動物の体が生きている内に腐敗しない理由は、白血球などの免疫細胞のおかげだと聞きました。ならば植物や単細胞生物など白血球を持っていそうもない生物はどうやって自分の体を腐敗から守っているのでしょうか?とても興味があります。どなたか関連する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひお教えください。

A 回答 (2件)

植物のことは詳しくないのですが。

。。
単細胞生物にとっての免疫(生体防御)とは、主にウイルスに対する防御といえます。
ウイルスとは蛋白質の殻に詰まった遺伝情報ですが、単細胞生物には、ウイルスDNA(もしくはRNA)の侵入を受けると、この核酸を特定の位置で切断する酵素(制限酵素)が存在します。
制限酵素とは、細菌に他の細菌由来のDNAを放り込むとそのDNAは速やかに分解されてしまうという現象からみつかったもので、EcoRIやHindIIIなんかが有名ですね。
細菌はこの酵素によって自分自身のDNAが損傷を受けないように、制限酵素で切断を受ける位置にあらかじめメチル化などの化学修飾を施しているわけです。
まぁそんな感じで、多細胞生物と異なり、単細胞生物ではこのような単純な働きによる防御機構が主流のようです。
それでもダメなら死ぬんでしょうね。
集団の中でおかしな個体が増え続けるよりも死を選んだ方が賢いという判断で、これもまた単細胞生物の種の保存という視点から見れば生体防御の一環なのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔、単なる実験用ツールとして使っていたエコアールワンやヒンドスリーにそんな由来があったとは知りませんでした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/15 23:00

植物は免疫系の代わりに、


病原体や傷害、乾燥などの外的ストレスに応答する
植物独自の防御システムを持っています。
それには特定の化学物質群がかかわっていて、これらの化学物質は
エリシター (elicitor) と名付けられています。

ですがその作用機構に関しては
今のところほとんどわかっていないのが現実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いまだに不明ですか、それが知りたかったので感謝します。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/15 23:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝臓の血液検査/免疫性肝炎

肝臓の血液検査/免疫性肝炎

A病院で血液検査の結果肝臓の数値が高いと言われる。
B病院で肝臓だけの血液検査をした所
GOT13/GPT15 と正常でした。

しかし抗平滑筋抗体がMAX20のところ20と出ていたため、免疫性肝炎と診断されました。半年に一度血液検査をしましょう。と。

20と言う数値は微妙な数値と言われましたが「診断は免疫性肝炎です。」とはっきり言われました。

免疫性肝炎だったら大変な病気なんじゃないかと思ってしまいますが、ワタシはそうなのか、、、自覚がありません。

身長166cm弱、体重50kg前後、体脂肪率27%位、来月で32才です。
飲酒はここ2年、1~2ヶ月に一度程度。
その前は毎日晩酌ビール1l程度です。飲むと決めた日は浴びる様に飲んでいました。
20才の頃から飲み過ぎると胃から肩にかけて重く痛み、冷や汗?脂汗?をかいて動けなくなる事がたまにありました。

生活習慣を見直しています。
肝臓が良くない事は自覚しました。
しかし、免疫性肝炎となると。。。。違う気が。。。

セカンドピニオンを受けた方がいいのか迷い中です。

詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。

肝臓の血液検査/免疫性肝炎

A病院で血液検査の結果肝臓の数値が高いと言われる。
B病院で肝臓だけの血液検査をした所
GOT13/GPT15 と正常でした。

しかし抗平滑筋抗体がMAX20のところ20と出ていたため、免疫性肝炎と診断されました。半年に一度血液検査をしましょう。と。

20と言う数値は微妙な数値と言われましたが「診断は免疫性肝炎です。」とはっきり言われました。

免疫性肝炎だったら大変な病気なんじゃないかと思ってしまいますが、ワタシはそうなのか、、、自覚がありません。

身長166cm弱、...続きを読む

Aベストアンサー

抗平滑筋抗体は特異性が低い(下記HP参照)ので、抗平滑筋抗体が陽性としてもすぐに自己免疫性肝炎と診断できるわけではなく、他の要素(γグロブリンの量など)を調べる必要があります。が、
>飲むと決めた日は浴びる様に飲んでいました。
と、いままでめちゃくちゃしていた”つけ”がきている訳ですから、素直に半年から一年毎に検査を受けるべきと思います。ちゃんとした生活をしていてもASTやALTがあがってしまい、ステロイドを飲みましょうと言われた時にセカンドオピニオンを求めればいいかと思います。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/045_f.htm

