人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

スキーの超初心者です、今度初めてのスキーに行きます。

とてもとれも初歩的な質問ですが、宜しくお願いいたします。

スキーセット(スキー板、ストック、ブーツ)、スキーウェア(上、下)がレンタルできると思いますが、ゴーグル、グローブと帽子はレンタルできるでしょうか、それとも自分で用意するでしょうか。


水上宝樹台スキー場へ行ったことある方はコメントして頂ければ、とても有難いです。
群馬県水上宝樹台スキー場へ行くつもりですが、2月末や3月頭ごろに4輪駆動4輪スタッドレスタイヤの車で行く場合は、チェンがなくても大丈夫でしょうか、それともやはりチェン(4つ?)も必要でしょうか?

すみませんが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

さしあたってはスキー場のことを。



水上インターを降りて暫くは、融雪パイプが敷設してあるのでスタッドレス&4DWならばさほど心配は要らないでしょう(油断は禁物ですが)。
大穴スキー場を過ぎて暫く行くと粟沢の信号があり、大抵のクルマはここを左折して峠越えのルートを行きます、この道は除雪はしてありますが、シーズン中は大抵圧雪路になっています、左折してすぐの直線ではノーマルで来てチェーン巻いてるクルマが多いです(その後の右コーナーで滑ってバンパーぶつけたことがあります、4DW&スタッドレスでした)、下りは日が当たって雪が解けてまた凍りついてアイスバーンになっていることが多いので良く事故ってます(下り始めからトンネルの間とトンネル出口が要注意)。
粟沢の信号を直進するとダム沿いの細い道を行くことになります、降雪後は時間によっては除雪していないこともあるのでオススメはしません。

チェーンは必携です、大雪の日だと帰りに坂を登れないことすらありますから(下手すると朝から夕方までに3~40cm積もります)。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

細かい道までの情報を頂いて、たいへん参考になりました。本当にありがとうございます。チェーンを持って、安全運転したいと思います。

お礼日時:2005/02/07 10:38

グローブはレンタルしているところも結構あると思いますが、


ゴーグルはあるところとないところがあると思います。
帽子はあんまり聞いたことないです、すみません。
でも、帽子なら普段も使えそうなもので、暖かいものを
ひとつ自分で買っても良いのではないでしょうか??

車はスタッドレスを履いていれば大丈夫だと思います。
スキー場までは結構除雪されている事が多いです。
ただ、チェーンは念のため積んでおくに越したことはないでしょう。

気をつけていただきたいのは、四輪駆動車が雪道に強いのは
発進時だけであり、止まる時はどの車でも性能は変わらないと言うところです。
安全運転で楽しんできてくださいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いろいろアドバイスありがとうございました。帽子やゴーグルを自分で用意します、グローブについてスキー場に確認してみます。
車について、やはりチェンを持っていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/02/04 15:52

昔、宝台樹でバイトしてました。

レンタル業務も担当したことがあります。
私がいたとき(10年ほど前)は、レンタルはスキー・靴・ストックだけで、ウェアは扱っていませんでした。現在あるかどうか不明ですが、途中にあるお店で借りられます。
ゴーグル、グローブ、帽子のレンタルは、宝台樹スキー場内だけでなく、周辺にも扱っているお店はないと思います。

よほどの悪天候でなければ帽子はなくても何とかなります。
ゴーグルも、悪天候でなければサングラスで対応できます。雪目防止のためサングラスは持って行ったほうがよいです。
グローブは怪我防止の意味でも絶対必要です。事前の購入をお勧めします。

スタッドレスであれば道は大丈夫かと思いますが、関越自動車道などチェーン規制をする場合がありますので、念のため持って行ったほうがよいかと思います。
自分で車を運転して行ったことはないので自信ないです。

折角ですので楽しんで来てくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございました。楽しいスキーと安全運転をします。

お礼日時:2005/02/04 15:54

こんにちは、


ゴーグル、グローブ、帽子のレンタルはほとんどみたことないですね^^;)

まあ、吹雪いてなければゴーグルはなくても大丈夫ですし、お天気なら安いプラスチックのサングラスでも平気でしょう。(安いゴーグルは曇りやすいんで曇り止めはもっていっといたほうがいいですよ。)
帽子もウェアのフードかぶったり、普通のキャップかぶったりスキー用にこだわる必要ないです。はたまた、なくても寒くなければ困ることはないですし。グローブも寒くなければ軍手や防水加工の自転車用のあつ手の手袋でもいいくらいw

ただ、初心者の場合、転ぶこと前提で考えれば防水スプレーもあったほうがいいですね。レンタルだとけっこう防水効果薄れているかもしれないし。尻餅ついているうちに水がしみて冷たくなっちゃいますから。

それから宝樹台ですが、随分昔ですがいきました。今もあんまり変わっていないと思いますが、雪がふるとかなりの圧雪路だったように思います。うろ覚えですがスタッドレスでもやばそうなところありました。
2月、3月といってもドカ雪降ることありますからね。チェーンはあるにこしたことないでしょう。

行く前にスキー場や(泊まりでいくなら宿)に電話をかけて道路状況を聞いてから行くのが一番です。私は車で行くときはいつもそうしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返事ありがとうございました。とても勉強になりました。一回スキー場に電話して確認してみます。

お礼日時:2005/02/04 15:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー場でグローブはレンタルできるの?

スキー場でレンタルできるものってどこまででしょうか?板、ゴーグル、スキーウェア、ブーツあたりはレンタルがあるならどこでもありそうですが、手袋?グローブや帽子などはあるんでしょうか?こういったものがほぼ全て揃っていれば、防寒具を着て手ぶらで言っても間に合いますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
私が良く行く。やぶはら高原スキー場と、高鷲スノーパークのHPで、
レンタルの確認をしてみました。

「グローブ、ゴーグル、ニット帽などは、レンタルはありませんので、売店をご利用ください。」と書いてありました。
つまり、板、ウエア、ブーツしか、レンタルしていないということでしょうね。

ですから、これらのモノは、持って行く必要があるわけです。

1番、いいのは、
身近でスキーやスノボをする知人に借りることです。
よほど神経質な人でない限り、
貸してくれると思います。

後、スキー場の近くの、個人のレンタルショップもありますが、
今までに小物を貸してくれるお店は、ありました。
行く予定のスキー場が決まったら、近くのレンタルショップをネットで検索して
調べてみると、あるかもしれません。

また、大きなスキー場の大きなホテルのレンタルコーナーでしたら、
案外、取りそろえているかもしれません。
それでしたら、問い合わせれば、分かります。
ネットでも、きっと確認できます。

とにかく、スキー場併設のレンタルは、ないでしょう。

以上、参考まで。

こんばんは。
私が良く行く。やぶはら高原スキー場と、高鷲スノーパークのHPで、
レンタルの確認をしてみました。

「グローブ、ゴーグル、ニット帽などは、レンタルはありませんので、売店をご利用ください。」と書いてありました。
つまり、板、ウエア、ブーツしか、レンタルしていないということでしょうね。

ですから、これらのモノは、持って行く必要があるわけです。

1番、いいのは、
身近でスキーやスノボをする知人に借りることです。
よほど神経質な人でない限り、
貸してくれると思います。

後、...続きを読む

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Qスキーウェアの下に着るものを教えてください

学校のスキー教室で福島まで行って3泊4日でスキーをすることになりました。
そこで質問です。
皆さんはスキーウェアの下に何を着ていますか?
私は長袖Tシャツ、パーカー、タイツ、コーデュロイの長ズボン(伸縮するものです)を着ようと思っているのですが、やめたほうがいいものや、着るといいものなどを教えてください。
あと靴下も教えてくださると嬉しいです。
厚手のほうがいいのか、学校に行くのと同じのでいいのか迷っています。
ちなみに中二の女です。
スキーセットは学校で借りることになっています。
スキーウェアとニット帽、ゴーグル、グローブは学校で借りることも出来ますが、私は自分で持って行きます。
回答お待ちしています。

Aベストアンサー

中に着る服ですが長Tはいいですねしかしパーカーはフードが邪魔になるので出来ればトレーナーの方がいいですよ。
ウエアーの中にいれると邪魔ですし変に汗をかきます。
外に出しても転べば雪がついて溶けると濡れます。
他に用意しておくとよいものにタオルがあります。
顔を洗う時に使うサイズの細長い物です。
これをスキーを滑る前、服を着るときに背中に入れておくと汗を吸収してくれて下着等が濡れて寒くなるのを防止できます。
お昼ご飯を食べている時にタオルを抜けばさっぱりとします。
再度スキーを滑る時に背中が汗で濡れていないので寒くありません。
またタオルは首に巻いておくとマフラー変わりになり、いざとなったら汗を拭いたり転んで塗れた時も拭けます。
もし吹雪いたら顔に巻いてマスクにもなります。
首に巻いて服の中に入れておけば目立ちません。
万が一誰かが転んで怪我をした時もタオルがあると止血や固定する道具になるので結構使えます。

下の服ですが出来るならジャージの方が動きやすいですよ。
スキーブーツはスネのあたりまであるので中のズボンの裾が狭かったり長いとブーツが邪魔でモコモコします。
ブーツを裾の中に入れられる太さのズボンか裾を折っても邪魔にならない物が良いです。
ジャージでしたら柔らかいので裾をブーツの中に入れることも可能です。

靴下は厚手の物の方がいいですよ。
ブーツって結構中が痛い事があるので厚手だとクッション代わりになりますしフィット感も良いです。

中に着る服ですが長Tはいいですねしかしパーカーはフードが邪魔になるので出来ればトレーナーの方がいいですよ。
ウエアーの中にいれると邪魔ですし変に汗をかきます。
外に出しても転べば雪がついて溶けると濡れます。
他に用意しておくとよいものにタオルがあります。
顔を洗う時に使うサイズの細長い物です。
これをスキーを滑る前、服を着るときに背中に入れておくと汗を吸収してくれて下着等が濡れて寒くなるのを防止できます。
お昼ご飯を食べている時にタオルを抜けばさっぱりとします。
再度スキ...続きを読む

Qスキーウェアの下は何を着たらいいのでしょうか?

この冬初めてスキーに行くことになりました。
なにせ初めてのことで、一体ウェアの下に何を着たらいいものかわかりません。どのようなものを用意すればいいのでしょうか?

(今回は初体験なのでスキー用品、ウェア、小物は一式レンタルで間に合わせようと思っています。)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は常に普段着です。

下着
その上に普通のズボンにパーカーのようなものを着て
その上にウェアを着ます。
ただし、ジーパン等動きにくくなるものは、はっきりいって疲れます。

防寒については
行かれる場所にもよるのですが
私の経験上
長野や新潟あたりでしたら今言ったような冬の普段着程度の防寒で良いはずです。
むしろ暑いかもしれません。

あと
万が一のために服を余計に持っていくことをお勧めします。
なぜなら
万が一、寒いと感じたとき無理してそのまま滑りつづけると
経験上、まず風邪をひくからです。

Qスキーウェアとスノボウェアって違うの?

今度、初めてスノボをするのですが、スキーウェアとスノボウェアはやっぱり違うのでしょうか?
どのように違うか教えてください。
また、スキーウェアでスノボをすることは無理でしょうか?
知っている方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには
このガードがついていないものもあります。ということ。
このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。
しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。
ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。
(金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため)
あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。
(これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです)
ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて
手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、...続きを読む

Qスノーボード用品のレンタルについて

こんばんは!

スノーボード初心者です。今度、友人とツアーで白馬岩岳に滑りに行くことになりました。しかし、ゴーグルと手袋を持っていません。

そこで質問なのですが、こういうものも買ったほうがいいのでしょうか??自分では、あまりスノーボードは行かないのでレンタルでいいかなと考えています。

しかし手袋、ゴーグルのレンタルを置いていないスキー場もあるという話を聞き、とても不安になっています。

初心者なので、いまいちスキー場の仕組みなどがわかりません。スキー、スノーボードに行かれたことのある方や現地に詳しい人がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

白馬周辺にはゴーグルとグローブを売っている店多いですよ。
まずグローブの方は買った方がいいと思います。
岩岳へ行く途中の道沿いの7イレブ○(八方の近く)ではボード用のグローブは¥2000台で売っていました。手に着けてみましたが、スノボ専門ショップに売っているものと変わりません。MADE IN CHA○NA ですが、専門店の物も有名メーカー製でも大半がMADE IN CHA○NA ですから。もちろん専門店で¥10000かければ、多少いいですが。

現地で調達する人は早々高価なものは購入しません。現地に置いてあるのは買い求めやすい価格のものが主流です。

ゴーグルについては何回か着けたことがありますか? もし購入される時は視野が狭くならないものを選んでください。

レンタルは置いてあったりなかったり、同じスキー場内でも箇所によりマチマチですね。ヒントは修学旅行生を積極的に受け入れてるスキー場は大体ありますね(大きい所や初心者ゲレンデが充実しているスキー場)

Qスキー初心者の必要物品リスト…

 スキー初心者です。
 急遽スキーに行くことになりそうです。

 スキーをするにあたり何が必要なのでしょう。
 スキーウェアはわかるとして...
 教えてください。

 また、必要な物のなかでレンタルができ購入の
 必要がないものはなんでしょうか。
 
 何だから色々と出費もかさなりそう...。
 そもそも今からスキーグッズを購入できるもの?
 シーズン的に、今頃買う人もいないのかなぁ。
 さっぱりわかりません。
 
 HELP!

 

Aベストアンサー

こんばんは

<レンタル可能品>
スキー板、ストック、スキーブーツ、スキーウェア

<レンタルされている可能性のあるもの>
スキーグローブ、ゴーグル、帽子(ニット帽等)

※これらはレンタルしていない場合がありますので、事前のスキー場に問い合わせをし、レンタルが無い場合はご自身で買った方が良いと思われます。

※もしtanpopo2904さんが常に眼鏡をかけておられる方なら、メガネ用ゴーグルもしくはコンタクトレンズのいずれかが必要になります。

<その他>
ネックウォーマー・・・首に巻く防寒具でアルペンなどに売っています。吹雪いたときには必須です。

アンダーシャツ・・・本当は汗を吸いにくい専用のものがあります。でも、個人的には、今回お試し程度なら、Tシャツを着て、スキーを続けそうだと思ったら専用のものを買っても良いと思います。ただ、それでは風邪をひきやすいという説もあります。

長袖ハイネックシャツもしくは長袖タートルシャツ(ユニクロなど)

薄手の長袖セーターもしくは薄手のフリース・・・吹雪いているときなどにスキーウェアの下に着ます。

タイツ・・・tanpopo2904さんが女性なら厚手のタイツで可能とおもわれますが、ストッキングは破れますので不可です。男性なら、同じくスポーツショップやユニクロに売ってます。

スポーツソックスか少し長めの靴下

日焼け止め・メンソレータムリップ

チケットホルダー(リフト券を入れるものですが、スキー場のリフト券売り場でも売っています。)

スキーグッズは大手スポーツショップ(アルペン・ヴィクトリアなど)で今でも売っており、今後もずっと続けるのなら、専用のものを買ってもいいと思います。(いまならバーゲン価格ですね)
ただ、続けるかどうかわからないなら、とりあえず身近で代用できるものがあれば使ってもいいと思います。
また、小物などはスキー場の売店等で売っていることもありますが、割高なことが多いようです。

なお、必ず汗をかきますので、日帰りでも下着などの着替えは必ず持っていかれたほうが良いと思います。

書いている途中で席を外したので、かなり重複してます。すいません。

こんばんは

<レンタル可能品>
スキー板、ストック、スキーブーツ、スキーウェア

<レンタルされている可能性のあるもの>
スキーグローブ、ゴーグル、帽子(ニット帽等)

※これらはレンタルしていない場合がありますので、事前のスキー場に問い合わせをし、レンタルが無い場合はご自身で買った方が良いと思われます。

※もしtanpopo2904さんが常に眼鏡をかけておられる方なら、メガネ用ゴーグルもしくはコンタクトレンズのいずれかが必要になります。

<その他>
ネックウォーマー・・・首に巻...続きを読む

Qサングラスとゴーグルどちらが良いですか?

昨年のスキーで スキー用のサングラスをバキッと踏んでしまいました
結構なお値段を出して購入したサングラスだったのに
あっけなく真ん中から割れてしまったのがショックだったので
外れにくく、壊れにくそうなゴーグルにしようかと思っています

サングラス=スキー  ゴーグル=スノボ と勝手なイメージがあるのと
子連れののんびりスキー(子どもにあわせてゆっくりボーゲンです)なのにゴーグルは大げさかしら・・・と心配になりまして・。

スキーヤーの皆さんはどちらをしていますか?
よいアドバイスお待ちしていますm(__)m

Aベストアンサー

こんにちは。
たぶん、土休日に行くとお手軽ファミリースキーヤーが多いので、スキー=サングラスというイメージになるんじゃないかと思います。それと「私をスキーに連れてって」世代のイメージかな?

ガッツリ滑る本格派が多い平日だと、スキーヤーのゴーグル比率がグンと上がっているような気がします。

一方、スノーボードは怪我率や初心者の死亡率がスキーより高いことから、最初からゴーグルと最低でも厚手のニット帽というのが定着しているんだと思います。

我が家は親子とも、一般ゲレンデを滑る限りはゴーグルとヘルメット完備です。(キッズゲレンデでそり滑りはともかく…)
何年か前、某有名スキー場で転んだボーダーのエッジがちょうど子供の頭に当たり、脳挫傷になったといういたましい事故がありました。
それこそ子供を股に挟んで初級コースを滑っていて、上級コースとの交差点で事故が起こったそうです。
相手がスキーであっても、外れた板が宙を舞って飛んでくることだってありえます。

そんな話を聞いてからは、2歳の子供にスキーを始めさせた時点からヘルメットですし、親も「手本」としてヘルメットを被るようにしています。

私も初心者の頃は大袈裟と思ってました。
しかし、2級を取る頃には安全性、快適性を考えたらゴーグルしか考えられなくなりました。今ではレンズカラーで3種類のゴーグルを持っていき、天候によってセレクトしています。(晴天用=偏光グレー、悪天候用=イエロー、どっちつかず=偏光ピンク)

ゴーグルも偏光でダブルレンズだと、1万円以上はします。
しかし、オークションやアウトレットで型落ちを探して5千円くらいで買ってます。
機会があればお店で試着して、どの型が自分の顔に合うかチェックしています。

こんにちは。
たぶん、土休日に行くとお手軽ファミリースキーヤーが多いので、スキー=サングラスというイメージになるんじゃないかと思います。それと「私をスキーに連れてって」世代のイメージかな?

ガッツリ滑る本格派が多い平日だと、スキーヤーのゴーグル比率がグンと上がっているような気がします。

一方、スノーボードは怪我率や初心者の死亡率がスキーより高いことから、最初からゴーグルと最低でも厚手のニット帽というのが定着しているんだと思います。

我が家は親子とも、一般ゲレンデを滑...続きを読む

Qスキー中の荷物はどうされていますか?

2~3年に1回ぐらいしか行かないので、行くたびに悩むのが、滑ってるときの荷物はどうすればいいのか?ということです。
私は女ですので、携帯・口紅・リップクリーム・ファンデーション・お金ぐらいは最低限持ちたいと思ってます。それに体温調節の為に服を1枚入れてた方が良いようにも思いますし・・・。
みなさん、滑ってる時の荷物はどのようにされていますか?

Aベストアンサー

30代前半のOLです。
同じく年に2~3回しかスキーはしない方です。
えっと、私はですね~、#2の方と同様、ウエアのポケットの中に全部入れてます。今はLLBeanのスキーウエアを愛用しているのですが、表側に4つ、中側に2つポケットがあるので、
>携帯・口紅・リップクリーム・ファンデーション・お金
上記のラインナップはそれぞれのポケットに分散させて入れてます。

で、注意すべきが、転んだときにポケットから飛び出してしまったことが過去数回あった(もちろん、転んで焦っているので落したままでした)ので、ポケットのチャック・マジックテープは忘れずにしておくことですねー。

あと、ウエストポーチは10年ぐらい前はともかく今はあまり見かけませんので、私はしません(笑)。リュックサックに関しては、上級者なら良いのですが、私のような初級者は不安定になりそうなので背負いません。
おそらく大体の方は、ポケットに必要物は押しこんでいると思いますね)^o^(

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む


人気Q&Aランキング