痔になりやすい生活習慣とは?

すごく悩んでいます どなたかご教授ください
バイクで単独自損事故を起こしました。二週間入院して
一ヵ月ほどで全快しました、生命保険請求で事故証明が
必要なので、物損扱いだった事故を、警察に行き、
現場検証してもらって、人身扱いにしてもらいました。
あとで、友人から人身扱いにすると相手がいなくても、処分がくると言われ、自分で自分の首を締めてるみたいで
悩んでおります。 警察には診断書も提出しました。
担当してくれた警察官は何にも言ってなかったんですけど・・・  よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も今年、バイク事故(単独物損)を起こしました。


2ヵ月半入院しましたが・・・。
保険会社いわく
「自損の分は出るけど搭乗者傷害は人身として届けないと保険が降りない」
といわれました。
しかし警察の方曰く
「自損を人身として届けを出すと『自分自身に対する業務上過失傷害』が成立する。不起訴になる可能性は高いけど・・・普通は警察もこういった届けを受理することはない。そこまで警察も鬼じゃないし。例えは悪いけど、自殺した人を被疑者死亡で書類送検したりしないのと同じ」
といわれました。
その後保険屋のほうには交渉の末、人身として届けを出せない「理由書」を提出することで、自損&搭乗者傷害の保険が降りました。
私も事故直後、警察に現場検証をしてもらいましたが、自損でも事故証明は出ました。

お互い、今後も事故には気をつけましょう。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

Jeykhawkさんレスありがとうございます
私も、もうすこし保険屋と話し合いすれば良かったです。
前にレス下さった方が「行政処分だけの可能性が高いみたい」とのことなので、そうなってくれればと願って、安全運転と知識を磨きます。Jeykhawkさんも大怪我されて、たいへんでしたね。ホント互いに安全運転しましょう。
深夜にありがとうございました。 

お礼日時:2004/12/10 01:24

まずは、事故お見舞い申し上げます。


#1さんの回答どおりですが、若干の補足です。
事故発生の場合、運転者にはその事実を正確に届け出る義務がありますから、本来、人身事故として届けるべきだったのです。
ですから、今回の件が「間抜けなこと」だったわけではありません。ただ、保険請求がらみだったことが、悔やまれるだけです。
いわゆる一人相撲で、自分のみがケガした場合。
点数や行政処分に関しては、先の回答者どおりですが、刑事処分は、実質ありません。
検察が起訴する可能性はほぼありません(不起訴処分)し、罰金や、服役(懲役刑)するなども、ほぼあり得ません。
なぜなら、第三者(他人)の被害者が存在しないからです。
これを機会に、今後安全運転の意識が高まるなら、今回の件はプラスであると。

この回答への補足

apapaさん、ご教授ありがとうございます
治療期間が3ヵ月以内なので9点の免停行政処分でしょうか
でもapapaさんのご教授どおりにすすんでくれれば、
たしかに自分にとっては成長するとおもいます。
民事は無関係だし、法の方でも不起訴になれば、
ありがたいですけど。 ごく最近の出来事なので、
呼び出しがくれば勉強だと思って行ってきます
ありがとうございました

補足日時:2004/12/09 23:19
    • good
    • 8

 私の友人も同じケースに陥り、人身事故扱いにすると確実に免停になる状況だったために自損事故で涙を呑んでいました。



 人身事故扱いにするということは、当然、事故を起こした加害者と事故に巻き込まれた被害者が存在することになるのですが、この場合、加害者も被害者も自分自身ということになります。診断書は警察署にも提出していると思いますが、その診断書の内容(全治30日以上の日数が書かれていたか、30日未満だったか)によって変わりますが、全治30日以上だった場合は重傷事故を起こしたということで、事故を起こした主な理由が、自分の責任だった場合は9点、何か別の要因が事故を誘発した場合でも6点の処分を受けます。15日以上30日未満の軽傷事故aであれば事故の理由が前者で6点、後者で4点。15日未満なら前者で3点、後者で2点が加算されます(これは確定)。加えて前者の場合はなら、安全運転義務違反2点+反則金7000円)の行政処分の可能性があり、今までの違反歴や累積点数によっては免許停止・免許取消もあり得ます。
 検察に起訴された場合は何らかの刑事処分(罰金刑や懲役刑など)を受ける可能性も否定できません。
 民事については加害者と被害者が同一なので自分で慰謝料や治療費を支払って自分でそれを受け取る形になる(それはつまり保険金になるわけですが)ので実質的には民事についてはプラスが出るということになります。

 結局のところは、診断書に書かれた全治に要する日数と事故の発生状況次第で免許停止・取消か、少なくともゴールド免許は遠ざかるということは確定、検察でこの事故が起訴になるか不起訴になるかによっては何らかの服役の可能性あり、というところです。

http://homepage1.nifty.com/isida3/ihan.htm
 交通事故を起こしたときの付加点数と刑罰
http://www.nextlink.ne.jp/netricoh/oyakudachi/so …
 交通違反の点数と納付すべき反則金
    • good
    • 2
この回答へのお礼

Katchelさん、早速のご教授ありがとうございます。
免停や反則金、罰金など、考えると物損ですませたほうが
良かったですね。わずかな入院給付金の為に、警察に自分から、「人身扱いにしてくれ」なんて、まったくの間抜けで自分がイヤになります。
ありがとうございました 

お礼日時:2004/12/09 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自損事故で物損、人身扱いについて

先日、携帯電話を操作しながらこちらに突っ込んでくる自転車をよけようとして、左側面を壁(コンクリート)に衝突しました。自転車には接触はなくそのまま逃げられました。

すぐ警察を呼び、事情を説明し話をしましたが、夜遅かったせいか(0時頃)説明も適当で、
物損にするのか人身にするのかだけをずっと聞かれ、とりあえず物損にしました。

後日、保険屋に連絡し、治療に1ヶ月以上かかるのであれば人身に切り替えてくれといわれました。
その際、車に乗っていたのは私と妻の2人です。

ケガは外傷はないものの、ムチウチ、打撲、捻挫のような症状がでていて3週間から1カ月くらいの診断が出されました。治療費等は人身傷害保険、搭乗者保険、自損保険と入っているので問題ありませんが、今後の後遺症などを考えるとどうしたらいいのでしょうか?
人身に切り替えると罰則(刑事、行政処分等)がつくといわれました。
1人の場合ですと大した罰則もないようですが、搭乗者(妻)がいる場合はどうなるでしょうか?

(1)治療を1カ月以内で終了し、物損事故として処理する

(2)治療を1ヶ月以上通院し、人身事故として処理する

(3)人身に切り替えた場合の罰則(行政、刑事処分等)はどのくらいなのか

今後、どうするのがいいのかご指導ご鞭撻をお願いします。

先日、携帯電話を操作しながらこちらに突っ込んでくる自転車をよけようとして、左側面を壁(コンクリート)に衝突しました。自転車には接触はなくそのまま逃げられました。

すぐ警察を呼び、事情を説明し話をしましたが、夜遅かったせいか(0時頃)説明も適当で、
物損にするのか人身にするのかだけをずっと聞かれ、とりあえず物損にしました。

後日、保険屋に連絡し、治療に1ヶ月以上かかるのであれば人身に切り替えてくれといわれました。
その際、車に乗っていたのは私と妻の2人です。

ケガは外傷はないもの...続きを読む

Aベストアンサー

>今後、どうするのがいいのかご指導ご鞭撻をお願いします。

殆ど知られてない事実ですが、物損事故も自賠責が使えます。

物損にして「人身事故証明書入手不能理由書」を用意して、自賠責から治療費を出して貰いましょう。

「人身事故証明書入手不能理由書」は、保険会社に「くれ」と言えば貰えます。

保険会社は「人身事故証明書入手不能理由書」を使うと手続きが面倒臭くなるので「身内なので罰金にならない筈だから人身にしろ」って言って来ます(人身にすると、罰金を免れても行政処分の点数は来るので、免停は避けられなくなると思います)

保険会社の担当者が無学だと「人身事故証明書入手不能理由書」の存在を知らない事もあります。

治療の際は、病院に「自己負担3割になる健康保険証」を出して、3割負担で会計する(病院が「事故だと健康保険使えない」と嘘をつく事があるが、事故でも「保険が使える治療内容」なら保険が使えるので、保険証を使う事を強く要望すること)

保険証を出して3割負担にしておくと「治療で使われる自賠責の枠が3割で済む」ので、より多くの治療が可能になる(自賠責の枠は120万円なので、3割負担だと、実質的に「400万円分」の治療が可能。保険証を出さないと120万円分の治療をしたら、自賠責を使い切るのでそれで終わりになる)

>(3)人身に切り替えた場合の罰則(行政、刑事処分等)はどのくらいなのか

人身にする必要はありませんが、もし間違って人身にしちゃった場合は、被害者が身内(自分や妻)なので、たぶん、刑事処分は「起訴猶予」とか「不処分」になるでしょう。

行政処分は、全治1ヶ月未満なら免停30日(前歴なしの場合)、全治1ヶ月以上なら免停60日(前歴なしの場合)になるでしょう。

全治15日以上1ヶ月未満=安全運転義務違反2点+人身付加6点=8点(前歴なしで、6~8点で免停30日)

全治1ヶ月以上3ヶ月未満=安全運転義務違反2点+人身付加9点=11点(前歴なしで、9~11点で免停60日)

>今後、どうするのがいいのかご指導ご鞭撻をお願いします。

殆ど知られてない事実ですが、物損事故も自賠責が使えます。

物損にして「人身事故証明書入手不能理由書」を用意して、自賠責から治療費を出して貰いましょう。

「人身事故証明書入手不能理由書」は、保険会社に「くれ」と言えば貰えます。

保険会社は「人身事故証明書入手不能理由書」を使うと手続きが面倒臭くなるので「身内なので罰金にならない筈だから人身にしろ」って言って来ます(人身にすると、罰金を免れても行政処分の点数は来るので、...続きを読む

Q自損事故における減点は何点になりますか?

自損事故を起こしましたが、労災申請するのに警察の実況見分などをするとのことです。
その場合、自損事故でも「自分が自分に対して事故を起こした」ということで、
減点されると聞いたのですが…
その点数は何点ぐらいになるのでしょうか?
警察との間で行われる手続き等は、どのような手順になりますか?
事故の規模としては、縁石とガードレールの破損で、自分以外に被害者はおりません。

Aベストアンサー

>、自損事故でも「自分が自分に対して事故を起こした」ということで、
減点されると聞いたのですが…

都市伝説と真っ赤な大嘘です。

ご自身を刺して傷害罪が成立しますか?
車も同じ、自分の怪我に対して、過失致死罪は成立しません。

処分されるのは相手・他人を怪我さした場合です。


自損事故で質問者様だけが怪我をしたのであれば、反則点数や刑事処分の処分はありません、怪我をしても自損事故は自損事故です。。

人身事故の定義を読んで下さい、物損事故・自損事故は含まれない

http://rules.rjq.jp/jinshin.html

Q自損事故(人身事故)の行政処分、刑事処分について

はじめまして。

先日、通勤途中に単独で事故を起こしてしまいました。
脱輪後、壁に激突しまして、警察にて物損事故として扱われました。

その後、保険会社に言われるがまま念のためにと病院へ行き、ケガという
ケガはなく軽い打ち身だったのですが、医師にお願いして診断書を作成
して頂き、警察へ診断書を提出したのですが、そこで初めて物損と人身
とでは処理が異なることを知りました。
事故係の方に物損から人身に切替わるので検分をやり直しますと言われ、
初めての事故で動揺していたこともあり、なにがなんだかわからないまま
再検分の日程を調整して帰ってきてしまったのですが、インターネットで
いろいろと調べてみると物損と人身とでは大きな違いがあるようですね。

可能であれば、事情を説明し、通院する考えはないことを担当警察官に
話してみようと思うのですが、一度提出してしまった診断書を取り下げ
るということもなかなか難しいようですね・・・。

今回は本当に運が良いことに誰も巻き込まず自分だけの事故で済んだ
のですが、この場合、行政処分また刑事処分は下されるのでしょうか?

再検分の予定日は明日の午前中です。
ご存知の方、いらっしゃいましたら是非教えてください。

はじめまして。

先日、通勤途中に単独で事故を起こしてしまいました。
脱輪後、壁に激突しまして、警察にて物損事故として扱われました。

その後、保険会社に言われるがまま念のためにと病院へ行き、ケガという
ケガはなく軽い打ち身だったのですが、医師にお願いして診断書を作成
して頂き、警察へ診断書を提出したのですが、そこで初めて物損と人身
とでは処理が異なることを知りました。
事故係の方に物損から人身に切替わるので検分をやり直しますと言われ、
初めての事故で動揺していたこともあ...続きを読む

Aベストアンサー

保険を適用させるために人身事故扱いとすることになりますが、自損事故の場合は行政処分や刑事処分などはありません。
行政処分や刑事処分の場合の人身事故の定義としては「【他人を】死傷させた場合」になりますので、自損事故の際はその責任問題が発生しません。

保険を適用するため、名前の上では人身事故ですが自損事故は扱いが違いますので大丈夫ですよ。

参考URL:http://oshiete.nikkeibp.co.jp/kotaeru.php3?q=1862219,http://rules.rjq.jp/jinshin.html

Q自損事故の場合は刑罰になるんでしょうか

似たような質問はあったのですが、物損も起こしてる場合の質問が多かったので
新たに質問させていただきます。

13日、母がバイクで自損事故をおこしました。
状況は、職場に行く途中、道路のでこぼこに足をとられ、転倒、けがをしました。
そのときはガードレールなど、公共物に傷をつけたりはしなかったそうで、
顔にすり傷(ヘルメットはかぶってました)、肋骨を折りました。

その日は骨折までいってるとは思わず、そのまま家に帰り寝ました。
翌日むちうちがあったので病院にいったら骨折が判明しました。

バイクの保険で「電柱などにぶつかり、運転者が死傷した場合は補償する」とあったので
保険会社に電話したところ、ぶつかったわけではないので補償内か定かではないが、
まずは事故証明を出して、と言われました。

16日、警察に行き事故証明を出してもらおうとおもったところ、
罰金、点数もマイナスになると言われ困惑したそうです。

この場合は違法になるのでしょうか?
またその場合はなんの罪になるのでしょうか?
(警察では事故をだまっていた罪?とか言われたそうですが・・・)

Aベストアンサー

自分も2年前にコケて自損から人身に切り替えました。

物損がない場合、単なる自損では保険が出ないため、事故証明を取って人身事故に切り替えないと保険が出ません。

自分の場合は鎖骨を骨折(ボキッっと。今もくの字になってます)し、身動きできなかったのですが、通りがかりの若人が警察と救急車呼んでくれたので届けが遅くなることはありませんでした。

事故をした場合、最低でも安全運転義務違反が適用されるはずなのですが、自損は当事者による損しかないので、自損(本人)以外の問題(損害など)がない場合は特に点数を引いたりすることはないと、当時現場検証を担当してくれた警察の方が教えてくれました。ガードレール破損などがある場合はそっちで点数や罰金がありますが、自損+怪我で罰金や減点は余りにもアレなので適用しないことが多いそうです。

ただ、これも警官によって違うので、何とも言いづらいです。

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q自損事故で、自分の任意保険から給付金が出る場合

前回、的外れな質問をしてご迷惑をおかけしましたが、どなたかまた教えてください。

電柱にぶつかるなどして自損事故を起こした場合、社会保険を使用したとします。自己負担分の3割は自分の任意保険の会社が病院へ支払った場合、仮にこの金額が高額であっても健康保険の高額療養費の請求はできないというのは本当でしょうか?

また、この例のように保険会社が直接病院に支払ってくれる給付金というのは、定額保険(入院日額○○円など)ではなく賠償保険?という性質のものなのでしょうか?

分かりにくい質問でしょうが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自損事故の場合任意保険加入条件によりことなります。 人身傷害補償加入であれば自賠責基準で全額補償されます。治療費3割負担は保険会社より払います。これは賠償保険の類ですね
未加入の場合は、対人賠償自動付帯の自損事故傷害の定額補償になります。治療費3割は自己負担 通院日額4,000円 入院6,000円です。これは傷害保険の類です。 この場合は高額医療請求はできます。
なお搭乗者傷害保険は関係なく対象になります。

Q単独事故で同乗者に怪我をさせた場合どうなる?

単独事故を起こしました。自分を含め同乗者が1名おり、二人とも重傷扱いになりました。自動車保険によりお金が支払われているため、同乗者も責任は問わないと言ってくれているのですが、警察では、同乗者が怪我をしているので人身事故になると言われ、安全運転義務違反(重傷事故)になるとの事で11点の減点となりました。この他、罰則金等の処罰はいくらぐらいになるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。

人身事故の罰金というのは刑法の自動車運転過失傷害罪の適用になります。
これは自動車を運転していて、過失により他人を怪我させた場合に適用になる罪であり、刑法上の他人とは自分以外のものですから、同乗者が誰であれ処罰は同じです。

ただし、怪我をした被害者が減刑の嘆願書を提出すれば刑が減じられる可能性はあります。

Qバイクで自損事故・・・

昨日、バイクで県道を走行中道路の白線でタイヤが
滑ってしまい転倒しました。。。
その際に、打撲・青あざ・擦り傷を負いました。。。
そして自分のバイクは右側部分がたいはしてしまいました。
タンクが凹みハンドルも曲がり、ブレーキペダルも内側に
曲がってしまい走行できないような状態に・・・
私はJAの自賠責保険に加入しているのですが、今回バイクの
修理費だけで20万円かかるのですが自賠責保険を使い?
バイクを修理してもらえますか??
それと・・・青あざ・打撲・擦り傷等には自賠責保険は適用
されないのでしょうか??
是非回答おまちしています。

Aベストアンサー

質問に来たついでに回答させて頂きます
moti22さんが加入されている「JAの自賠責保険」ですが
自動車損害賠償保障法に基き法律で強制加入が義務付けされている保険
ですよね?
(未加入の場合は道路交通法違反となり、赤切符対象となります)
自賠責保険とは本来「自動車事故被害者を保護・救済する為」の保険ですので、moti22さんが今回遭遇された自損事故には適用されません

この自損事故(通称 自爆事故)に対して保険適用を求める場合は、最初から任意保険のオプションで「自損事故保険」に入っておかなければなりません
自損事故保障の内容ですが、下記の通りとなります

相手のいない自損事故(電柱に衝突したり、ガケから転落した場合など)に限り、運転者や同乗者が死傷した時に保険金が支払われる保険

ですので、修理費も、怪我の治療費も全て自己負担となります
(国民健康保険か社会保険のどちらかに加入されてると思いますので、治療の際はその保険を使って3割負担で治療を受ける事は出来ます)


ここからはたまに適用事例のあるパターンなのです(無駄な知識として頭の隅っこに停め置くと使える日が来るかも知れません)

その自損事故を起こされた現場(道路)になんらかの欠陥があった場合(アスファルトが剥がれていた、白線自体がアスファルトから剥がれていて、その上に乗って滑って転倒した等)は、その道路を所管する市町村の土木事務所に苦情を入れると修理費等が出る場合もあります

質問に来たついでに回答させて頂きます
moti22さんが加入されている「JAの自賠責保険」ですが
自動車損害賠償保障法に基き法律で強制加入が義務付けされている保険
ですよね?
(未加入の場合は道路交通法違反となり、赤切符対象となります)
自賠責保険とは本来「自動車事故被害者を保護・救済する為」の保険ですので、moti22さんが今回遭遇された自損事故には適用されません

この自損事故(通称 自爆事故)に対して保険適用を求める場合は、最初から任意保険のオプションで「自損事故保険」に入っておか...続きを読む

Q自分の怪我の人身事故扱いで罰金と減点?

事故の話に出会う事が多々あります。その中で何度も耳にしたのが自分がバイクで転んで怪我をし保険の請求をしたいので人身事故の届出をしたい申し出を警察にすると決まって「人身事故扱いにすると罰金と減点がくる」と言われ届出をためらって帰宅する人がいます。実際に自分の怪我の届出をしてどうして罰金や免停になるのでしょうか?警察は嘘を言うのでしょうか?勿論飲酒などの不法行為はありません。本当にそのような事があるのかどうか納得できません。警察のいうような事があるのならどのような事例でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

警察官も実の所、行政処分と刑事処分にはあまり詳しくないです。
人身事故にすると、処理が面倒なので、「人身にすると免停や罰金くるよ」と驚かせてためらわせるわけです。

それはさておき、自損事故で人身扱いとした場合は、人身事故を起したということで、安全運転義務違反に問われ、2点の加点はされることがあります。
まったく加点もなにもなかったという話も聞きます。
通常はそこに診断書日数による付加点数がプラスされるのですが、これは相手方を怪我させた場合なので、自身のみ怪我した事故であれば、付加点数はありません。

また、罰金についても、一般的に人身事故の刑事処分は自動車運転過失致死傷罪のものであり、相手方に対しての行為を処罰されるものであり、刑法では自分を怪我させたことに対する罰則はありませんので、自動車運転過失致死傷罪の罰金はありません。

残るは安全運転義務違反という道路交通法違反の罰金ということになりますが、正直、検察もそんなに暇じゃないので、まず起訴しませんので、自損事故を人身事故にしても刑事処分がある可能性はほとんどありません。

Q事故で90日以上の通院について。

宜しくお願いいたします。
4月に自損事故を起こしてしまい、現在通院中で週に一度整形外科と休み以外は毎日整骨院でリハビリー治療を行っております。整骨院に治療にいきますと体も頭痛も一時的に良くなりますので毎日治療に専念しておりますが、先日友人より月16日以上の通院で十分だと説明があり、ネットで調べ理解はできましたが、
(90日以上)整骨院に通院した場合は慰謝料などの減額があったりするのでしょうか。整骨院で治療しますと不眠や耳鳴りや頭痛がましになりますので、私としては引き続き通院したいのですが。お分かりのかた教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自損事故ですから、人身傷害保険での対応ということですね。
人身傷害保険は、各社が約款で支払い基準を規定していますから、まず契約保険会社の約款で「人身傷害条項損害額基準」を確認してください。

精神的損害は、精神的損害基準金額表(事故から3カ月目までは1日4,200円、4カ月目以降は1カ月ごとに少しずつ金額が少なくなっている)を用いる方式と、期間区分ごとに減額率表(1日4,200円を基本とし、4カ月目以降については一定期間ごとに減額率を定めている)を用いる方法に大別されます。

いずれの方法でも、事故から30日を1カ月として扱い、その30日間に通院した日数が15日未満の場合は通院日数の2倍を、15日以上の場合は30日を通院日数とし、その月の1日当たり基準金額(前者の場合)または4,200円×減額率(後者の場合)をかけた金額がその月の損害額となり、最終通院月まで累計したものが精神的損害額となります。

したがって、通院頻度が月16日以上だからという理由で減額されることはありませんが、4か月目(91日目)以降の通院については、慰謝料の日額が4,200円より少なくなるのが一般的です。
基準金額表の場合は、4か月目約3,300円、5か月目約2,950円、6か月目約2,550円、減額率表の場合は4~6か月は25%減額(3,150円)というのが一般的なところです。

自損事故ですから、人身傷害保険での対応ということですね。
人身傷害保険は、各社が約款で支払い基準を規定していますから、まず契約保険会社の約款で「人身傷害条項損害額基準」を確認してください。

精神的損害は、精神的損害基準金額表(事故から3カ月目までは1日4,200円、4カ月目以降は1カ月ごとに少しずつ金額が少なくなっている)を用いる方式と、期間区分ごとに減額率表(1日4,200円を基本とし、4カ月目以降については一定期間ごとに減額率を定めている)を用いる方法に大別されます。

いずれの方法でも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング