「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

三権分立について

三権分立によって、国会議員は国民に選ばれた人がなるので、国会議員の意見は国民の意見になると思います。
では、県や市町村長の意見や決定権はどうなりますか?
これも市民や県民に選ばれた人であるから、国会議員と同じように市民•県民の意見として決定権があるのでしょうか??

A 回答 (3件)

三権分立によって、国会議員は国民に選ばれた人がなるわけではありません。

 議会制民主主義によって、国会議員は国民に選ばれた人がなるのです。 また、国会議員の意見は国民の意見になるわけでもありません。 国が使う予算を決めたり、外国との条約を審議して認めたり、内閣総理大臣を指名したり、政策を立案したりする仕事を、国民が国会議員に任せただけです。 よって、国会議員が国民の意見通りに動かないことも良くあります。 都道府県知事や市町村長など地方自治体の首長は住民から直接選ばれているため、アメリカの大統領と同じく非常に強い権限を持っています。 その首長が権限を濫用したり、暴走したりしないようにするために議会があります。 首長が執行機関なら、議会は議決機関で、それぞれ異なった役割を担っています。
地方議会議員も住民による選挙で決まります。 住民の総意を反映させた立場として、首長から提出された予算や条例案などをチェックするのが議会です。 議会と首長は「車の両輪」とも言われ、対等な立場にあります。
しかし、首長と議会が対立し、膠着状態が続くと行政が機能不全に陥ってしまいます。この状態を回避するために、議会は首長の不信任を議決することができます。
    • good
    • 0

三権分立によって、国会議員は国民に選ばれた人がなるので、


国会議員の意見は国民の意見になると思います。
  ↑
国民の意見と、イコールになる、という
ことではありません。
あくまでも、代表だというだけです。

代表が造った法律なんだから、従え、という
ことです。

代表という概念は結構難しく、専門的に
なりますので、割愛しますが、イコールでは
ないことは覚えておいて欲しいです。




では、県や市町村長の意見や決定権はどうなりますか?
これも市民や県民に選ばれた人であるから、国会議員と同じように
市民•県民の意見として決定権があるのでしょうか??
 ↑
法的性質は異なりますが、説明としては
その通りです。

国会議員が「国民」の代表であるのに対し、
地方議員は「住民」の代表と言われます。
    • good
    • 0

はい。

その考えで問題ありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング