質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

現在東京在住のフリーの写真家です。将来的にファッション広告で写真の仕事をしたいと思っているのですが、広告代理店や、アートディレクターへの作品の売り込み方がわからずに困っています。広告業界で働いている方、詳しい方にアドバイスをいただけたらと思います。

私は、ニューヨークで美大を卒業し、その後6年程美術系写真スタジオで働きながら、アート+ファッション系のブックをつくっていました。(去年末、帰国。)最近になりブックの内容もある程度まとまり、表現したいスタイルなどがはっきりしてきたので、生活費の為のバイトや雑誌の仕事などをしながら、広告業界へアプローチをかけたいと思っています。

ニューヨークでは、メインの写真スタジオの仕事(といってもコマーシャル写真ではなく完全な美術スタジオ)以外に時々ローカルな雑誌のインタビューでのポートレートなど撮っていましたが、これから日本では雑誌よりも広告の仕事をしたいと思っています。おそらく、多くの写真家の方はそういった希望をお持ちだと思いうので競争も激しい世界だと覚悟はしております。アメリカではある程度ブックが完成した時点でレップ探しをするのが一般的だと思うのですが、日本にそういった”レップ”にあたるものが存在するのでしょうか?やはり広告代理店や、アートディレクターに売り込みという形になるのでしょうか?海外生活が長かったので日本の広告業界に強いコネは現在はありません。初歩的な質問ですが、どういった所にアプローチするのが効果的か、広告写真業界にどういう形とっかかりを掴むのが一般的なのか、など何でも結構ですので教えていただけますか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

売り込みを受ける側です。



フリーのカメラマンは世の中にたくさん居るし、
制作も自分でカメラを持つのが普通ですから、
正直言って、飛び込みで
売り込みを受けても迷惑なんですね。
それも、熱意のある方ほど.....

友人知人は居ませんか?
そういう人にどんどんと、自分の仕事をPRしておいて
そこでカメラマンが必要になったときに
声をかけてもらうようにしておくと役に立つのですが、
まあ、数ヶ月は仕事は来ないでしょう。

今仕事をもらっているカメラマンが居るわけですから。

あとは、WEBサイトをしっかりと作っておくこと。
これは見本展示場でもあり、
つてが無い人が飛び込みで探すときに役に立ちます。

日本の場合、
広告代理店に入社 → そこで写真中心の仕事をする
→ あるていど仕事を確保してから独立
というパターンが普通で、
クライアント(代理店ではなく、最終発注者)の
信頼を得てからでないと独立しないのが普通です。
クライアントの信頼があれば、
広告代理店からみると、
クライアント(お客)を引っ張ってくるカメラマン
ということで、営業的メリットが出るのです。

と、言うわけで、すぐに効果があるアプローチは
少ないです。
海外の知人ルートを活かすのは無理なのでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>フリーのカメラマンは世の中にたくさん居るし、
>制作も自分でカメラを持つのが普通ですから、
>正直言って、飛び込みで
>売り込みを受けても迷惑なんですね。

だろうな、と思っていました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/02/07 13:17

↓の話、その通りです。


代理店側にカメラマンへのこだわりがない限り
制作会社がそのへんの手配をします。

宣伝会議という会社から
毎年「広告関連会社名鑑」という本が出版されてます。
具体的にはそれが参考になるかと。

各制作社の仕事内容は
各社のHPを参照するか、
広告雑誌「ブレーン」「アドフラッシュマンスリー」「広告批評」などで調べればよいです。

参考URL:http://www.sendenkaigi.com/index2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yakitakoさん、具体的な情報ありがとうございます。早速調べてみます。

お礼日時:2005/02/09 13:30

わたしも売り込みを受ける側です。



広告代理店ではなく
プロダクションに売り込みをかけた方が効率的ですよ。
腕と技術と金額さえつり合えば仕事がくるかもです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。プロダクションとはAD, graphic designerとかをかかえた制作会社ってことでしょうか?初歩的な質問ですいません。

お礼日時:2005/02/07 13:21

初めまして。

フリーランスでデザイン、イラストレーターとして仕事してる者です。

残念ながら、日本でアメリカにあたる『レップ』のような会社は、ほとんどないですね。日本でフリーランスで商売となると、やはりご自分で営業活動をして仕事を得るということになります。

まずは、ファッション関係の広告を扱っていそうな広告代理店、アートディレクター、ファッション雑誌を出している大手出版社へ、電話をかけてアポを取り売り込みという形をとられるといいかと思います。

すぐに仕事に結びつくかどうかは、わかりませんか。

今、発売されている『デザインの現場 2月号』という雑誌に『クリエイターのための独立ガイド』という特集が載っているので、それを読まれると、日本でフリーランスとして仕事していくには、どうしたらいいのか、だいたいわかると思います、デザイナーさん向けの内容ですが、写真家の方が読んでも参考になる部分は、あると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。デザインの現場、早速探してみます。

お礼日時:2005/02/07 13:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーカメラマンへのギャランティについて

フリーのカメラマンの方で
いわゆるギャランティが普通レベルの方に、
半日拘束(10:30~16:00位)で
撮影をお願いした場合、
お支払いの料金は
どのくらいが相場なのでしょうか?

内容は、ある1つの霊園の撮影です。
細かい内容は、
●霊園のメイン風景を撮影  3箇所
●霊園のその他施設の撮影  数箇所
●お墓(商品)を撮影    8箇所
●その他の撮影       5箇所ほど

撮影枚数は、合計で20~30カットです。
施設の一部は屋内撮影です。
※交通費などは別途

上記のような内容です。
是非、宜しくお願いいたします。

もちろん、カメラマンの方それぞれに
ポリシーやプライドが有りますでしょうし、
相場なんてものは、ないのかもしれず、
大変失礼な質問かもしれません。
ですが発注する立場としましては、
だいたいおいくら位なものか、
把握していたいのです。

何枚撮ったといった計算でも、
半日拘束でグロスで、でも
どちらでもかまいません。

説明不足かもしれませんが
どうぞ、宜しくお願いいたします。

フリーのカメラマンの方で
いわゆるギャランティが普通レベルの方に、
半日拘束(10:30~16:00位)で
撮影をお願いした場合、
お支払いの料金は
どのくらいが相場なのでしょうか?

内容は、ある1つの霊園の撮影です。
細かい内容は、
●霊園のメイン風景を撮影  3箇所
●霊園のその他施設の撮影  数箇所
●お墓(商品)を撮影    8箇所
●その他の撮影       5箇所ほど

撮影枚数は、合計で20~30カットです。
施設の一部は屋内撮影です。
※交通費などは別途

上記のような内容で...続きを読む

Aベストアンサー

いくらで仕切りたいのでしょうか?
10万円なら10万円まで。20万円なら20万円までと決めて、交渉すればいいのではないでしょうか?
多分初めてのお付き合いになるのでしょうから、手始めにご挨拶料金でお願いできませんか?ってのもありだと思いますよ。こっちだって上がりが見えない状況でお任せするワケですし、相手にとってはmm5963さんは新規顧客です。ビジネスですもん。

撮影内容からすると物撮りカメラマン1日拘束で、10万~20万(東京)(感材費別途)程度が妥当な線かなと思います。それ以上のギャラを要求するプライドいっぱいの方にオファーする案件ではないように思うのですが。特別なイメージやアングル発想が必要でもなさそうだし、ミスってたら再撮できる案件みたいですし。そこそこ来てればマックで補正できますもん。
さらにデジカメkOK且つ、mm5963さんが欲しいアングルをきっちり指示できるなら、さらに交渉はしやすくなるかと。

 
無論版権フリーで。
撮影スタートは9時現地集合くらいにしとかないと
なんだか押しそうな感じに思えます。
  
それから東京と地方では料金感覚違いますよ。
 
がんばってくださいね。
 

 




 

 

 

 

  

いくらで仕切りたいのでしょうか?
10万円なら10万円まで。20万円なら20万円までと決めて、交渉すればいいのではないでしょうか?
多分初めてのお付き合いになるのでしょうから、手始めにご挨拶料金でお願いできませんか?ってのもありだと思いますよ。こっちだって上がりが見えない状況でお任せするワケですし、相手にとってはmm5963さんは新規顧客です。ビジネスですもん。

撮影内容からすると物撮りカメラマン1日拘束で、10万~20万(東京)(感材費別途)程度が妥当な線かなと思います。そ...続きを読む

Q写真の売り込み方を教えて下さい。

カメラマンの人は広告代理店、デザイン事務所、出版社、企業等々、写真を必要とするところに売り込みに行くと聞いたのですが、どのようにアポイントメントをとればよいのでしょうか?

