お風呂に入る度に気になってましたが、浴槽の内側にびっしり泡の壁ができること、ありますよね。絵を描いて遊ぶ人もいると思います。
あれは、お湯の中の空気が集まった状態なんでしょうか。なぜいつも同じようにならないんでしょうか。お湯の温度や水栓の開き加減で変わってくるんでしょうか。
科学のカテで質問するのは恥ずかしい気もしますが、どなたか教えて下さい。

A 回答 (3件)

うちでも良くなります(笑)


これは前にテレビでやってたのですが、泡が発生する原因は<静電気>だそうです。家庭浴槽の内側は大体プラスチックのような素材で、ものが擦れる「この場合は、水とぶつかる事で」発生してマイナス極側の浴槽に着くことがあります。
あと人が入ると体の毛にも泡がつくことがありますが、これも静電気が体内にたまった状態でお風呂に入ると起こる現象です。

気になるようでしたら、入浴前に新聞紙を1枚浴槽に3~5秒ほど浮かべると発生しにくくなるようで、一番風呂のピリピリした感じもやわらげるみたいですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。勉強になりました。
うちの浴槽は今は金属のものですが、プラスチック素材のような時もなっていました。よく磨いてつるっとした状態なら泡もひっかかるところがないから、つきにくいのかもしれませんね。

それにしても、新聞紙5秒にどんな作用があるのか、詳しい方の科学的な解説を聞かせてもらえませんかねえ。面白いですよね。

お礼日時:2005/03/14 19:58

>>新聞紙5秒にどんな作用があるのか、


汚いです、やめた方が良い。
新聞紙は油性印刷インクで濡れています。これをお湯(水も)の上に乗せると、脂質の単分子膜がお湯の上に出来ます。このまま入ると身体にこの油膜がべったりと付きます。ここまでは知られている事実です。
もし「静電気」という情報が正しいなら電気的な作用を妨害するのでしょう。
我が家では風呂桶には気泡は付きません、多分毎回お湯を張る前に洗剤で洗うため、別に「きれいになった」分けではなく表面に気泡が発生しにくくなったためだと思います。
我が家の上水は粘土だらけ浴室もカビだらけですのできれいさとは関係ないもよう。
人間が入ると体中の毛から泡が出ます。それも数分続く。
我が家の風呂はガスの自動風呂なので、始めに注ぎ込まれるお湯の中の空気が抜けることなく過飽和になっているのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
印刷インキ、汚いですか(笑)、なんか身体に黒いのがつきそうですね。浴槽も筋状に汚れがつきそう。見えない程度かもしれないけど。実験はやめておきます。
もしかして、浴槽が濡れてるときと乾いているときでは差が出ますかね? こっちは実験できそうです。

お礼日時:2005/03/14 23:04

お湯を注ぎいれるときに、空気も混ざります。

その空気が湯船の内側にくっついているのです。

ただ、キレイにお掃除をしていれば、そんなに泡は着きません。

お掃除の程度でも変わると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。
浴槽の壁が汚いと泡がつくんですか? 掃除してないから? 耳が痛いですが(笑)掃除した日でもつくことあるように思います、やり方が悪いからかしら。

お礼日時:2005/03/14 18:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお風呂の浴槽についた泡

お風呂の浴槽についた泡
小学生の子供から質問されました。沸かしたお風呂に初めに入る時浴槽の壁に小さな泡がたくさんついているのはどうしてでしょうか?お湯の中に入っていた空気かな?と思ったのですが、どうして壁についているのか分かりません。どなたか教えてください!

Aベストアンサー

「お湯の中に入っていた(溶けていた)空気」で正解だと思います。

気体は液体の温度が低いほどよく溶けるので、
風呂を沸かすと溶けきれなくなった空気が追い出されます。

このとき、追い出すにしても「状態変化のきっかけが欲しい」ので、
追い出し先は「水とそれ以外の境界」になりやすい(他のモノと接触することで刺激される)。
そういうわけでお風呂の場合は(鍋とコンロでも同じか)壁沿いに気泡ができて、
壁の凸凹をとっかかりにして浮き上がらずに耐えている様子が見える、と。

炭酸飲料を振ってから開けると噴き出すのはこの「きっかけ」が多すぎる状態になっているから、
また「きっかけ」を与えないように静か~~に氷点下まで冷やした水のコップを
ちょっと叩いてやるとそこから連鎖反応してコップの中全体が一瞬で凍る。


ちなみに、一番風呂に入ってできるだけ動かずにいると、
ヒトの体にもけっこうな泡がついてくれます(皮膚や体毛の凹凸と体の動きが「きっかけ」になる)。
どれだけ付けられるかお子さんに頑張ってもらっては?

Q浴槽にお湯を溜めると泡が・・・なぜ?

夕方にお湯を溜めて入浴し、翌朝は入浴剤を入れて入浴後流しています。
そして夕方に浴槽を洗い入浴・・・と繰り返していますが、最近どうも
浴槽に泡が浮くようになりました。
洗い残しかと思い、洗剤の量を減らして流すことに力を入れていますが
それでも日によって泡が浮きます。ブクブクの泡ではなく(笑)浴槽に浸かり
角度によって「あれ?」と感じる程度で、数回表面をすくって捨てると
消えてなくなります。

原因は何でしょう?入念に流しているので、洗い残しとは考え難いのですが。
パイプに残った入浴剤が溶け込んでいるのでしょうか?でも、それなら
泡立たないですよね。
浴槽に浸かることができず困っています。心当たりのある方、ご意見お寄せ下さい!

Aベストアンサー

うーん。 
たぶん風呂釜の方に洗剤か前の日の入浴剤が残っているのでしょうね。

穴が2つあるでしょう?
その下の方を手で押さえ、上の穴から勢い良くシャワーのお水を入れてみて下さい。
一杯になって、上の穴からあふれるまでです。
それを毎日3~4回していれば 綺麗に入れ替わると思いますよ。

それでもダメなら、当分の間、洗剤と入浴剤を使用しないでみて下さい。
それでもまだ泡立つならば、水道水とか他に原因があるのかも知れません。

Qお風呂 体に着く気泡 何?

こんにちは、
お風呂に入ると体の表面や毛に気泡が着いているのですが、この気泡は水に吸収されていた空気なのでしょうか?
ふと、思って質問してみました。

何かお分かりの方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 空気で間違いありません。

 人によっては、泡の正体は
塩素だろうという方もおられますが、空気です。

 新しい水を使って
お風呂を沸かしたときに良く起こる現象です。

 泡は、身体に付く以外に、お湯の中でも発生します。
 すると、お湯が泡で真っ白になることがあります。

Q泡が壁面にくっつくのは…

気泡が壁面にくっつき,集まりやすいのはなぜでしょうか?
ビールをグラスに注いだ時などがその例です.
圧力とか,壁面の温度が関係しているのかなと,
思うのですが…もともと物理が得意なわけでもないですし,
よくわかりません...
どなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

表面張力のせいです。
液体の分子と分子の間には引力(分子間力)が働いているので、液体の表面では表面積を小さくする方向の力が働きます。これを表面張力といいます。

気泡が発生するときには、表面張力に逆らって表面積を大きくしなければなりませんから、エネルギーが必要です。しかし、壁面では、気泡が壁面についている分だけ表面積が少なく、エネルギーが少なくてすむので、気泡が発生しやすくなります。さらに、気泡が壁から離れるにもエネルギーが必要(表面積が増加するため)なので、気泡は壁にくっついたままなかなか離れません。

参考URLに数式による説明があります。

参考URL:http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/labs/theory/kato/kato/genko/May/May.html

Q沸騰の時の泡は空気、それとも水蒸気?

 水が沸騰する時水中から出る泡は空気なのでしょうか、それとも水蒸気なのでしょうか。
 できれば理由も教えていただけると大変嬉しく思います。 
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

沸騰する前に出てくるぽつぽつとした泡は空気だね。
水温が高くなると溶解度が落ちるからガスになって上がってくるのだよ。

沸騰し始めればほとんどが水蒸気だね。
鍋やフラスコの下が温められてそこからガス化して
水蒸気になって上がってくるのだよ。

Qお風呂の白い石膏のようなかたまり、汚れ?

お風呂に、白い石膏のようなかたまりが薄くついています。
その汚れを取る方法を教えてください。


結婚してすぐに体調を崩し、実家で一年ほど療養し、
自宅に戻りました。

すると、お風呂の扉や、イスや鏡などに、白い汚れがたまっていました。
以前、テレビで“界面活性剤の蓄積”と言っていたような気が...(記憶が定かではないですが。)


これは、結局、何の汚れなんでしょう?
ブラシなどでこするとだいぶ落ちますが、全部取り切るにはすごく大変です。

そこで、その汚れを浮かせたいと思い、
手持ちのセスキか、クエン酸は効くのかな?と、悩んでいます。

もしくは、このどちらでもなく、
この汚れに有効な成分のものがあるのでしょうか。


この汚れの正体を知っている方、
落とし方がわかる方、
セスキとクエン酸に詳しい方、
居りましたらお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

白い石膏のようなかたまりはカルシウム成分です。これですとクエン酸で溶けます。水溶液で洗うだけで落ちない場合は何回も繰り返します。

クエン酸は強い酸ではありませんから下地を冒すことはほとんどありませんので水を加えてネバネバ状にしたものを塗りつけてしばらくしてから水洗するのもよいです。下地が心配でしたら目に付かない個所でお試しして下さい。

なお風呂ですと石鹸かすや油脂成分の汚れもあるでしょう。これらはクエン酸とは反対のアルカリ性の薬剤で落とせます。セスキは重曹と同じようなアルカリ薬剤です。

大ごとにはなりませんがクエン酸に重曹等を混ぜるようなことは止めましょう(この場合ジュワジュワと泡が出ますがこれは炭酸ガスで危険なものではありません)。
【注】トイレ用の酸性洗剤と風呂/台所/洗濯機用の塩素系洗剤を混ぜると猛毒の塩素ガスが発生して大変危険です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報