新幹線で用いられているレールはつなぎ目がないという話を聞いたのですが,本当なのでしょうか? もし本当ならどうやってシームレスのレールを作り,どの様に設置するのでしょうか。寒暖差での熱膨張の問題はどの様に解決しているのかなど,教えていただきたく存じます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

レールの長さは通常25mですがロングレールはこれを溶接して作ります。


200mぐらいのものを作って現場まで運びそれをさらに溶接するそうです。
新幹線では1500mが標準で、青函トンネルだけは25kmだそうです。(温度変化が少ないため)
温度による伸縮を吸収するため、継ぎ目は緩やかに外向きに曲げたレールとクサビ形に切ったレールを接触させる構造をとっています。このため乗り移りがスムーズで騒音、安全性とも向上しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、良くわかりました。おかげさまで、私の疑問はすべて解決しました。この度は大変ありがとうございました。他に回答を下さった方々も、大変ありがとうございました。まとめての御礼をお許しください。

お礼日時:2001/07/23 17:56

u13さん大丈夫です.車輪に当るレ-ルもお互いに先の上部分を削って自然に上がっていくようにしています、レ-ルのポイントの先と同じよ

うな仕組みです. http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=75522もお読みください.
    • good
    • 0

ロングレールは静かで乗り心地がよいですね。

でも2歳の息子は電車ががたんがたん言わないとちょっと不満のようです。

ところで、便乗質問させてください。ロングレールのつなぎ目は斜めにつないであるとのことですが,そうだとすると車両の通行方向が限られる気がします。反対向きに走るとレールのつなぎ目に車輪が食い込んで脱線しそうです。
これは本当でしょうか?そうすると短線区間には使えないですね。
    • good
    • 3

回答者の通りですが、新幹線でなくても私鉄も採用しています。

過去の質問に似たものがあります.

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=75522
    • good
    • 0

継ぎ目はあります。


ただ在来線のレールと違う所は継ぎ目が斜めに切断されている事です。
斜めに切断した面を継ぎ合わせることで、レールの継ぎ目を車両が通過する際の衝撃を小さくしています。
また継ぎ合わせる面を斜めにすることで、熱による伸縮で在来線のようにレールがゆがむ事を防いでいます。
    • good
    • 0

詳しくは覚えてはないのですが、戦争があったぐらいから使われてるそうです。


発明したのは、国鉄の広島保線区の人が発明したと、テレビでいってました。
今の連結器も国鉄の広島の人だそうです。
>どうやってシームレスのレールの作り方は前にテレビでしてました。
レールを何本も現場で溶接してるそうです。
寒暖差での熱膨張の問題はたぶん何十か何百メートルに一回ジョイントがあり、そこで普通のレールと同じように調整してるとおもいます。
    • good
    • 0

つなぎ目はあります。

ただ、一本づつがやたらと長いです。
一番長い所だと1本10キロってのを聞いたことがあります。(静岡あたり)
寒暖差の膨張についてはちょっと解りません。

あんまり参考になってなくてすいません
    • good
    • 0

つなぎ目が無いのではなく、1本のレールが通常よりも長いという話を聞いたことがあります。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱膨張と熱膨張はどう違う?

雲のでき方を調べていて、

空気が暖められる→膨張→上昇→温度が下がる→雲

でいいと思うのですが、
「暖められる→膨張」 が熱膨張で、
「膨張→温度が下がる」が断熱膨張だと書かれていました。
これって熱膨張してから断熱膨張するってことでしょうか?
なんか矛盾しているような気がします。

断熱膨張と熱膨張はどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

ちょっと例えで考えてみましょう。
体育館に50人の生徒がいます。
おやつを配ったら元気を出して体育館いっぱいに動き回るようになりました。
一人一人を分子と考えて、エネルギーを与えて運動量が増えて膨張したようなものです。これが熱膨張です。

今度は強制的に体育館の中を走り回らせました。
外からエネルギーを貰っていないので、自分たちのエネルギーを使って走り回って疲れてしまいました。
エネルギーを与えずに無理やり膨張させたので、運動するために自分の内部にあるエネルギーを使ってしまって、温度が下がったのです。これが断熱膨張です。

ちょっと大ざっぱな話ですみません。

Q残差に自己相関がある時系列データy(1),y(2),y(3),...,

残差に自己相関がある時系列データy(1),y(2),y(3),...,y(n)
に対して上昇トレンド(線形)が有意に存在することを
統計的検定で示したい場合はどのようにすればよいのでしょうか?

単にデータ

時刻(x)値(y)
11.512472
21.594956
31.636873
41.711896
51.570067
61.440109
71.550716
81.55284
91.372756
・・・・・・

に対して単回帰分析(y=a+b*x)を行い、初級の統計で習うように
係数aの仮説検定H0:a=0 H1:a!=0に対応するp値を見ようとも
最初は思ったのですが、どうも系列相関を
無視して分析しているのが気になっていまいちすっきりしません。

適切な方法がわかる方がいたら、ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=%E8%A8%88%E9%87%8F%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E3%80%80%E7%9B%B8%E9%96%A2%E3%80%80%E6%99%82%E7%B3%BB%E5%88%97&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=
で、上からみていって最初のpdf
? 誤差項の系列相関(1):定義と問題点 ?
で、3枚めに
「2 自己回帰(AR)モデルによる系列相関の定式化」
という項目があります。

私の勉強した本だと、「計量経済学」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4811543122/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392
に、「自己相関」という章があります。
どんな内容かは忘れました・・・

Qどんなに遅くとも2050年までには,生物現象に関する十分な知識が得られ,肉体と脳,肉体と心,脳と心と

どんなに遅くとも2050年までには,生物現象に関する十分な知識が得られ,肉体と脳,肉体と心,脳と心といった古典的二元論に終止符が打たれるだろう。
日経サイエンスの文なのですが これは2050年までには魂や輪廻転生 死後の世界などがあるのかないのかはっきりするとゆうことでしょうか?

Aベストアンサー

現在でも輪廻転生や死後の世界が存在しないことはほぼはっきりしていますよ。
ほぼ、というのは厳密に言えばです。現実的には「完全に」と言っても差し支え無いでしょう。

対象がなんであれ、○○が絶対に無い、ということを証明するのは難しいものなのです。
逆は簡単なんですけどね。存在を示せば良いだけですから。

これまで人類の歴史で輪廻転生や死後の世界はずっと重要な関心事でしたが、一度としてその存在が示されたことが無いわけですから、こりゃ無いんだろうなと判断するのが理にかなっているわけです。

Qトランジスタを用いた平滑回路を用いた時の特徴と動作原理について

大学のレポートで困っています。自分でいろいろ調べてはみましたが、わかりません。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

低電圧の回路で使うという趣旨から見ると、No.4のanisolさんのお答えが正解のようですね。私も大変勉強になりました。
リップルフィルターの実際の回路がありました。参考URLの図47の右上で+10Vにつながっている部分がそれらしいです。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~sugai/pll/pll6.htm

Qシームレスパイプについて

昔の話になりますが、友人の関係した会社(日本鋼管?)でつなぎ目のないパイプを開発して、それが砂漠から石油をひくパイプラインなどに使われるのだという話を聞きました。
シームレスパイプと呼ばれるものだと思いますが、そんな長いもの(ですよね?)を工場から現地までどうやって運ぶんだろう? とずーーっと疑問に思っています。
それ自体伸び縮みのする素材なんでしょうか。ゴムホースや消火ホースみたいに巻いてあるんでしょうか?
ご存知の方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

パイプの長さは、シームレスでも、5m程度の、トラックで運べる長さだと思います。シームレスと言うのは、板を丸めて継ぎ目を溶接する方法でパイプを作るのではなく、焼けた鉄の丸棒の中心に、棒を押し込んで穴を開けてパイプにする方法で作ったパイプのことだと思います。5m程度のパイプをつないで長くするには、専用の継ぎ手を使うのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報