こんばんは。文系の学問のカテゴリでは初めまして。jun1038といいます。一応理系人間のつもりです。

 我が家?では、何十年も続く論争(?)があります。それは、私が小学校の時の授業参観での出来事が発端です。当時、加賀の千代女の俳句だと思いましたが、「あさがおに つるべとられて もらいみず」という俳句を勉強していました。担任の先生が、「この俳句の季節は?」と質問し、私は「夏だ!夏だ!」と騒いだのですが、同じクラスの秀才のS君は「あさがおは秋の季語だから秋だ」と一蹴しました。
 家に帰ってきて母に「おまえはホントに馬鹿だね。わたしゃ恥ずかしかったよ。」と言われてさんざん怒られてしまいました。

 「でもお母さん、この俳句のポイントは、井戸のつるべに、初夏の若々しいあさがおがぐんぐん成長して絡んでしまったところにあるんじゃないの。花のあさがおなら、確かに立秋も過ぎた秋口が一番似つかわしいけれど、「あさがおにつるべとられる」というのを一つの季語だと考えれば、その若々しさ、朝のすがすがしさから、夏と考えても良いんじゃないの。」

 以上は小学生の時の私のせりふを現代語訳?したものですが、皆さんはどう思われますか。我が家?では時々話題になりますが、まだ母も私もお互いの説を主張し続けています。専門家の意見も聞きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

残念ながら秀才君とお母さんの勝ちですね。

俳句の季語は約束事ですから朝顔が秋の季語だった時代では、朝顔が何月に咲こうがその歌は秋の歌となってしまいます。そもそも日本の季節感は中国伝来の暦や季節ごとの生活習慣に基づくものが多いので、高温多湿で南北に長い日本と大陸性気候で日本列島よりはるかに西南にある中国中心部とはかなりなずれがあると言われます。旧暦以前の問題です。37度の酷暑に苦しみながら残暑お見舞いのハガキを書く(立秋以降)馬鹿げた習慣のある日本です。

私は季節よりも、千代女は翌日からいつまで隣へ貰い水を続けたのかが気になります。おそらく二ヶ月は貰い水を続けた(花が咲き実がなり枯れるまで)ことになりますが本当でしょうか。現実は若い朝顔が勢いよく伸びてつるべに絡んだのではなく、朝顔は最初の花をつけても先端のつるは元気よく伸びるので、ある朝つるがつるべにからまりかけているのを見つけて、やさしい千代女は隣に貰い水にでかけたのでしょう。枝分かれしたつるさきであれば、夕刻にでもそっとつるべから外すことが出来たと思われます。或いはこのまま伸びたらつるにからんでしまい、井戸が使えなくなる、そうしたら貰い水をしなければならなくなってしまう・・・と想像して歌ったのかもしれません。考えすぎですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答いただき、ありがとうございます。
 その俳句に「あさがお」とあれば、それは普通は花のことであり、(当時は)秋の季語であるから、俳句の季節としては「秋」とする、というのが約束事である、ということでしょうか。
 それはそれで正しいとは思いますが、どうも理系人間の自分としては、たとえば双葉から本葉が数枚出て、まだ花も咲かず、ぐんぐん伸びていく「生物の種」としての「あさがお」をうたった俳句のような気がして、「そんなんで、秋なんかよー」と思ってしまったものですから。martinbuhoさんの後半の解釈なら「秋」でも当然しっくりしますが。(あるいは千代女は、朝顔は秋の季語であるから、秋として解釈すればそういう情景が浮かぶと、そこまで計算してこの俳句をつくったとか。)
 ご無理でなければ、再び回答を頂けると助かります。

お礼日時:2001/08/16 19:59

補足にたいして。



私の推測の根拠は、直か蒔きにせよ鉢植えにせよ、最初から井戸端のつるべに絡むところに植えるはずはないということです。大きく育って花も1-2輪つけたころ、ある朝つるが伸びて(脇枝か?)つるべにかかったと考えるのが自然です。

草花を季語とした場合、当然花が咲く頃を基準(中心)とするでしょう。季語として春の花xxxがある場合、花が咲く前の青々とした葉や茎、或いは若い芽をみて
その草花の時期とするとは思えません。木に咲く花を例にあげれば納得いただけるでしょうか。桜や梅は年中あります。花を中心にしなければ季語になりえません。
いずれにせよ300年前の加賀の国の一女性歌人が歌った歌です。理系的解釈よりも
文系的解釈でいいのでは・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 何度も回答していただき、本当にありがとうございました。
 私の場合、季語を「朝顔」という名詞的なものととらえるか、「朝顔がつるべをとる」という、動詞的というかその状況というか、そういったことも季語(季節の判定)になりうるのでは、ということが主題だったのですが、俳句の世界の「約束事」は、厳然としていて、やはり素人の思いつきではいかんともしがたいようですね。
 何となく、俳句の世界がわかりかけたような気がします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 12:13

すいません。

言葉足らずの説明でかえって混乱させてしまったみたいです。m(__)m

季語の集大成とも言える「歳時記」では「朝顔は8月」「季語は秋」となっています。
ですので「陰暦の8月に咲いていた」のでしょう。

ところが「現代俳句歳時記」を作成するときには「陰暦の何月に咲く」は無視され
「朝顔は現代の8月に咲く」とされてしまい「8月なら『夏の季語』」とされたのだと思います。

すなわち『陰暦の季語を太陽暦に変換』したのではなく
『現代においてどの季節か』という基準で決定されたものだと思います。
そしてその結果が『陰暦の1月ずれ』であったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いえいえ。こちらこそ何度も回答していただきありがとうございます。
 朝顔は秋の季語であったが現在では夏の季語となったのを知って、「理系的な常識」と「文系的なセンス」が接近してきたのかも、とも思いました。
 いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2001/08/17 12:07

jun1038さんの小学生当時(何年前か不明なので推測)は『秋の季語』だったと思います。



>陰暦の5~7月を夏としたのを
これは僕の書き方が紛らわしかったですね。m(__)m
正確には『陰暦を基にすると「現代の5~7月が夏」にあたる』ですね。(^^ゞ
そうすると『太陽暦を基にすると「現代の6~8月が夏」にあたる』となるます。
そして、朝顔は「現代の8月」に咲くとすると『夏に咲く』事になります。
『陰暦から太陽暦に変わっても「数字表記」は一ヶ月ずれるが、朝顔のさく「時期」は固定なので変わらない』

と言うことです。(ややこしいですね。。(^^ゞ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 たびたびお世話になり、ありがとうございます。
 しつこいようですが、すみません。
 江戸時代の旧暦において、5月~7月を夏としていたのを、新暦においても同様に5月~7月を夏としていたが、最近になって誤りに気づき(?)、新暦においては6月~8月を夏と改めたので、朝顔が夏の季語になった。ということで良いのでしょうか。
 旧暦では、旧暦における、何月~何月が夏なのですか。また、旧暦においては、朝顔は何月に咲くものとされていたのですか。
 私の頭の中では、旧暦の8月が新暦の9月に対応するものとすれば、
 暦  | 夏はいつ | 朝顔の咲く季節
---------------------
 旧暦 | 5~7月 | 8月だから秋
 新暦 | 6~8月 | 9月だからやっぱり秋
という具合に整理されているのですが。
 ご面倒とは思いますが、よろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/16 19:36

『朝顔』は「秋の季語」でした。


何故過去形かというと実は「季語」は1999年に一部変更になり今は『夏の季語』に
なっているからです。

では何故以前は『秋の季語』だったかというと・・俳句の季語は陰暦を基にしており
「2~4月が春、5~7月が夏、8~10月が秋、11~1月が冬・新年」としていました。
これで朝顔の咲く季節は『秋』とされていたのです。
これが今度は太陽暦に基づいて変更されたので、ほぼ1月づつ後ろにずれる事になり
朝顔は晴れて『夏の季語』になりました。

ちなみに同じ理由で「初鰹(はつがつお)」も『夏の季語』から『春の季語』へ変更になりました。

この回答への補足

 早速の回答ありがとうございます。我が家の論争は現在では意味をなさないというわけですね。でも、「論争発端の当時」においてはどうだったんでしょうか。ご意見をお聴かせいただけると幸いです。
 それと、別件で質問があります。江戸時代の陰暦8月に朝顔が咲くとします。8月なら秋ですね。これは現在の太陽暦では、9月に朝顔が咲くということです。陰暦の5~7月を夏としたのを、太陽暦の6~8月を夏に変更しても、やはり朝顔は9月の「秋」に咲くことになりませんか。

補足日時:2001/08/16 02:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q朝顔の種まき時期について

今年、朝顔を育てています。
しかし、種まきをしたのが5月末の為未だに育ちが遅いのです。ようやく育ってきたのですが、未だに40cmくらいでしょうか。
今年は、梅雨が長かったので遅いのは分かるのですが、日陰と花を楽しみたかったので、これでは遅すぎます。
種まきはいつごろが最適でしょうか。

地域は山陰地方です。

Aベストアンサー

夜間温度20度以上が発芽に向いていますし、この頃が最適であり梅雨時から8月にかけて毎朝楽しませてもらえるものです。

さて日陰を作るとなると余程品種を吟味しなければならないと思います。
あれこれ3-4品種植えていますが、それぞれまちまちです。

もしこだわらないのでしたらイリオモテ朝顔、朝鮮朝顔類がお勧めです。
宿根草ですので、そのままにしておけば来年も芽が出てきて簡単に育ちます。が・・・山陰地方では?ですね。(雪で駄目になるかも)

未だホームセンターに有るかも・・・。
ただ品名違いで今年は出ていました。
多年草(宿根草)朝顔と言えば店員さんもわかってくれます。

URL乗せておきますね

参考URL:http://www.d-b.ne.jp/k-tanoue/wahuu-7/asagao.htm

Q俳句の宿題についてです。 それぞれの項目に夏の季語を入れなければならいのですが、、、 ・中尊寺 「

俳句の宿題についてです。
それぞれの項目に夏の季語を入れなければならいのですが、、、

・中尊寺
「五月雨や 金色堂は 中尊寺」

・湯殿山
「五月雨や 湯殿山行きの バス」

・羽黒山
「新緑に 埋もれている 羽黒山」


という風に考えたのですが、もうわけがわからないです。アドバイスもしくは直しお願いします!!!

Aベストアンサー

そこまいっちゃうなら、
「五月雨や ああ五月雨や 羽黒山」
とか。

えーと、冗談は良いにして、、、
まあ、人が作ったものそのまま書いてもしょうがないのでアプローチ法の紹介だけです。

まずは情景がないと俳句は作れないですね。
http://blog.goo.ne.jp/masatoshi1019/e/13b1242bddc48dc0f816d4162fcd25dd
人のブログですが、こんなのどうでしょう。
で、どの季語があうでしょうかね?
http://www.asahi-net.or.jp/~gv2k-smz/Natu/natu.html
なんかアジサイも咲いていますし、梅雨とかの感じがしますね。

羽黒山 梅雨に濡れた 石畳

ストレートな表現ですが、かなり物足りない気がしますね。
ただ、この先は順番を変えてみたり、言葉遣いを変えてみたりして
動きや色を表現していくことなので、感性の問題ですね。

濡れるってどうなんでしょう、光るとかのほうがよいですかね?
季語を変えるとしたらなんでしょうね?
苔とかも使えそうですね。 
http://www.weblio.jp/content/%E8%8B%94%E6%BB%B4%E3%82%8A?dictCode=NKGMJ

とか言ってみたけど、、、

「新緑に 埋もれている 羽黒山」

いいんじゃない? 

上の二つはともかく、これはオイラが作ったのよりずっといい感じだよ。
表現が、なんていうのかな、平べったくない。
オイラのはありきたり、つまらない。

そこまいっちゃうなら、
「五月雨や ああ五月雨や 羽黒山」
とか。

えーと、冗談は良いにして、、、
まあ、人が作ったものそのまま書いてもしょうがないのでアプローチ法の紹介だけです。

まずは情景がないと俳句は作れないですね。
http://blog.goo.ne.jp/masatoshi1019/e/13b1242bddc48dc0f816d4162fcd25dd
人のブログですが、こんなのどうでしょう。
で、どの季語があうでしょうかね?
http://www.asahi-net.or.jp/~gv2k-smz/Natu/natu.html
なんかアジサイも咲いていますし、梅雨とかの感じがしますね。

...続きを読む

Q朝顔によく似た植物の名前

今日あさがおに似ていますが、あさがおとは別種のツル性植物を見かけました。
色は赤で、あさがおよりはエンジェルトランペットに近いややとがった花で、さし木で増えるそうです。ただしエンジェルトランペットのようにとげとげしい雰囲気ではなく、あくまでもあさがおに限りなく近いです。

冬も枯れずに残り蕾は3月頃からゆっくりの大きくなり、花は1週間はしぼまずに咲くそうです。

葉は固い光沢のある感じです。

つるの長さは見た感じ2メートル程度でした。
明らかに琉球あさがおではありません。

もし植物名がわかりましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

違うとは思いますが、ディプラデニアを候補に挙げておきます。
http://www.hana300.com/dipura.html

Q至急お願いします!!!! 俳句の宿題があります。 お題が「中尊寺」、「湯殿山」で必ず夏の季語を入

至急お願いします!!!!

俳句の宿題があります。
お題が「中尊寺」、「湯殿山」で必ず夏の季語を入れなければならいのですが、、、

・中尊寺
「緑陰に映ゆや金色中尊寺」

・湯殿山
「湯殿山こころ新たや滝の行」

という風に考えたのですがどうですか?アドバイスもしくは直し、よろしくお願いしますm(*_ _)m

Aベストアンサー

「緑陰に映ゆや金色中尊寺」 → 「緑陰に金色映ゆる中尊寺」 でも宜しいかと思います。金色と中尊寺が続いているところが・・・。

「湯殿山こころ新たや滝の行」 → 「湯殿山こころ新たに滝の行」 では如何でしょう。心新たにの方が新鮮かな。

いずれにしても、上手ですね。

参考までに。

Q変化朝顔と普通の朝顔の違いって何ですか?

40年ぶりに朝顔を植えています。

ホームセンターで買ってきました。

暁の光、暁の波、浜の錦、西洋朝顔ヘンリーブルー、曜白咲あさがお、波銀河を大き目の横長のプランターに1つずつプランターに植えています。

この中に変化朝顔ってありますか?

変化朝顔と普通の朝顔の違いって何ですか?

Aベストアンサー

あなたが書かれた品種の仕分け
普通種:暁の光、暁の波、浜の錦、西洋朝顔ヘンリーブルー。
変化朝顔:ないと思います。
不明:波銀河・・おそらく普通種
チョット違うタイプの交配種:曜白咲あさがお

「暁の光」と「暁の波」は坂田種苗のシリーズ品種
http://www.wakkun.or.jp/yss/mailorder/asagao.htm

参考URLは横浜こども科学館「おばけ朝顔の作り方」ですが、そのメニューで「朝顔図鑑」→「変化朝顔」を見てください。
一番見かける事がある変化朝顔は「桔梗咲き」ではないでしょうか。
花の絞り咲きや、葉の斑入りは変化に入れないと思います。
変化朝顔は簡単に書くと、突然変異でできた花や葉の奇形でその遺伝を保存したものです。
見て美しいなどとは別次元の変わっている品種。

http://www2.athome.co.jp/academy/botany/bot09.html

参考URL:http://astro.ysc.go.jp/izumo/asagao/asagao.html

Q俳句の季語、その他について

ボランティアで点訳をしている人に頼まれて、俳句の季語、動植物、その他の行事
そして、それぞれの句、についてまとめる事になりました。
解りやすくまとめられた書、または、URLご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
それは、インターネットのページで調べるよりも、書籍で購入した方がよいと思います。下の「季寄せ」というのは、連句で使うものですが、16季節プラスになっているだけで、基本的には四季節を細分したもので、俳句にも使えます。

最初にあげた文藝春秋の「季寄せ」が一番いいように思いますが、入手しにくいかも知れません(以下の Amazon.co.jp ならすぐ入手できるようですが)。また、この季寄せは、自然・動植物・行事などに分かれていて、見本の俳句も季語ごとに入っています。

>「季寄せ」
単行本 (1994/11/01) 文藝春秋
価格: ¥2,000

>「ホトトギス季寄せ」
稲畑 汀子 (編集) 単行本 (1997/11/01) 三省堂
価格: ¥1,900

>「季寄せ」
角川 春樹 (編集) 単行本 (2000/02/01) 角川春樹事務所
価格: ¥1,900

>「NHK出版 季寄せ」
平井 照敏 (編集) 単行本 (2001/10/01) 日本放送出版協会
価格: ¥2,800

普通の俳句に使う季語を調べるのは、「俳諧歳時記」で調べるのですが、これは色々な種類のものが出ています。普通、四季節に応じて、四冊に分かれていますが、春夏扁、秋冬編の二冊や、一冊にまとまっているのもあるはずです。

以下の角川の「俳句歳時記」も、一冊本があったと思います。
季語は非常に多いので、ネットのページでは、限界があります。
「季寄せ」、特に最初にあげたものが一番よいようにも思います。

「ハンディ版 入門歳時記」というのは、どういう本か知りませんが、コンパクトな本だとしたら、この本がいいかも知れません。

>「第三版 俳句歳時記〈春の部〉」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/03/01) 角川書店
価格: ¥485

>「俳句歳時記 夏の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/05/01) 角川書店
価格: ¥544

>「俳句歳時記―新年の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/11/01) 角川書店
価格: ¥460

>「俳句歳時記 冬の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/10/01) 角川書店
価格: ¥485

>「俳句歳時記 秋の部」角川文庫
角川書店 (編集) 文庫 (1996/08/01) 角川書店
価格: ¥460

>「ハンディ版 入門歳時記」
俳句文学館 (編集)
価格: ¥1,400

>「今はじめる人のための俳句歳時記 (春)」角川mini文庫 (26)
角川書店 (編集) 文庫 (1997/02/01) 角川書店
価格: ¥194

書店に行って調べるなり、お店の人に尋ねますと、普通、大きな書店なら必ず置いています。季語はたいへん多いので、選ぶのに困ります。

また、以下のURLのオンライン・ショップである Amazon.co.jp から注文すれば、最初に挙げた「季寄せ」は数日で入手できます。

>AMAZON-CO-JP
>http://www.amazon.co.jp/
 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

 
それは、インターネットのページで調べるよりも、書籍で購入した方がよいと思います。下の「季寄せ」というのは、連句で使うものですが、16季節プラスになっているだけで、基本的には四季節を細分したもので、俳句にも使えます。

最初にあげた文藝春秋の「季寄せ」が一番いいように思いますが、入手しにくいかも知れません(以下の Amazon.co.jp ならすぐ入手できるようですが)。また、この季寄せは、自然・動植物・行事などに分かれていて、見本の俳句も季語ごとに入っています。

>「季寄せ」
単...続きを読む

Q朝顔のつるをのばしたくないのですけど

家の花壇にあさがおが植えてあります。
1メートルぐらいの高さでそれ以上伸ばしたくないのですが、
つるの先端を切ってしまえば良いものなのででしょうか?
どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

先端を切れば大丈夫だそうですよ。

参考URL:http://www12.freeweb.ne.jp/feminine/skkbara/green/mglorytips.html

Q俳句の季語

俳句の季語で「鈴虫」は夏の季語ですか?
教えてください。

Aベストアンサー

 大きめの国語辞書には、大概は季語として載っていますので、書店で確認できます。し、オンラインの辞書でも可能です。



http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi
で、「鈴虫」を検索すると、...[季]秋。

となっています。季語は決まっているので、どの辞書でも同じです。他の季語もここで調べられます。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-top.cgi

Q朝顔のしぼんだ花をすぐにとっても種はできるでしょうか

朝咲いたあさがおは、まもなくしぼんでしまいますが、咲いたその日の夕方または翌朝につんでしまった場合、その花のところには種はできるでしょうか。しぼんだ花だらけになってしまうので、取り除きたいと思うのですが、種もついてほしいし。どなたか適切な方法、考え方をおしえてください。

Aベストアンサー

花というのは花びらのことでしょうか?
受粉しためしべが残っていれば、花びらは取り除いても大丈夫だと思います。

ちなみに、私は咲き終わった花は少しだけ残して種を作らせて、あとはがくごと取り除いてあまり種をつけさせないようにしています。種ができるとそこに栄養を取られて株全体が弱り、長持ちしないです。朝顔は一株で大量に種をつけるので、少しで十分ですよ。

Q俳句、短歌の季語について

俳句、短歌の新人賞に応募しようと思うのですが、作品中に季語が使われていない句もいくつか、含まれているのですが、その場合はどうなるのでしょうか。
俳句、短歌には必ず季語を入れねばならないのでしょうか。
また、季語を手っ取り早く調べる方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

塾の国語の教師をしております。

新人賞に募集しようとしている方にチャチャを入れるのは気が引けるのですが……。

季語についてですが、
季語を原則入れなければならないのは「俳句」だけだということをご存知ですか?
短歌には季語は入れなければならないという原則はありません。
もちろん入っていたら×ということもないですけれど。

つまり、同じ「恋」を詠むにしても、
俳句だと季語との兼ね合いを考えて内容を考えなければなりませんが(恋の始まり=「芽吹く」「山笑う」など)、
短歌では季語との兼ね合いを考えなくても良いということです。ぶっちゃけキチンと体裁が整っていれば、今の気持ちを素直に詠んでもOKということになります。

現在かなりの「短歌入門」「俳句入門」などの本が売られていますので、
「歳時記」も持っていないのであれば、
一緒に購入されてみてはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング