転職先の私の机の真横には、「弱電端子盤」と書かれた大きなボックスがあります。
よく、電磁波が体に悪いとか聞きますが、聞いたことの無い「弱電端子盤」の漢字に、少し戸惑っています。
1.弱電と呼ばれるぐらいなので、弱い電気が静かに流れている?
2.あのボックスの中には何が入っている?
3.何の役割をしている?
聞きたいのは、この3点です。

多分、「弱電端子盤」と呼ばれるものを知らない為に不安なのかも知れませんが‥‥本当に聞いたことが無いので‥‥

それに、「弱電端子盤」について理解出来れば、「あぁ~この役割なんだ~」と、職場の仕組み?について理解できるかなぁと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電力設備ならおそらく「高圧」「低圧」と言う表現になると思います。
そうでなくて「弱電」と言う言葉を使っているので、多分、電話や火災報知器やLANの様な、信号をやり取りするための配線が入っている箱なんじゃないでしょうか?

で、電話線、怖いですか?

電話線は、普段は50ボルトの直流電圧がかかっています。ベルが鳴る時はこれが交流電流になります。弱いながらもそれなりの電流量で、それ相応の電磁波も出ます。でも、そんな電磁波まで気にする様だと電話機も触る事が出来ないわけですから、気にする必要はないでしょう。

Q配電盤・分電盤の取り扱いに関して

以前配電盤・分電盤の取り扱いに関して電気工事士資格が必要がどうかを質問させて頂きました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1062319.html
分電盤への作業に関する規定を定めている法律は何に当たりますでしょうか。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気工事士法3条2項で定められていますが、これでは具体的ではありません。

法律の条文どおり経済産業省令で定めています。

ということで、「電気工事士法施行規則」で詳細に定めています。
内容は参考URLに施行規則の抜粋があります。

分電盤に関連した作業では

  イ 電線相互を接続する作業
  ハ 電線を直接造営材その他の物件(がいしを除く。)に取り付ける作業
  ニ 電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物に電線を収める作業
  ヌ 配電盤を造営材に取り付ける作業

などが電気工事士資格者のみに許された作業ということでしょうか。

参考URL:http://www.nisa.meti.go.jp/safety-chubu/hokuriku/denki/sikaku/koujishi/sekoukisoku.htm

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q空調機の動力盤、制御盤等 初心者に分かるように教えてください。

動力盤、制御盤、インバーター等それぞれの役割、違いを教えてください!

Aベストアンサー

動力盤
主に電動機などの動力系をまとめた盤
※制御系を含めても動力盤と呼ぶ

制御盤
リレーシーケンスやシーケンサ、パソコンなど司令塔の役目がある場合

インバーター
機械の速度やポンプ、ブロアーの流量制御をする場合に使用する

通常では、動力盤、制御盤の振り分けは曖昧です。
今は制御も分散化していますので、総称して「~制御盤」と呼ばれる方が多いようです。

Q電源 200V単相と3相の違い

電源 200V単相と3相の違いについて教えてください。
どう違うのでしょうか?
電気のことはぜんぜん分からないので詳しくお願いします。

あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとるとどうなりますか?(家庭用電源ではなく、会社の電源です)

200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとるとどうなりますか?

Aベストアンサー

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。

> あと、200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V30A(3相)から電源をとると…

前項の問題がクリヤしたとして、次に、質問者さんの会社が、低圧受電か高圧受電かによって、この答えは変わってきます。
電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。
6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。
高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。事前に十分な技術的検討が必要です。

> 200V30A(単相)と書いてるサーバを、200V50A(3相)から電源をとると…

200Vで30Aということは、6kVAの容量といいます。200V50A(三相)は、17.3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。単相の電源盤からとるとしても、同じです。余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。
どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。
経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。

> 電源200V単相と3相の違い…

すでに三人の方から回答があるとおりですが、まだ出ていないことを補足します。
(なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。)
電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。大地に対する電圧です。単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。このため、住...続きを読む

Q「強電」と「弱電」の違い

「強電」と「弱電」の違いがいまいちわかりません。

僕が思っていたのは、
 ○学門等なら一般の電気工学が「強電」、
  電子工学とかが「弱電」、
 ○設備等なら電力設備が「強電」、通信ケーブルとか
  電話線等の信号等の設備が「弱電」
かと思っていました。

なんか定義等ありますか?

「電子工学」は「弱電」かと思いますが「電気工学」
だけでも「強電」と「弱電」に分かれますか?
量子力学なんかは弱電ですか?
制御工学は?

