【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

いつもお世話になっております。ぜひ教えていただけますか。
築32年の中古住宅を購入し、現在何軒かのリフォーム業者さんにの見積もりをお願い中です。シロアリ対策等を頼んだところあるリフォーム業者さんが、ダ○キンさんを連れてこられ、床下をめくってみてくださいました。すると土カビがかなり有るとの事で、これ以上、土カビを増やさないよう、備長炭、もしくは木炭を撒くようにアドバイスをいただきました。家は、セメントではなく土の上にたっております。
ただ、ほかのリフォーム業者さんも床下を見てくださったんですが、そういうコメントはありませんでした。床下には、4方に空気口があいてありますが、どの業者さんも床下がかなり低いと言っておられました。
特に家がかび臭かったり、湿気が多いようには思えないのですが、健康上や家の耐久性に問題があるのなら、ぜひお願いしようかとも思うのですが、坪計算すると30万円ぐらいかかりそうです。
必要性、値段の面からも見て是非アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まずは、なぜカビが発生したかを考えましょう。


湿気があって空気の流れがあまりないためです。
つまり空気の流れを作って湿気を逃がせば(酷いカビでなければ)解決するでしょう。酷い場合は防カビ処理が必要です。

炭には調湿やニオイの吸着効果はありますが、短期的なものです。元々床下は湿度が高く、梅雨時では湿気を放出する暇はありません。

もし実際に実施するなら値段は妥当かもしれません。但し、炭を置くだけなら、通気がさらに悪くなり、根本の解決はできません。同じ値段をかけるなら床下換気扇で強制通気させたほう良いです。(施工価格は要注意)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通り、カビが発生した原因を解決するひつようがありますよね。それと備長炭と言うのは、半永久性のあるものだと思ってました。強制換気が必要とのことですね。それも含めて、リフォームやさんにも検討してもらおうと思います。有り難うございました。

お礼日時:2004/11/09 22:03

>カビの事ですか?


異なります。フミン酸・フミンアルデヒトなどです。

>それなら大丈夫ですか?
工事自体が無意味。表土を少しくらい削っても地面から水が湧き上がってきますから.土台が簡単に腐ります。
建物の周りの暗渠工事をしたほうが確実でしょう。ただし.暗渠工事に伴う土台の傾きに要注意。
表土を削って.同じ高さになるように.有機物を含まない粘土などを固めていれるのが本来の土台の工事です。建設時にこれをしないで.単に土を削って家を建てたのでしょう。
合理化された建設方法です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度書き込み有り難うございます。リフォーム屋さんとも検討したいと思います。お手を取らせてしまいました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/12 13:35

床下の湿気が高い場合、備長炭・木炭のような調湿剤ではあまり効果はありません。


理由は簡単で調湿材はあくまで「調湿」であり除湿ではないからです。
初めは吸湿しますがそのうち飽和して、役立たずとなります。
夏吸湿、冬乾燥という形でうまく調湿としての機能が果たせればよいのですが、夏の期間全部を吸湿し続けることはやはり無理があります。

基礎の高さが低いということですから、あまりよい状況ではないかもしれませんが、とりあえず有効な対策は、床下に防湿シートをくまなく敷き詰める、換気口からの換気を強制換気にするなどの方法です。
もし対策を採りたいというのであれば、こういう対策になるでしょう。

調湿剤を床下にというのはあくまで一時的な多湿状態を緩和する働きしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

強制換気にすると言う方法は思いつきませんでした。それも含めて、検討しようと思います。有り難うございます。

お礼日時:2004/11/09 22:01

カビの除去は


1.床下の有機物の撤去
2.床下への流水・湧水の除去
3.通風の確保
を行います。
ですから

>床下がかなり低い
状態で皿に通風悪くするような
>備長炭、もしくは木炭を
持ちこむということは疑問です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難うございます。ところで、すいません。有機物と言うのは、カビの事ですか?カビを取れるだけとって、その上に炭を巻くといっておられたような・・。それなら大丈夫ですか?

お礼日時:2004/11/09 22:00

こんばんわ、以前回答したjixyoji-ですσ(^^)。



dinodinodinoさんがリフォーム業者を探すのであれば下記サイトを参考に探してください。

「リフォームするならこのお店/リフォーム店の総合検索サイト」
http://www.reform-shops.com/

「リフォーム会社検索!リフォーム専門会社探し方」
http://www.chintaihakase.com/reform/

正直リフォーム業界って結構詐欺が多発しているのであまり業者側の言い分をのむのは避けるべきですね。そもそも床下なんて普段見えていないし自分で潜ってみないと,何とでも誤魔化しがきくのが床下りフォームです。まずは自分で隈なく潜ってみてください。大体備長炭や木炭が本当に床下に必要であれば例えば下記サイトで自分で購入して自分で撒けば安上がりです。

「床下用調湿炭(備長炭ワリフ袋入)」
http://www.j-sanyou.co.jp/smile/kenko-eco/ma_b20 …

「床下用 紀州備長炭」
http://www2e.biglobe.ne.jp/~smile/yukashita.html

下記のようなリフォーム詐欺も流行っているのでご注意を。ダスキンなんかのケースだと受注金額500万円以下となり何かを建築するわけでもないので適当な事を言おうと思えばいくらでもいえますね。そもそも床下に水がたまっているだとか余程の湿地帯でもない限り土カビなんて生えないですよ。

1.リフォームを行う業者は建設業法で定められた許可業者である必要があるが,設業法の特別規定(法第3条第1項ただし書)として,受注金額500万円未満の軽微な工事については,建設業の許可がない業者でも受注することができる為,暴力団がらみや悪徳業者などが安易に参入できるので悪徳詐欺が後を絶たない。

2.リフォームの業界では実質的な『価格相場』がない。その為『あなたの家は●●の為これだけかかる』という文言が安易に通じて天井知らずな金額を消費者にふっかける事ができる。例えば施工\500,000-程度のものも\2,000,000-で売買が可能。ましてや先述のように受注金額500万円未満であればどんな業者でも工事ができ,また消費者側の9割以上が素人の為知識による対抗が不可。

3.最近のものすごい新手のリフォームでは築30年の物権でぼろぼろの家を破格の安値でリフォーム業者が買いつけ,基礎と柱を残して壁や屋根を全て取り壊しリフォームして新築として販売しています。これは住居として適さない物権でもリフォームした場合"登記上"新築とみなされる,事になり登記簿でも『新築』になります。これは【登記法】にこれらを規制する為の明文規定が存在せず業者側がこれを悪用してほとんど詐欺に近い手口で広告などにも【新築物権】として記載して営業を行っています。その物権を見た業者もリフォーム転売のものかどうか見抜けないくらいわからないそうです。業者は例えば\5,000,000-程度の物権を\1,000,000-でリフォームして\30,000,000-で売却すれば丸々\24,000,000-が儲けになるというとんでもない話です。

あわせて下記HPもご覧ください。

「住宅リフォームの裏側」
http://www15.ocn.ne.jp/~eclipce/reform/reform.html

「リフォームで成功する方法そっと教えます」
http://www1.odn.ne.jp/~hls/rifo1.htm

「リフォーム時の注意事項」
http://www.vankraft.co.jp/soudan/2000/20000530_2 …

いざと言う時は下記法律を駆使してください。

「消費者契約法」
http://www5.cao.go.jp/2000/c/0512c-keiyakuhou.html

もしリフォーム会社を考えているなら下記会社などお奨めですね。以前リフォーム特集の番組で宣伝していた会社なのですが"洗浄"関係は結構な技術を持っているようで,『ウルトラフロアコントロールシステム』というフローリングの床が鏡みたいにぴかぴかになっていましたね。

「株式会社アシレ」
http://www.asire.co.jp/

dinodinodinoさんの過去ログでも申し上げましたがプロの【不動産コンサルティング】雇って監査入れたほうが良いと思いますけどね....。

「住宅購入の契約時の注意点について」
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=936142

それではよりよいネット環境をm(._.)m。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度、かきこみありがとうございました。色々ためになるサイトのご紹介もして頂き、いろいろ見ようと思っております。ありがとうございます。

お礼日時:2004/11/09 21:58

床下の湿気に関しては、


以前にダ○キンさんみたいな仕事をしていたため
私もかなり関心があります。
床下が低いってのは、何処まで低いのでしょうか?
私の経験で一番低いのは10cmくらいの家はありましたが、30cm以上高さがあって、家の周囲の風窓(通風孔)の前に荷物を置かない。
なおかつ、家の周囲の塀との距離が1mくらいあいていれば床下に風は入ると思います。
(家の中の基礎の造りにもよりますが・・・)

ただ床下が低いと土台や大引き・根太等の材木が湿気を吸って腐敗及びシロアリの被害にあいやすいのは覚悟しなくてはならないと思います。
(洋間や廊下の板間部分が沈んだりするかもしれません)

健康的には湿気が多ければカビやダニが発生しやすいです。

値段的には、平均して坪単価1万円前後が相場ではないかとおもいますよ。

・・私の意見としては多少予算オーバーするかもしれませんが、やっておいた方が安心できるし、何かあった場合に業者に対して何かしら文句つけられるので、私ならやっておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

風窓は、おっしゃる条件を満たしていると思うのですが、やはり床下が低いんですかねぇ。かびができるのはある程度仕方がないといっておられましたが、多すぎる、とのことです。他の方のご意見もあわせて検討してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/09 21:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qできるだけ安く、かつ効果的な床下の湿気対策を教えて下さい!

ゆるい傾斜地に家が建っているためか、床下の湿気に悩まされています。
ちょっとでも油断すると、押入れでも畳でもカビが繁殖してしまい、大変困っています。
できるだけ安く、かつ効果的な床下の除湿方法を教えて頂けませんでしょうか。ホームセンターや家電量販店が近くにあるので、できれば自分でできる方法だと助かります。
自分で考えついたのは、何かを敷くこと(ゼオライト?という物が良いと、知り合いからは聞きました)、安価な換気扇(扇風機でも代用できるでしょうか?)で湿気を追い出すこと、市販の適当な扇風機を一台・または複数台置き、床下の空気をかき回すこと…などです。いかがでしょうか…?
ちなみに、自宅は木造(プレハブ方式ではなく、大工が作りました)、壁は土壁、建築年は昭和42年か43年です。

どうか知恵をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の外から空気を入れるためには、そこそこのパワーのあるファンが必要になります。扇風機は風をふきつけることはできますが、淀んだ空気を排気する力は期待できないでしょう。
換気扇も、台所にあるようなやつは、口径が大きくないと床下通気口にあわない。

(参考URLのBBSで関係者のアドバイス聞けます。)


なお、#5で紹介されてる業者、業界では胡散臭がられていますよ。
ソーラーファンを40万円とか、ぼったくりだと思うな。
施工会社のくせにHPで価格を書いていないのが大体…。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/

ゼオライトは、多孔質での「石」で、木炭同様、湿気を吸着します。
昔は、袋で持ちこんで、袋を切り開いてそのままシャベルで広げていました。
これは、重い(石だから)ので手間がかかります。

さいきんは、袋入りの木炭や、発泡黒曜石など、軽い材料のものが出ています。ホームセンターで買えば、軽トラックを貸してくれるので、必要枚数もって帰って、子供に小遣いやって、床下で「バケツリレー」すれば安くつきます。

下に敷くシートもいっしょに買えます。(農業用のシートで十分でしょう)

家の...続きを読む

Q床下のカビ除去について

中古住宅に住みはじめて丸3年。
床下換気は付いているのですが、稼働時間が短すぎたようで床下のカビが発生しているようです。(知らなかったので2時間くらいしか動かしていませんでした。)
床下換気の点検にきた業者が床下を調べると「カビがひどいのでにおい消しと防カビ剤を撒布したほうが良い」とのこと。
換気扇の点検は問題なかったようです。
確かに、床下をのぞくと結構な臭いがしています。
そのときは流されてしまい、カビ除去と防カビ作業を契約してしまいました。
クーリングオフは可能なのですが、通常の相場は坪辺りいくらくらいなのでしょうか?
だまされているとは思いたくないのですが、相場がわからず対応に戸惑っています。

Aベストアンサー

薬剤の種類は記載がありますか?

カビ取りは一時的なもので、根本的な解決になりません。
防カビ剤は、シックハウスの原因になるおそれあり。

その業者はどのようなつながりで来たのですか?
不安であれば、会社の所在地を確認しましょう。
図書館に行って、明細地図に載っているかどうか?
電話帳に記載があるか?
などで実態のある会社かどうかが判断できます。

換気扇が付いているのであれば、対処の方法はあるのではないでしょうか?
また、自分の目でカビを確認しましたか?
写真や臭いだけだとあらかじめ準備している可能性がありますよ。
(特に悪い業者の場合)

金額は、材料や、除去のカビの亮にもよりますが、
坪当たり2万円を超えていたら注意が必要かもしれません。
建築の専門家に見てもらうと良いのですが‥‥

Q床下をコンクリートすれば湿気はあがらなくなりますか

主屋に建て増しした勉強部屋ですが下から湿気があがり畳にカビが出たり根田がギーギー言います
床下換気扇とか言いますが、いっそコンクリートしてしまえば湿気は上がらなくなりますか?
8畳押入れ付き平屋安物木造です

Aベストアンサー

床を剥がして、土の部分を均して、土に直接防湿シートを敷いて土間コンを50mm流してシートを押さえて下さい。これで湿気は止まるでしょう。
土間コンを押さえた後は二日ぐらい乾かして(出来れば一週間くらいコンクリから湿気を抜いて下さい)
床下換気口さえあれば、換気扇などはあえて必要ありません。

床板をはがした際は、大引、根太、土台などの腐朽の状態を専門家に見てもらい、必要なら交換して下さい。放っておくと床が腐り、抜けます。

Q築30年のカビ臭い部屋、臭いをとるには?

 築30年の住宅に住んでいます。北側の和室が、この時期や冬になるとカビ臭いのです。壁は京壁(昔の塗り壁)、北側に窓あり、隣にもふすまで仕切られた和室あり。(でもここは臭わない)カビが見あたらないのです。押入かなと思いましたが、臭いは押入ではないようです。窓周辺も、湿気があるわけでもなく、カビた様子もなし。一体何から臭うのか。私は壁なのかナーと思っていますが。。。
 ちなみに畳も2年前に替えましたし。ファ○リーズしてみましたが、効果なしです。皆さんから思い当たること、アドバイス、体験談ありましたら教えていただけたらうれしいです。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

壁だと思います。
2年前に畳を替えた、押入は臭わない、一階の隣の和室はカビ臭くない->床下ではない

築30年というと内断熱でしょうか?

>この時期や冬になると
・・・というと壁内部で結露が発生しカビが発生する・・・梅雨時にそれが繁殖する・・・のかも知れません。

エアコンはあまり使っていないようですが、冬季、暖房は使いますか?石油ストーブは湿気をもたらし、温度差による結露も発生します。

すると壁を壊して改善しない限りどんどん増えてしまいます。ほんの少し壊して覗いて確認しては如何でしょうか?
原因がそうであれば、壁を壊し、内部を殺菌して壁は外断熱にし、絶対止めたいならしっかり効く防カビ剤の塗布がお勧めです。

余談ですが、床下に乾燥剤を撒いてもカビは止まりません。床下換気扇はそんなに高くないので、高く見積もられたら業者を変えましょう。また、床下換気扇もただ付ければ良いという物ではありません。

Q農協【JA】の床下消毒25坪30万円って・・・

私の実家の母親が農協【JA】の床下無料診断というのを
してもらった所、白カビや、ゴキブリの卵、カマドウマが
繁殖していると言われ、床下を消毒して防腐剤を
散布した方がよいと言われ、届かないところは
基礎割りをして基礎を壊して撒くと言われ
25坪で30万円と言われたようなのですが
親は契約してしまったらしいのです。
同居の姉夫婦の了解も得ずに・・・。
私も姉も心配しています。今、テレビでそういう詐欺が
流行っているみたいだし、
でもJAだから まさかそんなことはないだろう、とかも
思うのですが、25坪で30万円の防腐剤散布【基礎割り付】は
正当な値段なのでしょうか?
私は法外に高いと思うのですが・・・・
24日に工事だと言うので23日のお昼ごろまでに
お答えを頂きたいのですが・・・。困っています

Aベストアンサー

生協は名前を貸しているだけで実際作業を行うのは近場の業者(下請け)です。
シロアリ駆除等にはうさんくさいイメージが付いている為「生協ブランド」を全面に出す事で信用を得ようと考えていると思われます。(推測ですが)
推測が当たっていればマージン取り放題ですよね、上手い商売だと思います。

ゴキブリやカマドウマでしたら御自分でも対策は立てられますし建築的な問題も発生しません、神経質になる必要は無いと思われます。
カビのみ土台等木材の腐朽を早める可能性が残りますが、猛烈に発生(例えば木が見えない状態)でなければ拭き取り、その上に市販の防カビ剤を塗布しておけば十分でしょう。
あとは、まめに一年に1回は覗いてみる。

>基礎を壊して撒くと言われ

イメージ出来ませんねえ。
やみくもに壊すわけには当然行きません。
厳密に言えば建築士の判断を仰ぐべきです。
私は建築士ですが、常識的に考えれば「届かない所は床をはずして」対処する、となりましょう。
実際見ておりませんので断定は出来ませんが。

まず「床下無料診断」をして完全にOKは有り得ないでしょう。
少し落ち着いて考えられればお解かりですよね、ビジネス、しかも資格の不要な根拠の極めて薄いビジネスです。
新築、ベタ基礎、築半年でもない限り何かしら難くせつけるのが当たり前に思われます。

取り合えず止めましょう。
不安であればカビに関しては他に2社程度見積りを依頼され比較して下さい。

契約はしてないんですよね、大丈夫です。
違約金等訳の解らぬ事を言ってきたら消費者センターに電話してみて下さい。http://www.kokusen.go.jp/map/

憶測が多いです、間違っていたら御免なさい。

生協は名前を貸しているだけで実際作業を行うのは近場の業者(下請け)です。
シロアリ駆除等にはうさんくさいイメージが付いている為「生協ブランド」を全面に出す事で信用を得ようと考えていると思われます。(推測ですが)
推測が当たっていればマージン取り放題ですよね、上手い商売だと思います。

ゴキブリやカマドウマでしたら御自分でも対策は立てられますし建築的な問題も発生しません、神経質になる必要は無いと思われます。
カビのみ土台等木材の腐朽を早める可能性が残りますが、猛烈に発生(例...続きを読む

Q床下調湿用石灰とは

石灰の種類には

石灰、生石灰、消石灰、苦土石灰があるようですが

床下調湿用にはどれが向いているでしょうか?

生石灰でしょうか?

Aベストアンサー

No.4 です。補足に関して
・メーカーに聞いて下さい、では冷たいですが

・20年も持つわけないでしょう。吸着するのは水分だけではなくて一緒に埃も吸い込みます。微細な穴に入り込んだ埃がたまれば吸着能力が落ちてきます。
・同じような物を浄水場でも使用していますがこういう所は性能維持と経済面から逆洗をして不純物を吐き出すことをしています。

・前にも書きましたが吸着した水分を放出するために空気の流れが必要です。床下換気扇がベストですがこれがあったらもともとマットなんかも不要であったり、嘆かわしいです。

Q床下換気扇の値段について

床下が土の為床下換気扇を湿気対策に付けようと思っています。一応業者には頼んであるのですが、ホームセンターで,4万円ぐらいからあったのでびっくりしてしまいました。機能に差がだいぶあるのでしょうか。何十万もするものもあるのに…幾らくらいが妥当なのでしょう…

Aベストアンサー

機能については、「太陽電池」のやつは、はっきりいって、パワー不足です。
(太陽が照っている間だけまわる、という発想は面白いけれど)
あの程度の換気で十分だ、という家であれば、無理に換気しなくても大丈夫だと思います。(なくても問題ないような家に売りこむために作っているんじゃないか?と思います)

パワーは「シロッコファン」(円筒形の回転しているやつ。地下鉄のエアコンの吹出し口にある)方式ですね。細長い換気口を効果的に使えるから。(プロペラのやつは、限られた口径の中心をモーターがふさいでいるので、パワーとしては落ちる)

床下に潜って、動き回った時に、作業着が「土」でなくて「泥」で汚れるぐらいの家でなければ、わざわざ買う必要はないと思います。(ウチの実家は、まさに「泥」でしたからつけました。)

「配線」の必要な電気製品は、素人がやっちゃいけないので、業者に頼む方がおすすめですが・・・。「炭」ぐらいなら、「袋いり」をホームセンターで買ってきて(大きいものなら軽トラ貸してくれるし)、休みの日に家族総出で(業者は1人がいちいち袋を持って移動するけど、家族で「リレー」すればもっと早い)

ステンレス製のシロッコファン3台つけて、工事費込み14万ぐらい(生協でも、「通販生活」でもそのあたりでしたから、「相場」じゃないですかね。メーカーは同じで)。
「1台4万」を3台つけて、本体だけで12万するなら、業者に14万でやってもらいますね。「5年保証書」がついていれば、故障しても、もぐって直してもらえるけど、自分でつけたやつが故障したら、自分ではずして修理を依頼しなくちゃいけないでしょ。

参考URL:http://www.geocities.jp/hitogots/sikke.html

機能については、「太陽電池」のやつは、はっきりいって、パワー不足です。
(太陽が照っている間だけまわる、という発想は面白いけれど)
あの程度の換気で十分だ、という家であれば、無理に換気しなくても大丈夫だと思います。(なくても問題ないような家に売りこむために作っているんじゃないか?と思います)

パワーは「シロッコファン」(円筒形の回転しているやつ。地下鉄のエアコンの吹出し口にある)方式ですね。細長い換気口を効果的に使えるから。(プロペラのやつは、限られた口径の中心をモーター...続きを読む

Q白カビ?のはえた土の対処法と水遣りの仕方

鉢にクロッカスを植えたところ土の表面が白っぽくなりました。カビでしょうか?
このような土になった場合、掘り返して別の土に植え替えたほうがいいでしょうか?
ここ何日か太陽にあてましたが変わらず、昨日の雨でよけいにひどくなりました。
本日は白くなる以外に黒いゼリーのようなものまで!!これも新手のカビでしょうか。。。

ほかにも鉢植えの球根をこの秋に植えてみましたが、だいたい水遣りは〝土の表面が乾くとたっぷりと〟という説明が多いです。表面は乾きつつあっても受け皿に水がまだたまっている場合はやらないほうがいいでしょうか?
そもそも受け皿があると根腐れおこりそうなんですがやはり受け皿はあったほうがいいでしょうか?

園芸初心者のため花たちは受難続きで申し訳なく思います。どうかご指南ください。

Aベストアンサー

種類は分かりませんが、カビの一種には間違いなさそうです。
これがクロッカスの生育に支障があるとも無いとも言えませんが、万が一の
事を考えて土の入替えをされた方が良いと思います。
クロッカスの植付け時期は10~11月ですから、時期的には可能ですから
植替えをされた方が無難かも知れません。ただ一度でも植付けた植物は根が
張っているでしょうから、出来るだけ根を痛めないように注意が必要です。

カビらしき物が生えたのは、使用している用土に問題がありそうです。カビ
が生えると言う事は、使用した用土が水持ちが良過ぎるからで、常に湿った
状態になっているからカビが生えるんです。
これを解消するには、花と野菜の培養土に市販の園芸用川砂やパーライト、
ボラ土等を2~3割ほど混ぜてやれば、今よりは水はけが良くなりカビが生
えなくなります。

鉢植えのようですが鉢底に防虫ネットを敷いてから、鉢底石を入れています
か。防虫ネットを敷いてから、直に用土を入れていませんか。
鉢底石は鉢底穴からの用土の流失を防ぐだけでなく、通気性や排水性を補助
する役目があります。鉢底には最低でも3cmは入れる必要があります。

完全に間違いを一つだけされています。鉢皿の上に鉢を乗せているのは正し
いのですが、鉢皿には絶対に水は溜めては駄目なんです。
鉢底穴が開いているのは排水性や通気性のためですが、根の呼吸も補助して
いる意味がありますので、その穴を水で塞いではいけないんです。
鉢皿に水が溜まりっぱなしになると、毛細管現象によって土が水を吸い上げ
てしまい、常に土が湿った状態になってしまいます。
カビが生えた原因は、鉢皿の水を溜めたままにしているため、土が乾きにく
くなったからです。
水遣りの際は鉢皿から鉢を外し、水遣りをして水が滴り落ちなくなってから
鉢皿に戻すのが基本です。

そんな面倒な事が出来るかと言われるなら、鉢皿をひっくり返してから鉢を
乗せて下さい。室内ではありませんので、鉢皿をひっくり返す事で地熱や冷
気が伝わりにくくなり、水も溜まりませんので面倒ならひっくり返して使用
して見て下さい。

種類は分かりませんが、カビの一種には間違いなさそうです。
これがクロッカスの生育に支障があるとも無いとも言えませんが、万が一の
事を考えて土の入替えをされた方が良いと思います。
クロッカスの植付け時期は10~11月ですから、時期的には可能ですから
植替えをされた方が無難かも知れません。ただ一度でも植付けた植物は根が
張っているでしょうから、出来るだけ根を痛めないように注意が必要です。

カビらしき物が生えたのは、使用している用土に問題がありそうです。カビ
が生えると言う事は、使用...続きを読む

Q床下乾燥剤はどういうものがいいのでしょうか?

築後27年の和風中古住宅です。床下が周囲の地面よりやや低いようで、しかも以前は田んぼだったらしく、湿気が多くて困っています。おまけに、外に通じる換気口の大きさも小さく、風通しも悪いようです。長い間締め切っているとかび臭くなります。
5年前にシロアリ駆除した時は、(5年間借家だったものを最近購入しました)湿度が高く、通気性が悪いのが原因のようで、臭いが半年間以上も消えなくて引っ越しすら考えました。(そんな家をなぜ購入したかと聞かれるかと思いますが、滅多にない和風の良い材料を使った住宅です・・・)
で、現在は床下に、段ボールに木炭をたくさん入れたものを、各間の床下に置いています。でも、これでは焼け石に水のような気がして、本格的な床下乾燥剤を蒔こうかと思います。やはり木炭の粉末、あるいは砂、石灰などを考えましたが、もっと本格的なものも売られていると思いますが、家屋が広いのであまり高価なものだと大変です。何かいい乾燥材料はないでしょうか?どんなものが一番良いとされているのでしょうか?
ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■1つの点だけを行わないと他の方法では何の解決にもなりません。

1)家周囲の地面を家を囲むように幅1m程度に床下の高さまで掘り下げ、ドライエリアを作ります。布基礎の場合はもちろん、ベタ基礎でもコンクリートは湿気を通しますのでこの作業を行わないと、換気扇を付けても実際にはほとんど効果がありません。地面から出てくる湿気の量が膨大だからです。逆にこのようなドライエリアを設けることで、防湿効果は格段に上がります。これが大切です。

2)補助的な方法として換気を行う。この方法は下の方々にあるように換気扇を付ければ強制換気となり効率はよいものです。

おっしゃるような立地では調湿剤や乾燥剤は全く意味がありません。お金の無駄ですので施工してはいけません。

■繰り返し申しますが「周囲の地面より床下が低い」というのが決定的なのです。家の周囲を下げて、それで水が出てくるようなら、排水経路を設けて排水します。地面高を下げるのは家の周囲だけでよいです。湿気の元を絶たなければ、少なくとも下の方々だけの方法(換気・調湿剤・ビニールシート)では効果がありません。お金の無駄です。

■まず、床下が地面よりどのくらい下がっているのかを確認し、DIYでよいですのでその高さの家の周りの土をどかします。その更に周りが高くなっていてもそれは構いません。これができない状態では解決は望み薄です。床下全体を防湿・防水とすることは今からでは不可能ですし、きちんと施工することはまず無理だからです。

■1つの点だけを行わないと他の方法では何の解決にもなりません。

1)家周囲の地面を家を囲むように幅1m程度に床下の高さまで掘り下げ、ドライエリアを作ります。布基礎の場合はもちろん、ベタ基礎でもコンクリートは湿気を通しますのでこの作業を行わないと、換気扇を付けても実際にはほとんど効果がありません。地面から出てくる湿気の量が膨大だからです。逆にこのようなドライエリアを設けることで、防湿効果は格段に上がります。これが大切です。

2)補助的な方法として換気を行う。この方法は下の...続きを読む

Q床下換気扇と防湿シート、どちらがおすすめ?

こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。

確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが大量発生するのも納得です。

大工さんには湿気対策として、床下換気扇をすすめられました。それで、ここのサイトで床下の湿気対策について色々と検索してみたところ、防湿シートという手もあるみたいですよね。手ごろな価格で、効果のある湿気対策としては、床下換気扇と防湿シート、どちらが良いのでしょうか?

ちなみに、家は平屋78平米の木造軸組工法、築20年です。床下の高さは、大工さんに見てもらったところ、高いので大丈夫、と言う事でした。基礎は布基礎です。換気口は外から見える部分には10箇所ありますが、今手元に基礎図面がないので、家の内部の基礎の状態がどうなっているのかは不明です。基礎の内側の土は、大き目の砂利と土が敷き詰められているようです。近くに池や川はありません。家を建てる前は、大きめの砂利が敷き詰められた、道路より40センチくらい高い駐車場でした。

以上ですが、説明が足りないようでしたら補足いたしますので、ご助言いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

こんにちは。素人質問で恐縮ですが、アドバイスいただければ幸いです。

キッチンや押入れなどにチャタテムシが大量発生したため、大工さんに見てもらいました。床下収納庫をはずして床下も見てもらい、自分も見たのですが、そのとき大工さんに言われた事は、布基礎の換気口付近の土は乾いて白いが、キッチンの床下の土は、しっとりしていてこげ茶に近く、床下に湿気が溜まっているね、と言う事でした。

確かに、フローリングや窓枠、壁などにカビが大量発生しているので、カビを餌にしているチャタテムシが...続きを読む

Aベストアンサー

最も手軽で効果的と思われるのは【床下乾燥機】です。

松下電器製で、外気の湿度が、70%を超えると自動運転をして通風孔
から乾燥した空気を送り込みます。

取り付けは工事というほどのものでなく、価格も11万円位で換気扇より
安くつくと思います。大きさもそれほど大きくありません。

参考URL:http://ctlg.national.jp/product/infor.do?pg=04&hb=DS-K3


人気Q&Aランキング