キムチを加熱すると身体に良い菌が死滅すると聞き、それでは納豆は?と気になっています。

ネットで調べてみたのですが、納豆は100度くらいなら大丈夫というものも加熱は避けるべきというものもありました。お味噌汁に入れるくらいなら問題ないのでしょうか?

キムチや納豆のように身体に良い菌があるもので、加熱しないほうがいい食品が他にもあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

納豆菌は熱に強い胞子というものを形成しますので、100℃で数分間加熱しても生存が可能です。


そのため、一般的な乳酸菌よりは、腸まで届きやすいと考えれています。
しかし、納豆には血栓を溶かすナットウキナ―ゼなどの酵素が含まれており、これは、加熱すると失活し働かなくなってしまいます。
そのため、納豆は加熱せずに食べた方がいいかと思います。

>身体に良い菌
腸内環境を整える菌のことをプロバイオティクスといいますが、代表的なのは乳酸菌ですね。腸まで届くのはわずかで、ほとんどが腸に定着せず短期間で流れてしまいます。しかし、継続的に摂取しつづければ、腸内の悪玉菌の生育を抑制できると思います。
これを含んだ代表的な食品は納豆、ヨーグルト、漬物などの普通なら加熱しない発酵食品だと思います。


参考までに

納豆について
http://finedays.org/natto/index.html

プロバイオティクス
http://homepage3.nifty.com/probiotics/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり菌のあるものは、そのまま食べたほうがいいのですね。

教えていただいたサイトざっと拝見しました。
いろいろな情報が載っているので、プリントアウトしてじっくり読んでみたいと思います。ありがとうございます!

お礼日時:2005/04/01 00:43

納豆菌はバチルス属という種類の一つです。


バチルス属は環境が悪い時(温度が低かったり、栄養分が少なかったり)は胞子になります。胞子の状態の時は熱に対して非常に抵抗性を示します。100度で1時間加熱しても滅菌は困難です。しかし環境が良くなると胞子から発芽して通常のバクテリアの状態になりますが、この状態ですと熱には弱いです。
(通常私たちが食べる納豆の納豆菌は胞子の状態なのかどうかは?)
納豆の場合は菌が体に良いというより、菌が作った物質(ネバネバに含まれる血栓溶解作用のあるナットウキナーゼとか)が体に良いというイメージがありますが。
納豆はそのまま食べるのが一番だと思います。

ヨーグルトや納豆、キムチには微生物が含まれますが、菌自体は胃酸でほとんど死滅してしまうと思いますよ。しかし、その死骸が腸の掃除をするとも言われています。
ヤ○ルトに入っているカゼイシロタ菌は生きて腸まで届くと言われておりますが、腸に定着するのかどうかはわかりません。メーカーに問い合わせてみたいところですね。

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答、ありがとうございます。

なるほど。
菌がありそうなものは、とりあえずそのまま食べるのが一番のようですね。

キムチの微生物が胃酸で死滅してしまっても、やはりキムチは身体に良いものなんでしょうか。
、、いや、死骸が掃除すると信じていこう、、、。

お礼日時:2005/04/01 00:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q味噌汁にしたら乳酸菌は?

味噌の中には植物性乳酸菌が含まれていて、整腸効果があるなどと聞きます。
ところが自分は味噌はたいてい味噌汁でしか摂らず、乳酸菌は熱に弱いと聞きます。この場合、やはり熱によって乳酸菌が死んでしまうのでしょうか。それだったらわざわざ塩分濃度の高い味噌を毎日とる必要もないかなと考えてしまいます。

Aベストアンサー

加熱によって乳酸菌が殺菌されるのはその通りです。もちろん100%というわけではないですが。
正しい方法で手際良く作った味噌汁なら、生菌も多少は残っているのでしょう。

ただですね、体内環境改善のために乳酸菌を摂取するという目的なら、それが生菌体だろうが死菌体だろうがどちらでもいい、というのが最近の研究者の意見としては主流派だと思いますよ。

乳酸菌は、普通は胃酸でほぼ100%死滅します。
食べる前に死滅するか、食べた直後に死滅するか、違いはそれだけです。

研究によって「胃酸に比較的強く、一部が腸に生きて届く」種類も発見されてはいます。しかしTVのCMを見て誤解されると困るのですが、そういう菌種であっても大部分は胃で死んでしまいます。
腸まで生きて到達した株にしても、深刻なダメージを負っていて非常に弱っているものです。腸に到達した菌それ自体が既存の細菌叢に割り込んで増殖することはまずありません。

乳酸菌が優性になるという事が仮にあるとしても、それは外から摂った乳酸菌が腸で増えるということではないのです。もともとその人の腸内にいた株が勢力を増したことによってしか起こらないでしょう。

じゃあ何のために乳酸菌飲料等を飲むのか?
(実際の研究では、乳酸菌を食物として摂取することが健康に有益であること自体まだ真偽は確定していませんが、とりあえずここでは健康に有益であるとして)

乳酸菌を食物、飲料として摂取するというのは、すなわち「培養した乳酸菌を培地ごと食べる(飲む)」ということですので、まず単純に乳酸菌が好む培地を消化管に送り込む効果があります。
これが腸内にもとからいる乳酸菌の増殖を助けます。

また、そもそも何故乳酸菌が身体に良いとされるかを考えると、乳酸菌が代謝で作り出す分泌物の成分に人体に有益なものが含まれているという要素も大きいでしょう。
で、代謝分泌物は別に人体内でなくても、乳酸菌が生きて行く中で生産されますよね。乳酸菌を培養し培地ごと摂取することで、培養中に作られた有益な分泌物も一緒に摂取できるわけです(培地にそのまま残って含まれてますので)。

以上、おおざっぱな説明で恐縮ですが、要約すると「生菌のままであろうと殺菌してあろうと、腸まで届く菌だろうと届かない菌だろうと、いずれは体内で死滅することに変わりはない。摂取した菌それ自体が直接体内で繁殖するわけではない」
さらに、「身体に対する有益性は、そもそも食べた時点で菌が生きているか死んでいるかとはあまり関係のない部分が大きい」
ということになります。

故に、味噌汁が加熱によって味噌中の乳酸菌を殺してしまうとしても、それはどうでもいい部分ではないかと思いますね。
同じ量の味噌を生で食べても味噌汁で飲んでも、その乳酸菌によるメリットは増えも減りもしないでしょうから。

加熱によって乳酸菌が殺菌されるのはその通りです。もちろん100%というわけではないですが。
正しい方法で手際良く作った味噌汁なら、生菌も多少は残っているのでしょう。

ただですね、体内環境改善のために乳酸菌を摂取するという目的なら、それが生菌体だろうが死菌体だろうがどちらでもいい、というのが最近の研究者の意見としては主流派だと思いますよ。

乳酸菌は、普通は胃酸でほぼ100%死滅します。
食べる前に死滅するか、食べた直後に死滅するか、違いはそれだけです。

研究によって「胃酸に...続きを読む

Q口腔カンジタ症に有効な市販薬?

ズバリ!
口腔カンジタ症に有効な市販薬はありますか?

また、症状が軽減するようなものでも構いません。

ご返答宜しく御願いします。

Aベストアンサー

皮膚以外でのカンジダ症は、抗真菌剤を使う必要があります。
これは一般薬局で処方せんなしで売れるような安全な薬ではありません。
必ず、医師の処方に基づき、キチンと言われた通りに使わないといけません。

ですから、残念ながら市販薬での治療は不可能と思ってください。

ただし、医師にかかるまでの間、症状を抑えるだけなら、消炎鎮痛剤などが有効な場合もあります。

これは、薬局の窓口で症状を伝えて求める事ができると思います。

そして、一刻も早く医師にかかってください。症状だけ抑えられても、カンジダが内蔵を侵すと大変なことになります。

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

Q皮膚の傷が治りにくいのは、何の栄養が足りないのでしょうか?

虫刺され等でかゆくて掻いたところの皮膚が毛羽立つような感じになり、それが中々治りません。
軽く掻いたものでも跡になって残ってしまいます。

ちなみに、ダイエットで食事制限をしています。
穀類・麺類・芋類などの炭水化物は摂らないようにしているので、それと何か関係有るのでしょうか。

他の栄養はしっかり摂っているつもりです。
炭水化物以外の栄養で、何が不足しているのか知りたいです。

どなたかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○穀類・麺類・芋類などの炭水化物は摂らないようにしている。

糖質を摂らないと、体内のタンパク質が分解され、糖が合成されます。

皮膚はタンパク質を多く含みますから、不足すると修復が遅れ、傷の治りが遅れます。

○ビタミン、ミネラルが不足していませんか?

専門化がチャレンジした、1800kcal、1日の献立にすべて必要なビタミン、ミネラル量を含む、実験の結果、必要量を補給する献立はできないと、米国農務省が報告しました。

私たちの食事は、ある種の微量栄養素が不足しています。

献立によって豊富なビタミン、ミネラルが異なりますので、毎日違う献立をつくれば良いわけです。

減食すれば、当然、さらに、ビタミン、ミネラルが不足します。
減量には、十分なマルチビタミンミネラルを補給するのが常識です。

減量用のサプリメントには微量栄養素をふくむものがありますが、ビタミン13種、ミネラル13種含むか確かめる必要があります。

○健康な皮膚に必要な栄養素は
タンパク質
必須脂肪酸
ビタミン:特にビタミンB群、ビタミンC、ビタミンA
ミネラル:特に亜鉛

○糖質とタンパク質を補給するには。

減量にあたり、ご飯を1杯、1日3回
タンパク質を60g:肉1切れ、肴1切れ、卵1個、ヨーグルト1カップ、納豆1パック、ご飯3杯で60gほどになります。

○穀類・麺類・芋類などの炭水化物は摂らないようにしている。

糖質を摂らないと、体内のタンパク質が分解され、糖が合成されます。

皮膚はタンパク質を多く含みますから、不足すると修復が遅れ、傷の治りが遅れます。

○ビタミン、ミネラルが不足していませんか?

専門化がチャレンジした、1800kcal、1日の献立にすべて必要なビタミン、ミネラル量を含む、実験の結果、必要量を補給する献立はできないと、米国農務省が報告しました。

私たちの食事は、ある種の微量栄養素が不足しています。

...続きを読む

Q大便がべたべたするのですが…

汚い話で申し訳ございません…。

私の便のことなのですが、すごくべたべたしているのです。なので、トイレットペーパーで何回拭いてもべったりと便がこびりついてしまいます。溶けたチョコレートの粘度をさらに上げた感じです。

これは私の食生活が悪いせいなのでしょうか?悪いとすれば何が悪いのでしょう?

どちら様かわかる方がいらっしゃったらアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

私も軟らかい便に悩まされていた時期があったので、そのつらさがよくわかります。
便をするたびに何度もお尻を拭くことでお尻に負担がかかるので早くなおしたいですよね。
普段、どんな食生活をされているか書かれてませんのでわかりませんが、肉料理ばかり食べている、野菜不足、ストレス、時間が不規則、色々な要素があると思います。

私もいろいろ試しました。ビフィズス菌の入った飲み物や錠剤、繊維の入った飲み物、または野菜ジュースを飲んだりとか。最終的に自分にあったものは「ヨーグルト+キウイ(食べやすい大きさに切ってヨーグルト(100グラムくらい)に混ぜます)」でした。1週間くらいでなおり、2年間悩んでいたのがうそのようでした。食べはじめて1年くらい経ちますが今も普通の便です。もちろん食生活も見直しました。(肉料理を減らして野菜をなるべく食べるようにしてます。)
まずは食生活を見直して、お腹に良いものを片っ端から試してみてはどうでしょうか。時間とお金がかかるかもしれませんが、きっと自分にあった方法が見つかると思います。

Q顕微鏡で菌を観たい

悪玉菌とか善玉菌とかよく効きます。または、納豆菌、ヨーグルト菌、新鮮なときの菌と腐って食べられなくなるときの菌などの状態を自分でを見てみたくて顕微鏡を買いたいと思うのですが、それぞれの菌の大きさや、何倍の顕微鏡が良いのか良くわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

細菌の大きさは様々ですが、細菌を観察するだけなら800倍も必要ありません。

100倍程度で観察することは出来ます。
医療現場で感染症の原因微生物の特定する為に顕微鏡は使いますが、最も小さい細菌であれば、対物レンズとプレパラートの間に油を入れて1000倍にしますが、そうでなければ400倍で十分です。
基本的には、低倍率から徐々に倍率を上げていくことになります。
コロニーみたいに、うじゃうじゃ居ると逆に見にくいです。
低倍率で目標を定め、その目標を中心に置いて、対物レンズを交換します。

培養に関しても、培養には細菌学の知識が必要です。
適当に培養して、いろんな菌が居るという事を発見するのも良いかもしれませんが。
また、細菌によって培養に適する環境(温度や培地、培養時間などなど)が異なるのでその知識も必要です。
無菌室は要りませんが、最低限空気中の降下細菌を付けない手技は知らないとだめです。
出来れば、クリーンベンチみたいなのがいいです。
http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/environment/cleanbench/index.html

そして、一番問題になるのは染色です。
細菌をプレパラートに載せて観察しても、一番大きなものでの、透明ですのではっきり見えません。
それを染色液で染色してからでないと観察はできません。
染色液も高いですし、染色方法もちょっと複雑です。

ちなみに、おすすめの顕微鏡は
http://www.nikon-instruments.jp/jpn/page/products/e100.aspx
です。
10万ちょっと程度かな。

あと、電子顕微鏡は「電子の流れを利用した顕微鏡」です。
おそらくNo1の方が言っているのは、光源がミラータイプではなく電球タイプ、という意味かと。

細菌の大きさは様々ですが、細菌を観察するだけなら800倍も必要ありません。

100倍程度で観察することは出来ます。
医療現場で感染症の原因微生物の特定する為に顕微鏡は使いますが、最も小さい細菌であれば、対物レンズとプレパラートの間に油を入れて1000倍にしますが、そうでなければ400倍で十分です。
基本的には、低倍率から徐々に倍率を上げていくことになります。
コロニーみたいに、うじゃうじゃ居ると逆に見にくいです。
低倍率で目標を定め、その目標を中心に置いて、対物レンズを交換し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング