娘が3歳になったので、楽器を習わせたいと思います。ピアノかバイオリンで迷っているのですが、それぞれの長所・短所などがあれば教えてください。私自身も子供の頃ピアノをやっていて、当時はあまり好きになれなかった経験があるのでどちらの方が入りやすいかなどもあれば教えていただけると嬉しいです。

今考慮している点としては
・バイオリンをやってもいつかはピアノを習う必要が出てくる。ピアノはどちらにしてもいずれ弾けた方が良い
・ピアノを弾ける子はあまりにも多いから、習っている子がピアノよりは少ないバイオリンを弾けるようにしてあげたい気持ちもある
などです。本人が希望しなければ特に音楽の道に進ませようというのではありませんが、素人なりにも聞ける演奏ができるくらいになって欲しいと願っています。私は小学校からフルートを始めたので、将来もし本人が管楽器をやってみたいと言ったらそれも良いかな、と思っているのですが…。ご意見よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

今晩は。



何よりも音楽の基本はピアノだと思っています。
そして、ソルフェージュ全般ですね。

ピアノから音楽の勉強はすべてが広がると思いますね。
音大などの受験、その先の音楽家の可能性をみたら、
ヴァイオリン科の人はほとんどピアノがそれなりに弾け
ます。ピアノでだいたいの基本を学べば、ピアノにむかな
かったときに、他の楽器に方向転換していけますが、
ヴァイオリンだと音楽科、音楽家の方向でやっていくなら
両方レッスンしないといけないし、かなりのお金がかかると思います。

それに身体の成長に合わせ、楽器の大きさもヴァイオリンだと変えていかないとだめだし、何よりもお金がかかります。上達していくにつれて、ヴァイオリンはそれなりの楽器=値段を与えてあげないと、いくらうまくても安物のヴァイオリンでずっとやっていくのは辛いと思います。

音の煩さなんてのは、音楽嫌いの人にとったら同じことで、練習量もピアノとヴァイオリン、変わらないと思います。グランドピアノを幼少から買い与えてあげても、せいぜい100万前後で、年に1~3回程度の調律ですみます。

相談者さんの判断で、おうちで生活しているのをみて、
お子さんに素質があると思われるだったら、可能性にかけてちゃんとした楽器と先生、レッスンを与えてあげればいいと思いますが、そうではなくって、いくらやっても上達しないし、本人も義務感でやりそうな雰囲気が習う前からあるようだったら、やめておいた方がいいですね。

ピアニストとかを思えば、3歳からみっちり基礎をやっていった方がいいですけど、クラシックの教養をみにつけるくらいなら、リトミックなど、歌って踊って、とにかく楽しいといったリズム感など、音に親しめるようなもんをやったらいいと思いますよ。

ヴァイオリンこそ、ほんとのお金持ちがやるもんだと
思っています。音大生やってた学生時代、弦の子で貧乏な
家庭の子なんていませんでしたよ。それに何百万、何千万の楽器をいつも持ち歩いてました。

ピアノがまず初めで、そこから歌科=オペラ歌手や、
ジャズ歌手など、フルーティストや作曲家、または楽理の
専門家なんかの可能性はありますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。もし時間的に余裕があればソルフェージュもやらせてあげたいです。良ければご意見を伺いたいことがあります。楽器を始める前に音楽を楽しむことを覚えさせてやりたいという気持ちは強いのですが、そのために大手教室などで小さい子供のための歌ったり踊ったり、というクラスに行かせる必要はあるのでしょうか。自宅で私が童謡をピアノで弾いてあげるとか、NHKの子供用番組を見せるというのは今もしているのですが…。

お礼日時:2005/04/03 11:02

NO.5の者です。



客観的に言えるメリット、ディメリットは特にありません。極めて主観的なことを述べます。

3歳からピアノ、5歳からバイオリンを習わされた理由は、単に親(ピアノのプロです)が色々知りたくて、
子どもにやらせただけであり、特にポリシーがあったわけではありません。

実際のところ、ピアノは親以外の先生につかなかったので、長続きしませんでしたが、符読みや理論は好きなので
結構(幼児レベルですが)やっていました。バイオリンは15年ほど、ピアノは5年くらい(実質3年かも)続けました。

バイオリンを始めたとき、既にピアノの符は読めていたのですが、頭が柔らかかったせいか、全く別の脳に入っているようです。
私にとって、バイオリンの音はドレミとかCDEという音名に対応させていないのです(素人なのかも)。
CDでピアノを聴くと、無意識にドレミに変換しているけど、バイオリンを聴くと、指の位置をイメージします。
バイオリンの音色に関しては絶対音感に近いのだけど、ピアノは全てハ長調に変換させてしまいます(小さすぎてハ長調の曲ばかりやったせいかも)。
私の場合、2年の時間差は0年の時間差とあまり変わらなかったように思います。
専門家の親を持ちながらも、音楽に向いている方でないので、両立はできませんでした。

ディメリットとしては、
親はピアノのプロですが、他の楽器のことを知らず、ピアノの音程でバイオリンの音とりをさせられ、このせいか、未だに音程には自身がありません。
調弦もピアノの音でGDAE、と合わせていたものです(この解説は必要ですか?)。

ピアノは符読みが簡単なので、バイオリンで初めての曲を弾くとき、本当に難しい箇所は一旦ピアノに落としてから、弾きます。
あるいは、高い音などは、下から順に一音づつと弾きながら音をとります。高いFの音は、こんな音程だ、という予測が苦手なので、こんな調子です。
私のバイオリン教室では楽典的なことは何ひとつ教わらなかったせいもあります。

これがピアノを中途半端にやった弊害だとは言い切れませんが、バイオリンだけ習っていた人が、符読みをどうやるかは謎です(誰か教えて)。

メリットは特に思いつきませんが、バイオリンだけでなくピアノが弾けることで、今ヤマハに通っている娘とのコミュニケーションとして役立っているくらいでしょうか。今は、バイオリンを出して調弦して、脂を塗って、片付けるときは拭いて、、、が面倒で、キーボードばかり弾いています。一度娘にバイオリンを弾いて見せたら、ものすごく尊敬されました。

バイオリンは、室内楽やオーケストラに参加すると、学校以外の友達ができますが、皆優秀で(公立中学は私だけ)、お家柄もよさそうで、まともな言葉遣いひとつできない私(公立中では特にひけを感じていませんでしたが)はなんだか溶け込めませんでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。親御さんがピアノのプロだなんて、スゴイですね!小さいうちはやはり両方というのはキツそうですね…。2年差があっても、あまり変わらないとのことですし、音程のことも子供によっては混乱させてしまいそうですね。やはり、音楽に興味を持たせるなんらかの工夫をした後ピアノからやらせてみようかと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/05 00:16

今日は。



回答者6です。ソロの楽器になってくると、自分との戦いなんでかなーり孤独感?なんかもあります。音楽家に拘らなければ、音に楽しむとか教養的な感じでおやりになるんだったらスポーツクラブのダンス教室やヤマハなんかの
同年代のおじょうちゃんやぼっちゃんたちが集まる教室で、みんなでリズムをとったり、躍ったり、歌ったりする習い事は、楽しい!だけで体も心も温かくなると思います。あ、これはですね、素質が相談者産では判断できないとか、本人が個人レッスンを初めから嫌がる可能性がありそうなら、今3歳なら半年や1年音楽ってどんなものなのかなーっていう、ダンスもそうですが芸術に触れてみる機会をその前に作ってみるとか・・・。

私も楽器は色々できるんですが、専門は一つです。
初めにピアノではなくヤマハのエレクトーン教室が出発でしたがこれは親の知識がなかったために、こうなりました。でも私は親に知識さえあれば、何よりもピアノをやりたかったと後悔してます。後年になってやりだすと、かなり苦労して、苦労して、エレクトーンからピアノに変えて、泣きながら?変えた時点で音大いくんだと思い、
先生の厳しいレッスンにも耐えてこなしていきました。

ソルフェージュなんかもピアノをやって、初めて取り組みました。ただし、私の感覚がよかったので?ソルフェージュでは苦労しませんでした。ヤマハのプログラムでも、編曲なんかはあるんで、やってたおかげもあるかな?とは思っています。聴音なんかは、聞き取って音譜を書くのは楽しかったですよ~。

ソルフェージュをやると、譜読みが早くなると思います。
成長するにつれて、高度な曲をやるとき、ピアノは単旋律ではないから、いっぱい重なる音譜、真っ黒なくらいな譜面で苦労しないですね。音大で伴奏を頼むピアノの子たちで、伴奏ができるなと思う子は、まずソルフェージュがずば抜けてできる、クラスはもちろん上・・でしたね。

お教室のことを書いたのは、個人レッスンで育ちすぎると協調性がなくなるので、危険だということです。
伴奏や合奏が苦手になる=人と演奏を共演するのが・・。

相談者さんはピアノを弾ける子は多いと仰いますが、
ただ弾けてもダメなんですよ。わかる人は、幻滅します。
ある程度の曲、ショパンやリスト、ブラームスやプロコなどをかるーくさらっと弾ける技術内容までいくには、相当練習しないと無理ですよ。

他の回答者の方などかかれてますが、音楽をしている者として長所や短所はあげたくないですね。短所なんてのは、
お金が莫大にかかることと、練習音で近所迷惑?または身内から文句が出るくらいです。

私は単旋律の楽器が専門ですが、今でも毎日ピアノに
触れています。ストレス解消と重音が出せるピアノは魅力的ですからね。。ピアノは大好きです。単旋律の楽器をやってると、どうしても、伴奏者がほしくなるんですよ!

大手のお教室から始めて、音大なんかの専門の道筋でいこうと思ったとき、先生を変えていかないとダメだし、
人脈とかないと、音大入学後も派閥があるので、大変です。先生選びには、がんばってくださいね。人間性や人格者なんてないと思った方がいいし、みんな演奏ができる方は飛んでて変な人ばかりです。

本人の自主性にかけてみてください。
習う前に、誰か知り合いの人や、お教室なんか見学、聴講させてもらって、ピアノ、ヴァイオリン、それぞれのれスン風景をみてみたらいいと思います。この場合、その場にいた先生の魅力なんかで選択が左右されますよ~(笑)。

本人がやっていきたいと相談者さんにお子さんが言われたら、可能な限りのお金を準備しといてあげてください!
あとは、地方に在住なら、ほとんどが東京や先生のスマイによって埼玉や横浜、千葉なんかもありますが、中学、高校くらいの年齢になってきたらレッスンに新幹線に乗って通うということにもなるんで、付き添いでいって、どこかで待っててあげるや、または先生のお宅に一緒にいけるという親の時間的余裕も必要になってきますね。

長くなりましたが、こんなところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、お教室通いはそういう意味もあるんですね。ソルフェージュの方も、検討してみます。ピアノをやるとしても将来部活などで合奏形態の音楽を経験する可能性はあると思うので、アンサンブル能力はつけさせてあげたいので…。本人がその道を希望するかどうかは分かりませんが、幸い東京近辺に住んでおり小中学校までは公立に行かせるつもりなので楽器代やレッスン代なんかのための費用は子供がやりたいと言ったときのためにしっかり確保しておこうと思います。アドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/04 23:48

ピアノを習う必要があるのは、音大等へ進学する場合なので別に必要というわけではないですよ。


また、その場合でもピアノ演奏を専門にするのでなければそういう希望が出てきてからでも十分でしょう。
また、演奏人口が多いかどうかは楽器始めるにはあまり意味がないと思いますが。
まあ、あまりにマイナーな楽器だといろいろ大変なことはあるでしょうが、バイオリンなんてメジャーなほうでしょう。

聞ける演奏になるかどうかは、結局練習量等の問題ですから、どの楽器を選んでも同じでしょう。

私は中学あたりから自分の興味で楽器始めてます。最初は学校の部活だったため、ほとんど楽器を選択する余地なかったですが(^^;
あとは、まあ自分の好みで選んでます。
ただ、3歳からってのは早いというか、そんなにしっかりとした練習をするものではないと思いますが。
まだ、音楽と親しむというか、音楽を知る時期というか。
そういえば、中学の頃最初は家にピアノがあればよかったとか、習っていればよかったとか思うこともありましたが、
もしそうだったら、音楽を好きになっていなかったかもとも思うようになりました。ピアノ習っていた人は回りに結構いたましたが、音楽演奏が好きな人はそれほど多くなかったように思えました。実際調査したわけじゃないですが、当時そんな風に感じてました。


ピアノの欠点は最近だと自宅で楽器を演奏できるかどうかだと思ってます。電子ピアノでは代用品にしかなりませんし。
音楽演奏に関しては、一人で完結できるため合奏方面に弱くなりがちなことだと思ってます。ほとんど合奏の経験がない場合もあるようですし。まあ、ピアノソロだけやるなら問題無いでしょうけど。
音程に関してはピアノの音を絶対と思う場合が多いことです。音程は時と場合によっていくらでも変化しますが、ピアノだけ弾いてると例えばA=440Hzの平均律以外の音を狂っているしか感じられないようなことがあります。
他の楽器ならAのピッチは可変ですし、特殊な場合はA=415Hzとかもありえます。また、和音重視とか旋律重視とかで音程も変わりますし、調が違えば変わります。

バイオリンの欠点は最初は音を出すことすら難しいことでしょうかね。
後は子供の頃から始めると成長に応じて楽器のサイズを変えていく必要があることでしょうか。
でも、ある意味大人と同じ大きさの鍵盤、同じ力を必要とするピアノより楽な気もしますけど。
また、楽器の上限の値段がとんでもないこととか(^^;;
私は未だに10万程度の安物つかってますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私はピアノを習っていた頃はピアノ嫌いというか音楽に興味がなかったのですが、小学校でフルートを始めてからは音楽が好きになったクチなのである程度年齢を重ねてから…というのがとてもよくわかります。でも結果的にはやはりピアノを弾けて良かったと感じる場面もあることは否めないので、娘にはどうにかピアノ嫌いにならずにピアノも小さい頃から習わせておきたいという願いがあるのです。音程については絶対音感を鍛えるならピアノ、相対音感を鍛えるならバイオリンといったところでしょうか。私は管楽器をやっていたせいか断然相対音感の方をつけさせたいと思ってしまうのですが・・・。ピアノにする場合には、他の音楽にも積極的に触れさせ、絶対音感に偏らないようにしようと思います。

お礼日時:2005/04/03 11:08

3歳でピアノ、5歳でバイオリンをはじめた者です。

5歳の娘がヤマハの幼児科に通っています。

ピアノとバイオリンならば、私はピアノ派(その後別の楽器に進んでもよい)ですが、友人はバイオリン派でした。

娘がヤマハ幼児科の理由は、大手だから、いわゆる師弟関係が楽そうだったからですが、住宅事情的にピアノが買えなかったこともあります。
結果的に茶の間のキーボードで、続けて1~2時間遊ぶこともあり、よいおもちゃとして上達しています。タッチが軽く、多少お菓子のついた手で触っても親が神経質にならず、よかったと思っています。そろそろ強弱や鍵盤数でもの足りなくなりつつあるのも事実です。

ピアノの長所
・音階と鍵盤が単純対応
・とりあえず基本を学べる(かな?)
・一人でも伴奏と旋律を弾け、幅のある音楽が表現できる。
・すぐに蓋を開けて演奏できる。
・教室が多く、ノウハウが洗練されている。
・家に一台あると、皆で弾ける。
・他の楽器を学ぶときもやりやすい。
 
ピアノの短所
・ピアノ教室によってはピアノの購入を義務付ける
・買うには高価、場所をとる
・3歳の子にとっては指の力が必要、長時間練習できない
・ご近所への騒音が心配
・合奏の機会が少ない

バイオリンの長所
・段階的に高額になっていく。小さいサイズは教室内などでリサイクルできる。
・大勢で合奏できる。
・オーケストラでは花形。
・打楽器ではないので、騒音扱いされることはあまりない。
・自分で音をつくるので、耳が良くなる(しかしピアノの音階とは違うので混乱します)

バイオリンの短所
・イ長調から練習はじめるため、(私の場合)音名が理解できなかった。
・学校の音楽の時間、力を発揮しづらい
・素人なりにも聞ける演奏は、10年たっても難しい。
・一度に2音(時間差で4音)までしか出ないので、幅のある演奏は一人ではできない。
・蓋を開けてから演奏開始までに、弓に脂を塗る、調弦する、など面倒。
・最初のうちは親が調弦する。(小さいバイオリンは大変)
・教室が少なく選べない。子どもからやる場合、ノウハウがスズキに偏る(偏見かも?)
・首がずっと左を向いているのが体に悪そう(こどもの頃は影響ありませんでしたが)
・後でピアノを学びたくても、少し苦労する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。それぞれの長所、短所を分かりやすく箇条書きにしていただき嬉しいです!ピアノはアップライトならすでにあるのですが、バイオリンは確かにお金がかかりそうですね。ちなみに、ojasveさんは3歳からピアノ、5歳からバイオリンを始められたそうですがそのように少し時間をあけて二つの楽器を始めたことに関してはメリットデメリットなどありましたでしょうか?もしよければ教えてください。

お礼日時:2005/04/03 10:53

まだ3歳なんですから、無理に「今から!」といわず、生の演奏を見せてあげたり、ピアノやヴァイオリンに関する映画やテレビなど、観ていった中でおのずと興味を持ったものを選ばせてあげればいいんじゃないかな、と思いますよ。


聞ける演奏が出来る程度なら、3歳からでなくてもいいと思いますし、子供さんが習いたくないと言えば、無理に押し付けても弾けるようになりませんしね。
もし身近に楽器や、たくさんの音楽があるのなら、段々と惹かれていくと思いますよ。
音楽って、聴いていると自分でもやってみたくなるものですから。子供ならなおさらです。

あ、一応ピアノかヴァイオリンか、っていうと、やはりピアノのほうが入りやすく、上達しやすく、音感を育てるのにも最適なんじゃないかと思います。
ドレミ・・・が一列に並んでいて、子供にもわかりやすい楽器ですからね。
ピアノで基礎を育てれば、譜面もすらすら読めるので、応用はいくらでもきくと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私も3歳という年齢にさほどこだわっているわけではないのですが、指が固まってきてしまうことなども考え少なくとも4、5歳までには楽器を始めさせたいと考えています。いずれにしても、楽器を始める時点で娘が自然と音楽へ興味を持った状態になるように努力しようと思います。

お礼日時:2005/04/03 10:46

自分は小さいころエレクトーンを習いました。

理由を親に聞いてみたところ、「ヤマハに他の楽器のコースがなかった」とのことでした…(^^ゞ

ですが、今ギターをやってる身においても鍵盤楽器に小さい頃触れていたのはよかったと思ってます。学校教育で鍵盤楽器に触れる機会は多く(オルガン・ピアニカなど)、また鍵盤を押すだけで正確な音が出るので、耳の鍛錬にもピッタリなのです。自分は、たとえばCの和音を鳴らしてもらい、その構成音(ド・ミ・ソ)を当てる…という練習を延々させられた記憶があります。こういった練習を、クイズ感覚でやればきっと楽しいでしょうね☆

ということで、私はピアノをお薦めします。バイオリンはANo.1さんのおっしゃるとおり弾くだけでも難しいでしょうし、どこを押せば何の音が鳴るかわかりにくいのが辛いと思うのです。


以下は自分が思っただけのことで質問内容からはやや反れますが…

いきなりピアノ・いきなりバイオリン…となると、どうしても壁にぶつかった時に「ピアノが嫌い⇒音楽が嫌い」となりかねません。
自分もヤマハの3歳児に通ってた頃は歌ばっかりで、楽器らしい楽器といえばタンバリンやカスタネットばかりでした。一見地味で無意味かもしれませんが、音楽に『簡単に』に触れる機会というのは、音楽を好きになる上で大事なのかな、と思います。

また、楽器を演奏する娘さん自身の希望も大事なのではないでしょうか。
ギターでたとえますが、どれだけ高級なギターでも外見などが気に入らないと練習する気さえおこらなくなるものです。逆に、見た目が気に入ったギターなら、どれだけ安くてもヤル気が出てくるのです。
また有名なギタリストのなかには「親にギターを買い与えられたが、ほとんど練習をしなかった。しかし○○というギタリストのプレイに触発され、一気にギターにのめりこむようになった」といったエピソードをもつ人がよくいます。
…つまり何が言いたいのかというと、楽器をやる前に、まず楽器に興味をもち好きになることが大事なのではないか、ということです。もしお子様が全く楽器に触れたことがない状態なら、玩具のものを買い与えるなどすることで、興味をもたせることから始めるのもアリかもしれませんね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。音楽嫌いにさせたくないという思いはとても強いので、楽器を始める前に音楽自体に興味を持ってくれるように努力しようと思います。

お礼日時:2005/04/03 10:43

まず大事なことは、正しい音たとえば、ドの音を、弾いた時に、ドの音が出る楽器でないと、正しい音を弾くことが、いやになるのでは、ないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/03 10:40

私は幼稚園からバイオリンを習わされた者です。

12年習いましたが、さっぱりです。

・バイオリンをやってもいつかはピアノを習う必要が出てくる。
↑はわかりません。ナゼ?

>素人なりにも聞ける演奏ができるくらいになって欲しいと願っています。

バイオリンは…とてもむつかしいです。ピアノのように、押せば音が出るものでもないですし、なにより3歳にはキツイですよ。それに、はっきり言って聞きづらい音を毎日家で聞かされるのも辛いです。
3歳なら、まだ音の楽しみ程度に留めておくほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。バイオリンをやっているとピアノを習う必要が出てくるというのは、バイオリンをやっている友人の何人かがそう言っておりました。確かにバイオリンだと音がまともに出ないと音楽に興味を失ってしまうこともあるかもしれませんね…。

お礼日時:2005/04/03 10:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「略~」を英語に訳すと何というでしょうか?

特許申請などに多用される表現で「略円柱状」とか「略卵型」
という言葉の「略~」に相当する部分の英訳は正しくは何という
のでしょうか?

日本語でも一般的にあまり使わない表現ですので、英語でも
正しい専門用語があると思いますが、手元の辞書やネット検索
では見つかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

near-
または
nearly

参考URL:http://www.freepatentsonline.com/5460717.html,http://www.freepatentsonline.com/4108305.html

Qピアノの教本を探しています。子供がピアノを習い始めたので親も少しは勉強

ピアノの教本を探しています。子供がピアノを習い始めたので親も少しは勉強しなくてはと思っています。親がまったくピアノを経験していないので、今から何か勉強してもと思う面もありますが、子どもの練習を横でみるくらいはしてあげたいと思っています。わたしのような初心者でもわかるような教材があれば譜面の読み方からのものをご紹介下さい。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

benioさん、はじめまして。
お子様が通われているピアノ教室のレッスン方法でも異なると思います。
一つは、大手楽器メーカが展開している教室で、子供達は集団レッスン、
保護者の方は別室で待つ場合がありますね。
また一方、先生が自宅やお子様宅にて個人レッスンをされている場合もあります。

私の妻が、後者の方法で子供達にピアノを教えておりますので、
個人レッスンの場合について回答させて戴きます。

出来れば、お子様の使われている教本と同じ本を購入し、
レッスン中に先生が指示をしている事を教本に書き留めながら、
一緒に受講して下さい。
特に、お子様が初めてピアノに触れる時は、先生の邪魔にならない程度で
背後から鍵盤のどこをどう押さえ、どういうタッチで、
どういう手の置き方を指示されているかから一緒に学んで下さい。
ピアノは手の形、キータッチ方法がとても大切ですので、
先生が弾かれている手も参考になります。

そして楽譜の読み方になりますが、
通常は、ト音記号ハ長調から始まると思いますので、お子様と一緒になって
教本に沿って理解を進めると良いと思います。

初心者向けの教材、教本はかなりの数が出版されており、
どれが良いとは一概には言えませんが、
先生は、お子様の特性に合わせた教材を選ばれていると思いますので、
その教材を一緒に学ぶ事が
何よりの早道ではないかと思います。
特に小さなお子様にピアノを学ばせる時は、
先生にとっても保護者の方のご協力が必要不可欠です。
どうかご一緒にレッスンを受けるつもりで付き添ってあげて下さい。

また、ピアノに限らず習い事や稽古事は、自宅での練習が何より大切です。
小さなお子様なら長時間練習する必要がありませんが、
出来るだけ毎日10分程度でも練習する様にして下さい。

※ Goo初心者ですので、思わぬ失礼がありましたらご容赦願います。

benioさん、はじめまして。
お子様が通われているピアノ教室のレッスン方法でも異なると思います。
一つは、大手楽器メーカが展開している教室で、子供達は集団レッスン、
保護者の方は別室で待つ場合がありますね。
また一方、先生が自宅やお子様宅にて個人レッスンをされている場合もあります。

私の妻が、後者の方法で子供達にピアノを教えておりますので、
個人レッスンの場合について回答させて戴きます。

出来れば、お子様の使われている教本と同じ本を購入し、
レッスン中に先生が指示をしている事を教本...続きを読む

Q【英語】VIPって何の略ですか?

【英語】VIPって何の略ですか?

Aベストアンサー

Very Important Person

Q中学生からピアノを習うっていうのは遅いですか?あくまで趣味としてピアノを弾いてみたいと思っていたので

中学生からピアノを習うっていうのは遅いですか?あくまで趣味としてピアノを弾いてみたいと思っていたので、大丈夫かなー?っとおもったのですが、やはり不安なので…皆さんはどう思いますか?よかったら教えて下さい!

Aベストアンサー

趣味と始めるなら何歳からでも遅いってことはないですよ。純粋に楽しめれば良いのですから

Q英語に略してください。

[私の大切な宝物]を英語に略せる方いましたら教えてくださいませ。

Aベストアンサー

no.3です。

出ている回答はどっちも正しいです。
日本語で 「大切な」と「大事な」とどっちが正しいかというのと同じくらいに。
違いを言えば
dearest =最愛の
valuable=価値のある
どちらも「大切な」の意味があります。

私は個人的に
precious(=「大切な」「貴重な」)と言う言葉が響きも見た目も好きです。
女の子の名前としてもたまにプレシャスってありますね。

あとに「宝物」と来ますが、大切な、とか 価値のある、 とかの言葉が先に付いているので
my precious (他の二つの回答の言葉も) treasure となるのは 英語では
もしかしたら少ししつこい感じがあるかも知れません。
(でも、決めるのは 質問者さんですので、語呂が気に入ったもので決めてかまわないと思います。)

シンプルに
my ****** thing
私の大切なもの

でも良いですね。
これはこういう一節として使う場合は対象が物でも人でも大丈夫です。

Q子供が習うならピアノ?バイオリン?

3歳になったら子供にピアノを習わせようと思っていました。
が、最近『小さい子にはバイオリンが良い。なぜならバイオリンは体格に合った大きさが選べるから。他の楽器は選べない』ということを聞きました。
私は『楽器の基本はピアノだから、どんな楽器をやりたくても最初はピアノ』と信じていたので、ピアノ……と思っていたのですが。

うちの近所に個人のピアノ&バイオリン教室があるので、どちらも習うのは可能なので悩んでしまいます。
それとも他の楽器の方がいいでしょうか。

Aベストアンサー

私自身、ピアノとバイオリンを弾きますが、2人の娘は上の子が5歳、下の子は4歳からバイオリンを習っています。
ピアノは私が時々遊びで教えています。
子供がバイオリンを習っているというと「習い始めたころは大変だったでしょう~」といわれることが多いのですが、幸い背筋が寒くなるような音がすることはなくて、現在に至っています。
ふと、「どちらの楽器が良いのかな~」と自分に問いかけてみると、「どちらもやったほうがいいのでは?」という気持ちになります。
ピアノはピアノの楽しさ、バイオリンはバイオリンの楽しさが合って、二つ弾けるとリンクする部分があって、それを楽しむのもいいかと思います。
娘たちはバイオリンで理解しづらい音の仕組みをピアノで「なるほどね~♪」と理解したりしています。
私自身、ピアノが弾きたくなるときはピアノを弾き、バイオリンを弾きたくなったらバイオリンを弾く。
フルートもやってみましたが、私は管楽器はあまり魅力を見出せず、弦楽器と鍵盤楽器となりました。
私の周りのバイオリンを習っている子もバイオリンを習いつつ、ピアノを習ったりしています。
悩むとしたら、どちらを先に習うか・・という時期の問題のような気がします。
となると・・・バイオリンを習っていると、何年かするとバイオリンの先生から「ピアノもやってみたら」と言われることが多いようです。
ピアノを習っていて、逆に「そろそろバイオリンも~」といわれることは皆無のような気がします。
お子さんがピアノが好きならばピアノを習い、バイオリンに興味を持てば、バイオリンを習い、その後にピアノを習ってみる。

お子さんの興味が現在どちらにあるのか良く観察するのが良いかもしれません。

でも音楽は楽しいですよね。
最近私と娘2人とアンサンブルができるようになって、ますます音楽が楽しくなってきています。

お子様とpideon様にとって、良い方向性が見出せるのを願っております。

私自身、ピアノとバイオリンを弾きますが、2人の娘は上の子が5歳、下の子は4歳からバイオリンを習っています。
ピアノは私が時々遊びで教えています。
子供がバイオリンを習っているというと「習い始めたころは大変だったでしょう~」といわれることが多いのですが、幸い背筋が寒くなるような音がすることはなくて、現在に至っています。
ふと、「どちらの楽器が良いのかな~」と自分に問いかけてみると、「どちらもやったほうがいいのでは?」という気持ちになります。
ピアノはピアノの楽しさ、バイオリ...続きを読む

Q【英語】SMS(SEX Texting)=セクスティングらしいですが、Mって何の略ですか?

【英語】SMS(SEX Texting)=セクスティングらしいですが、Mって何の略ですか?

Aベストアンサー

Mは、messageまたはmessagingの略です。

ちなみに、Sは、sexではなく、shortの略として、
short message (messaging) textingの意味に
考える方が普通です。

Qピアノかバイオリンを習う不思議な日本

幼少からピアノを習って数十年ひき続けていたものです。
現在は、他楽器を聴く趣味にはまっています。
ピアノは打楽器であるからか、音が地味なような気がするのです。
現在魅力を感じている楽器は、クラリネット、ジャズギター、ウッドベースです。

そこで質問なのですが、
日本では、どうしてピアノかバイオリンが人気なのでしょうか。
バイオリンは個人的には音色が好みではありません。

ギターはジャズに目覚めてから大好きになり、時には身震いするほどです。
あれほど多様な表現が可能で様々な音楽に合う弦楽器も珍しいかと。。。。。。。。
また、ベーシストの作曲が好みの場合が多く、クラリネットは音色に魅了されました。

日本の音楽教育界は、画一的な傾向があるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

多くのヨーロッパ人は、よほどクラシックに関心がある人(これはマイノリティです)だったり、楽器を演奏することに関心がある人でもないと、ピアノやバイオリン(もしくは楽器全般)を学んだりはしないと思います。
ちなみに、ヨーロッパでもピアノとバイオリンを学ぶのが教育の主流なんて大嘘。いつの時代の話を今に持ってきてるんでしょう。(「フランスで最もポピュラーなお稽古事は、女の子でバレエ、男の子で柔道というのは聞きましたが。)
ヨーロッパでもバイオリンが弾ける人なんてそうそういませんし、鍵盤楽器(ピアノ含む)であればクラシックではなくロックやジャズから入る若者の方がはるかに多いはずです。クラシック愛好家はヨーロッパでは少なくともロックやブラックミュージックよりはるかにマイノリティです。

多くの日本人にとって、ピアノやバイオリンは「音楽」とか「音楽教育」ではなくただの「お稽古事」だからですよ。
そりゃ純粋に「音楽」として考えれば、魅力的なのは多彩な音・表現が出来てクリエイティブなギターだったりコンピュータ音楽だったりしますよ。自分もそういう意味で今やりたいと思うのはギターです。
でもギターは「子供のお稽古事」のうちには入らないんです、少なくとも日本国内では。「子供のお稽古事と言えば、ピアノやバイオリン」なんです。単にそれだけの理由です。偏った教育だと言われればそうなのかもしれません。

多くのヨーロッパ人は、よほどクラシックに関心がある人(これはマイノリティです)だったり、楽器を演奏することに関心がある人でもないと、ピアノやバイオリン(もしくは楽器全般)を学んだりはしないと思います。
ちなみに、ヨーロッパでもピアノとバイオリンを学ぶのが教育の主流なんて大嘘。いつの時代の話を今に持ってきてるんでしょう。(「フランスで最もポピュラーなお稽古事は、女の子でバレエ、男の子で柔道というのは聞きましたが。)
ヨーロッパでもバイオリンが弾ける人なんてそうそういませんし、...続きを読む

Qこの英語を日本語に略して欲しい

この英語を日本語に略して欲しい

Aベストアンサー

私たちの王国に平和を取り戻してくれて、ありがとうルイージ。私たちの英雄ルイージに万歳!

Qバイオリンを習っている子供にピアノは必要ですか?

7歳と5歳の子供にバイオリンを習わせています。上の子は3年目に入ろうとしています。今日先生に「おうちにピアノがあるといいと思いますよ。音の並びを視覚的に知ることや、和音で音を聞くことで音感が身につくと思います。」といわれました。主人共々、音楽は好きでピアノを買うことはやぶさかではありません。ただ、どういう点でピアノがあるといいのか、もう少し具体的に経験者のご意見をうかがいたいと思います。将来、子供を音大に入れようとかは考えていませんが、音を楽しめる程度に楽器がひけるようになったらいいな、とは思っています。こういう点でピアノはとっても有効ですよ、というご意見があったら教えてください。

Aベストアンサー

将来のことは別問題として、音楽関係の学校に進学する場合ピアノや声楽(ソルフェージュ含む)は必ずと言っていいように試験科目に入っていますよね。
私も昔なんでだろう・・・?と考えた事があります。
子供たちに音楽を指導していて思うこと。
それは、歌う心がなければどんな楽器を演奏していても感情は伝わらない。
また、旋律だけを追っていて、その奥に隠れている和音の流れを感じ取れなければ感情移入が難しい(表現に乏しくなる)のではないかと感じる事が多々あります。
バイオリンはどうしても単体で旋律を練習する事が多いのではないですか?
音楽は旋律だけでは成り立ちません。その旋律の奥には必ず和音の進行が隠れています。
きっとピアノを・・・とおっしゃった先生は、旋律だけではなくピアノによって今後そのあたりの感覚を養ってほしいと思われたのではないでしょうか?

私自身バイオリンを専門楽器としている生徒にバイオリン以外のことを指導した事はありますが、バイオリンは弾いた事もないのでチョッと自信ない回答になりましたが、どんな音楽でも旋律だけでは成り立たないって思っていただければ幸です。

将来のことは別問題として、音楽関係の学校に進学する場合ピアノや声楽(ソルフェージュ含む)は必ずと言っていいように試験科目に入っていますよね。
私も昔なんでだろう・・・?と考えた事があります。
子供たちに音楽を指導していて思うこと。
それは、歌う心がなければどんな楽器を演奏していても感情は伝わらない。
また、旋律だけを追っていて、その奥に隠れている和音の流れを感じ取れなければ感情移入が難しい(表現に乏しくなる)のではないかと感じる事が多々あります。
バイオリンはどうしても単...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報