人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

精神障害での障害年金の申請を考えています。
約20年前から「強迫性障害」、15年前から「うつや不安状態」の傾向があるのですが、
5年前に1回行った医者で「軽度のうつ」(薬処方)、3年前に数回通った病院で「強迫性障害」(障害手帳の説明のみ、診察の必要性・薬はなし)と診断されました。
通院して半年の現在の医者では、はっきりと診断する方針ではないためか、一応「強迫性障害」と「社交性不安障害」かなと診断されました。

その時々で1番悩んでいた症状を先生に話してそのまま診断されているだけなので、症状の一部しか診断されていませんし、発症して長いのに1度も薬では治療していないので申請しても病気として判断されないのではと不安です。
強迫性障害は毎日ですが、うつに関しては仕事したり人に会ったり何か刺激を受けた時に寝たきり・何も手につかないという風に悪化して、刺激を受けずに暮らしていればそこまで落ち込まずに暮らせているので、援助は必要ですがうつ病と言っていいのかわかりません。

今までの症状ではうつ病以外対象にならなさそうですが、役所では強迫性障害でも対象でないとは言われませんでした。
調べてもサイトによってかなり見解が違っていて、こんな微妙な症状では申請しても無駄でしょうか?

3年前から医療機関外のカウンセリングに通ったり、今の心療内科に併設されているカウンセリングで社交性不安障害に関する行動療法を半年受けたりしましたが、やはり医療機関でしっかり治療したのに治らないという状況でないと受給は難しいでしょうか?
通院していない期間の症状も申請用紙に書くようですが、発症からの期間の長さや通院期間外の症状などは審査にどれほど影響あるのでしょうか?
このまま通院期間が長くなっても可能性は低いでしょうか?

金銭的に余裕がないので障害年金で本格的な治療をしたいと思っています。
何かアドバイスや経験談などを教えて頂きたいです。

A 回答 (7件)

#3です。

詳細な説明は他の回答者の言うとおりです。あなたが今後、通院する中で心に留めておくといいことを、要点だけ説明します。

●障害年金を請求できるのかどうか
制度上は請求できる状態にあるのでしょう。「制度上は」というのは、年金の納付状況や「初診日から1年半以上経っている」等の要件は満たしているという意味です。役所に相談して事後請求できると言われたんですから、その点はほぼ確実だと思います。初診証明を実際に入手できるかが不安ですが。

ただし、役人は医学的なことに関して何もコメントしていないはずです。障害年金を請求できる病気は制度で決められています。なので、あなたの病名・病態によっては請求できません。

●障害年金を請求できる病気であるかどうか
社交不安障害や強迫性障害だけでは、障害年金を請求できません。これらの病気はパーソナリティ障害と呼ばれます。物凄くざっくり言うと「性格が極端すぎる」ということです。この意味において、潔癖症と同じレベルの話です。「綺麗好きが強い」というだけの話です。

ただし、強迫性障害等がある場合、それ以外にも何か問題を抱えていることがあるでしょう。強迫性障害等が精神的な症状を引き起こすことがあります(抑うつ、不眠など)。逆に、強迫性障害等が発達障害や統合失調症等によって引き起こされることがあります。そういう問題があれば、そっちで請求できます。

●障害年金が認められるか?
年金を請求できても、実際に認められるかどうかは別の問題です。障害年金は障害・症状の程度に応じて認められます。ここでいう「程度」というのは、ざっくり言うと「日常生活が症状によってどれくらい制限を受けているか」のことです。もうちょっと具体的に言うと、「普通に働けるよう健康を維持できるか」「生命を維持できるか」が分かりやすい目安です。例えば、「病気が理由で食事を満足に摂れない」「病気が理由で体や部屋を清潔に保てない」「病気が理由でお金の管理ができない」「病気が理由で眠れない」というのがあると、障害・症状が重いと判定されます。

●通院について
以上のような症状であなたが長い間困っているとしても、そのことを医師が把握するには長期間通院しないといけません。この期間は、医師があなたの言うことを信用してくれるまでにかかる期間だとも言えます。半年くらいは必要でしょう(法的な根拠がないですが)。なので、あなたはじっくりと通院を続けて、パーソナリティ障害以外にどんな疾患を抱えているかをちゃんと医師に診察してもらいましょう。

その際、上で説明した「目安」を参考にして、生活上の「制限」「困っていること」を日頃からメモしておくと診察時に便利です。なお、ここで言う「困っていること」は、症状自体に関係することです。「働けなくて金銭的に困っている」というのは違います。あくまで「なぜ働けないか」が重要です。

●余談
僕も医師と医学を信用していません。彼らは現在の標準的な医学だけで考えて、ほとんどマニュアルに沿って治療方法を選択するだけです。でも、そういう方法では、特に精神疾患は治りません。むしろ患者を薬漬けにして、余計に症状をこじらせるだけです。ある医師は、統合失調症が向精神薬の副作用&後遺症だと言っているくらいです。

ですが、精神疾患で生活できない人は確かにいます。そういう人は障害年金に頼らざるを得ません。そして障害年金を受給するには、医師の力を借りるしかありません。医師の力を借りるには、形だけでも「治療」「通院」を続けないといけません。そうしないと医師はカルテを書けないですし、カルテに基づいて診断書を書けないですから。そういう「打算」で通院するのも、生きていくための方策です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございます。
今まではただ自分の症状に耐えているだけで、いまだに養ってもらっているのに
それが当たり前の生活になっていたことに問題があったと思います。

医療機関外のカウンセリングでも相談した時に「医者は薬を出すのが仕事です」と
肯定も否定もされなかったですし、就労支援の人にも障害をオープンにして仕事を探すか
クローズにして探すか決めないと難しいと言われて、なかなか決めらなかったのは自分です。
ようやくどういう支援が受けたいかがわかってきたくらいなので、
自分に必要なことをもっと知っていこうと思います。

認知行動療法では自己主張ができないという問題もわかったので、自分の状態を把握してメモをして
先生に伝えるということをがんばっていきたいと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2019/02/20 20:29

申請は、一発勝負。

却下を覆すのは、ほぼ不可能。
精神保健指定医の診断を先ずは承けましょう。
また、役所ではなく、行政書士に相談はしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今の主治医は精神保健指定医ではないようですが、しばらく通院してから考えます。
通院を勧められた人には社会保険労務士に手続きをしてもらえばいいと言われたのですが、
行政書士とは違うんですね。
社会保険労務士にはメールで簡単な相談はしたのですが難しそうです。
再審請求?はしてもらえるようですが、2度目の申請は難しいみたいですね。

お礼日時:2019/02/22 03:25

メンタル面での障碍では


一年を通じて通院履歴がないとダメだといわれたような気がします。
然るべき所へ行ってお尋ねください。
わかりやすく教えてくださいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
役所の年金窓口で、遡っては受給できないけど
事後重症ということで今から申請できると言われたので、
可能性があるのかなと思って期待してしまいました。

お礼日時:2019/02/19 18:49

「数回受診しただけ?」「年金機構は症状を軽いと判断するのでは?」だのとは、無責任な回答ですね。


暴言とも言えると思います。上から目線で推測で決め付けるのはやめていただきたいものです。

医師は、実際にあなたを診察した上で、診断書を記載します。
ただし、障害年金の審査は書面だけで行なわれるわけですから、審査に当たる日本年金機構としては、診断書に書かれた症状などがその一部であろうと全部であろうと、書かれたものだけで判断・審査して、結論(障害の認定・不認定)を出します。

審査は、国民年金・厚生年金保険 障害認定基準 によって行なわれます。
精神の障害の認定に関しての基本事項は、以下のとおりです。

◯ 統合失調症
予後不良の場合もあるが、数年ないし十数年の経過中に症状の好転を見ることもある。
反面、急激に増悪し、その状態を持続することもある。
したがって、発病時からの療養及び症状の経過を十分考慮する。

◯ 気分(感情)障害[うつ病、そう病、躁うつ病、双極性障害]
症状の著明な時期と症状の消失する時期を繰り返すものである。
そのため、現症のみによって認定することは不十分である。
したがって、症状の経過及びそれによる日常生活活動等の状態を十分考慮する。

◯ 精神疾患が併存しているときは、諸症状を総合的に判断して認定する。

◯ 人格障害は、原則として認定の対象とならない。

◯ 神経症は、その症状が長期間持続し、一見重症なものであっても、原則として、認定の対象とならない。

患者本人による症状等の申し立てだけでは、決して認められません。
診断書は医師による診察の過程を記載するもので、かつ、医師でなければ書くことができませんから、診察も医師によって行なわれたものでなくてはなりません。
つまりは、医療機関で医師から行なわれた診察でなければならないわけで、得体のしれない内容が混じり得るカウンセリングなどは認められません。

強迫性障害や社交不安障害は、神経症や人格障害の範疇に属します。
患者本人が申し立てる症状等が強く、さまざまな影響が重いものの、統合失調症や気分(感情)障害のような明らかな精神疾患の経過をたどることは稀です。
つじつまの合わない症状が見られたりもします(例えば、身体に症状が見られるのに、原因となる傷病が内臓のどこからも発見されない‥‥等)。
したがって、原則として、障害年金の対象とはなりません。
言い替えると、長い経過を経て診察のデータが多数蓄積されたときに、こういった症状を医師が、「神経症や人格障害としてではなく統合失調症ないしは気分(感情)障害である」と認識して初めて、障害年金の受給につながる場合もあり得る、と言えます。
(そういった意味では、心療内科ではなく、精神科にかかるべきです。心療内科と精神科は、似て非なるものですよ。)

通院していない期間に関して言えば、その理由も問われます。
平穏状態が見られたので医師の指示等によって通院を要しなかったのか、あるいは、自分で勝手に通院をしなかったのか(経済的な事情なども含む)。
そういうことが問われます。
福祉的なこととのかかわり(医療機関ではない所でのカウンセリングなどはこちら)との有無もそうです。
さらには、ここまで書いてきた内容から容易に推測していただけるとは思いますが、発症からの期間の長さや通院期間外の症状なども、当然、審査に大きく影響してきます。
書面審査、というものはそういうものなのですよ。あなたのすべてを、あらゆる書面で示すのですから。

その他、他の回答にもありますが、その症状うんぬん以上に、障害年金制度独特のしくみに対する知識等が欠けているような印象を受けます。
受給3要件と言われるものをすべて満たす必要がありますから、その症状がどうか(障害要件)というより、まずは以下の2つ(初診要件、保険料納付要件)を確認しなければなりません。
年金事務所で直接相談してみる、ということを強くおすすめします。

◯ 初診日はいつなのか、初診時に入っていた公的年金制度の種類は何なのか、その日時は証明可能か
◯ 初診日の前日の時点で、初診月2か月前までに一定の保険料納付実績が満たされているのか
(少なくとも、「初診日の前日の時点で、初診月の2か月前~13か月前の1年に年金保険料の未納月が皆無」であること)

金銭的なことに関しては、障害者総合支援法による「自立支援医療(精神通院)」という制度を利用すれば、何とかカバーできるはずです。
1年毎の更新を要するものの、医療費の自己負担(診察・投薬)が1割で済みます。
月額上限額も設けられているため、それを超える負担はありません。
お住まいの市区町村の障害福祉担当課(福祉事務所)にご相談下さい。

きちっとした診察を忌避してしまっていては、正直、何も得られないと思います。
医師に対して良い印象がない‥‥などという言い分は、わからないわけではありませんが、率直に申しあげるなら、あなたのわがままでしかありません。
そういった反省も踏まえて、もう1度、最初から考え直してみてはいかがでしょうか。このままでは、可能性が低いどころか、ゼロに限りなく近い、と言わざるを得ないと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
役所の年金窓口で、国民年金の納付要件を満たしていることは確認しています。
うつの原因は強迫性障害も原因の一つなので申請条件は満たしているようです。
始めはあと1年通ってからでないと、と思っていたのですが、申請条件だけは整っていることを知り
生活保護を受けるよりは障害年金の方がいいという話を聞いたので申請しようと思いました。

年金事務所というのは役所の年金窓口とは違うんですね。
田舎なので隣町にあるようで、ずっと国民年金の納付や免除をしてきましたが手続きは全部
役所で済んでいたので行ったことがありません。
とりあえず電話してみようと思います。

今まで通った医者は心療内科と精神科を両方している所ですが、精神科メインの所の方がいいのでしょうか?
今通院している所は同じ医院内の診察とカウンセリングを受ければ安くなるシステムなので、
カウンセラーには精神面を相談、主治医には体調面を相談していました。
何となく情報は共有しているのかなと思っていたのですが、主治医にも積極的に精神面を相談してみようと思います。

お礼日時:2019/02/19 18:40

文章から推測するに、あなたはその時々で数回受診しただけで通院をやめてしまったように感じました。

もしそうだとすると、あなたの症状は医師や年金機構からすると「軽い」と見なされるでしょう。「病院に頼らずとも生活できたんだろう」と推察されるからです。

あなたは「診断された症状は一部で、別の(酷い)症状がある」ことを知っていますが、医師(年金機構)はそんなことを知りません。障害年金の審査は医師の作成する診断書で審査されます。医師は知っていることしか診断書に書けません。

>医療機関でしっかり治療したのに治らないという状況でないと受給は難しいでしょうか?

そうです。何回か気まぐれのように通院しただけで「症状が良くならない」と主張しても、誰も信用してくれません。そんなので障害年金が認められるなら、詐病で貰う人が大量に発生してしまいます。

そもそも、あなたは医師・医療を信用していないように思われますが、どうですか? 「どうせメンクリに通い続けても、自分の症状を理解してくれない」と思ってますか? もしそうだとすると、半分は当たってますが半分は間違っています。

精神疾患は数ヶ月~半年くらいのスパンで症状が変化するものです。医師はそのことを知っているので、初診で全ての症状を把握しようとはしません。少なくとも半年くらいは状態(の変化)を見て、より正確に病状を把握します。なので患者もそれに付き合わないといけません。

もし通院し続けるのが経済的に難しいなら、自立支援制度を利用するといいです。負担が1割になります。自治体によっては無料になります。この制度は比較的簡単に認められるので、医師に相談してみましょう。

そして認められたら、今度こそはじっくり通院して、あなたの症状をちゃんと医師に把握してもらいましょう。年金請求には「初診日」等の必須条件がありますが、それ以前にあなたの症状を正しく医師に把握してもらう必要もあります。それが曖昧だと、医師が診断書を作成してくれませんよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しく回答して頂きありがとうございます。

家族が医者嫌いなので私も影響を受けていると思いますが、過去に行った心療内科では
いい思い出がなかったので遠のいてしまいました。
保険外ですが専門の知識のあるカウンセリングを受けて効果はありましたが、
医者にかからないと支援制度も受けられないとわかっていて選択したのは自分です。
今思うとまだ働けていた時に通院していれば良かったのですが、知人や仕事場の人から聞く心療内科の評判は
みんな悪かったので、なかなか通おうとは思えませんでした。
近所の大きな病院に期待して行った時も、手帳の説明をされただけで次の診察の予約も薬もなかったので
諦めてしまいました。

通いたいと思う所を探すのが難しい、患者の方にも知識や症状の自覚がないと治療も難しいと思いました。
ずっと症状が性格や体質によるものだと思っていたので先生に相談するところまでいきませんでした。
貯金が尽きそうになって、ようやくカウンセリングが併設されている心療内科を探して
通い続けようと思える所を見つけられたので、まずは通院を続けようと思います。
仕事を辞めてから通院しているので、仕事をまた始めた時にどうなるかも判断してもらった方がいいですね。

申請できる条件が揃っていると言われ、審査が通る可能性があるならと思っていましたが、
今の状態で申請するのは早すぎると納得できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2019/02/19 00:03

通る可能性があるかどうかは、ここで聞いても誰も回答はできません。


診断書などにより 年金機構が審査し 決定するものだからです。

また、病名や診断については医師がおこなうものであって、本人が判断するものではありません。
うつ病が悪化してるなどと思われてるようですが、医師の判断でしょうか?

また、強迫性障害などは原則請求傷病ではありません。
医師にしっかり相談されることをおすすめします。

また、病状ばかりに気をとられてるようですが、
初診日はいつか、初診時加入制度はなにか? 初診証明はとれるか
何より 納付要件はあるか
など 大事な点が 抜けているように思います。

ここで 質問するより 個別の案件については 年金事務所にて相談しましょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
役所の方で年金の納付状況と初診証明について確認しているので
後は診断書などを書いてもらうだけなのですが、主治医に聞いても症状を断定はされず、
障害年金についても詳しくないと言われました。
主治医には元々生活保護を勧められていて、そのまま受けるより障害年金を受給して
保護費を減らした方がいいとネットで書いている人がいたので申請することにしたのですが難しそうです。
生活保護は役所で1人暮らしになれば受給できると言われましたが、不安感が強くて先に障害年金で治療を進めたかったです。

お礼日時:2019/02/18 23:24

今は審査が厳しいのでうつ病でも難しいでしょう!


統合失調症や双極性障害などでなければ受給は厳しいです。
少なくとも入院経験がないと難しいです。
金銭的に苦しいでしょうが気長に通院しかありません。
私は双極性障害でなんとか年金貰ってますが、いつ止まるかはわからないです。
貰えても止まる事もあります。
一度貰えば一生ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
主治医も今は難しいと言っていました。
強迫性障害は直接薬は効かなさそうですし、しつこい病気なので
せめて行動療法が保険適用になればありがたいのですが・・。

お礼日時:2019/02/18 23:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診断書が届いたので年明けに先生に書いて頂いて、一月中に提出する

一月が誕生月なので障害厚生年金の更新の診断書が届いたので年明けに先生に書いて頂いて、一月中に提出する予定です。
ですが、提出先の宛名は日本年金機構御中だけで良かったでしょうか?
たしか、今年、提出する際に年金事務所の方から、日本年金機構のあとに障害年金センターみたいな部署を書いて必ず書留で送らないと大量の書類が送られるから、分類する手間を省けると言われて書いて送りました。
診断書のコピーは取っていますが、宛名までは忘れてしまいました。
同封された宛名は日本年金機構しか書かれていませんが、日本年金機構で大丈夫でしょうか?
年明けに年金事務所に確認すればいいだけの話しなのですが、ここで分かるならと思って質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

繰り返しますね(回答 No.4 に添えた画像のとおり)。
正しい宛先(提出先)はこちら(↓)です。再確認しました。
私の書き方もまずく、申し訳ありませんでした。

<提出先>
〒162‐8799
日本郵便株式会社 牛込郵便局 私書箱第145号 日本年金機構

部署名を付けたりする必要はなく、年金給付業務部門などと添える必要はありません。
上のとおりで大丈夫です。

わざわざ<提出先>として牛込郵便局の私書箱が指定されているので、提出するのは、杉並区(高井戸西)のほうではありません。

ちょっと紛らわしくて混乱してしまわれたと思います(私も、一瞬混乱して、間違った答えを書いてしまったようです。たいへん申し訳ありませんでした。)。
こういったお知らせが届いたときは、<提出先>がちゃんと書かれているはずですから、そちらの住所のほうだけを見て、診断書を出して下さいね。

Q父が2年前に亡くなりましたが、リウマチで手が変形し、つかえなくなり、足も歩けなくなってましたが、障害

父が2年前に亡くなりましたが、リウマチで手が変形し、つかえなくなり、足も歩けなくなってましたが、障害の手帳も持っていながら障害年金は貰ってなかったのです、亡くなっていても貰ってない期間中の障害年金は貰えるとききましたが、どうなんでしょうか。

Aベストアンサー

お父さんの年齢や状況がなにもない質問なので、正確にお答えするのは無理です。

でも、初診日がいつか 認定日(初診日から1年半立った日)がいつかはわかりませんが、死亡者は認定日請求しかできない、事後重症と言って初診日から1年半立った日以降で悪くなってきた請求はできない。

つまり、一般的に考えて リュウマチのような長い期間かかって進行する病気の場合、事後重症請求が無理ならあてはまらないことが多い。
つまり、初診日から1年半立った日以降に悪化して人工関節いれたとか、歩行が不自由になったとかは申請できない。

さらに初診や認定日が古いものでは、診断書などが取れない場合も多い。

また、選択という問題もあります。
普通に長く働いてる人ならそれなりの老齢年金を受給しているもの。
障害とは(基礎か厚生かすら不明ですが)選択した場合に
ほんとに 有利になるか などの問題があります。

ただし、可能性としては非常に少ないですが、年金事務所にて可能性を確かめて下さい。

Q障害年金についての質問です。 うつ病で通院歴2年。 仕事はしていません。 5年程母親の介護をしていま

障害年金についての質問です。
うつ病で通院歴2年。
仕事はしていません。
5年程母親の介護をしています。
母親の介護がきっかけでうつ病になりました。
今障害年金を申請中です。
うつ病でも母親の介護をしていると障害年金の受給は難しいでしょうか?
どなたか回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

親の介護をしていることが年金の支給に関してマイナスに作用することはないでしょう。むしろ心を病む理由として信憑性が高いので、プラスに作用するでしょう。とは言え結局、審査に大きく影響するのは医師が診断書に書く症状の重さです。

Q障害基礎年金2級 減額について

障害基礎年金2級について質問させていただきます。
障害基礎年金は2級までしかありませんが症状が少しでも改善されていても日常生活で助けがいる場合全額とまではいかなくても支給されるものなのでしょうか?
また減額などはあるのでしょうか?
どこを調べてもわからないため教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ヨコレス失礼します。障害基礎年金には納付要件のない年金と納付要件のある年金があります。納付要件のない年金は(20歳前に傷病を負った人の障害基礎年金)については、「本人が保険料を納付していないことから、所得制限が設けられており、所得額が398万4干円(2人世帯)を超える場合には年金額の2分の1相当額に限り支給停止とし、500万1干円を超える場合には全額支給停止とする二段階制がとられています。」
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/jukyu-yoken/20150514.html

もう一点は障害がかるくなった場合のことですが、下のサイトがわかり易いと思ったので参考にしてください。
https://rougo-ansin.jp/shougainenkin-kikan/

Q額改定請求をしたいけど、出来ない状態パ-ト2 検査入院は必要ですか?

まずタイトルが質問と異なると思われる、突っ込まれる覚悟で質問します。私は障害者基礎年金を受給しています。40代半ばで年金コ-ドは6350です。
私は額改定請求を考えています。これまで私は、身体異常を重視して質問してきました。事実、身体に異常が出ることで、かなり日常生活で困ることが多いので。
根気よく分かりやすく回答して下さるうちに、私は私の傷病や症状から今の身体異常での額改定請求は、出来ないのではないか?と、思い始めました。
回答者様とのやり取りの中で、私は身体に異常を感じる前に読み、書き、計算に困ることがあったことに気付かされました。
読みで言えば、ATMやコンビニのコピー機の説明されている説明文の意味を理解するのに(もともと理解力に劣るけど)衰えを感じ、時間がかかります。また興味がある分野であっても、文章での説明は理解が出来ない、頭に入って来ません。
書きで言えば習ったことを忘れないように自分の言葉でメモを書いても、メモの意味が分からないのです。
計算で言えばかけ算の九九が、3×8=24が8×3と同じだと気が付くことに、時間がかかります。足し算や引き算は手を使えないと、電卓がないと出来ません。また68+3の場合、時間をかけて何とか71と回答出来るけど、68+13となると紙に書いても回答に時間がかかります。ピッタリの数字(5や10等)のみの計算(コピー等)にいくら必要とか分からず、多めに金額を入れてます。
日常生活で言えばコンビニのコピー機の利用を後ろで待たれたら、焦りかえって操作ミスが多くなったり、先に多めに投入しておつりがあったこと等は度々あります。レジで待っている間、100均での購入は事前に計算してお金を出しています。順番がきて計算が間違っていたら、とりあえず手に持っているお金を出して追加金を出したら良いと頭では分かっていても、すべて財布に閉まってお金を出します。
障害者年金の一年に援助してもらえる金額の、半分以上を1ヶ月で使ったことやもあります(ネットに詳しい人に相談して、消費者センターに相談して、全額取り返した)。外出先で銀行の通帳を落としたことに気付かず、気付いても足の踏み場がないほどの部屋のどこかにあるとたかをくくっていたら、警察から連絡を受けました。
私はすぐ忘れる性格でこれだけ外出先で困っていたにもかかわらず忘れるため、身体が外出が出来ないために異常を起こしたのではないか?だから身体の異常は出たけど治るの、繰り返しなのかもしれないと思っています。
上記のことは主治医に話していません。話さなければいけないと気が付きました。
と、同時に痛みで目は覚めたけどあまりの痛みで寝返りが出来ない、意を決して起き上がるまでにかなりの時間がかかり、数年前に診断された腰痛でヘルニアと診断された後、さらに行動に移ることに時間がかかること。腹痛を起こすと腰まで痛みを起こすこと。腹痛はコ-ヒ-を飲んだ時は必ず起こす。しかもそのコ-ヒ-は100均の無糖コ-ヒ-であり、豆で購入した無糖のコ-ヒ-では腹痛は起こさない。インスタントコ-ヒ-はグラニュー糖を入れるので、腹痛を起こす頻度を低いことに気が付きました。最近では、診断されてはいないけど目を覚ましたら足までしびれることもあり、家族に坐骨神経痛の可能性があるとも言われました。
上記に関してはかかりつけの精神科医に、話さなければと思っていますが、腹痛に関しては進行具合が分からないので、額改定をするために身体のどこかに異常があるとかはで検査入院してから、かかりつけの精神科医に話したら良いのですか?

まずタイトルが質問と異なると思われる、突っ込まれる覚悟で質問します。私は障害者基礎年金を受給しています。40代半ばで年金コ-ドは6350です。
私は額改定請求を考えています。これまで私は、身体異常を重視して質問してきました。事実、身体に異常が出ることで、かなり日常生活で困ることが多いので。
根気よく分かりやすく回答して下さるうちに、私は私の傷病や症状から今の身体異常での額改定請求は、出来ないのではないか?と、思い始めました。
回答者様とのやり取りの中で、私は身体に異常を感...続きを読む

Aベストアンサー

最初に、少しお断り&お願いをしておきたいと思います。
何度やり取りしたところで、正直申しあげて、これ以上は言えるようなことがありません。
そのため、今後は、質問を繰り返すよりもお医者さんとの関係を良く築けるように診察を受ける、ということに集中してほしいと思います。

てんかんの認定は、精神障害者保健福祉手帳でも障害年金でも、それぞれ、決まりごとがあります。
てんかんの重さや種類、1年・1か月・1週間あたりの発作の回数や時間‥‥といったものを見ます。
そして、たとえ発作があっても、薬を飲むことで発作が抑えられていて回数や時間が決まりごとに達してはいない、という状態であったなら、手帳や障害年金の対象にはなりません。
あなたは「けいれんを起こした」と言いたいかもしれませんが、認定されるかされないかは、あなたが決めることではありません。
したがって、必ず、お医者さんの判断にしたがって下さい。

あなたは、もともと「急性脳症後遺症」です。
正直、私も、何度もそう申しあげています。
急性脳症という病気で脳が傷ついてしまった結果、発達や知能に遅れや障害が出てしまった‥‥。
そのために、広汎性発達障害や精神発達遅滞(知的障害)という診断名も付いている‥‥。
ですから、ごくごくあたりまえのことなのですが、手帳や障害年金の対象となる範囲内で言えば、「急性脳症後遺症」「広汎性発達障害」「精神発達遅滞(知的障害)」のほかにはありません。

解離性障害、というのは、つじつまが合わない・説明が付かない身体症状をあらわすための言い方です。
障害‥‥という名前を使ってはいますが、統合失調症やうつ病などの精神疾患とは全く違いますし、障害でもありません。
人格障害といいますか、早い話が、わがままや仮病・詐病のたぐいで「病気ではないのに、まるで病気のように見えてしまういろいろな症状があらわれる状態」のことをいいます。
症状としてはかなり極端なのに、なぜかけろっと治ってしまったり、説明がつかない状態になります。
私としては、解離性障害というよりも、身体表現性障害といったほうが適切なのではないかと思います。これも同様の人格障害で、症状もよく似ていますが。

解離性障害としての症状は、私は、発達や知能の遅れから来ている可能性もある、と思っています。
要は、自分の考えなどを頭の中で上手くまとめたり、言葉に出したりすることができないので、心と身体とがうまく釣り合わずにイライラしてしまう‥‥。
その結果、心の叫び・悲鳴とでもいったような感じで、身体の症状に出てしまうのでしょう。
ただ、こういったことを繰り返すと、はっきり言って、あなたは周りからどんどん理解されなくなってしまいます。
ほらふき少年といいますか、オオカミ少年のように見られてしまって、相手にされなくなりますよ。
なぜなら「訴える症状は大げさなのに、実際にはほんとうに大したことがない」からです。

ですから、発達障害や知的障害としての治療・訓練のほうにポイントを置いたほうが良いと思います。
精神疾患としては、統合失調症のような症状がきわめて重いわけでもなければ、うつのために何もできないというわけでもないですよね?
ほんとうにそういう状態ならば、ここでの書き込みすら不可能になりますから。
ですから、はっきり言って、2級の状態かどうかも怪しい‥‥というのが、私の本音だったりもします
(診断書の書き方がどうこう‥‥というよりも、そもそも、障害の状態としてはかなり軽いと思います。)

ヘルニアも含めて身体の症状のことは、手帳や障害年金のことから、すっかり離して下さい。
主治医の先生(精神科のお医者さん?)には話してもいいと思いますが、手帳や障害年金のときに一緒にしてはだめですよ。
結局、額改定請求なんかできやしないんですから(身体の病気でもないし、神経が死んでしまったとか、脳が死んでしまったとか、脳梗塞で半身がマヒした‥‥とかでもないので)。

以上です。
やり取りは、これで最後にさせて下さい。あとは、お医者さんにしたがっていただくしかないです。

最初に、少しお断り&お願いをしておきたいと思います。
何度やり取りしたところで、正直申しあげて、これ以上は言えるようなことがありません。
そのため、今後は、質問を繰り返すよりもお医者さんとの関係を良く築けるように診察を受ける、ということに集中してほしいと思います。

てんかんの認定は、精神障害者保健福祉手帳でも障害年金でも、それぞれ、決まりごとがあります。
てんかんの重さや種類、1年・1か月・1週間あたりの発作の回数や時間‥‥といったものを見ます。
そして、たとえ発作があっても、...続きを読む

Q障害年金申請中なのですが、担当医のいうところによると、うちの患者さんで落ちた人はいない。 と、おっし

障害年金申請中なのですが、担当医のいうところによると、うちの患者さんで落ちた人はいない。
と、おっしゃるのです。
なにか診断書に通る秘技でもあるのでしょうか。
審査が厳しいと聞いていますが。

Aベストアンサー

障害年金は症状・障害の程度に応じて認められます。なので、診断書の症状が、審査基準の規定どおりの重さであれば通ります(通りやすい)。あなたの担当医は、症状が重く、年金の認められる見込みがある患者だけ診断書を書いているんでしょう。あと、担当医は長年の経験から「これくらいの症状(診断書の記載)なら年金が認められるだろう」というのが分かっているんでしょう。

医師は制度上とても信用されています。なので、医師が作成した診断書も信用されます。なので診断書は、明らかな不備がないかぎり、そのまま採用されます。まあ、だからこそ医師は、年金請求用の診断書が責任重大だし手間がかかる(し、その割に儲からない)ので、できるだけ作成したがらないんですけどね。

Q年金

現在30歳なんですが今までずっと若年者猶予を受けてました。
先月全額免除か納付猶予か意思確認書が手紙で来たんですが全額免除か納付猶予かどちらを選べばいいか恥ずかしながらよく分からなくて質問しました。

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10950785.html で説明済の件でしょう。
平成30年7月1日に『【「当年度(平成30年度)に若年者納付猶予に該当する被保険者」が「翌年度(平成31年度)以降に全額免除に該当する、と把握できる場合」】は、翌年度の「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」の提出を省略できる』、というシステムに改正されたためです。

平成30年7月時点で若年者納付猶予が継続承認されている人に対して、今年1月に「今年7月の継続免除審査で全額免除を優先して審査することを希望しますか?」という意思確認書が送付されました。
この意思確認書では、以下のようなことを意思表明するように求められていると思います。違いますか?
(意思確認書は、必ず提出[返信]して下さい。)

1.
「全額免除」又は「納付猶予」が承認された場合、翌年度以降も同じ免除区分での免除申請を希望しますか?

2.(1で「はい」と回答した方に伺います。)
納付猶予が承認された次の年度において全額免除の審査基準に該当する場合、その年度以降は全額免除を希望しますか?

結論から言いますと、どちらを選んでも良いと思います。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10950785.html で詳しく触れましたが、あとから、取消なり部分免除の申請なりができるからです。
私としては、所得の把握うんぬんという以前に、まずは意思確認書の提出[返信]が先だと思います。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10950785.html で説明済の件でしょう。
平成30年7月1日に『【「当年度(平成30年度)に若年者納付猶予に該当する被保険者」が「翌年度(平成31年度)以降に全額免除に該当する、と把握できる場合」】は、翌年度の「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」の提出を省略できる』、というシステムに改正されたためです。

平成30年7月時点で若年者納付猶予が継続承認されている人に対して、今年1月に「今年7月の継続免除審査で全額免除を優先して審査することを希望しますか?」という意...続きを読む

Q以前に質問した内容ですが…。 精神の障害状態確認届けについて教えてください。提出期限は平成31年2月

以前に質問した内容ですが…。

精神の障害状態確認届けについて教えてください。提出期限は平成31年2月末日まででした(2月生まれ)2月多忙の為、出せませんでした。3月11日以降に診断書を病院で書いてもらう予定でいます。診断書は担当医の先生を受診し診察しないと書いてもらえないのでしょうか?一番心配している所は、既に日本年金機構から届いている障害基礎年金が4月15日支払予定になっていますが障害状態確認届けが2月末日に出せなかったので口座に振り込まれないでしょうか?もし振り込まれない場合は何月から振り込みが再開されますか?それと、振り込みが再開した時には4月15日(2月~3月分)はどうなるのでしょうか?

と、質問したところ、お返事を頂きました。4月15日は間に合わないのは分かりましたが、知識がない為、よく分からない点がありましたのでもう一度教えてください。

もしも級下げがなく支給停止にならなければ4月15日(2月・3月)分は6月(4月・5月)分と一緒に口座に入るのでしょうか?

その後は8月(6月・7月)10月(8月・9月)
と12月(10月・11)と、今まで通り変わらず口座に入るのでしょうか?

知識無さすぎで申し訳ありませんが教えて下さい。

以前に質問した内容ですが…。

精神の障害状態確認届けについて教えてください。提出期限は平成31年2月末日まででした(2月生まれ)2月多忙の為、出せませんでした。3月11日以降に診断書を病院で書いてもらう予定でいます。診断書は担当医の先生を受診し診察しないと書いてもらえないのでしょうか?一番心配している所は、既に日本年金機構から届いている障害基礎年金が4月15日支払予定になっていますが障害状態確認届けが2月末日に出せなかったので口座に振り込まれないでしょうか?もし振り込まれない場合は何月か...続きを読む

Aベストアンサー

補足&お礼、ありがとうございます。
わからない所をそのままにしておかないで、どんどん質問したほうがいいですよ。年金のしくみは、普通の人でもかなりわかりづらいですからね。

さて。
年金は、各偶数月に振り込まれますね。
ただし、その偶数月ごとに振り込まれるのは、2か月前の分と1か月前の分、と決まっています。
もし、障害状態確認届を遅れずに出していたら、以下のような感じです。

とてもまぎらわしいのですが、たとえば、2月に振り込まれる分と、2月分、とは、全然違う意味です。
このことに気をつけて、読んで下さい。

◯ 6月に振り込まれる分 ‥‥ 4月分と5月分
◯ 8月に振り込まれる分 ‥‥ 6月分と7月分
◯ 10月に振り込まれる分 ‥‥ 8月分と9月分
◯ 12月に振り込まれる分 ‥‥ 10月分と11月分
◯ 2月に振り込まれる分 ‥‥ 12月分と1月分
◯ 4月に振り込まれる分 ‥‥ 2月分と3月分

障害状態確認届には、提出の締切日がありますよね。
あなたの場合でしたら、2月28日でした。2月生まれだからですね。

締切日を過ぎてから障害状態確認届を出す、というときでも、級下げや支給停止は、締切の月から4か月目の分から行なうことになっています。
あなたの場合でいうと、締切の月は、2月です。
そこから、1か月、2か月、3か月‥‥と数えましょう。3月、4月、5月‥‥と数えるわけです。
すると、4か月目は6月。
つまり、もしも級下げや支給停止になるとすると、6月分からです。

6月分、というのは、上で書いたとおり、8月に振り込まれる分です。
ですから、もしも級下げや支給停止になったとすると、8月に振り込まれる分から、年金の額が変わります。
支給停止ということになってしまうと、8月に振り込まれる分からゼロになってしまうわけです。
逆にいうと、6月に振り込まれる分(4月分と5月分)まではいままでどおり、ということになります。

そして、幸いにして、等級がいままでと変わらなかったのなら、当然、振り込まれる月は変わりません。
ですから、◯月分っていうのは△月に振り込まれるのかな?、ということをしっかりと確認して下さい。

あなたの場合、障害状態確認届の提出が、まだ終わっていません。
このとき、すごくややこしい言い方になるのですが、【「提出締切日がある月」の翌月】から数えて、【すぐ次に来る偶数月】からの振込を一時的に止める、という決まりがあります。
支給停止ではなく、差し止めといいます(ごっちゃにしないようにして下さい!)。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11005630.html でも説明したとおりです。

要するに、【「提出締切日がある月」の翌月】が3月。そして【すぐ次に来る偶数月】が4月。
だからこそ、【4月に振り込まれる分(2月分・3月分)】から一時的に止まってしまうんですよ。

障害状態確認届をすぐに提出すれば(目安は3月末)、「8月の振込よりも前までに、きちっと結果を知らせなくてはいけない」という決まりがあるので、7月末頃までには、ハガキ(次回診断書提出年月のお知らせ=等級がいままでと変わらないとき)や通知書(級下げや支給停止、あるいは級上げになるとき)が届きます。
そうしないと、級下げや支給停止になるのかどうかもわからないですものね。
もし級下げや支給停止になってしまうとしたら、上でも書いたように8月の振込からになってしまうわけですから、要は、それよりも前までには結果を知らせるしくみになっているのです。

まとめます。
あなたの場合、次のとおりです。
遅れてしまっていても良いので、とにかく「すぐに障害状態確認届を出す」というときです。

◯ 4月に振り込まれる分(2月分・3月分)‥‥ 実際には、振込が一時的に止められるので無しです
◯ 届を出さないかぎり、6月に振り込まれる分も無しです
◯ そのため、遅れてしまっていても良いので、障害状態確認届をすぐに出しましょう
◯ 届を出したあと、早ければ、5月に、特別に、一時的に止められていた分(2月分・3月分)が出ます
◯ 届を出せば、6月に振り込まれる分(4月分・5月分)までは、いままでどおり出ます
◯ もしも級が変わったり支給停止になったりしたなら、8月に振り込まれる分(6月分・7月分)からです
◯ 障害状態確認届を出した結果は、7月末頃までには知らされます
◯ 級が変わらなければ、いままでどおり続きます

意識してわかりやすく書いてみました。
これでも「わかりづらい」かもしれませんね。もしもそうなってしまっていたら、ごめんなさい。

補足&お礼、ありがとうございます。
わからない所をそのままにしておかないで、どんどん質問したほうがいいですよ。年金のしくみは、普通の人でもかなりわかりづらいですからね。

さて。
年金は、各偶数月に振り込まれますね。
ただし、その偶数月ごとに振り込まれるのは、2か月前の分と1か月前の分、と決まっています。
もし、障害状態確認届を遅れずに出していたら、以下のような感じです。

とてもまぎらわしいのですが、たとえば、2月に振り込まれる分と、2月分、とは、全然違う意味です。
このことに気...続きを読む

Q遺族年金の支給対象者

後期高齢者の知人(88才) が、37才のバツ1の女性(子一人)を入籍(結婚)すると言っています。
知人の奥様は、2年前他界され、現在一人で賃貸マンション住まいしています。
子二人は、各々結婚し別居しています。

資産は生命保険3,000万円(受取人は子各々1,500万円)のみで、他の預金等は既に子に生前贈与している様です。
子達も、相続で揉めないので、入籍(結婚)を了解しているとの事

入籍(結婚)と言っても、同居するわけでも無く又、夫婦生活(H等)も全く考えておらず、
知人死亡後は、その女性が遺族年金を受取れる様に入籍する様です。
知人の年金は、多く(280万円程)遺族年金も相当の金額になる様です。

年の差51才の遺族年金目当ての結婚でも、その女性に終身 遺族年金を払うのでしょうか?

