EU諸国はどうして環境に対する意識が高いのでしょうか?
やはり、教育なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「教育のために、EU諸国の環境意識は高い」とは言えないと思います。



というのは、その「教育」や「環境意識」、「自然観」などを含んだ文化そのものが、地理的、歴史的な特徴や変遷によって生み出されてきたわけですから、「環境意識が高くなって、そして、このような教育がなされるようになった」というしかないと思われるからです。

ただ、「環境意識の高さを再生産するシステムは何なのか」、「日本に欠けており、かつ、EU諸国にあって、日本に導入することで成果があがりそうなシステムは何か」ということを考えると、確かに「教育」であると思います。ただし、それは「与えられる教育」という意味ではなく、「学習の機会の得やすい仕組み」です。

現在、日本人は、若年層を中心として高い環境意識を持ちつつありますが、それが行動(環境行動)にむすびつきません。欧米諸国と日本の間に、市民文化の成熟、市民活動の活発さにおける大きな開きがあるからです。日本が見習うべきは、家庭や地域で自然について話すこと、調べること、実践することもEducationであるという再認識と実行、そのための環境整備であると思います。そして、学校での学習と、社会人の学習は、本来分離しているものでなく、積極的に連動していくことがベストであると考えます。

…質問とズレてますか? 自信なしにしとこう(笑)。
    • good
    • 0

僕は日本人の環境に対する意識は非常に高いと思っています。

ただ、EUのそれとは世界観が違ってるような気がする。
江戸時代の江戸の環境は世界に誇る非常に優れた循環システムを構築していたのはご存じかと思います。
でもそれは全体をシュミレートして設計したものではない。
日本人に欧米流の全体学的な教育をしてもどうなんだろう?
それでも日本人は部分の改良改善に固執する癖はなおらないかも。
経済は一流だけど、それでもカルロスゴーンのようなフランス人が必要なのだから。
    • good
    • 0

ヨーロッパの意識が高い理由は、確かに教育もあるでしょうが、それでは教育水準が高いアメリカでは意識が低い理由が説明できませんね。



僕は、ヨーロッパは既に酸性雨による被害が出ているからだと思います。ヨーロッパはアメリカよりも早く先進国になっていますし、旧東ドイツが品質の悪い石炭をぼんぼん燃やしたりしたもんだから、酸性雨による被害が深刻なのです。

アメリカや日本も、目にみえる被害が出たら、もっと意識も高まるんじゃないかと思います。
    • good
    • 0

家庭内外を問わない教育、法律を遵守する意識の2点が日本と全くことなっていますネ。


日本の幼稚園や保育所でお遊戯を習っているとき、ドイツなどではゴミの分別を学んでいます。
家で何かを処分するとき、分解できる限界まで分解して分別を行なうのは常識です。リサイクルできるものはリサイクルし、ゴミは極力出さないというのも常識です。
法律として分別収集は厳格に行なわれています。そして、地域でのゴミ出しの規則は破りません。5種類以上の分別箱があり、決められた日に決められた箱に捨てるのが当然のこととして行われています。
買い物で過剰包装はなく、リサイクルできないトイレットペーパーやティッシュペーパーはどうして?!!と思う程高い値段(一箱1000円のティッシュ、これが普通です)で販売されています。
日本では教育も適当ですし、法治国家といえるのかが疑問に思えるほど法律の運用は曖昧です。また、自治体によってゴミ問題や開発問題には温度差がありますし、住民もそれを遵守しているかというと‥
教育と法律に従う意識、この2点が大きいでしょうネ。
以上kawakawaでした

この回答への補足

どうもありがとうございます。
なぜEUは環境に対する意識が高いのかということをレポートにしたいと思っているのですが、そのことについて参考になる文献やURLがありましたら教えてください。

補足日時:2001/07/21 14:33
    • good
    • 0

もちろん教育の体制というか方向性は大きく違います。


しかし、その背景には経済成長による環境破壊が、公害や地域環境問題となった時期があったのではないでしょうか。

日本は欧州諸国の産業革命の後に経済成長することとなったため、形的にはヨーロッパの少し後を歩いてる感じじゃないですか?

