今回の地震についてはM8.9との事ですが震度は一体どの位だったのでしょうか?
震度というのは日本独自の計測法らしい?ですが・・・
体で感じる揺れ、揺れの長さはかなりのものだったのでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

CM メルカリ」に関するQ&A: さきほどメルカリで商品を売ったのですが、サイズが縦横高さ合わせて60cm以内でした。 売った値段が7

岐阜大学」に関するQ&A: 岐阜大学か三重大学、どちらがいいでしょうか。岐阜と三重のどちらかの教育学部を志望しています。悩んでい

地震 深さ」に関するQ&A: テレビとかでよく見かける 「〜時〜分 〇県で地震がありました。震源の深さは…。」みたいなのや、通行止

メルカリ とは」に関するQ&A: メルカリの発送方法と料金について質問です メルカリで約20冊分の本が売れて、梱包までは済ませたのです

メルカリ 意味」に関するQ&A: メルカリで専用の意味が分からず購入してカード払いで支払いまでしてしまいました。 相手からは何の連絡も

地震 データ」に関するQ&A: 一体型ディスクトップパソコンのデータを取り出したいです!熊本地震でディスプレイが割れました(T0T)

ニュース 災害」に関するQ&A: 教えてください! 震災や災害のニュースを見て強く感じたのですが、児童養護施設で事情があり入所している

地震 北海道」に関するQ&A: 本当に地震が多いな、熊本も大変だけど今、ニュースで北海道だって日本列島ぐらぐら

岐阜 地震」に関するQ&A: 首都地震的中の教授 岐阜、山梨、長野に警戒

日本 津波」に関するQ&A: 死ねば何でも美化してしまう日本人~津波と天罰

A 回答 (7件)

こんにちは。

順番にお答えしましょう。

>M8.9との事ですが

外国の地震のマグニチュードは,アメリカの地質調査所(
USGS)の発表した値が使われることが多く,今回のもそうですが,USGSは8.9から9.0に修正しました。
ちなみに,Mが2増えるとエネルギーは約1000倍になります。1増えると約32倍,0.1増えると約1.4倍です。

>震度は一体どの位だったのでしょうか?

「改正メルカリ震度階級」という震度(1から12まである)で表すと,インドネシアのスマトラ島のアチェ州(進言の目の前)で8(日本の震度でいうと5強程度),同じくスマトラ島のメダンで5(日本でいうと3~4程度)だそうです。
数値の出所は,USGSのサイトです。
http://earthquake.usgs.gov/eqinthenews/2004/ussl …

>震度というのは日本独自の計測法らしい?ですが・・・

そうでもありません。地震によって,それぞれの地点がどの程度激しく揺れたかを示す数値は,外国にもあります。
ただ,その数値は日本のものとは異なります。
広く使われているのが,上で述べた改正メルカリ震度階級や,MSK震度階級ですが,これらはいずれも1~12です(日本は0~7で,5と6がそれぞれ強弱に分かれるので,全部で10段階ですね)。
これらの詳しい説明は,岐阜大学地震工学研究室のサイト(http://www.cive.gifu-u.ac.jp/lab/ed2/kensaku/mot …)に詳しく出ています。
ちなみに韓国や台湾では,日本のものとほぼ同じ震度階級(最大が7)が使われています。

次に,外国のメディアでは,地震の大きさを表す数字といえばマグニチュードだけが報じられ,各地の震度は出て来ないのが普通です。
震度はどちらかというと研究者のためのもので,現地をじっくり調査してから,くわしい各地の震度の報告が出ることが多く,地震直後にニュースで各地の震度が報じられるのは,日本と台湾ぐらいだと思います。
(アチェ州も今のところ震度8となっていますが,調査が進めばさらに大きな値になる可能性もあります。)
中でも,自治体ごとに震度計が設置され(2000カ所以上あります),地震発生後数分で各地点の震度がニュースやインターネットで発表され,各自治体は震度の大きさを参考に災害対策の体制を取るように整備されている国は,たぶん日本だけでしょう。
それ以外の地域では,地震学を学んだ人以外は,震度という数値の存在自体知らない人が多いのではないでしょうか。

>体で感じる揺れ、揺れの長さはかなりのものだったのでしょうか?

東大地震研究所に本部がある「海半球観測研究センター」が設置した地震計が,アチェ州にあります。
ここで観測された波形が,こちらに載っています。
http://ohpdmc.eri.u-tokyo.ac.jp/event/
実際の地面の動きを,上下・南北・東西の3つに分けてグラフで示したもので,縦軸の単位はcm,横軸は秒です。
これでみると,最も大きい南北方向の揺れ(n-comp)の幅が最大で25cm程度ですが,その揺れは発生してから1秒間ぐらいで終わってしまい,その後は小刻みな揺れになっています。
あれだけの被害が出ていると,さぞかし揺れもものすごかったのではと思いがちですが,これで見る限り,少なくとも神戸の震災のような破滅的な揺れではなかったようです。

参考URL:http://earthquake.usgs.gov/eqinthenews/2004/usslav/,http://ohpdmc.eri.u-tokyo.ac.jp/event/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有り難うございました。
震度は5強程度で揺れの時間は短かったとの事、
勉強になりました。
新潟地震ほど激しい揺れではなかったのかもしれませんね。
とても詳しい回答有り難うございました。

お礼日時:2004/12/30 21:05

No.6で


>震度7の判別方法の一つである「住宅の倒壊具合の調査」
と書かれていますが,現在の気象庁の震度階級の定義では,すべて地震計(それも震度を算出するマイコンを組み込んだもので,震度計と呼ぶ)によって算出されており,もはや被害状況は使われていません。
もちろん,震度計のない場所や,歴史上の過去の地震の震度を推定するということであれば,被害状況が大きな手がかりになりますが(実際インドネシアに震度計はないでしょうから),あくまでも参考値です。
しかも建物の被災状況は,建物の耐震性によって違ってきますので(日本の建築基準法が要求している耐震性は世界でもトップレベルです),外国に当てはめるのであればさらに慎重でなくてはなりません。

また,マグニチュードや震度が小さくても津波が大きくなることはありますので(津波地震という),他の地震との単純な比較はできません。

その他諸々の条件を考えると,No.6さんのように震度7(日本のですよね)と判断するにはまだ早いと私は考えています。もう少し詳しい分析が必要でしょう。
ただ,「アチェ州で改正メルカリ震度8」というのは,USGSが実際に調査分析して発表した値ですので,これは信頼してよいと思います。

なお,前の回答で「進言の目の前」とあるのは,もちろん「震源の目の前」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

更なる回答有り難うございます。
震度についてはニュース等でもはっきりと断言されていないので大体の予測がつきスッキリ致しました。

お礼日時:2004/12/30 21:12

まず、前置きしておきたいのが世間一般でマグニチュード=震度と考えている人が多い事ですが、これはある意味正解である意味間違いです。


幾らマグニチュードが大きくても震源が深ければ震度は、当然小さくなりますし、例えば阪神大震災でM7.2の地震が発生したとき、名古屋は震度4程度でしたが、東京は震度1~2程度でした。
ですから、揺れそのものの大きさの尺度震度とは別に、地震そのもののエネルギー=マグニチュードが編み出された訳です。これなら、深さや距離の制約を受けずに客観的に激しさを判断できます。

。。。という訳で、震度を算出するのは漠然としすぎて厳しいです。ただ、おそらく文脈から最大震度を判別したいというのを闇に含んでいると判断しました。それならある程度は予想できます。
震央から最も近いスマトラ等北端部は、

・震源の深さ約30KMというやや浅め
・過去100年で3本の指に入るM9.0の超巨大地震
・スマトラ北端と震央の直線距離は、かぎりなく近い

というのを考慮すれば、おそらく震度7が妥当だと思われます。もっとも、このような地域に人が住んでいるのか微妙なので、震度7の判別方法の一つである「住宅の倒壊具合の調査」はサンプルが少なければ厳しいと思います。ちなみに奥尻島の地震は津波で何もかも破壊されたので一概には言えませんが、少なくとも新潟中越地震より激しく損壊したので震度7が妥当だと思われます。
ちなみに同地震は震央からの直線距離がスマトラ北端ー震央と奥尻ー震央と同程度と仮定したとすると奥尻地震はM7.8だったわけですから、同地震より30倍以上のエネルギーを今回は持っていたわけです(M1上がると30倍近くエネルギーが増すと言われています)。ですから最大震度7というのが妥当でしょう。

体で感じる揺れは、上記の通り地点によりまちまちです。震度という漠然とした尺度だけでは心もとないです。ですから震度という尺度以外にも最大加速度、最大振幅等の別の詳細データが主要地点で計測できたりできます。

また、揺れの長さ等も前述の通り地点、地域特性により様様です。一般的にいえる事は震源が深い程、振幅は長くなる事です。直下型は小刻みに激しく、海溝型地震はのっしのっしと揺れるというのが一般的です。また、震央からの距離が遠い地点であれば、やはり振幅が大きくなるパターンが大きいですし、更に細かく見ると高層ビルの屋上なんかは、ものすごくワッサワッサと揺れます。所謂、超長波の地震が伝わり別の問題が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>。。。という訳で、震度を算出するのは漠然としすぎて厳しいです。ただ、おそらく文脈から最大震度を判別したいというのを闇に含んでいると判断しました。

全くその通りです。
説明が足りず申し訳ありません。

最大震度ですか。
すさまじいですね。
住宅地あたりではどの位だったのでしょうね。

お詳しい回答有り難うございました。

お礼日時:2004/12/30 21:09

震度というのは、ある場所での揺れの大きさを示す尺度であり、地震の大きさを示すものではありません。


今回の地震は海域で発生していますので、陸地から離れていれば、陸地での揺れは大きくないかもしれません。
    • good
    • 0

今回の地震のエネルギーは、阪神大震災の1600倍だったとか。


でも、これといった揺れを感じなかったので、誰も津波の警戒をしていなかったようですね。
ただ、海岸線がずっと引いたと聞いています。
もし、ぐらぐらっときたのでしたら、地震大国の日本人観光客は津波を警戒したことでしょう。
タイは地震のない国なので、ちょっとでも揺れたら大騒ぎになるそうです。
だから、揺れはほとんどなかったのかもしれません。(地上では)
http://news.fs.biglobe.ne.jp/social/jj041228-X30 …

ところで、日本の援助で作られた防波堤がモルディプの首都を救ったそうです。
こういうことに使われる税金なら惜しくないと感じました。
とても誇らしいです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041228-00000 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有り難うございました。
そうなんですよね。
日本人観光客も津波を警戒していなかったようなのでもしかして揺れは小さかったのかな、と思っていました。

ですが他の回答者様によりますとやはり強い揺れだったとの予想・・・
実際の所の数字はわかりませんが予想がつき
勉強になりました。

お礼日時:2004/12/30 21:01

こんばんは


「震度」は日本独自の尺度なので、他国の地震の震度は様々なデータを集めないと出てこないと思われます。
http://www.kishou.go.jp/know/shindo/shindokai.html

参考になるか不明ですが、1993年7月12日に発生し、利尻島を20mを越える巨大津波が襲った「北海道南西沖地震」は、震源の深さが34km でM7.2、震度6(推定)だと言われています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7% …

今回の地震は、
・マグニチュード9.0
・幅1000km に渡ってプレートがズレた
・地震波が地球を3周した
などの情報から見ると、「震度6強」だと個人的には思いました。

被害に遭われた方の、ご冥福をお祈りいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有り難うございました。
震度6ですか。
恐ろしいほどの揺れだったのでしょうね・・・

勉強になりました。

お礼日時:2004/12/30 20:58

スマトラ沖地震=マグニチュードは8.0、震源の深さは30km



マグニチュードは、震源の地震のエネルギーそのものです。一方震度は観測した地点のゆれの強さです。

電球などの光源の明るさ(カンデラ)と、照らされた場所の明るさ(ルクス)のような関係で、源の強さが強ければ観測する場所の強さも強くなるわけですが、源からの距離に左右されます。

地震ではマグニチュードが高くても、深い場所の地震ですと震度5程度で済む場合もあり、それより弱い地震であっても浅いところの地震ですと震度7という場合もあります。

震度は昔は気象観測所の職員が体感する揺れおよび周囲の状況で数値をつけていましたが、現在はもっと科学的に「加速度=ガル」で表示するように改められました。

また、同じ震度であっても揺れる時間や波形によって被害の出かたも違います。

難しいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々の回答有り難うございました。
勉強になりました。

お礼日時:2004/12/30 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q震度について、震度5強<震度6弱<震度6<震度6強 の順に高くなっていく、であってますか?

震度について、震度5強<震度6弱<震度6<震度6強 の順に高くなっていく、であってますか?

Aベストアンサー

気象庁震度階級には「震度6」はありませんので
震度5強<震度6弱<震度6強です。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/shindo/

Q震度5弱程度で大騒ぎ…

なんでそんなに騒ぐの?
過去に震度5弱なんて何回も有ったよ…地震速報流して終わってたじゃん 笑
NHKのアナウンサーうるさくない? テンパりすぎでしょ 笑

実際津波なんてきてないし 来たとしても震度5程度のならたかが知れてるんだから
過剰に反応することもないと思うのですがね?

Aベストアンサー

今日の地震はマジで怖かったですよぉ~♪♪♪

金曜日の夕方♪明日の休みはどうしようかなぁ~♪

と、まったり過ごす時間帯♪♪

そこにあの結構長い揺れが♪♪♪

そういえば、3.11も金曜日の夕方だったんですよねっ♪♪♪

Q震度

よくテレビのニュースで
「震度5弱」と言う言葉が聞かれますが
「震度5弱」って震度5よりも
大きいのでしょうか?
それとも震度5よりも
小さいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%87%E5%BA%A6
こちらに概説が出ています。
http://www.kishou.go.jp/know/shindo/kaisetsu.html
こちらはかなり簡潔に書いてある気象庁です。

他にも地震の強さを表す単位としてマグニチュードもありますが大抵は震度幾つと報道されます。
また、最近言われている長周期の揺れですと石油タンク(最近では超高層ビルも)などに震度以上の作用をもたらすという報告もあります。

Q地震発表、震度よりもマグニチュード、どちらが大切?

例えば、速報記事※1など、ニュースを見ますと、マグニチュードはすぐに発表されますが、実際の被害などに影響がありそうな震度の発表は表示されないなどいつも、不思議に思っています。
個人的には、マグニチュードよりも震度の方が重要だと思うのですが、
ニュースなどでは反対のように感じます。
なぜでしょうか?

※・・・http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009122000001

Aベストアンサー

各地の震度情報テレメータシステム等から自動収集されて気象庁が発表するのは、まず震度です。
ご質問の通り、被害を計るには震度の方が重要ですから、テレビやラジオの速報は震度が先というのが基本です。
各震度計データから震源が特定されてから震源位置・深度と推定マグニチュードが発表されています。
つまり、従来の報道においては震度情報→震源情報という流れが基本です。
しかし、近年では緊急地震速報において震源地近くの震度等からマグニチュードをリアルタイムに推計して地震波より先に予測情報として報せるという仕組みが生まれましたので、震源情報を供給する体制が整っていることも影響しているのかもしれません。
後に続く余震を予測する手段としても震源情報の方が有効ですし、海洋が震源となる場合には津波を予測する手段としてまず震源情報を伝える必要があります。(海底地震計の震度を報道してもあまりピンとこない、というのもあるでしょう)
震度より震源を報せることが重要であるケースも多いわけです。

あとは、新聞やニュースの記事や原稿としてまとめる場合の事情だと思います。
新聞記事等の場合、電信系の報道と違って実際的な速報性よりも客観性・記録性が重要視されますので、観測環境等の相対的要因に左右される震度よりも震源情報の方が数値的指標として重宝されるのだと思います。
また地震計震度と観測地名をただ並べるよりも、震源の情報と主な被害状況を抜粋して伝える方が簡潔に報道できるということなのかもしれません。

個人的には、マグニチュードは一般には理解しづらい指標だと感じます。
対数であるこの数値を聞いて地震の強度をすぐ理解するのはかなり難しく、また震源地の位置と組み合わせないと客観的な評価も難しいものです。
震度の方が分かりやすいのですが、一長一短というところでしょう。

各地の震度情報テレメータシステム等から自動収集されて気象庁が発表するのは、まず震度です。
ご質問の通り、被害を計るには震度の方が重要ですから、テレビやラジオの速報は震度が先というのが基本です。
各震度計データから震源が特定されてから震源位置・深度と推定マグニチュードが発表されています。
つまり、従来の報道においては震度情報→震源情報という流れが基本です。
しかし、近年では緊急地震速報において震源地近くの震度等からマグニチュードをリアルタイムに推計して地震波より先に予測情報と...続きを読む

Q阪神淡路大震災の震度

あと10日あまりで阪神淡路大震災が起こって16年になりますね

さてそのときの地震の最大震度は7というのはご存知ですよね。
しかし起こった当初最大震度6と報道されていました
いつどのようにして最大震度が7とわかったんでしょうか?
2004年に起きた中越地震では当初は震度5強と報道されていましたが平常どおりの生活ができるようになってのちのちある所では震度計をみると7だったという話を聞いたことがあります
そのように阪神淡路大震災も震度が変更が行われたのでしょうか?それともなにか計算など別の方法で7とわかったんでしょうか?

Aベストアンサー

当時、震度7は建物の倒壊率などで決めていました。このため、震度6まではすぐに出せますが震度7は後で出すことになります。この頃は震度は地震計の振幅などではなくて人の感覚で決めていたそうです。
その後、震度の基準が加速度などで決められるようになったので震度7も短時間で出るようになっているそうです。

Q東北で震度5弱がありました原発再稼働して大丈夫

東北で震度5弱がありました原発再稼働して大丈夫
もしも各地で震度8以上があったとして
また原発事故に誰が責任取るの

Aベストアンサー

まだ東電や原子力安全委員会や他の電力会社や自治体は安全神話から脱却出来てないと言うより脱却したく無いのが現状だ、

責任は国民全員の責任で復興税とやらの税金取られて責任となす。

Q地震の震度について

地震の震度について
地震の震度についてですが、地震の震度7以上無いのは、なぜでしょう?

Aベストアンサー

地震の震度についてですが、7以上ないことについては分かりませんが、一応10段階評価にはなってます。弱や強をふまえての10段階です。だから震度7で一番高いという事です。震度の被害は専門家の方々では震度よりもマグニチュードが使われるのが一般的見たいです。マグニチュードの大きさはそのまま被害の大きさになるようで、このたび起きてしまった地震ではマグニチュード9でした。これは世界でもまれにみるもの大きさで、近海でM6以上ですと津波が発生し、海岸付近で津波の被害が発生する可能性があります。質問の答えになってなくて申し訳ありません。

Q放射線計測

 素人ながら質問いたします。
 今、問題になっている原発の問題、放射線が人体に与える影響についてなのですが、
学者の方々の見解を見ると「ニュースなどで一時間で浴びる放射線の量を発表するのはおかしい。
長い目で年間単位でみるべきだ」という情報を耳にしました。
 しかし、現状は、「現在に観測されている放射線量はあくまで一時的なもので、高い数値を示すときもあれば、低い数値を示すときもある」という状態ですよね。「低い数値」というのがどのくらいの数値かは詳しくは知らないのですが、原発の屋内避難区域で生活していても問題はないということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

長い目・・・ってそう言ってる人にそこで被曝していただきたいですね。
完全に何もわかっていない素人の発言です。

汚染された地域に一般人が立ち入りを許可すると思いますか?

原発内の避難区域は一番安全でしょう。保護設備が充実していますす。

わたしなら報道されている最高値400mSv浴びてもまあ、それほど悲観しません。
このレベルでは数年は血液異常が認められ、倦怠感も出てきますが死ぬことはありません。

ガンになる可能性がチョットある(実際200mSv)浴びたあたりから人体に影響がです。

レントゲンやCTなど一時的にチョット高めの(10~50mSvだったかな? 一般人の年間被曝線量は1mSv)ものをあびても問題ないのと同じと思ってください。

やばいのは放射性物質に汚染された場所に居る場合と、それらを吸い込んだ場合です。
知識もない無能のマスコミが勝手に言っていることは無視してください。

目安は放射能と放射物質を区別して喋っているゲストの専門家の意見です。
「放射能漏れが・・・」なんて言っている人は無知の証拠なので話を聞いてはダメです。

Q震度表示5+、5-は気象庁公認の表示?

地震の震度に5,6にはそれぞれ強と弱があるようですが、今回の地震でもそれを5+、5-のように数字の右側に+と-の記号を用いて新聞やテレビでは表示されているのを見ます。私はこのように表示されると、「5-」は常識的に考えると震度5というものが想定されていてそれよりも小さいもののように思えてしまいます。気象庁の約束事では震度5というものは現在では想定されておらず、震度4より上は震度5弱、震度5強、震度6弱、震度6強、震度7であるということは最近知りました。5+、5-のように数字の右側に+と-の記号を用いての表示は気象庁公認の表示なのでしょうか?それともメディアによる単なる慣習的表示なのでしょうか?

Aベストアンサー

気象情報を報道機関を通じて一般へ伝達することの全責任は気象庁にあります。
従って、この伝達に関わることで些細なことはともかく重要なことは、気象庁と報道機関が協議して決められます。
それで、その内容は事実上気象庁が公認していることになります。

当該の件は重要なことですからこれに該当します。

Q国民のために教師は日教組、弁護士は日弁連、医師は日本医師会、公務員は公務員労組があり、独自の国会議員

国民のために教師は日教組、弁護士は日弁連、医師は日本医師会、公務員は公務員労組があり、独自の国会議員を擁立し、処遇改善を政府、省庁へ働きかけてます。保育士は日本保育士労組、介護職員は日本介護職員労組から国会議員を擁立し、政府、省庁へ処遇改善の訴えを内部からしないのですか?アホだから方法知らないのですか?実際、専門職が団結してるのにね〜〜

Aベストアンサー

国民のために
  ↑
これらの団体は、国民の為に働きかけて
いるのではありません。
構成員の待遇改善の為です。



国会議員を擁立し、政府、省庁へ処遇改善の訴えを
内部からしないのですか?
アホだから方法知らないのですか?
   ↑
それが出来るためには、きちんとした組織が
必要ですし、一定以上の規模も必要になります。
まだ、そこまで発展していないのでは
ないですか。

あと、人材も必要です。
医師会などは、かつて天皇といわれた武見太郎という
カリスマ医師がおりまして、政界に強い力を
振るったものです。
逆らったら、議員50人を落選させる。

こういう圧力団体は無数にあります。
結成したからと、そう簡単に希望が通る訳では
ありません。

強力な圧力団体の一つである日経連の会長が
ぼやいていました。
「金を出しても、言う通り動いてくれない。
 金を出さねば何をするか判らない」


人気Q&Aランキング