娘が3歳になったので、楽器を習わせたいと思います。ピアノかバイオリンで迷っているのですが、それぞれの長所・短所などがあれば教えてください。私自身も子供の頃ピアノをやっていて、当時はあまり好きになれなかった経験があるのでどちらの方が入りやすいかなどもあれば教えていただけると嬉しいです。

今考慮している点としては
・バイオリンをやってもいつかはピアノを習う必要が出てくる。ピアノはどちらにしてもいずれ弾けた方が良い
・ピアノを弾ける子はあまりにも多いから、習っている子がピアノよりは少ないバイオリンを弾けるようにしてあげたい気持ちもある
などです。本人が希望しなければ特に音楽の道に進ませようというのではありませんが、素人なりにも聞ける演奏ができるくらいになって欲しいと願っています。私は小学校からフルートを始めたので、将来もし本人が管楽器をやってみたいと言ったらそれも良いかな、と思っているのですが…。ご意見よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

今晩は。



何よりも音楽の基本はピアノだと思っています。
そして、ソルフェージュ全般ですね。

ピアノから音楽の勉強はすべてが広がると思いますね。
音大などの受験、その先の音楽家の可能性をみたら、
ヴァイオリン科の人はほとんどピアノがそれなりに弾け
ます。ピアノでだいたいの基本を学べば、ピアノにむかな
かったときに、他の楽器に方向転換していけますが、
ヴァイオリンだと音楽科、音楽家の方向でやっていくなら
両方レッスンしないといけないし、かなりのお金がかかると思います。

それに身体の成長に合わせ、楽器の大きさもヴァイオリンだと変えていかないとだめだし、何よりもお金がかかります。上達していくにつれて、ヴァイオリンはそれなりの楽器=値段を与えてあげないと、いくらうまくても安物のヴァイオリンでずっとやっていくのは辛いと思います。

音の煩さなんてのは、音楽嫌いの人にとったら同じことで、練習量もピアノとヴァイオリン、変わらないと思います。グランドピアノを幼少から買い与えてあげても、せいぜい100万前後で、年に1~3回程度の調律ですみます。

相談者さんの判断で、おうちで生活しているのをみて、
お子さんに素質があると思われるだったら、可能性にかけてちゃんとした楽器と先生、レッスンを与えてあげればいいと思いますが、そうではなくって、いくらやっても上達しないし、本人も義務感でやりそうな雰囲気が習う前からあるようだったら、やめておいた方がいいですね。

ピアニストとかを思えば、3歳からみっちり基礎をやっていった方がいいですけど、クラシックの教養をみにつけるくらいなら、リトミックなど、歌って踊って、とにかく楽しいといったリズム感など、音に親しめるようなもんをやったらいいと思いますよ。

ヴァイオリンこそ、ほんとのお金持ちがやるもんだと
思っています。音大生やってた学生時代、弦の子で貧乏な
家庭の子なんていませんでしたよ。それに何百万、何千万の楽器をいつも持ち歩いてました。

ピアノがまず初めで、そこから歌科=オペラ歌手や、
ジャズ歌手など、フルーティストや作曲家、または楽理の
専門家なんかの可能性はありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。もし時間的に余裕があればソルフェージュもやらせてあげたいです。良ければご意見を伺いたいことがあります。楽器を始める前に音楽を楽しむことを覚えさせてやりたいという気持ちは強いのですが、そのために大手教室などで小さい子供のための歌ったり踊ったり、というクラスに行かせる必要はあるのでしょうか。自宅で私が童謡をピアノで弾いてあげるとか、NHKの子供用番組を見せるというのは今もしているのですが…。

お礼日時:2005/04/03 11:02

NO.5の者です。



客観的に言えるメリット、ディメリットは特にありません。極めて主観的なことを述べます。

3歳からピアノ、5歳からバイオリンを習わされた理由は、単に親(ピアノのプロです)が色々知りたくて、
子どもにやらせただけであり、特にポリシーがあったわけではありません。

実際のところ、ピアノは親以外の先生につかなかったので、長続きしませんでしたが、符読みや理論は好きなので
結構(幼児レベルですが)やっていました。バイオリンは15年ほど、ピアノは5年くらい(実質3年かも)続けました。

バイオリンを始めたとき、既にピアノの符は読めていたのですが、頭が柔らかかったせいか、全く別の脳に入っているようです。
私にとって、バイオリンの音はドレミとかCDEという音名に対応させていないのです(素人なのかも)。
CDでピアノを聴くと、無意識にドレミに変換しているけど、バイオリンを聴くと、指の位置をイメージします。
バイオリンの音色に関しては絶対音感に近いのだけど、ピアノは全てハ長調に変換させてしまいます(小さすぎてハ長調の曲ばかりやったせいかも)。
私の場合、2年の時間差は0年の時間差とあまり変わらなかったように思います。
専門家の親を持ちながらも、音楽に向いている方でないので、両立はできませんでした。

ディメリットとしては、
親はピアノのプロですが、他の楽器のことを知らず、ピアノの音程でバイオリンの音とりをさせられ、このせいか、未だに音程には自身がありません。
調弦もピアノの音でGDAE、と合わせていたものです(この解説は必要ですか?)。

ピアノは符読みが簡単なので、バイオリンで初めての曲を弾くとき、本当に難しい箇所は一旦ピアノに落としてから、弾きます。
あるいは、高い音などは、下から順に一音づつと弾きながら音をとります。高いFの音は、こんな音程だ、という予測が苦手なので、こんな調子です。
私のバイオリン教室では楽典的なことは何ひとつ教わらなかったせいもあります。

これがピアノを中途半端にやった弊害だとは言い切れませんが、バイオリンだけ習っていた人が、符読みをどうやるかは謎です(誰か教えて)。

メリットは特に思いつきませんが、バイオリンだけでなくピアノが弾けることで、今ヤマハに通っている娘とのコミュニケーションとして役立っているくらいでしょうか。今は、バイオリンを出して調弦して、脂を塗って、片付けるときは拭いて、、、が面倒で、キーボードばかり弾いています。一度娘にバイオリンを弾いて見せたら、ものすごく尊敬されました。

バイオリンは、室内楽やオーケストラに参加すると、学校以外の友達ができますが、皆優秀で(公立中学は私だけ)、お家柄もよさそうで、まともな言葉遣いひとつできない私(公立中では特にひけを感じていませんでしたが)はなんだか溶け込めませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。親御さんがピアノのプロだなんて、スゴイですね!小さいうちはやはり両方というのはキツそうですね…。2年差があっても、あまり変わらないとのことですし、音程のことも子供によっては混乱させてしまいそうですね。やはり、音楽に興味を持たせるなんらかの工夫をした後ピアノからやらせてみようかと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 00:16

今日は。



回答者6です。ソロの楽器になってくると、自分との戦いなんでかなーり孤独感?なんかもあります。音楽家に拘らなければ、音に楽しむとか教養的な感じでおやりになるんだったらスポーツクラブのダンス教室やヤマハなんかの
同年代のおじょうちゃんやぼっちゃんたちが集まる教室で、みんなでリズムをとったり、躍ったり、歌ったりする習い事は、楽しい!だけで体も心も温かくなると思います。あ、これはですね、素質が相談者産では判断できないとか、本人が個人レッスンを初めから嫌がる可能性がありそうなら、今3歳なら半年や1年音楽ってどんなものなのかなーっていう、ダンスもそうですが芸術に触れてみる機会をその前に作ってみるとか・・・。

私も楽器は色々できるんですが、専門は一つです。
初めにピアノではなくヤマハのエレクトーン教室が出発でしたがこれは親の知識がなかったために、こうなりました。でも私は親に知識さえあれば、何よりもピアノをやりたかったと後悔してます。後年になってやりだすと、かなり苦労して、苦労して、エレクトーンからピアノに変えて、泣きながら?変えた時点で音大いくんだと思い、
先生の厳しいレッスンにも耐えてこなしていきました。

ソルフェージュなんかもピアノをやって、初めて取り組みました。ただし、私の感覚がよかったので?ソルフェージュでは苦労しませんでした。ヤマハのプログラムでも、編曲なんかはあるんで、やってたおかげもあるかな?とは思っています。聴音なんかは、聞き取って音譜を書くのは楽しかったですよ~。

ソルフェージュをやると、譜読みが早くなると思います。
成長するにつれて、高度な曲をやるとき、ピアノは単旋律ではないから、いっぱい重なる音譜、真っ黒なくらいな譜面で苦労しないですね。音大で伴奏を頼むピアノの子たちで、伴奏ができるなと思う子は、まずソルフェージュがずば抜けてできる、クラスはもちろん上・・でしたね。

お教室のことを書いたのは、個人レッスンで育ちすぎると協調性がなくなるので、危険だということです。
伴奏や合奏が苦手になる=人と演奏を共演するのが・・。

相談者さんはピアノを弾ける子は多いと仰いますが、
ただ弾けてもダメなんですよ。わかる人は、幻滅します。
ある程度の曲、ショパンやリスト、ブラームスやプロコなどをかるーくさらっと弾ける技術内容までいくには、相当練習しないと無理ですよ。

他の回答者の方などかかれてますが、音楽をしている者として長所や短所はあげたくないですね。短所なんてのは、
お金が莫大にかかることと、練習音で近所迷惑?または身内から文句が出るくらいです。

私は単旋律の楽器が専門ですが、今でも毎日ピアノに
触れています。ストレス解消と重音が出せるピアノは魅力的ですからね。。ピアノは大好きです。単旋律の楽器をやってると、どうしても、伴奏者がほしくなるんですよ!

大手のお教室から始めて、音大なんかの専門の道筋でいこうと思ったとき、先生を変えていかないとダメだし、
人脈とかないと、音大入学後も派閥があるので、大変です。先生選びには、がんばってくださいね。人間性や人格者なんてないと思った方がいいし、みんな演奏ができる方は飛んでて変な人ばかりです。

本人の自主性にかけてみてください。
習う前に、誰か知り合いの人や、お教室なんか見学、聴講させてもらって、ピアノ、ヴァイオリン、それぞれのれスン風景をみてみたらいいと思います。この場合、その場にいた先生の魅力なんかで選択が左右されますよ~(笑)。

本人がやっていきたいと相談者さんにお子さんが言われたら、可能な限りのお金を準備しといてあげてください!
あとは、地方に在住なら、ほとんどが東京や先生のスマイによって埼玉や横浜、千葉なんかもありますが、中学、高校くらいの年齢になってきたらレッスンに新幹線に乗って通うということにもなるんで、付き添いでいって、どこかで待っててあげるや、または先生のお宅に一緒にいけるという親の時間的余裕も必要になってきますね。

長くなりましたが、こんなところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、お教室通いはそういう意味もあるんですね。ソルフェージュの方も、検討してみます。ピアノをやるとしても将来部活などで合奏形態の音楽を経験する可能性はあると思うので、アンサンブル能力はつけさせてあげたいので…。本人がその道を希望するかどうかは分かりませんが、幸い東京近辺に住んでおり小中学校までは公立に行かせるつもりなので楽器代やレッスン代なんかのための費用は子供がやりたいと言ったときのためにしっかり確保しておこうと思います。アドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/04 23:48

ピアノを習う必要があるのは、音大等へ進学する場合なので別に必要というわけではないですよ。


また、その場合でもピアノ演奏を専門にするのでなければそういう希望が出てきてからでも十分でしょう。
また、演奏人口が多いかどうかは楽器始めるにはあまり意味がないと思いますが。
まあ、あまりにマイナーな楽器だといろいろ大変なことはあるでしょうが、バイオリンなんてメジャーなほうでしょう。

聞ける演奏になるかどうかは、結局練習量等の問題ですから、どの楽器を選んでも同じでしょう。

私は中学あたりから自分の興味で楽器始めてます。最初は学校の部活だったため、ほとんど楽器を選択する余地なかったですが(^^;
あとは、まあ自分の好みで選んでます。
ただ、3歳からってのは早いというか、そんなにしっかりとした練習をするものではないと思いますが。
まだ、音楽と親しむというか、音楽を知る時期というか。
そういえば、中学の頃最初は家にピアノがあればよかったとか、習っていればよかったとか思うこともありましたが、
もしそうだったら、音楽を好きになっていなかったかもとも思うようになりました。ピアノ習っていた人は回りに結構いたましたが、音楽演奏が好きな人はそれほど多くなかったように思えました。実際調査したわけじゃないですが、当時そんな風に感じてました。


ピアノの欠点は最近だと自宅で楽器を演奏できるかどうかだと思ってます。電子ピアノでは代用品にしかなりませんし。
音楽演奏に関しては、一人で完結できるため合奏方面に弱くなりがちなことだと思ってます。ほとんど合奏の経験がない場合もあるようですし。まあ、ピアノソロだけやるなら問題無いでしょうけど。
音程に関してはピアノの音を絶対と思う場合が多いことです。音程は時と場合によっていくらでも変化しますが、ピアノだけ弾いてると例えばA=440Hzの平均律以外の音を狂っているしか感じられないようなことがあります。
他の楽器ならAのピッチは可変ですし、特殊な場合はA=415Hzとかもありえます。また、和音重視とか旋律重視とかで音程も変わりますし、調が違えば変わります。

バイオリンの欠点は最初は音を出すことすら難しいことでしょうかね。
後は子供の頃から始めると成長に応じて楽器のサイズを変えていく必要があることでしょうか。
でも、ある意味大人と同じ大きさの鍵盤、同じ力を必要とするピアノより楽な気もしますけど。
また、楽器の上限の値段がとんでもないこととか(^^;;
私は未だに10万程度の安物つかってますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私はピアノを習っていた頃はピアノ嫌いというか音楽に興味がなかったのですが、小学校でフルートを始めてからは音楽が好きになったクチなのである程度年齢を重ねてから…というのがとてもよくわかります。でも結果的にはやはりピアノを弾けて良かったと感じる場面もあることは否めないので、娘にはどうにかピアノ嫌いにならずにピアノも小さい頃から習わせておきたいという願いがあるのです。音程については絶対音感を鍛えるならピアノ、相対音感を鍛えるならバイオリンといったところでしょうか。私は管楽器をやっていたせいか断然相対音感の方をつけさせたいと思ってしまうのですが・・・。ピアノにする場合には、他の音楽にも積極的に触れさせ、絶対音感に偏らないようにしようと思います。

お礼日時:2005/04/03 11:08

3歳でピアノ、5歳でバイオリンをはじめた者です。

5歳の娘がヤマハの幼児科に通っています。

ピアノとバイオリンならば、私はピアノ派(その後別の楽器に進んでもよい)ですが、友人はバイオリン派でした。

娘がヤマハ幼児科の理由は、大手だから、いわゆる師弟関係が楽そうだったからですが、住宅事情的にピアノが買えなかったこともあります。
結果的に茶の間のキーボードで、続けて1~2時間遊ぶこともあり、よいおもちゃとして上達しています。タッチが軽く、多少お菓子のついた手で触っても親が神経質にならず、よかったと思っています。そろそろ強弱や鍵盤数でもの足りなくなりつつあるのも事実です。

ピアノの長所
・音階と鍵盤が単純対応
・とりあえず基本を学べる(かな?)
・一人でも伴奏と旋律を弾け、幅のある音楽が表現できる。
・すぐに蓋を開けて演奏できる。
・教室が多く、ノウハウが洗練されている。
・家に一台あると、皆で弾ける。
・他の楽器を学ぶときもやりやすい。
 
ピアノの短所
・ピアノ教室によってはピアノの購入を義務付ける
・買うには高価、場所をとる
・3歳の子にとっては指の力が必要、長時間練習できない
・ご近所への騒音が心配
・合奏の機会が少ない

バイオリンの長所
・段階的に高額になっていく。小さいサイズは教室内などでリサイクルできる。
・大勢で合奏できる。
・オーケストラでは花形。
・打楽器ではないので、騒音扱いされることはあまりない。
・自分で音をつくるので、耳が良くなる(しかしピアノの音階とは違うので混乱します)

バイオリンの短所
・イ長調から練習はじめるため、(私の場合)音名が理解できなかった。
・学校の音楽の時間、力を発揮しづらい
・素人なりにも聞ける演奏は、10年たっても難しい。
・一度に2音(時間差で4音)までしか出ないので、幅のある演奏は一人ではできない。
・蓋を開けてから演奏開始までに、弓に脂を塗る、調弦する、など面倒。
・最初のうちは親が調弦する。(小さいバイオリンは大変)
・教室が少なく選べない。子どもからやる場合、ノウハウがスズキに偏る(偏見かも?)
・首がずっと左を向いているのが体に悪そう(こどもの頃は影響ありませんでしたが)
・後でピアノを学びたくても、少し苦労する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。それぞれの長所、短所を分かりやすく箇条書きにしていただき嬉しいです!ピアノはアップライトならすでにあるのですが、バイオリンは確かにお金がかかりそうですね。ちなみに、ojasveさんは3歳からピアノ、5歳からバイオリンを始められたそうですがそのように少し時間をあけて二つの楽器を始めたことに関してはメリットデメリットなどありましたでしょうか?もしよければ教えてください。

お礼日時:2005/04/03 10:53

まだ3歳なんですから、無理に「今から!」といわず、生の演奏を見せてあげたり、ピアノやヴァイオリンに関する映画やテレビなど、観ていった中でおのずと興味を持ったものを選ばせてあげればいいんじゃないかな、と思いますよ。


聞ける演奏が出来る程度なら、3歳からでなくてもいいと思いますし、子供さんが習いたくないと言えば、無理に押し付けても弾けるようになりませんしね。
もし身近に楽器や、たくさんの音楽があるのなら、段々と惹かれていくと思いますよ。
音楽って、聴いていると自分でもやってみたくなるものですから。子供ならなおさらです。

あ、一応ピアノかヴァイオリンか、っていうと、やはりピアノのほうが入りやすく、上達しやすく、音感を育てるのにも最適なんじゃないかと思います。
ドレミ・・・が一列に並んでいて、子供にもわかりやすい楽器ですからね。
ピアノで基礎を育てれば、譜面もすらすら読めるので、応用はいくらでもきくと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私も3歳という年齢にさほどこだわっているわけではないのですが、指が固まってきてしまうことなども考え少なくとも4、5歳までには楽器を始めさせたいと考えています。いずれにしても、楽器を始める時点で娘が自然と音楽へ興味を持った状態になるように努力しようと思います。

お礼日時:2005/04/03 10:46

自分は小さいころエレクトーンを習いました。

理由を親に聞いてみたところ、「ヤマハに他の楽器のコースがなかった」とのことでした…(^^ゞ

ですが、今ギターをやってる身においても鍵盤楽器に小さい頃触れていたのはよかったと思ってます。学校教育で鍵盤楽器に触れる機会は多く(オルガン・ピアニカなど)、また鍵盤を押すだけで正確な音が出るので、耳の鍛錬にもピッタリなのです。自分は、たとえばCの和音を鳴らしてもらい、その構成音(ド・ミ・ソ)を当てる…という練習を延々させられた記憶があります。こういった練習を、クイズ感覚でやればきっと楽しいでしょうね☆

ということで、私はピアノをお薦めします。バイオリンはANo.1さんのおっしゃるとおり弾くだけでも難しいでしょうし、どこを押せば何の音が鳴るかわかりにくいのが辛いと思うのです。


以下は自分が思っただけのことで質問内容からはやや反れますが…

いきなりピアノ・いきなりバイオリン…となると、どうしても壁にぶつかった時に「ピアノが嫌い⇒音楽が嫌い」となりかねません。
自分もヤマハの3歳児に通ってた頃は歌ばっかりで、楽器らしい楽器といえばタンバリンやカスタネットばかりでした。一見地味で無意味かもしれませんが、音楽に『簡単に』に触れる機会というのは、音楽を好きになる上で大事なのかな、と思います。

また、楽器を演奏する娘さん自身の希望も大事なのではないでしょうか。
ギターでたとえますが、どれだけ高級なギターでも外見などが気に入らないと練習する気さえおこらなくなるものです。逆に、見た目が気に入ったギターなら、どれだけ安くてもヤル気が出てくるのです。
また有名なギタリストのなかには「親にギターを買い与えられたが、ほとんど練習をしなかった。しかし○○というギタリストのプレイに触発され、一気にギターにのめりこむようになった」といったエピソードをもつ人がよくいます。
…つまり何が言いたいのかというと、楽器をやる前に、まず楽器に興味をもち好きになることが大事なのではないか、ということです。もしお子様が全く楽器に触れたことがない状態なら、玩具のものを買い与えるなどすることで、興味をもたせることから始めるのもアリかもしれませんね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。音楽嫌いにさせたくないという思いはとても強いので、楽器を始める前に音楽自体に興味を持ってくれるように努力しようと思います。

お礼日時:2005/04/03 10:43

まず大事なことは、正しい音たとえば、ドの音を、弾いた時に、ドの音が出る楽器でないと、正しい音を弾くことが、いやになるのでは、ないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/03 10:40

私は幼稚園からバイオリンを習わされた者です。

12年習いましたが、さっぱりです。

・バイオリンをやってもいつかはピアノを習う必要が出てくる。
↑はわかりません。ナゼ?

>素人なりにも聞ける演奏ができるくらいになって欲しいと願っています。

バイオリンは…とてもむつかしいです。ピアノのように、押せば音が出るものでもないですし、なにより3歳にはキツイですよ。それに、はっきり言って聞きづらい音を毎日家で聞かされるのも辛いです。
3歳なら、まだ音の楽しみ程度に留めておくほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。バイオリンをやっているとピアノを習う必要が出てくるというのは、バイオリンをやっている友人の何人かがそう言っておりました。確かにバイオリンだと音がまともに出ないと音楽に興味を失ってしまうこともあるかもしれませんね…。

お礼日時:2005/04/03 10:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供が習うならピアノ?バイオリン?

3歳になったら子供にピアノを習わせようと思っていました。
が、最近『小さい子にはバイオリンが良い。なぜならバイオリンは体格に合った大きさが選べるから。他の楽器は選べない』ということを聞きました。
私は『楽器の基本はピアノだから、どんな楽器をやりたくても最初はピアノ』と信じていたので、ピアノ……と思っていたのですが。

うちの近所に個人のピアノ&バイオリン教室があるので、どちらも習うのは可能なので悩んでしまいます。
それとも他の楽器の方がいいでしょうか。

Aベストアンサー

私自身、ピアノとバイオリンを弾きますが、2人の娘は上の子が5歳、下の子は4歳からバイオリンを習っています。
ピアノは私が時々遊びで教えています。
子供がバイオリンを習っているというと「習い始めたころは大変だったでしょう~」といわれることが多いのですが、幸い背筋が寒くなるような音がすることはなくて、現在に至っています。
ふと、「どちらの楽器が良いのかな~」と自分に問いかけてみると、「どちらもやったほうがいいのでは?」という気持ちになります。
ピアノはピアノの楽しさ、バイオリンはバイオリンの楽しさが合って、二つ弾けるとリンクする部分があって、それを楽しむのもいいかと思います。
娘たちはバイオリンで理解しづらい音の仕組みをピアノで「なるほどね~♪」と理解したりしています。
私自身、ピアノが弾きたくなるときはピアノを弾き、バイオリンを弾きたくなったらバイオリンを弾く。
フルートもやってみましたが、私は管楽器はあまり魅力を見出せず、弦楽器と鍵盤楽器となりました。
私の周りのバイオリンを習っている子もバイオリンを習いつつ、ピアノを習ったりしています。
悩むとしたら、どちらを先に習うか・・という時期の問題のような気がします。
となると・・・バイオリンを習っていると、何年かするとバイオリンの先生から「ピアノもやってみたら」と言われることが多いようです。
ピアノを習っていて、逆に「そろそろバイオリンも~」といわれることは皆無のような気がします。
お子さんがピアノが好きならばピアノを習い、バイオリンに興味を持てば、バイオリンを習い、その後にピアノを習ってみる。

お子さんの興味が現在どちらにあるのか良く観察するのが良いかもしれません。

でも音楽は楽しいですよね。
最近私と娘2人とアンサンブルができるようになって、ますます音楽が楽しくなってきています。

お子様とpideon様にとって、良い方向性が見出せるのを願っております。

私自身、ピアノとバイオリンを弾きますが、2人の娘は上の子が5歳、下の子は4歳からバイオリンを習っています。
ピアノは私が時々遊びで教えています。
子供がバイオリンを習っているというと「習い始めたころは大変だったでしょう~」といわれることが多いのですが、幸い背筋が寒くなるような音がすることはなくて、現在に至っています。
ふと、「どちらの楽器が良いのかな~」と自分に問いかけてみると、「どちらもやったほうがいいのでは?」という気持ちになります。
ピアノはピアノの楽しさ、バイオリ...続きを読む

Q子供にフルートをやらせたいのですが

フルートにご理解のある方にお尋ねします。
うちの娘まだ2歳になったばかりなんですが、将来はフルートをやらせたいなと思っています。
もちろんまだ楽器は持てませんので、とりあえず今はキーボードで遊ばせてるぐらいなんですが、これからどのようにしていったらよいでしょうか?両親共に楽器演奏の経験がないものですから、困っております。
こないだテレビを見ていて、小学生の子供がオーケストラの前で堂々とフルートを吹いていたのですが、あれくらいになるのにはやはり厳しい訓練が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

音楽講師の経験があり、子どもがふたりおります。

まだ2歳ということですので、まだフルートを始めるには無理がありますよね。
まずは3才から音楽教室に通うことをお勧めします。
3才~4才までは歌って踊ることが中心ですが、音楽に対する興味を芽生えさせることが出来ます。
5才くらいになると教室で鍵盤楽器の練習と楽譜の読み方を教えてくれるので、これも必要だと思います。

フルートだけでなく、鍵盤楽器以外は小学校中学年くらいにならないと無理だと思いますので(打楽器やハーモニカなどの例外もありますが…)それまでに音楽全般の知識を深めるといいのではないでしょうか?

鍵盤楽器(ピアノ、エレクトーン)は音楽の基礎となりますので、フルートの前に習われても決して損ではないですよ。

Q4歳児がサックスできますか?

4歳なった息子がサックスを欲しがります。
3歳の誕生日プレゼントに欲しいものを聞くと、迷わずサックスと答えました。
ピアノを習わせていて、楽器屋のピアノを弾くのによく行くのですが、最近は
ピアノに目もくれずサックスのショーケース前でサックスを眺めています。
昨日も、いつもの楽器屋に行くと欲しいと言って楽器屋で号泣しました。
普段聞き分けの良い息子なだけにびっくりしました。
店員さんに頼んでサックスを出してもらい手に取るととても喜びました。
しかし、値段も高うえに購入しても直ぐ飽きてしまうのではないかと思い
中々買い与えることは出来ません。
店員さんに聞くと子供用のサックスは無いそうです。
肺活量もいるため出来ないのではないかと思うのですが、
実際、4歳の子供でもサックスの演奏は可能なのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

良い価格の商品ありましたね。

私は、全てYAMAHAでしたので、未だ値札の残ってますが超高価でしたので。

子供と遊んで下さい。

色んな仲間も増えますし・・・

自己紹介にも明記してますが、子供達と遊ぶのは楽しいですよ!

スポ少会長兼コーチもしてますし・・・

考えられない発想が楽しいです。

サックスも、何だかんだと吹ける様になります。

頑張って!!!

Q5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせてい

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビューなどではかなり厳しくご両親に育てられたという方も多くいるため、音楽の基礎はやはりきちんとつけさせておかない、やるからには真剣に、と母は必死です。オリンピック選手の
子ども時代の練習を考えればこれぐらいはたいしたことはないと毎晩夫を納得はさせようとしているのですが、本人がバイオリンが大好きでたまらないというようなそぶりもないため、なかなか同じだとは言いがたいところです。

普通のサラリーマン家庭ですので、実技、ソルフェージュ、ピアノレッスンなどに月々10万弱かかるのは正直ラクではありません。受験前などならともかく、まだ小学生なのですが、これが続くのが普通なのでしょうか?よっぽど本人にやる気でもあったり夢でもあれば応援してあげたいのですが、のんびりした我が子は情熱を持って取り組んでいるようにはとても思えないのです。競争心も向上心も少なめで、コンクールに出て成績を残せるほどの能力もないのではないかと思っています。
ただ人と違った感性は持っているかもしれないという淡い期待はあります。真はとっても素直な不器用で真面目な子供です。数年ユースオーケストラにも参加させましたが、誰よりも熱心に練習してからリハーサルに望んでいました。

将来的に音楽の道に進まなくても、日々努力したことはいつか必ず役にたつはずとは思いながらも、やはりせっかく続けてきたヴァイオリンの道ももう少し欲を出して極めてほしいと思うのは親の勝手なのかもしれません。現在教授のレッスンを受け始め、方向性がますますわからなくなってきました。
今まではただただうまく奏でることができるようになるために練習させてきましたが、どうやら
音大を目指している道に導かれているようです。小学生の今から大学受験のために厳しい&高額なレッスンを受けさせるというのはどうなのかという迷いがあります。子供コンクールなどで評価されるための練習というのも魅力的かといわれるとそうとも思えません。ひがみかもしれませんが。
また毎回のレッスンのたびに万単位のレッスン費を払い、いけないとわかっていながら真剣に子どもが練習しなかったりするとつい激しく責めてしまいます。子供はというと期待に応えようとしているのか、
毎日一度は泣きわめき、文句を言いながらもするべき練習はぎりぎりこなしています。
先生にも、どの程度の期待をもってみていただけているのか正直疑問なところもあります。夫は想像以上のレッスン費に、営利目的の可能性もあるのではと半信半疑ですが、教授レベルの方が直接教えてくださるのであれば少なからず何かしらの才能はあるのではないかと励ましてくださる方もいます。

今はもっと親もゆとりをもって音楽を楽しむ気持ちを育ててあげることのほうが、音楽の理論や技術を
詰め込むより大切ではないかとも感じはじめています。毎日ガミガミ練習させるより、子供らしく自由な時間をのびのび遊ばせてあげたい気持ちもあるのです。しかしせっかくご縁あって見て頂ける有名教授
のレッスンをやめて気楽な近所の音楽教室に通わせるのも残念な気もします。また子供の将来を親が決めるわけではないのでしょうが、普通の会社員として平凡な主婦として終わるより、他の人にはできない何かで生きていくことができ、それが音楽であったとしたらそれもステキだと思いつつも、医大と同じぐらいかかるほどの投資を今後していった上で、たとえ国内一流の音大を卒業できたとしても本当にそれが子供のためになるのだろうかという不安もあります。まわりではそろそろ習い事ではなくしっかり勉強させていくべきだという風潮もあり、流されるまい、勉強なんていつでも本人がやる気になればできるはずと思いつつも不安にもなるのが現状です。
正解なんてないということはわかっています。子供の意思や心の声にももっと敏感にならなくては
いけないとも思っていますが、本人の意向はどうもはっきりつかめません。練習はいやなので少なくなれば幸せだというレベルです。同じような境遇の方にお会いしてお話しする機会もありません。子育てはやり直しがきかないと思うと親としてどうしたらいいのか悩み、どなたかにご意見をお聞きしたいです。

5年間子どもにバイオリンを習わせ、毎日母がつきっきりでレッスンさせています。
引越しで縁あって私立音楽大学教授に実技レッスンを習い始めましたが悩んでいます。

10歳になったらあとは本人次第、練習も自分でさせようと思っていましたが、先生にはあと4,5年は
見てあげてくださいと言われ愕然としています。夫は毎晩そんな母子の険悪ムードを帰宅してみるのは
耐えられないと言います。
親がスパルタ式で教えても、豊かな音楽を奏でる力は育たないといく気もしますが、有名バイオリニスト
のインタビュ...続きを読む

Aベストアンサー

音大を出ている者です。音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追いません。
まだ小4では意思が固まっていないのが普通であって、すべては「親」の意思にかかってきます。
あと4~5年というのは中3~高校生くらいになれば本人の意思で動くから、それまでは親がしっかり見てあげるべきだと教授はおっしゃっているのです。
なかなか面倒見のよい教授ですよね。
はっきりしないからこそ、親がある程度道を作ってあげることが出来る時期とも言えるでしょう。

現時点では「親」がどうしたいか?それがすべてです。
音楽の道へ進んで欲しいと思っているのなら、それに向かって頑張っていきましょう。
迷ってしまうと子供も迷います。
そこまで張り切るつもりはない、もう疲れた、と考えているのであれば教授のレッスンはとりあえず「お休み」という形をとってみてはどうでしょうか。
また高校生になったら再開すればいいのです。

子供は意思が固まっていないので、放っておいても勉強をするようにはなりません。
勉強対策をしなければこれからどんどん離されてしまいます。
中学に入った時点で勉強が出来ないが音楽だけは出来る、となると自ら「自分は音楽の道しかない」と思うようになります。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが・・・
音楽か勉強か、音楽か躾けか、などと極端な選択をせず、すべて両立させて下さい。可能ですよ。

レッスン料については営利目的なんてありません。
そんな高額なレッスン料を取って教授は儲けているのではないか、と思うかもしれませんが、今までにこちらが考えられないほどのお金を使ってきているのです。
儲けることを考えていたら音楽なんて絶対出来ないです。音楽なんてそんなものです。大損覚悟でやるしかないです。

私は高校1年生の時から教授のレッスンを受けて音大に入りました。
それが普通なのですが、中には小さい頃から教授のレッスンを受けている人もおりまして、やっぱり実力が違いました。
また教授との付き合いが長い分、かなりひいきされていましたね。
同じ学校の生徒でありながら別世界だなあと思ったものです。
(音楽の世界ではひいきは普通のことです)
そういったことからも、今から教授の元でレッスンを受けるというのは音楽の道へ進むのであれば大きなメリットがあると言えます。

音大を出ている者です。音楽はさせていませんが、小3の子供がおります。

音大の教授のレッスンともなれば当然受験向けとなります。
教授だって小4の子がどうなるかまではわかりません。
だからといって手を抜くわけにもいかないですよね。お金を払って通ってきてくれている以上は精一杯音大に受かるよう導いて教えてくれます。

とはいえ教授はかなり自由な立場でもあります。
必ず弟子を全員合格させなくちゃいけないという気合いもなく、やる気のある者についてはしっかり面倒を見てくれるけれど、去る者は追...続きを読む

Qチェロを始める最適年齢

バイオリンは早くに始める人が多いですが、チェロやコントラバスは何歳から始めるのが一般的なのでしょうか?またペットやホルンなどの管楽器、クラやフルートなどの木管はどうなのでしょうか?

幼稚園でもマーチング(鼓笛隊)はやりますので、ドラムや鍵盤、ヴァイオリン、木琴系などは子供でも出来るでしょうし、リコーダーや合唱だけでなく、小学生でも吹奏楽はやりますよね。ただ、金管メインで木管は中学からな気がします。各楽器の始めるのに最適な年齢っていくつなんでしょうか?

Aベストアンサー

私の弟は現役のチェリストです。習い始めは小学校3年生の頃だったと記憶しております。楽器は最初は、知り合いの楽器店に依頼し、寸法の小さい物を購入しました。先生は兄の友人の芸大生に頼みました。チェロとかコントラバスなどは大きい楽器ですから、割と遅くから始めるようですね。高校2年から始めて、ドイツでオーケストラに入られたコントラバス演奏家がいらっしゃいますので、何歳から始めるのがベストかと決め付けることは出来ないと思います。
管楽器の場合はピアノやヴァイオリン等と比較して、かなり遅く習い始めてもそれ相当の程度までいけるようですね。吹奏楽を中学から始めて一流のオーケストラのトップになられたトランペット奏者を知っております。
いくら早期から始めたとしてもその方の音楽的感性や環境により上達の状態が異なるのでは?趣味でおやりになられるのでしたら、年齢はそんなに重要ではないと思います。

Q6歳の息子に何か楽器を習わせたいと思っていますが。

息子を一度いろんな楽器に触れられる子供フォーラムのようなところに連れて行きましたら、金管楽器に興味を示しました。金管ならなんでもピカピカ光っていて同じに見えるらしく、あこがれているようです。私たちの住むところではそれほどいろんな楽器を習える機会はなく、今のところチョイスはトロンボーン、トランペット、フレンチホルンなのですが、私はピアノしか弾けないし、オーケストラに所属したこともないので、これらの楽器についてよく知りません。今考えているのは以下のようなことなのですが、これらについてよくご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

★弾けるようになったときに楽しめる可能性(たとえば一人ではあまり楽しめなくて、いつもほかの楽器と一緒でないと演奏できないようだと、つまらないように思うのですが。でもこれはピアノしかできない私がそう思うだけかもしれません。)
★習っている間に楽しめる可能性(音らしい音が出るのにすごく時間がかかるとか、6歳ではあまりうまく操れなかったりすると、あきっぽいので途中で投げてしまう可能性もあり、そうなると元も子もなし。)
★応用性(これが弾けたら他の楽器もかんたんに習えるようになるとかだと、もし大きくなって他の楽器をやりたくなっても無駄にならないかな?と思うのですが。)
★有用性(もしも将来メインの趣味や職業にしたいと本人が考えた場合、つかえる機会が豊富にあるかなど。)

