貿易会社を作る際にどのような手続きが必要なのでしょうか? 

法人(貿易会社)としての許可、届出、その他の法手続きを簡単に教えてください。

全くの素人なので、参考のサイトもあれば教えてもらえると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金融機関で外為担当経験者です。


貿易の基礎知識なら下記URLをご覧になるようお勧めします。
ジェトロ(JETORO)HP「輸出入実務の流れ」http://www.jetro.go.jp/basic_trade/


海外業者への販売(輸出)、海外業者からの仕入れ(輸入)は基本的に個人でも法人でも自由に出来ます。

ただし、取り扱い商品によって規制を受けます。武器弾薬、麻薬等薬物は厳重な規制を受けます。
食品関係=食品衛生法、医薬品・化粧品類=薬事法、動植物=ワシントン条約や検疫法、どの分野の商品を取り扱うかによって、各省庁の許認可・届出が必要な場合があります。

法人設立は通常の有限会社法・商法(株式会社、合資会社、合名会社等)の手続きにより商業登記すればよいです。税務署・都道府県・市町村に開業届け、労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所にも届出が必要です。

また銀行など外国為替取扱い金融機関取引は不可欠です。輸出L/C受取、輸出手形買取・取立、輸入L/C開設、輸入ユーザンス利用、為替先物予約利用など与信取引が出来るかどうかもポイントです。

参考URL:http://www.jetro.go.jp/basic_trade/
    • good
    • 11

まず、会社をつくる方法等は過去にも何度も類似テーマが出ています。

例えば有限会社を設立すればいいのです。行政書士に頼むのが一番簡単。有限会社の設立方法のような本も出版されています。貿易をする会社だからといって特殊なことは何もありません。

次に、貿易を立ち上げたいのであれば、必ずしも会社設立は必要ありません。知人にも、資本金準備の問題があり、個人として独立して頑張って貿易をやられている方がいます。将来お金が余裕で来たら会社組織にすると言われています。会社にこだわる必要があるのかどうかも再チェックしてください。

「貿易会社という会社を作る」は意味が分かりにくい。要するに会社を設立して、貿易の仕事をしたいのでしょう。設立時の定款にどのような商品の貿易の仕事かをある程度具体的に書く必要がありますが、手続きは普通の会社設立と同じです。

例えばアルコール類の貿易販売には、そのような免許というか許可が必要ということはあります。商品により規制の可能性はあります。
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易業を営む(起業)ためにはどうすればよいでしょうか?現在浪人生です。

 僕は今浪人1年なのですが、今まさに人生の非常に大きな(おそらく人生で最大の)分岐点にたっています。
と言いますのは将来の夢について深く考えた結果、いわゆる世間通りのレールの上に沿ったやり方では僕の夢は決して実現しないからです。その将来の夢と言うものが "限りなく大きな財産を貯蓄する事を目標とするため「将来的には」貿易会社を営みたい。(そしてできれば世界を回れるような仕事)" と言う事なのですが、これがまた難しく一体何をどうすればよいのか全く分からない状態です。
 そこで質問させて頂くのですが、上記の夢を実現させるためには具体的にはどんな資格があるでしょうか?
自分なりに調べてみたのですが米MBAはどうでしょうか?ただ、米MBAを取得すれば世界の会社で働けるらしいですが夢である"大きな財産を築くため貿易会社を営みたい"という事が本当にできるのでしょうか?

Aベストアンサー

 ABC_CBAさん こんばんは

 現在浪人生との事ですが、近い将来はどうするつもりですが??大学に進学する予定ですか??それとも何か違う事を考えていますか??ともかく今は色々な事を勉強する時期だと私は思います。夢を実現する為の起業をするのは多分10年位は先の話だろと思います。それは起業する為にはそれなりの費用がかかり、それを貯めなければならないからです。

 夢は「大金持ちになりたい」と言う事ですが、全ての起業をする人たちはお金持ちになる事を夢見て起業しています。そしてほとんどの人達は、毎日死ぬほど頑張って何とか生活が成り立つと言うのが実情なんです。そう言う時代で有りながらも、大金持ちになった人なった人(例えばフォーブスに名前が載る様な世界的な大金持ちの人)を勉強する事に何かのヒントがあるんだろうと思います。
 例えばマイクロソフト社のビル・ゲーイツ氏もアップルコンピュターの創始者のスティーブ・ジョブス氏とスティーブ・ヴォズニアック氏も、大金持ちになりたいと言う夢を持って起業したものの、果たして大金持ちになれるかどうか解らない状態で起業したんだろうと想像します。彼らの場合は、彼らが出来る事・したい事を純粋に一生懸命仕事としてしただけだと思います。その仕事が単に時代のニーズに合っただけなんだと思います。
 アップルコンピュターの場合は、スティーブ・ジョブス氏の自宅の駐車場を改造した小さな仕事場で,自分達が使いたいコンピュターを作ると言う事からスタートして、今の大企業が有るわけです。それが単に時代がコンピュター化して行くと言う時代背景にまさに合っただけなんです。ですから、ABC_CBAさんの場合も自分には何が出来るかと言う事を見つめる事。または、何をしたいかと言う事を見つめる事(もちろん夢見たいな事ではなくて、現実性がある事で・・・)そしてその出来る事・したい事の中で、時代のニーズに合うもの(一歩だけでも時代を先読みをして・・・)を見つける事だと思います。

 大金持ちになる方法として貿易会社を起業するとした場合、最初は小さな小さな会社からのスタートですから、社長と言えども御自ら動いて買い付け等をする事になります。その時に必要なのが語学です。世界的に言うと、日本語を話せる人はほんの僅かです。最低でも世界標準語化している英語は話せるように勉強しましょう。その上で中国語を話せるようになると良いと思います。
 商売を成功させる鉄則の1つが、仕入れ値が安く質の良い物を安価で売る事と私は考えています。それを成り立たせる為には、日本みたいな労働賃金の高い所で生産された商品ではなく、中国・東南アジア等の労働力の安い所で生産された製品と言う事になります。そう言う所には、既に架橋と呼ばれる中国系の商売上手な人たちが進出している可能性が高いでしょ。と言う事を考えると中国語を話せるようにする必要が高いと思います。

 資格については,私は貿易会社の事を全く知りませんので何にも言えません。起業するにはタイミングがあると私は考えています。私の場合は小さな小さな薬局を5年前に開局しました。大学に入った当時から薬局開局を夢見て勉強し薬剤師の資格を取りました。5年前父が病死し、父が営んでいた時計・眼鏡の店舗をどうすると言う話になった時に、これぞチャンスと言う事で開局したんです。それと同様に、ABC_CBAさんも起業できるチャンスが来る時があるかと思います。そう言うチャンスの時には、資格側からABC_CBAさんに近づいて来ると思いますよ。資格がABC_CBAさんに近づいて来るとは、簡単に資格が取れる様になると言う事ではなくて、起業(貿易会社)に必要な資格が解ると言う事です。そうなってから資格を取られても遅くないと私は思います。


 長々書きましたが、お解りになりましたでしょうか??

 ABC_CBAさん こんばんは

 現在浪人生との事ですが、近い将来はどうするつもりですが??大学に進学する予定ですか??それとも何か違う事を考えていますか??ともかく今は色々な事を勉強する時期だと私は思います。夢を実現する為の起業をするのは多分10年位は先の話だろと思います。それは起業する為にはそれなりの費用がかかり、それを貯めなければならないからです。

 夢は「大金持ちになりたい」と言う事ですが、全ての起業をする人たちはお金持ちになる事を夢見て起業しています。そしてほとん...続きを読む

Q総合商社を設立したい!

無理ですかね?(^^; 総合商社設立するのって・・・でもそういう大きな会社つくってみたいんです、だけど資金とかノウハウとか・・・なんか総合商社って色々な事業をやっていて、それらすべての知識というかノウハウというか、やっぱり全部必要なんですかね?「お金さえ用意できていれば大丈夫なんじゃないの」って、誰か言ってたけど、でもそのお金も集めるの大変ですよね・・・

Aベストアンサー

大きな会社を作りたい、いいじゃないですか~
頑張りましょう!判っていらっしゃるようですしネ

資金
企業経営の根幹を成すものですから、大切です。

ノウハウ
企業の営業利益一般を誘導手段として大切です。

知識
無知は企業経営にとって罪悪です。

信頼
起業するならば貴方の世間からの信頼が必要です。



短期的には残念ながら無理でしょう。
大量の資金を保有されているのであれば双日を買い占めてみたらいかがでしょう?

他の方も書いていらっしゃいますが、
「唯一無双な商権」の確立を確保した後、その商権を軸として裾野を広げてゆくしことになるでしょう。

但し、soboyaさんの仰る総合商社のイメージが私のものと異なり、街角で不特定多数の顧客を相手に多種の物品を販売する商事会社、であるならば、その限りではありません。

頑張りましょう。
夢を見つけたなら、計画的に追いかけ続けないと
「ただの遠吠え」になってしまいますよ

Q個人で輸出したい

こんにちは。よろしくお願いいたします(礼)

実は仲介として海外に日本の中古品を輸出する予定で動いています。全くの副業感覚で、会社名義でなく個人名義でやるつもりですが、初めてなのでどうしたらよい分かりません。どこに相談したらよいかも良く分かりません。対国内側の仕入先は個人売買で良いでしょうか?領収書とか求められたときは個人名義で出しても大丈夫でしょうか?また、海外の買い手に対しては、お金の送金など振込みは個人名義の口座で大丈夫でしょうか?ものの数がかなりあるので、税関に引っかかったりしないのか心配です。また、これって売買取引となるので、個人でも確定申告(青?白?)とかもしないとだめでしょうか?年度末の税金申告などをやはりやらないといけないでしょうか?

毎日ネットや本とか探してますが、なかなか出てきません。途方にくれていますので、どなたか良きアドバイスをください。もし相談できる所がありましたら是非教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

副業感覚とはいえ新ビジネスを立ち上げようとされるのは立派と思います。色々大変な面があると思いますが成功すれば独立企業ができるのでは。

ただNO.3さんが言われているように
<基礎知識と実務経験がなければ、かなりリスキーです。
と思います。貿易はリスクとの戦いともいえますから。

ビジネス詳細分からないので、一般論で気がついた点を指摘します。
会社組織にせず個人でやられている人は珍しくないので、基本的にはこの点問題ないと思います。もちろん税務手続きをしないといけません。銀行口座・通帳等は、別のを新しく作る方がいいと思います。社名でないですが、トレード名をつけたほうがいいか。

輸出型起業でついて回ることですが、最初は消費税の還付を受けることは無理。仕入時加算の消費税は戻ってきません。(前年度までに課税業者の届出を税務署にすれば新年度から課税業者になり還付権利が生じるのですが)

通関の際、各商品の非該当証明が必要です、これはどうされますか? 入手できないと、なかなか大変ですよ。

資金繰りのこと指摘の回答者がおられますが、前金を受け取ってから仕入先に支払うべきでしょうね。

正確に言うと、本取引は、古物商の資格が必要かもしれません。(自信なし)

あと、どんなんか形でも、見積・契約の作成、通関時の英文invoice、packing list等の作成が必要ですね。通関業者、運送業者の選定も。これも慣れが必要な部分。

上記を総合的に解決に近づけるには、小さい貿易商社や、貿易コンサルタントをしている人に相談するのが一番いいと思うのですが。インターネットだけでは最適者にめぐり合えるかどうか。私が手伝たいくらいです。やはりJETRO相談がいいか。

ところで質問者さんは、その商品や仕入先に強いのですか?向け先国に?貿易実務に?多分どれか1つに接点があってのビジネス化の運びでしょうが。ぜひ頑張ってください。

副業感覚とはいえ新ビジネスを立ち上げようとされるのは立派と思います。色々大変な面があると思いますが成功すれば独立企業ができるのでは。

ただNO.3さんが言われているように
<基礎知識と実務経験がなければ、かなりリスキーです。
と思います。貿易はリスクとの戦いともいえますから。

ビジネス詳細分からないので、一般論で気がついた点を指摘します。
会社組織にせず個人でやられている人は珍しくないので、基本的にはこの点問題ないと思います。もちろん税務手続きをしないといけません。銀行口座...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q貿易の仕事に必要なものは何ですか?

貿易の仕事に就きたくて貿易実務の勉強をしています。本当に実務の仕事にこの貿易実務検定が必要なのかはなはだ疑問なのですが。通関士の資格も必要ですか。英語はどのレベルが必要ですか。貿易の仕事に必要なものを教えてください。実務に関わった方の体験談が聞ければ光栄です。

Aベストアンサー

英語力は高ければ高いにこしたことはありませんが若い方なら最初はTOEICで550点くらいあればいいんじゃないでしょうか。恋愛映画を字幕なしで鑑賞する力よりも商品説明や交渉事を流暢ではなくとも正確に行う英語力のほうが重要です(後述します)。

貿易の仕事につきたい、ということですが派遣等で貿易実務(輸出の買取書類を作成する等)ならば貿易実務検定に合格していることは有利でしょう。また資格をとる、とらないは別にして貿易のおおまかな流れを知る上で時間があれば勉強しておいてもいいと思います。通関士は乙仲をめざす以外は特に資格として必要ではありません。

勉強は実務が一番ですがそれができない環境の場合、机上の独学としてはじめての人に一番のおすすめは商業英語検定試験ですね。英文自体が古臭いものが多く、そのままでは実務に役立てることは難しいですが自然にLC,船積み案内、ディスクレなどの用語を勉強すうことになるので貿易実務の初歩知識としてもある程度の有効性はあると思います。

「狭い意味での貿易実務」をやりたいのか「貿易営業」をやりたいのかで助言は変わってきます。貿易営業は最後には商品知識と営業センス、それとそれらを英語(もしくは相手国の言葉)で表現できることがもっとも重要になります。

英語力は高ければ高いにこしたことはありませんが若い方なら最初はTOEICで550点くらいあればいいんじゃないでしょうか。恋愛映画を字幕なしで鑑賞する力よりも商品説明や交渉事を流暢ではなくとも正確に行う英語力のほうが重要です(後述します)。

貿易の仕事につきたい、ということですが派遣等で貿易実務(輸出の買取書類を作成する等)ならば貿易実務検定に合格していることは有利でしょう。また資格をとる、とらないは別にして貿易のおおまかな流れを知る上で時間があれば勉強しておいてもいいと思...続きを読む

Q個人で観光ガイド業を

 タイトルの通り観光ガイド業を始めようと思っております。規模はワゴン車を使い、2~3人のお客さんを乗せて自分の詳しい地区めぐりをしてお客さんに満足してもらおうという程度のものです。売りは普通の観光ツアー等では出来ない様なサービス(例えばお客さんの行きたい場所のリクエストやわがままを聞き入れられるサービスやバス等ではいけない狭い場所や路地裏の名店等)を売りにするつもりです。そこでお聞きしたいのが、この様な商売をするに当たって二種免許等、必要な資格はありますでしょうか?なにぶんど素人なので一からご教授をお願い致します。

Aベストアンサー

旅館の送迎のようにそれ自体営業行為ではない場合を除いて、移動目的で客を乗せて運行すると、旅客営業行為になります。これにはバス・タクシー会社などを開業するのと同様に「一般乗用自動車運送事業経営免許」が必要で、事業認可も受けなければならず、運転者も二種免許が必要です。タクシー会社は「営業地域」というなわばりで既存業者が支配地域を分け合い、それに沿った行政の指導がありますから、素人でそうした事業を始めるのは不可能に近いと思います。無認可ですると「白タク」営業で即お縄となります。
また、観光ガイド業は主要観光地では地元業者保護のため、届出制や認可制をとっているようですが、旅行客に随伴するツアーガイドなどは実質無免許で、離島などは地元で勝手に始めているのが定着してとくに行政の関与はない(認可制でも実態重視で黙認かも)ようなので、タクシーなどを使ってするなら可能でしょう。但し、それでは客が付いて利益がでるような形には無理かもしれません。
10人くらいまとめてバス会社の貸切マイクロバス(もちろん運転手付き)を借りて行えば営業可能かもしれませんが、これには他のレスの通り、旅行業の免許が必要です。
結局個人で同様の仕事を始めるには、旅行会社に勤めるか、旅行会社と個人でガイドの契約をして仕事をもらうかしかないでしょう。個人の契約ガイドは語学など特技がないと難しいと思います。
同じ趣旨で「観光タクシー」が観光地にはあります。似たような事業に既存の事業者がすでに存在する事業では、免許や許認可がなくても個人で始めることは厳しいものです。もっと誰も思いつかないような、びっくりするくらい斬新なアイデアを考えてみてください。

旅館の送迎のようにそれ自体営業行為ではない場合を除いて、移動目的で客を乗せて運行すると、旅客営業行為になります。これにはバス・タクシー会社などを開業するのと同様に「一般乗用自動車運送事業経営免許」が必要で、事業認可も受けなければならず、運転者も二種免許が必要です。タクシー会社は「営業地域」というなわばりで既存業者が支配地域を分け合い、それに沿った行政の指導がありますから、素人でそうした事業を始めるのは不可能に近いと思います。無認可ですると「白タク」営業で即お縄となります。
...続きを読む

Qアパレルの会社(個人事業)をやりたい!

自分のセンスの洋服を揃えたアパレル関係(婦人服)の
会社をやりたいと思ってますが、
1からまったく何もわかっておりません(~_~;)
まず、仕入れはどうするのでしょうか?
資金はいくらくらいからできますでしょうか?
(始めは、HPやネットショップで売っていきたいと思っております)

仕入れの問屋さんの探し方もわかりません。
アパレル関係の会社にまずは勤めて、問屋先を盗んでくるものなのでしょうか?
しかし、問屋が見つかったとしても
会社も起こしていない人に入店・購入させてくれるものなのでしょうか?
会社設立はどうやったら・・・?

本当に無知で、こんな私が会社設立など大きい事を言ってるようですが
ゆっくり勉強していきたいと思います。
まずは、1から簡単に教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 mayu1357さん こんばんは

 ここでmayu1357さんが質問している内容は、アパレル店(例えネット上だけのショップであっても)を開業する方なら最低でも知らなければならない内容です。そう言う事すら知らない状況ですから、まずはバイトでも良いですからどこかのアパレル店にお勤めになる事をお勧めします。真面目に仕事をしていれば、商品の入荷確認等で仕入れ伝票を目にする機会が多々有ると思います。仕入れ伝票には商品を仕入れる問屋さんの住所・名称等が必ず記載されています。まずはそうやって仕入れ問屋さんを覚えましょう。
 真面目に仕事を一生懸命していればそして洋服等の感覚の優れている方なら、例えバイトであっても展示会に行かせて頂ける可能性は高いです。そうやって最新のモード・これからの売れ筋等を勉強しましょう。もちろんJJ・Ray・オッジ等の誰でも読む事が出来るファッション雑誌(それも将来開店しようとしているショップの想定客年齢に合った雑誌)は必ず定期購読しましょう。そうやって多角的に情報を得る事は最低必要です。

 ほぼ全ての問屋さんは、一般人には小売しません。したがって上記の方法で勉強した問屋さんから仕入れる場合、事業として仕入れる事を証明しなければなりません。私の場合は7年前に薬局を開局した者なのですが、薬局の場合は保健所で「薬局開設許可」が取れて無いと開業すら出来ません。したがって問屋さんと取引契約をする場合は、まず「薬局開設許可証」の確認から始まります。しかし、アパレル店の場合は薬局式の公的な事業者の証明書みたいな物が有りません。最低でも個人事業主になっての起業でしょうから、税務署に提出する「個人事業主の開廃業届け」で「私は事業でアパレル店をします。(又はしています。)」と言う証明が出来ると思います。そう言う方法で、問屋さんと契約を行なったらどうでしょうか???
 又は東京の日暮里ですと繊維関係の問屋さんが一般人向けにほぼ問屋価格で販売している問屋街があります。そう言う所で、仕入れをするのも方法かと思います。日暮里の場合は、わざわざ事業者としての契約をしなくても仕入れる事が可能です。

 ネットショップで開店したいとの事ですが、#1さんの言われる通りまずはオークションから始められると良いと思います。ネットショップと個人の不要品を売るネットオークションでは、ネットモールの契約等色々な違いが有りますが、売れるための商品の名前付け・値段設定・商品写真の撮り方等基本的な部分は全く変わりません。ネットオークションで個人の不用品を売る事も十分将来のネットショップ開店の勉強になると思います。

 資金については、どの程度の商品を置くかによって、又は若向けの低価格商品をメインで売るのか・アダルト向けの高給品を売るのかによっても商品仕入れ価格が違いますから、幾等必要かと決れても私には解りかねます。まずは客層(対象年齢)と普段使いの低価格品を売るのか・お出かけやデート等のおしゃれな高級品を売りたいのか位が最低決ってないとどの程度の資金が必要か決らないと思います。例えばTシャツ専門店と毛皮屋さんでは仕入れに掛かる費用が違う訳ですから・・・。又同じ毛皮屋さんでも最近流行りの若向けのフェイクファー~ラビットファーを扱うのとブルーフォックス等を扱うのとでは資金が違って当たり前だと思います。
 私が小さな薬局を開局した時には商品の仕入れに500万円掛かりました。小さいなりにも実店舗にそれなりの商品を陳列しなければなりませんからそれなりに費用が掛かったわけです。ネットショップと言う事でリアル店舗の無い状態での起業を考えても、商品に200万円~300万円は掛かるかも知れませんね。それと開店直後はmayu1357さんのショップ自体の存在が知られておらず、思ったより売上が上がらないのが事実です。したがって生活費を出せるだけの売上が上がるかどうか解りません。と言う事を考えた数か月分の生活費、それ以外に運転資金等考えると最低でも5~600万円・欲を言えば1000万円は必要かも知れませんね。一般にどんな商売でも1000万円有れば十分とは言わなくても事業を始める事が出来る資金と言われていますから、1000万円目標に自己資金・融資等で資金集めをされると良いでしょう。一般に融資を受ける場合、必要な事業資金の半分以上は自己資金を持っていると言う事が基準で融資しますから、500万円以上は自己資金を貯められる事を最低の目標で資金作りを考えられたら良いと思います。

 以上簡単にアパレルショップを開業する事を纏めてみました。色々勉強する中で解らない事が出たら、又質問されたらと思います。

 mayu1357さん こんばんは

 ここでmayu1357さんが質問している内容は、アパレル店(例えネット上だけのショップであっても)を開業する方なら最低でも知らなければならない内容です。そう言う事すら知らない状況ですから、まずはバイトでも良いですからどこかのアパレル店にお勤めになる事をお勧めします。真面目に仕事をしていれば、商品の入荷確認等で仕入れ伝票を目にする機会が多々有ると思います。仕入れ伝票には商品を仕入れる問屋さんの住所・名称等が必ず記載されています。まずはそうやって仕入れ...続きを読む

Q100万円以上の現金の持ち出し

海外に現金を持っていく際日本円で100万円以上は申告義務がありますよね。
でも、それ以上の現金を手荷物の中や洋服のポケットに入れた場合、
持ち物の検査のX線で判明するのでしょうか?
万一分かると没収ですか?

お札についてる金属マークで探知機に反応するのでしょうか?
海外に口座を開く際現金で入金にたいので、ご存知の方いらしたら教えて下さい。
また、申告する場合、どのような申告になるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 米ドル札だと、お札に極細の金属線が混入されており、札束になると
金属探知機に反応します。日本の紙幣については公表されていませんが、
発見されてしまう可能性は高いと思います。

 海外への持ち出しですが、実は日本を出るときより、海外で入国する
ときのほうが危険です。ここで未申告がバレると、有無も言わずに没収
されて、取り戻せない可能性が高いのです。多額の現金を持ち歩くのは
麻薬取引など違法なマネーだというのが海外では常識だからです。

 もし米国の銀行に入金するのであれば、トラベラーズチェックを手数
料なしで受け付けてくれますよ。1000 ドル TC にすれば、100 万円でも
10 枚にしかな鳴らないので安心です。なお、TC であっても 100 万円を
超える場合は申告が必要なのでお気をつけください。

Q法人輸入の仕方について

昨年暮れ新設した法人が、輸入をする事になりました。
そして…輸入の事など何も知らない私に『輸入の仕方を調べて来い』と、上からお達しが…。
まず、どう動いたら良いのかも分からず、ここに質問させて頂きました。
法人が自社の[商品]として、外国品を輸入する場合、まず初めにどうすれば良いのでしょうか?
どこで手続きをして、何が必要なのでしょうか?
済みませんが、どなたか詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

個人でも法人でも、輸入に何が必要かといえば、輸入通関作業です。
要は輸入貨物を正しく把握し、通関作業をすればそれに伴って必要な手続が判明してきます。
そして、極力簡単に言い切ってしまうと、その通関に必要なものは書類(Invoice,Packing,B/Lなど)だけです。
他の回答者さんが申しておりますように、商品によっては薬事法やら食品届けやら必要になるかも知れませんが、まずは輸入する貨物が税関的に何であるかを把握する事から始めれば良いのです。
1.輸入貨物の日本到着の確認をする
2.税関に申告する
3.輸入許可になる
4.納税をする
5.貨物引取り、配送をする
参考URLに税関HPを貼っておきます。
大まかな流れのチャートなどもありますので、眺めてください。
これで、上の方には説明できるでしょう。

で、以下は、恐らく担当になるであろう質問者様にアドバイスです。
まず、始める事。通関業者を探してください。

法人の輸入申告は通常通関士によりなされます。
しかし、その通関士は通関業に従事しないと取れない資格なので実質通関業者が輸入申告をする事になります。
要は、法人である貴社が自分で申告する事は(出来ないとは申しませんが)かなり難しいことなので、輸入作業には通関業者がどうしても必要なのです。

次に、その業者さんに扱い予定貨物のHS code(税関の統計品目番号)を調べてもらいます。微妙な貨物でしたら、一緒に税関に出向く事も必要でしょう。
そこで、貨物のコードが判明すると、それに伴って必要な他法令が判明しますし税率も分かってきます。
ここで商品の税込み概算価格を計算し、商売になるか検討したりもします。

そこまで準備が出来たら、現地に船積依頼をします。
最低でも、決済方法(送金なのか、書類買取なのかなど)、商品の建値("インコタームズ"という取引条件が一般的です。これは貿易をするつもりなら一度じっくり調べた方が良い単語ですよ)、船積スケジュールは決めておきましょう。

かなり多岐にわたる知識が必要なので、分からない事は業者さんと相談して下さい。

そして、(まだ何を言っているか?だと思いますが)慣れてきたら、輸出入者符号をとったり、納税方法を延納にしたりと質問者さんの腕の見せ所もありますよ。

この欄だけで詳しく述べる事は不可能なので、大まかですが、あとは頑張って調べてみてください。
"貿易実務"などで検索しても、結構詳しいHPがかかったりしますから。

参考URL:http://www.customs.go.jp/

個人でも法人でも、輸入に何が必要かといえば、輸入通関作業です。
要は輸入貨物を正しく把握し、通関作業をすればそれに伴って必要な手続が判明してきます。
そして、極力簡単に言い切ってしまうと、その通関に必要なものは書類(Invoice,Packing,B/Lなど)だけです。
他の回答者さんが申しておりますように、商品によっては薬事法やら食品届けやら必要になるかも知れませんが、まずは輸入する貨物が税関的に何であるかを把握する事から始めれば良いのです。
1.輸入貨物の日本到着の確認をする
2.税関に申告す...続きを読む

Qたまに、会社を複数持っている社長さんが居ますが、ひとつの会社でいろんな

たまに、会社を複数持っている社長さんが居ますが、ひとつの会社でいろんな部門を持っている会社もあります。(YAMAHAとかUNIKUROとか)会社を複数作るのは何か意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

リスクの分散、税金対策なども考えられるでしょう。
許認可事業の場合、複数の事業を同一法人でできない場合もあります。

複数法人の場合、複数の法人が出資し設立する場合もありますし、1社100%出資で法人を設立する場合もあります。
親子・関連会社などの場合、損害が生じて倒産させずに吸収させることもありますし、利益が出る部門を独立させて法人化することもありますね。

私も小さい会社の役員ですが、複数の法人の役員です。私の会社の場合には税金対策が中心ですね。また、メインの法人で危ない橋を渡りたくないような場合には、別会社で対応します。リスク回避で最悪倒産させればよいわけですからね。

小さい会社なんて、実費で数十万円と資本金の見せ金があれば法人を作れますからね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報