こんにちは
ファシスト党はイタリアですよね
ナチスはドイツですね
本などでは同じ意味<全体主義者>としてあつかわれているようですが
明確な違いについてなんでもええです教えてください
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。


専門家ではありませんので、詳しくはわかりませんが、それでもよければ聞いてください。
明確な違いとしては、ファシストはイタリアのムッソリーニが党首を務める党の名前でもあるのですが、それ以外にもファシスト自体が戦後に全体主義者を指す意味で使われることになったようです。
全体主義とは、広辞苑によると『個人は全体を構成する部分であるとし、個人の一切の活動は、全体の成長・発展のために行われなければならないという思想、または体制。そこでは、国家・民族が優先し、個人の自由・権利が無視される。』とあります。
ナチスはご存知のように、アドルフ・ヒトラーが党首を務める「Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei(国家社会主義ドイツ労働者党)」の通称のことです。
また、ムッソリーニとヒトラーの目的も違います。ムッソリーニはイタリアの近代化と国の組織化を推進、エチオピアやアルバニアに進出して植民地政策をはかり、富国強兵政策を推し進めていきました。
一方ヒトラーは、ゲルマン民族の優秀性を語り民族を浄化しようとしたり、ポーランドへ進攻しました。
世界史の教科書なんかを見てみると、第二次世界大戦期の日本もファシスズムの仲間に加えられたりしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます
ムソリーニとヒトラーの目的の違いなども
説明してもらい助かりました
日本もファシストの一員とされてますよね
日本だけ党名では無いのも不思議ですよね
ナチスの正式名Nationalsozialistische Deutsche Arbeiterpartei
も教えてもらえてとても参考になりました
また教えてください

お礼日時:2001/09/06 00:20

私も知りたいと思ったのでちょっと本を読んでみました。


ファシストとナチスはおっしゃる通りどちらも全体主義で、個人の自由を否定し
国家・社会の全体性を原理としていますよね。
全体主義という形態の中で最も早く出てきたのがイタリアファシストだったから、
同じような政治形態(ナチスなどのこと)をファシズムと呼ぶのではないでしょうか?

ナチスとファシストの同じ点は、合理的な思想形態を持たず、感情に訴える
国粋的思想を宣伝していたところだと思います。どちらも一党独裁政治をしています。

次に違いですが、ファシストは第1次世界大戦後、国民生活も苦しくなって
きたため勢力を増してきた共産主義や、
財政難で弱体化していた政府を打破するために出てきたものです。
エチオピアに進軍したのは1929年の世界恐慌後、経済が悪化し、民心を対外に
向けさせるためだったようです。
一方ナチスは第1次世界大戦後に形成はされていましたが、急速に勢力を伸ばした
のは29年の世界恐慌後です。
海外市場の狭いドイツは恐慌からの脱出を植民地再分割に求め、軍国主義や
ナチズムへ直進したようです。
こちらも反社会主義や、反ユダヤなど、独裁政治をしていますが、
ヒトラーのもとで失業者は救われ、国力も蓄えられました。
また露骨な侵略政策を強行し、第2次大戦を誘発したのもナチスでしたよね。

まとまりが無くてすいません。&間違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます
ムソリーニがよく「ファシストの先輩」というのは
ドイツより前にファシスト政権確立してたからなんですね
ファシストは極左に対抗するため
出てきた勢力なんですね
それに対してナチスは失業者対策などで
勢力伸ばしてきたわけですね
解りやすくて助かりました
また教えてください

お礼日時:2001/09/06 00:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q専制主義と絶対主義、全体主義の違い

中華帝国を代表とする東洋的な専制国家と、近世ヨーロッパの絶対主義国家、
それと戦前の日本やドイツまた共産圏のような近現代の全体主義国家、
これらの違いはどういうところにあるのでしょうか?
一人または少数の権力者が国土と人民を全面的に支配している点では
同様に思えるのですが。

Aベストアンサー

専門家ではないので、学術的に完全に誤りがないかどうかは別にして、便宜的な理解だとこうなると思います。

>一人または少数の権力者が国土と人民を全面的に支配している点では同様に思えるのですが。

この点で共通点があるように見えますが、「人民」が政治に関わる度合いに相違点があると理解してよいのではないかと思います。

いわゆる古代・中世の専制国家・専制君主は、全人民を直接支配していたというよりは、間接支配に甘んじていました。地方の実力者が大きな力を握っていたため、彼らの地元支配を認める代わりに自分の君主としての立場を承認させていたというのが実態です。

絶対王政のころ(近世)になると、地方の実力者(ヨーロッパでは貴族)に対抗しうる勢力が出てきます。主に商売で財をなした有力市民(人民)です。彼らは、地方を今までどおり支配したがる地方実力者(貴族)の力を弱めて自分たちが自由に商売を行いたいと考えるようになりました。これが、地方実力者の力を弱めたいという君主の利害と一致し、君主を積極的に支持し、君主の権力の強大化を後押しします。日本でも、明治維新では豪商が志士を経済的に支援しています。形は違えど、江戸時代の地方分権から明治の中央集権の権力構造の変化に際して財力を持った市民の関与が見られました。

全体主義になると、先の回答でもあったように民主主義に対立する言葉として使われます。つまり、絶対主義のような一部の有力市民だけでなく、基本的にはほとんどの国民(男性だけだったり、高額納税者だけだったり、という制限はあるかもしれまんせんが、)が政治に参加できる状況下で起きる現象です。クーデターまがいの政権もありますが、政権樹立時には国民の相当部分から直接の支持がなければ成立しない、という点で専制や絶対主義とは異なっています。

専門家ではないので、学術的に完全に誤りがないかどうかは別にして、便宜的な理解だとこうなると思います。

>一人または少数の権力者が国土と人民を全面的に支配している点では同様に思えるのですが。

この点で共通点があるように見えますが、「人民」が政治に関わる度合いに相違点があると理解してよいのではないかと思います。

いわゆる古代・中世の専制国家・専制君主は、全人民を直接支配していたというよりは、間接支配に甘んじていました。地方の実力者が大きな力を握っていたため、彼らの地元支...続きを読む

Qイタリアファシスト党の選挙制度

軍事的にも国民の支持という面でも成功が疑問視されていたローマ進軍が、国王の支持によって成功のちの選挙制度について質問です
まだこの時点では国民の支持はファシスト党に集まっておらず、ファシスト党のみで組閣するために、彼らに有利な選挙法に変更したとの情報がwikipediaに書かれています
「それは、全得票数の4分の1を獲得した政党が議席の4分の3を得るというものであった。」
(ローマ進軍のページ)
しかしこの説明だと、1/4票を獲得した政党が二つあった場合どうなるのかわかりません。
本当にこんな選挙法に改正したのでしょうか?そして実際の選挙結果はどうだったのでしょうか。
また、選挙法改正の法的手続きはどのようにして行われたのでしょうか?

日本語のwebページに参考になるものが見当たりませんので、以上3点についてお答えできると幸いです

Aベストアンサー

該当の選挙法は「アチェルボ法」(Acerbo Law, Legge Acerbo)と呼ばれるものです。アチェルボ法、を手がかりにお調べになると良いかと思います。
・Wikipedia - Acherbo Law(英語)
https://en.wikipedia.org/wiki/Acerbo_Law
Wikipedia(英語版)のAcerbo Lawの説明では、「議席の4分の3」ではなく、議席の「3分の2」を得る、となっています。また、単に25%(4分の1)の得票数だけではなく、最低25%の得票を得た最大政党が議席の3分の2を得る、とあります。
この説明に従うならば、たとえ25%以上得票した政党が2つあっても、第1位の政党が3分の2の議席を得る、という解釈が可能かと思います。(第2位以下の政党は残り3分の1を分け合う、ということになっています)

>1/4票を獲得した政党が二つあった場合どうなるのかわかりません。

外部サイトですが、疑問に対する回答の説明をされている方がいます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1289407477
この説明では、当時の政治情勢では、ファシスト党の対抗馬で25%以上票を獲得できる政党は事実上なかった(25%得票できないようにファシスト党の武装集団が弾圧していた)ということです。

該当の選挙法は「アチェルボ法」(Acerbo Law, Legge Acerbo)と呼ばれるものです。アチェルボ法、を手がかりにお調べになると良いかと思います。
・Wikipedia - Acherbo Law(英語)
https://en.wikipedia.org/wiki/Acerbo_Law
Wikipedia(英語版)のAcerbo Lawの説明では、「議席の4分の3」ではなく、議席の「3分の2」を得る、となっています。また、単に25%(4分の1)の得票数だけではなく、最低25%の得票を得た最大政党が議席の3分の2を得る、とあります。
この説明に従うならば、たとえ25%以上得票した政...続きを読む

