プロが教えるわが家の防犯対策術!

かな~り古い車が大きな顔をしています。大事にのっているのかな?と思いきや、結構『廃車』ぽい雰囲気で。燃費も悪いだろうし、修理や、部品の交換だってお金かかるのに、なんで買い換えないのでしょうか。新車のほうがトクだと思うんですけど。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

 たしかにアメリカという国では見事なまでに古いクルマが走っている。

あまりにもポンコツ然としているのが目に付くので、あるとき同じような質問をギャレージの人にしたことがありました。いろいろな理由はそれなりにあるらしいのですが、最大最多の理由としては、次のような具合でした。

 ニューヨークやシカゴ、サンフランシスコなど公共交通機関が発達した土地ならともかく、LA市内や郡部など、なにしろクルマがなくては生活できない土地柄ともなるとクルマは生活の必需品として欠かせない。とは言うものの、とても、新車はおろか、適当な年式の中古車すら買えない低所得者層があまりにも多いという。
 ちょっとオーバーに言えば、錆び錆びのプリムスやフォードくらいになるとさすがに価格はあって無いようなもの、だから、彼らはとりあえず動けばこの程度のクルマで我慢するしかない。とにかくガソリンは高騰したとはいえまだ安いし、これだけは仕方がない。
 ちょっと張り切ってローンで買うと、一度でも支払いを滞納すると、アッと言う間にクルマを持って行かれてしまうから、これも恐い。

 動かなくなったらそれまでのことだけれど、これほどまで使い込まれたアメ車なら、訳の分からない故障はむしろ少なくなって、交換部品とオイルさえ手に入れば、構造も簡単で、仲間内でなんとか修理できるから安上がりで、だから、部品も比較的潤沢で交換フリマにもユニットごと沢山出てきやすいアメ車はこの階層には特に人気があるという。一部の州を除いて車検はないに等しいし、ボディーが錆びて駄目になるほどの湿度もないし、とまあ、こんなことを聞きました。

 彼らにとっては、シビックなど小型の中古日本車は故障は少なく燃費もいいいが、週末にスーパーで買い溜める食料や雑貨が入りきらない車格の割には中古価格も部品も高い。それに、昼食のためだけに100kmも走るような土地柄では、なにしろ精密過ぎて、一旦トラブルが発生すると時と場合によっては生命にかかわりそうで心配が耐えない...と不思議なことも言っていました。夢のクルマと言えば、そうだねえ、カムリなんかが欲しいねと言ってはいましたが。

 これと逆にうらやましいのがレストアード・ヴィンテージ。60年代のピンクのフリートウッドなんかは今見るとなんともドリーミーでいいですねえ。すごいのはハドソン・ワスプやエドセルがまだピカピカで生きていること。アメリカは大きいです。

この回答への補足

 この回答を待っていました!という感じです。そうか、そうなのか、と何度も頷きながら読ませていただきました。完全に納得です。どうもありがとうございます。

 カムリは盗まれるクルマナンバーワンらしいですね。
 こちらでは時折ピカピカのクラシックカーが(「タイタニック」に出てきたような)普通に走っていたりするのを見かけます。そういうのはマニアでなくても、「オーッ」と見とれてしまいますね。バスみたいに車体が長いヴィンテージカーも、(「バックトゥザフューチャー」で見たような)いい味だしてますし。その時代を生きてたわけではないのになぜか「懐かしい」感覚がするのは不思議です。

補足日時:2004/12/02 23:11
    • good
    • 8

15番です。


チョット待ってください。
私はそれほど貧乏ではありません。
稼がないものには投資できないケチです。
この五年で設備投資は2000万円以上しました。
だからチョット貧乏です。
新車ごときで優越感に浸る感覚が解りません。
大きなお世話ですね。スイマセン。

ポンコツを修理出来る事に優越感持ってます。スイマセン。
    • good
    • 12

他の人が散々いってるように、「車なんて動けばいい」と考える人が多いだけでしょう。


車はボディさえあれば、エンジンやミッションを10年に一度くらい乗せ換えればずっと使えるものです。それに乗せ換えにかかる費用も100万円で新車買うよりはるかに安いです。
燃費の差等でこの差額を相殺しようとしたら1年や2年では無理です。

それとも、「彼らは車買えないほど貧乏なんですよ」という回答でないと納得されないのでしょうか?

この回答への補足

「彼らは車買えないほど貧乏なんですよ」

この答えだと単純すぎてありえないと思いましたので、うかがっていました。結果、ほかの考え方もいろいろ頂いたので、そろそろ締め切ろうと思います。

 

補足日時:2004/12/02 22:45
    • good
    • 5

そういうクルマを乗っている階層の方々は、動かなくなるまでとことん乗ります。

それが彼らのライフスタイルなのです。飼うのに飽きた犬をゴミ箱に入れて捨てる日本人には解からない感覚だと思います。

この回答への補足

よく日本ではペットかなにかのように車の内装を飾る人がいますが、その感覚はわかりませんね。アメリカでは「単なる足」ですから。同胞でも理解できませんね。

補足日時:2004/12/02 22:29
    • good
    • 8

米国の事はテレビでしか知らないけど、私の感覚は米国の低所得者に近いかもしれませんので、失礼致します。


私、車に乗って22年、最高価格は20万円までしか乗っていません。ここ10年は5万以下~タダまであります。
貰えるような車なんて、塗装が剥げていたり、凹みがあったり、異音がしたり、30kmしか速度が出なかったり、の状態です。
車屋の廃車置場を回って、治る所は治しますが、新品使ってまでは治しません。
バッテリーもタイヤも廃車からです。
解体屋では、部品高いので、車屋さん数軒と仲良くなるとオイシイです。
日本では、ちょっと古くなると解体屋にも置かなくなるし、部品も欠品しますが、米国は広いので、ゆったりと置いて置けるのではないでしょうか? 梅雨が無いのでスクラップも長持ちするらしいです。羨ましいです。
3年前に友人の嫁の実家から5000円で譲られた四輪駆動の軽トラは、58年式ですが、ピカピカで上物で車検1年付き。それが30kmしか出なかったのですが、プラグ2本の500円で90km出るようになりました。頼んだのにそれさえも修理してくれずに新車を売り込むディーラーにも問題が大有りです。
そのディーラーは問題の、ひし形三つのマークです。あちらもノルマがあるから仕方が無いのでしょうが、自己整備は出来ないとディーラーに騙されます。
私はケチですから、燃費は気にしますが、クルマの程度が良ければ燃費の悪いクルマでも貰って、無駄に走らないようにします。最近タダで7年落ちクラウン3000の話がありましたが、20万km走行でドアには裂けた傷、燃費と税金が、分不相応と諦めました。
無駄な事を書きすぎてしまいましてスイマセンです。

この回答への補足

自分がクルマに疎いのでお詳しい方からのご意見、大変参考になりました。好きな人ならわりと簡単に直せたりするのかもしれませんね。米国では住宅なんかも自分で(すべてではありませんが)建てたり、手入れなんかも結構高度な部分もやりますので、クルマもそれにあたるのかもしれません。昔のクルマは構造がシンプルでしょうし。

ご自分でなんでもできると楽しいでしょうね。世の中の常識の裏をかくようで、痛快です。

補足日時:2004/12/02 22:21
    • good
    • 4

日本って、維持費がバカ高いですよね。


駐車場、自動車税、車検・・・・

アメリカってほとんどどれもタダに近いですよね。
都心部でなければ駐車場なんてタダ同然。大学の駐車場は、3ヶ月で5000円とかでした。
自動車税は年に3000円程度、車検も3000円。

古い車の維持がたいした負担ではない、というのは理由にならないでしょうか?

100万かければ新車が買えるといえ(買えてヒュンダイの小型車くらいでしょうが)、今の車に乗り続けて、100万円をガソリン代にしたら、どれだけ乗れるでしょうか。壊れて動かなくなったら買う、が一番安いでしょう?

この回答への補足

日本にいたときは自分で車を持っていませんでしたので、維持費が高いということを、知識として知っていました。その上で、アメリカでは車社会なので、タダ同然なのだろうな、思っていたので、当てが外れた印象を受けました。

 古い車の維持がたいした負担ではない、というのは理由にならないでしょうか?
→私が思うほど、他の人は気になっていないのかも、と思うようになりました。私からは、ガソリンを垂れ流しながら走っているように見えても、アメリカ人から見れば、「ヘーキ、ヘーキ」なのかもしれません。

 ちなみにトヨタのエコーというコンパクト・セダンですと$10589です。(日本ではプラッツと同型だと思います。)ヒュンダイはこちらでよく見かける車種は4wDみたいな大きいのが多いですね。ウェブサイトを見てみましたら、2ドア(クーペかな?)が$9999で、その上のランクは$13000でした。

回答が遅くなり、失礼しました。

補足日時:2004/12/02 22:53
    • good
    • 3

逆に外国人から、



「どうして、日本では、使える車を廃車にするのですか?」

と聞かれたら、どう答えますか?

新車の方が、あらゆる面で優れているから、とでも答えるのでしょうか?
多分、あなたの考えは、永久に伝わらないでしょう。
あなたは、この国にとって、最も都合の良い、「大量生産、大量消費 が正しい。」 に洗脳されているようですね。
新品がどんなに二酸化炭素排出量が少なかったとしても、旧品が少しくらい二酸化炭素排出量が多くても、新品を生産する際に発生させる二酸化炭素量の比ではないことは、世界の常識です。
今あるものの寿命が尽きるまで使用する方が、環境負荷も小さいんですけどね。

この回答への補足

どうして、日本では、使える車を廃車にするのですか?」

と聞かれたら、「使う人がいない、価値が低い、とっておく十分なスペースがない、から」と答えます。
「もったいないじゃないか」といわれたら、
「持ち主にとっては古いクルマを乗り続けることのほうがもったいない」と答えます。「環境にとってはもったいないかもしれないが」とも答えるでしょう。

この国、とは日本、米国のどちらを指しておられるのでしょうか。どちらの国にもあてはまるともいえますが。
「・・・環境負荷が小さい」という意見に関しましてはアメリカ人がそのような理由から古いクルマに乗り続けているのでしょうか。環境問題は日本ほど深刻に考えられていないです。京都議定書のことなど一般的なアメリカ人は誰も知りません。

補足日時:2004/12/01 00:03
    • good
    • 7

こんにちは。



日本のような車検制度は無いと思いました。ただし、ニューヨークのタクシーなんかは車が古いと営業できないような条例を作ったと記憶しています。

私はクリーブランドとデトロイトに行ったことがあるのですが、アメリカ人の車に対する意識は「ゲタ」と言うよりも「馬」代わりなんですね。馬や汽車によって開拓で産業を発展していった国。車正に馬に変わったもので、車ははとても重要です。私のデトロイトでホームステイしていた時などは家から家への移動手段や買い物の移動手段には車は欠かせないものになっています(とにかく広いので遠い)。当然カーショップの社会的地位や認知度は非常に高く、見積もりを出すだけでお金がかかると記憶してます。ですので、修理を出せば確かに直るのですが、費用がかかるのでオイル交換もしないとか、使っていて移動の不便が無いというのが現状なのでしょう。付加価値を車に求める日本とは違うように思います。が、車をぶつけて駐車場に入れたりすれば当然物損になるし、歯の抜けた、昼間からビールを飲んでいるようなつなぎを着ている自動車屋はいませんでしたよ。私の見てきたところでは。映画の見すぎではないかと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは。丁寧なご回答どうもありがとうございます。
クルマ社会のアメリカだから,クルマに関するものは生活に直結していますよね。だから何もかも必需品としての価格(やたらに高くない)のかと思っていたら、そうでもないじゃん、結構維持費がかかるじゃないか、と実感したので生まれた疑問でした。

やっぱり「修理しない(動く限り、特にお金をかけない)で乗ってるから」、なのでしょうか。

お礼日時:2004/12/01 00:02

アメリカでは,クルマは「ゲタ」代わり,といったご意見がほとんどですね。


しかしアメリカでは「ディテーリング」といった世界があり,日本の洗車好きとはケタが違います。
「ディテーリング」とはクルマ,バイク,はたまた家具に至るまで新品の状態を保つ技術です。
クルマ,バイクを「ショールーム・コンディション」(新品同様)に保つ技術で,コンテストも盛んに行われています。
物を大切に使うという文化が根付いているんじゃないでしょうか。

この回答への補足

「ディテーリング」とは初めて聞く言葉です。そういうものがあるんですね。

「モノを大切に使う文化」からくるものだとしたら、
私の疑問の答えは「はたからはそうは見えなくても、実は大切にしているから」になるかもしれません。

補足日時:2004/11/30 23:41
    • good
    • 2

燃費が悪いだろうし→アメリカではガソリンは日本の1/3以下の値段



修理や、部品の交換→修理しない。音がしていようが、エアコンが壊れようがそのまま。走るだけならある程度壊れたままなら大丈夫だし、エンジンなんかは結構丈夫。
たまに、窓ガラスが割れて、ダンボールやビニールを張っている車とか見ました。

ちなみに
>アメリカは止まっている車をぶつけてスペースを空けて止めるです。
・・・・これはウソだとおもうけど。イタリアとかの話じゃないですか?アメリカだってぶつけられたりへこまされたら問題ですよ。ちゃんと高級車に乗っている人だっているんだから。(Lexusがあんなに売れているんだし)

低所得な方でも絶対に車が必要なので、どんなにボロボロでも、無いよりはマシ、と言う感じで乗ります。イメージとしては、北海道の田舎に住んでいるような感じかな。。

ちなみに、車検が無い州もあるかもしれないですが、私がいたマサチューセッツ州はありました。2年に一回で、お金は3000円くらいでした。ライトやブレーキの最低限のチェックをするだけで20分程度の簡単なものでした。

この回答への補足

ガソリンは米国でも値上がりしているので、多分半額くらいだと思います。そして国土が広いので、どこへいくにも遠いです。

修理しないなら、お金かかりませんね。

郊外ですと、駐車するスペースを探す苦労はしませんね。

前述しましたが、低所得の方は貧乏だからローンが組めない、ということにつきるのでしょうか。

補足日時:2004/11/30 23:33
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同一車種を長く大事に乗ってらっしゃる方、コツを教えてください。

私は今乗っている車を末永く(20年以上)乗りたいと考えています。

そこで、古い車を今でも大事に乗っておられる方に、ぜひ、お聞きしたいんですが、長持ちさせるコツを教えてください。

どんな具体例(例えば錆予防法や洗車の仕方など・・・)でもかまいません。
皆さんに教えていただいたことをぜひ参考にしたいと思います。

なお、恐縮なのですが、乗っておられる車の年式等も教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 再びkimgwaです。

 な~んだ10年式なんて、私に言わせればピッカピッカの新車じゃないですか!(笑)

 私の車はサビのためエンジンルームにバレーボール大の大穴が開いてしまい、去年の夏に前半分だけレストアしました。ホントは丸ごとレストアするのがいいのですが、何せおカネがなくて…(涙)。

 その時、仕上がりと同時に、スウェーデン(だったかな?)の「ノックスドール」という、確かボルボも使っている防錆剤を何種類も、ありとあらゆる「穴」やボルト部、下回りなどにてってー的に吹いてもらいました。

 頼んだのはこの処置が専門にできる車屋さんで、当時は全国で3箇所ぐらいしかなかったように聞いています。

 たまたま私の自宅から30kmぐらいの長野県上田市にそのうちの1軒があったので、「最高コース」でお願いしました。
 金額は7万円ぐらいだったと記憶しています。

 今後も長く乗る決意でしたので、これぐらいの出費は何でもありませんでした。
 ただ、理想は今後も車検毎に処置することだそうで、それはさすがに懐に響くため、どうしようかと考えているところです。

 最近の車はサビ対策がよく施されているとはいえ、長く乗るためにはきちんとした処置をしておいた方がいいと思います。
 確かによっぽどのサビでもない限り、車の性能「そのもの」には影響しませんが、やはり気分がいいものではありません。

 reisonさんの車は、年式からしてこれから解体屋にたくさん出始める時期ですね。早めに手を打っておけば、状態のいい部品がたくさんGETできますよ。

 私も、以前の彼女が新車で買った車と同型車で、1000kmぐらいの走行で事故廃車になったのが解体屋にあったのを見つけたときは、部品を剥がしまくりました。

 時が経ちすぎると私の車のように解体屋にもない状態になって、部品の確保が大変になってしまいます。

 どうぞ、末永く今の車を可愛がってやってください。くれぐれも事故で潰してしまうことのないようお祈りしています。

 ご参考までにどうぞ。

 再びkimgwaです。

 な~んだ10年式なんて、私に言わせればピッカピッカの新車じゃないですか!(笑)

 私の車はサビのためエンジンルームにバレーボール大の大穴が開いてしまい、去年の夏に前半分だけレストアしました。ホントは丸ごとレストアするのがいいのですが、何せおカネがなくて…(涙)。

 その時、仕上がりと同時に、スウェーデン(だったかな?)の「ノックスドール」という、確かボルボも使っている防錆剤を何種類も、ありとあらゆる「穴」やボルト部、下回りなどにてってー的に吹いても...続きを読む

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qいきなりアメ車って無謀ですか?

来春から新卒社会人としてようやく迷惑かけてきた両親から巣立つことになりました。
これまで自分のクルマをもったことがないのですが、社会人となった暁には是非クルマを買いたいと思っていて、今から候補を考えているのですが、第一希望がシボレートレイルブレイザーLTZなんです(前からとにかく憧れてまして)。

しかし現実的には、当然ですが、値段的なことや維持等の問題は、いくら第一希望といえども無視することはできません。

某クルマ情報サイトのトレブレユーザーレポートを拝見すると、「アメ車SUVなんて、経済的に余裕がないといろんな意味で無理」みたいなことが書いてありました。

やはり私のような新社会人の若造では、現実的に考えて難しいのでしょうか。せっかく希望車種を買っても、すぐ手放すことになってはクルマに失礼だと思うので・・・。

ちなみに第二希望は、現在のところかなり妥協して、エクストレイルライダーかクルーガーです(私にとっては高いことには変わりませんが、他にビビッとくる車種がなくて・・・)。

まだ社会人として働いているわけではないので、「考えが甘い」と怒られてしまいそうですが、どなたか同じ境遇の方や、すでに経験済みの方など、厳しいアドバイスよろしくお願いします。

来春から新卒社会人としてようやく迷惑かけてきた両親から巣立つことになりました。
これまで自分のクルマをもったことがないのですが、社会人となった暁には是非クルマを買いたいと思っていて、今から候補を考えているのですが、第一希望がシボレートレイルブレイザーLTZなんです(前からとにかく憧れてまして)。

しかし現実的には、当然ですが、値段的なことや維持等の問題は、いくら第一希望といえども無視することはできません。

某クルマ情報サイトのトレブレユーザーレポートを拝見すると、「ア...続きを読む

Aベストアンサー

 はじめまして、アメ車乗りです。

 アメ車を乗り継いで、今はタホに乗ってます。
トレイル良いと思いますよ、最近私の友人も購入しました。BLINKさんが新車で購入するのか中古かは、わかりませんが、ちなみにトレイルは06年モデルから顔の変更及びちょっとした装備の追加がなされています。念のため

 さっそくですが、維持費です。

 ・自動車税  : 4.3Lとして 76,500円

 ・任意保険料 : 100,000円 (加入する保険の条件によって変わりますが)

 ・車検費用  : 最低でも150,000位、200,000万もみれば問題ないかな

 絶対にかかる維持費としては上記ぐらいでしょうか。

 ※ 車検費用については中古購入、車検2年付きとして計算、また故障箇所、消耗品交換の有無によってかなり増減します。
 ※ 取得するナンバーによっても増減します。3ナンバーと仮定して計算しています。

 年間で合計すると
  76,500(税)+100,000(保険)+100,000(車検費用半分)=276,500 になります。

 その他として、

 ・ローン購入の場合は、返済額・・・万

 ・燃料代・・・燃費は、5~6km/L位だと思います。ちなみに燃料タンクに80Lくらい入ったと思いますので、80L給油したとして、80L×130(レギュラー価格)=10,400円 位毎回かかります。

 ・修理代・・・万(かかると思っていたほうが間違いないでしょう。)

 ・メンテ費用・・・万(オイル交換等、するとしないとでは、ぜんぜん違います)

 維持費としてはこの辺ですかね。

 金額の入っていないところに金額を入れてみて、BLINKさんの年収(月給)と比較してどうなのかですね。ギリギリでしたら、買うのはあきらめたほうが良いですよ、毎月が自転車操業では、何かあった時(車の故障だけではなく、人生を生きていく上で)に車を手放さなくてはいけなくなってしまいますから、良く考えて買いましょう。

 購入の際の注意として、トレイルだと正規でディーラーから購入できるのでそちらがお薦めですね。中古購入の際もディーラー系の中古車やさんでの購入をお薦めします。故障した場合テスターなるもので、故障箇所を診断しますのでテスターが無いところだと、修理は外注ということになり高くつきます。
 ただし正規ディーラでもアメ車の取り扱い経験のあるところにしましょう。私は友人がトレイルを買う際に、良く一緒に行っていました、スズキが正規ディーラーということもあり、スズキ自販の販売店にも行きましたが、正直買いに行くこちらよりも知識がありませんでした。購入後が心配で買えませんでした。(念のため私の行った販売店はです)買う車屋さんはよく吟味しましょう。

 アメ車乗りの先輩として、買って後悔したくないのは当たり前ですけど、乗ってみてわかることもいっぱいありますので、金額的にいけるようでしたら是非購入してください。周りがどうとか、関係ないでしょ!

 アメ車は長く付き合える車です。
 上手に乗ってアメ車ライフを楽しみましょう。

 素敵なカーライフを!

 はじめまして、アメ車乗りです。

 アメ車を乗り継いで、今はタホに乗ってます。
トレイル良いと思いますよ、最近私の友人も購入しました。BLINKさんが新車で購入するのか中古かは、わかりませんが、ちなみにトレイルは06年モデルから顔の変更及びちょっとした装備の追加がなされています。念のため

 さっそくですが、維持費です。

 ・自動車税  : 4.3Lとして 76,500円

 ・任意保険料 : 100,000円 (加入する保険の条件によって変わりますが)

 ・車検費用  : 最低でも150,000位、200...続きを読む

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む

Q車は何万キロまで乗れますか?

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方がいい、または、まだまだ乗れる!などご意見をよろしくお願いいたします。

ディーラーからは消耗品は交換すれば乗り続けられるが、200,000km前後で電気系統の部品の劣化が目立ってくると言われました。
(買い換えさせるための口実?)


以下、現在の状況です
・次回の車検は平成28年(2016年)1月
・現在の走行距離は約190,000km
・エンジンオイルやATFなどの消耗品はこまめに交換しています
・現在履いている夏タイヤは今シーズンで履き潰し。スタッドレスもこの冬に新しいものを買わないといけない状況。
(もしこのまま乗り続けるとスタッドレスと夏タイヤで15万円くらいかかる)

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方...続きを読む

Aベストアンサー

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。

現在11km/lですから、年間25000km÷11-25000km÷16=年間約710リットルの節約になります。
この先のガソリンの値段がわかりませんが、170円/lとして170×710=約12万円の改善です。

年間にかけて良い修理代は29万円-12万円=17万円
つまりあと5年乗り続けるのに17万×5年=85万円は修理代として払っても良い計算です。
年間17万円以上(あくまでも例です)の修理費用が実際にかかるかどうか考えつつ、数字をはじき出したうえで新車価格とにらめっこしてみてください。

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。...続きを読む

Q古い車をピカピカにしたい(でもお金はあまりかけたくない)

15年前の旧型BMW320iがあるのですが、あまりお金をかけないでできるだけピカピカに磨きたいと考えています(でも、5千円なら、かけてもいいかな?)。
大きな傷などはありませんし、洗車すればボデーの輝きもある程度出ています。普段は時々シャンプーでしているだけですので、微細に見ると長年の汚れや、水垢などがこびりついていると思います。

1) 洗車後、ボデーの表面をスムーズにし、(新車のようにとは言いませんが)ツヤを出すのにはどうすれば一番いいでしょうか?

2) アルミホイールに黒いブレーキダストがこびりついてとれないのですが、これをとるには何が効果テキメンでしょうか(修理に出したときはきれいに除去されて帰ってきます)。

Aベストアンサー

用意するもの
・超微粒子コンパウンド(洗車コーナーにあります)
・割り箸(片一方を鉛筆状、片一方をへら状に削る)
・粘土クリーナー
・たばこの箱とかのセロファン
・拭き取りクロス、スポンジ、ミクロセーム(ゼーム革)

洗車後、ぬれた状態で、粘土クリーナーでボディー表面をなでる。
その後、スポンジに超微粒子コンパウンドを少しつけて、タテヨコタテに20~30cm四方ぐらいで磨いていく。水を緩衝材に。モールの隙間とかは割り箸を削った道具。ワックスのカスと隅の汚れを落とす。ここが重要。その後しっかり水洗い、そしてここも重要、タオルとかでなく吸水性のセーム革等で、ボディーをふく。たばこの外箱のフィルム等に指を入れてボディーをなぞって、凸凹を感じない程度まで、粘土クリーナーとコンパウンドで円滑な表面に仕上げる。その後はコーティングでもどうぞ!

ホイールは、パープルマジックのようなもので、しっかりとブラシで地味にきれいにしてください。

絶版ですが、下記の本とかを古本で購入すればわかるかと思いますよ!
高木名人の磨きの鉄則(高木靖夫)

用意するもの
・超微粒子コンパウンド(洗車コーナーにあります)
・割り箸(片一方を鉛筆状、片一方をへら状に削る)
・粘土クリーナー
・たばこの箱とかのセロファン
・拭き取りクロス、スポンジ、ミクロセーム(ゼーム革)

洗車後、ぬれた状態で、粘土クリーナーでボディー表面をなでる。
その後、スポンジに超微粒子コンパウンドを少しつけて、タテヨコタテに20~30cm四方ぐらいで磨いていく。水を緩衝材に。モールの隙間とかは割り箸を削った道具。ワックスのカスと隅の汚れを落とす。ここが...続きを読む

Q生産中止になったモデルのパーツって

トヨタ車の現行モデルに乗っているのですが、もし次期モデルが出て現行モデルが生産中止になったら、部品やパーツはもう買えなくなるのでしょうか?
もし事故ってバンパー交換とか、ボンネット交換とか、もしくはミラー交換とかになった場合にそれらパーツが生産中止になったらどうやって交換すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの研究で食ってる者で、要するに『クルマを作る側』です。

※生産終了となった自動車部品は、法規により明確な部品保管期間(=生産終了から10年間)が決まっています。(よくネットや雑誌で7年間保管とされていることがありますが、これは家電の部品保管期間です。)

※ただこの保管期間は、『クルマの走行に必要な部品』というくくりになります。
 具体的には、重要保安部品(操舵系、ブレーキなど)、定期交換部品などで、自動車の走行機能に直接影響ないもの(ウェザーストリップ、ガラスなど)、意匠に関するもの(内装、シート、ボディ外板、灯火類など)は含まれません。また懸架装置のダンパやばねは、危険でない事が確認されれば認証車型1種類につき1組を保存すればよいので(つまりグレード毎に保存する必要は無いということ)、通常はエコノミーグレードもスポーツグレードも、最も車重が重いグレードのばね/ダンパに統一されます。

 よって・・・

>もし事故ってバンパー交換とか、ボンネット交換とか、もしくはミラー交換とかになった場合に・・・

 上げられている部品は全て意匠部品なので、生産終了後の供給期間は法規に左右されません。残念ながら、専らメーカの都合で決まってしまいます。
 部品の生産は車両生産終了と共に打ち切られるので(部品だけダラダラ作ることは、少数の例外を除き通常は有り得ません)、各自動車メーカが持つパーツセンタの在庫分が販売されたら終わりです。(この話の為に、『部品保存の期間は決まっていない』とか『せいぜい3年』などという事がユーザ間で正解の様に語られてしまっています。)
 また自動車メーカは、定期的に生産終了車の在庫部品を廃棄するので、最長でも10年を超えて残る部品は、基本的にはありません。(基本的には、というのは・・・例えばメーカが部品を捨てても有力ディーラが自前で持つパーツ倉庫には部品が残っていて、たまたま太古車の部品が出る、などの例外はあるということです。)

>パーツが生産中止になったらどうやって交換すればいいのでしょうか?

 外板に関しては、板金で修正・製作すればよいだけです。パネル全体の交換よりは高価ですが、何倍もの金額になるワケではありません。修理の範囲や内容によっては、外板交換とあまり変わらない金額で上がる事もあります。

 バンパは厳しいですね。ウレタンやPC、メトンなどで出来てる現在のプラスチック製バンパは、高価な成型機でなければ成型出来ません。
 代替としてFRP(繊維強化樹脂)で成型するという方法があり(これは完全手作業でも成型出来ます)、実際にレストアなどではFRPバンパを代用品として使うことがありますが、オリジナルのバンパほどの衝突復元性は持たせられないので、バンパとしての性能はダウンします。

 ミラー類は、オリジナルに拘らなければ流用はいくらでも効きます。ミラーが失われた程度では、車両が『再生不能』とは見なせません。

 あとも一つヤッカイなのが、灯火類ですね。灯火類も意匠部品の範疇なので10年は保管されませんが、現在の乗用車は灯火類が車型毎に専用設計されたモノなので流用も効きません。
 バンパの様に別の材質を使い手作りで製作する方法もあるにはありますが、レンズのカットや反射板のカットを完全に再現するのは難しく、灯火としての性能が著しく変わってしまう事は避けられません。

 っというワケで生産終了となったクルマは、少なくともライト類を潰したら、いつ部品入手困難で修理不能になるか判らない、というスリリングな状況にある、とは言えそうです。

 尚・・・欧州車は部品供給が比較的長い傾向にあり、特に英国車に至っては50年以上部品が流通している車型さえあります。(MGというメーカのスポーツカー・MGBは生産終了後30年近くが経過しますが、外板どころかモノコックシャシそのものさえ新品が入手可能です。そういえばローバー・ミニも来年は生産終了後10年ですが、最近モノコックシャシの製造が始まりました。MGもミニも、部品の寄せ集めだけで新車が組み立てられます。)

 元々丈夫であまり錆びない日本車が斯様な部品供給体制になったら、1台の寿命が延びて廃棄されるクルマが極端に減るでしょう。
 ハイブリッドとかプラグインなどと騒ぐ前に、『クルマを捨てない』事こそが自動車に於ける最大のエコ活動だと思うんですけどねぇ・・・などと言いつつ新車が売れなくなるのは、我々『作る側』の収入には大打撃ですが。

 クルマの研究で食ってる者で、要するに『クルマを作る側』です。

※生産終了となった自動車部品は、法規により明確な部品保管期間(=生産終了から10年間)が決まっています。(よくネットや雑誌で7年間保管とされていることがありますが、これは家電の部品保管期間です。)

※ただこの保管期間は、『クルマの走行に必要な部品』というくくりになります。
 具体的には、重要保安部品(操舵系、ブレーキなど)、定期交換部品などで、自動車の走行機能に直接影響ないもの(ウェザーストリップ、ガラスな...続きを読む

Q何故ジャガーは日本では乗り手が少ないのでしょうか

米国では、魅力的・耐久品質の高い車と評価されています。

2011年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査 第2位
http://www.jdpower.co.jp/press/pdf2011/2011_US_APEAL_J.pdf

2011年米国自動車耐久品質調査 第3位
http://www.jdpower.co.jp/press/pdf2011/2011_US_VDS_Press_Release_J.pdf

しかし、日本では乗り手が少ない。

私の行動半径内で、セダンに限定すると(タクシーを除き)
国産車よりメルセデスやBMWを見かける方が明らかに数が多い程、輸入車が走っていますが
ジャガーは日に10台見かけるかどうかです。

10数年ジャガーを愛車としていますが
寛げるインテリア。
120km/hまでの速度域では抜群の乗り心地と小気味良いハンドリング。
壊れない(窓落ちがあったのみ)。
一般道路のみの走行(もちろんエアコン稼動・空いていれば「飛ばす」方です)でも
8.4km/Lの高燃費。
等々に満足しています。

車体サイズの割りに室内やトランクが狭いと言う
パッケージング面での難はあると思いますが
何故、これ程乗り手が少ないのか不思議でなりません。

ジャガーを手放して他社のセダンやクーペに乗り換えた方がおいででしたら
その理由を教えてください。宜しくお願いします。

米国では、魅力的・耐久品質の高い車と評価されています。

2011年米国自動車商品魅力度(APEAL)調査 第2位
http://www.jdpower.co.jp/press/pdf2011/2011_US_APEAL_J.pdf

2011年米国自動車耐久品質調査 第3位
http://www.jdpower.co.jp/press/pdf2011/2011_US_VDS_Press_Release_J.pdf

しかし、日本では乗り手が少ない。

私の行動半径内で、セダンに限定すると(タクシーを除き)
国産車よりメルセデスやBMWを見かける方が明らかに数が多い程、輸入車が走っていますが
ジャガーは日に10台見かけるか...続きを読む

Aベストアンサー

なんでだろうねぇ。。。田園調布や横浜の山手や鎌倉みたいなところにずっと住んでる良家の皆さんは漏れなく賞賛するクルマなんっすけどねぇ。。。俺の中の日本の7不思議のひとつっすわ。

俺もね、今のクルマ乗り換える時(2000ccのDセグメント縛りだったっすけど)BMW320iとジャガーとアルファ147と。。。って検討したんっすけどね、2000ccのV6って、ちょっと、俺には、梃子摺っちゃいそうで、なんか、ハードルチョイ高くね?って軽く引いたっすわ。
結局前に乗ってたOPEL VECTRAの後期型でレギュラー仕様、1800ccから2000ccへの買い替えっつーまさかの展開だったんっすけどね。でも右ハンドルのOPELはイギリスVAUXHALLが作ってるから強引にイギリス製、っつったらイギリス製なんっすけどね。エンジンは元々コスワースだし。

で、検討する際外した理由のひとつがね、結局メーカーの強さなんっすよ。メルセデスとBMWとVAG(フォルクスワーゲン・アウディグループ)はグイグイ来るでしょ?パーツ供給なんかも本国取り寄せで2週間、ディーラーにそれなりの体制が出来てるから退屈でゲーム専用タワーPCにタイヤが付いただけの国産車より、買っちゃうよね。ジャガーの場合メーカーの元気がいまいちだからね。
そりゃセカンドカーとかサードカーとかがあって、なら待つよ1ヶ月でも1年でも。でも俺の場合自由に出来る金をクルマ2台3台に注ぎ込んだら他の趣味が出来なくなっちゃう。意外と凝り性だからクルマも含めて結構のめり込んじゃう。だから2台とか余計な金使ったら他の趣味を削らなきゃいけなくなっちゃう。そりゃキツいっす。。。

俺なんかはたいていは自分で整備しちゃうけど(凝り性なだけに)、それ目線で見るとね、そのメーカー独特の「お約束ポイント」ってあるでしょ?特に欧州車の場合。
OPELなんかはね、ECU系統のリセットかけるっつったら国産車と同じでバッテリー外してしばらく放置、なんっすよ。国産車と違うのは待機秒数くらいなのね。だけどメルセデスの場合エアフロメーターのコネクトを外してからバッテリー端子外す、とかBMWの場合トランスミッションのリセットは別でDISに掛けないとリセットできない、とか。メーカーによって微妙に違う所があって地味にイラつかせてくれるんっすよ。アルファロメオなんかセンサーの同期が取れないとODDメーターが点滅するからね。それ、しばらく放置して同期を待つかイグザミナーで同期取るしか、手はないからね。聞いただけで地味にイライラしそうでしょ?
コレがメルセデスやBMWだとこういうQ&Aサイトや海外のフォーラムを検索すれば解決策がスッ。。。と出てくるっす。OPELですらイギリスのフォーラムで解決するからね。でもジャガーは。。。この辺結構情報が少ねえっす。

これが個人のメンテナンスレベル限定情報ならまだイイんっすけど、メーカーに元気がないからディーラーへの供給とかも元気がなくて、販売台数が減っちゃう。販売台数が少ないからトラブル事例の情報が少ない。人に任せる一般ユーザーだと下手な工場に入れると「わかりません」だらけでチョイ派手にイラっとする、っつーのが目に見えてるからなんじゃねっすかね。

おまけにジャガーって、一番輝いてた70年代のクーペなんか当時の最新技術の結晶でしょ?俺なんか刑事コロンボの犯人役が必ずっつっていいほどジャガークーペに乗ってて「絶対ああいうクルマに乗れるような大人になるんだ」って思ったっすけどね。俺はいろんな事情で今は荷物が積めるクルマじゃないと、っつーのがあるんっすけどジャガーは相変わらずシレッと最新技術ぶっこんで来るでしょ?ただでさえマイナーメーカーのスパイラルに陥ってんのに直すの大変なのを入れてきたら、そりゃあんまり売れないよね。

あとはね、思い込み成金連中が多いんじゃねえの?
メルとかBMWなんかはバカでも分かりやすいグイグイ前に来るデザインでしょ?だけどジャガーってイギリス紳士が喜びそうな控えめだけど溢れる気品のデザインでしょ?そりゃあね、目黒区碑文谷のリアルセレブならわかるけど、たまプラーザ辺りの「自分たちは選ばれた人間だから」って思い込んでる割には仕事場まで約1時間通勤ラッシュに押し込まれてるっつー連中にゃ理解できるわけねえよ。
ひょっとしたらイギリスは日本と同じ右ハンドル左側通行、っつーのも成金心をくすぐらねえんじゃねっすかね。「左ハンドルないの?それじゃガイシャ乗ってる意味ないよ」みたいな成金根性あるある???言ってそうだよね。

こんな所じゃねえっすかね。そうじゃないとジャガーをあんまり見ない意味がわかんねえっす。俺もホントは欲しいクルマのひとつなんだけど、ねぇ。。。

なんでだろうねぇ。。。田園調布や横浜の山手や鎌倉みたいなところにずっと住んでる良家の皆さんは漏れなく賞賛するクルマなんっすけどねぇ。。。俺の中の日本の7不思議のひとつっすわ。

俺もね、今のクルマ乗り換える時(2000ccのDセグメント縛りだったっすけど)BMW320iとジャガーとアルファ147と。。。って検討したんっすけどね、2000ccのV6って、ちょっと、俺には、梃子摺っちゃいそうで、なんか、ハードルチョイ高くね?って軽く引いたっすわ。
結局前に乗ってたOPEL VECTRAの後期型でレギュラー仕様、1800c...続きを読む

Q買い替えを迫られつつ、だけど欲しい車が全然無いとき

車を趣味とお考えの方にお聞きしたいのでこちらで質問させていただきます(国産車限定の質問です)。

自分なりにこだわりがあるのに、現実的には大金を出してまで欲しいと思う車が存在しない場合、みなさんはどうしますか?
もちろん、車の購入なんて妥協の産物とは思いますが、それでも趣味として(+趣味の延長)購入するなら、なるべく自分の希望に沿った車を買うでしょう。
でも、それでもお金はあっても現実に欲しいと思う車が無ければ、みなさんはどう対応するのでしょうか?

条件は以下の通りです。
・買い替えが必須(例えば事故で全損とか、修理費が100万以上高額な場合とか※GT-Rとかの特殊車両の修理費用は除外してください)
・新車買い替え(中古は含めない)
・買い替え費用はとりあえずある(生活レベルに応じて100万~200万として。頭金と考えてもOK)



ちなみに私の場合は、代々MT車ばかり乗り継いできたので、次もMT車が欲しいんですが、もう選べるほどMT車が無いです。

軽自動車(しかも商用車含む低グレードのみ)、カローラ、86(BRZ)、CR-Z、IQ、アクセラ(マツダスピード)、アテンザ、デミオ、インプレッサスポーツ(STi含む)、ヴィッツ、エクストレイル、オーリス、ギャランエボ、スカイラインクーペ、Z、フォレスター、フィット、ラッシュ(ビーゴ)。
他にもあるかも知れませんが、ざっと調べた現行型ではこれしかありません。

これに予算(維持費含む)があり、デザインの好みが加わり、ライフスタイルに合うか吟味し、さらに住環境に適しているか(駐車場など)を考慮しなければいけません。
あくまでも理想はSTiですが、予算だけが突出しているので非現実的です。
私なら、どうせ妥協の産物なら、軽自動車の低グレードMTしか買わなそうです。投資金額が違いますから。もちろん買うなら一括で。ローンしてまでは買いたくないですね。

車を趣味とお考えの方にお聞きしたいのでこちらで質問させていただきます(国産車限定の質問です)。

自分なりにこだわりがあるのに、現実的には大金を出してまで欲しいと思う車が存在しない場合、みなさんはどうしますか?
もちろん、車の購入なんて妥協の産物とは思いますが、それでも趣味として(+趣味の延長)購入するなら、なるべく自分の希望に沿った車を買うでしょう。
でも、それでもお金はあっても現実に欲しいと思う車が無ければ、みなさんはどう対応するのでしょうか?

条件は以下の通りです。
・買...続きを読む

Aベストアンサー

まさに昨年の私ですね。 
私も、MTを乗り継ぎましたが、最近はスポーツ系の車か、コンパクト系ばかりで飽きてしまいました。
 
MTなら良くて扱ってるいる感覚が好きというなら、軽ワゴンが実用的&面白いです。
私は、気に入った足回りとエンジンを優先し妥協してATしか設定の無い車に乗換えましたが、仕事もバイクもMT車のせいか、全く後悔は無く大変気に入っております。

外観は結構社外品で好きにいじれますし乗っていれば見えませんし、乗っているうちに愛着も出てきます。
しかし、エンジンと足回りは基本的に交換ができません。ミッションの構造も基本的に交換が効きませんね。
まだ足回りは多少のいじりようは有りますが、このエンジンの車に乗りたいだけは交換不可能です。
MT車ですとエンジンの相性も大事ですのでせっかくの機会、低燃費エンジンもイイですがこのエンジンをMTで操ってみたいと言う車を選ばれるのはいかがでしょう?

気に入ったエンジンだと、心地いいエンジン音の代償と思えば、燃費の悪さくらい我慢できてしまいますよ☆
 
 


人気Q&Aランキング