「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

時代の流れに反して、最近フィルム一眼を勉強しはじめました。
毎週休みの度にいろいろな撮影(風景・スナップ)へ出掛けています。撮影場所や被写体によりフィルムの感度を選びたいのですが、慣れないせいか前回撮影時のフィルムが残っていたり、必要な感度のフィルムを持ちあわせていなかったりとうまく使い分けられません。夜景を撮影しようと思ったのにカメラの中にはISO100のフィルムが半分以上残っていたり...
その様な時に「増感」という方法があると聞いたのですが、具体的な撮影方法が判りません。また、現像・プリントの際に何か注意することがあるでしょうか?
また「増感」以外に何か良い方法があれば教えてください。
デジカメ撮影では全く意識する必要がなかったので、今になって困っています。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 撮影に関しましては、ISO感度の設定を希望する感度に合わせなおせば、あとはカメラ任せでOKです、オートで撮るも良しマニュアルで撮るも良しです。



 撮影途中(フィルムの途中)でのフィルム感度の変更は基本的にできないと思ってください。

 ISO-100のフィルムで半分撮って、残り半分はISO-800で撮影はできますが、現像する時にどちらかに合わせるしかできませんので、どっちかが悪くなっちゃいますので。

 フィルムを途中で抜くか、フィルムを高感度の物に交換します。

 途中で抜く際は、フィルムのベロ(リーダー部)をパトローネに巻きこまないようにして、既に撮影した枚数を尾パトローネに書き込んだりメモしておきます。

 ISO-100のフィルムを新たに入れて感度設定を変えるか、高感度フィルムを使います。

 先の余ったフィルムは、ISO-100で撮影ができる条件になりましたら、フィルムを装填してレンズキャップをして1/1000sの早いシャッタースピード+f22など絞りこんで、メモした枚数+α(18+2,3枚とか)空シャッターを切ります。これで残った(余った)フィルムが最後まで使えます(途中真っ黒な画面(未露光)がありますが、保険ということで。

 ISO感度を変えて増感撮影したフィルムにも撮影(設定)した感度を明記しておいて、現像などの注文時にISO-800で撮ったのでその分増感してください、と伝えてください。

 なお、増感に向いたフィルムと向かないフィルムがありますので、その辺はご注意ください、また増感できるフィルムでも限度がありますし、あまり増感しすぎると増感現像してくれない事もあるからご注意ください。

 それと、ネガフィルムならISO-100のフィルムをISO-400に増感しても意味はありません、プリント時に増感したようにプリントできますので、ポジフィルムなどを使う場合に使う手と考えるといいでしょう。

 最後に増感すると感度は上がりますが、粒子が大きくなって画面が粗くなったり、色が変わる事もあるのでご注意くださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
途中で感度を変えれば、いずれかの統一した感度で現像しなければならない...気付きませんでした。感度を変更するには大きなリスクがあるのですね。
それよりも、教えて頂いたフィルム途中交換という方法が現実的に良さそうです。とても良い方法を教えて頂きました!

お礼日時:2004/11/10 22:02

増感ついて、補足を少し...



増感と言うと、いかにも感度がどんどん上がる様に感じますが、実際はコントラストが上がるだけで、感度はほとんど上がりません。

フィルムの感度がどの位あるのかは、感度基準点がどの位置にあるのかで判断します。

本当に感度が上がったのならば、それに応じて感度基準点も移動するのですが、増感の場合は、感度基準点はほとんど動きません。

コントラストが上がると、感度が上がったように見えると言う錯覚を利用しただけです。

増感をすると画質が悪化するので、高感度フィルムを選べる環境ならば、それを利用すうほうが得策です。

どうしても増感をしたい場合は、カラーリバーサルの場合は、増感、減感が出来ることを謳ったフィルムを選び、モノクロフィルムやカラーネガの場合は、高感度フィルムを選びます。

高感度フィルムのほうが、増感に適しているからです。

特殊効果を得たいときや、高感度フィルムをさらに感度を上げて使いたい時に増感をする、と言うのが原則的に正しい使い方です。

なお、
>フィルムの前半はアンダーになってしまいます。
とありますが、これは逆で、「オーバーになる」が正解です。

また、ミノルタ アルファ7は、フィルムを途中で巻き戻した場合、その位置を記憶しているので、次回フィルムをセットすると、その位置まで自動的に空送りするという機能があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
増感は「コントラストが上がるだけ」なのですね。デジカメで画像ソフトを使ってコントラストを調整していたことを思い出しました。それと似たような処理ということなのでしょう。
「感度が低いフィルムはキレイ!」という言葉を意識しすぎ、つい高感度フィルムを選ぶことに消極的になっていました。いろいろな環境で撮影して、もっとフィルムの特性を覚えたいです。
簡単に考えていた「増感」ですが、本当にいろいろな勉強になりました。

お礼日時:2004/11/10 22:47

脱線ですが・・・



NikonのD70というデジタル一眼レフは撮影途中にISO感度を自由に変更できます。別に銀塩(F80s)も所有しているのですが、便利なので最近はデジタルばかりです。

ちなみにCanonのAE-1にはモノクロフィルムを入れて2台体制で使っています。

全然回答にならず申し訳ありませんが、二台体制(それぞれ違う感度のフィルムを入れておく)というのも一つの手かとも思います。

参考URL:http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/d …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんです!デジカメの時は途中で感度が変えられ、それが当然のように思っていたのでフィルムに目覚めた今になってジタバタしている次第です。
tumireさんは2台体制なのですね。私も今は1台を相手にするのが精いっぱいですが、気持に余裕ができたらそのような撮影にも憧れます。

お礼日時:2004/11/10 22:35

他の方も書いておられますが増感とはフィルムの現像時に行う作業です。



ネガフィルムの場合は増感現像を行っていない所がほとんどです。ミニラボや写真の専門知識を持ち合わせていない取次店(コンビに等)等では受け付けていない可能性が大ですし依頼しない方が無難でしょう。
ポジフィルムの場合は大抵は可能です。もちろん写真の専門知識を持ち合わせていないお店では無理です。

ISO100のフィルムを半分撮った状態でそこから後ろで増感を前提にした撮影を行い、増感を指示して現像してもらうとフィルムの前半はアンダーになってしまいます。*これについては「切り現」といって、コマ数を指定してフィルムの前後を別々に現像するという技も有ります。詳しい方法はお店で聞いてください。

増感現像した場合は粒子が荒れてザラザラ感が出てきます。カラーバランスも多少変化します。コントラストも強めになります。また、フィルムの銘柄によって増感による影響が異なります。
大事な写真を撮る場合には何度か試してからの方が良いと思います。ここ一番の時に慣れない方法で失敗する事は十分に考えられます。

増感の段数についてはお店によっても様々です。専門的なお店ならば1/4段階と1/3段階単位で+4まで可能です(1/4段は限られた段数のみ可)。例えば2と1/3段の増感(ISO100のフィルムならば500相当)とかも可能です。

具体的な方法ですが、
例えばISO100のフィルムを使用してISO200相当で撮影するとします。露出補正を使用して-1にしても良いですし、ISOのセットを手動で200にしても良いです。
お店に行って増感での現像を依頼します。その時にどの程度増感するか指示するのを忘れないで下さい。上記の場合は「+1増感」又は「1段増感」と確実に伝えて下さい。
増感指示の方法には段数系列と倍数系列での指示方法が混在していますので注意して下さい。+1は2倍、+2は4倍となりますので間違えられたら大変です。

参考URL:http://www.horiuchi-color.co.jp/index2/s_q_a/gin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とてもご親切な説明で「増感を前提にした撮影方法」と「現像の出し方」が具体的によくわかりました。
露出を理解し技術を磨く意味でも、増感の練習?をしてみる気になりました。
いずれにしても、信頼でき、細かなリクエストを聞いてもらえる写真店を持つことが大切なのですね。

お礼日時:2004/11/10 22:24

増感=増感現像。


つまりは、フィルムを現像する時に一工夫する事で、ネガフィルムであれば現像後の濃度を上げる事です。
方法はいくつかあると思うんですが、良くやるのが現像時間を長くしたり、現像液の温度を上げたりして
やった事はあります。
※学生時代にモノクロで。

濃度を上げると、普通に感光している部分がハイライト側へ傾きます。
同時にハイライトは白飛び気味になり、初めから感光量が少ないシャドウ部にはあまり効果がありません。

この点で、増感は万能ではなく極限られた用途以外では積極的に行うテクニックでは無いです。
普通は、粒状性が荒くなりコントラストがノーマルより高くなります。
それを承知で感度を稼ぎたい(天体写真とか)、表現上の理由でハイコントラストの絵が欲しいとかで行う
事はあり、実際目にする機会は多いですけれど。

此処まででお察しの異と思いますが、フィルムの途中から増感現像は出来ません。
途中からであれば、プリント時に何とかするしかありません。

デジカメは、こういう時に途中からでも関係なくISO感度を変更出来るので便利ですね。

フィルムカメラの場合は、感度でどうにかするよりも撮影方法を工夫する事が大切かも知れませんね。
三脚を使う、使用するレンズを選択するなど。 。 。

増感現像-余談。

フィルムでもモノクロであれば、機器さえ揃えれば比較的簡単に自分で試せます。
現像、プリント技術も身に付くので、お金と時間と現像液のにおいに苦情が出ない環境があれば挑戦して
みるのもいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
増感すると「粒状性」が粗くなるのですね。やはり無理するのですから、そのしわ寄せもあるわけですね。
逆にその粗さを使ったハイコントラストな撮影表現をしてみるというテクニックもあるということに気付きました。
写真を入門したばかりですが、いづれはモノクロフィルムを自分で現像してみたいと思いました。

お礼日時:2004/11/10 22:12

「増感」とは、フィルムを現像するときの指定ですね。

例えば、ISO感度の設定を間違って撮影したときなどに使います。

撮影途中でのフィルム交換が簡単なのは、APSカメラです。(コンパクトタイプのAPSカメラでは途中交換ができないものが多いですが)
キヤノンEOS IXEやニコンプロネアのようなAPS一眼レフがあります。

レンズ画角がデジタル一眼とAPS一眼は似ていますので、デジタル一眼と併用するのなら、35mm一眼よりもAPS一眼の方が良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答ありがとうございます。
そうですか、現像の時の指定なのですね。撮影途中で「よし、ここは増感だ!カメラのISO設定変更!」と言うわけではないのですね。少しムシが良すぎました。

APSという選択肢もあったのですね。カメラ購入の際に全く気が付きませんでした。因みにEOS7sで写真の勉強中です。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/11/10 01:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q35ミリカラーネガの増感について

暗いライブ会場の記録撮影を頼まれて、ISO800のカラーネガフィルムを、感度設定3200で撮りました。
モノクロフィルムの感覚で、増感現像したらいいやーみたいに思ってたんですが、ミニラボのおばさんに相談したら、「普通はカラーネガは増感しないよ」といわれました。
2段もアンダーなネガを、ノーマルで現像しても大丈夫でしょうか??
ネガのラチチュード?はどのぐらいでしょうか??

Aベストアンサー

mosamosako様
初めまして、カラーネガティブフィルムも増感現像は
出来ます。

プラス1.5とプラス3までの増感が可能です。

 自分自身では増感現像をしたことが有りませんが、
専門のラボへ持ち込めば可能です。
私も大切なイベントで感度設定を間違え撮影し増感現像を依頼し現像して貰った経験があります。
 毎日結構プロのカメラマンでも間違いを起こして
フイルムを持ち込んで居られる方が何人かいるようです。 
 私もその事を聞いて安心したことがあります。
少しコストは高いですが、
問い合わせは
堀内カラーと言うところ、大阪、名古屋、東京に事業所があり、現像は郵便などでも受け付けてくれますので、一度問い合わせては如何ですか。
住所と電話番号は下記のホームページにありますが。
取りあえず判っている電話のみ記載しておきます。
大阪の電話番号は次のところです。
尋ねて見て下さい。
大阪事業所
TEL(06)6313-2351(代)

 

参考URL:http://www.horiuchi-color.co.jp/index2/index2.html

mosamosako様
初めまして、カラーネガティブフィルムも増感現像は
出来ます。

プラス1.5とプラス3までの増感が可能です。

 自分自身では増感現像をしたことが有りませんが、
専門のラボへ持ち込めば可能です。
私も大切なイベントで感度設定を間違え撮影し増感現像を依頼し現像して貰った経験があります。
 毎日結構プロのカメラマンでも間違いを起こして
フイルムを持ち込んで居られる方が何人かいるようです。 
 私もその事を聞いて安心したことがあります。
少しコストは高いですが、
...続きを読む

Q有効期限切れのフィルムについて

有効期限が切れたフィルムは、期限からどのくらい経ったものまでなら使えるものでしょうか?保管状態なので一概に言えないのはわかりますが、最大で、これだけ年数が過ぎたフィルムでもちゃんと使えたよ、といった情報などが聞きたいところです。
普通のネガフィルムの場合で教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネガで10年なら普通に使えますよ
使った事があります。

感度が低くなってるのと発色に難がありますが、プリントの時に調整できますし
あと、ボケた画像になりますが

Qフィルム現像が安いオススメの店を教えて下さい。

写真現像について教えて下さい。

フィルム写真を撮っているのですが、学生であまりお金を持っていないので
フィルム現像が安いお店を探しています。(フィルムスキャナを持っているので、フィルム現像のみで良いです。)

今はヨドバシを使っていますが、もっと安くて便利なところがあれば
ぜひ利用してみたいと思っています。

僕はいつも現像のみで頼んでいますが、同時プリント0円のお店もありますよね。
ああいった類のお店から上がってくるプリントの質が低いことはさすがに理解出来ますが、フィルム現像もやはりかなり質が低いのでしょうか?

ネガ自体の質がかなり劣ってしまうのは嫌なのですが、実際そこまで変わらない、プリントをしっかりとしたラボに頼めば補正は可能、というレベルであればそこで現像+同時プリントで使ってみたいと思っているので、そのあたりの程度を(もしオススメの店などあれば併せて)教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現像のみですか?
ヨドバシカメラが現像料をどのくらいとっているか知りませんが
相場からいうと500~700円の間でしょうね。
現像料金自体は、実はそんなに大差はないことのほうが多いですね。
で、専門家の立場から言うならば、現像のみならお金はケチらないほうがいいとおもいます。

プリント料0円現像を引き合いに出されていますが、あれは
プリントの質がどうのこうのだけでなく、現像作業込みですので
実質、現像料のお金でプリントもやっていることになりますから
どこかでお金をかけないようにする必要があります。
たいていのところは、オペレーターはパートさんかアルバイトさんで
専門的な知識がなくてもできる自動補正の自動作業で、現像液や
温度管理も画一でしか管理作業をしませんので、コンディションの
悪い時期にあたると仕上がりが悪くなります。はっきりいって
メチャメチャ悪いこともあります。
なので、芸術写真や作品写真の現像を出すのは絶対に止めたほうがいいです。

お勧めは、自家でラボマシンを持っていて、できるだけ決まった
オペレーターがマシンを扱い(それ専門であることが多いため)、
できるだけ毎日の現像する数がある程度多いところで、
写真専門店であること
(結局、簡単にこの条件を満たすならプロラボになってしまうのですが)
を目安にお店を探されることをお勧めします。

また、フィルムにおける現像作業は、非常に大切なプロセスですので
ケチってしまうと、もう後で直すことはできません。
上記の中でもどこのお店がいいか判断するには、同じフィルムで
グレーカードとカラーチャートなどを5000Kの光で同じ条件で
撮影したものを数本用意して、それぞれ違う店に出してみることです。
おそらくお店によって濃度や色が微妙に変わってくるはずです。

もしも、このときにプリントもしてみられるのなら、
「グレーカードが写っているコマの色・濃度にあわせてください」
といってそれがちゃんとできるお店はほぼ信頼できると思います。
承諾しておきながらそれができない、また依頼時に上記の要件を
理解できないお店はパスですね。

それと、根本的に現像料を抑えたいなら、フィルムの枚数の多いものを
使うようにされることをお勧めします。
よく24枚(27枚)撮りがパック品で安くで売っていたりしますが
これを使うなら、36枚撮りのパック品を使うほうが結果的に安くなります。
もちろん、撮影頻度や撮影量によっては36枚全部を撮りきれなくて
現像に出すのが延び延びになることはおきえますが、計算上は
フィルム一コマあたりの値段は下がります。
また、意外に思われるかもしれませんが、モノクロフィルムも
現像のみならお店から外注で現像を頼んでも、カラーより割安です。

参考になりますでしょうか?

PS:お勧めはしませんが、100円均一で有名なダイソーが
  一部店舗で100円現像をやっているお店があるそうです。
  処理の腕は…まぁ、値段相応と思われたほうがいいかもしれませんね。

現像のみですか?
ヨドバシカメラが現像料をどのくらいとっているか知りませんが
相場からいうと500~700円の間でしょうね。
現像料金自体は、実はそんなに大差はないことのほうが多いですね。
で、専門家の立場から言うならば、現像のみならお金はケチらないほうがいいとおもいます。

プリント料0円現像を引き合いに出されていますが、あれは
プリントの質がどうのこうのだけでなく、現像作業込みですので
実質、現像料のお金でプリントもやっていることになりますから
どこかでお金をかけない...続きを読む

Qフィルムの時代はどうやってISO感度を変更してたの

昔はどうやってISO感度を変更してたんでしょう。
ISO100のフィルムの8枚目まで撮影して、次に入れるISO1600のは2枚しか撮影してないから・・・
機械がフィルムのIDかなんかを覚えていて自動でその枚数目まで巻いてくれたりしたんでしょうか。
それとも途中まで使って入れ替えて途中から使うというのは無くて使いきりですか。
どうやっていたのか教えてください。

Aベストアンサー

初期のカメラではISO感度の設定はありませんでした、感度に合わせて絞りとシャッタースピードを調整

次にISO感度を設定できるカメラが出ました、ダイヤルなどを回して、感度を設定します。

後年になってフィルムにISO感度の読み取り部が着くようになって、それをカメラが自動的に読み込んで自動的に設定してくれるカメラがでました。

フィルムは基本的に1回の装填で最後まで使い切るのが基本でした

フィルムの感度を変える場合は、フィルムを一旦抜き取ってから、ISO感度の違うフィルムを入れて空シャッターを切ってコマ数分を送ってから撮影をしました

後年になってAPSというカートリッジに入ったフィルムになってから、好きなタイミングでフィルムの取り出し、交換ができるようになりました、ISO感度も撮った枚数も自動設定してくれました

コンパクトカメラに採用されましたが、あまり普及しませんでした(^_^;

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む

Qポジのプリントで不満に思ってます

カメラ店にリバーサルフィルム(マウント)一枚を
ダイレクトプリントしました。

ダイレクトプリントから返ってきたプリントは、写真全体が暗く色が汚いのでやり直しをお願いしたし、出来上がったプリントはほとんど同じような感じで再プリントされて返ってきたので店頭にあるフロンティアで試し焼きをお願いしたら希望に近いプリントがでました。

フロンティアと同じ色のプリントは出来ない事も知ってますが、フロンティアと同じようなレベルの物を求めて、店員さんにもポジを見せたらあまりに色がおかしすぎると言われ再プリントをお願いしました。

カメラ店外注先よりプリントが出来ないとの返答があったそうです。

同じポジは
CANONの8000Fのスキャナーでスキャンした画像を
CANON IP8600のプリンターでプロフォト紙にプリント、普通紙にプリント、年賀状(インクジェット用紙)にプリントしてます。

色は多少違うのは仕方のないことだと思いますが、
フロンティアや合計6万円のスキャナーとプリンター同等レベルのプリントが出来ないっておかしいと思いませんか??

カメラ店にリバーサルフィルム(マウント)一枚を
ダイレクトプリントしました。

ダイレクトプリントから返ってきたプリントは、写真全体が暗く色が汚いのでやり直しをお願いしたし、出来上がったプリントはほとんど同じような感じで再プリントされて返ってきたので店頭にあるフロンティアで試し焼きをお願いしたら希望に近いプリントがでました。

フロンティアと同じ色のプリントは出来ない事も知ってますが、フロンティアと同じようなレベルの物を求めて、店員さんにもポジを見せたらあまりに色がおかし...続きを読む

Aベストアンサー

答えにならないかもしれませんが
他の方も言っているように
リバーサルはラチチュードが狭く ダイレクトプリント(デジタル露光プリントでなく本当に光学露光のダイレクトプリント)ではほとんど補正が出来ません
※これはリバーサルフィルム、ダイレクトプリントの印画紙ともにラチチュードがとても狭いのです。

つまり 撮影した際の露出や色合いがダイレクトに出ます
ぴたっと露出があっていないと露出不良により暗くなったりカラーバランスが崩れたりします。
●その性質を利用してカメラの露出の勘を身に付けるをの練習をすることもあります。

ネガフィルムの場合 ラチチュードが広い為、適性露出からはずれていてもプリント時にかなり補正が可能で、かなりの露出不良でもけっこうキレイにプリントされます。
ましては 今はデジタルラボ機が主流ですから デジタル処理により 上記のような露出不良でもかなりの補正が可能になりました。

フロンティアにしろCANONのスキャナーにしろデジタルの力による補正が自動でかなりはいっているのではないでしょうか?

再プリントしても あまり変わらないということはその補正で限界の可能性があります(確認の余地はまだありそうですが・・・ダイレクトプリントでは補正によって激変することはまずありえません。変わっても気持ち変わったくらいでしょう)

逆に デジタルの自動補正の便利さになれているのかもわかりませんね!
きれいなプリントをお望みであれば(スライドが必要ないのでなければ)ネガフィルムの使用をお勧めします。

ながながとした説明になり すいませんm(._.)m
よりよい写真ライフをお送りください

答えにならないかもしれませんが
他の方も言っているように
リバーサルはラチチュードが狭く ダイレクトプリント(デジタル露光プリントでなく本当に光学露光のダイレクトプリント)ではほとんど補正が出来ません
※これはリバーサルフィルム、ダイレクトプリントの印画紙ともにラチチュードがとても狭いのです。

つまり 撮影した際の露出や色合いがダイレクトに出ます
ぴたっと露出があっていないと露出不良により暗くなったりカラーバランスが崩れたりします。
●その性質を利用してカメラの露出の勘を身...続きを読む

Qもっとも使いやすいM42マウントのカメラ。

ってなんでしょう。
とりあえず、1つM42マウントのレンズでお気に入りのブツがありまして、
手放せないほど気に入っているんですが、ボディがニコンしか持ってないもんで、マウントアダプターでくっつけてる状態です。
どーにも勝手が悪いんで、M42マウントのボディを買おうかなと思ってます。
で、お伺いしたいんですが、M42マウントのボディでなるべくシャッタースピード最高速が早く、なおかつ、メーター内蔵のブツってどのカメラになるんでしょうか。
また、PENTAX SP-Fはものによってはつけられないレンズもあるとか聞きましたので、それ以外のボディでお願いします。

開放測光はできなくてもいいです。。この際。。。。。


って、こんなマニアックな質問答えてくれる人いるんでしょうか。。
いるといいな。お待ちしてます。

Aベストアンサー

またまた出てきました。この話になると、尽きないもので。
>オートフォーカス使えばいいのにってツッコミはなしにして下さい。
オートフォーカスは、だめですよね。シャッター切った瞬間は、撮れていませんね。
> 僕は可能な限り正確にピント合わせて、ギリギリまでピント浅くした写真が好きなもんで
分ります。レンズに拘ればそうですよね。絞ったらどのレンズも似たような物ですもの。
>OM-2とかにつければ露出補正ダイヤル使いやすいから
OM-2持ってます。残念ながらバックフォーカスが46ミリでたった0.5ミリ長いだけですが、無限にしたときで10メートルまで行きません。やはりコンバージョンレンズ付きのアダプタになります。それと自動絞り式を実絞り測光にセットするためのレバー(接写リングの後ろに出ているような)が必要です。アダプターに付いているとは思いますが。でもダイレクト測光なので速写に良いです。いっそOM-20あたりをM42専用にマウント改造してしまいますか。いま、まじで考え中です。
ペンタックスのLXもダイレクト測光ができるので、M42を使うのにとても良いそうです。でも今となっては、高価につきますね。
>M42のレンズで評判いいやつって何か他に知りませんか?
>アンジェニーの28mm/f3.5とかどうかなって思ってるんですけど。
フランスですね。持っていませんが、やわらかで丸みのある表現をするので特長的だそうです。広角なのにぼけ味が良いそうなのでoni_ocさんの撮影スタイルにあうかも、解像力は、さほどでないそうです。
わたしは、懐の都合でペンタックス、オリンパスなど日本製が多いです。
とりあえず28mmでは、SMCスーパータクマー28mmF3.5、Gズイコー28mmF3.5両方とも解像力が良いのであまり特徴的ではないようですが、写りは良いです。
アンジェニーもそうでしょうが、F3.5で28mmとなるとピントの山がつかみにくいので、フォーカススクリーンの目の粗めのボデーが良いでしょう。
女の人を中心に開放気味で撮られるようですが、でしたら、もう少し長めレンズは、どうでしょうか。
スーパータクマー55mmF2、タクマー135mmF3.5などで、もっとボケの効果が出ますので。
M42は、まだまだたくさん魅力的なものがあるとは、思いますが、長くなりますので、撮影スタイルと予算にもよりますので、この辺で。

またまた出てきました。この話になると、尽きないもので。
>オートフォーカス使えばいいのにってツッコミはなしにして下さい。
オートフォーカスは、だめですよね。シャッター切った瞬間は、撮れていませんね。
> 僕は可能な限り正確にピント合わせて、ギリギリまでピント浅くした写真が好きなもんで
分ります。レンズに拘ればそうですよね。絞ったらどのレンズも似たような物ですもの。
>OM-2とかにつければ露出補正ダイヤル使いやすいから
OM-2持ってます。残念ながらバックフォーカスが46ミリでたっ...続きを読む

Q別のお店で現像した時の色の違い。

写真初心者です。
写真屋さんでフィルムを現像してもらう時、同じネガからプリントしてもらった写真でも各お店によって色が違いました。
それはネガからプリントする時の微妙な調整によって変わってきているのだと思うのですが、ネガのみを現像してもらう場合でも各お店によってネガの質が変わってしまうのでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、kuribou2002さま。
私は写真屋を経営してます。まず、同じネガからプリントをしてお店によって色が違うということですが、同じお店にお出しになられても同時プリントと焼き増しと色、濃度が違うことがあります。これはまずプリントされるオペレーターの方によって変わります。一般の方は多分、ミニラボという店頭の機械で焼いているのでコピーと同じ誰が焼いても同じ仕上がりになるとお思いになられてる方がほとんどと思います。が、実は味覚と同じで甘いのが好きな人も
いれば辛いのが好きな人もいますよね。これと同じく、
写真の色合いも十人十色なんです。もちろんkuribou2002さんのお好みの色合いもあると思います。あと機械のコンディションによっても変わります。写真をパッとみて同じ色に上がってても裏のデーターは違う場合があります。
もし同時プリントの色がきれいで同じ色合いで仕上げてほしい場合は必ずそのお写真を色見本として一緒にお出し下さい。それからよくある¥0プリント等極端に安いお店は
調整なしでプリントする場合があり調整する場合別途料金
がかかるお店もあります。お気に召すまで遠慮せず再プリントを依頼されていいですよ。いいお店を見つけたらしばらくその同じお店に出しお店の方とお馴染みになって下さいある程度行くとこちらの色の好みを覚えてくれて黙って出しても好みの色合いで仕上げてくれます。それから再プリントを依頼される場合は必ず先ほどお話しました色見本と色が悪かった写真を忘れずお持ち下さい。無料で再プリントしてくれるはずです。色が悪かった写真はロスになるので基本的にお返しできませんがお店によってはとくにお馴染みさんの場合返してくれる場合もあります。
最後にネガの現像自体の質ですが、どこへ出しても同じですが先ほど申しました極端に安いお店は輸入物の安い薬品を使ってたりするので質が落ちる場合もあります。

はじめまして、kuribou2002さま。
私は写真屋を経営してます。まず、同じネガからプリントをしてお店によって色が違うということですが、同じお店にお出しになられても同時プリントと焼き増しと色、濃度が違うことがあります。これはまずプリントされるオペレーターの方によって変わります。一般の方は多分、ミニラボという店頭の機械で焼いているのでコピーと同じ誰が焼いても同じ仕上がりになるとお思いになられてる方がほとんどと思います。が、実は味覚と同じで甘いのが好きな人も
いれば辛いのが好きな人も...続きを読む

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む

Q現像した写真の保管はどのような保管方法がよいのでしょうか。

現像した写真の保管はどのような保管方法がよいのでしょうか。
今まで、サービスでついてくる小さな冊子?のようなものに入れて保管していました。
最近になって「劣化したら嫌だ」と思い調べてみることにしました。
そこで、アルバムに保管するという手段があることを知りました(わかっていても気づかないもんです)。
しかし、アルバムといってもどのようなアルバムがあるのでしょうか。
そしてそれぞれにどのような長所/短所があるのでしょうか。
教えてください。(画像つきだと幸せます)

Aベストアンサー

ポケットアルバム
サービスアルバムのシッカリしたタイプです。
フリーアルバム
台紙にのりが付いていて透明なシートで覆います。

ポケットアルバムの方が簡単です。メモ欄もあります。
フリーアルバムは写真の配置が自由です。大きな写真も入れられます。
写真を切って張ったり、施設の入場券を張っり
http://www.kokuyo.co.jp/yokoku/master/album/05scrap.html
http://www.scrap-booking.jp/howto/index.html#
まめな人向きです。
大量に写真があるならポケットアルバムの方が良いでしょう。
アルバムつくりを楽しむならフリーアルバムかな。

フレーム、額縁に入れて部屋や階段に飾るのも写真の楽しみ方です。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/soup/bcccbfbfce.html

「劣化したら嫌だ」
そうですね。
同窓会が久々にあり行く前に学生時代のアルバムを見ました。
30年以上前の写真です。
多少退色していました。記憶はよみがえりましたよ。

ポケットアルバム
サービスアルバムのシッカリしたタイプです。
フリーアルバム
台紙にのりが付いていて透明なシートで覆います。

ポケットアルバムの方が簡単です。メモ欄もあります。
フリーアルバムは写真の配置が自由です。大きな写真も入れられます。
写真を切って張ったり、施設の入場券を張っり
http://www.kokuyo.co.jp/yokoku/master/album/05scrap.html
http://www.scrap-booking.jp/howto/index.html#
まめな人向きです。
大量に写真があるならポケットアルバムの方が良いでしょう。
アルバムつくりを...続きを読む


人気Q&Aランキング