検索して似た質問があったのですが、
遅延損害金の計算方法が理解出来ませんでしたので
教えて下さい。宜しくお願いします。


例えば…

所定の期日までに支払わない場合は年率14%の
遅延損害金を取りますよ、という契約で

1,000万円の保証金をを2004年10月末日までに
支払うという約束になっているのに2005年2月末日になっても払わない。

2005年2月末日までの、遅延損害金を計算して請求したい。

どうすれば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1) 1,000万円の支払期日 2004.10.31



(2) 遅延損害金の計算始期は2004.11.01で遅延日数は

   2005.2.28迄の120日となります。


                     
(3) 計算式1,000万円×遅延日数×365分の0.14遅延損

   害金年率となります

(4) 1,000万円×遅延日数120日=12億円÷365日×0.14


=460,273円となります。               
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早急な回答ありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2005/03/17 18:51

金額の計算方法は他の方が回答されているようですので


遅延日数の算出についてお書きします

この場合、10月末日が期限ですから、
遅延損害金の計算開始日は#2の方の通り、11月1日になります。

また、日数計算には両端(りょうば)と片端(かたは)
という二つの計算方法があります。

from~toの両方の日付を日数に含めるのが両端で
from~toのうち、一方は日数に含まないのは片端となります。

11月1日~2月28日ですと、両端では120日ですが、
片端では119日となります。

金融機関などで遅延損害金を計算する場合、
計算開始日:延滞発生日
計算終了日:請求する日付
で、片端計算する場合が多いです

この場合、引き続き延滞している先の次回の計算開始日は、今回の請求日付になります
    • good
    • 6
この回答へのお礼

両端と片端、初めて聞きました。
ありがとうございました。


仕事上で困ってしまい、今日初めて「教えてgoo」を利用したのですが
皆様とても丁寧に教えて下さって、感激しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/18 00:47

2004.10.31 - 2005.2.28 .......121日



10,000,000 x 0.14 x 121/365 = 464,000

464,000円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お早い回答ありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2005/03/17 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金買い取り金買い取りなんですがもし1g4200円だとします。買い取り価格も同じ金額なのでしょ

金買い取り

金買い取りなんですが
もし1g4200円だとします。
買い取り価格も同じ金額なのでしょうか?

Aベストアンサー

それでは買い取り業者に利益が出ません。

買い取り業は利益が出なければ、そんな仕事しません。

24k、地金以外の加工品には購入時より素晴らしく安い価格がつきます。

金地金でも手数料は必ず付きます。

ご参考まで。

Q金銭借用書の遅延損害金

金銭借用書作成時にサンプルを見ていたら、「元金を毎月返済期日に返済できなかったときは、遅滞元金についてその遅滞日数に応じて年○%の割合による損害金を借主は支払うものとする。」とありました。
この遅滞元金とは、遅滞したときの残元金に%をかけて計算するのでしょうか?
また、一般的に何%くらいが多いのでしょうか?
利息は年3%、元金均等返済にしようと思ってます。

Aベストアンサー

これぐらいの低金利だと普通年14.6%(日歩4銭を年利に換算したもの)が一般的です。なお、利息制限法4条で同法1条で定められている利息の最高限の1.46倍まで認められています。しかし、一括払いについては、計算が簡単ですが、あなたのような分割払いですと、期限喪失約款(遅れた場合には期限の利益の喪失を通知して残額一括を支払うという内容)を挿入して、期限の利益の喪失を内容証明で通知して、それに対して損害金を支払うという方法が一般的です。少々の遅延で期限の利益の喪失を猶予する場合は、取らないケースが多い様です。

Q海外子会社への貸付金100億円と移転価格税制

お世話になっております。
法人税の移転価格税制について教えてください。
海外子会社に、30年ほど前に、100億円を貸し付けております。
ただ、海外子会社の営業成績が芳しくなく、結局親会社で負担しなければ
ならなくなりそうです。
そこで、寄付金で処理することになると思うのですが、
日本では寄付金は損金不算入だったと思います。
しかし、海外子会社では、収益計上することになり、このままでは、
日本と、海外の両方に課税されるような形になってしまいます。
そこで移転価格税制を導入しようと考えているのですが、
こちらを導入すると、理論上だいたいどれくらいの税金が節税される
ことになるのでしょうか?
計算式などを踏まえてわかりやすくお教えいただきたく。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

面白い質問だったので回答してみます。
そもそも誤解があるようですが、本件の場合、移転価格税制を適用したからといって、節税になるわけではありません。
こうした海外取引の課税事案では、移転価格を含め相互協議によって二重課税が排除する努力を試みますが、本件が対象となるか当局に相談された方がいいと思います。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jimu-unei/sonota/010625/00.htm

通常、こういったケースでは、相手国で課税される前に貸付金を出資金に振替えて清算損取ることが多いですが、否認されるケースもありますので注意が必要です。
http://www.sankei.jp.msn.com/economy/news/120712/fnc12071209160004-n1.htm

Q遅延損害金について

私はネットショップオーナーをしています。
何度督促しても未払いのお客様がいるので、代金以外に督促にかかった費用と遅延損害金を請求しようと思っています。

そこで遅延損害金の利率と計算方法をお尋ねします。
ネットやここのサイトを拝見して、以下の3通りの回答があるので、かえってわからなくなりました。

●「債務の履行が遅れたために生じた損害の賠償金だから遅延損害金の年利については社会通念を超える法外なものでない限り自由に決めても問題はないといえる」
●「遅延損害金は、未払い金に法定利息の年率14.6%を掛けて計算した金額を超えてはならないとされ、超える部分は無効となる」
●「商法により個人間なら5%、法人間なら6%」
と、3通りあるのですが、私の場合はどれに相当するのでしょうか?

同じネットショップさんをいろいろ見て回ったのですが、年率14.6%にしているところもあれば、5%か6%にしているところもありました。

また、お恥ずかしい話ですが、年率の計算の仕方がよくわかりません。
未払い代金は1050円(税込)+600円(送料)=1650円です。
(本体価格は1000円ですが内税方式で販売しました。)
まず、本体価格1000円に対してなのか、内税方式の1050円に対してなのか、それとも合計金額1650円に対してなのかがわかりません。
もし、年率14.6%だとして、1000円に対してなら146円が遅延損害金ということになるのですね?

ご教示の程よろしくお願いします。

私はネットショップオーナーをしています。
何度督促しても未払いのお客様がいるので、代金以外に督促にかかった費用と遅延損害金を請求しようと思っています。

そこで遅延損害金の利率と計算方法をお尋ねします。
ネットやここのサイトを拝見して、以下の3通りの回答があるので、かえってわからなくなりました。

●「債務の履行が遅れたために生じた損害の賠償金だから遅延損害金の年利については社会通念を超える法外なものでない限り自由に決めても問題はないといえる」
●「遅延損害金は、未払い金に...続きを読む

Aベストアンサー

3つとも矛盾はしていません。

まず、商法では、

第五百十四条 商行為ニ因リテ生シタル債務ニ関シテハ法定利率ハ年六分トス

と決めていますので6%となります。
ただし契約時に遅延損害金の利率を独自に取り決めていた場合はそれが優先されます。
ただし、その遅延損害金は法定限度である、年率14.6%を超えて取り決めることは出来ません。つまり契約時に16%などと取り決めても14.6%を超える分は無効と言うことです。

次に計算方法です。

月割り計算する場合は、たとえば延滞が7ヶ月とすると、

1650円×6%/12ヶ月×7ヶ月=57.57円

となります。小数点以下は切り下げるのが一般的と思います。
では。

Q店頭渡現金価格?

ラパンが欲しくて、昨日見積もりを取ってもらいました。
Xタイプで見積もってもらいましたが、同じ値段で
3万円高いX2タイプでも売ってくれると言ってもらえました。

結局、普通に値引きが5万5千円、上で述べたように
3万円を払わずにワンランク上の車種にしてもらえるので
そのぶんで3万円引き、これで合計8万5千円引きです。
そして、家に帰ってからパンフレットを良く見たら、
店頭渡現金価格と車体本体価格の2種類があるのです。
この違いってなんなのでしょうか??

ちなみに、見積もりでは車両本体価格で見積もられていました。
店頭渡現金価格と車両本体価格の価格差は
4万8千円です。
これは、4万8千円さらに値引きされているということでしょうか?

車を買うのが初めてなので、よくわかりません。
教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

#2ですけれど、車体本体価格で見積もらないと、仮に車内のマット類やコンポ類やカーナビがいらないと言う客があれば困りますから。
(たとえば、自分で取り付けたいとか、自分で用意したいのでその分値引きして欲しいとか)
4万8千円もの分も値引きしたと思って間違いないと思います。

Q遅延損害金の計算方法について教えて下さい

例えば、借用金が100,000円とします。 一ヶ月あたり1万円の支払いで、返済開始が1月~10ケ月で完済予定となります。
また、以下の様な契約書があるとします。
『毎月20日に支払い、延滞した場合は、完済に至るまで年14.0%の割合で延滞損害金を支払う・・・』
1月の支払いが8日遅れて28日となり、しかも3千円しか支払われなかった場合、どのように遅延損害金を計算すればよいのでしょうか ?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>『毎月20日に支払い、延滞した場合は、完済に至るまで年14.0%の割合で延滞損害金を支払う・・・』

まず、契約書に「期限の利益の喪失」条項の記載はありますか?
これにより遅延損害金が残元本にかかるのか、毎月の支払い金にかかるのか異なります。

期限の利益の喪失条項があれば、債権者は残元本を一括請求することができますので、それに対して遅延損害金を請求できます。
すると、計算としては(残元本100000万円と仮定)、8日の遅延ですので
100000万円x0.14x8日÷365で約306円です。
次に3000円の支払いは順次に利息および元本に充当されます(民法491条)。
ですので28日時点では306円の利息は消滅し97306円の残元本となります。
同様に、支払い日のたびにその時の残元本、遅延日数から遅延損害金を計算し、支払金を利息および残元本に充当していきます。

ただし、実際には期限の利益の喪失条項があっても、すぐに一括請求することはせずに、期限の利益を再付与し毎月10000万円の支払いのままで、遅延損害金だけは全体の残元本に対して請求するのが通常です。


次に「期限の利益の喪失」条項の記載がない場合です。
この場合は、弁済期が到来している元本に対して遅延損害金を請求できます。
すると、弁済期を過ぎている元本は10000万円ですので
10000円x0.14x8日÷365で約30円です。
3000円の支払いは、利息および元本に充当しますので、残元本は7030円になります。
次の弁済期が到来する元本(10000円)はその都度、それまでの残元本に加算し、7030円(次の弁済期前)と17030円(次の弁済期後)に対する遅延損害金をそれぞれ計算します。
つまり、こちらは弁済期が到来するごとに先の例とは逆に元本が増えていくことになります。

期限の利益の喪失条項がない場合は、弁済期の到来していない元本に対しての遅延損害金は認められませんので、このように少々複雑になります。

>『毎月20日に支払い、延滞した場合は、完済に至るまで年14.0%の割合で延滞損害金を支払う・・・』

まず、契約書に「期限の利益の喪失」条項の記載はありますか?
これにより遅延損害金が残元本にかかるのか、毎月の支払い金にかかるのか異なります。

期限の利益の喪失条項があれば、債権者は残元本を一括請求することができますので、それに対して遅延損害金を請求できます。
すると、計算としては(残元本100000万円と仮定)、8日の遅延ですので
100000万円x0.14x8日÷365で約306円です。
次に3000円...続きを読む

Q「金」の価格について

「金」の価格について

金の買取価格は、その先々によりに誤差が出るとは思いますが、
業者によって、どこの価格を基準に計算しているのか
と疑問に思う場合もあるのですが、
いわゆる「市場価格」の何円減、などという計算をする場合、
その「市場価格」を差す共通の市場価格はどこのものを指すのでしょうか?
(東京工業品取引所の金(標準)でよいのでしょうか?)

ご存知の方教えていただければと思います。

Aベストアンサー

金の売買をしている業者の価格の決め方ですが、国際価格を基準にしている場合と、東京工業品取引所の価格を基準にする場合と2つ有ると思います。
国際価格とはロンドンのロスチャイルド&サンズ社で、10時30分と15時に発表される価格です。
これはトロイオンスのドル建てなので、グラムと円に換算し直して、これにコストを加えて国内価格とする方法です。
http://www.yareike.com/001/ent19.html

もう1つが東京工業品取引所の価格です。
下のサイトの業者では、東京工業品取引所の金当限価格を基準として、販売価格を+20円 買い取り価格をー20円に設定していると記載があります。一度ご確認ください。
http://www.okachi.co.jp/service/gold/index.html

Q遅延損害金の計算方法を教えてください

知人にお金を貸しました。借用書も交わしています。
ところが今年の8月の返済を最後に支払が滞っています。
こちらからの催促も何かと理由をつけて、払おうとしません。
借用書には期限の利益を失った場合完済に至るまで年5%の
遅延損害金を支払うことと決めてあります。
250万円貸して残金が210万円と利息が9062円です。
今月分ももし返済がなかった場合の遅延損害金はいくらになるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はあ・・・・年5%て民法の規定で決めてるですから・・・

日割りで計算すれば良いんですね

http://gakuseiloan-houritu.com/3.html
http://www.kotobako.net/index.php/%E9%87%91%E5%88%A9

年利5%は
日歩1.37銭ですね
250万円だから
1日あたり
250×1.37=342.5円

遅延利息ですね

Q金(きん)の価格下落について アナリスト・学者又はそれに準ずる方に回答求めます

金を保有している知り合いから、「金の価格下落について『教えてgoo』で聞いてもらいたい」と依頼されました。以下の文章が質問文で、転記します。この事項に精通している方、またはそれに準ずる方、ご回答お願いします。
質問:「金の価格が1グラム170円程度安くなった理由を教えてください。また、これからも暴落する可能性が高いでしょうか?」  です。

170円という数字はいつから比べてなのか書いてありませんでしたが、このような質問が出るということは、ここ最近価格下落が続いているからでしょうか。
この分野ご専門の学者や職業の方、ご協力よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

専門家でもなんでもないですが

8/13から170円程度下落しているようですね

URLのグラフをみると国内小売金価格だけが急落しています
したがって、急激な円高が作用しているようです

http://www.mmc.co.jp/gold/market/p_data/short/2007.html

一般的には有事の際は金が上昇します
株価が下がっているときも金が上昇する傾向にありますが
いまのところそれほどの影響はないように見えます
株の損きりが終わったら金に向かうのかもしれません


引用-------------
http://www.mmc.co.jp/gold/advice/qa/qa_019.html
最初に結論を申し上げましょう。金は国際的にはドル建てで取引されていますから、為替が円高ドル安に向かうと、円建ての国内金価格は下がります。
-------------

Q利息、遅延損害金について。

借用書を書いてもらいましたが計算の仕方がわからないのでだれか回答お願いします!
借用書の内容です。
・平成17年12月16日に7万円を貸しました。
・平成18年6月16日に一括返済との約束でした。
・利息は年5%で、遅延損害金は10%です。
1度目の返済は
平成20年4月17日に1万5千円。
2度目の返済は
平成20年6月16日に1万円です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

利息額は
7万円×5%の6か月分で1750円。
すでに最終期日経過しているので、平成18年6月16日以降は全て
遅延損害金適用。
H18.6.17~H20.4.16は
7万円×10%の22か月分で12,833円。
H20.4.17~H20.6.15は
5万5千円×10%の2ヶ月で916円。

一般的に通常金利と遅延損害金は重複して取らないので、
貸出日~H18.6.16までは上記の1750円、
それ以降は残高×10%÷12×経過月数で求めます。
利息に利息は付きません。

詳しい契約内容が分からないのと、日付単位ではなく月単位かつ
概算で試算しています。相手とも良く話し合ったほうが良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報