Q全体主義と個人主義

今日の新聞で、ローマ法王について読んで考えました。
全体主義とは、ヒトラーやムッソリーニの時代の状態で、
独裁者がいて、独裁者が全体の定義(例えば、健康で強い国民であるべきだとか)をして、それを乱す個人、少数民族(ユダヤ人とかジプシーなど)を弾圧するというもの?
そして同時に、個人も独裁者に服従して、(ヒトラーユーゲントみたいに)彼の言いなりになって、その「あるべき定義」に従って、画一化されてる状態?
個人主義は、個人の多様性を認めて、言論の自由を例えば認めることかなって考えました。どうでしょうか。

Aベストアンサー

全体主義は政体を指す言葉で、その対極に置かれる政体は自由主義です。
個人の思考、判断が許されるかどうかが違いのポイントになります。
全体主義では、政治、経済、文化、思想等の国民生活が国家権力の統制下におかれます。
国民は、国家権力の圧倒的な力の支配下にあるため、
反体制的な国民と認定されれば様々な不利益を受ける可能性があります。
全体主義の国家権力は、現状に不満を持つ大衆の支持を受けた特定集団が政権につくことで成立するとされます。
つまり、ある集団の政治方針が大衆の支持を受け国家権力を独占し、政治方針に従わない国民を排除する(=個人の思考、判断を認めない)ということである。
自由主義は、個人の思考、判断に対して自由を認め、政治権力の介入が国民生活に極力無いような社会を目指すものです。

Q「全体主義」の「全体」とは何を指しますか?

歴史を学びましたがどうしても「全体主義」の「全体」の意味がわかりません。解説をお願いします!

Aベストアンサー

 お礼、有難うございます。

>「全体主義」とはナチスが自ら標榜したのでしょうか?それともナチスの体制を軽蔑して外部がそう呼んだものなのでしょうか?

 ズバリ、そのことが下記サイトに書かれています。以下は同サイトの抜粋です。
「もともとドイツのナチズムやイタリアのファシズムを非難するために用いられはじめた言葉であった」
 kipperscallop様の推測通りです。ナチズム、ファシズムを「非難する言葉」なのです。
 参考になれば幸いです。

参考URL:http://pol.cside4.jp/theory/12.html

Qナチス ドイツの疑問

ずっと疑問だったんですが、ヒトラーは、ユダヤ人を虐殺する理由があったんですか?ただきらっていただけですか?それともなにか原因はあるのですか?
 あと、ポーランド?がドイツの土地を占領して、そこにすんでいたドイツ人たちが追い出されて・・・土地も奪われ、それがこの悲劇の発端とも聞きました。それはそうなんですか? 
 あとユダヤというのは国や人種ではなくユダヤ教を信仰している人たちをユダヤ人という と聞きました(ユダヤ教にて)。このヒトラー時代にでてくるユダヤ人とはどこの国のどんな人種?たちなのですか
  長くてすいませんが教えください。

Aベストアンサー

まず、ナチスドイツによるユダヤ人虐殺の原因について。この件に関しては以前似たような質問があり、そこで細かく説明していますので、下記URLを参考にしてみてください。

次にポーランドとドイツの国境についてですが、これはユダヤ人とは別の問題です。世界大戦より前からドイツに併合されたポーランド国境の町に定住したドイツ人らがいました。大戦時にさらにポーランド国内に侵攻して占領したドイツでしたが、敗戦によりポーランドが独立したのに合わせ、この国境の町もポーランドに併合されました。そこに当時住んでいたドイツ人は土地を追われてしまったわけで、未だに賠償をポーランドに求めるのか、ドイツに求めるのかでもめています。理解しやすい例えで言えば、もしロシアから北方領土が日本に返還されたとしたら、現在四島に定住しているロシア人たちの扱いが難しくなるというのと本質的に同じ問題です。

最後の質問も下記のURLへの回答で答えています。当時はヨーロッパ中に離散してほとんどの国に住んでいました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1130206

まず、ナチスドイツによるユダヤ人虐殺の原因について。この件に関しては以前似たような質問があり、そこで細かく説明していますので、下記URLを参考にしてみてください。

次にポーランドとドイツの国境についてですが、これはユダヤ人とは別の問題です。世界大戦より前からドイツに併合されたポーランド国境の町に定住したドイツ人らがいました。大戦時にさらにポーランド国内に侵攻して占領したドイツでしたが、敗戦によりポーランドが独立したのに合わせ、この国境の町もポーランドに併合されました。そ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報