どの辺で強電・弱電に分かれるか、等よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子回路系は弱い電気ですよね。電気エネルギー、熱エネルギーに変換するような機械とかは強い電気を使いますよね。それへの違いだと思います。
なのでその電気の量に対して重点を置かない量子力学や制御工学は、どちらとも言えないんじゃないですか?
一般的には強電流工学 (電力・電気機器工学)と弱電流工学(電子・通信工学)に分かれます。

QEB と ELB (漏電ブレーカ)

ずばり、EBとELBの違いは何ですか?
実は、家の分電盤の電力会社のリミッターが30Aで、時々切れてしまうため、40Aに取替えを電力会社に依頼したら、
「まず、今ついている30AのEBを30AのELBまたは40AのELBに交換してからでないと出来ない。」と言われました。
取替えは工事屋さんに頼みますが、自分でもいろいろ知っておきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。40A契約というのは100V利用時換算で40Aということですから単相3線式の場合は20A+20Aや30A+10Aというような使い方となります。
それに対し、30AのELBはどちらか一方の電線に30A以上の電流が流れた場合動作するという機能となります。30AのELBでは最大60A使用が可能ですが最悪30Aしか使えないという場合があります。リミッターが契約目的、ELBが電線保護と目的が違うため機能にも差が有るということです。
40Aのリミッターでは最悪の場合、片線に40Aの電流が流れる可能性があるため、EBの破損や電線の焼損につながる恐れがあることから電力会社では取替えの要請を出したものと思われます。
googonさん宅の工事ではgoogonさん宅の電線太さを確認して30Aか40Aかの選択になるものと思われます。

ELBはEB(漏電遮断器)とLB(負荷遮断器)の両方の機能を持ったものです。
30AのEBは30A以上流せない漏電ブレーカーで、30A以上流れているときや、30A以上流れている状態で漏電発生による遮断動作時にブレーカーが故障する可能性があります。
30AのELBは30A以上流れた場合または漏電したとき遮断するブレーカーです。

40A契約でなぜ30AのELBかと言うと、
40Aリミッターは単相3線式回路の中線を除く両回線の合計電流40A以上で動作する機能を持っています。4...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q接地極付(E)と接地端子付(ET)の使い分け方

住宅の意匠設計者です。
電気設備の設計を依頼して図面が上がってきたのですが、
ちょっと不信な箇所が数点あります。

そこで教えてください。

コンセントの接地極付(E)と接地端子付(ET)は皆さんどのように使い分けているのですか?

例えば、
○接地極付(E)は
・TV
・PC
・オーディオ
・AV機器類を中心に?

○接地端子付(ET)は
・冷蔵庫
・洗濯機
・FF暖房機
・大型家電を中心に?

○アースターミナル(EET)は、設置される物が不明の場合

このようにコンセントに接続する器具によって使い分けているのではないかと思うのですが、
どうでしょうか?

手元の図面は、FF暖房機でも(E)と(ET)が混在したりしています。
冷蔵庫は(E)、電子レンジは(E)、ウォシュレット便器は(ET)といった設計です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

おそらく電気設備の設計担当者が,内線規定(電気設備技術基準をもとにした詳細規定)
を遵守せずに設計している感じがします。
> 冷蔵庫は(E)、電子レンジは(E)、ウォシュレット便器は(ET)といった設計です。

冷蔵庫は(E)・・・OKです。<EETの方が望ましい(現実はアース線接続になる。)
電子レンジは(E)・・・OKです。<EETの方が望ましい(現実はアース線接続になる。)
ウォシュレット便器は(ET)・・・NGです。<EETを使います。(規定上の最低レベルはE。ただし,現実はアース線接続になるため,遵守の為にはEETとなる。)

決め方としては,内線規定に遵守した形で設計してから,
設置する器具の電源プラグが接地極付きじゃなく,アース線接続の場合は,EからEETに変更する。
予算にゆとりがあるなら,EやETを付ける場所を全てEETにする方がよいと思います。

あと,プラズマテレビを接地する箇所は,EETにする方がよいです。

下記,URLも参考にされてみてはいかがでしょうか?
http://denko.panasonic.biz/Ebox/naisen_k/wiring1.html

こんにちは。

おそらく電気設備の設計担当者が,内線規定(電気設備技術基準をもとにした詳細規定)
を遵守せずに設計している感じがします。
> 冷蔵庫は(E)、電子レンジは(E)、ウォシュレット便器は(ET)といった設計です。

冷蔵庫は(E)・・・OKです。<EETの方が望ましい(現実はアース線接続になる。)
電子レンジは(E)・・・OKです。<EETの方が望ましい(現実はアース線接続になる。)
ウォシュレット便器は(ET)・・・NGです。<EETを使います。(規定上の最低レベルはE。ただし,現実はアース線接続...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング