OCN光で最大124,800円おトク!

染めの原料として緑青の粉を作りたいのですが、銅に水をかけてもバーナーであぶってもなかなか錆びてくれません。鉄のようにすぐ錆びてくれる良い方法はありませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

染め物に使えるかどうかは別として


金属銅を簡単な錆させる方法は.

銅板の上に銀の粉を置く(ごく少し.1粒程度でかなり効果があります)
塩を少し(ppmくらいの分量で効果があります)入れる
水を少し入れ.しんとうを与え.空気と水が相互にかぶるようにする
銅板を釘(金ブラシ)で引っかき.表面に傷をつけておく

位でしょうか。水と空気を相互に与えること.ごく少量の塩素があることが重要です。最初に少し.さびれば(銀や傷をつける理由).後はかなり早くなります。
最後に.銅板は.電気銅を使用すると.大体がさびません。精錬銅を使用して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

塩と水と空気(酸素?)と傷(皮膜を壊す?)の要素を教えていただきありがうございました。電気銅と精錬銅の違いについては今ひとつ分かりませんが、自分で調べます。ありがとうございました。そういえば、海辺では銅がすぐ錆びるという話を思い出しました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 11:30

 おそらく染めの原料というより、「媒染剤」としての用途ではないでしょうか。

それでしたらsyou2001さんの回答のように、薬局で硫酸銅を買ったほうがよいと思います。ただし、硫酸銅を含め、水に溶ける銅の化合物は劇物扱いになりますので、はんこが必要です。緑青そのものが必要でしたら、p nonokoさんの回答のように画材屋さんで岩絵の具として買うとよいと思います。

 化学的には緑青は塩基性炭酸銅とか、塩基性硫酸銅だといわれていますが、いずれにしても銅が水の存在できわめて徐々に変化してできるもので、銅を加熱しただけでは黒い色をした酸化銅しかできません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご指摘の通り媒染剤としての使い方です。ただ硫酸銅で代用になるのかどうかは自信がありません。緑青は塩基性の化合物であるということを教えていただき、緑青を作る上で大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 11:25

緑青の粉そのものが欲しいのであれば、画材屋さんに行くのが一番ではないでしょうか?銅の表面を酸化させても、粉にするにはさらに、削り落とした上で均一にすりつぶすなどの工程が必要となります。

しかも均一にすりつぶすのは素人には相当に困難かと思われます。
ついでですが、緑青は顔料であり、染料ではありません。顔料はそれ自体がわりあい安定で反応性の低い化学物質なので、絵画材料として用いる時は、膠着剤と混ぜて、布や紙の上へ「のせて」いく、といった使い方をします。染料は、布の繊維を構成する高分子に化学結合をつくることで固着させます。従って、洗っても色が落ちないのです。緑青を用いるのであれば「染める」ことはできないと思います。布の繊維の間に物理吸着させることなら、ある程度ごまかしつつできるかもしれませんが・・・
用途を教えて頂けば、より詳しいお答えをできるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

用途についてはanisolさん↑のおっしゃっているように媒染剤としての使い方です。たまたま不要の銅材がたくさんあったので、簡単に作れるものならと思い質問しました。けれども、作る上での困難点やら、それをあきらめる場合の入手法など教えて頂いて大変参考になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 11:20

硫酸銅(薬局で入手)ではだめですか?


染物の原料に向いているかは解りませんが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あるいは硫酸銅でも良いのかもしれませんが、緑青の粉(鉱山跡から入手するらしい)を染めに使っているとのことですので、同じようにしてみたいと思います。使うものが違うと微妙に色が違うと思いますので。でも一つの可能性として参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 11:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅の表面に人工的に緑青(りょくしょう)を作るには?

銅製の表札を購入しました。なんとかアンティーク調にしたいと考え、いろいろとホームページを見たところ、緑青(りょくしょう)という処理があると書いてありました。銅は年数が経つにつれて錆びてくるのですが、それを人工的にやる方法があるそうです。そこで、その方法をご存知の方、「具体的な方法」を教えてください。

Aベストアンサー

東急ハンズにその手の薬品が売っています。
あと、自分がやった事があるのは塩化亜鉛(劇薬)
で、錆を出させた事もあります。でも結局は雨曝
しでほっておくのが一番きれいな気きがしますけ
どね。

marimo_cx

Q銅が錆びる条件

緑青が発生して困っています。
品物は電気銅の板ですから、ほぼ純度は高い銅です。
緑青は銅が激しく酸化して生ずる錆びだと理解していますが、
私の認識では銅は鉄と違って、水道水に浸したくらいではすぐ
には(緑青を生ずる様な)錆びることはない・・・と思って
いました。
果たして銅は、酸や電気化学的に分解される状況以外に緑青を
生ずることがあるのでしょうか???
どなたか解りやすく教えて下さいませんか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>水道水に浸した
が問題でしょう。これが純水ならばご指摘の通りです。
水道水の海岸地帯の水道水の場合には、雨又は地下水の海水による汚染があって、NaClが結構含まれています。水道水が乾いて、NaClだけが残り、ここに結露して、3%NaCl溶液程度の水のま区が出きると、結構激しい腐食が起こります。

NaClのほかに、火山性硫化水素、亜硫酸ガス(NOx, SOxを含む)などがあります。
東京での銅飾りは、3-5年で腐る(腐食して穴があくこと)といわれていたのが、待機汚染防止法適応前の状態です。

微生物の蓄積や、部分的に覆われた時の隙間腐食により急激に腐食が進むときがあります。だから、金属製雨どいに落ち葉を貯めるなといわれています。

Q子供の自由研究で、酢に半分浸けた銅板が浸かっていない部分に緑青が出るのはなぜ?

子供が夏休みの自由研究で金属のサビについて調べています、銅板をフタの出来る容器に入れ、酢(米酢)に下半分だけ浸して様子を観たところ、浸かっていない上半分にだけ緑青が出ました。時間が経過してもこの傾向は変わりませんでした。塩水に浸した物は浸かっている部分に多くのサビが出るのに、酢の場合は浸かっていない部分に出ます。親の私も聞かれて困っています、どなたかご存じの方教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「酢に溶けるからさびが出にくい」という仮説は、空気中で緑青ができた銅を酢に沈めたらどうなるかで証明できるかもしれませんね。酢で10円玉がきれいになるのと同様、さびが取れてくるのではないでしょうか。
研究にふくらみがでていいかも。

酢(の主成分の酢酸)は、きつくにおうことからわかるように揮発性があります。酸素の豊富な空気中に酢酸蒸気があるので(食塩水ではただの水蒸気しか出さないのでこうはいかないでしょう)さびやすくなるのでは。

#1さんのリンク先のWikipediaには、
「塩基性酢酸銅Cu(OH)CH3COO・2.5H2Oなども緑青の一種である」という記載もあります。空気に含まれる水(水蒸気)、二酸化炭素に加え、酢酸蒸気が存在する雰囲気の中で酸化されると緑青がでやすいのでしょう。

Q塩化アンモニウムの購入

塩化アンモニウムが必要になりましたが、薬局では取り合ってもらえませんでした。
通販を見つけましたが、送料を考えると、店で直接、購入することを希望します。

東京近郊で、購入出来る店をご存じでしたら、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

必要量とグレード、用途はなんですか?
1級試薬500g瓶なら薬局で取り寄せられないなんて、たかが塩化アンモニウムで有り得ません。
普通に乾燥剤(水取りぞうさんの類の押入乾燥剤とか)として使われている物質で、劇薬でも無いですし。

薬局だとたしかに乾燥・融雪用塩化アンモニウムフレーク20kg袋は扱って無いとは思いますが、送料が見合わないという事は欲しいのは500g瓶ですよね?
ひょっとして薬局じゃなくて薬店に行きませんでしたか?
薬店だと薬剤師がいないので、法的に販売はできてもし入れルートが無いかもしれません。
調剤薬局という看板の出ている薬局でしたら取り寄せ可能です。(さもなくば調剤できませんから)

Q真鍮をアンティーク調に変色させる方法

タイトルの通りなのですが、金ピカな真鍮を簡単に変色させる方法が知りたいです。

アンティーク調と言いましても真っ黒にしたいわけではなく、金色から少し暗いブロンズ色と言うか、茶色くしたいと言うか、表現が難しいのですが新品の金ピカから少しだけ色を落ち着かせたいのです。

酸化させるといいと書かれてるサイトもありましたが、実際手っ取り早く家庭にあるような物で変色が出来るのなら是非教えて頂きたいです。

例えば、お酢でも○時間か置いてたら変色するよ!みたいな答えを頂けると大変助かります!
100均で買い揃えれる物でも構いません!

是非、ご教授宜しくお願いします^^

Aベストアンサー

食塩水に漬ける。
オキシドール(過酸化水素水)につける。こちらは緑青ができるので、少しずつ様子をみて。

何時間かは、濃度や真鍮自体によりますので何ともお答えできません。

Q電気銅の表面を緑青にしたいのですが…

楽器を外観的に装飾しようと考えました。
ネットで調べた所、部品の材料は電気銅と呼ばれる物の様です。
表面を緑青にしたいのですが、塩水につけて空気に晒すという様な時間のかかる方法ではなく、工業的に薬品で処理したいのですが、どの様な方法があるでしょうか?
楽器の表面の銅色が何年経っても変化しない事から、クリア塗装加工を施されている様ですので、とりあえずはサンドペーパーで磨くつもりです。

塩基性炭酸銅「CuCO3」「Cu(OH)2」(他にも塩基性硫酸銅や塩基性酢酸銅)と迄は調べたのですが、じゃ、どうやって時間を掛けずに出来るのか?というのが判りません。

自宅近くのメッキ屋さんに相談しましたが「クロムメッキや装飾メッキ(古美術風な)は出来るけど、わざわざ素材を荒らす様な事はしていない」と断られてしまいました。(安定すると思ってましたが、荒らす事になるのかな?)

其処で質問ですが…
1,銅を緑青にする為に使う薬品(一般市民で手に入る物)
2,その他緑青以外の無害な外観装飾
3,その際、クリア塗装を剥がす為のサンドペーパー(400番台)後、
  鏡面にする為に1000番等のペーパーが必要か?

以上、出来るだけ簡単に教えて戴けないでしょうか?

楽器を外観的に装飾しようと考えました。
ネットで調べた所、部品の材料は電気銅と呼ばれる物の様です。
表面を緑青にしたいのですが、塩水につけて空気に晒すという様な時間のかかる方法ではなく、工業的に薬品で処理したいのですが、どの様な方法があるでしょうか?
楽器の表面の銅色が何年経っても変化しない事から、クリア塗装加工を施されている様ですので、とりあえずはサンドペーパーで磨くつもりです。

塩基性炭酸銅「CuCO3」「Cu(OH)2」(他にも塩基性硫酸銅や塩基性酢酸銅)と迄は調べたので...続きを読む

Aベストアンサー

簡単にするなら青梅の切り口で磨けばよろしい。
磨いたときはピカピカの銅色ですが一晩で見事な緑になります。
いい色になったら石鹸液で中和しておけばそれ以上進みません。

十円硬貨で実験をしてから実行してください。

Q酢酸銅の作り方

硫酸銅水溶液から酢酸銅水溶液の作り方を教えてください。

Aベストアンサー

酢酸カルシウム(溶解度400g/L)溶液を当量より多少少なめに加え、生ずる硫酸バリウムを吸引濾過した後、通常の濾過します。
この溶液に酢酸カルシウムか酢酸バリウム濃厚溶液を1滴ずつ加え、沈殿が生じなくなるのを確認します。
なお酢酸銅(II)の溶解度は72g/Lです。エタノールに溶けるのでエタノールから再結晶するのが良いかと思います。
通常は(CH3CO2)2Cu・H2O の一水和物です。100℃で無水物となります。

注目!)英語版wikiによればよりよい方法はアンモニアと酢酸から作る方法だそうですのでそれを書きます:
2 CuSO4.5H2O + 4 NH3 + 4 CH3COOH → Cu2(OAc)4(H2O)2 + 2 [NH4]2[SO4] + 8 H2O
Cu2(OAc)4(H2O)2としてありますが、これがより正確な構造式のようです。構造図があるので見ておいて下さい。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Copper(II)_acetate

Q青錆(緑青について)

銅以外の金属に、(今回悩んでいるのは真鍮ですが)緑青は発生しないものですか?
また、発生するとして、それを人為的に行う方法は銅と一緒でしょうか?
御存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

terupeさん、こんにちは。

緑青は、銅や黄銅(真鍮)、青銅(銅と鉛の合金)などの表面にできるさびで
一種の酸化状態だそうです。
ですから、真鍮にも緑青が発生しうると思います。

緑青はCu(OH)2・CuCO3が主成分ですから
銅に緑青を発生させるのと同じ方法で発生させることができると思います。

緑青ができた場合、銅は安定する(それ以上さびない)ので
緑青は重宝されているようです。

参考URL:http://www22.ocn.ne.jp/~yoshidaz/patina.html

Q鉄を錆びさせる

鉄を急激にサビさせる液体のようなものって
ホームセンターなどにありますか?どのような
商品がありますか?

Aベストアンサー

鉄の赤い錆のことですか?
それとも酸化皮膜のことですか?

鉄などの金属は表面を酸化皮膜で覆う(錆びさせる)ことによってそれ以上の腐食を生じさせない処理をすることができます。南部鉄瓶などの鉄器は厚い酸化皮膜処理がされていますし、通常のアルミ製品やステンレス製品も表面が酸化皮膜によって腐食が進まないように処理されています。

酸化皮膜は赤い錆とは全く異なるものですが、素人の方には同じ錆と思って「急激に錆びさせて強くする」と理解(誤解)されている方がいます。

赤錆を急激につくる方法は液体を塗った程度ではできません。大掛かりな機器を使わないと分や時間単位での錆の形成は生じません。

急速に酸化皮膜(酸化鉄)をつくるものであれば、ラストコンバーターとよばれるサビ変換剤があります。「サビハンター」「サビチェンジャー」という商品名で売っています。

Qサンポールで緑青をとってみたら余計ひどくなった。

下記の写真のとおり、緑青があったので、皆様がすすめられている通り、
サンポールを使い、6時間ほどおいてみました。するとご覧のとおり、なぜか茶色くなってしまいました。
これをきれいにするのは無理なんでしょうか。何かアドバイスがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

買い換えた方が安いしきれいです

ここまでなったら難しい

サンポールは金属の場合、せめて10分です

新品の部品を買った方が安いです


人気Q&Aランキング