初めての店舗開業を成功させよう>>

東京都調布市に住んでます。

多肉植物が種類豊富でしかもお安く1株100~500円とかで売ってるお店ってご存じないでしょうか?
東京近郊で車である程度の範囲は行けます。

府中の島忠でいち時期、種類が豊富に売っていたのですが、もう仕入れていないらしく。
(近々サボテンフェアはやるとか言ってましたけど)

もしくは、一般の人も行ける市場とか、直売店とかないものでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シマチュウホームセンターの府中店は私も良く行きますが、調布市にある神代植物公園内の売店は一般的な花屋さんの品揃えとは格段の差でありますしNo.1の方の言われている池袋の西武デパートの鶴仙園さんが出店しています。


ただ入園料が必要なので事前にTELで確認した方が良いでしょう。
また東八道路沿いにJマート三鷹店がありこちらにも色々ありますよ。
何れも下記サイトをご覧下さい。

参考URL:http://www.tokyo-park.or.jp/kouen/park.cgi?id=76, http://www.jmart.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなりまして申し訳ありません。ご丁寧にありがとうございました。一度行ってみたいと思います。

お礼日時:2005/04/03 12:45

池袋西武デパート屋上の園芸コーナーに出店している「鶴仙園」はどうでしょう?値段は・・もちろん、種類によりますが、安いのなら数百円であります。


駒込に本店があり、こちらは温室内にたくさんの多肉がありますよ。

参考URL:http://www8.ocn.ne.jp/~k-cactus/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒法師が枯れてしまいます!

黒法師が急に葉を落とし始め、丸裸同然の状態になってしまいました。
他の方の質問より水の遣り過ぎだとわかり、今週より水やりを中止し、
様子を見ています。

早く土が乾いて元気に戻ってほしいのですが。。。

今朝見ると鉢にコバエがたくさんいました。
明るい場所に移してしばらくするとどこかに
いったのですが。

根が腐りきっているのでしょうか?
植え替えをした方がいいでしょうか?
このまま様子を見続けること以外にできることが
あれば教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

黒法師はベンケイソウ科のアエオニュームに属する多肉植物です。
多肉植物にも多くの種類がありますが、サボテンと同様に暑さや乾燥に
は強いと言われています。でも全ての多肉植物やサボテンが暑さや乾燥
に強いのではなく、種類によっては暑さや乾燥が苦手な物もあります。
乾燥に強いと言われている事は、葉や茎や根に水分を蓄えられる機能を
持っているためで、草花や観葉植物と同じように管理をすると必ず失敗
をして枯らせてしまいます。

黒法師の場合は高温多湿や低温を嫌う性質があります。暑さに強いから
と言って真夏に直射日光が当たる場所に置くと、それだけで状態を悪く
させてしまいます。真夏時は直射日光が当たらない風通しの良い場所に
置く事が大切ですが、だからと言って室内のエアコンが効いた場所に置
く事は避けなければいけません。
冬場は外気温が7℃以下になるようなら、早めに室内に取り入れて寒さ
から守ってやります。それまでは屋外で管理した方がいいですね。
基本的には10月から3月までは室内で、4月から9月は屋外で管理を
して下さい。特に梅雨時期に雨が直に当たる時は、雨が当たらない場所
に移動させて下さい。ただし室内に入れる必要はありません。

植替えが出来るのは4~10月の間の内、真夏の猛暑時を除いた時期な
ら作業が可能です。理想は1年毎に植替えをするのが好ましいですが、
何らかの事情で作業が困難な場合でも、最低でも2年に1度は植替えが
必要になります。雑菌に弱い性質があるので、雑菌による枯れを起こさ
せないためにも出来るだけ1年毎に植替えが必要になります。
使用する用土はサボテンと多肉植物の土を購入し、鉢から株を抜いたら
古い土を半分程度落とします。土からはみ出た根は切って整理します。
植替えが終わっても直ぐに水遣りをせず、1週間ほど風通しの良い明る
い日陰に置き、養生をさせた後に最初の水遣りをします。鉢底穴から水
が十分に流れ出るまで与えます。

水遣りは9月から5月までは鉢土(鉢に入っている全部の土の事。)が
乾いたら、更に4日から1週間経ってから水遣りを行います。2回目か
らは上記に書いた方法を繰り返します。
6月から8月までは月に1~2回を目安にして、どちらかと言えば乾か
し気味に管理をします。間違っても自分で決めた日に、決めた量の水を
与える事だけは避けて下さい。機械的水遣りは、植物を枯らせるだけで
す。植物の事を第一に考えて水遣りをしましょう。

肥料も必要で、植替えをした時に用土に混ぜるか、植替えが終わった時
に置き肥として与えます。4月に1度だけ施せば、後は一切与えなくて
構いません。そんなに養分を多く要求する植物ではありませんから。

真夏時の直射日光は避けるべきですが、それ以外の時期は十分な光線に
当てるようにして下さい。光線が弱くなると、通常の黒色が消えて緑色
が強く出てしまいます。

増殖は葉挿しは出来ません。挿し芽で増やせます。ただし挿し芽に使用
する部分が状態が悪いと、挿し芽をしても発根しない事があります。
必ず状態が良い時に、植替え時期内に作業を行います。

黒法師はベンケイソウ科のアエオニュームに属する多肉植物です。
多肉植物にも多くの種類がありますが、サボテンと同様に暑さや乾燥に
は強いと言われています。でも全ての多肉植物やサボテンが暑さや乾燥
に強いのではなく、種類によっては暑さや乾燥が苦手な物もあります。
乾燥に強いと言われている事は、葉や茎や根に水分を蓄えられる機能を
持っているためで、草花や観葉植物と同じように管理をすると必ず失敗
をして枯らせてしまいます。

黒法師の場合は高温多湿や低温を嫌う性質があります。暑さ...続きを読む

Q多肉植物の植え替え時の根に付いた土

こんばんは。お世話になります。多肉初心者がまた質問致します。
多肉植物の植え替え時の根に付いた土のことなのですが、ある本には、「根に付いた土は全て落とす。」とあり、違う本には「根に付いている土はあまり落とさない。」とありました。どちらが正しいのか、種類によって違うものなのかを教えて下さい。植え替え時期はどちらの本にも春に行うということで、もうすぐ春が来るので気になって質問致しました。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的な多肉植物としての育て方では、「根に付いている土はあまり落とさない」というのを見たことがありません。
ですので、あくまで一部の例外ということでしょう。(たとえば大きく育ったもの、根の太い種類など)
それと購入されてから月日のあまり経過していないもの、ポットに植えられていてそれを鉢に植え替える場合などはあまり土を落としません。

●エケベリアなどに代表されるように大半の多肉植物では土を落とすのが普通です。
その理由としては、
 (1)雑菌が繁殖している、小さい生物などが繁殖している、老廃物が増えている、土(養分なども)が劣化している
 (2)植え替えには根を半分前後整理するのが普通です。その根を雑菌や腐敗防止のために乾かす必要があります。

●基本は、傷付けないように丁寧に土を落とし、痛んだ根、密集した根を切り落とします。
・そのあと1~5日程度(種類による)日陰で乾燥させます。
・新しい多肉植物用の土に植えます。
・種類によってすぐに水を与えていいものと、さらに3日以上水を与えないものがあります。乾燥させていた日にちが長いものほど、鉢に植えてから1週間とか経過しないで3日くらいで与えて大丈夫です。
・ハオルチアなどの水分を好むタイプは乾燥は短く、水も早く与えます。

●多肉植物は多くの科に属し、生息地域もヨーロッパアルプスの高山や、熱帯地方の水分の多い地域、岩場など多岐にわたります。そのためその植物の原産地を知ることが大切で、原産地(生息場所)の環境にできるだけ近づけるように管理するのが適切です。その植物の名前を知ってWEBサイトで個別の育て方を調べるのがいいでしょう。また同じ属種でも冬型と夏型がありますのでその管理にも注意してください。種類によって咲く季節が異なりますよね!。

↓こちらはとても参考になりますのでよく読まれてください。
<水やり・植え替え・用土>
http://blogs.yahoo.co.jp/mikaki4791/folder/384761.html

↓根の太いタイプはすぐに水を与えてOK
http://www.solxsol.com/haworthia_001.html
(根を切ったら1日くらい乾かして植える)

↓根の細いエケベリアタイプなどは乾燥気味に
http://nenrandir.exblog.jp/8022943

参考: 挿し木
http://www.solxsol.com/magazine/solxsol_sashiki.htm

冬型と夏型について (幾つかの品種は個別に掲載)
http://happamisaki.jp-o.net/green/others/taniku.htm

基本的な多肉植物としての育て方では、「根に付いている土はあまり落とさない」というのを見たことがありません。
ですので、あくまで一部の例外ということでしょう。(たとえば大きく育ったもの、根の太い種類など)
それと購入されてから月日のあまり経過していないもの、ポットに植えられていてそれを鉢に植え替える場合などはあまり土を落としません。

●エケベリアなどに代表されるように大半の多肉植物では土を落とすのが普通です。
その理由としては、
 (1)雑菌が繁殖している、小さい生物などが繁殖し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報