「フリーカメラマンとして使って頂きたいので、一度作品を見ていただけないでしょうか」

と言った電話をすれば良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

写真データをレンタルしているところも当たってみるといいかも知れません。

たまにですが、外注を募集しているケースもあります。
SOHO カメラマン、外注 カメラマン、などで検索してみてください。

何となく新しい外注先が欲しいと思っていても、激務の最中に電話が来ると断ってしまうこともあります。求人募集が出ているところを当たると、どのみち面接する時間を取るつもりでいるので、カメラマンの需要があれば会ってくれます。

もしサイトが作れたら、自分の作品をUPしておき、会う前に見て貰うと無駄足が減ります。
(無理に大枚はたいて作る必要はないと思います。)

Q写真を学ぶために留学するならどの国?

現在写真を学ぶ為に留学を考えています
色々検索してみるとイギリス・アメリカ・フランスなどが留学先として多い様ですが、実際どの国が良いのか決めかねています。
英語は以前カナダに留学した事があるので、ある程度は喋れるのですが、フランス語は喋れません。
ただ語学を勉強するのは好きなのでいざとなれば勉強してなんとか習得できるとは思っています。
上記3カ国以外でもお薦めの国などありましたら教えてください。
また実際に留学した事のある方、留学費用はどのくらいかかったかも教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

#1です。
補足ありがとうございます。ちょっと強く言い過ぎたかな~と心配しておりました。

では補足に対するアドバイスをしますね。
撮影技術から学びたいということでしたら、日本をお勧めします。
理由は2点あります。

1つは、デジタル化の波に乗れること。
今、写真業界は銀塩写真からデジタルへの転換期の真っ只中、撮影の技術や後処理の技術もフィルムの時代とはだいぶ変わってきています。デジタルカメラの分野では日本は最先端を走っていますので、その情報に常に触れられることは今後の学習・進路に大いに役立つでしょう。

2つめ、技術や技法だけに特化すれば十分な教育機関があること。
写真の専門学校も沢山ありますが、日本芸術大・大阪芸大・九産産業大・東京工芸大などの大学には写真学科がありますので論理や技術の面では十分な学習ができるでしょう。

さて、「動物や風景」が撮りたいとのことですが、非常に多くの人が取り組んでいるジャンルですので、質問者様独自の視点を育てて行かないとなかなか日の目を見るのは難しいでしょう。
私の周りではそのようなジャンルを目指している方はそれだけでは食べていけませんので「ライフワーク」として取り組まれ、普段の食い扶持はコマーシャルの撮影や、結婚式・成人式などの撮影をされている方がほとんどです。私の場合は子供たちの視線や思い付きにヒントを得ることも多いので学校写真(遠足なんかについてきていましたよね)にも従事しています。

今ひとついやなことを書きますが、
質問者様の補足からは写真の勉強がしたいという気持ちと留学したいという気持ちが混ざってしまっているように感じられました。ひとつ切り分けてみてはいかがでしょう?
技術は日本で学び、感性は海外へ出て磨くというように。

感性や独自の視点を磨くためには(留学ではなく)様ざまな土地を旅行されると良いと思います。人生をかけて伝えたい風景や動物たちに出会えるかも知れません。

上では書きませんでしたが、日本で技術を学ぼうとするとスタジオへ入ってアシスタントをしながら、著名な先生に従事しながら「技術を盗め」という道を勧められるかも知れません。写真は職人の世界だという考えからまだまだ徒弟制度のようなものが残っているのです。また日本では出版社へ写真を直接売り込みに行くようなやり方はまだまだ浸透していませんので、こういった場でコネを作るという考え方もあります。
ただしこの場合は、10年20年の下積み生活がおまけとしてついてきますので注意が必要です。

※留学に適した国を聞いているのに!勉強したいだけで生計の立て方を聞いたわけじゃない!と思われるかもれません。その場合はどうかスルーしてください。
老婆心ながら参考になればと思い書かせていただきました。
貴方の写真が貴方の人生を明るく照らす糧でありますよう、願っています。

#1です。
補足ありがとうございます。ちょっと強く言い過ぎたかな~と心配しておりました。

では補足に対するアドバイスをしますね。
撮影技術から学びたいということでしたら、日本をお勧めします。
理由は2点あります。

1つは、デジタル化の波に乗れること。
今、写真業界は銀塩写真からデジタルへの転換期の真っ只中、撮影の技術や後処理の技術もフィルムの時代とはだいぶ変わってきています。デジタルカメラの分野では日本は最先端を走っていますので、その情報に常に触れられることは今後の学習・...続きを読む

QPhotoshop で8bit /チャンネル と 16bitどちらを選ぶべき?

Photoshop 6の、イメージ→モードで、CMYKカラーやRGBカラーを選択しますが、同様に8bit /チャンネル, 16bit /チャンネルというものがあります。これはどちらを選んでおくべきでしょうか?
使用目的としては、photoshopで写真をレタッチしてから保存し、それをイラストレータに配置して印刷会社に出します。

Aベストアンサー

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修正後はトーンカーブが櫛の歯状になり画像の階調が失われたことがわかります。櫛の歯の山と山の間ではグラデーションが滑らかにつながらず、色の段差が発生するのです。軽い補正ならまずわかりませんが、大きく補正した場合にたとえば青空の緩いグラデーションに色の段差が見えることがあります。
16ビット階調のメリットは、このトーンジャンプを軽減できることです。16ビットモードに変換してから補正すると、トーンカーブのでこぼこが小さくて済みます。階調がほとんど失われずに画像補整が可能になります。
デメリットとして16ビット階調の方が当然データ量は倍になるので、パソコンに負担がかかります。また16ビット階調の画像を扱えるソフトは多くはないので、他の人にデータを渡す場合は、補正後に8ビットに変換して戻しておく必要があります。
Illustratorに配置する場合も8ビットに戻して置く方が無難です。

レタッチの内容とパソコンのスペックで使い分けて下さい。
8ビットと16ビットの違いは、階調数の違いです。たとえば1チャンネル当たり白から黒まで8ビット階調で表すなら2^8=256階調使えますが、16ビット階調なら2^16=65536階調使えます。チャンネルはRGBやCMYKのそれぞれのプレーン(RGBなら3原色だから3つ・CMYKなら4原色だから4つ)に相当します。
写真の明るさやコントラストなどを調整したり、色の濃淡をいじると、トーンジャンプを起こします。修正の前後でトーンカーブを見比べると一目瞭然ですが、修...続きを読む

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Qプロのグラビアカメラマンがほとんどキヤノンのカメラを使っている理由はな

プロのグラビアカメラマンがほとんどキヤノンのカメラを使っている理由はなんでしょうか?

カメラの初心者なのですが、勉強のために写真関係の本を読んだところ、グラビアをとっているプロカメラマンの使っているカメラがほとんど1D、5Dだったのですが、なぜニコンはあまりいないのでしょうか?そんなに不利なのでしょうか?
モデルの写真を撮ってご飯を食べようと思ったらキヤノンの一択なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

不利というわけではなく、キヤノンの方がコンシューマ向け一眼レフのデジタル化へのアプローチが速かった、という理由も存在するんですよね。

D30、D60を経て、1Dに至る間に、ニコンに対するアドバンテージを積み重ねることができたんです。その後、1Dsの高画素化によって、一気に差がついた状況がありました。お試ししてみたい方は10D、20Dで試してからハイエンドを買うということもできましたから。

グラビアもそうですが、広告やファッション関係でも、中判以上のカメラでの撮影を余儀なくされていたのが、高画素化によって1DsでもギリギリOKという状況が生まれることもあったわけです。

で。

こういう機材を仕事で買うと、数年に渡って税金を支払わなければならなかったりするんですよ。また、サブ機も合わせて準備する必要があるため、イニシャルコストが高くなりすぎて、他メーカーで魅力的な機材が出てもすぐには切り替えられない状況も生まれてしまいます。そんなことが積み重なった結果、キヤノンを使う方が結果的に多く残った、というお話もあろうかと。

リースで使う場合もありますが、5年契約などになるわけです。つまり、使い続けなければいけない状況というのは、機材の善し悪しだけでもないってことなんです。


入った事務所がキヤノンなら、必然的にキヤノンを使うことになるかもしれませんが、ニコンだから食えないということではないでしょうね、特に近年は。

こんにちは。

不利というわけではなく、キヤノンの方がコンシューマ向け一眼レフのデジタル化へのアプローチが速かった、という理由も存在するんですよね。

D30、D60を経て、1Dに至る間に、ニコンに対するアドバンテージを積み重ねることができたんです。その後、1Dsの高画素化によって、一気に差がついた状況がありました。お試ししてみたい方は10D、20Dで試してからハイエンドを買うということもできましたから。

グラビアもそうですが、広告やファッション関係でも、中判以上のカメラでの撮影を余儀なくされ...続きを読む

Qイラストレーターの売り込み手段

プロのイラストレーターを目指して営業活動中の者です。
自分の絵を売り込む営業手段として他に方法は無いか考えています。
とりあえず、自分の絵に似たようなテイストの絵を使っている本の出版社をリストアップしてポートフォリオを送るか持ち込みで見てもらうか電話で先方に伺い、ポートフォリオは15社ほどに送付しました。今のところ持ち込みで受け取ってもらったのも3社あり、今後決まっている持ち込みも2社あります。
今後も他の出版社にポートフォリオの送付はしていくつもりですが、もっと他に出来ることはないものかなと…。基本、送ったら待つだけなので。
出版社以外に売り込みをかけるとしたら、どんな会社にどんな方法で営業したらいいでしょうか?
ブログなどのネットのサービスを使うことも考えましたが、アナログで描いていてかなり色調が細かい絵柄なので家庭用スキャナでスキャンしてパソコンに取り込んだ時点でかなり劣化します。それに、ネットであまりにも簡単に見れるようにすると、見た個人が気に入ってくれても自分のパソコンに保存して個人的に壁紙に使っておしまい、ということが考えられるので非生産的な感じがしなくもありません。
新作のチェックが出来るよう、一応ホームページはアップして名刺などに刷り込んではいますが、あまり積極的にはなれません。
イラストの賞も、実際に仕事につながる効果は思ったほどではないらしいし、自分の絵柄や手法を考えると向いてない賞が多いです。
CDジャケにと思いレコード会社にも問い合わせましたが、デザインを外注しているのか門前払いでした。その場合デザイン事務所に自分の絵を売り込むのでしょうか?
アナログ手法で描き込みが細かく大人っぽく、萌え要素はなく、カットや挿絵的でもないので(表紙!とか一枚の絵!とかという感じ)、自分の絵をどうやって売り出して行ったらいいか悩んでいます。
出版社へのポートフォリオ送付の他に、そういうタイプの絵の場合の効果的な営業方法があったら教えて下さい。

プロのイラストレーターを目指して営業活動中の者です。
自分の絵を売り込む営業手段として他に方法は無いか考えています。
とりあえず、自分の絵に似たようなテイストの絵を使っている本の出版社をリストアップしてポートフォリオを送るか持ち込みで見てもらうか電話で先方に伺い、ポートフォリオは15社ほどに送付しました。今のところ持ち込みで受け取ってもらったのも3社あり、今後決まっている持ち込みも2社あります。
今後も他の出版社にポートフォリオの送付はしていくつもりですが、もっと他に出来るこ...続きを読む

Aベストアンサー

 基本は「ヒト」です。
 作品を送っただけだとそれで終わりになってしまいますので、とにかくアポをとって面接させてもらった方が良いです。

 顔を合わせると情が出てきますし、その場で質問したり、他を紹介してもらえたりしますので。

 やっぱりネットに作品がないと厳しいですね。
 数点はアップしておいて、簡単なプロフィールをつけるだけでも全然違います。

 あと、今はコスト重視なので、安くてソコソコのクオリティというのが好まれますので、アート系には厳しい状況です(本もCDも売れませんし)。

 コンテストよりも、デザインフェスの方がビジネスにつながり易いかもです。
 http://designfesta.com/

Q大四切サイズのポートフォリオについて

写真のポートフォリオを制作しようと思っています。

作るのが初めてで要領がよくわかっていないので
教えていただけると助かります。

ポートフォリオのサイズで大四切(11×14インチ)サイズが
よく使われているかと思うのですが、
デジタルでの写真でポートフォリオを制作する場合、
どのようにそのサイズのポートフォリオを使うのが一般的なのでしょうか?

今まで四切や四切ワイドで写真をプリントしてもらうことが多かったのですが、
四切ワイドの写真は大四切のファイルでははみ出してしまいます。
プロラボで大四切プリントの値段を見たところ値段も張るように思えたので、
すべてを大四切にするのは現時点では難しい状況です。

四切ワイドを裁断したり、四切の写真を大四切のマットボードにいれて
ファイルにいれたりするのでしょうか(マットについても何もわかっていません)。

実物を色々見に行けたらいいのですが、外出することがしばらくは難しい状況なので
アドバイスもらえると嬉しいです。

それと、もし時間がとれた時にポートフォリオを見に行けるような
おすすめの場所があればそれも教えてもらえると助かります。
自宅兼職場は東京台東区です。

写真のポートフォリオを制作しようと思っています。

作るのが初めてで要領がよくわかっていないので
教えていただけると助かります。

ポートフォリオのサイズで大四切(11×14インチ)サイズが
よく使われているかと思うのですが、
デジタルでの写真でポートフォリオを制作する場合、
どのようにそのサイズのポートフォリオを使うのが一般的なのでしょうか?

今まで四切や四切ワイドで写真をプリントしてもらうことが多かったのですが、
四切ワイドの写真は大四切のファイルでははみ出してしまいます。
プロラボ...続きを読む

Aベストアンサー

クリアファイルに入れるということでしょうか。
私は本と考えて四つ切りに統一して正方形の縦横兼用のファイルに入れています。ファイルに入っている黒紙に貼り付けています。(8×10が混ざっていても同様に処理、小さい物や写真ではない物をレイアウトすることもできます)
ウィルストックかSBの12×12を愛用しています。
http://www.cosmosint.co.jp/php/portfolio/08_will-stock.php
ヨドバシにあります。

箱にバラで入れる方法もありますが、いっぺんに広い場所に並べられればいいのですけれど、相手に順繰りに見てもらうには不親切と言うか気を使いますね。自分でプレゼンのように見せないと。

ですがそういうのも含めて自分の作品だと思うので何か独自のやり方でも全くかまわないように思います。
学生の時はケント紙に接着して綴じ、電話帳のような物を作ったりしていました。

Q【WEB制作】画像ファイルの解像度は72?96?

WEB画像を作成するとき、MacのPhotoshopで72DPIで作成していましたが、最近制作環境がWindowsに変わりました。Winの画面解像度は96DPIですが、作るものは以前のまま72DPIの設定で作成しています。
できあがったものに問題はないのですが、どうもそのへんの違いがよくわかりません。MacとWin、いったいどっちの解像度で作成するのがいいんでしょうか?
初歩的な質問ですみませんが、教えて下さい。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的にホームページ上で使用する画像の解像度は 72dpiです。仮に72dpi以上の解像度で作られていても、画面上では同じに見えますが、解像度の高い画像ファイルは容量が大きくなるので表示に時間がかかります。

モニター解像度が大きいほど、 より広いデスクトップ環境を得ることができます。ホームページなども同様で同じサイトを閲覧していても、それぞれのモニター解像度によって見え方が異なるということになります。最近のMACのモニタもWINと同じ96dpiが標準になりつつあります。

Qカメラ(写真)に関わる仕事の種類

カメラに関わる仕事、どんな職種があるか教えて下さい。

スタジオでアシスタントや、カメラの雑誌会社など、どんな職種があるでしょうか?

フォトコンテストに応募しながら、写真に少しでも関係のある仕事をしたいと考えております。

沢山教えていただけると嬉です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

・カメラの販売店に勤める
・中古カメラ・レンズ販売店で勤める
・プロカメラマンになる
・プロカメラマンの助手になる
・写真スタジオのスタジオマンになる
・キャノンなどメーカーに勤める
・写真連盟にボランティアとして加わる
・新聞社で写真コンテストの担当になる
・パパラッチになり芸能人の追っかけをして稼ぐ
・イラク、アフガニスタンなど戦時下のフリーカメラマン
・企業の宣伝セクションに入る


思いつくのはこんな所です。


人気Q&Aランキング