Q免疫について正しいものを全て選んでください。 1、細胞性免疫とはキラーT細胞が直接異物を攻撃する

免疫について正しいものを全て選んでください。


1、細胞性免疫とはキラーT細胞が直接異物を攻撃することを指す。

2、液性免疫とはB細胞が抗体を産生して異物を攻撃することを指す。

3、自然免疫は原始的な免疫と言われ、昆虫も自然免疫を持つ。


1番の「キラーT細胞」が間違えていることは確かなのですが、2番と3番、どちらが正しいのか、或いは両問題とも正しいのか分かりません。教えてください。

Aベストアンサー

いずれの質問も表現が微妙な言い回しなのでちょっと意地悪な言い方ですが…
1.2.も”…だけ”ではないのでバツですね。
1. は例えばマクロファージの貪食作用なんかもあるし、2.は補体なんかもあるでしょ。
3.は”原始的な免疫と言われ”って部分が正しいのかどうかは意地悪な言い方をすれば主観的だからバツかもしれないけど、昆虫も自然免疫をもつことはまるでしょ。自然免疫に重要なレセプターのtollはハエでみつかったんだっけ?

Q肝臓の痛み

1年ほど前に肝臓の辺りが痛くなりましたが1週間程で治りました。それから最近になりたまに身体を右に傾けた時に軽い痛みを感じましたがまた何日かで治りました。それからまた最近痛みがあり肋骨を押すと痛みがあったのですが何時間かで治り今は痛くないのですが何の病気でしょうか?肝臓病を調べたのですがいろいろありますが口の中が3年ぐらい前からざらざらした感じになっています。自己免疫肝炎だと急速に肝硬変になると書いていたのですがどれぐらいの期間なんでしょうか?

Aベストアンサー

肝臓は、別名「沈黙の臓器」とも言われ、ちょっと悪くなったくらいでは痛みは感じません。

肝臓のあたりが痛いだけで他の臓器が原因で腹痛が起こっていることも考えられます。

肝炎や肝硬変ですと痛む以前に黄疸が見られると思うのですが
そのような症状も見られるのでしょうか?

http://www.idrugstore.com/health_topics_BN_view.asp?T_ID=14

http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000095.html

参考URL:http://www.idrugstore.com/health_topics_BN_view.asp?T_ID=14

Q生物の発生についての質問です。 骨は体節でつくられ、血球は側板でつくられると書いてありました。 血球

生物の発生についての質問です。

骨は体節でつくられ、血球は側板でつくられると書いてありました。

血球は、骨の骨髄でつくられるのではないのですか…?

なぜ別々のところからつくられるのでしょうか。
教えて頂きたいです!

Aベストアンサー

>生物の発生についての質問です。
生物では発生中と成体では器官の機能が異なりますが、それを認識していますか?
>血球は、骨の骨髄でつくられるのではないのですか…?
これは成体における機能で、発生中の機能ではありません。発生学の簡単なのを読んで下さい。
>なぜ別々のところからつくられるのでしょうか。
これは進化論に属する疑問で、現在の臓器の機能だけ追求しても答えは出ません、かなり高度な質問になりますから、進化論あるいは解剖学の教授(もちろん大学教授)に訊いて下さい。

Q免疫と微熱

 去年10月に風邪をひいた後微熱が続いているのですがいろんな検査をしましたが原因はわかりません。(かなりつらいです。)

 ですがほぼ同期間他者からのストレスを受け続けていました。 最近動悸が常に速く常に緊張状態が続き自律神経がおかしくなったのを自覚しました。

 そこで環境を変え心療内科でレキソタンを飲んでいると1週間ほどで動悸は少し穏やかになってきて改善の兆しが見られます。ただ微熱は相変わらず変化ありません。

 現在、ひとつの可能性として免疫を考えています。風邪をひいた事とストレスにより免疫力が落ちているのは明らかでしょう、しかし疑問なのは落ちているとしても現在体内にウイルスや細菌(特に風邪の)はいないと思うのですが、CRP値も0です。 なのに微熱が出ることは考えられますか? それも8ヶ月も、、、 
 素人なので免疫やそれに関する病気もよく知りません。 どなたか免疫に関して教えてください。 
 甲状腺も異常無しですし、血液検査では肝臓なども異常無しです。

Aベストアンサー

こんにちは。投稿を拝見しまして甲状腺と肝臓の検査をされているとのことで、おそらくだるさや疲れが取れない症状なのでは?と思い書きこみさせていただきます。

慢性疲労症候群(CFS)という病気があるのをご存知でしょうか?詳しくは大阪大学CFSホームページなど参考になさると良いかと思います。この病気は風邪のような症状をきっかけに発症される方も多く代表的な症状として、微熱、頭痛、咽喉の痛み、酷い疲労感等々があります。

まだ認知している医師も少なく検査しても異常が見当たらない為に心療内科や女性ですと婦人科に回される事も少なくない様です。

原因は免疫とも脳のとも言われておりますが今のところは不明で確固たる治療法も見つかっていないのが現状です。症状に心当たりがあれば是非お調べになり専門医の診断を仰ぐ事をお薦め致します。

参考URL:http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/bldon/www/cfshome.html

Q原生生物と単細胞生物

原生生物と単細胞生物にあてはまる生物の例として最も適当な組合せを次の1~4のうちから一つ選べ。
1.ネンジュモ、ミドリムシ
2.ゾウリムシ、クロレラ
3.ミドリムシ、ワムシ
4.大腸菌、ユレモ

原生生物はこのうちゾウリムシとミドリムシですから1、4が消えワムシは多細胞でクロレラが単細胞生物ですから答えは2ですよね。

Aベストアンサー

答えは 2 でいいと思います。

なお出題者の意図としては,2 種とも原生生物かつ単細胞生物の組み合わせを選ばせたいように見えます。
クロレラも原生生物として問題ありません。

Q肝臓癌告知後→肝機能向上したら・・・

父の肝臓癌やリウマチことで何回かご質問させていただいているのですが、昨日お医者様より最初診察したときより肝機能が良くなってますとの話しがありました。これはいいことですか?父はリウマチも発症しているので関節リウマチの疑いということで昨日膠原病、アレルギー科を受診しました。肝臓癌と関節リウマチの治療をすすめることになるのですが肝臓癌の告知後、40年以上続けているお酒を断ち、免疫力を高めるという本をみながら乳酸菌や納豆や人参りんごジュースなどなど色々2ヶ月続けてきました。今後の検査治療していく段階でいいことなのでしょうか?

Aベストアンサー

主人は最終的には、肝不全で亡くなりました。肝機能はかなりよくなって、本人も自慢していました。でも、良くなったのは間違いないし、努力が実ったことには間違いありません。でもでも、素人判断は禁物。何でも担当医に聞くのが一番ですよ。流れをご存知ですから。あまり疑問が多いのなら、セカンドオピニオンをとるのもいいと思います。病は気から、父上をはげましてあげて、ほめてあげてくださいね。

Q体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

体細胞クローン、iPS細胞、ドリー、ES細胞・・・

といろいろ聞くのですが、いまいち違いがよくわかりません。

確か、
ES細胞はヒトの未受精卵は何にでも分化できる全能性をもつので、
そこからクローンを作るが、ヒトとなるのが可能な胚を使うのが倫理的に問題ありで、△。

一方IPS細胞は、体細胞?から脱分化させるんでしたっけ?
いまいちよくわかりません。

クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

ドリーは乳腺細胞からの核を用いて作られたはずだから、
ES細胞かIPS細胞かというと、IPS細胞?から
それとも、分類自体が間違っていますか。

よくわからなくて…

教えていただけるとありがたいです。
(大学受験レベルで御願いします。)

Aベストアンサー

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正しい言い方かどうかは分かりませんが、iPSはES細胞と同様にゲノムに修飾が入っていない状態を作り出すことでES細胞と同様の機能を持ちます。
*ゲノムへの修飾とは、クロマチンやDNAに情報(メチル化など)を書き込むことで転写の制御などに働く。大学受験の範囲外なので、スルーして下さい。

・体細胞クローン
>クローン作成に生殖細胞を用いるではなく…といった場合は、ES細胞のことをいっているんでしょうか。

この場合に用いられているものを体細胞クローンといいます。
その名の通り、体細胞から核取り出してきて、受精卵に入れ、クローンを作る。
ドリーは体細胞から作られたクローンです。
体細胞クローンは非常に効率が悪いです。


質問を読むと、どうやらクローンと幹細胞(ES、iPS)の区別がうまく付いてないように思えます。
ここで言われているクローンというのは、同じ遺伝情報を持つ個体のこと。
幹細胞は分化能を持つ(分化する先が決まっていない)細胞のこと。受精卵ではないので、個体にはならないはず・・・?
ES、iPS細胞はクローン作製用の細胞ではないです。

・ES細胞
ES細胞は発生初期の細胞ですので、受精卵から作ります。
倫理的に問題視されているのもこの点です。
ES細胞からはクローンは作れるとはおもいますが、それは有意義な活用法ではありません。
再生医療(ES細胞から目的の臓器を作り移植するとか)に期待されています。

・iPS細胞
iPS細胞は、人工的に作ったES細胞だと考えていただいてかまいません。
(分化後の細胞から)人工的に作製するので、倫理的な問題が少ないことが、注目視されている理由のひとつ。
脱分化させているというのは、正し...続きを読む

Q免疫細胞療法について

私の身内で人口透析を10年以上受けている者がいますが最近肝臓癌から肺に転移して余命宣告をうけ治療方法がないとの事ですがネットで免疫療法を見つけましたがこの療法を受けて方もしくは知り合いで、どんな効果があったか知りたいです、あるいは効果なしとか、教えて下さいよろしくお願い致します

Aベストアンサー

http://www.gankeijiban.com/bbs/jbbsdata/
こちらで闘病記、blogや意見交換など様々な議論がなされています。

実際にガンが小さくなった、腫瘍マーカー数値改善
余命半年が2年生きれた、高い金額払ったワリには効果がわからなかった。

いろんな意見があります。

Q細胞性免疫は体液性免疫と似ている?

「細胞性免疫は、体液性免疫あるいは抗原抗体反応と似ている」という内容の文章を見かけました。



それによると、


1、体内に侵入した抗原を食細胞が分解

2、抗原の情報がヘルパーT細胞に届く

3、ヘルパーT細胞がその情報をB細胞に伝える

4、B細胞が抗体の産生や抗体情報の記憶を行なう

5、食細胞が抗原を攻撃


・・・といったプロセスを、細胞性免疫もだいたい同じように辿るとのことでした。

この文章の中では「目立った違いといえば攻撃役が小さな食細胞か大きなキラーT細胞かということくらい」とされていたのですが、

私としては


・細胞性免疫にB細胞は関与しないはず

・キラーT細胞は本当に食細胞より大きいのか、具体的に両者はどの程度の大きさなのか


といった疑問が残りました。

どちらか片方でも構いませんので、どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>細胞性免疫にB細胞は関与しないはず

はい、その通りです。
B細胞は、♯1さんの仰る通り、確かに抗原提示細胞としての役割を持っています。
しかし、それは『同じ抗原によって活性化された』ヘルパーT細胞に、自分を活性化して貰う為です。
要するに、ヘルパーT細胞を呼ぶ為の、言わば『目印』として抗原提示をするのです。
これは、あくまでも体液性免疫の一環です。
細胞性免疫の過程への影響が全くゼロかと言うとそうではないかもしれませんが、概ね『B細胞は体液性免疫にのみ関与する』という解釈で問題無いでしょう。


確かに、細胞性免疫と体液性免疫の過程は似ています。

しかし、体液性免疫で
>5、食細胞が抗原を攻撃
といきなり書くのはちょっと微妙な気もしますね…。
B細胞が産生する抗体が抗原に結合(抗原抗体反応)する事で、食細胞による食作用を増強している、と言う方が正確でしょう。
また、体液性免疫において食細胞が関与しない過程もありますから…。

『小さな』食細胞という表現も気になりますね…。
T細胞よりは、マクロファージや樹状細胞などの食細胞の方が大きいと思います。(T細胞は大きい必要はありませんが、食細胞は大きくないと相手を『食べ』られませんから。)
具体的な大きさは調べないと分かりませんが…。


一つ可能性として考えられるのが、その文章の筆者が「『細胞性免疫』と『先天性免疫』をごっちゃにしているのではないか?」ということです。(まあ、きちんとした書籍ならその可能性は低いでしょうけど…。)

細胞性免疫や体液性免疫は、両方共『後天性免疫』です。
『獲得免疫』とも呼ばれます。
これは、抗原に対して特異的な免疫である、つまり、ある抗原が入ってきてから初めて、その抗原に対して発現する免疫だからです。

対して『先天性免疫』というのは、生まれた時から備わっています。
免疫の過程は特異的ではありません。

先天性免疫では、確かに(小さいか分かりませんが)食細胞達が活躍します。
好酸球や好中球などです。
また、食細胞ではありませんが、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる細胞による攻撃も、先天性免疫の一つです。

先天性後天性両方に関与する食細胞もいますし、キラーT細胞とナチュラルキラー細胞も名前が似てますし、その辺りがごっちゃになっている可能性は有り得ると思います。


ええと、こんな感じで良いのかな…。
分かりにくかったらすみません。

>細胞性免疫にB細胞は関与しないはず

はい、その通りです。
B細胞は、♯1さんの仰る通り、確かに抗原提示細胞としての役割を持っています。
しかし、それは『同じ抗原によって活性化された』ヘルパーT細胞に、自分を活性化して貰う為です。
要するに、ヘルパーT細胞を呼ぶ為の、言わば『目印』として抗原提示をするのです。
これは、あくまでも体液性免疫の一環です。
細胞性免疫の過程への影響が全くゼロかと言うとそうではないかもしれませんが、概ね『B細胞は体液性免疫にのみ関与する』という解釈で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報