色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

▲ (統一原理を学ぶ会) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://www.7roid.com/ucgenri/sozogenri_001

第一章 創造原理
第一節 神の二性性相と被造世界

(一) 神の二性性相

▲ 1. 無形にいます神の神性を、我々はいかにして知ることができるだろうか。
☆ 《無形》だという規定についても 説明せねばならない。

▲ 2. それは、被造世界を観察することによって、知ることができる。
☆ 次にパウロの見解が引かれているが いづれにも論証はない。

▲ 3. そこで、パウロは、「神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神
性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められるか
らである。したがって、彼らには弁解の余地がない」(ロマ一・20)と記録してい
る。
☆ 旧約の時代にあって 預言(予言でもある)が成就したことは 失敗したこと
もあるのだから 必ずしも理論としてみとめられるわけではない。

主観の内にあって われ神を見たりという言い分は それなりに――つまり その
人の主観内部のこととして――みとめられる。反証のしようもないのだから。それ
だけにとどまるものだ。

▲ 4. あたかもすべての作品は、その作者の見えない性稟の実体的展開である
ように、被造世界の森羅万象は、それを創造し給うた神の見えない神性の、その実
体対象として展開されたものなのである。
☆ この例証は しばらくあとになっているようだ。

▲ 5. それゆえ、作品を見てその作者の性稟を知ることができるように、この
被造万物を見ることによって神の神性を知ることができるのである。
☆ きわめてえげつない反論をするなら 被造物の世界をみれば 神の神性と同時
に悪魔性もが見えるという声もある。




▲ 6. 今我々は、神の神性を知るために、被造世界に普遍的に潜んでいる共通
の事実を探ってみることにしよう。
☆ これから 論証するらしい。

▲ 7. 存在しているものは、いかなるものであっても、それ自体の内において
ばかりでなく、他の存在との間にも、陽性と陰性の二性性相の相対的関係を結ぶこ
とによって、初めて存在するようになるのである。
☆ だまって次に移ろう。

▲ 8. これについて実例を挙げてみれば、今日、すべての物質の究極的構成要
素といわれている素粒子は、みな、陽性、陰性、または陽性と陰性の中和による中
性を帯びている。これらが二性性相の相対的関係を結ぶことによって、原子を形成
するのである。
☆ だから?

・・・(中略)・・・

▲ 9. このように形成された物質は、また、互いに二性性相の相対的関係によ
って植物または動物に吸収されて、それらの栄養となるのである。
☆ まづ モノから生物(生命)が出来てきたところを明らかにして欲しい。

▲ 10. さらに、・・・人間についての例を見ても、神は男性のアダムを創造
されてのち、「人がひとりでいるのは良くない」(創二・18)と言われ、その対象
として女性のエバを創造なさったあと、初めて「はなはだ良(善)かった」(創一
・31)と言われたのである。
☆ 創世記の一章の記事と二章のとを同じこととして扱っている。

▲ 11. さらに、あたかも、電離した陽イオンや陰イオンが、各々陽子と電
子との結合によって形成されているように、雄しべや雌しべ、あるいは雄や雌も
また、各々それ自体の内部で、陽性と陰性の二性性相の相対的関係を結ぶことに
よって、初めて存在することができるのである。
☆ 生命体には 単性生殖もあるとか。

▲ 12. したがって、人間においても、男性には女性性相が、女性には男性
性相が各々潜在しているのである。そればかりでなく、森羅万象の存在様相が、
表裏、内外、前後、左右、・・・などのように、すべて相対的であるのも、あら
ゆる被造物が二性性相の相対的関係によって、互いに存在できるように創造され
ているからである。
☆ 単に移ろいゆかざるを得ない有限性や相対性 あるいはつまり 経験的(時
間的)存在性を言っているに過ぎないと思われる。

それに性差は ことに人間性にかんしてみれば 両性ともに人類の共同相続人で
あって 何か特別の意味を持つとも思えない。神の神性がそこにのぞかれるとい
う問題になっているとは思えない。

▲ 13. 以上の記述によって、我々はすべての存在が、陽性と陰性との二性
性相による相対的関係によって存在を保ち得ているという事実を明らかにした。
☆ 相対的関係は 限りある可変的な存在にとっては その自然本性として当た
り前である。同性どうしのあいだにも 相対的関係が成ること 当たり前の話で
ある。

▲ 14. さらに、我々はすべての存在を形成しているもっと根本的な、いま
一つの二性性相の相対的関係を知らなければならない。
☆ ひょっとして神の見えない神性は この二性性相にあらわれていると言うん
ぢゃないだろうね? 何のこっちゃ。


▲ 15. 存在するものはすべて、その外形と内性とを備えている。そして、
その見えるところの外形は、見ることのできない内性が、そのごとくに現れたも
のである。・・・そこで、前者を性相といい、後者を形状と名づける。ところで、
性相と形状とは、同一なる存在の相対的な両面のかたちを言い表しており、・・
・これらを総合して、二性性相と称するのである。
☆ だから?

▲ 16. これに対する例として、人間について調べてみることにしよう。人
間は体という外形と心という内性とからできている。そして、見える体は見えな
いその心に似ているのである。・・・観相や手相など、外貌から、見えないその
心や運命を判断することができるという根拠もここにある。・・・
☆ ここで打ち切りたいのですが 趣旨のまとまるところまでは 進まねばなら
ないかも知れない。

▲ 17. それゆえ、心を性相といい、体を形状と称するのである。・・・あ
らゆる存在が性相と形状による二性性相の相対的関係によって存在しているとい
う事実を、我々は知るようになった。・・・

▲ 18. ・・・更に一歩進んで、このように性相と形状とを備えているその
エネルギーを存在せしめることによって、あらゆる存在界の究極的な原因となる
ところのある存在を我々は追求せざるを得なくなるのである。

▲ 19. この存在は、まさしく、あらゆる存在の第一原因として、これらす
べてのものの主体となる性相と形状とを備えていなければならない。
☆ とは限らない。忖度に過ぎないから。

▲ 20. 存在界のこのような第一原因を我々は神と呼び、この主体的な性相
と形状のことを、神の本性相と本形状というのである。
☆ 神の神性に《性相と形状》がなくても もし第一原因ならば それを被造物
において作ることができるはずだ。

▲ 21. 我々は、今、パウロが論証したように、あらゆる被造物に共通に見
られる事実を追求することによって、神は本性相と本形状の二性性相の中和的主
体として、すべての存在界の第一原因であられることが理解できるようになった。
☆ 聖書によれば:
△ (ルカ福音 20章:神に性はない) ~~~~~~~~~
20:34 イエスは彼らに言われた、「この世の子らは、めとったり、とついだりす
るが、 35 かの世にはいって死人からの復活にあずかるにふさわしい者たちは、
めとったり、とついだりすることはない。 36 彼らは天使に等しいものであり、
また復活にあずかるゆえに、神の子でもあるので、もう死ぬことはあり得ないか
らである。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 《二性性相の中和》ということは 両性が存在していてそれらを中和すると
言っている。そうではなく 中和する必要がなく 性を持つ存在なのである。も
しくは 《天使にひとしく》性から自由なのである。

▲ 22. 創世記一章27節に「神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、
神のかたちに創造し、男と女とに創造された」と記録されているみ言を見ても、
神は陽性と陰性の二性性相の中和的主体としてもいまし給うということが、明ら
かに分かるのである。
☆  これは そうではなく 神による人の創造は 男女両性なら成るヒトとし
て・しかもその差を超えた存在だと言うのである。《人》→その内訳《男と女》。


▲ 23. 神が男性であるアダムの肋骨を取って、その対象としての女性であ
るエバを創造されたと記録してある・・・(創二・22)。我々はここにおいて、
神における陽性と陰性とを、各々男性と女性と称するのである。
☆ つまり ヒトの創造は ふたつの記事があり このニ章は たしかに先の一
章の記事とは違って 男女両性には互いに現象として差があること――その良し
悪しは いま別として――を語っている。

だからと言って 天使にひとしい存在に実質的な性差がないとはっきりしている
だけではなく 神の子らのあいだに いちいち中和しなければならない問題をは
らんだ性差があるとは 考えられません。ましてや 神の神性においておや。

創世記《 一:27 》とそして《 ニ:18-24 》の両方の記事で 人間の存在のあり
方が語られている。性差のある現象と性差を超えた共通の人間性とが両立すると
いうことだ。

もし言いたいのならば 神の神性は 《性差を超えた共通の人間性》というとこ
ろに見えるのかも知れない。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

>神の《二性性相》とは いったい何のことか?


これは陰陽二元論のこと。唯一神教は基本的に一元論なので、二元論とは非常に相性が悪いのだけれど、
それでも何故か陰陽二元論でキリスト教を解釈する、というキリスト教系カルトが存在し、そのカルトのHPを
参照してます。
あなたの貼ったリンク先に書いてあることだけど、
第六章 再臨論  に書いてあること:
・イエスは、韓国に人間として再臨する。(聖書:私は再臨したイエスだ、と自称する人がいたら、ニセモノである。)
・将来、全世界で韓国語を話すようになる。
で、リンク先のカルトの教祖様は、私は再臨したイエスだ、と自称していました。この部分は抹消されてる。
(教祖は既に寿命で死亡したためデタラメが確定。)

原理講論(統一原理において聖書に該当):
>8. これについて実例を挙げてみれば、今日、すべての物質の究極的構成要
 素といわれている素粒子は、みな、陽性、陰性、または陽性と陰性の中和による中
 性を帯びている。これらが二性性相の相対的関係を結ぶことによって、原子を形成
 するのである。
>>だから?
だから、じゃないです。この箇所は、原理講論の完全自爆の1つ。
原理講論は、宗教と科学の融合、を唄っている(昔は唄っていた。今は知らない。)のだけど、これ危険だよね?科学の定説がひっくり返ったら、宗教の教義も変更しないと、だよね?
また、科学の解釈間違ってもアウト。
・すべての物質の究極的構成要素といわれている素粒子は、みな、陽性、陰性、または陽性と陰性の中和による中性
うん、まあ、原理講論が書かれた時代(1966)は、素粒子のうち、陽子、電子、中性子しか世間一般には知られていなかったから、原子論を無理クリ陰陽論で解釈すると、陰陽とは電気的性質のこと、と定義した結果、陽=陽子 陰=電子 中:中性子 なのだろうけど、中和って、化学において、酸アルカリ反応をさすからなあ。陽子+電子=中性子 が、中和なの?
そこまでは大目に見るとして、陽性と陰性の中和、は、陽子+反陽子 の反応も含まれる、よね?中和反応を示さず、爆発反応なんだけど.....(注:反物質は、既に知られていた。で、すべての物質と書いている。中間子やニュートリノの除外は認めるけど、反物質の除外は、当時一般人にも知られている(アシモフの陽電子ロボットとか、ゼンガーの光子ロケととか。)ため、無理)
ですので、科学的な間違いをやらかすと、それは検証可能(科学のルールに従い検証する)なので致命傷。
よって、宗教と科学の融合とは、ルネサンス以降は自爆ルートであり、そこへ平気で踏み込むところからワナラナイのだけどなあ。


P.S
統一原理と書かれている時点で解る人は解る思うけど、キリスト教系カルトとは、世界平和統一家庭連合(旧:統一協会)
です。バリバリの異端派なので、カルトの教義を以てキリスト教本家を批判、だけはしないでくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ P.S 世界平和統一家庭連合(旧:統一協会)
☆ そうなんですか。旧しか知りませんでした。こんなものを取り上げる
ことはないのですが 回答者の中にこの命題を持ち出したのがいたのです。

★ これは陰陽二元論のこと。
☆ そうですね。この二元または二項対立の図式が 基礎なようですね。

★ 唯一神教は基本的に一元論なので、二元論とは非常に相性が悪いのだ
けれど、
☆ 《元》という場合には 一般に《善神》とそして相い対立する《悪神》
のことですね。

★ 第六章 再臨論 :
・イエスは、韓国に人間として再臨する。(聖書:私は再臨したイエスだ、
と自称する人がいたら、ニセモノである。)
・将来、全世界で韓国語を話すようになる。
で、リンク先のカルトの教祖様は、私は再臨したイエスだ、と自称してい
ました。この部分は抹消されてる。
(教祖は既に寿命で死亡したためデタラメが確定。)
☆ ふむ。そこは 読まなかった。死亡した時点で 崩壊するかと思って
いたのですが。

★ 原理講論(統一原理において聖書に該当):
>8. すべての物質の究極的構成要素といわれている素粒子は、・・・
>>だから?
★ だから、じゃないです。この箇所は、原理講論の完全自爆の1つ。
☆ すまん。無知です。

▲ ・すべての物質の究極的構成要素といわれている素粒子は、みな、陽
性、陰性、または陽性と陰性の中和による中性
★ ・・・中和って、化学において、酸アルカリ反応をさすからなあ。陽
子+電子=中性子 が、中和なの?
★ 陽子+反陽子 の反応〔は〕 中和反応を示さず、爆発反応なんだけ
ど.....(注:反物質の除外は、当時一般人にも知られているため、
無理)


★ ですので、科学的な間違いをやらかすと、それは検証可能(科学のル
ールに従い検証する)なので致命傷。
よって、宗教と科学の融合とは、ルネサンス以降は自爆ルートであり、そ
こへ平気で踏み込むところからワナラナイのだけどなあ。


☆ 《神に性はない。神の子は 天使のごとくなり。婚姻はない》は 二
元論への反駁になるかと思います。《男女両性の差を言う場合と両性に共
通の人間性を言う場合》がある。これも 《二性性相》論にほぼ致命傷を
あたえると思います。

