「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

私は昨年1月14日に広島ザ・ビッグ五日市店の駐車場にて当り屋被害に遭いました。
 その状況は、駐車区画を移動中の徐行直進中、相手車前面角で自車スライドドアの後輪付近に側面衝突され凹まされたもの。
 その後、私の運転席ドアが相手車フロント・バンパーが邪魔して開けられず、相手にバックするよう促しても応じられず、止む無く私は相手車横の区画まで車をバックさせましたが、。
 その状況になって、相手が地元警察署に通報し現場検証を受けました。
 その際に私は、署員に両者運転中で自車が側面衝突された旨を告知しましたが、後の事故証明書で私のその告知は無視され、有ろうことか私だけが運転中で車両単独・衝突とする虚偽の事故証明書が発出されていたことが判明。
 また、私は相手の要請により加入先保険会社に当り屋被害を報告し示談を委ねました。
 この最大手TN社から事故報告後の初めての連絡が11日後の1月25日、男性の声でキズを見た、そのキズは事故当日のもの、その前のものでも後のものでも無い、修理代は8万円、代車料は3万円、保険を使うかとの問いに、示談が難航しており私が弁護士特約を使うかとの問いと考え、保険を使うと答えてしまいました。
 しかし後に、その問いは私の過失割合を100:0として相手車の修理代だけでなく代車料5日分まで私の保険で賠償するという、相手車古傷完了後の事後承認の確認と判りました。
 その1月25日の言葉に不信を抱き、TN社に問合せたところ、女性から相手車の写真を入手でき、その写真を見て、相手車が衝突してきたフロント・バンパー前面角にキズは見えず、写真中央には事故時に確認していたバンパー端局面部の多数の古傷が確認できました。その不信から、TN社に再度キズを示すよう依頼したところ、今度は多数の古キズ部分に赤丸を付して送り付け、1月25日の了解を以って、示談が成立した以上、今後再び示談をすることは出来ないとの酷い対応。
 その後、中立を謳うそんぽADRセンターに相談し、抗議を重ねたところ、その中立であるべきADRの担当者が私の抗議内容を幾度も違え、更に抗議内容により、意味が分からない、騙したとする認識は一切ないとして、回答を拒否する始末。
 その賠償額の8万円は古傷であるバンパー交換費用であり、その交換作業は1時間程度。にも拘わらず、相手者の仕事都合上とかバンパー納品期間などのため代車料5日分を支払ったとのこと。対して、相手者自宅から修理をしたとするカローラ五月丘店まで往復1時間も掛かり、1月20日に修理入庫、1月24日に出庫、その24日に相手者と示談が成立し、カローラとTN社が依頼したトヨタ・レンタと支払いについて協定を交わしたとのこと。更に、TN社と相手者とは事故翌日の15日には、相手者の仕事の都合上で1月17日にはカローラに入庫する旨の調整が成されていたところ、17日も18、19日もカローラには入庫せず20日に入庫したとのこと。そのことからすると、レンタカーを借りていたのは17日~24日まで8日間考えられる。そもそも保険会社は、24日に入庫し1時間で交換を待たせ、交換作業を待って出庫するよう促す筈であり、そんな不可解な代車5日を認めたTN社、考えられません。
 それ以上に酷いのは、地元警察署です。
 TN社への抗議が続く中、今年2月27日にもなって、TN社は私の代理人として事故証明書を入手、私にその内容を知らせて来ました。後日、TN社から事故証明書(写)を入手したところ、私が運転中で相手がその他と記載がありました。
 昨年中は地元警察署に当り屋被害を訴え続けていましたが、今年は事故証明書の訂正を訴え続けました。そんなある日、警察署交通課長と刑務課長から、私が相手車は停止中だったと申し出たとの記録が有るとの連絡があり、その後に開示請求で開示された相談簿にその記録が存在し、更に事故証明書の送信データに、相手者が警察に通報していたにも拘わらず、私が7時03分に届け出たとの記載までありました。その他の相談簿にも多くの虚偽記載が確認できました。
 こうした中、虚偽の相談簿について警察は嘘をつきません安心して下さい。不正は無い。回答済み。或いは言った言わないの繰り返しでこれ以上回答出来ません。との応酬。
 未だにその3者を相手に対応に苦慮しております。良い対処法、又は何処か対応願える新聞社などマスコミやジャーナリストさんを教えて頂けないでしょうか。

「警察署がTN社と組み虚偽事故証明書を作成」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 加入先TN社からの初めての連絡は1月25日で、私の加入保険は弁護士特約と車両保険付で対物賠償か同課の問い合わせではありません。
    内容は次の3点。
    1.キズを見たそのキズは当日のもので、前後のものでは無い
    2.修理8万、代車料3万円
    3.保険を使うか?
    しかしそれ以前、カローラ五月丘店で16日には写真を撮り、TN社は18日には写真と見積書を入手、相していたそう。それを25日に漸く連絡とは。
     25日にもなって、写真で当日のキズと判断出来る筈も無く、そもそも私は当り屋の被害者で修理対象の私がTN社安心110番に報告した前面角部キズには写真で見る限り既に修理済み。それを相手車バンパー端の曲面の既存古傷について、修理代金に代車料金を付加するなど有り得ません。
     なお、バンパー交換の1時間程度は、直接カローラ五月丘店に出向いて聞いた話。カローラも三菱も決してこんな修理作業では代車は出さないそう。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2020/10/23 18:32

A 回答 (1件)

TN社が、質問者さんが加入する保険会社だとするならば


【保険を使うか?】は、対物賠償保険を使いますか?の問い合わせです。
保険会社が「弁護士特約を使いましょう」なんて提案してくるのは
0:100のもらい事故だけれど相手からの賠償が受けられないリスクが高い時
くらいです。
弁護士特約を使うか使わないかは「保険会社が決めること」ですから。

双方に過失がある事故だから、
保険会社に過失割合をキチンと弾くように指示を出して、
処理をすれば良かったのかと。
不可解なのは、過失割合がある事故の場合は
代車費用を負担しないハズなのに支払っている点。

質問者さんが相手から過失分の修理代を支払ってもらえば
完了する事案ですよ。

当り屋って人身事故に見せかけるか、
ボッコリとオカマを掘らせて数百万の保険金をだまし取るものかと。

>24日に入庫し1時間で交換を待たせ、交換作業を待って出庫するよう促す筈
 無地のバンパーを取り寄せ、ボディカラー塗装をしてから脱着するので  そういう修理屋は殆どないと思いますよ。
 脱着は1時間でも前処理に時間が掛かりますから。

質問者さんは「自分の考えで動く、と思い込み過ぎ。」のようです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング