通販の ニコーで、水に自分の波動を転写?して自分だけの情報水を作って飲めば健康になれる、なんてものを見かけましたが、いかがなものでしょうか?
商品名は「アポロ」だったと思います。

片方に水を置き、片方に自分の手を乗せると1分ちょっとで
自分の情報が水に転写?して自分だけの情報水ができる。
といったもので、確か12万円くらいだったと思いますが
関係者の方、実際に使用されている方がおられましたら
詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

hitomi-kさんへ。



現代の物理学が波動をどのように捉えているかということと、この商品が波動転写という方法を用いて人の健康に働きかけると宣伝していることは全く次元の違う話です。
いつの時代も宣伝に科学的な背景をにおわせるのは、詐欺的商法の常套手段なのです。
もし科学的な手法を用いて、この商品の有用性を証明する事実があるのならそれを提示してみたらいかがでしょう。人を非科学的と罵倒する前に。
    • good
    • 1

こんにちは。

この質問はもう一ヶ月以上前の質問だから、ここに書き込んでも読まれないかもしれないけど、前のヒトの回答があまりにも乱暴というか非科学的なので、ちょっと書きたくなりました。

一言で言っちゃうと、現代の科学ではそもそも物質というもの、あるいはエネルギーというのもが、いったい何なのか、わかっていないのです。あんまりわからないので棚上げ状態になっているのが現状です。世界最先端の頭脳を持つ、もっとも優秀な科学者であればこの現状を、謙虚に認め、自分たちはまだよちよち歩きの幼児のようなものだ、20世紀末にわれわれが手にした最高の知識は、われわれがまだ何もわかっていないということだった、と口に出して言いますが、科学者でもここまで素直に謙虚に言うひとは少ないのです。

21世紀の宿題と呼ばれる物理学上の難題、その一つが、物質波動とはなんであるか、そもそも物質が、粒子であると同時に波動であるとはどういうったことであるか、ということなのです。

ところで波動とは何かってことですが、簡単に言ってしまうと物理学用語です。物理学では粒のことを粒子と言い、波のことを波動というのです。

それで、この宇宙はすべて物質でできています。物質以外のものは宇宙に存在しません。
端的に言えば、物質にはすべて波動があります。量子力学の言うところでは、物質の究極の姿を、粒子として観測するときは波動ではなく、波動として捕らえるときは粒子ではないのですが、これは現代の科学力ではこの二つを同時に観測することができないことを意味していると考えられます。

さて、すべての物質は、原子でできているのですが、その原子もさらにつきつめてみて行くと、もっと細かい粒子にまで分析できます。これらは素粒子と呼ばれ、その種類はクォーク、レプトンなどいくつか見つかっているのですが、それらがすべてさらに小さなスケールの弦のようなものが奏でることによって生じる波動からできているのではないかという理論があります。
もっともそこまで遡及しなくても、すべて物質が物質である限り波動であるのは間違いないとは思うのですが。

さて、粒子が集まって、組み合わさり、その組み合わせによって、色々な原子になり、さらにその原子が組み合わさって色々な物質になります。例えば、水素と酸素が組み合わさると、まるで違う水という物質になります。それらはそれぞれ違う性質を持っていて、あたかもまるで違うものでできているかのようですが、もとをたどれば同じものでできているのです。
それと同様に、波動にもその周波に特性があって、それは物質によって違ったりもするのですが、同じ物質であっても波動を測定すると違う特性を持っていたりするのです。

このことは、すでに現在の技術でも測定することができます。ある種の電磁波測定器によってです。
電磁波というと、人体に悪影響を及ぼす電磁波ばかりが思い浮かびますが、この世界に充満している物質あるいはエネルギーで、もっとも沢山あるものと言えばそれは光です。光は電磁波ですし、またわれわれ人体も電磁波によって、その肉体を維持しています。電磁波というのは、人類にとって、もっとも測定の容易な波動の一つなのです。
ともかく、波動というのは、比較的測定が可能なのです。物質を粒子として捕らえると、ン億円するかというような電子顕微鏡を持ってしても、かろうじて、金のような非常に大きな質量数を持つ原子が捕らえられる程度なのに、波動として捕らえると、測定がそれほど難しくないのです。

最近、ニュートリノという素粒子の一つに質量があることを、日本の科学者が立証しましたが、これも、ニュートリノそのものの質量が、直接的に測れたわけではなく、そもそも、この物質に質量があると、今までわからなかったのは、これが電気的特性を持つ素粒子ではないために、電磁波測定ができなかったからなのです。

ともあれ、われわれ一般のレベルでも、電気的に波動を測定することは比較的容易です。
で、人間の波動も、波動測定しますと、それぞれが固有の波動を持っていることがわかっています。これはもうヨーロッパのほうでは、何十年も前からある技術です。
固有の波動は、さらに分析しますと、さまざまな物質波動の凝集体なのですが、これは、人間という現象自体がまさにさまざまな物質の凝集現象ですから当然です。

この、波動というのが、その物質が何であるかではなく、少し違った意味を持っているようなのです。そして、水です。

水はこの地球上で、最も風変わりな物質です。なぞが多い物質です。40億年前、地球が生成されたときではなく、地球ができたあとで、宇宙から飛んできた、と、数年前にある科学者が発表して、世界中を驚かせました。その科学者は、世界でも有数の優秀な人物だっただけでなく、バリバリの保守派の科学者だったからですが、これ以降、科学者たちは、水と言うものの特殊性に改めて気づいたのでした。

さて、波動という観点から考えたとき、水が特殊であるというのは、水は、物質としてはH2Oですが、波動測定をしますと、どんな物質の波動にも簡単に変わるという性質があるのです。
ある種の媒介物質といいますか、触媒というのも変ですが、とにかくある物質の波動を書き込んだりすることが大変容易にできるのです。これが「波動転写」というものです。
水は、人体の中にも非常に多く存在しますが、実は人体の水分も、水として存在しています。つまり、水はどこまで言っても、水なのです。ですから、ある波動を転写した水を飲むと、体の中の水にそれが転写されるという理屈は一応は成り立つことになります。
これを実際にやるのがアポロという商品というわけです。

アポロは、私も知っていますが、波動を測定したりすることはできません。物質は大抵、一つの波動ではなく、ある周波数の波動がいくつか重なり合った複合波動ですが、それらを分析することはできません。
波動は電磁気的に分析したり転写したりできるわけなのですが、この技術は電磁波の性質を理解していれば、それほど難しいものではないそうです。転写のみを行うので、12万円という非常な安価で売られているのです。
12万円が安価? とお思いかもしれませんが、通常、波動測定機器は、ン百万以上するくらいが普通ですから、それからするとすごく安いわけです。測定はできないですから、このくらいで価格を抑えられるのでしょう。

自分の波動を自分に転写すると健康になれる、という点ですが、これについては私も資料を持っていません。しかし、例えば、自分の波動を、自分が飲む薬や、食べ物や、シャンプーなどに転写して使えば、それが自分にとって非常にいいものになる、というのはわかります。
というのも、これが、先ほど書きました、ヨーロッパのほうでは何十年も前から使われている技術というやつで、ヨーロッパでは、転写ではなく、薬などを飲むときに、それを電気的に測って(波動測定というやつですが、その当時は多分そう呼ばれてなかったんじゃないかと思います)飲む人の波動と合うかどうかを見てから、飲む薬を決める、ってことをするために使ってきたのです。
なぜかというと、それが波動である以上、その波には波の周波数というものがあって、それが合っていると、薬などが効きやすいからです。

波を合わせるという技術は、ごぞんじのように、電子機器類の分野では、もうごく当たり前に使われていて、これなしではわれわれの生活は成り立ちません。
繰り返しですが、人体も生体電流というものによって成り立つ精密メカでして、電気抜きに生命活動はありえません。ですから人体というものについても、波動整合というのが重要だというのは、考えられないことではないわけです。
で、波動測定で薬と人体との波動整合性を見たりしたわけですが、アポロは、測定はできない代わり、積極的に、波動整合をしてしまおうという技術なわけです。
お信じになるかどうかはご自由ですが、少なくとも、この前の人が書いているように、暗示以外の何者でもないと断定するのは、あまりに非科学的です。
そもそもこの方は、いったい、暗示によって効果が出るというのを、どういうことだと思っているんでしょうか?
暗示という言葉の意味がわからずに使っているんじゃあないでしょうか。
暗示にかかる、つまり、人間の脳がそう思い込むと、それが体の状態に影響するとは、科学的にはどういうことなのでしょうか? そこまで考えて暗示ということばを使っているのでしょうか。暗示にかかると、火も熱くないなんて状態が人体に生じると言いますが、そんな驚異的なことを、そもそも驚異的に感じないのが、すでに非科学的です。何でも暗示って言えばいいと思ってないでしょうか?

暗示にかかるという状態も、脳の中に、電気的なある種の信号を生じさせます。電気的な信号は、物質の分泌を促したり(その物質も、どんな物質が生成されるかは、電気信号によって違うのです)、代謝を良くしたり悪くしたり、体の特定の部位に特定の変化を起こさせたりします。こうしたことは、すべて生体電流、すなわち電磁波によって、体の中で起こる現象なのです。
病は気から、っていう気も、これでして、気とはすなわち波動だと言うこともできます。実際、体内で生じる電気信号によって、体がよくなったり悪くなったり、分泌される物質まで違ってくるっていうんですから、まさに、病も健康も波動から、と言ったっていいわけですよね。

自分の力だけで、自分の気を、常にいい状態に保てるひと、つまり、いい暗示を常に自分に与え続けることができる人なら、極端な話、病気にもならないし、自律神経失調もしないでしょう。
けれども皆が皆、自分の力だけで健康でいられないのが現実です。
この、生体の波動と自分の力ではなく、外部からの微弱なレベルの電気信号によって、変えていこうというのがアポロの考えなのだと思います。

今気がついたのですが、病気になったとき、生体電流で最も顕著な症状は、電気信号がうまく伝わらない、ということです。つまり、自律神経が保っているさまざまな生体維持機能が、体の隅々まで行き渡らないと言いますか。
これを、中国なんかでは、気のとどこおりっていうらしいですが、電気信号がどこかで狂ったり、止まったりするっていうか、とにかく神経をスムーズに伝達しない。ちょっと停電に似ていますね。人間の体の中と、人間の社会は、奇妙によく似ています。アポロで自分の波動を自分に転写するっていうのは、つまり、停電を復旧させることなのかもしれませんね。滞った電気信号を、改めて流すわけです。

繰り返すようですが、すべての作用機序は電気によるのです。体内での物質の生成も電気が決め、健康か病気かも電気が決め、暗示すら電気によるのです。

物質の究極の姿は波動であるという理論。
電気という波動が生体を支配する現実。
波動が何だかわからないからアポロも眉唾だろうというのは、あまりに乱暴、あまりに非科学的です。
少なくとも、「わからない」というくらいの謙虚さを持つのが、真に科学的な態度と言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 5

暗示効果以上の何の効果も出ないでしょう。


これを使用して効果があったという人が何百人いようと、このわけのわからない器械の効果を実証することにはなりません。

暗示の効果が最も高いのは、広告を読んだ後でしょうから、その時に間髪を入れず購入するのが一番良いでしょうね。

私のこの文章を読んだ後では、かなり暗示の効果が薄れるでしょうから、12万払うのはほとんどお金をどぶに捨てるようなものでしょう。
    • good
    • 0

概念としての波動現象は在ってもおかしくないと思いますが。


「病は気から」「ダメダメばかり言う人と一緒にいると、こっちまでダメになる」
「朱に染まれば赤くなる」とかね。波動は共鳴現象によりエネルギーが伝わるそうだから。

そのHPの一文に
この装置は「健康や美容、コンディションにこだわる人」「物や薬品、食品の微妙な違いがわかる人」にとってはたいへん重宝するのだが、「健康状態、コンディション、モノの微妙な違いなどにアバウトでこだわらない人」にとっては13万円分の価値が見出せるか疑問である。

私は、この文に総てが集約されてる気がします。童話「裸の王様」の話しを思い出したわ。
信ずる物は救われる?
効果があるならうちの主人の脳みそに、しかるべき人の脳みそを転写してもらいたいわ!
    • good
    • 0

世の中のすべてのものは、原子からできていて


その原子は、固有のエネルギーパターン(振動)を
発振しています。
水は自然界のコピーのような役割を持っていて
マイナスなこともプラスなことも
転写させる事が可能です。
このことは、以前からわかっていましたが、
その技術が二十世紀の終わり頃になって
実現されるようになりました。

昔の人にペンタゴンやバチカンの秘蔵図書館
に収められている情報よりももっと多くの
情報を手にすることが小学生でも可能なこと
といったら信じられないでしょう。
しかし、インターネットという
技術の進歩によって今では可能になりました。
アポロという商品については、わかりませんが
もっと多くの人にこういう事が
認知されるようになれば金額は、
ずっと求めやすくなるでしょう。
    • good
    • 0

私も初めて聞きましたが、以下のページに詳しく載っていました。

こんな製品が存在することを、他の人にも教えた~い!!
124000円…。
もっと安い77000円のものでも手が届きませんね。
これは使った人に、是非このページにどんな感じか知らせて欲しいけど。
世の中広いので、買った人もきっといらっしゃるのでしょうね。
健康お宅の私も二の足を踏んでしまいます。

参考URL:http://cgi.sainet.or.jp/~nobuaki/kan/power/gods1 …
    • good
    • 0

 波動?なにそれ?


 波動を転写?どうやって?

 たいていこの手のものが言うところの波動ってのは霊波動とたいした違いのないものがほとんどです。オカルトといっしょで信じるかどうかです。
 基本的に水を飲むだけでしょうから害はないでしょうし、健康になると信じてりゃプラシーボ効果で健康になるかもしれませんが。

 そんなもんに12万も出すんなら、どっか田舎に旅行して森林浴でもしたほうがましとちゃいますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も、波動、転写なんて全然わかりません。
もし関係者の方や使用している人がおられたらと思って
質問してみました。
わけのわからないものに12万円もだすのはもったいないですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 20:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前歯の差し歯12万円って?

上の前歯1本を治療していて差し歯を入れる事になりました。前歯は見た目があるので保険適用外のセラミックの差し歯を入れる事を進められます。1本12万円と言われているのですが妥当な金額のでしょうか?

Aベストアンサー

ちなみに隣の歯が虫歯になったらやはり同じものを入れますよね。
その隣の犬歯はどうしますか?

まあちなみに保険適用のレジン(平たく言えばプラスチック)だと5000円(関連する作業は別)です。
そして、ちゃんと色合わせもするから、外見上区別のつく人なんているのかな?って思いますけど。
セラミックはもちろん丈夫。
5000円のレジンを一生の間に24回も作り直す人なんていないと思うんですけどね。

Qスポーツジムの中で水を飲むために必要な水筒のようなもの

大変説明下手で申し訳ないのですが、スポーツジムの中で飲料水を飲む場合に、裸ペットボトルではちょっと恥ずかしいので、保冷カバーケースのようなものが欲しいのです。ですが、あの商品名がいまいちピンとこないため、なかなか見つけ出せません。そこで、あの製品の名前を教えて頂けると助かります。また、売っている場所も教えていただけるとなお嬉しいです。ネットショップで構いません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そのままの名前ですが、ペットボトルカバーで探すと見つかると思います。
http://shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&p=%A5%DA%A5%C3%A5%C8%A5%DC%A5%C8%A5%EB%A1%A1%A5%AB%A5%D0%A1%BC&cid=&x=0&y=0
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&f=A&g=101070&v=2&e=0&p=0&s=2&oid=000&k=0&sf=0&sitem=%A5%DA%A5%C3%A5%C8%A5%DC%A5%C8%A5%EB+%A5%AB%A5%D0%A1%BC

水筒などを販売している家庭コーナー、アウトドアコーナー、スポーツ用品の小物コーナーなどを探してみてください。
機能性をあまり求めない(中が見えなければいい)のであれば、多くの100円均一ショップでも扱っています。
http://item.rakuten.co.jp/hyakuemon/nakano-me-167k/

Qアトピーに酸性水とにがり水

息子が、軽度のアトピーです。
この度、還元水を取りつけました。
浄水とイオン水、酸性水ができます。
アトピーなどに酸性水をつけたり、お風呂に入れたりすると良いと、セールスの方が言っておられました。
また、にがりをお風呂に入れたり、にがり水をつけると良いと知人に聞きました。
どちらが良いのでしょうか・・?
酸性水に、にがりを入れたりしても良いのですか?

Aベストアンサー

どちらが良いとか効くとかは、人それぞれです(自信あり)やってみてください… 

過去の回答で知ったもの
にがり・美肌水・黒砂糖きのこ

ご存知無いものがありましたら、検索してみてください
どれも「効く」と書いてありますが、「個人差があります」と注意書きがあります

Q海洋深層水とにがり水の違いは?

最近海洋深層水がブ-ムになってますが、自宅の周りのス-パ-やコンビニは完売状態でいつ入荷するのか?分からないし、ネット販売でもありますがどれがいいのか?分かりません。
そこで成分がほとんど同じにがりを、沸騰させたお湯を冷まし入れにがり水を作ったところ、とても美味しく頂けました。
にがり水は海洋深層水の代わりになるのでしょうか?

Aベストアンサー

海洋深層水とにがり水は全然違います。
にがり水は、海洋深層水の代用にはなりません。

海洋深層水とは、大陸棚より沖合で光合成に必要な太陽光が届かない、およそ水深200mより深いところにある海水をいいます。 深度200m以深では太陽光線はほとんど届かず、海水の温度は低温でしかも細菌が少なく、ミネラルなどをバランスよく豊富に含んでいます。
市販される海洋深層水は、それから塩分を除き、飲みやすく成分調整したものです。

一方にがりは、通常の海水から塩分(塩化ナトリウム)を摂った後の残りです。様々なミネラルはあるものの、その主成分は殆ど塩化マグネシウムと硫化マグネシウムです。
にがり水はそれを水で稀釈しただけの物ですから、ミネラル水としてはマグネシウム濃度が高すぎます。
マグネシウムは大量に摂取すると有害です。腸での栄養吸収を阻害するだけでなく、特に腎臓に負担をかけます。
少量の摂取なら問題ないと思いますが、
にがり水を長期にわたり常用する事は、お避けになった方が良いと思います。

Q天然水と加工水どっちがいいの?

加工水は殺菌してミネラル分を入れていますよね。天然水と比較して体にいいのはどっちなんでしょう??

Aベストアンサー

「体にいい」とはどういうことですか?
「加工水」なる言葉は初めて聞きましたね。
まあ、「天然水」も殺菌せずにボトルに詰めることはできないでしょう。

ミネラルも取りすぎはよくありません。よく旅行先で水が合わない等言うことがありますが、微量のミネラルが左右していることもあります。

一番安心して利用できる水は水道水です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報