痔になりやすい生活習慣とは?

昨夜のNHKテレビで、気象予報士が次のような説明をしました。
「札幌は最高気温が10度でした。東京は5度で、半分でした」
質問は、この ”半分” の使い方は、正しいですか?

A 回答 (6件)

0から始まる数列ならたしかに半分ですが、気温はマイナスがあるので単純に半分とは言えないですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<から始まる数列ならたしかに半分>ですね。
しかし<気温はマイナスがあるので単純に半分とは言えない>ですね。
出発温度(基準点)をとるなら、絶対温度0度でしょうね。

お礼日時:2019/04/11 07:46

「摂氏表記の数字の上では」みたいに、聞き手側が補完すればいいのでは、と思います。


表現の正確性を求められる場面でもないですからね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<「摂氏表記の数字の上では」>などの補完をすれば大したことではない、ということですね。

お礼日時:2019/04/11 19:28

風があると体感気温が違いますから「半分」の言い方には誤りがありそう。

(5度の東京が無風とは限らない)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のごかいとうありがとうございました。
その他の状況によっては、必ずしも半分でないのですね。

お礼日時:2019/04/11 19:26

>この ”半分” の使い方は、正しいですか?



数字でいうと5は10の半分ですが、気温の話ですから
温度差が5度というのが正しいような気がします。
ただ東京のほうが札幌より低いことを言いたかっただけではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<温度差が5度>なら間違いないですね。

お礼日時:2019/04/11 07:48

数字的には半分で正しいですが、この後どう解説したか分かりませんが、北にある札幌の方が南側の東京よりも倍も温度が高い事を言いたかった割には、面白味のない表現ですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
<言いたかった>ことはわかりますが。

お礼日時:2019/04/11 07:40

まぁ確かになんに対しての半分なのかと言われればおかしなはなしですよね


いつも氷点下の北海道と氷点下にはめったにならない東京では10度の半分は5度で無いような気もします。

でも、言いたい意味は解ると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<なんに対しての半分なのか>ですよね。
まさか0度が基準?

お礼日時:2019/04/11 07:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観測データのグラフから逆にそれを表す式を作れるのか?

添付した画像のグラフを作ってみました。
1月1日から12月31日までの昼の長さと夜の長さを計算し、グラフにしたものです。
国立天文台の日の出日の入りのデータを利用して、単純に時間の引き算をして結果をグラフにしたものです。
グラフはx軸に日付・y軸に時間の長さをとっています。

画像の調整がどうもうまくいかず、かなり小さくて見にくいと思いますが、
こういうグラフから、関数の式を作れるものなのでしょうか?
この波形から推測すると、三角関数で表現できる気がするのですが。
式が作れるとしたら、作り方の手順の解説をお願いします。

詳しい方がいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.4です。

研究者ではありませんが、興味次第では知り得る範囲です。

天体の運動(星の動き)は、観測結果から運動方程式を当てはめて、
未来を含む運動を推定できます。

はやぶさ2は2014年12月に打ち上げられて、いまりゅうぐうで活動中です。
これも、りゅうぐうの移動を計算で未来予測できるから到着できたのです。
なお、余談ですが、
地球からりゅうぐうまでは、電波往復に33分も掛るという事です。
これは、地上からの制御が届いて結果を映像で見るまでに33分も掛る、
という事です。
こんな状態でなんで制御が成り立つのか、こんな技術にも興味深々です…

Q絶対温度 Kの必要性

セルシウス温度+273が絶対温度になるということですが、そしたら絶対温度Kという単位は不要なんじゃないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり絶対温度(K)が便利です。例えば・・・

○ 気体の体積 (ボイルシャルルの法則)
 まあ、「風船の大きさ」ですね。暖めると風船が大きくなることはご存知でしょう。これは、暖めたことで風船の壁に内側からぶつかる原子の運動速度が上がったためといえます。
その場合、もし、20℃から40℃に暖めた場合、大きさは2倍になるのではなく、293K→313Kの比による、約7%大きくなります。
(もっとも、実際には風船の場合はゴムの張力の影響があり、また、完全に冷やしても本当に体積が0になるわけではない(特定の温度で液体や固体となって急に体積が減るが、一方でさらに冷やしてもそれらの体積より小さくならない)のでそれぞれ誤差になることには注意が必要です。)
○ 信号の電子機器の内部雑音 (熱雑音)
 コンピュータや無線機器は、「半導体」(シリコンなど)という物質を使って、小さな信号を大きく増幅することを繰り返しながら動作しますが、この際に問題になるのが「内部雑音」です。半導体は入ってきた信号を増幅するとともに、自分内部で無関係な変動信号(雑音)をわずかながら加えてしてしまうため、入ってくる信号があまりに小さいと出てくる信号が無意味な雑音ばかりになってしまうという欠点があります。
 その内部雑音の原因は、半導体自体の原子の熱振動であり、雑音の強さはまさに半導体の絶対温度に比例しますので、20℃から40℃に上昇した場合も2倍になるのでなく、約7%増加します。
 このような熱振動による雑音を避けるために、より良い半導体を探す研究も続けられていますが、特に小さな電波の信号を扱う天文などの世界では、手っ取り早く半導体を液体窒素などで猛烈に冷やしています。(20℃(293K)から、-190℃(83K)に冷やすと、雑音は本当に1/3.5・・ケルビン温度の比率・・に減少します)

さてさて、いかがでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
他の方々からも既に有意義な回答が来ているようですが、次のような説明ではいかがでしょう。
ポイントは、「温度に比例する現象は、絶対零度を起点にする比例が多い」

いささか単純化すると、「温度」とは、「原子・分子の運動や振動の強さ」といえることことはご存知でしょうか。
原子などの運動や振動によって発生する物理現象はいくつかあり、それこそが温度でもあり、温度に関連する現象は絶対零度(-273度C。振動0)を基準とした比例関係になるものが多く、それを予測・把握するためにはやはり...続きを読む

Qオーディオではなぜ真空管アンプが今でも使われているのですか?

オーディオではなぜ真空管アンプが今でも使われているのですか?

Aベストアンサー

半導体アンプより真空管アンプの方が音が良いとの事です 余程の聴感覚ある人でないと区別出来ないようです。
今から数十年前 ステレオアンプの聴き比べコンサート各地であり 音が良いと評判の市販アンプを何台か持ってきて
コンサートホールで開催されました、音楽を聴く為ではなくアンプの音の良し悪しを比較する為のコンサートです。
そのコンサートに出たと言う知り合いが言っていたのですが どっちが真空管アンプかの問いに正確に当てたのは本人と
数える程度と言ってました~恐らく1%とかの程度と思います、でも どう考えても違いあるとは思えず私と同様に誰も
同意しませんでした そんな事ある訳ないと~ 私も含め「聴き比べ」した事ありませんが。

それから2,3年後 旧帝大の音響学の教授が半導体アンプと真空管アンプには音に違いがあると言っていたと別の知り合い
から聞いて本当に違いあるのかも知れないと思いながら今に至ってます。
真空管アンプを使う人は違い解かる人と考えて良いかも知れません 真空管マニアとも呼ばれます。
最近は見掛けませんが真空管アンプを手作りし販売している人も居りました 一台一台手作りですから大変高価でした。
今でもネットオークションに時々出る事あります。

その後レコードの時代からカセットの時代になり持って歩けるようになって何処でも簡単に音楽聞けるようになりました。
私もカセットテープで聞くようになり毎日聞いておりましたが聞いている内に満足出来なくなり もっと良い音 聞きたいと
エスカレートしていきました 車のラジオで聞く音楽はFMだけになってしまい こういうものなのだと思います。

真空管マニアによると電源入れてから1時間後とか経ってから音楽を聴くとか こうでないと良い音しないそうです。
感覚というものは訓練すればするほどに研ぎ澄まされるようで違いは測定器で測れるものではないようです。
尚 歪はアンプよりもスピーカーで決まります 40年前でしょうかスピーカーの歪率仕様 調べ比較した事ありますが1%以下 
保障されたものはありませんでした 多分現在もないでしょう 、スピーカーの歪率はパワーで変わりますが10倍にすると
歪率は3倍でした 半導体アンプの歪は当時も大変小さく0,01%程度でしたので歪の違いではありません 。
何なのでしょう 私も知りたいです 最近は音楽 全く聴きません。

半導体アンプより真空管アンプの方が音が良いとの事です 余程の聴感覚ある人でないと区別出来ないようです。
今から数十年前 ステレオアンプの聴き比べコンサート各地であり 音が良いと評判の市販アンプを何台か持ってきて
コンサートホールで開催されました、音楽を聴く為ではなくアンプの音の良し悪しを比較する為のコンサートです。
そのコンサートに出たと言う知り合いが言っていたのですが どっちが真空管アンプかの問いに正確に当てたのは本人と
数える程度と言ってました~恐らく1%とかの程度と思います...続きを読む

Qブラックホールってたん星ですよね?たん星と惑星の違いってなんですか?たん星ってなんですか?惑星ってな

ブラックホールってたん星ですよね?たん星と惑星の違いってなんですか?たん星ってなんですか?惑星ってなんの事?全部教えて下さい。たん星ってなに?

Aベストアンサー

>光る星ってなにを発してるんですか?

核反応(核融合)で発生したエネルギーが光子として宇宙空間に放出されるので、光って見えます。
https://kotobank.jp/word/%E6%81%92%E6%98%9F-62414
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E6%98%9F

ひとつの質問には2回しか答えない主義なんですけど…あとは調べてね。

Q万有引力についての質問です。 全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたので

万有引力についての質問です。

全てのものに引力があると、言われてますがそれはどのように証明されたのでしょうか?

自分の考えとしては、地球などの天体だけが引力を持っていても、つじつまは合うんじゃないかと思います。
地球にあるものは、全て地球の中心に向かって引っ張られてるのは、リンゴが木から落ちることでわかりますが、地球が引っ張っているだけでなく、リンゴも地球を引っ張っているのはどういう理由でそうなったんでしょうか?地球がリンゴを引っ張っているだけでもおかしくはないと思います。

例えば、地面にある離れたボールとボールがなにもせず、引力だけでくっつくのを見たことないですし、そういう話も聞いたことがありません。
もしかして、そういう実験をして、もうすでに証明されているんでしょうか?

自分は、数式などがわからないので、言葉だけで中学生に教えるつもりで、説明してくれたら、ありがたいです。詳しい方、是非お願いします。

Aベストアンサー

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ読みで時速60Kmまで加速したとき、途中のメータ読みで、時速20Km、時速40kmのときの速度は、どうして分かるのか。そのときは加速し続けていたので、一定の速度という状態のときはなかった。 加速中は速度は測れないというよりは、例えば、0.5秒間でのタイヤの回転数をカウントできて、タイヤの外周の長さが分かれば、タイヤ外周×0.5秒間での回転数×(2×60×60)で計算したのを、0.5秒間の時速としてもいいだろうと考える方がまともでしょう。 この数式は、0.5秒間での回転数×(2×60×60) で、同じ状態が1時間続いたならばどれだけ回転するかを計算しています。たぶん、小学生でも分かる数式です。

ジェットコースタなどで上から落ちていく場合、長い下り坂を自転車に乗ったままこがずにブレーキもかけずに下る場合、どんどんとスピードがあがります。こういう状態を加速中といいます。速度が上がるのは、下の方向に引力が働き続けるからと言われています。 止まっているモノが動き出す、動いているものの速度が変わる、動いているモノの方向が変わるのは、そのときに力が働いたからだと言われています。 そのような運動に関わる力は、次のように定義されています。
(F =物体にかかる力。m =物体の質量。)としたときに、 F =m×α (ただし、α=物体に働いた加速度)
数式そのものは、単純なかけ算ですから、小学生でも分かります。 ただ、質量に加速度をかけるというイメージがピンとこないことはあるいかもしれません。円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来るようなものと思うのが、とりあえずは良いと思います。 加速度αが一定で変わらない場合、ものの質量も一定ならば、F =m×α ですから、力も一定となります。 そして、時間が経過すると、経過時間をtとすると、 t経過後には、速度は α×t だけ変化します。(単純に言えば、α×t だけ速度が上昇します) 小学生でも分かる数式だと思いますが、この数式も分からないと、この先の説明は難しいです。

《円柱や角柱の体積が、底面積×高さで計算出来る》という考えは、ビルのような大きなものでも、虫眼鏡でようやく見える小さなものでも同じに適用できるということも示しているのです。 (0.1ミリ未満の物体には体積はない)と考える根拠がないからです。 電子顕微鏡でようやく確認できるような小さなものにも、大きさも、質量もあると考えた方が妥当です。
空を東から西に移動していく太陽や月でも、観測は難しくても、0.1秒間でも移動していると考えた方が妥当です。
鉄球と羽毛を落下させる実験があります。
https://gigazine.net/news/20141105-feather-drop-biggest-vacuum-chamber/
重力加速度を実測する実験もあります。(通常、大気の中で計測しますので、乾電池などの空気抵抗の影響の少ない物体を落下させて測ります)
https://www.3bs.jp/pdf/UE1030300j.pdf
落下させる物体が、重くても、軽くても、羽毛のようなものでも同じように重力加速度が働くのならば、アルミの粉や小麦粉の粉でも、なん十トンもある鉄塊でも、同じ重力加速度が働くと考えるのが妥当です。
しかし、火星や土星付近を飛ぶロケットに働く地球の重力加速度は、とても小さいです。2つの物体間の引力は、2つの物体の質量だけでなく、2つの物体との距離にも関係しています。

ニュートンが提案した万有引力は天体観測結果と数学をつかって導き出した結論だそうです。小学校の計算では出せません。ただ結論は、つぎの数式です。
2つの物体が互いに引き合う力の大きさ(引力)Fは、2つの物体の質量m1とm2の積(m1×m2)に比例し、物体間の距離rの2乗に反比例する。 比例定数をGとすると、 F=G×(m1×m2)÷(r×r) と表される。
Fを表す単位をN(ニュートン)とし、質量m1と質量m2を表す単位をkg(キログラム)とし、距離rを表す単位をm(メートル)とし、比例定数をG(万有引力定数)を表す単位は( m3 kg−1 s−2 :m3はmの3乗・立方メートル、kg−1は(/kg)、s-2は(毎秒・毎秒 /(s×s))で、Gは、0.00000000006674 です。

1000kgの2つの物体の距離が1mの場合、Fを計算すると、66.74ミリNになる。 1Nは、9.80665で割って得た答えの0.102kg重という地球上の重力になるので、66.74ミリNは、地球上の重力に換算すると 6.674mgに相当する。 1m(メートル)の距離にある1トンの2つでさえも6.8mg(ミリグラム)重の力です。アルミの一円玉の1/150程度の力ということです。
地面にある離れたボールとボールやガラス板の上のステンレス球でも、そこに働く引力はとても小さいので、動くのを期待するのは難しいでしょう。 動くのを観察できないから、引力は働かないという考え方は妥当ではないです。

証明というのは、すべてのものについて一つ一つやるものではなくて、簡単に立証できるものについてやって、《「その立証したものと条件が異なる場合には、同じにはならない」というような妥当な推論が可能である》のではなければ、立証できたことを一般化していいのです。 
昨日は確かに男性であると確認できているのならば、今日は確認しなくても男性なのです。 気温や体重が変わっていても、昨日確認できていれば、それでいいのと同じようなものです。 鉄の塊は水に浮かびませんが、形状を船や中が空洞の球にすれば、水に浮くことがあって、そこに浮力の計算方法を発見できて、いくつかの実験でその計算方法で良いことが確認できれば、タンカーでも、深海潜水艇でも、ただの鉄の塊でも、浮力の計算はできるのです。

> 数式などがわからないので

どの程度のことを言っているのかが分かりませんが、つぎのようなことは、分かりますか。

モノには重さがある。 アルミの一円玉は約1g。 これを粉々にして、すりつぶすと、アルミの粉になる。このアルミの粉一つ一つにも重さはある。 その1つ1つの重さは測れないが、耳かきなどですくって、重さを測れば重さがあるのが分かる。顕微鏡などでその測ったアルミの粉の粒数をカウントすれば、1つ1つにも重さがあったことが推定できる。

自動車を停止状態から発進させて、メータ...続きを読む

Qはやぶさ2が着陸した小惑星リュウグウの 重力加速度は、ざっとどの位ですか?

地球の重力加速度は、9.8 m/s^2ですね。
ところで、はやぶさ2が着陸した小惑星リュウグウの 重力加速度は、ざっとどの位ですか?

Aベストアンサー

リュウグウ表面での重力加速度はおよそ0.11~0.15 mm/s^2 だそうです
地球の8万分の1ですって

Q物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと

物理基礎の後ろの方に太陽光発電の太陽光の発電効率は11パーセントっていう問題があったのですが、もっと高く出来ないのでしょうか?

例えばパネルの電子回路のすぐ後ろに水を流して熱を取り出し、その熱で発電とか、パネルを放射状並べてパネルを反射した光を1箇所に集めそこでまた熱を発生させ、それを発電とか

こういうのは実施されてないのでしょうか?無知な質問ですいません

Aベストアンサー

水を流すとなると循環装置が必要になります。
定期的に水やパイプ、フィルターも交換しなければならないですし、
薬剤等も必要でしょう。
もちろん人件費も跳ね上がります。
大規模なだけにPCの水冷装置のようにはいかないです。

熱で発電となると蒸気を発生させなければいけませんが、機械の排熱しかも常温常圧の下では、商業用発電に足りる出力には到底なりません。
したがってやろうとするとまたしても膨大な設備投資その他が生じます。

パネルの並びはやっているところもあります。
しかし商業用発電に足るほどの電力はまかなえず、たとえば反射炉と言って高温にして物を溶かしたりする、そういう工業用の用途に用いられています。

何事にも収益と損失のバランスに基づくコストの見通しの上に経済活動が行われているのであり、
やりたくないからやらないわけではないのです。

発電効率の問題は、現在の素子のそれを大きく上回る新たな素材の発展を待たなければならないでしょう。

Q無農薬野菜には発がん性がある?

最近読んだ分子生物学者三石巌さんの著書「医学常識はウソだらけ」の中で、「農薬を使わずに作物を育てていると土壌の中で増えた細菌が空気中の窒素を使って硝酸を作り、これが作物の中に入り込むと亜硝酸となる。この亜硝酸が体内のアミンと結合すると発がん物質になる・・・従って無農薬野菜には発がん性がある。」という趣旨のことが書かれています。未発酵有機肥料が持つ硝酸態窒素の危険性については承知していましたが、土中細菌による亜硝酸のことは初耳です。有識者のご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

はい、あります。ただそれは無農薬でも農薬を使っても一緒。無農薬だと野菜の防御反応が強まりますから多少は強いかもしれませんが、その差はわずか。確か2000年代に英国の研究で無農薬野菜と農薬を使った野菜で栄養的に有意な差はないという研究結果が出ていたはず。
 そもそも硝酸態窒素→亜硝酸→発がん性物質生成(ニトロソアミン)説なんて現代ではほぼ否定されていると思うんですがね。実際、ヒトの体内で硝酸態窒素から亜硝酸は生成されるわけですし、土壌細菌があろうがなかろうが一緒。それに化学肥料を使っているからといって土壌細菌がないわけでもないですし。

 ちなみに日本じゃ野菜に「無農薬」って銘うって販売すると違法なんですが、このセンセイはそれはご存じなんでしょうかね。「無農薬野菜」なんてどこで買うのか。

Q素数だけに目盛がふってある素数ものさしは、一見不便であるが、楽しいそうですね。何が楽しいのですか?

素数ものさしがあるそうですね。
目盛は素数だけにふってあるそうですね。
このものさしは一見不便であるが、楽しいそうですね。
何が楽しいのですか?

Aベストアンサー

普通に1cmの目盛の物差なんだけど、数字が1,2,3,5,7,11,13,17cm・・・のところダケ書いて有るもの。

ゴルドバッハの予想を実感出来る、などマニア向け。
・4 以上の偶数は 2 つの素数の和で表せる
・7 以上の奇数は 3 つの素数の和で表せる

これにより、どの長さも、最高3回で計測することが出来る。

マニア~~~ック

Qこの図で水はどちらへ流れますか?

この図で水はどちらへ流れますか?
また、管の出口のエネルギー損失が発生するのはどこですか?
ご回答よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

水槽1の水が配管のAの高さに水面が下がるまで、水槽Bに流れますね?
厳密には、水槽AとBの口径=水面の面積により誤差も生じますが、見た目では同一、あるいは記載がないのでこの設問では加味しないということでしょう。

「管の出口のエネルギーの損失」は、設問が正しいのか、管の出口で生じるのは文章通りに管の出口でしょう?
国語の問題となってしまってます。

他で生じる損失は、管の出口では生じてはいませんので。

おそらく設問は「水槽1の水の出口からaに向かう配管の傾斜」で重力に逆らい水流が上る際にエネルギーが消失すると答えさせたいのかと思います。
あるいは、配管の中を流れる際の摩擦も加味しろと言うことかも知れませんが、これも「摩擦はないものと想定する」など注釈があるのかないのか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング