昨今、ゲノム研究が注目されていますが、
実際に一般人の医療(特に医薬品)は将来的にどのように変化していのでしょうか。
中期的、長期的な展望をお聞かせ下さい。

A 回答 (3件)

いくつかあると思いますが、まず


1.診断(薬)分野
  癌や特定の遺伝子疾患等の診断に応用が可能で、一部の国で問題になってますが、これが進むと生命保険で掛け金が異なり、さらにプライバシーの問題にも関連してきます。
2.医薬品分野
  疾患に関する遺伝子が同定されれば、その発現を抑制するような薬の開発が可能になります。あるいはそのような遺伝子が発現しても、タンパク質レベルでの阻害剤の開発に役立ちます。
 あるいは、最近上市されましたが、癌遺伝子で発現した抗原に対する抗体治療も可能です。

さらに、この関連の本は沢山出版されてます。
以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#1で紹介した本も参考にしてください(読み易いのでは・・・?)。

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=108082
    • good
    • 0

既にガン治療薬として臨床試験が始まっているはずですが・・・


免疫細胞にガンで変質した細胞のみを攻撃させるような治療法が確立されつつあるようです。

とりあえずはヒトゲノムの解読で遺伝的形質の病気は発見・治療の幅が広がるでしょう。
といいつつも特許権の関係で医療現場で自由に使えないという問題も起きているようです。

それにしてもゲノムとは減数分裂した生殖細胞の遺伝子と習ったのですが、なぜ人の遺伝子を指すようになったのでしょう。
その方が疑問です(-_-;)。
    • good
    • 0

今ゲノム研究の応用で最も(?)有名なのがゲノム創薬ですね。


人はみな個人個人で体質が異なります。
ある人にはよく効く薬でも、他のある人にはあまり効かなかったり・・・
そういう違いを見いだしてその人に本当にあった薬を作っていけば
治療効率が格段に向上することでしょう。
また、クローン技術との融合により体の一部だけをin vitroで培養し、
再生させることもできるかもしれません。
つまり事故などで手を失った人に新しい「本人」の手を移植できれば
拒絶反応のない移植治療が可能となるわけです。
最もこの分野では倫理の問題をまず解決して行かなくてはならないのかも
しれませんが。
あまり詳しくありませんが、ついでしゃばってしまいました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲノムの解読の意味

ゲノムの解読の意味が分からないですがお教えいただけないでしょうか。

(1)ゲノムの解読成功のニュースが時々報じられますが、時として「ゲノムのほぼ全体の解読に成功」などと100%解読したのではないことを示す修飾語が付いているように思います。通例として、100%解読でなくても「解読に成功」と言うのでしょうか。

(2)これまでに全ゲノムの解読に成功した種がいくつかあるそうですが、このようなもののうちには100%解読できたのではなく例えば99.8%を解読できたが0.2%は未解読で残っているようなものも、通例として、含まれているのでしょうか。

(3)あと僅かの未解読の部分が残っていても「解読に成功」と言うのは、通例として、その部分の解読が特に困難だからでしょうか、それとも単に時間が足らなかったが発表を急いだということでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
ゲノムの配列データベースは現在でも更新され続けています。
特に、反復配列などの中には解読が困難な領域もありますが、
遺伝子を含む可能性が低い領域でもあります。
また、DNA配列は一度配列を読んだら終わりなのではなく
何度も繰り返し解読することで、解読の精度を高めています。
また、実験動物では同種の場合では、原則的に別個体であっても同じDNA配列を持っていますが、ヒトには当然個体差があります(厳密には実験動物にもありますが)。現在では個体によって異なる塩基の情報(SNPs-スニップス)の情報も蓄積されていっています。
(2)
というわけで、当然100%解読が終了していなくても
全ゲノム解読ということになります。
(3)
ゲノム解読においては基本的に、ある程度解読が終了したところで情報を開示します。なぜならば、70~80%以上解読が終了していれば、データベースとしてある程度有用になりうるからです。その場合は”ドラフトシークエンス”という形で発表します。また、途中で公開することで需要が高まれば予算が下りてさらに解読を進められるというメリットもあります。

(1)
ゲノムの配列データベースは現在でも更新され続けています。
特に、反復配列などの中には解読が困難な領域もありますが、
遺伝子を含む可能性が低い領域でもあります。
また、DNA配列は一度配列を読んだら終わりなのではなく
何度も繰り返し解読することで、解読の精度を高めています。
また、実験動物では同種の場合では、原則的に別個体であっても同じDNA配列を持っていますが、ヒトには当然個体差があります(厳密には実験動物にもありますが)。現在では個体によって異なる塩基の情報(SNPs-スニップ...続きを読む

Qエイトマンの推進力は何で、どれくらいしょうか?

アニメのエイトマンの歌に次の一節があります。

 走れエイトマン 弾丸よりも速く 叫べ 胸を張れ 鋼鉄の胸を

これによれば、エイトマンは鋼鉄製で、弾丸よりも速く走れるということです。
実際にそのようなことは可能でしょうか?
スターウォーズなどのSF映画でも、弾丸よりもすばやく動けるロボットは登場しません。
人間と同じサイズで鋼鉄製というとかなりの重さです。
弾丸の速度は音速よりも速いのではないでしょうか?
それを二足歩行で走らせている推進力は何なのでしょうか?
電池なども可能ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歌には、「鋼鉄の胸」となっておりますが、原作では鋼鉄よりもっと強く軽い「ハイマンガンスチール」のボディで出来ていて、時速3000Kmで走り、原子力エンジンを内蔵しています。

>人間と同じサイズで鋼鉄製というとかなりの重さです。
原作では、体重は設定されておりません。

>弾丸の速度は音速よりも速いのではないでしょうか?
時速3000Kmは、秒速で833mですので、音速340m(15℃にて)の2.45倍です。

>二足歩行で走らせている推進力は何なのでしょうか?
原子力エンジンです。

>電池なども可能ですか?
現時点の電池では不可能です。

参考URL:http://www31.ocn.ne.jp/~goodold60net/eightman.htm

Qゲノムの表の意味

ゲノムについてのページをたまたま見つけたのですが、このページは何を表しているのでしょうか。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/genomes/static/gpstat.html

例えば、mammmal(哺乳動物)のcomplete(完了)が3になっていますが、この3は何を意味するのでしょうか。

Aベストアンサー

例えば、mammmal(哺乳動物)のcomplete(完了)が3になっていますが、この3は何を意味するのでしょうか。


哺乳動物の3つに関してゲノム解析が完了した

http://www.dna.affrc.go.jp/links/jp/genome.html#3

ヒト マウス ラット の3つのようです

Q数年前に行なわれたブラックホール実験の結果はどうなったのしょう?

数年前に行なわれたブラックホール実験の結果はどうなったのしょう?
ブラックホール生成実験の結果はどうなったのでしょうか?
飲み込まれたのでないことはわかるのですが、
実際にブラックホールは出来たのでしょうか?
現在はどういう状況なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LHCの実験は、開始し始めたばかりですので「ブラックホール生成実験」は行われていません。
最大出力での実験は来年以降です。
しかも、最大出力(7TeV)でもブラックホールが出来る最下限ですので、出来ない可能性のほうが可能性が大きいです。

Qゲノムの勉強をしてるのですが、 『塩基』という言葉そのものの意味が分かりません。 なぜ塩基というのか

ゲノムの勉強をしてるのですが、
『塩基』という言葉そのものの意味が分かりません。
なぜ塩基というのか
分かり易く説明して下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

https://www.shinko-keirin.co.jp/keirinkan/kori/science/ayumi/ayumi05.html
当時の人たちは,加熱した後に残る部分はもとの灰よりも堅固な物質だと思い,ギリシア語の basis(基礎)にちなんで base(塩基)と名づけた

「塩」であり「基」礎 だからではないでしょうか

Q抵抗値変化の長期的な監視

お題目の通りですが、環境や色々な負荷による 抵抗値の変化を長時間PCなどでモニタしたいと考えております。
分解能は数10mΩレベルでわかればいいのですが、それを実施するのに適した既存機材・手法があれば教えてください。
現在考えているのは、抵抗両端の電圧をモニタして抵抗値に置き換えることを考えております。

すいませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

抵抗の両端の電圧をモニターするのはいいですが,その場合は電流源の安定性が保証されなくてはなりません.通常は標準抵抗をさらに直列に入れ,その標準抵抗の端子電圧を測って全電流を同時にモニターするとかの方法を取ります.

最近は数万円の汎用のテスターにもPCとの接続機能があり,付属あるいは別売にしても数千円くらいのソフトと組み合わせれば安価にPCに記録するシステムは作れます.
ただし,すでに指摘されているように,テスターで測れるような変化がある場合ですけどね.1MΩに対する数10mΩと1Ωに対する10mΩでは意味が全然違うので.今のテスターはいいものでも 4 3/4 桁ってとこなので.
また,長期間となるとテスターの電源(ふつうは乾電池なので)を考えるか,AC電源の使えるものから選択するなども必要になるでしょう.

HPとかのマルチメータだと,分解能10桁とかもありますが(10桁でも1MΩだと100mΩの桁までですが),こういうのだと10万円を超える本体価格に加えて,GPIBというインターフェースボード数万円がかかります.取り込みソフトは,自作もできます.Excel とかの VBA でもその気になれば取り込みはできます.


問題はほかにもあって,環境変化をかけたりする場合,試料自体より試料と端子の接触部分の変化が大きく起こって,何を測定しているのかわからなくなる可能性もかなりあります.この辺は実験上のさまざまなノウハウが要求される部分ですね.

抵抗の両端の電圧をモニターするのはいいですが,その場合は電流源の安定性が保証されなくてはなりません.通常は標準抵抗をさらに直列に入れ,その標準抵抗の端子電圧を測って全電流を同時にモニターするとかの方法を取ります.

最近は数万円の汎用のテスターにもPCとの接続機能があり,付属あるいは別売にしても数千円くらいのソフトと組み合わせれば安価にPCに記録するシステムは作れます.
ただし,すでに指摘されているように,テスターで測れるような変化がある場合ですけどね.1MΩに対する数10mΩと1Ωに...続きを読む

Q「ヒトゲノムの解読が完了した」の意味

ヒトゲノムの解読は完了したと聞きました。

しかし、個人ごとに形質は異なるので、塩基対の配列は個人ごとに異なるのではないのでしょうか。もしそうだとすれば、塩基対の解読は1人ひとりについて(つまり、全ての人間(固体)について)行わなければ完了しないと思うのですが、なぜ1人か2人の人間(固体)の塩基対を解読しただけでヒトゲノムの解読が完了したと言うのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺伝子は生物の遺伝的な形質を規定する因子であり、遺伝情報の単位とされています。ねずみも人間も生物全てが遺伝子を持っています。その生物がその生物であるための情報が格納されています。ヒトゲノムの解読とは人が人であるための部分の解読です。人間とチンパンジーの遺伝子は約97.5%が同じといわれています。見た目であれだけ違う生物であってもそれだけの一致があります。ましてや同じ人間同士の違いはほんとわずかになります。なので「人間同士の個人の違いを解読」したのではなく「生物の中での人間の遺伝子を解読した」と考えることが正しいと思います。

Qhttp://www.src.riken.jp/のゲノム医科学センター

http://www.src.riken.jp/のゲノム医科学センターの表紙の基盤みたいなのは、なんというものですか。

Aベストアンサー

これはみんな反応器なんです。
左にある針の沢山生えたものから原料が注入されます。
穴の一つ一つに別の順番で試薬が注入されるようにコンピュータ制御されています。
ですので、この箱のようなもの1つで数十の違った核酸がつながったゲノムの組み合わせが出来ます。
それを全て別々に微生物などに注入して生物活性をみます。

Qゲノムアイランド、説明に使われているグラフの意味が良く分かりません。

ゲノムアイランドについて、ゲノムアイランドとは
他の菌から転移してきたDNA領域との説明を受けました。

そして、ノートにグラフを書いて転移領域を示されたのですが
このグラフの意味が良く分かりません。

グラフを見ると、下方に顕著に突起した緑色の領域が
転移領域であり、この部分は外来遺伝子領域であることが
漠然と分かりそうなのですが、正確に見ていくと良く分かりません。

・X軸は具体的に何を示しているのか?正の位置がアデニンとチミン、負の位置がグアニンとシトシンとありますが
各々の何を表しているのか?含有量??

・Y軸は何を表しているのか?DNAの塩基配列を末端から
番号を振っていき、その番号を表しているのか?
だとしたらYの最終値はDNAの塩基配列の数?

・そもそもこのグラフは何を示しているのか?


X軸とY軸の定義(上2問)が明らかになれば、分かるとは思うのですが。。。
多分染色体のATCGの分布を示しているかもしれませんが、
X軸とY軸が正確に何を示しているのかわからないので
グラフの意味が良く分かりません。

要は、X軸とY軸について教えていただければ
その後は考えて見ることが出来ると思うのですが、、。
もしご存知の方がいましたらお願いします。

ゲノムアイランドについて、ゲノムアイランドとは
他の菌から転移してきたDNA領域との説明を受けました。

そして、ノートにグラフを書いて転移領域を示されたのですが
このグラフの意味が良く分かりません。

グラフを見ると、下方に顕著に突起した緑色の領域が
転移領域であり、この部分は外来遺伝子領域であることが
漠然と分かりそうなのですが、正確に見ていくと良く分かりません。

・X軸は具体的に何を示しているのか?正の位置がアデニンとチミン、負の位置がグアニンとシトシンとありますが
...続きを読む

Aベストアンサー

X軸はDNAのGC含有量(%)だと思います。Y軸はDNA塩基の番号で、細菌なら普通oriCを1としてぐるりと1周です。

ある生物のゲノムを見るとGC比は全体的にほぼ同じ値になります。その中で偏りのある値が続く領域を外来のDNAとする考え方があります。

Q昨今急激に技術進歩を遂げるVR、AR分野の状況を見ると、どうやら将来の人類は現実とまったく見分けがつ

昨今急激に技術進歩を遂げるVR、AR分野の状況を見ると、どうやら将来の人類は現実とまったく見分けがつかないほどの仮想現実空間を造るところまでイノベーションを遂げる気配が濃厚になってきたのだ。

トカナの記事なのですが将来仮想現実空間を作るほどの技術に人類または 宇宙人が達することはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ないですよ。現実と見分けがつかないレベルの映像処理をリアルタイムで計算なんて無理です。
CGどれだけリアルにしても違和感なくならないでしょ?
静止画ですら無理ですよね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報