いやあ のさばらかしておいて いいわけないですよ。

お礼日時:2018/10/13 12:06

私は神の子、仏の子。


ブラジュロンヌさん、あなたもですよ。

神は経験世界を超えていません。
日々実感しているのです。
自身の心がそれです。

神とは善悪の善としての神ではありません。その場合には悪にサタンを置きます。

創造主である神には、善も悪もないのです。
それを、人間と云う生き物が作り出しているのです。

なぜならば、人間は(他の生き物も)生きる事(正)を良しとし死する事(負)を悪しと感じるからです。

中和とは合体と云う意味ですね。
自信を見れば、こころとからだで成り立っています。
これを合体、心物不二と云います。

宇宙の存在も精神と物との合体です。

もっと突っ込んでいえば、宇宙の精神の意志の力が宇宙を存在させているのです。
存在は現象となって、その現象は時空と云う「形式」によって物質(障碍するもの)となって。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

★ 私は神の子、仏の子。
ブラジュロンヌさん、あなたもですよ。
☆ そういうことは 議論のための命題としては 出しません。

★ 神は経験世界を超えていません。
日々実感しているのです。
自身の心がそれです。
☆ これも同じく。主観の内では 成り立っても 議論をみちびく
論拠にはなりません。



★ 神とは善悪の善としての神ではありません。その場合には悪に
サタンを置きます。
☆ ですから 相対的な善悪の世界を 神は超えています。それと
同じように 雌雄の二性や内(性相)と外(形状)の二性が いか
に中和しても その状態と そして神における《男女の性差を超え
た状態だとか 物心を超えた状態》とは 別です。次元が違います。

★ 創造主である神には、善も悪もないのです。
☆ 超えているのです。あるかも知れないし ないかも知れない。
相対的な善や悪やを――超えているということは―― 包み込んで
いるかも知れないのです。そうでないかも知れない。

つねに その《非知》の状態として――仮りにですが――捉えられ
るのが 神です。



★ それを、人間と云う生き物が作り出しているのです。
☆ だったら 神は 人間の操り人形です。

★ なぜならば、人間は(他の生き物も)生きる事(正)を良しとし死す
る事(負)を悪しと感じるからです。
☆ それは ただの人間の思わくに過ぎません。神には 痛くも痒く
もないでしょう。

★ 中和とは合体と云う意味ですね。
自信を見れば、こころとからだで成り立っています。
これを合体、心物不二と云います。
☆ 経験事象としてそういうことが起きても 神とは隔たりのある現
象だと言っています。そういう事象や事物を 神に投影しても ただ
のお遊びです。

★ 宇宙の存在も精神と物との合体です。
☆ 宇宙は 世界という意味です。経験事象ですよ。

★ もっと突っ込んでいえば、宇宙の精神の意志の力が宇宙を存在さ
せているのです。
☆ ただの推測です。人間の思念に過ぎません。


★ 存在は現象となって、その現象は時空と云う「形式」によって物
質(障碍するもの)となって。
☆ だから 移ろいゆかざるを得ない経験事物のことを いくらいぢ
くったって 神の話にはなりません。

お礼日時:2018/10/11 18:37

二性性相。

二性性相の中和。本性相。本形状。

二性性相、本性相、本形状とは、精神と物質の事を云っていますね。
中和とは、それに依ってこの世の現象となっていると云う事。
物心不二、の事でしょう。

物と心との合体が宇宙であるように、宇宙に出現した生命さえも、その「性差」の合体によって新たな生命を生み出しています。

宇宙の仕組み、其のものですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

やられちゃいましたね。例の統一きょう〇ですよ。

★ 二性性相。二性性相の中和。

★ 二性性相・・・とは、精神と物質の事を云っていますね。
中和とは、それに依ってこの世の現象となっていると云う事。

☆ これだけなら まだ分かりますよ。
つねに《中和》になるとは限らないですが 《この世の現象》
として 捉えることが出来ます。

問題は 神です。

★ 本性相、本形状とは、精神と物質の事を云っていますね。
☆ どうして そのような推論ができますか? 神ですよ?

人知を超えています。経験世界を超えています。それなのに
どうして そんな推測が ただしいとして成り立つのですか?


二性性相が 中和されたら:
★ 物心不二
☆ だと言えるのですか? どうして?

中和ということは 二性性相が・あるいは性相と形状とが 
それぞれの性質を無くして 中間の状態になると言っている
んですよ?

そんなことは ないでしょう。

男と女とは それぞれがその性質のまま あたかも一体とな
るに過ぎません。

心と外のかたち(身や物)がどうして 《不ニ》なのですか? 
または 《不二》とは どういう意味ですか?


そして 神は 経験世界を超えているということは これら
心や身や物を超えているということです。

超えているところの神に どうして《この世の現象》として
の《物心不二》だとか《中和》だとかというコトが あては
まるのですか? 

またそれは 分かるわけないのです。当てはまるかどうかが
人間には 分からないでしょう?

分かったら あなたは 神です。

お礼日時:2018/10/11 17:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング