出産前後の痔にはご注意!

不登校が2人の場合

食費はどのくらいかかりますか?

長い夏休みになれば一般家庭 不登校じゃなくても食費や出費はかさむと思いますが 毎月 朝 昼 夜 ご飯
午後はおやつ
これが毎日だとかなりかかります

食べさせなければ暴れられ 周りからは虐待と言われ 子供自身も虐待されてると嘘をつき 親が悪いように見せたり

不登校をもつご家庭は食費は倍かかっていませんか

給食費を払っていて無駄になる
学費も無駄になり

さらに食費 出費

皆さんのところはどうですか

A 回答 (4件)

子供が暴れて虚偽の虐待を訴えるのなら、とりあえず一時保護してもらい、児相にあなたが相談してはいかがですか?


だって虐待なんかしてないのですから。
ご飯がなかったら暴れるって…幼児?と思ってしまいました。
どこか障害があるのでは?
1度児相に相談するのをオススメします。

あとおやつなんか与えなくていいです。
食べなくても死にません。
学校ではおやつは出ません。
    • good
    • 0

私が学生の頃ですが不登校の双子が居ました。

親からお昼だけで良いから給食食べたら帰っても良いからとにかく給食食べに行ってと言われたそうです。休んでも給食費払う所も有るので給食だけでも行ってもらうと良いですね。その家庭は皆少食だったので数万円で済んだようですよ。
    • good
    • 0

私の継娘は実母と暮らしていた時に不登校になったんですが(中学1年から)、その頃には昼食もおやつも無かったそうですよ。


空腹に耐えかねて買い置きのお菓子を食べて、その袋をゴミ箱の下の方に突っ込んでも、帰宅した実母にゴミ箱をひっくり返して調べられ、怒られたと言っていました。
たまに、妹が自分が食べたことにしてくれることもあったそうですし、小学校時代にお世話になった担任の先生が気にかけてくれて、昼間に実母には内緒で食べ物を持って来てくれたこともあったそうですが。

ウチで引き取ってからは嫌でも登校させましたから、不登校の場合の食費は分かりませんが、そもそも、その家庭ごと・家族一人一人の食事量ってかなり違いませんかね?
ウチの夫は白米大好きなので、今でこそ歳のせいで減りましたけど、ほんの数年前までは一食で1合半は余裕で食べていましたし、娘の食事量は少なかったものの食わず嫌いが酷く(実母との暮らしからしたら、食べられないのではなく敢えて食わず嫌いを貫いたと思われます)、水道水は飲めない(水道水から作ったお茶等も)と言い張るし、紅茶も市販の特定の紅茶しか飲まないし、夏場でも脱水になり易い紅茶ばかりでスポーツドリンク系統は徹底拒否だったので、今思い返しても、買い物の重さも半端なかったしお金もかかったから、お菓子もペットボトル飲料も買わなかった一人暮らし時代が恋しかったですよ。
娘の入浴時間2時間にも困って、「40分以内で済ませるか、最後に入るかのどちらかを選べ!!」と強く言って、最後に入ることに・・・光熱費も馬鹿になりませんが、ウチはオール電化なので最後に入ってくれれば夜間割引の時間帯になるからラッキー♪と思ったもんです。
娘が高校2年だったかな?それくらいからは殆ど娘の部屋には入らなかったんですが、入浴中もエアコンはつけっぱなしでしたね。(部屋の明かりとテレビはきちんと消す子でしたが)
素行不良をきっかけに、娘の分の洗濯は娘自身にやらせたので、その分でまた電気や水道を無駄にはしたと思いますが、節約優先か娘への指導優先かは、その時々で変えざるをえませんでした。

単純に、節約するしかないんじゃないかな。
お宅の収入も知りませんし、お子さんたちの問題がいつごろ解決するかも定かではないでしょうから、世間のエンゲル係数を基準にしたって意味がないと思いますしね。。
おやつなんて業務用スーパーなどの商品でも十分じゃないですか?
私の子供の頃のおやつは「必ずあるもの」ではなかったですよ。
    • good
    • 1

余計にかかる食費は「昼食×5日分」のみのはずですし、たいしたことはありませんでしたが、光熱費がかかりましたね。



以下は余談です。「不都合を感じたら、それがサインだ」と私は思うようにしています。例えば、給食費は、給食を食べていないなら、払わずに済むよう、学校側に交渉すべきです。私は高額な校外学習費を返金してもらうことができました。また、勉強をさせようと思ってもできていないなら、塾代がかかっていないはずですから、その教育費が浮いていると考えると、多少は気も休まるでしょう。

で、そんなことよりも、肝心なのは、「暴れられ 周りからは虐待と言われ 子供自身も虐待されてると嘘をつき 親が悪いように見せ」られるからといって、必要以上の食事を与えたりすべきではありません。

人は、不安があると、(しばしば、その不安とは無関係の)要求をします。でも、不安が解消されない限りは、要求は満たされませんので、与えれば与えるだけ、もっと求めます。それを「依存」と言います。依存状態の子に、欲しがるものをむやみに与えても何の解決にもなりません。

保護者は全力で救いを求めるべきです。担任、生活指導教員、学校内外のスクールカウンセラー、教育委員会の相談窓口、役所の相談窓口など、複数の相談員に徹底的に頼り、各種の親の会に癒しや情報交換を求めるといいです。私はそれで子供を一年間の末に学校復帰させました。明けない夜はない。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報