日本も少し前に、公害問題(地域環境問題)が大きな社会問題となり、公害に配慮した経済成長を目指すようになりましたが、地球規模の地球環境問題に対してはまだまだ認識が足りませんね。

さらに近年ではアジア地域が急成長するに当たって、日本で起こったような公害問題が発生しつつありますね。

とまぁ、ヨーロッパをみていれば他の国が、環境に対して今後どうしなければならないかが分かるはずなのですが、何せ人間は困ったもんで目先の経済に手を伸ばす修正があるようで、どこもしっかりヨーロッパの後ろを着いていくわけですね。

でもそのうち何かに気づいて、いつかは今のヨーロッパに近づくのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエコって何?CO2って環境に影響ないのですか?

エコポイントとかエコ減税とかCO2排出の少ないものはエコだそうですが、
原発反対者の方々は、CO2は環境に影響がないから、原発止めて、
バンバン石炭燃やしても温暖化とは何の関係もないとおっしゃいます。

そうすると、エコポイントやエコ減税って、いったい何なのでしょうか?
よろしくお教えください。

Aベストアンサー

地球温暖化対策プランに係るパブリックコメントの要旨及びこれに対する府の考え方
http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/resources/1292838836248.pdf

まあ、リンク先の意見の要旨を見ていただきたい。これは京都府が地球温暖化対策プランを実施するにあたって、府民に意見を求め、その府民の意見をまとめて、京都府の考え方を付記したものです。

これを読んで気がつくことは、否定的な意見がほとんどないことです。地球温暖化を疑う意見がありません。温室効果ガス主犯説を疑う意見はありません。エコポイントをまやかしだと否定する意見がありません。

これはどういうことなのでしょうか。どう解釈すれば良いのでしょうか。

地球温暖化否定論者、温室効果ガス主犯説否定論者、エコポイント否定論者は、まるで麻原彰晃のように反原発教団の中だけで吼えていたとしか考えられません。

確か、京都大学に小出裕章という人がいて、「原子力発電もまた大量の二酸化炭素を放出する」と唱えていたような気がするのですが、私の勘違いでしたかねえ。

京都大学は京都府に無いのでしょうか。どうして小出裕章はパブリックコメントに意見を寄せようとしなかったのでしょうか。ということは反原発教団の忠実な信徒だけが小出裕章のブログを読めばよいと考えているのではないでしょうか。

いくら麻原彰晃が吼えたところで、地球温暖化防止の国際協力の枠組みを話し合う国連気候変動枠組み条約締約国会議が今年で18回目になるという厳然とした事実があります。毎年毎年約200の国と地域の代表が1万人も集って会議をしているのはいったいなんだというのでしょうか。

「ああいえば、上祐」みたいな詭弁を弄して、いくら吼えたところで、国際会議の場で発言しなければ何の意味もありません。小出裕章は、反原発教団の教勢拡大だけが目的なのでしょう。


松岡洋右じゃあるまいし、「火力発電所は日本の生命線」なんてスローガンを日本国内でいくら唱えたところで、そういう身勝手なひとりよがりは国際社会では通用しません。それは戦前の歴史で学んだことなのではないでしょうか。

地球温暖化対策プランに係るパブリックコメントの要旨及びこれに対する府の考え方
http://www.pref.kyoto.jp/tikyu/resources/1292838836248.pdf

まあ、リンク先の意見の要旨を見ていただきたい。これは京都府が地球温暖化対策プランを実施するにあたって、府民に意見を求め、その府民の意見をまとめて、京都府の考え方を付記したものです。

これを読んで気がつくことは、否定的な意見がほとんどないことです。地球温暖化を疑う意見がありません。温室効果ガス主犯説を疑う意見はありません。エコポイントをまや...続きを読む

Q地球温暖化に対するEUの取り組み

EUは地球温暖化に対する取り組みとして
具体的にどんなことをしているのでしょうか。
ご存知の方、もしくは参考URLをご存知の方、
教えていただけないでしょうか。
また、EU以外の国の情報もありましたら
教えていただけると嬉しいです。

また、京都議定書について簡単に説明してある
サイトがありましたら、教えてください。

上記の質問のうち、どちらか一つでもかまいませんので
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「European Environment Agency」
さらに、
◎http://europa.eu.int/comm/environment/climat/home_en.htm
◎http://europa.eu.int/comm/environment/climat/eccp.htm
(European Climate Change Programme (ECCP))

「京都議定書」に関しては、
◎http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/cop3/k_koshi.html
(京都議定書の骨子)

詳細が知りたければ、
◎http://www.mofa.go.jp/mofaj/
(外務省)
このページの右上に「京都議定書」等を入力して検索してください。沢山Hitします。

ご参考まで。

参考URL:http://themes.eea.eu.int/issues/climate

Q行儀やマナーは、エコとか環境保護などに反しますか?

行儀やマナーは、エコとか環境保護などに反しますか?
極論で一つの事だけを取り上げますが、

例えば、食事中に下に落とした物を拾って食べる人、食べない人
食べない人の中でも、もったいないけど人目とかを気にして食べない人
誰も見てないけど、しつけで行儀良く育ったため、食べない人

など育った環境などによって十人十色だと思います。

北朝鮮やアフリカなどの貧困な人は極端ですが
日本の江戸時代や、それ以前での一般庶民は
何のためらいもなく、それどころかもったいない事のみで
拾って食べるのではないでしょうか?

もったいない事をしてまで行儀やマナーは人類にとって必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

行儀やマナーは、他人を不快にさせないこと・自分を危険にさらさないための行動を起源とするものだと思います。「落としたものを食べない」と言うのは、元々は食中毒を避けるためのものではないでしょうか。

イスラムの豚肉を食べない・・というのは腐りやすい豚肉を食べて豚コレラにならないようにするためですし、犬が物を食べた食器で食事をするな・・と言うのは狂犬病を避けるためです。

TVで食べ物を落とした場合、何分以内なら食べても安全か(ばい菌の繁殖量を調べる)・・と言う実験をおこなっていました。落とした場所の衛生状態によりますが落としたものを拾って食べて病気になったのでは、もったいないどころではないでしょう。

>行儀やマナーは人類にとって必要なのでしょうか?
合理的理由のない人為的な行為(なになに流では、こうやる・・と言うの)は無駄でしょうが、合理的理由が有り生活の知恵で形成された行儀やマナーは人類にとって必要だと思います。
そして行儀やマナーを破る場合はリスクが有ることを覚悟して行動する必要が有ります。

Q「ISO14001の取得件数率が高ければ高いほど環境対策に意欲的に取り

「ISO14001の取得件数率が高ければ高いほど環境対策に意欲的に取り組んでいる国である」という指標にはなりますか?


また、間接的でも直接的なものでも良いのですが、何かの値がその国の環境対策への意識が高いことを表すものとなるものは何か他にありますでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

ISO14001のマネジメントシステムに掲げている
・著しい環境側面の内容の適切性
・そこから導出される目的・目標の具体的内容
・実施及び運用の適切性
・内部監査とマネジメントレビューによる自浄・改善能力の高低
によってきますね。レベル認定でなく、継続的改善のための
マネジメントメソッドを提供していて、それにあっているかどうかなわけですから。

その国の環境対策への意識が高いことを表すものとしては
・EUの恐ろしいくらい厳しい各種指令
 RoHS(鉛はんだの息の根を止めました) WEEE REACH EuP
・CO2、温室効果ガスの削減量、京都議定書の目標履行度(排出権取引は除いて、
 CDMやJI、植林などカーボンオフセットなどによる実削減)
・フロン削減率
・電力消費量の削減率
・リデュース リユース マテリアルリサイクル サーマルリサイクル 廃棄物
 の増減

…てなとこかなぁ…?

Qエコの押し付けにウンザリ…環境への意識は個人でバラバラなのは当然じゃな

エコの押し付けにウンザリ…環境への意識は個人でバラバラなのは当然じゃないの? おととい、私と友達の二人で、近所のおばさんに料理を教えてもらいました。
おばさんは、個人で本も出している料理研究家の方です。
私の家で、美味しい天ぷらを揚げるコツとかを教えてもらいました。

天ぷら料理が終わった後の油は、色はほとんど変わっていませんでした。
しかし、何となくまた使う気にはなれませんでしたので、食事が終わった後、少し冷めた油を流しへ捨てていました。
すると、おばさんに「固めてから燃えるごみで捨てるか、新聞紙に染み込ませて捨てなさい」と言われました。
私が「どうしてですか?」と尋ねると、「環境に悪い」とゴチャゴチャ言われました。

油を流しに捨てて、魚が死のうと環境が破壊されようと、私に関係ない気がします。
たかが油を流しに捨てる事が、そんなに悪いことなのでしょうか?理解できません。
皆さんの家庭では、使用済み油をどうされていますか?流しに捨てる私は少数派でしょうか?

それにしても、環境への意識は個人でバラバラなのは当然だと思いませんか?
こういう、自称「私は環境に優しい人間」の価値観を押し付けられるのにはウンザリします。

環境無関心派の意見も、尊重されるべきと思いませんか?

エコの押し付けにウンザリ…環境への意識は個人でバラバラなのは当然じゃないの? おととい、私と友達の二人で、近所のおばさんに料理を教えてもらいました。
おばさんは、個人で本も出している料理研究家の方です。
私の家で、美味しい天ぷらを揚げるコツとかを教えてもらいました。

天ぷら料理が終わった後の油は、色はほとんど変わっていませんでした。
しかし、何となくまた使う気にはなれませんでしたので、食事が終わった後、少し冷めた油を流しへ捨てていました。
すると、おばさんに「固めてから燃...続きを読む

Aベストアンサー

尊重されるべきと思います。

私の憶測データでは環境問題に関わる組織の80%が環境利権団体です。
おばさんも組織の一味である可能性70%以上ですね。
IPCC報告書をサラっと眺めたことがありますけど、50%以上がデタラメだと思います。

実際には魚も死にませんし、環境も破壊されないでしょう。
マスコミの報道の60%が根拠なしという報告を、どこかで聞いた記憶があります。
大丈夫だと思いますが、こんなことで微塵も心を痛めないで下さいね。
環境利権屋はモラルや同情を使って、金を掠め取ろうしてるやつばっかです。

要するに言いたいことは、環境利権団体には注意しましょう!!

Qドイツ人の環境意識

 ドイツ人の環境に対する意識の高さが、具体的に分かる資料を探しています。インターネットで見てみましたが、検索の仕方が悪いのか見つかりません。なにか良い資料があれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドイツ、フライブルク市は市民の自然環境意識がたいへん高いところです。
http://www.newsdigest.de/newsde/index.php?cucoaction%5B0%5D=about&option=com_content&task=view&id=660&Itemid=99

ドイツ環境省のHP.
http://www.umweltbundesamt.de/index-e.htm

欧州環境情報
http://www.ido21.com/ido21/report/htm/aoki/ousyu_kankyo.htm

NHKスペシャル(日本とドイツの比較)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html

ドイツにはWindpark(風力発電の風車が何十機もまとまって立っているところが何箇所かあります。ザクセン州のWindparkを去年見ましたがざっと数えても60機以上ありました。また、春はドイツの菜の花(バイオオイル用)で黄色にと黄緑のコントラストがたいへんきれいです。

最近はソーラーを屋根に置く家が増えています。
ドイツは電力会社がソーラーの電力を買い取ってくれます。

ドイツは去年消費者税が16から19%になり、(パンや牛乳等の基本食品は11%)最近のバイオエネルギーの影響でパンは去年より30%くらい高騰し、今牛乳農家が値上げ目的でストをしているので牛乳も寝あがる様子を見せています。
ドイツの郊外に住むと車がどうしても必要です。環境税と最近のガソリン高騰で、燃費のよい車に買い替えたり、車から列車やバスに乗り換える人も増えています。また、灯油も高騰のため、ペレットに替えたり、効率のよい電気のボイラーに買い換えるなど、エネルギー節約はよく話題になります。ドイツ人はよく、「節約は一番の貯蓄」と言います。
また、冬が厳しく長いので、春分~秋分の時期は自然を取り入れた生活を満喫します。都市でも家から自転車で10~15分走れば、公園や自然、芝生のある公共プールがあるのが普通です。

ドイツのごみは各家の前に決められたごみコンテナーに入れ、収集されます。
生ごみは各週1回、紙類は2週間に1回、プラスチックは2週間に1回、燃やせるごみは2週間に1回です。
庭のごみは年に2度、
粗大ごみや大型家電ごみは地方ですと年に2度ほど、家の前に捨てていい日があり、都市では車で決められた収集場所に持っていって、ナンバープレートでその都市の住民かチェックされます。
窓ガラスや薬品や塗料などの問題ごみも収集場所で引き取ってくれます。

使用済みの乾電池はスーパーのレジに収集箱が置かれています。
車のバッテリーはガソリンスタンドに持ち込みます。

生ごみや庭のごみはごみ処理所で腐葉土にされ、市民に低価格で売られたりします。

ドイツでは家電は買ったら、壊れるまで使います。
日本の家電のように一つで多機能という製品は少ないので、修理もわりと簡単ですし、ドイツ製では丈夫です。

ドイツでごみを捨てるのは高くつきます。先日指定のゴミ袋60X100 cmを役所に買いにいったら5ユーロかかりました。

スーパーなどでは、過剰包装の箱など買ってすぐ捨てて行く人もみかけます。

バイエルン州ではマルクトプラッツや祭りでの屋台での紙やプラスチックの食器使用は基本的に禁止されているので、普通の食器にファンドを付けて使われています。

ドイツは5年くらい前に空き缶もファンドにしたら、面倒なこともあって、ほとんど缶を見なくなりました。ビールや水は99%くらいリサイクル瓶入りです。水はリサイクルペットボトルが増えています。
缶ビールや使い捨てペットボトルは駅やアウトバーンのサービスエリアのキオスクにあるくらいです。
缶が出てくる自動販売機はドイツで見たことがありません。自動販売機はタバコの販売機があるくらいです。コンビ二はガソリンスタンドにありますが、日用品はほとんどありません。

ANo.1様の貼られたURLの中にアウトバーンや大学は無料と書いてありましたが、アウトバーンは国民が税金を払っているから無料なのです。また、大学は2~3年前から有料です。

ドイツ、フライブルク市は市民の自然環境意識がたいへん高いところです。
http://www.newsdigest.de/newsde/index.php?cucoaction%5B0%5D=about&option=com_content&task=view&id=660&Itemid=99

ドイツ環境省のHP.
http://www.umweltbundesamt.de/index-e.htm

欧州環境情報
http://www.ido21.com/ido21/report/htm/aoki/ousyu_kankyo.htm

NHKスペシャル(日本とドイツの比較)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080601.html

ドイツにはWindpark(風力発電の風車が何十機もまとまって立っている...続きを読む

Q海外のエコバッグなど環境対策

最近、日本ではエコバッグが普及してきています。
海外では、どのような状況なのか調べてみても
宣伝するサイトにしか行けませんでした。
なので、海外のエコバッグなどについて載っている
サイトか、何か良い情報があれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

具体的なことが分からないのですが、
ドイツでは30年以上も前から、スーパーマーケットではレジ袋は有料です。ですから、普通買い物に行く時はエコバックや籠、ショッピングカートなど持って出かけます。布製のバックはスーパーのレジで2ユーロくらいで買えます。

化粧品雑貨のチェーン店は基本的には有料ですが、小さな袋は無料で、量によっては、必要かどうか聞いてから、要る場合は無料で大き目の袋をくれる店もあります。

デパートや洋品店、本屋はレジ袋にいれてくれます。

パン屋は言えば無料でくれます。

ケーキ屋は日本と違って、箱に入れず、四角い紙皿の上に包装紙です。
量によっては、紙袋に入れてくれます。

ここからは、直接回答に関係しませんが、

ドイツではごみの収集は各自の家の前におかれたごみ箱(コンテナー)で行われ、一般ごみとプラスチック等不燃ごみは各2週間置きに1回、生ごみは各週1回行われます。間違ったものを捨てたりすると、イエローカードにそのことについてメモされ、郵便受けに投函されます。http://de.wikipedia.org/wiki/Bild:M%C3%BClltonnen.jpg

アパートなどでのごみ回収は決められた場所に大型のコンテナーがあります。
http://www.bildfoto-agentur.de/einbildanzeigen_ok.php?&produkt_id=77149

家電や粗大ごみの場合、地方では年に2度くらい家の前に家具など捨てていい日があり、都市では収集所があり車で持参すれば普通無料で捨てることが出来ますが、その都市の車のナンバーで無いと捨てられません。
薬品や塗料の残りといった問題ごみも収集所で無料で引き取ってくれます。

バッテリーはスーパーや電気店のレジの近くに収集箱があり、蛍光灯やプリンターのインクカセットは店で引き取ってもらえます。
車のバッテリーはガソリンスタンドに持ち込みます。

古着と空き瓶は町の決められた場所に大きなコンテナーがあります。夜と日曜日には捨ててはいけない決まりになっています。

庭の枝などのごみは年に2度家の前に置くと収集され、その予定日は新聞に記載されます。

東京には夢の島がありますが、ミュンヘン市にはAllanz-arenaの後ろにごみの山があります。

参考URLはルクセンブルクのレジ袋購入率です。
こちらのドイツ語→英語で訳して見てください。
http://www.online-translator.com/text.asp?lang=de

参考URL:http://www.leven.lu/index.php?option=com_content&task=view&id=557&Itemid=295

具体的なことが分からないのですが、
ドイツでは30年以上も前から、スーパーマーケットではレジ袋は有料です。ですから、普通買い物に行く時はエコバックや籠、ショッピングカートなど持って出かけます。布製のバックはスーパーのレジで2ユーロくらいで買えます。

化粧品雑貨のチェーン店は基本的には有料ですが、小さな袋は無料で、量によっては、必要かどうか聞いてから、要る場合は無料で大き目の袋をくれる店もあります。

デパートや洋品店、本屋はレジ袋にいれてくれます。

パン屋は言えば無料で...続きを読む

QISO14001の環境教育について

タイトルに関して質問します。弊社はISO14001認証取得済ですが、全社員に対して同じ教育を実施するとなると、製造工場で変則勤務をしている社員が多いので、期間や手間が非常に掛かります。教育はどうしても社員を1箇所に集めてやらなくてはいけないのでしょうか?例えば環境に関する掲示板に資料を貼付ての周知、又は各部署に資料を配付し、朝礼やその他で話してもらう程度では教育した事にはならないのでしょうか?もちろん教育の記録(受講記録)は残らないので不備があるとは思いますが。大きな規模の企業では、どのようにされているのでしょうか?御意見を伺いたく、質問させて頂きます。

Aベストアンサー

>全社員に対して同じ教育を実施するとなると、

>教育はどうしても社員を1箇所に集めてやらなくてはいけないのでしょうか?

>朝礼やその他で話してもらう程度では教育した事にはならないのでしょうか

まず、質問中の上記に関してですが、何を教育したいのでしょうか?
必要最小限の教育したい情報(例えば、環境方針、社内の体制、環境目標、事故時の対処方法、顧客苦情の受付ルート等々)を教育できるなら、どのような機会でもどのような方法でもよろしいんではないのでしょうか。
方法ではなくて、如何に社員に必要な情報を認識してもらうかです。更に求めるならば、教育を通して、現状より更に環境保護に関するモチベーションをもってもらうことです。
もちろん教育の記録は必要です。

質問の朝礼等で教育の件ですが、教育すべき内容がちゃんと伝わるならそれでもいいと思います。そのような場合の受講記録の取り方の一例ですが、

資料と一緒にアンケートもどきを配ります、受講内容を項目化して、
例えば
●環境目標は理解できましたか?
の質問に対して、理解度を5段階でアンケートします。
1 よく理解できた ~ 5まったく理解できない

このように、教育で必要な事項を項目化すれば、聞いたことを再認識できますし、アンケート内容から、次回の教育方針の基を作れます。

上記でアンケートもどきと書いたのは、本来のアンケートなら無記名ですが名前を書いてもらうからです。そのアンケートを受講記録とするためです。

これは一例で、工夫すれば教育方法も、受講履歴もどうにでもできます。問題はテキストと講師の内容だと思います。それは会社側、事務局の本気度の問題です。結局ちゃんと理解したのは教える側だけだったなんて笑い話ではないですね。

更に教育に関しですが、製造工場ならばその作業の中の特殊工程、特殊作業に必要な、その作業に特化する教育のニーズの把握を行い、その教育の計画を立て、実施しなければなりません。
これは、著しい環境側面に関する事故を起こさないために必要な教育です。

たぶん事務局の方でしょうが、いろいろ大変なこともあると思います。
がんばってください。

>全社員に対して同じ教育を実施するとなると、

>教育はどうしても社員を1箇所に集めてやらなくてはいけないのでしょうか?

>朝礼やその他で話してもらう程度では教育した事にはならないのでしょうか

まず、質問中の上記に関してですが、何を教育したいのでしょうか?
必要最小限の教育したい情報(例えば、環境方針、社内の体制、環境目標、事故時の対処方法、顧客苦情の受付ルート等々)を教育できるなら、どのような機会でもどのような方法でもよろしいんではないのでしょうか。
方法ではなくて、如...続きを読む

Qエコってどの程度重要なの?環境問題全く興味ありません。

興味のあるとか無いの問題じゃないのかもしれないけど
めんどくさくてとてもじゃないけど出来ません。
自分が生きている間に、その事が原因で地球に住めなくなるなんてまずなさそうだし・・・
子供を作ろうとも思わないから綺麗な地球を未来へ残そうとも思わないし。

この考えに対する批判は勘弁してください。
日々のエコによってこんなに人々の生活に影響するんだ!!
という部分を教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
私は環境問題に興味がないわけではないのですが、昨今のいわゆる「エコブーム」には非常に懐疑的な考えを持っています。「エコ」といわれるものやことには少なからず胡散臭い部分やいい加減な部分、それに利権がからんでいる部分もあったりして、だからこそmiduganeさんのように考える方もいらっしゃるのだろうと思います。別に批判したりはしませんよ。

例えば、割り箸を使わないことが本当に「エコ」なんでしょうか。レジ袋を減らしていくことは本当に「エコ」なの?ペットボトルをリサイクルすることで本当に化石燃料の消費やCO2は減るの?こういったことは当たり前のように「エコの基本」であるかのように語られていますが、本当にそうなのか、それが本当にエコなことで地球に優しいことのか、誰も証明してないんですよね。これらのことに真っ向から反論する研究者も実はいっぱいいるんです。ペットボトルなんて、実はリサイクルする方が化石燃料をたくさん使うんだそうです。確かにその分ゴミは減りますけど、本当にそれが「エコ」なの?と疑いたくなります。
それに、確かに地球は今温暖化が進んでいることは統計的に認められているんですが、その原因がCO2であることを科学的に証明した人もいないんですよね。「そう言われている」だけなんです。

だから、エコの実践によって、地球環境も私たちの生活もこれから変わっていくかもしれないし、あるいは何も変わらないかもしれない、と私は思っています。

はじめまして。
私は環境問題に興味がないわけではないのですが、昨今のいわゆる「エコブーム」には非常に懐疑的な考えを持っています。「エコ」といわれるものやことには少なからず胡散臭い部分やいい加減な部分、それに利権がからんでいる部分もあったりして、だからこそmiduganeさんのように考える方もいらっしゃるのだろうと思います。別に批判したりはしませんよ。

例えば、割り箸を使わないことが本当に「エコ」なんでしょうか。レジ袋を減らしていくことは本当に「エコ」なの?ペットボトルをリサイク...続きを読む

Q「環境教育リーダー」について

タイトルの件についてお聞きしたいのですが、養成講座を受講するには、どこへ(環境省?)申し込めばよいのですか?
できれば、栃木県内で受講したいと考えています。

Aベストアンサー

環境省の「環境教育リーダー」だと無理でしょうが、
たとえば↓で紹介されているような団体にコンタクトをとってみてはどうでしょう?
「プロジェクトワイルド」はアメリカでもメジャーな環境教育指導者育成プログラムですから、
参考になるのではないでしょうか。
ただ、↓のページの更新がしばらく止まっているのは気になる所ですが…

参考URL:http://econet.exblog.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報