このほかなんでもご意見うかがいたいです。音を聞かせて一番好きなのを本人に選ばせるというのも考えたのですが、やはり上記のようなことも親としては一応考えてみたほうがいいのかもと思いまして。判断のために役立つことでしたら、どんなことでも傾聴したいです。よろしくお願いいたします。

息子を一度いろんな楽器に触れられる子供フォーラムのようなところに連れて行きましたら、金管楽器に興味を示しました。金管ならなんでもピカピカ光っていて同じに見えるらしく、あこがれているようです。私たちの住むところではそれほどいろんな楽器を習える機会はなく、今のところチョイスはトロンボーン、トランペット、フレンチホルンなのですが、私はピアノしか弾けないし、オーケストラに所属したこともないので、これらの楽器についてよく知りません。今考えているのは以下のようなことなのですが、これら...続きを読む

Aベストアンサー

金管楽器を演奏している学生です。
私では到底皆様のご回答に勝りませんので、3つの楽器を選んだ際の【メリット】と【デメリット】をお教えします^^

●トランペット(tp)

【メリット】
・吹奏楽、オーケストラ、ジャズバンド、軽音楽部など比べ選べる演奏環境が多彩です。
・他の2つと比べますと比較的演奏が安易です
・軽く持ち運びが楽です←意外と思いますがかなり重要な点です。
・はじめから"それらしい音"が出ます
・"金管の王様"の異名を持ちます。息子さんが金管の"華やかさ" "格好よさ"に惹かれているのでしたらトランペットです

【デメリット】
・ご自宅での演奏はまず難しいかと思います
・はじめから"それらしい音"が出ますが、逆に言えば音色の変化はあまり実感できません。
・良い意味でも悪い意味でも、人によって大体の音色が決まってしまいます。(歯並び・骨格・体系が反映されやすい楽器だということです)

※値段:5万~100万円(約)

【楽器が形成する人格(参考までに)】
・明るい音、まっすぐな音、素直な音が出るので良い意味でも悪い意味でも率直になります。
・高音などある程度思い切りが大事な楽器ですので、大雑把になるという要素もまた必要としていかなければなりません。


●トロンボーン(tb)
 
【メリット】
・吹奏楽、オーケストラ、ジャズバンド、軽音楽部など比べ選べる演奏環境が多彩です。
・他の楽器よりパートという枠組みでの練習が多いため協調性が磨かれます。
・貧弱な音色というものはまず無いと思っても良い学期です。初めからそれらしい音も出ますし、音色も磨けます。

【デメリット】
・最大まで管を伸ばした状態(演奏上必要なポジションです)はお子さんや女性など、腕の短い方では届きづらいです。
・トランペットと比べると楽器に重量を感じると思います。ケースも縦長ですので置き場も考慮する必要があります。
・マウスピース(口に当てる部分)が他2つと比べると大きく、人によっては吹きづらいと思われる方もいます。

※値段:5万~100万円弱(約)

【楽器が形成する人格(参考までに)】
・"ハーモニー楽器"の異名を持ちます。個人技よりも非常にパート練習などを重視しますので、協調性を大切にするようになります。(大切にしていかなければTbはやっていけないかと思います・・^^;)


●ホルン(Hr)

【メリット】
・非常に美しい豊かな音色を奏でます。金管の中では一番美しい音色なのではないでしょうか。
・ご自宅で演奏されてもそれほど近所迷惑にはならないかと思われます。
・オーケストラにおいては重要な役割(soloや主旋律、対旋律など)が与えられることが多く"オーケストラの心臓"の異名を持ちます。

【デメリット】
・初めは音が出しにくいです。また音色・音程のコントロールが困難、音を非常に外しやすくプロでも頭を抱えるほどです。(ギネスブックに世界一難しい管楽器として登録されています)
・3つの金管楽器の中では一番重量があります。ケースも重いです。
・技術に磨きをかけ、音大入学など更なる高みを目指すホルン奏者はアレキサンダー社のホルン(およそ
100万円)を購入する方が殆どです。

※値段:5万~200万円(約)

【楽器が形成する人格(参考までに)】
・常に音程に悩ませられます。その影響を受ける方も多いです。
・右手をベルの中に入れて音色や音程を変化させるため、言動(メールの内容などが分かりやすいです)など、内容や意味を吟味してから発言したり行動するようになります。いわゆる慎重派・神経質な性格の方が多いかと思います。良い意味では几帳面になります。(大雑把な方はやっていけません^^;)


しかし、「好きこそものの上手なれ」。 是非息子さんの一番やりたい楽器をお選びになって下さい^^
以上です。お役に立てれば光栄です^^

金管楽器を演奏している学生です。
私では到底皆様のご回答に勝りませんので、3つの楽器を選んだ際の【メリット】と【デメリット】をお教えします^^

●トランペット(tp)

【メリット】
・吹奏楽、オーケストラ、ジャズバンド、軽音楽部など比べ選べる演奏環境が多彩です。
・他の2つと比べますと比較的演奏が安易です
・軽く持ち運びが楽です←意外と思いますがかなり重要な点です。
・はじめから"それらしい音"が出ます
・"金管の王様"の異名を持ちます。息子さんが金管の"華やかさ" "格好よさ"に惹かれているので...続きを読む

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

Qバイオリンを習う費用は?

子供がバイオリンを習いたいと言うので、習わせたいと思うのですが、周りの人から「友達が・いとこが・甥が 習ってたけどお金かかるよ~」 と皆に言われ、一体どの位お金がかかるのかと心配になってます。調べた所ではお月謝は11,000円だそうで、バイオリンは1/2だとの事。私はそんなには期待してないので、(私は子供の頃ピアノが大嫌いだった) 本格的に習うとか考えてなく、楽器も高い物でなくてかまわないと思っているのですが、ご存知の方、どの位お金がかかるものなのか教えて頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

おとなになってからのバイオリン弾きです。

1/2ということは、最低でも一回4/4への買い替えが必要ですね。でも一回じゃすまないかな?

楽器は10万程度でもちゃんと長持ちしますよ。
ただ、長く続けていると弾いている人がもっといい楽器を欲しくなる可能性が高いので、その時は買い換えですね。
ず~っと後の話ですけど。

あと、バイオリンそのものの維持費が多少かかります。
弓の毛。消耗品ですので、時々張り替えが必要です。
5000円程度で、年に1度くらいで十分と思いますが。
弦。切れなくても衰えてきますので、定期的に全部交換します。
頻度はどこまで我慢できるかかな(^^;
年に一度だと少ない気はしますが。
4/4だと1セット5000円ぐらいでありますが、1/2はわかりません。

Q安上がりに幼児英語教育に成功なさった方はいらっしゃいませんか

2歳の幼児がいるのですが、小学校で英語が必須になるらしいので、
そろそろ英語教育を考えています。ところが、ディズニーのシステムだと100万円、ベネッセのでも20万円かかるようです。ちょっと、高いです・・・。

安上がりに幼児の英語教育をして、成功なさった方はいらっしゃいませんか

その方法を教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

小学校から始まる英語教育などに備えて、英語に慣らしたいという感じでしょうか?

うちの子供は今4才なので、長期的な成果ではないのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじイングリッシュ」でも、英語には慣れたようです。

先日、用事があってインターナショナルスクールに行きました。その際、娘は英語で話しかけられていましたが、答えていました(先方は娘が既に英会話クラスを受講していたと思い込んで話しかけてきたので、親の私がびっくりしたのですが、娘は大丈夫でした)。自分の名前や歳、色、形、数字ぐらいでしたが・・・。簡単なことしか話せませんが、発音はとても良いですよ。

もともと英語の勉強をさせたかったわけではないのですが、サンプルDVDを子供が気に入ったので「こどもちゃれんじイングリッシュ」を受講していました。二ヶ月に一回届くので、飽きたときには新しいものが届き、継続して観ているのがいいように感じます。

でも、三歳からだったかも・・。

あと「アルクのabc DVDボックス」というのも最近手に入れたのですが、こちらは一歳半の下の子がとても喜んで観ています。2歳でしたら、楽しんで見れるものを一緒に見てあげるのがいいかなぁと思います。

どちらもディズニーなどに比べたら安価ですよ。

小学校から始まる英語教育などに備えて、英語に慣らしたいという感じでしょうか?

うちの子供は今4才なので、長期的な成果ではないのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじイングリッシュ」でも、英語には慣れたようです。

先日、用事があってインターナショナルスクールに行きました。その際、娘は英語で話しかけられていましたが、答えていました(先方は娘が既に英会話クラスを受講していたと思い込んで話しかけてきたので、親の私がびっくりしたのですが、娘は大丈夫でした)。自分の名前や歳、色、形、...続きを読む

QZ会の通信教育を小学生にさせている保護者の方

小学校3年生の女の子がいます。同級生には公文に行ってる子や、チャレンジをする子、そろそろフランチャイズの受験予備校の塾に行き始める子もいます。
うちの子は塾に行っておらず、算数と国語のドリルなどを家庭学習としてさせております。
そろそろ塾に行かせた方がいいのかなとも思いますが、あんまり早くから塾の宿題に追われたり、塾を1度休むと取り返すのに苦労したりなどということをさせたくないし、自分だったらしんどいなと思うこともあって、塾に行くにしても5年生ぐらいでいいかなと考えています。
塾に行けば、刺激にもなり、受験や試験のテクニックを教えてはくれるでしょうが。
ただ家庭で学習をみるのも学年的に限界になってくるので、4年生からZ会の通信教育をさせたいと思っています。
塾であくせくするよりも、もし、Z会の方が彼女に合っているのなら、そのまま続けさせたいとも思います。
小学生向けのZ会は、中学受験を特にターゲットにしていないようですが、Z会の経験者の方やその保護者の方、または家庭学習で成果をあげられている方、ご意見をお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生とか)が添削して返してくれるから高いのです。それだけです。あのぐらいのテキストなら本屋へ行けば山ほどあります。

もし、娘さんがあまり几帳面でなく、計画性がないのであれば、通信講座は良くないかもしれません。添削課題はいいように見えますが、本人のやる気(添削を出したり)がなければまったく意味がありません。

几帳面でないと仮定すると、ご家庭で今までどおり、ドリルをやられることをお勧めします。小学生時代にドリルをやりまくることは、必ず今後役にたちます。どんな応用(Z会とかのテキスト)に立ち向かおうとも、基礎がなければ考え方すらわかりません。進学をご希望ならなおさらです。

塾についてですが、まず公文式。あれはドリルを繰り返しやれば済む事です。お金を払ってまでやることではないです。公文式はひたすら、みんなで集まって基礎問をやるだけです。
次に受験予備校。入試テクは確かに便利です。目が覚めるような感じがします。娘さんがいつも必ず予習をされるのであれば、かなり有効な手段です。予習がなければ行くだけ無駄です。

普段学習について。
九九は見ないで早く、順番を気にせずに言えますか?作図する力はありますか?漢字は小学常用漢字(1000字ぐらいかな?本になってます)全て書けますか?このぐらいは中学受験時あたりまえですが、さらに自信をつけたいなら、中学の参考書を読むことがいいと思います。今、高校だけでなく、中学用チャートも出ています。進学校、中高一貫教育校の強みは高校の勉強を中学で始められる事につきます。そのためには中学の基礎が、中学の基礎をつけるためには小学の基礎が必須です。

なんだか話がとびとびですが(笑

とにかく、一番いい方法だと思うのは、ドリルを続ける事です。一冊終わったらまた一冊と。頭がまだやわらかいですから、なかなか忘れません。国語はよくわかりませんが、数学はとにかく解く。英語は時間がまだあるので、読んで書いて、単語を覚える事。ご両親がたまーにテストしてみるのもよいかもしれません。

最後になりますが、(長くてすみません)
子供の勉強を促すには、まず親御さんが勉強してください。「そんな暇はない」と言わずに、やってみてください。やらない人の言う事は誰だって聞きたくありません。第一、説得力に欠けます。「親が一生懸命やっている」と感じれば、子供だって火が少しづつつきます。

私は医学部志望ですが、私の父はいつも勉強を見てくれます。過去問を解いてる時も、質問すれば必ず教えてくれます。彼は開業医でいつも忙しいですが、時間をみつけては参考書を開き、昔習ったことを思い返しながら、勉強しています。そんな父を誇りに思いますし、文句も言えません(笑

自慢もおりまぜましたが、すごく言いたい事でしたので、書かせて頂きました。すみません。

頑張って下さい。

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報