数ヶ月掛けて、天狼星シリーズを読みきりました。
次に何を読もうかなあと思っています。
やはり「緋の聖域」から順に読んでいくのが、正統でしょうか(笑)
短編ものは学生時代に読んだことがあります。

それから伊集院シリーズが出版順に解説などしているサイトを
ご存知の方がいらっしゃいましたら、合わせて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3です。



すいません、短編集は読んだことがあるのですね(汗)。
「絃の聖域」は上下巻ですから、オススメは「優しい密室」「鬼面の研究」です。

「優しい密室」
森カオルと、伊集院さんが初めて出会った時のお話です。森さんの女子高に伊集院さんが教育実習生としてやってきます。
学校内で殺人事件が起こります。

「鬼面の研究」
作家である森カオルが、「日本最後の秘境・鬼家荘」のドキュメンタリの出演をすることになり、心配した伊集院も同行。山奥の村で起こる連続殺人事件です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
森カオルさんは、初めから登場していたわけではないんですね。
最初は女子高生だったんですかあ。
今や奥様ですもんね。
登場人物がちゃんと(笑)年をとっていっているのは、知っていましたが
そんなに長い年数とは!
ますます、はまってしまいそうです^^

お礼日時:2005/02/19 00:15

こんばんは。



伊集院大介さんシリーズは、大好きです(^^)
最近は時間が取れなくて、新刊を調べていないのですが、
出版順を書き出してみようとおもいます。
見落としている分もあるかと思いますが、
ご容赦ください。

絃の聖域
優しい密室
鬼面の研究
伊集院大介の冒険
猫目石上下(大介さん主体の話ではないけれど・・・)
伊集院大介の私生活
天狼星
天狼星2
天狼星3
仮面舞踏会 伊集院大介の帰還
魔女のソナタ 伊集院大介の洞察
新・天狼星ヴァンパイア上下
真・天狼星ゾディアック1~6
タナトスゲーム 伊集院大介の世紀末
青の時代 伊集院大介の薔薇

とりあえず、持っている蔵書の出版順でした(^^;)

お勧めと言えば・・・
ゾディアックとヴァンパイアの作りが面白くて・・・
あっ、読まれてましたね(^^;)

個人的には、仮面舞踏会は、
面白いかな、と思います。
本の解説は出来ませんが、
ネタバレなしで、真っ白な気持ちで
伊集院大介ワールドを堪能するのも
一興かと思います(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ご丁寧に作品を書き出していただき、参考にさせていただきます。
>ゾディアックとヴァンパイアの作りが面白くて・・・
私もヴァンパイアの終わり方が中途半端で気になって、すぐにゾディアックを
読み始めたのですが、<("0")> びっくり!って感じでしたね。

「仮面舞踏会」は天狼星でも大活躍のアトム君が出てくる作品ですよね。
是非読んでみます^^

お礼日時:2005/02/19 00:32

私も伊集院大介の大ファンです。


昔(96年頃)栗本薫ファンの掲示板で伊集院作品のまとめをやったことがありますが、データはもうウェブにあげていません…orz

とりあえず下記のURLは出版順で紹介しているようですので、参考に…。

伊集院大介シリーズは、特に順を追って読むことはないと思います。
短編集はいろいろ、前後しておりますから。
長編はじっくり腰をすえて読みたいので、私の場合は短編集を会社の行きかえりに読み、お休みの日に長編を読むスタイルです(もう何度読んだかわかりませんw)

「天狼星」を読んだ後であれば、続けて「絃の聖域」は疲れるかもしれません(笑)。
「伊集院大介の冒険」「伊集院大介の私生活」あたりですと短編集なので楽しくゆっくり読めます。
比較的新しい短編集に「伊集院大介の新冒険」がありますが、これは一通り過去の作品を読みつくしてからのほうがいい気がします。
ちょっと伊集院さんが変わった気がする作品もありますので…。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/prophet/sugii-azuma/novel …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
URL参考にさせていただきます^^
「伊集院大介の新冒険」・・・なるほど。
ご意見、こちらも参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/02/18 23:49

私は短編から始まり、その後の順番はごちゃごちゃに読んでました。


天狼星のシリーズ以外はほとんど前後の関係は無かったと思います。好きな順に読んでいってかまわないのでは?
一通り読んでから世代順に読み直すと新しい発見があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
>一通り読んでから世代順に読み直すと新しい発見があるかもしれません。
なるほど・・・
そういう読み方もありますね。
思いつきませんでした^^

お礼日時:2005/02/17 23:12

私も、栗本薫氏のファンです。


伊集院大介探偵事務所というサイトを前に見た記憶があり、検索してみたら↓にありました。

参考URL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/tansaku/Ijuin.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
伊集院シリーズを時系列に並べてあるのはすごいですよね。
出版順のあったらよかったのですが・・・

お礼日時:2005/02/17 21:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【めくるめく】とは、どういう意味なのでしょうか。

【めくるめく】とは、どういう意味なのでしょうか。

Aベストアンサー

何かに魅せられて目がくらむ思いがするという意味で、代表例は性的な感動、官能を表すことに用います。

Qリリアン・J・ブラウンのココシリーズを読む順番

ミステリが好きで、これからリリアン・J・ブラウンのココシリーズを
読んでいこうと思っています。
最寄の図書館や本屋では1作目から順番に揃っているわけではないので、
見つけたものから順不同に読み進めていこうと思うのですが、
話的には順番に読まなくても大丈夫でしょうか?
(1作目の「猫は手がかりを読む」だけは入手済みです)
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

このシリーズは、奥さんが好きで全部読んでます。
で、奥さんいわく
「単に軽いミステリを読むならどうでもいいけど、ココとクイルとの
関係も興味があるようなら最初から読んだ方がいい」だそうです。

まぁ、最初から読んだ方がいいでしょう。

Qめくるめく!!世界ビジュアル図鑑

1/3の、めくるめく!!世界ビジュアル図鑑で、
http://ktv.jp/sp/visual/index.html
一瞬だけ見たのですが、
女性社員が下着で働いているような部分があったのですが、
いったい何だったのでしょうか??

分かる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

台湾の「オードリー・アンダーウェアー・カンパニー」という下着販売の会社。
会社のセールス記録を記念して、女性社員全員が下着姿で出勤・勤務する記念日を設けたという話です。
女性社員を対象にした「ミス下着コンテスト」も開催しているそうです。

Q御手洗潔シリーズを読む順番について

島田荘司さんの御手洗潔シリーズを読んでいます。
今まで占星術殺人事件・異邦の騎士・斜め屋敷の犯罪・暗闇坂の人喰いの木・
水晶のピラミッド・眩暈・アトポス・御手洗潔の挨拶・御手洗のダンス
と読んできていまは御手洗潔のメロディを読んでいます。
これからどういう順番で御手洗シリーズを読んでいったらいいか教えてください。
メロディはちょっと早すぎたでしょうか…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あと読んでないのは
1.龍臥邸事件(上下)と2.パロディサイト事件上下と3.パロサイ・ホテル(上下)に4.Pの密室に5.最後のディナー?くらいですかね(?_?)まあ、短編やら漫画や季刊やら他にはありますが・・・。
1~3は主に石岡君と里美ちゃんがメインですね。
4.5はたしか(しばらく読んでないので(^^ゞ))御手洗さんがメインだったと思います。
メロディはちょっと早かったかもしれないですが、読んでしまったもんはしょうがない。それに、先生の作品って必ずしも時の流れが一定ではないので、気にしなくてもよいのでは?まぁ、御手洗ファンとしては、最後のディナーは最後に読むのもまた一興かと・・・。
あと、御手洗ファンのサイトをみて決めて見るのもいいのではないかな?と思いますよ。

Q栗本薫さんの「お役者捕物帖」の続きは?

栗本薫さんの「お役者捕物帖」についてですが、
確か2冊でているだけで、2冊目も続きがあるような終わり方だったと思うのですが?
「吸血鬼」と「地獄島」の2冊だったと思います。
もし続きがあるのでしたら、知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今のところ、その2冊しか刊行されていませんし、続編の執筆予定も
アナウンスされていません。

Q高田崇史の『Q.E.D』シリーズを読んでいたのですが、『Q.E.D出雲

高田崇史の『Q.E.D』シリーズを読んでいたのですが、『Q.E.D出雲神伝説』を読み終えた時、ふと最後の辺りで「あれ?これは最終回なのでは…!?」と思ったんですが、皆さんはどう思われましたか?

Aベストアンサー

「あと3作で完結する予定」との発言を知っていたので、出雲神とあと2作だろうなと思っています。

Q栗本薫さんのSF作品でおすすめは?

栗本薫さん著作のSF作品で「グインサーガ」シリーズのような超長編ではなく、上中下ぐらいで完結している面白い作品があれば3作品ぐらい推薦していただけないでしょうか?

ミステリー系の作品はわりと読んでいるのですが、SFはまだ読んだことがありません。かといって、あまりにも長いとちょっと疲れるので、1冊から3冊ぐらいまでの長さのSFを読んでみようと思いましたので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人的には、「 レダ 」 が好きです。
昔から栗本女史の作品はジャンルを問わず大概読んでいますが、この作品は
グインよりも最も好きかもしれません。
ボー・ミーツ・ガール系のSF作品です。かなり昔の作品なので、現在の作品に
比べて文章が若い感じがします。
元々の四六版ハードカバーは既に絶版ですが、異常な程ぶ熱い本でした。
文庫版では上中下の三巻に分けられています。
版元は早川書房です。

Q伊集院静氏の著作 「海峡」

「ぼくのボールが君にとどけば」以来、氏を読み漁っております。読売新聞の「読書の風景」欄に「海峡」という著作が3部作のひとつとして紹介されていました。やはり最初からよみたいので、他2作と読むべき
順序をご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして。「海峡」シリーズを読みましたので、お役に立つかわかりませんが、回答させて頂きます。

(1)海峡 幼年篇
(2)海峡 少年篇・・・「春雷」
(3)海峡 青春篇・・・「岬へ」

この順でいいのではないかと思います。

※アマゾンのHPで書籍の検索をされると詳しく判ると思います

Q伊集院大介の年齢 - 【伊集院大介シリーズ(著・栗本薫)】

お世話になっています。

最近、栗本薫さん著作の【伊集院大介シリーズ】に興味をもち、ぜひ読んでみようと思っております。

そこでお伺いしたいのが、各作品の、主人公・伊集院の年齢です。
こちらのシリーズ、長編短編を合わせると随分な作品数になりますよね。時間としても、長きに渡っているものと勝手に思っているのですが…
各作品内で、伊集院がどれくらいの年齢なのかを知りたいのです。
時系列に沿って読みたいわけではないので、詳細でなくて構いません。
「少年」「青年」「壮年」または、「20代」「30代」「40代」といったことが、作品中の記述から分かるのであれば、ぜひ教えていただきたく思います。
というのも、とっかかりとして、少年~青年期(せめて30代半ばくらいまで)のものが読みやすそう(入りやすそう)だな、と思っているからです。
この時期の作品がどのくらいあるのか存じませんので、まったく見当違いな希望でしたら申し訳ございません。

特に興味があるのは【天狼星シリーズ】なのですが、このあたりの伊集院は幾つくらいなのでしょうか?
その他にも、読み始めとして良さそうなものがあれば、ご紹介ください。

質問がバラバラとして判りづらい点などあるかと存じますが、何卒、宜しくお願い致します。

お世話になっています。

最近、栗本薫さん著作の【伊集院大介シリーズ】に興味をもち、ぜひ読んでみようと思っております。

そこでお伺いしたいのが、各作品の、主人公・伊集院の年齢です。
こちらのシリーズ、長編短編を合わせると随分な作品数になりますよね。時間としても、長きに渡っているものと勝手に思っているのですが…
各作品内で、伊集院がどれくらいの年齢なのかを知りたいのです。
時系列に沿って読みたいわけではないので、詳細でなくて構いません。
「少年」「青年」「壮年」または、「20...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
伊集院大介フリークです(笑)

そうですね、シリーズが長くなってて
結構、レギュラー陣とか変わってますからね・・・
一番最初の「絃の聖域」から・・・ってのは、無理でしょうか?

wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E9%9B%86%E9%99%A2%E5%A4%A7%E4%BB%8B

伊集院大介ワールドも結構広いので・・・

天狼星シリーズは、と言えば
11冊ありますね。
天狼星の時点で、何歳だったか、
と読み返しましたが、
「30~45歳のいくつにでもみえる」
程度ですしね・・・

「何歳である」と記載されていたことはなかったと思います。

とっかかり・・・と言いますか、
読みやすい短編として
「伊集院大介の冒険」
「伊集院大介の私生活」
あたりをお勧めしようかと思います。

参考になったら嬉しいです。

Q「罪と罰」「こころ」「緋文字」のような本を探しています。

・罪の意識とその苦悩が描かれている。
・人間の悲しさ切なさ寂しさに触れることができる。
・読んでいて胸が痛くなる。

こういった作品をご存知の方、お教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

三浦綾子の「氷点」はいかがでしょうか。
人間のエゴや弱さ、愛情とは何か、などいろいろ考えさせられます。
長い小説なんですけど、引き込まれます。

久しぶりに読みたくなってきました…


人気Q&Aランキング

おすすめ情報