http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kennsatu …
のページによると、東京第一検察審査会が、野村沙知代さんは経歴虚偽に
対する不起訴処分が不当だという議決をしたそうです。それで、結局、
野村さんは起訴されたのでしょうか? あまり芸能関連に詳しくないのですが、
私は起訴された話を聞いたことはありません。

また、検察審査会が下した議決を検察が無視することは、よくあることなの
でしょうか?

法律関係は、あまり詳しくないので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 検察審査会制度が創設されてから、「起訴相当」や「不起訴不当」の議決された事件のうち、下記のHPでは、起訴されたのは約6.8%に過ぎないということです。

むしろ、起訴されるほうが珍しいです。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
参考URLの毎日新聞のページは、現在の検察審査会制度の問題点が
一般人にもわかりやすくかかれていて勉強になりました。

それにしても 6.8%しか起訴されないというのでは、
なんか、検察が市民をバカにしているような気がしますね。
でも、実際にバカなのかも。いづれにしても、これでは、
検察審査員に選ばれても、やる気がでませんね。

お礼日時:2001/09/01 00:30

 検察は検察審査会の決定には拘束されません。

検察審査会が、不起訴不当や起訴相当の判断を下したとしても、検察としては再考すれば足り、その判断に従う必要はありません。実際、検察審査会が不起訴不当や起訴相当の判断を下した事件の大部分が、再び不起訴となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。 ほとんどが不起訴みたいですね。

お礼日時:2001/09/01 01:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれから検察審査会で起訴相当と議決されて陸山会の裁判が始まりますね。

これから検察審査会で起訴相当と議決されて陸山会の裁判が始まりますね。
プロである検察官が見て起訴は無理だと判断して、もしこれが有罪になったら検察官はプロとはいえない、職務怠慢ということになるのでしょうか?
そうすると検察官には何か責任が発生するのですか?

Aベストアンサー

司法官(裁判官・検察官)は、特別公務員です。

司法官は、「法律の専門家」であり、「一般の国民とはレベルが違う」と考えています。

前田検事が行った行為は、証拠隠滅(刑法第104条)の罪だけでなく、特別公務員の職権濫用(刑法第194条)の罪があり、10年以下の懲役となる重大な事案です。

検察官は、前田検事を「特別公務員の職権濫用(刑法第194条)」により、起訴すべきであり、証拠隠滅(刑法第104条)の罪で起訴すれば、手心を加えた求刑になります。

このように、検察官が適用する法律(罪名及び罰条)によって、裁判所で審議される罪名及び罰条(量刑)は、確定します。

裁判官は、検察官の主張する罪名及び罰条による求刑に基づき裁判し、判決を言い渡します。

日本の司法は、「裁判員及び検察審査会」が機能しないと、「裁判官・検察官(特別公務員)の独裁国家」となります。

国民が司法官(裁判官・検察官)を野放しにすると、日本の法治国家は、崩壊してしまいます。

陸山会の裁判は、裁判官(特別公務員)の判決に対し、国民が注目すべき事件だと思います。

Q今回の起訴相当議決は無効であり、強制起訴手続をとることはできない。

今回の起訴相当議決は無効であり、強制起訴手続をとることはできない。
上記は弁護士郷原信郎氏の言ですが、次のように続けています。

検審の起訴強制制度の趣旨に照らして、今回の議決には無効と言うべき重大な瑕疵があると思います。実際にそれを主張する方法は、第一に、指定代理人に被疑事実の重要部分が2回の起訴相当議決を経ておらず要件を充たしていないので起訴手続をとらないよう求めること。

それでも強制起訴された場合には、刑訴法338条4号の「公訴提起の手続がその規定に違反したため無効であるとき」に該当するとして公訴棄却の判決を求めることだと思います。手続面での公訴提起の有効性の問題なので裁判所の判断は実体審理に入る前に行われるべきです。

実際の推移はどうなって行くと思われますか?
審理に入る前に、強制起訴が無効として却下される可能性はありますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

強制起訴に対する抗告ができるのであれば、被疑者本人(代理人弁護士)が主張するものと思います。

「今回の起訴相当議決は無効である」と主張する弁護士が、被疑者の弁護士となって、主張すれば、裁判所が判断すると思います。

法律(強制起訴制度)を立法したのは国会議員であり、その法律を解釈するのは、すべて裁判官(官僚)です。

官僚支配をやめると主張した国会議員が司法官僚(裁判官)に裁かれるのだと思います。

本人(代理人弁護士)以外が、どうなるのか考えても、実際に裁判で主張をするのは、代理人弁護士(被疑者本人)です。

法律を立法した国会議員が、その法律により、司法官僚(裁判官)にどのように裁かれるのか?注目したいと思います。

Q1.検察審査会の審査申し出し人

1.検察審査会の審査申し出し人
    申し出人は、分からなくてもいいのですか?申し出人を調べることは出来ないのですか?
2.疑った人が、疑うに至った根拠を説明しなくても良いのですか?
  疑われた人が、疑われる必要がないことを説明しないといけないのですか?

Aベストアンサー

刑事事件の手続きについて、

刑事事件は、告訴人(告発人)が警察・検察に告訴状(告発状)を提出します。

検察官は、告訴状(告発状)に基づき捜査し、捜査した証拠及び被疑者の供述調書などを検討し、裁判において、「有罪の判決が得ることができる」と判断した場合、裁判所に起訴します。

しかし、検察官が告訴状(告発状)の嫌疑事実を、裁判所で立証できない(有罪の判決が得ることができない)と判断した場合、不起訴処分とします。

検察官が処分した通知書は、告訴人(告発人)に送達されます。

告訴人(告発人)は、検察官が不起訴処分としたことに不服がある場合、検察審査会に「検察官の不起訴処分を不服とする申立」ができます。

検察審査会へ不服申し立てをするには、「不起訴処分を不服とする理由書」を提出します。

検察審査会は、「不起訴処分を不服とする理由書」及び「検察官が不起訴とした理由、被疑者の供述調書などの証拠」を基に、審査します。

検察審査会が、「検察官の不起訴処分が相当である」と判断した場合、不服申し立ては却下され、被疑者の嫌疑は、なくなります(確定します)。

検察審査会が、「検察官の不起訴処分が不当である」と判断した場合、検察庁に再捜査を申し入れます。

刑事事件の手続きについて、

刑事事件は、告訴人(告発人)が警察・検察に告訴状(告発状)を提出します。

検察官は、告訴状(告発状)に基づき捜査し、捜査した証拠及び被疑者の供述調書などを検討し、裁判において、「有罪の判決が得ることができる」と判断した場合、裁判所に起訴します。

しかし、検察官が告訴状(告発状)の嫌疑事実を、裁判所で立証できない(有罪の判決が得ることができない)と判断した場合、不起訴処分とします。

検察官が処分した通知書は、告訴人(告発人)に送達されます。

告訴...続きを読む

Q検察での不起訴処分後に再度起訴は出来る物でしょうか

昨年4月、信号無視の車に側面衝突されました。事故直後、「急いでいて信号を見ていなかったと」いっていたのに、こちらが救急車で運ばれた後に警察に自分が青だったと言って翻しました。検察では、「お互い青だったと言っているし、目撃者もいないから」と言うことで相手も不起訴に成りました。今、民事裁判で争っていますが、弁護士さんが警察から実況見分調書を取り寄せた際に事故直後の目撃者がいることが解り、目撃者の方に「相手が信号無視をしたのは明か」と事故当時の状況を証言してくれました。しかし相手は徹底的に争う構えです。おまけに、人身で起訴するとまで言い出しました。余りにも非常識な相手に憤慨しています。目撃者証言を元に、検察で再度起訴(信号無視)することは出来ない物でしょうか。
弁護士さんに聞くと、民事裁判は裁判官が判決を決めるのではなく、お互いが納得行くまで話し合う物と言ってました。相手の弁護士は、「弱い者の見方では無く、如何に相手から金を取るか」と言う事をモットーにしているような事務所です。(HPに載ってました)
どなたか、お知恵の拝借お願い致します。

Aベストアンサー

> 目撃者証言を元に、検察で再度起訴(信号無視)することは出来ない物でしょうか。
出来ます。
まずは証拠と証言を揃え、検察審査会に告発して、不起訴不当との判定を貰うことです。

Q書類送検から検察(起訴、起訴猶予)にいたるまでの流れを教えてください。

先日、警察に事情聴取を受けました。(まだ5日くらいです。)内容は、酔っ払って、女性にしつこく声をかけ、またしつこくコンビニまでついて行き、にらみつけていたとの事です。女性のご主人と、コンビニから通報があって連行された模様です。というのも、私はこの時、泥酔状態で内容を全く覚えていなく、取調べも出来ない状態だったので、その夜は警察に留置され、朝目が覚めたら留置所といった具合でした。この後調書を作成しましたが、この現状は私自身も認めて、今は反省と後悔の毎日です。
【質問1】
多分、被害届けは出ていないと思うのですが、通報をしたことで、被害届けとなるのでしょうか?被害届けが出でいるとは言ってなかったように思います。
【質問2】
事情聴取(供述書に氏名捺印)をした以上は、検察に送検されるんですよね?送検されたかどうか調べることは出来るのでしょうか?
【質問3】
送検されたあと、起訴されるか、起訴猶予になるか判断されて、結果の連絡はどのように届くのでしょうか?
起訴猶予の場合は、何の連絡もないのでしょうか?
それとも、どうなったかの連絡がどちらの場合でもあるのでしょうか?
【質問4】
起訴となった場合は、呼び出しがあるのでしょうか?
それとも、どうするかを決めるための呼び出しとかもあるのでしょうか?
【質問5】
都の迷惑条例違反だと警察官は言っていましたが、供述書には罪名みたいなものは何も書いていなかったと思うのですが、どんなものでしょうか?
罰金となった場合は、どのように支払うのでしょうか?
この連絡は、個人に届くもので、会社とかには知られる事はないんでしょうか?
長文の質問ばかりで申し訳ありませんが、何卒宜しくお願いします。

先日、警察に事情聴取を受けました。(まだ5日くらいです。)内容は、酔っ払って、女性にしつこく声をかけ、またしつこくコンビニまでついて行き、にらみつけていたとの事です。女性のご主人と、コンビニから通報があって連行された模様です。というのも、私はこの時、泥酔状態で内容を全く覚えていなく、取調べも出来ない状態だったので、その夜は警察に留置され、朝目が覚めたら留置所といった具合でした。この後調書を作成しましたが、この現状は私自身も認めて、今は反省と後悔の毎日です。
【質問1】
多分...続きを読む

Aベストアンサー

1)被害届がなくても立件できます。今回は現行犯のはずですから。後から出すことも出来ますし、当日は夜遅かったでしょうから被害女性が帰ったとしても後日提出することもありえますし、あなたが話を聞いていないだけかもしれません。被害届はあなたの供述調書を裏付ける有力な証拠です。捜査が始まって既に立件されている以上、急ぐ必要はありませんから。
2)警察が微罪処分として処理するか、検察に送るかは警察の判断です。送検されたかどうかは警察に聞くしかありません。
3)基本的には封書です。起訴されたら通常裁判になるから国選弁護人をつけますか?という通知と、略式裁判になったので罰金の納付書が送られてくるかどちらかです。起訴猶予の場合も基本的には封書で通知があるはずです。が、それを待つまでもなく、検察の捜査に出頭命令が来て、出頭した際にだいたい検察がどうするつもりか教えてくれるのが通例です。
4)検察が供述を取りたいという場合は出頭命令があるはずです。その日に行けなければ、事実上逮捕という形を取られることもあります。起訴は裁判とは違い、「検察が原告、あなたを被告として刑事事件で裁判所に控訴を提起する」という意味ですので、裁判のようにあなたには発言権はありません。あなたの供述を聞いて、被害者の裏づけと総合判断して検察が決めます。
5)供述書は「あなたが供述した内容を文書化した証拠品」ですから、罪名は書かないでしょう。あなたが「迷惑防止条例違反だ」と判断するわけではないので。検察が、起訴状を作る際にどの刑法や条例を適用するか判断するだけのことですので。

在宅であれば、罰金はたいてい納付書が送られてくるので期日までに支払を済ませればいいです。出来なければ労役しかありません。罰金には分割はありませんから。

個人には届きますが、罰金刑の場合は市役所の犯罪者名簿に5年間記載されます(いわゆる犯罪者カードです)。それは門外不出ですが、報道で知られないということも絶対ではありませんから、就業規則は確認しておくべきかも。
今後も転職する際には履歴書の賞罰欄には必ず記載しなければなりません(判決が確定したら)。記載しなければ経歴詐称になります。

1)被害届がなくても立件できます。今回は現行犯のはずですから。後から出すことも出来ますし、当日は夜遅かったでしょうから被害女性が帰ったとしても後日提出することもありえますし、あなたが話を聞いていないだけかもしれません。被害届はあなたの供述調書を裏付ける有力な証拠です。捜査が始まって既に立件されている以上、急ぐ必要はありませんから。
2)警察が微罪処分として処理するか、検察に送るかは警察の判断です。送検されたかどうかは警察に聞くしかありません。
3)基本的には封書です。起訴され...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報