最新閲覧日:

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kennsatu …
のページによると、東京第一検察審査会が、野村沙知代さんは経歴虚偽に
対する不起訴処分が不当だという議決をしたそうです。それで、結局、
野村さんは起訴されたのでしょうか? あまり芸能関連に詳しくないのですが、
私は起訴された話を聞いたことはありません。

また、検察審査会が下した議決を検察が無視することは、よくあることなの
でしょうか?

法律関係は、あまり詳しくないので、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

 検察は検察審査会の決定には拘束されません。

検察審査会が、不起訴不当や起訴相当の判断を下したとしても、検察としては再考すれば足り、その判断に従う必要はありません。実際、検察審査会が不起訴不当や起訴相当の判断を下した事件の大部分が、再び不起訴となっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。 ほとんどが不起訴みたいですね。

お礼日時:2001/09/01 01:25

 検察審査会制度が創設されてから、「起訴相当」や「不起訴不当」の議決された事件のうち、下記のHPでは、起訴されたのは約6.8%に過ぎないということです。

むしろ、起訴されるほうが珍しいです。

参考URL:http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
参考URLの毎日新聞のページは、現在の検察審査会制度の問題点が
一般人にもわかりやすくかかれていて勉強になりました。

それにしても 6.8%しか起訴されないというのでは、
なんか、検察が市民をバカにしているような気がしますね。
でも、実際にバカなのかも。いづれにしても、これでは、
検察審査員に選ばれても、やる気がでませんね。

お礼日時:2001/09/01 00:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