なぜ、ナトリウムイオンや、カリウムイオンのような、圧倒的にイオンの状態が安定なものを、融解塩電解によって還元できるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


rei00 です。

 補足拝見しましたが,Longifolene さんが回答されている様に,アルカンやベンゼンの酸化還元も可能です。このような有機化合物の電気分解は,「有機電気化学」,「有機電気分解」,「有機電解合成」,「エレクトロオ-ガニックケミストリ-」などの名前で古くから研究されています。

 一例として,岡山大学工学部物質応用化学科・物質反応化学講座分子変換化学研究室(この分野の第一人者の「鳥居 滋 先生」が設立された研究室)のペ-ジを下に書いておきますので,御覧になってみてください。「研究の紹介」→「有機電解合成」→「有機電解合成とは」と進んで下さい。

 なお,「研究成果(論文・学会発表)」→「総説・著書」と進んだ「分子変換化学研究室の論文」の中には,「芳香族炭化水素側鎖の電解酸化」や「脂肪族化合物の電解官能基修飾と有機合成」といったタイトルもあります。
 

参考URL:http://achem.okayama-u.ac.jp/~eoc/
    • good
    • 0

アルカンやベンゼンなども高い電圧になれば酸化還元することはできます。


この結果生成するのはラジカルカチオンやラジカルアニオンです。

MS分析にはこれを利用して、強力な電界を試料にかけて分子から電子を
吸い出してラジカルカチオンにして測定する方法があります。
(フィールドイオン化法など)
    • good
    • 0

 


> 圧倒的にイオンの状態が安定なものを、融解塩電解によって
> 還元できるのでしょうか。

 ume_pyon さんも書かれている様に,『電気分解とは電圧をかけてイオンを半ば「強制的に」単体にする操作』です。

 ですから,「圧倒的にイオンの状態が安定」であれば,高い電圧(多くのエネルギ-)が必要になるだけです。

 例えば,ナトリウムイオンとカリウムイオンの融解塩電解に必要な電圧と各イオンの安定性(イオン化エネルギ-)を比べてみて下さい。対応しているはずです。

 

この回答への補足

ありがとうございました。

通常は酸化還元反応を行わないような物質でも、高い電圧をかけ、条件をそろえれば、様々な物質で酸化還元反応が起こるということですか。

今回の質問では金属を取り上げましたが、例えば、アルカンやベンゼンのような炭化水素などでも、酸化還元が起こるのでしょうか。そして、その結果、カルボカチオンやカルボアニオンなどを生じさせることなどできるのでしょうか(すぐ反応してしまうと思いますが)。

補足日時:2001/08/02 19:08
    • good
    • 0

そもそも、電気分解とは電圧をかけてイオンを半ば「強制的に」単体にする操作の


ことで、イオン状態の安定性はそれほど関係ない、私はこう理解しています。
例えば、Feはイオンと金属のどちらが安定か?といわれても、そう簡単には
答えられませんよね。
むしろ、関係するのはイオンの"相対的な"安定性のほうでしょう。つまり、
イオン化傾向のことです。これは大きく関係します。

例えば、NaCl水溶液を電気分解しても、NaではなくH2が析出してしまうのは、
Na+のほうがH+よりも(イオンとして)相対的に安定だからです。
逆に言うと、水に溶かすとH+が発生してしまうのだから、水に溶かさずに
NaCl自体を高温で融解させれば、H+のない液体が得られますよね。
この融液を電気分解すれば、この融液にはNa+以外の陽イオンは入っていない
ので、Na+は強制的に電子を与えられて単体にならざるを得ないのです。
これが融解塩電解のおおまかな原理と考えていいでしょう。

と、こんな感じでよろしいのでしょうか。

この回答への補足

ありがとうございました。

電気分解が強制的に酸化還元反応を起こさせるとすると、とっても強い電圧さえ得られれば、絶縁体か、それに近いような物質でも反応させることができるのでしょうか。

補足日時:2001/08/02 19:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Q融解塩電解と溶融塩電解

融解塩電解と溶融塩電解は何が違うのでしょうか?
また、問題集の解答に融解塩電解と書いてあるのを溶融塩電解と答えても大丈夫なのでしょうか?
具体的にはアルミニウムの生成のときです

Aベストアンサー

 どちらも同じ意味だと思います。

【参考URL】
 融解塩電解 | 学習百科事典+キッズネットサーチ
  http://kids.gakken.co.jp/jiten/7/70013100.html

 言葉の意味から考えれば、融解塩電解の方が正しい意味合いで言葉を使っている事になりますが、私がこれまで目にした中では、何故か融解塩電解と記述されている事は殆ど無く、溶融塩電解という記述の方が大半を占めています。
 どちらも間違いではありませんから、相手に合わせて(融解塩電解を使っている人と話す時には融解塩電解を使い、溶融塩電解を使っている人と話す時には溶融塩電解を使う)使い分けるしかないのかも知れません。(頭の中に何かモヤモヤした感覚が残る答えですが)

Q反応機構の中間体

反応機構を書くときの中間体の書き方で悩んでいます。

反応機構に出てくる中間体は〔 〕で囲まなければいけないのでしょうか?
〔 〕で囲まないと、反応機構は間違いになってしまうのでしょうか??

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

習慣として[ ]で囲むことが多いように思いますが、囲まなければ間違いというほどではないと思います。たとえば、最近よく用いられているボルハルト・ショアーの教科書を見ても、常に[ ]で囲んであるわけではないようです。
ただ、No.1の回答にもありますように、[ ]を使うことによって、そのものを単離していない、あるいは単離できないというニュアンスを表すこともしばしばあります。
したがって、反応機構を表す際に、反応中間体や遷移状態は、[ ]内に入れた方が良いような気がします。

Q【化学】カリウムとナトリウムの違いを教えてください。 ナトリウムは塩ですよね? カリウムは何ですか?

【化学】カリウムとナトリウムの違いを教えてください。

ナトリウムは塩ですよね?

カリウムは何ですか?

カリウムを摂取して大丈夫ですか?

あと融雪剤は塩化ナトリウム、塩化カリウムだそうなんで塩ってことですよね?

塩を撒いてもったいなくないですか?

融雪剤を舐めても大丈夫ってことですよね?

融雪剤が混じった雪を外国人が空港から降りてすぐに見た人生初雪に興奮して食べる。融雪剤付着の雪を食べても問題ないですよね。

Aベストアンサー

塩は、「しお」と読めば、普通は食卓塩のようなものを指します。化学式で書けば、NaCl です。「えん」と読めば、化学で広く、酸とアルカリ金属の化合物を指します。塩化カリウム(KCl)は、「えん」ですが、普通の意味の「しお」ではありません。

カリウムは、人間(人間だけではありませんが)に必要な元素です。カリウム異常によって、神経伝達に影響がでます。場合によっては、死にいたるものです。

Q化学反応機構に関する質問です

化学反応機構に関する質問です。
ある化学反応は推定した反応機構で実際に進むかどうかは、コンピュータシミュレーションを利用して、確認することができますか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考えうるすべての反応経路の活性化エンタルピーから、どの経路を取りやすいか、またその経路が実験的に起こりえるかを推定することはできますが、必ずこうなるとは言い切れません。
何故ならば理論計算で算出した結果は、あくまでも世界のあらゆる影響のうち一部のみを考え、近似して求めたものであるからです。

Q塩化ナトリウムの融解塩電解

塩化ナトリウムの融解塩電解について。
ナトリウムはイオン化傾向が大きいのに、陰極で還元されるのはどうしてですか?

Aベストアンサー

他に還元するものがないから

QNaOH水溶液とCH3CH2CO2Hの反応機構とヘキサン中のCH3CH

NaOH水溶液とCH3CH2CO2Hの反応機構とヘキサン中のCH3CH2Liとethyneの反応機構を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

単なる酸塩機反応でH+のやり取りですので、反応機構云々を議論するまでもないと思います。
前の回答はethyneとエチレンを勘違いしておられるようですが、ethyne(アセチレン)であれば、リチウムアセチリドができるのは当然のことです。もちろん、エチルリチウムとの当量関係も考慮すべきです。

Q融解塩電解について

融解塩電解について

どなたか融解塩電解について説明をお願いします
融解塩電解とは何かを説明する問題があるんです
出来れば模範回答のような形でお願いします

Aベストアンサー

似た質問がたくさんありますよ。そこを見てみては?

一応、教えます
たとえば塩化ナトリウム水溶液を電気分解しましょう。
目的はナトリウムの析出です。
ただイオン化傾向を思い出してみてください。
ナトリウムのイオン化傾向は大きいですよね?
つまりイオンのままでいたいということです。
すると陰極に来た電子はだれが受け取ってくれるのでしょうか。
ナトリウムはイオンのままでいたいため、受け取りを拒否しています。
そんなとき、ここにいるのは塩化ナトリウムだけじゃないですよね?水もいます。
水がいるせいで電子を受け取ってしまい、水素が発生してしまうのです。
じゃあ水がいない状態にしてやればいいじゃないですか。

ここからが融解塩電解です。
まず塩を融解させます。するとドロドロの状態に塩化ナトリウムがなります。NaCl(melt)
これを電気分解することにより、陰極ではナトリウムが電子を受け取るしかない状態になります。
なぜならそこにはNaとClしかいないですから。
まさか塩素がナトリウムを差し置いて電子を受け取りに行くわけないですよね。
つまりナトリウムが析出します。
『塩』を『融解』させ、『電』気分『解』を行うことが融解塩電解です。

似た質問がたくさんありますよ。そこを見てみては?

一応、教えます
たとえば塩化ナトリウム水溶液を電気分解しましょう。
目的はナトリウムの析出です。
ただイオン化傾向を思い出してみてください。
ナトリウムのイオン化傾向は大きいですよね?
つまりイオンのままでいたいということです。
すると陰極に来た電子はだれが受け取ってくれるのでしょうか。
ナトリウムはイオンのままでいたいため、受け取りを拒否しています。
そんなとき、ここにいるのは塩化ナトリウムだけじゃないですよね?水もいます。
水が...続きを読む

Qベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!

ベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!
ベンズアルデヒドを酸素で酸化して、安息香酸ができる反応の反応機構を教えてください。または、反応機構が載っているサイトを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1です。体力を取り戻したので、(笑) 少し詳しく書きます
酸素による「自動酸化」は連鎖反応で、最初に開始剤(不特定のラジカル、もしくはラジカル発生試剤)を要します。
「自動酸化」
Ph-CHO + R・ → Ph-C(=O)・ + RH
Ph-C(=O)・ + O2 → Ph-C(=O)-O-O・
Ph-C(=O)-O-O・ + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-H +Ph-C(=O)・
過安息香酸ができるとともにベンズアルデヒドラジカルができ、二番目と三番目の反応が交互に起きて過安息香酸がたまります。
過安息香酸ができてしまうのでは困るので、(笑)ベンズアルデヒドと過安息香酸が反応し付加物ができた後これが二分子の安息香酸に分かれます。この転位反応が結構遅いのでメンドイです。
Ph-CO-O-O-H + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-CH(OH)-Ph →転位→ 2Ph-CO-O-H
になります。
触媒など色々必要なのですが、混乱するだけなので省きます。

Q融解塩電解を必要としない金属

 アルミニウムは、
融解塩電解を必要とするため精錬に多くの電力を要するとのことですが、
汎用金属で、融解塩電解を必要としない金属は、どのように精錬するのでしょうか?

Aベストアンサー

どの金属も、その塩や酸化物・硫化物といったものを還元することで金属単体が得られます。
電解還元も一つの方法ですが、最も強烈な還元反応に当たります。
アルカリ金属やアルカリ土類金属もこれが必要なものが多いですね。
一方、より還元されやすい、逆に言えば金属単体が酸化されにくいものなら、より穏和な還元方法が用いられます。化学的な還元手法ですね。
例えば、鉄ならその酸化物を一酸化炭素で還元することで精錬されていますね。実際には炭素を使っていますが、炉の中で酸化されて生じた一酸化炭素が還元剤として働いています。
炭素を還元剤としている金属は結構あるようですね。安い、安定、副生するのはガスといろいろ実用上便利だからでしょうか。
また、上述したアルカリ金属やアルカリ土類金属の中には、他のアルカリ金属でもって、目的の金属の塩を還元して精錬するものもありますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報