法的に問題あるのであれば、知人及び子に忠告したいと思っています。
詳し方、お教え下さい。

Aベストアンサー

いい加減な内容の回答がめだちますね。
いわゆる生計維持関係に係る正しい理解がなく、偽装結婚だの家事だの介護などといった感情論で物を言ってしまっています。
とんでもないことですよ。

遺族年金について国民年金法や厚生年金保険法を見てみると、「遺族◯◯年金を受けることができる◯◯は…被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し…」などといった要件がわかります。

死亡した被保険者と遺族年金を受けられ得る対象者(配偶者や子といった遺族)との関係を「生計維持関係」といいます。
生計維持関係が認められるためには、生計同一要件(基本的に「同居」であること)と収入要件(受けようとする者の年収が850万円未満であること)の両方を満たす必要があります。

この認定に係る具体的な運用方法(認定基準)は、平成23年3月23日付の厚生労働省年金局長通知(年発0323第1号)「生計維持関係等の認定基準及び認定の取扱いについて」で定められています。
最終改正(平成27年9月30日)後の現行の内容(平成27年10月1日~)は、以下のURLのとおり。

https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7210&dataType=1
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb7209&dataType=1

その他、以下のURLも、非常に参考になると思います(PDFによる講義テキスト)。

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/0000088038.pdf

要は、年金目的の年の差婚であろうが、家事・介護抜きの婚姻であろうが、上で記した認定基準を満たすのであれば、そういう「婚姻のかたち」は問われません。年金制度上で定められる認定基準を満たす、というだけで良いわけです。
しっくりこない気持ちなどは多々あるだろうとは思いますが、法令などに基づいて実施・運用される行政や諸制度というものは、いわゆる「感情論」抜きで適用されます。

ほかの方からの指摘にもありますが、回答 No.2や 回答 No.4の内容は誤りで、誤解を招きかねません。
たくさんの回答を付けておられる方のようですが、他での回答(年金額などに関する身勝手な試算など)も含めて、回答内容にはくれぐれも気をくばっていただきたい、と感じました。
(もちろん、私自身にとっても同じことが言えますが…。)

いい加減な内容の回答がめだちますね。
いわゆる生計維持関係に係る正しい理解がなく、偽装結婚だの家事だの介護などといった感情論で物を言ってしまっています。
とんでもないことですよ。

遺族年金について国民年金法や厚生年金保険法を見てみると、「遺族◯◯年金を受けることができる◯◯は…被保険者であった者の死亡の当時その者によって生計を維持し…」などといった要件がわかります。

死亡した被保険者と遺族年金を受けられ得る対象者(配偶者や子といった遺族)との関係を「生計維持関係」といいます...続きを読む

Q障害年金のことについて。 再び投稿すみません。 相談員さんに、さんざん、障害年金は、でないと言われ続

障害年金のことについて。
再び投稿すみません。

相談員さんに、さんざん、障害年金は、でないと言われ続け【自動車運転していたら出ない】【今の症状ならでない】【主人の収入があるからでない】とかとか、言われてました。

結局 主人と協力して 申請をだして、 受給可能になりました。


そしたら、相談員さんは、主人に【でないと思ってた】【先生がすごいねー】と、までいってて、私は 出たことについて、嫌だったんか?おもうようになり、なんだか、相談員のことが、いやになりました。
なぜ、主人にまで 出ないとかまでいうのか...
おかげで、主人と、ぶつかってしまい、只今喧嘩ちゅうです。

でる、でない、先生がすごいとか、相談員さんがいうことじゃないきがする。

私の考えが、おかしいでしょうか?

Aベストアンサー

はっきり言いましょう。
相談員の人、大失格ですよ(^^;)。

言ってはならないことを言っちゃっていますよね。全く根拠がないのに。しかも、ご主人にまで!
絶対にやってはならないことをしてしまっていて、モラルやルールを無視しちゃっているので大問題ですよ。

◯ 自動車運転していたら出ない ⇒ 決してそんなことはありません(^^;)。
◯ いまの症状なら出ない ⇒ 日本年金機構の専門医などが決めること。相談員が言えることではない!
◯ 主人の収入があるから出ない ⇒ ぜんぜん関係ありません。配偶者や家族の収入とは無関係(^^;)。

相談員の人が無責任過ぎると言いますか、無知過ぎると言いますか‥‥。
とんでもないことですね。私が上司だったら、即座にクビにしても良いぐらいです。危なっかしくってしょうがないですから。

障害年金は、初診要件・保険料納付要件・障害要件の3つが揃っていれば、基本的に受けられるんですよ。
以下のとおりです。

◯ 障害年金を受けようとする障害の原因となった傷病で初めて医師の診察を受けた日が、はっきりしている
◯ 上の日(初診日といいます)がある2か月前までに、一定期間以上、きちっと保険料を納め続けてきた
◯ 初診日から1年6か月以上が過ぎていて、国民年金・厚生年金保険障害認定基準で決められている障害の状態にあてはまっている

で、医師は医師で、ちゃんと障害認定基準にあてはまるかどうかをちゃんと確認した上で(というのは、診断書記載要領というお手本のようなものがあるから)、診断書を書いてくれます。
ですから、きちっと手順を踏んで手続きをしていて、その手続きにミスがなく、かつ、障害の状態が基準に該当していたら、障害年金を受けられるのはあたりまえ。
まして、そのために、頼まれた医師が診断書を書くんですから。「先生がすごい!」とか、そういった話でもないんです。

あなたが思っていること(怒りのような気持ち)は、当然のこと。
きちっと手続きをして、受けられる条件を満たしたから受けられているので、堂々としていていいですよ。
あなたの考えは、な~んにもおかしくありません。

愚痴や怒りは、むしろ、ある程度までは言っても良いと思います。罵倒や誹謗中傷でないかぎりは。
といいますか、障害年金に関しては、とにかく誤解や偏見が多すぎるんですよね。
特に、精神障害に関することですと、いわゆる「同病者」(同じような精神疾患を持っているのでは、と思われる人)が、とんでもないほど誤解に満ちた「間違った回答」を繰り返しています。
つまり、相談に乗る立場の人も当事者の人も、ほんとうに障害年金のことをわかっていない‥‥。
そういった事実(わかっていない人が多すぎる、ということ)があるんだ、っていうことは、むしろ、もっと知られてもいいと思います。
そのためには、どんどん愚痴や怒りを言ってみてもいいのでは?、と私は思いますけれども。

はっきり言いましょう。
相談員の人、大失格ですよ(^^;)。

言ってはならないことを言っちゃっていますよね。全く根拠がないのに。しかも、ご主人にまで!
絶対にやってはならないことをしてしまっていて、モラルやルールを無視しちゃっているので大問題ですよ。

◯ 自動車運転していたら出ない ⇒ 決してそんなことはありません(^^;)。
◯ いまの症状なら出ない ⇒ 日本年金機構の専門医などが決めること。相談員が言えることではない!
◯ 主人の収入があるから出ない ⇒ ぜんぜん関係ありません。配偶者や...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング