痔になりやすい生活習慣とは?

我が家も災害用の避難リュックを準備しました。
そこで、これは必要だろう・・・というものを入れたのですが
何かド忘れしていそうで・・・。
避難用のリュックに、「これは入れておくととても便利」というものと
よく、これは必要と言われがちだけど、実はあんまり役に立たないものを
ぜひ教えてください。
また、災害避難リュックを準備するにあたり、気をつけたほうがいことなども
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

中越地震の震源直上に住んでいた者です。


避難リュックは一発目の揺れを生き延びてこそ初めて役に立つものですからまず家の中の耐震構造をしっかりさせる方が優先事項だと思います。
家の中が無事なら次の行動にも移り易いですしね。
具体的には家具の固定やガラス等、砕けて飛散すると危ない物等の補強・避難路の確保でしょうか。
リュックの中身は人数分の懐中電灯・ラジオ・保険証の写し・筆記用具・スペアの電池・テレカ・手袋・(軍手よりも人工皮革タイプの方が手にフィットします)
家族全員分のネームプレートは絶対必要です。表に名前(大人であってもひらがなで)・血液型(rh式から)・住所・生年月日・携帯番号(御夫婦であれば自分のプレートに相手の携帯番を書きます)裏にアレルギーや既往症の有無等を書いて首からぶら下げておくと良いと思います。
タオルも2~3枚圧縮袋に入れておけば役に立ちます。
食料は自宅が倒壊していなければ何とか取り出せるので無理にリュックに詰める必要は無いように感じました。
あと、車の中にシガーソケットからAC電源が取れる変換器があると携帯の電源が取れたので便利でした。
    • good
    • 11

阪神大震災を経験しました。



防災リュックとは別ですが・・・
東京の友人に勧めているものが何点かあります。

■原付バイク■

被災直後から移動手段が無くなります。
道路・鉄道の被害が大きく、数ヶ月経ってもなかなか回復しません。
震災だからといって、休職も出来ず、通勤もしなければなりません。
移動する手段は「原付」に頼っていました。


■「懐中電灯」&「スリッパ」■
深夜に直面した場合、被災直後に必要となります。
今も枕元に手動で蓄電する懐中電灯を置いています。
スリッパは散乱したガラスなどから足元を守る為。
揺れがおさまったらすぐに家族の安否確認が必要となります。

■「ラジオ」■
被災直後に欲しいものは・・・とにかく「ラジオ」でした。
停電の影響で、震災直後は何が起きたのか殆ど状況が掴めませんでした。

■公衆電話の位地■
優先的に使用出来る回線です。最寄の公衆電話の位地は確認しておいた方が良いです。

色々ありますが・・・この中でも絶対お勧めは・・・
「原付」です。
    • good
    • 10

経験者と言っても揺れを体験しただけで実際の避難生活は経験していませんが見落とされがちなことなので一応念の為といことで、



・使用頻度の高い物の二重化

・単三電池に頼り過ぎない

・自家発電型のライトは一時しのぎと考える

・水、食料等は軽量化を考えない

・現金の一部は硬貨にしておく(千円分以上)

・大型のリュックの中に中・小型のリュックを入れておく


といったあたりでしょうか
基本的には最低二泊三日のキャンプに出かけるつもりで準備をすればいいと思います。
    • good
    • 8

阪神大震災の被災者としての経験から


クレジットカード キャシュカードでしょうか

お金がないというのは最悪です
    • good
    • 19

「ビニール袋」がとりあえずはいいでしょう。


非常用として持ち出すもので、色々挙げられていますが、水に関しては動きを鈍らせるので、最小限に抑えるのがいいでしょう。
(2リットルのペットボトルを何本も背負って、そう早く動けるもんじゃありません
子供やお年寄りが持つと想定すると、避難の妨げになることも考えなくてはいけません)

冬に起こった場合には、「携帯カイロ」がいいでしょう。避難生活を送るにしても
支給される毛布やタオルケットも限界がありますので(すぐには数も揃えられないので)
少しでも温まるには重宝するでしょう。

総務省の載せている持ち出しリストを参考にして、自分ならどれくらいの物を持って楽に移動できるかを
考えておくといいと思います。
    • good
    • 4

一般的なものは入れてらっしゃると思うので、その他のものを。



・大きい布(よくエスニック雑貨のお店なんかに売ってますよね。)
   防寒具にもなるし、日よけ、敷物何にでも使えると思います。
   洗っても乾きやすいし。

・靴(上履きのようなペタンコのものの方がかさばらないかも。)
   祖母に言われたものです。靴なんて履いて逃げるよ!と思ったのですが、
   咄嗟に逃げるときに玄関から靴が探し出せるとは限らないし、
   探すまでに足の裏に怪我をするから、と言われて納得しました。
   
・知人友人その他の連絡先を書いたアドレス帳。

・100均で買った雨合羽の上下。(ズボンタイプのやつ)

・おまけですが・・・
  古本屋でたまたま見つけたサバイバル系の本・・・(^^ゞ
  少しは役に立つかな、と。結構面白かった(?)し。

うーん、でも自分だけの分とご家族分とでは少し違ってくるかもしれませんね。

幸いにも避難する状況になったことがないので、単なる予測で用意しています。
なので実際に役にたたないものについてはわかりません。
    • good
    • 2

ホイッスルや携帯ラジオなど音の出る物と、


寿命の長いLEDライトを入れておくと良いと思います。
これは、就寝時に家屋が倒壊するなどで、生き埋めになったとき、
あるいは足の負傷などで動けなくなったときに、
音と光を出すことによって、自分の位置を救助隊に知らせるためです。

避難用リュックというと、避難後のことを考えてしまいがちですが、
避難所まで行くことができれば何とかなります。

身動きができなくなったときのことを考えて、
備品を用意し、常に枕元において万が一に備えましょう。
    • good
    • 0

いろいろ有りますが、下記のページをご覧ください。



冬には、段ボールをバラして保管しておいたりて、古着や毛布も役立ちます。
又、古新聞も保管しておくと、燃料の代わりになります。

又、庭先の日陰に小さな保管庫を置いて非常用品を入れておくと、もしもの時に取り出しやすいそうです。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/bousai_s/html/ti …

http://allabout.co.jp/house/bosai/subject/msubsu …

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/bosai/hijob …

http://dir.biglobe.ne.jp/cat/life/life/disaster_ …

直接関係ありませんが、下記のページもご覧ください。
http://www.jisin-bousai.net/pickup.html#top
    • good
    • 5

参考URLに総務省が出している持ち出し用のリストがありますので参考にして下さい。


毛布だと重くなるのでホームセンターなどで保温シートとかいう名前で小さめに折りたたまれたアルミホイルのような物を利用すると良いですよ。

http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid …

こんなのです。

あと、この持ち出し袋の置き場所に注意しましょう。
地震でつぶれたり倒れたりするような物に入れてはいけませんので。

参考URL:http://www.fdma.go.jp/html/life/sack.html
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非常袋の中身。意外な盲点または不要品

関東在住ですが、今回の地震で非常袋の中身の見直しをしています。

懐中電灯・ラジオ・非常食・水・簡易トイレなどが主な内容ですが、特に震災ご経験の方や、ご経験の知人の方の、「あまり言われないが、これは意外と必要だった」とか、「これはよく言われるが、意外と不要」などのご意見を教えていただけますか?

Aベストアンサー

ゴミ袋を大量に。
使い道は、雨が降ったらかぶる。
給水車がきたら、二重にして水を入れる。トイレの代わり。
地面に座り込む時の、防水。
防寒、防水、場合によっては浮き袋。

寒い時期は、カイロがあるとよいです。
真夏でなければ、濡れたときにはとても寒くなります。

登山用の荷物が有効です。
コンパクトな煮炊き出来るコンロ(ストーブといいます)、防寒対策など、山で一週間位すごせる内容が効率よく用意できます。

懐中電灯とラジオが一体化されているものがあります。
発電もできるとか。
が、とてもかさばります。
両方とも、とても小さなものにして、予備の電池を用意した方が良いかと思います。

タオルはかさばるので、薄い手拭いにすると、タオル代わりにも、ヒモの代わりにも、包帯にもなります。

いざという時に身元不明とならないよう、自分の名前とよその地方の親族の連絡先を書いたものを入れておくとよいです。

そのようなものを、大きなゴミ袋にいれてから、バッグにつめるとよいです。
いざという時に濡れている可能性がありますから。

Q「非常持出袋」として使えそうなお勧めリュック

防災グッズを購入検討中です。
セットのものじゃなくて、ばらばらに少しずつ買いそろえています。

アウトドアグッズなどで
非常の際に活躍しそうな、丈夫で軽いナップザックなど、
お勧めありましたら教えてください。

あのでかでかと「非常持出袋」というロゴ?が入っているのが嫌なので
市販の防災用はいいのがなくて。

そこで、普通のナップザック?に入れておこうと思うのですが、
最初はシンプルだし無印良品のにしようかと見ていました。
でも、アウトドアのメーカーなどのほうがものがいいのかな?と…。

でも完全インドアなので、アウトドアのメーカーは
昔にダウンがはやったノースフェースくらいしかわかりません(汗)

良さげな商品、メーカー、検索のかけ方などありましたらお願いします。

Aベストアンサー

どれがいいかを考える前に、何を入れるのかを考えたほうがいいのじゃないかな?

それで、必要なものを入れた後も、もう少し入るようなゆったりしたもの。
あと、小物が入るようなポケットや、中の仕切りがあったほうがいいです。
それとは別に、ウエストポーチのようなものがあったほうがいい、そういう小さいものも中に入れて置くべき。

なんでこういうことをいうかというと、
仙台在住です。勿論あの震災遭遇してます。
いつも背負って通勤通学するのじゃなかったら、結局、家に帰らないと取り出せないのです。
あの日も学校にいました。1時間くらい様子を見て、徒歩で帰宅。すぐ必要そうなものをリュックに詰めて、避難所に行きました。

でも、避難所も何も準備できてないんですよ、あの日は水のペットボトルを1個くれただけです。
だから、皆があいているコンビニで買占めです。
僕は出遅れたから、パンやカップめんはもう1個もなかったです。プリンやお菓子を買ってきました。

以後、毎日、どこに行けば食料が手に入るか、情報が流れると、ずらーと行列でしたよ。
そんな時だから、一人5点までとか。
ともかく日持ちしそうなもの、すぐ食べれるものなら、買ってザックに入れておかないと心配でした。

どうしても入れておくものは、
水、お金、ヘッドライト、防寒をかねたレインウエアー。
あの日は夜になってやっと灯りが廊下につきましたが、なんと、ろうそくでした!
トイレは使えないし、、、それで割りと皆、昼は家に帰って昼寝。夜は不安だから避難所、そういう生活でした。

何かの参考に。

どれがいいかを考える前に、何を入れるのかを考えたほうがいいのじゃないかな?

それで、必要なものを入れた後も、もう少し入るようなゆったりしたもの。
あと、小物が入るようなポケットや、中の仕切りがあったほうがいいです。
それとは別に、ウエストポーチのようなものがあったほうがいい、そういう小さいものも中に入れて置くべき。

なんでこういうことをいうかというと、
仙台在住です。勿論あの震災遭遇してます。
いつも背負って通勤通学するのじゃなかったら、結局、家に帰らないと取り出せないのです...続きを読む

Q地震(防災)グッズ 実際必要なもの不必要なもの

首都圏に住んでいる者です。
最近雷がひどく、異常気象が通常化しているような気がして、怖くてたまりません。
以前、会社で防災説明会を受けた後、自分なりに地震対策のために荷物をまとめてみたのですが、必要なのか不必要なのか分からなくなりました。
ちょっと長いですがリストを作りましたので、第3者の方の目から見てチェックして頂きたいです。

○アリナミン・チョコラBBなどの栄養ドリンク4本(プチプチにくるんでいます。水分補給目的と、体力が落ちるかなと思って)
○ゼリー状飲料1つ(10秒メシと宣伝してるものです)
○おこわ(長期保存用)
○乾パン(長期保存用)
○缶詰3つ(台所にあるものを入れてみた)
○割りばし5本(コンビニなどで頂いたもの)
○紙コップ(4つ)
○アルミホイル(お皿代わり)
○透明ビニール袋大小4枚ずつ(ゴミ袋と、スーパーの台に設置されているロール式の小さい袋)
○ポケットティッシュ4つ
○絆創膏1箱
○マキロン(本当にひどいけがしたら全然役に立たないのでしょうが)
○バファリン1シート・鼻炎の薬1シート(私が頭痛持ちで主人が軽い鼻炎)
○簡易トイレ4回分
○女性用ナプキン5つ
○素肌すっきりシート(大判ボディ用)
○歯ブラシ、洗顔料・化粧水などのサンプル品
○夫婦各々の下着1セット・靴下
○タオルハンカチ2枚、通常ハンカチ1枚
○ビニールコーティングしてある手袋1つ
○ボールペン

以上をスポーツバッグに入れてベッドのそばに置いています。
2人の運動靴もバッグの横に。
そんなに大きいバッグではないのですが、全部すっぽり入っています。
(重いけれど持って走れるくらい)

なお、我が家では主人の書斎に私が常飲している健康ドリンクの段ボールが山積みになっています。
その部屋へ入れれば、水分が足りなくなることはないかなと思います。

コンロやテントは、さすがにいらないかなと思っています。
でもいろいろ想定すると「これも必要」「あれも必要」となってしまいますよね。

私が準備したものについて、客観的な意見をお願い致します。

首都圏に住んでいる者です。
最近雷がひどく、異常気象が通常化しているような気がして、怖くてたまりません。
以前、会社で防災説明会を受けた後、自分なりに地震対策のために荷物をまとめてみたのですが、必要なのか不必要なのか分からなくなりました。
ちょっと長いですがリストを作りましたので、第3者の方の目から見てチェックして頂きたいです。

○アリナミン・チョコラBBなどの栄養ドリンク4本(プチプチにくるんでいます。水分補給目的と、体力が落ちるかなと思って)
○ゼリー状飲料1つ(10秒メシと宣...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん。
私も#2さんと同じ意見ですねぇ。
書かれているものは「あれば便利だけど絶対必要なものではない」という感じです。

まず、質問者さんが1戸建てか集合住宅か(マンションも含めですが)
によっても違いますが、家が潰れておらず二次災害(火災ですね)の危険がなければこれらのものは全て家屋から取り出せます。
(家具の転倒防止等の対策がなされている、と仮定しての話ですが)

4年前の中越地震時(思いっきり震源に住んでおります)に照らし合わせて、質問者さんが挙げられた中で個人として必要なものは・・・無かったです。
はっきり言って役に立たないものばかりです。

どんな防災説明会を受けられたのかはわかりませんが首都直下型地震であろうとなんだろうと、今は防災協定のネットワークは凄まじいものでして、陸路が全て遮断された新潟県中越地区でもあの惨事の中、翌日夕方(発災時間は夕方でした)には1万人分の食料と水が基幹避難所には運びこまれていました。

大手スーパーは郊外に物流ターミナルを設けていまして莫大な量を被災地に送り込みます。
2~3日での「復旧」は無理ですが「支援」は24時間あれば可能なんです。
物資は2日もあれば間違いなく入ってきます。
首都圏だろうと過疎であろうと大差はありません。むしろ首都圏の方が物資の集散はしやすいんですよ。

わたし的には保険証の写し・ラジオ・携帯の充電セット・電池・懐中電灯・手袋(ホームセンターで売っている500円程度の革製の作業用のヤツ)筆記用具(特にボールペンと赤黒マジック)、俗に言う十徳ナイフ(ビクトリノックスっていうメーカー)、踏み抜き防止用の中敷が入った長靴(ガラス等を踏んでも大丈夫なように)、ヘルメット、後は身分証明書でしょうか。
コレで個人の装備は充分かと思っています。

現金は、あれば良いですが、無くても震災時には金融機関は身分が証明できれば一回の限度はありますが通帳・印鑑が無くても引き出しに応じますので心配はないです。

質問者さんが挙げられたものは避難してから生活を安定させるために必要なものばかりでして、避難する際に必要なものではないように見受けられました。

う~ん。
私も#2さんと同じ意見ですねぇ。
書かれているものは「あれば便利だけど絶対必要なものではない」という感じです。

まず、質問者さんが1戸建てか集合住宅か(マンションも含めですが)
によっても違いますが、家が潰れておらず二次災害(火災ですね)の危険がなければこれらのものは全て家屋から取り出せます。
(家具の転倒防止等の対策がなされている、と仮定しての話ですが)

4年前の中越地震時(思いっきり震源に住んでおります)に照らし合わせて、質問者さんが挙げられた中で個人として必要な...続きを読む

Q防災用品にテントや寝袋は必要か

東海地方に住んでいるのですが、最近、地震などの災害に備えていろいろと防災用品をそろえています。

そこで質問です。
自分はマンションに住んでいるのですが、テントや寝袋も買っておいたほうが良いのでしょうか。

マンションを買うとき、結構耐震性にも気をつけたので、地盤や構造は強い建物だと思います。(たぶん。)

このマンションが倒壊するような巨大地震のときは、周りも無事ではないだろうし、マンションが無事なら寝泊りは何とかなるだろうし…。

会社にいるときなど、外出中はもともと防災用品なんて持っていかないし。

震災のときなど、テントや寝袋が役に立つのはどんな状況でしょうか。

ふだんキャンプにも行かないし、あまり安い物でもないので、過剰装備なのか必要なのか、などわかる方がいたら教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは。
阪神淡路大震災で家が全壊、30分ほど埋まったままの経験のある者です。

痛い目にあったのに地震に対する備えはほとんどしておりません。
その理由は…
「あのクラスの地震がきたら、家の中にあるものは全てぐちゃぐちゃになってしまうので、用意してあるものが取り出せるのはだいぶ後になる」
「火事が発生したらもうどうしようもない」
「救援物資がくる方が早いかも」
です。
アウトドア用の寝袋を持ってはいますが、これを使うかどうかは災害が発生してみてから考えると思います。
野外での寝泊りは大変だし、救助物資も届きにくいので、地域で避難場所に指定されている建物へ避難するのが一番いいのではないでしょうか。

それより「災害が発生したら、いかに逃げ出すか」のほうが重要だと思います。
私は埋まりましたが、幸運にも(?)ボロ家だったため、家族や通りすがりの人の手作業で助け出されました。もしも、一人暮らしだったら誰にも気づかれず、衰弱死していたかもしれません。
一人暮らしの方はマメに近所の方と交流しておいた方がいいです。

また、マンションにお住まいなら、家具による圧死を防ぐためになるべく家具を増やさないとか、した方がいいと思います。
よく「つっぱり棒」を家具に取り付けているのをテレビなどで見ますが、大震災が来たら、あんなものでは固定しきれないと私は思います。「しないよりはマシ」程度かも、と。

テントなどより余程必要なものは「くつ」です。
寝ている間に災害が起きたら、裸足です。そのまま歩き回ると割れたガラスなどでケガをします。
私も助け出されてすぐに、近所の方から靴をもらいました。靴がなかったら瓦礫だらけの街を避難するのは難しかったでしょう。
玄関のほか、ベランダなど出入り口にくつを!お金もかからず、すぐできるのでおすすめですよ。

こんばんは。
阪神淡路大震災で家が全壊、30分ほど埋まったままの経験のある者です。

痛い目にあったのに地震に対する備えはほとんどしておりません。
その理由は…
「あのクラスの地震がきたら、家の中にあるものは全てぐちゃぐちゃになってしまうので、用意してあるものが取り出せるのはだいぶ後になる」
「火事が発生したらもうどうしようもない」
「救援物資がくる方が早いかも」
です。
アウトドア用の寝袋を持ってはいますが、これを使うかどうかは災害が発生してみてから考えると思います。
野...続きを読む

Q避難袋としてお勧めのザック

避難袋として大きなボストンバッグに7キロ位の荷物が入っているような状態で、緊急時にふらつく気がします。
今まで伸ばし伸ばしにしてきましたが、今回の大地震を見て、きちんとを用意しようと思いました。

値段も考慮して、以下の3点を候補にしましたが、ザックに関して素人なのでよく分かりません。
普段からブタカバンを持ち歩くタイプですが、大きいザックを選ぶと荷物を余計に入れてしまうと
聞き、30Lにしてみました。

もちろん、フィット感は人それぞれらしいので、実際に背負いにいくつもりですが、道具というものは
用途によって使い分けがありますし、買った後になって分かる部分も結構あると思います。

アウトドア用品に詳しい方々、160センチ位の女性が避難袋として使用する場合に、
どれがお勧めか教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。


コールマン トレックパックS
http://www.amazon.co.jp/Coleman-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AFS-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%C3%97%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC-170-6876/dp/B004J6PNK8/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1300701895&sr=8-3
サイズ:約44-58×16×38(h)cm
容量:約24-30L
重量:約530g
材質:420Dナイロン


モンベル
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1223289
【サイズ】高さ51×幅31×奥行き21cm
【容量】30L
【重量】510g
【素材】210デニール・ナイロン・リップストップ(ウレタン・コーティング)


ドイター スパイダー30
http://www.iwatani-primus.co.jp/products/deuter/09_017.html
■サイズ:H47X W31XD21cm
■重さ:870g
■容量:30L

避難袋として大きなボストンバッグに7キロ位の荷物が入っているような状態で、緊急時にふらつく気がします。
今まで伸ばし伸ばしにしてきましたが、今回の大地震を見て、きちんとを用意しようと思いました。

値段も考慮して、以下の3点を候補にしましたが、ザックに関して素人なのでよく分かりません。
普段からブタカバンを持ち歩くタイプですが、大きいザックを選ぶと荷物を余計に入れてしまうと
聞き、30Lにしてみました。

もちろん、フィット感は人それぞれらしいので、実際に背負いにいくつもりですが、...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、順位をつけるとしたら…
難しいですね
・TATONKA エバニュースピードパック32とcoleman Ultra Light Pack30ならcolemanかな。
でも、重い荷物を入れて瓦礫で足場が悪い道を歩くとしたら

・VAUDE ツアー30
・TATONKA エバニュー ファロウ30
・coleman Peak 35
のどれかにすると思います。 大きさはこれ位で良いので、あとは好みです。水はやはりもう少し持つべきです。

デイパックよりバックパックの方が作りがしっかりしている分重いですが、重い荷物を入れた時程、あの大袈裟に思う腰ベルトやしっかりした肩・背中周りのクッションに救われます。安定感が全然違います。

実際お店に行って背負ってみればなんとなくわかると思います。
背中にぴったりくっつく程重さが楽になります。

災害は何時おこるかわかりませんし、夜中かもしれない。避難場所に指定されてる所が被災していたり人がいっぱいなら、また違う避難場所を探すことになります。そうするとどのくらい歩くかわかりませんよね。


たかが非常用の袋と考えるか、自分を救ってくれる袋と考えるかは個々で違うと思いますが、しっかりしたパックは避難したあともクッションや枕代わりになりますし、避難中体にぴったりくっついていると、より体が動かし易くなります。


サニタリーや貴重品はそれで充分でしょう。あとあると便利なのがウエットティッシュと水の要らないシャンプーですね。なかなかお風呂に入れないので。


それとビニールテープやテーピングと10徳ナイフかカッターがあれば、避難所で段ボールが手に入った時、ちょっとした個室が作れます。

あとは一般的な非難用品を準備すれば良いと思います。


話しは代わりますが
colemanは元々アメリカでランプから始まった会社です。

だから今でもライトには強いんでしょう。特に去年発売されたクアッドLEDランタンは人気が高いみたいです。
家族で使うならコレもいいですが、一人ならマイクロクアッドLEDランタンがお手軽です。 単1電池×8と単3電池×4じゃそれこそ重さが…
私は夜中ベッドからトイレに行く時マイクロの方を使ってますが、充分明るいし手軽です。
それにヘッドライトと手で回して充電するライトがあれば完璧でしょう。

そうですね、順位をつけるとしたら…
難しいですね
・TATONKA エバニュースピードパック32とcoleman Ultra Light Pack30ならcolemanかな。
でも、重い荷物を入れて瓦礫で足場が悪い道を歩くとしたら

・VAUDE ツアー30
・TATONKA エバニュー ファロウ30
・coleman Peak 35
のどれかにすると思います。 大きさはこれ位で良いので、あとは好みです。水はやはりもう少し持つべきです。

デイパックよりバックパックの方が作りがしっかりしている分重いですが、重い荷物を入れた時程、あの大袈裟に思う腰...続きを読む

Q子供がいる家の防災グッズ

4歳の女の子と、1歳3ヶ月の男の子がいます。

子供のいる家庭ではどんな防災グッズ(かばん)を用意していますか?
実際地震を体験した方にはどんな物がなくて困ったか、こんな物あってよかったと思った物教えてください。

一応寝室には、
・オムツ
・オムツパッド
・お尻拭き
・粉ミルク小缶
・哺乳瓶
・哺乳瓶洗い
・食器洗剤
・タオル
・ミニ毛布
・ゴミ袋
・カンパン
・水
・スリッパ
・靴下
・歯ブラシ
・ナプキン
・絆創膏や消毒液
・紙コップ
・ライター
・懐中電灯
・電池
・ティッシュ
を入れたバックを置いてますがこれだけで旅行用バック1つ分になってしまって実際これを肩から掛け1歳の子供と4歳の子を連れ(旦那がいない時と考え)逃げれるかと言ったらムリだとわかってますが、これ以上何を削っていいのか、何か必需品を用意するのを忘れていないか不安です。

もうすぐ大掃除の時期なのでこれを機に中身を入れ替えたいと思います。
何かあったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。大地震を経験しました。経験上、役に立ったものを書かせて頂きます。

だいたいのものをご用意されているのでいいかと思いますが、水が不足したときに使えないようなものは、荷物が重くなるだけなので、入れない方が良いと思います。

たとえば、食器洗剤はたくさんの水を必要とするので水が不足したときに使えません。その代わり、絶対に入れておいた方が良いのは「新聞紙」です。汚れた食器の表面を新聞紙でぬぐい取り、それから洗い流すからです。新聞紙は一度広げてからくしゃくしゃに丸めておくと手になじんで、拭き取るときに楽で汚れもよく落ちます。

また、一番良いのは、サランラップがあると食器の上にかぶせて、食事をして、食べ終わったらサランラップごと捨てます。これなら食事の度ごとに貴重な水を使うことなく、衛生的に食事ができます。サランラップも用途が結構広いです。防災の専門家も新聞紙と並んでサランラップを入れておくことを薦めてました。
後は、ガムテープも使います。あると便利です。

新聞紙は他にもたくさん使い道があります。保温性に優れているので、床に敷いて腰掛けるようにすれば、寒さもしのげます。また、避難所等で仕切りが不足したときにはプライバシーを守るためにも大きく広げると目隠しとしても役立ちます。また、風よけとかにもなります。ないととっても困ったものの一つです。大きなゴミ袋と組み合わせて使うと用途がたくさんありました。

それから、下着は必需品です。下着だけは長く着ていると気持ち悪くなりますから、他の方も回答しているように、下着ライナーがあると便利です。シャツ・パンツとも長期化すると必要になりますから、最低限入れておくといいかもしれません。

自宅の中に保管していてもいざとなると防災グッズは持ち出せないことが多いです。あとから取りに行きたくても崩れていると入れないし、地震の後はものが散乱していて、危なくて入れません。
他の方も書いているように車の中に入れておくのも良いと思います。

外に物置があるなら物置の中はとてもいいですよ。家と違って、もし開かなくても、壊してもたいして被害はないですし。家のドアを壊す修理代より安上がりです。無い場合は車庫やガレージでも、シャッター壊せば入れるのでo.k.です。)なによりも、もって歩く防災袋は重さを気にしなければいけないですが、物置の中に入れておくなら、好きなだけ入れて置けて、必要なときに取りに戻りやすいです。当座の必要なものを優先的に入れておくカバンと、その他の備蓄とを分けておけばO.K.です。壊すの?と過激だと思うかもしれませんが、生き延びるためには重要なことです。崩れかけの家に入るより、単純な造りの物置や車庫の方が、進入する際には安全が確保できます。

マンションとかの場合は1階の人はベランダに置いておくとあわてて飛び出ても、ベランダならよじ登って取りに行けます。
2階以上の人は1階の人と仲良くなって一緒に置かせてもらうか、マンションの共用部分に置かせてもらうように、日頃から住民同士で話し合っておくといいでしょう。本当は住民全員分の備蓄を日頃からしておくと一番良いので、話し合いの場があったら提案してみてはいかがでしょうか。個人では用意しにくいものも、みんなでなら用意しやすいかもしれませんし。

避難中は温かいものがとても食べたくなります。
汁気のないもの(カンパン、パン)や、冷たいもの(おにぎりなど)ばかり食べなければいけないので、ごくたまに、温かいものが食べられたら幸せになれます。駅弁であるような、紐を引っ張ると暖かくなって食べられるカレーライスとかすごーくありがたかったです。避難日数が長くなると、少しずつものが充実しますが、温かいものが恋しくなるので、避難用の備蓄ができる人にはお薦めです。

カンパンは子供は食べるのをとても嫌がっていました。のどが渇くので、水不足の時には不向きかも。ご存じかもしれませんが、エコノミー症候群にならないためには、適度の水分補給が必要です。トイレが長蛇の列でしかも、水を使えないために、水分をがまんし過ぎてしまう人がいます(特にお年寄りに多かったです)が、とても危険です。水は充分確保しておくことが安心につながります。

子供はボットン便所がとても苦手です。水洗トイレで当たり前に育った子達ですので、トイレに並ぶことと臭いを嗅ぐのが嫌で、トイレに行くことが苦痛になり、便秘になる子がとても多いです。次に並んでいる人がいると思うとウンチができないみたいです。
親御さんが声をかけることで、かなり防げるので参考までに。

「マスク」があるといいですよ。夏以外は夜も冷えるので、マスクがあると温かいし、のどを冷やしにくいです。なによりも、大勢いる避難所では風邪の予防ができます。食べ物が偏ってビタミンCが不足しがちな避難生活では、風邪をひきやすく、しかも、直りにくいので、予防できることはなるべくしておくといいです。避難生活がある程度長くなると、支給されますが、それまでにたいてい風邪ひきます。

いろいろ思い出したまま書きましたが、「備えあれば憂いなし」です。
ものが不足していると、災害にあった恐怖感も増長してしまうので、お互いの声の掛け合いで、がんばれます。これを機に、何かあったときのための集合場所等を相談しておくといいかもしれませんね。(自分たちで話し合ったことを近い親族に伝えておくと安心です。何かあったときに、どこの避難所に避難するかあらかじめ伝えておくと、連絡が取れる状態になったときにも便利ですよ。)

思いつくまま書いたので、また新たに思い出したら付け加えます。

こんにちは。大地震を経験しました。経験上、役に立ったものを書かせて頂きます。

だいたいのものをご用意されているのでいいかと思いますが、水が不足したときに使えないようなものは、荷物が重くなるだけなので、入れない方が良いと思います。

たとえば、食器洗剤はたくさんの水を必要とするので水が不足したときに使えません。その代わり、絶対に入れておいた方が良いのは「新聞紙」です。汚れた食器の表面を新聞紙でぬぐい取り、それから洗い流すからです。新聞紙は一度広げてからくしゃくしゃに丸めて...続きを読む

Qバックパック,ザックの詰め方について(避難用)

初登録&初投稿です。
ちゃんとお礼が出来るのか不安ですが、何卒宜しくお願い致しますm(。_。)m〃


先月の大地震で被災し、自宅の損壊はあるものの、一旦帰宅しました。
連日の余震で不安なのですが、非常用持ち出し袋が入手出来ず、バックパック(ザック)を使用する事にしました。

身長とか全く考慮せずに
80Lのoutlanderを購入しました。
『大は小を兼ねる』的な発想の無知な初心者に効率的な荷物の詰め方を教えて下さい。


家族構成は大人2名,幼児1名の計3名です。
荷物は一般的な非常用持ち出し袋の中身(個別に購入)ですが、寝袋2個も入れたいのが本音です。

先月の大地震では、子供を抱えてオムツと子供の着替えを持ち出すだけで精一杯でしたので、持ち出しザックを用意しても気休めにしかならないかも知れませんが…

お時間のある方はご回答宜しくお願い致しますm(。_。)m〃

Aベストアンサー

総重量は体力でカバーするとして、まずは詰め込むものの「量」をいかに効率よく、という点でのアドバイスです。
まさに限られたものを効率よく一定の容積に詰め込み、かつそれを背負っての安定性という点で「登山」経験から。
また登山であれば使う頻度の高い物を取り出しやすい上に配置しますが、ご希望は避難用の「運搬」であり、避難先ですべての荷物を広げることを考えれば、使い頻度の違いよりはとにかく効率よく量を詰め込むと割り切って良いかと思います。

まずは薄くて丈夫なナイロン、ビニール袋を多数用意ください。

・衣類に関してはザックの底面より一回り大きめサイズにすべてをたたんで重ね、それをブロック状にビニール袋に入れます。もちろん、使用する個別に詰めた方が到着先で荷を広げて活用する際に整理が楽です。下着などは変にたたむよりは平らに広げた方が「ザックのサイズ」に対してちょうど良いかと思います。
タオル類はそれだけを別に大きさを揃えてたためばきれいな固まりを作れます。

・衣類の種類ごと、あるいは個別ごとに入れたビニール袋の口を軽く数回ねじって閉じたまま、その積み上げたブロック状に固まりを押しつぶすように上に乗っかり空気をありったけ抜いて全体を圧縮します。衣類など軽く弾力のある素材の場合、押し出すより、ビニール袋を口をラッパ状に広げた内側に口をつけ、中の空気を吸い出した方が効率的に圧縮できます。驚くほどかちんかちんの固まりができあがります。これの口を空気が入り込まないように輪ゴムで止めるか、余った袋の口の部分を何度もねじってロープ状にした上で1回縛っておくだけで口は閉じ空気の進入を防げますます。

これでいくつかの衣類ブロックができあがりますが、固く圧縮されてはいながらも適度に変形できる柔軟性もあるブロックですので、これを袋に穴を開けないようザックに隙間なく押し込むように整然と詰め込みます。お持ちのザックですとかなりの量が入りますよ。
お子様用の紙おむつも、買ったままのパッケージで持ち歩くより、それらをビニール袋に入れ上の方法で圧縮しますと、かなり小さくできます。
できた隙間には小さなもの、薄いものを効率よく押し込み、とにかく限られた容量を隙間を少なく効率よく詰め込むのがコツ。
登山の場合、持ち歩く容器やコップの中にも小物を入れ、隙間を効率よく活用します。

あらゆるものをビニール袋に入れるのは、圧縮という最大の目的のためでもありますが、ザックが飴でずぶ濡れになろうとも、中身が濡れないための工夫ともなります。

ただしザックに収納するのは衣類だけではないかと思います。
他の物も一通り眺めていただき、衣類など柔らかく軽いものから底になるように詰め込み、固く重いものほど背中側、かつ上の方に。
この重さのバランスを身体に近くかつ上に保つことが、背負った際の背負い心地、移動の際のふらつきバランスに大きく影響します。

総重量は体力でカバーするとして、まずは詰め込むものの「量」をいかに効率よく、という点でのアドバイスです。
まさに限られたものを効率よく一定の容積に詰め込み、かつそれを背負っての安定性という点で「登山」経験から。
また登山であれば使う頻度の高い物を取り出しやすい上に配置しますが、ご希望は避難用の「運搬」であり、避難先ですべての荷物を広げることを考えれば、使い頻度の違いよりはとにかく効率よく量を詰め込むと割り切って良いかと思います。

まずは薄くて丈夫なナイロン、ビニール袋を多数...続きを読む

Q防災グッズを車内で保管する場合について

防災グッズの車内保管についてお聞きします。
車中は高温になるため、食料(乾パンやその他缶詰)が変質したり、ペットボトルの水も置けない気がしますが、実際どうなんでしょうか?早々に痛みますか?やはり保管しない方が無難でしょうか?
またブランケットなど置く際にすぐに埃っぽくなったり、車のガソリン臭なのど匂いがうつったりするのも気になりますが、皆さんはどのようにされていますか?ゴミ袋を何重にも重ねれば大丈夫でしょうか?RVBOXや密封コンテナなどで改善できるものですか?

Aベストアンサー

水(などペットボトル飲料)以外なら別に問題ないと思いますよ。
高温下では変質すると思います。その変質が飲めない状況に
なるのかどうかまでは分かりません。

缶詰とかなら大丈夫かもしれません(缶詰って詰めた後で高温殺菌処理
するため)。
車内で今さら高温になったとしても変化はほとんどないように思います。

「思います」というだけで確証はありませんので自己責任でお願いしますね。

ブランケットなどは例えば「圧縮袋」など使えば、そこそこ埃などからは
守られると思います。
ガソリン臭?車内にガソリン臭がするのですか?
だとすればそれは車がおかしいです。
車屋さんでみてもらった方がいいですね。

ちなみに防災グッズは車に保管のみですか?
車に保管だけだと例えば地震で地割れで車が埋もれたとか、
洪水で流されたとなれば使えませんし、
グッズも取り出せるかどうかも厳しいですね。

防災の専門家が言ってましたけど、家にはあらゆる場所に
グッズを保管しているって。どこから逃げ出すか、どこが安全か
分からないからだと。

Q一週間分の買いだめの内容を教えて下さい。

結婚して9ヶ月になる主婦です。
料理が苦手で未だに料理本を毎日睨みながら献立を決めています。またあまった食材もうまく生かせずにかなりの割合で野菜などを腐らせ捨てている始末です。

先日、家計簿をつけたところ一ヶ月で¥60,000も食費(お酒含む)がかかっている事が分かり「これはマズイ!」と本気で節約に取り組もうと考えています。今は夫と二人暮しです。買い物は毎日していて、まずはその買い物を一週間に一回に減らそうと思います。今までが考えなしに買っていた有様なので、まとめて買う場合の内容を考えると混乱してしまいます。

そこで、一週間分の買いだめをする方からヒントを頂きたいと思います。人数構成などで違ってくると思いますが、一回で買う食材の内容と一回の買い物のお値段を教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

夫婦2人暮らしです。
4人家族で3万円!みたいな風にはなかなか出来ないです。
でも、私も節約挑戦中なので、参考になれば…と思います。

生協の宅配が週に1回なので、基本はそれでまかなって、足りないものだけスーパーに買いに行きます。
週1回の生協が、だいたい5000~6000円位
(これには食品でないものもたまに含まれてしまっていますが…)
内容は
冷凍の切り身の魚が1~2種類、(1袋に3~4匹入っています)
肉2種類2パック(冷凍庫にしまってしまう)
キャベツとか白菜とか大根の大物の野菜1つ
菜っ葉類1つ(届いたらすぐに湯がいて、小分け冷凍)
きのこ類、根菜類(じゃがいも、にんじん、たまねぎ)
ねぎ、卵、牛乳、パン、豆腐
手抜き用にすぐ食べれるようなもの1種類
(てんぷら、うなぎ、中華あんかけなどあっためてご飯に乗せれば出来上がり!というようなもの←これがあると、気持ちに余裕が出来る気がするので2週に一度くらいはお世話になってます。)
缶詰(豆、ひじき、シーチキン、トマトの水煮)
が冷蔵庫などに週1の届いた日にそろうように購入します。

そのうえで、料理の内容によって足りない食材や、しょうが、にんにく
お刺身、油類、調味料などは適宜スーパーで買うことにして、この部分が1ヶ月で1万円なので、1週間なら2500円位かな。

ちなみに生協は引き落としなので、2.5万位を銀行に残しておいて、スーパー用の別のお財布を作りそこに1万円を入れています。

生協は少し料金が高いので、スーパーで購入すればもう少し安くなるとは思います。
今まで毎日買い物に行けていたようなので、基本のものを1週間に1度で購入して、メニューによって足りないものだけを(この、足りないものだけを買うというのが以外に最初は難しいのですが…)するとだんだんに金額を縮小できるのではないでしょうか?

ちなみに、献立を考える時はメインで使いたい野菜から献立を検索して決めて、微妙~に残ってしまう野菜類はスープや味噌汁に使っています
漬物が好きなら、浅漬けを作るのもいいかもしれません。

夫婦2人暮らしです。
4人家族で3万円!みたいな風にはなかなか出来ないです。
でも、私も節約挑戦中なので、参考になれば…と思います。

生協の宅配が週に1回なので、基本はそれでまかなって、足りないものだけスーパーに買いに行きます。
週1回の生協が、だいたい5000~6000円位
(これには食品でないものもたまに含まれてしまっていますが…)
内容は
冷凍の切り身の魚が1~2種類、(1袋に3~4匹入っています)
肉2種類2パック(冷凍庫にしまってしまう)
キャベツとか白菜とか大根の大物の野菜...続きを読む

Q本当に必要な防災グッズとは?

防災の日を過ぎて防災グッズをそろえようかと思います。そこでお聞きしたいのですが、本当に必要な防災グッズとはなんですか? カンパンなどを買おうとしたら、今の日本じゃ次の日には救援物資が届くから必要ないとも言われました。 失礼な話かもしれませんが過去に被災された方などの体験などから教えていただけらば、なおうれしいです。

Aベストアンサー

こんばんは。新潟県中越地震の経験で。。
10/23は、土曜日夕方だったため食卓を囲んでいた人が多く、食べようとした時に、地震が来てしまったために、
食べられなくなったと言う人が多かったです。逆の意味では、夕食のおかずが出来ていたため、お腹がすいても、
出来ていたおかずを食べたので、その日しのげたと言うのも有ります。

 取る物を取らずに出ていたので、とりあえず取ろうと思って、ヘルメットと懐中電灯(車の中に有ったペンライト)・長靴の装備で取りに家に入りました。そりゃ、いつ地震が来るか?で怖いですけどね。
 懐中電灯は、手に持つタイプではなくて頭に着けるタイプが良いでしょう。両手が空きますから。
 寒さをしのぐために、石油ストーブ(もちろん電気を使わないヤツ)で暖をとったり、お湯を沸かしたりしてました。停電でも利用出来ますね。
 水は、必需品ですが井戸などを何箇所か見つけておくと良いですね。食器を洗ったりと色々と役に立ちました。。
 実際、電気が使えないということは、ほとんど何も出来ないと思ってください。
水道・ガス・インターネットや携帯電話、テレビなどの情報源が遮断されてしまいます。ガソリンスタンドは長蛇の列・・・
冷蔵庫が使えないので、ものが傷んでしまうため、ガスボンベを利用して地域の人たちと味噌汁にして食べてしまいました。冷凍してあった高価なカニが出てきたりとか・・・
 方付けをしたりすると汚れるので、作業服で何日も過ごしてました。

 地域の人と支えあって、生きていた覚えが有りますね。。。
 参考になれば幸いです。

こんばんは。新潟県中越地震の経験で。。
10/23は、土曜日夕方だったため食卓を囲んでいた人が多く、食べようとした時に、地震が来てしまったために、
食べられなくなったと言う人が多かったです。逆の意味では、夕食のおかずが出来ていたため、お腹がすいても、
出来ていたおかずを食べたので、その日しのげたと言うのも有ります。

 取る物を取らずに出ていたので、とりあえず取ろうと思って、ヘルメットと懐中電灯(車の中に有ったペンライト)・長靴の装備で取りに家に入りました。そりゃ、いつ地震が来る...続きを読む


人気Q&Aランキング