職場の先輩から髄液の細胞数の基準値はいくつ?
ときかれ調べたのですが、私が学生時代に習った表記方法は○○/μlだったのに、先輩に○○/3で表記すると言われたのです。この「3」という数字はどこからでたのですか?何の意味がある数字なのかを教えてくださいよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは 細胞」に関するQ&A: がん細胞とは

A 回答 (1件)

これで見ると


http://www.mbcl.co.jp/compendium/main.asp?field= …

基準値のところに 1/3~10/3 /mm3 と書いてあります。3は体積の単位でなくて、単に分数の分母です。15/3 は5個のことです。では、なぜわざわざ分母を3にした分数で表わすのかは、上記ページの「臨床的意義」をクリックすると解説が出てきます。(要 JavaScript)

Fuchs-Rosenthal計算盤で256個の升目の体積の合計は3.2 mm3 になります。10/9の意味はわかりませんでした。
http://allserv.rug.ac.be/aquaculture/coursmat/fa …

参考URL:http://www.mbcl.co.jp/compendium/main.asp?field= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3は体積の単位ではないんですね
初心者みたいな質問に回答いただきまして本当に
ありがとうございました。
先輩からの宿題がひとつ片付いてほっとしました

お礼日時:2005/04/06 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmm3とμl

看護の勉強をしています。
 赤血球の数値が問題集にはmm3と書いてあり、教科書にはμlで書いてあり、どちらかに合わせて比べたいのですが、何倍だとか関係を教えてください。

Aベストアンサー

どっちも百万倍してみましょう。

まず、
1μLの百万倍は、当然1L
(μは百万分の1を表すので)

次に、
1mm^3 は一辺が1mmの立方体の体積ということですが、
百万倍するということは、すなわち、6桁上がるということです。
体積が6桁上がるということは、立方体の一辺が2桁上がるということ。
つまり、1mm^3 の百万倍は
(1mmの2桁上)^3 = (100mm)^3
  = (10cm)^3
ところが、1Lは一辺10cmの立方体の体積なので、
  = 1L


というわけで、
どちらも百万倍したら1Lになりましたので、1μLと1mm^3 は同じ体積です。

Q非動化の目的を教えて下さい。

非動化の目的を教えて下さい。

あまりしっかり把握できていないので詳しく教えて下さい。
血清などを”非動化する目的”は何でしょうか。

もうひとつ、非動化と言わず”不活化”という場合もありますが
この2つは同じ意味でしょうか。


初歩的な質問ですみません。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

非「働」化ですね。inactivationの訳語ですので、不活化、不活性化でもいいはずですが、なぜか特定の場面に限り不働化という用語があります。

血清に含まれる補体群を、他の成分(成長因子、免疫グロブリンなど)を失活させないように56℃程度の温和な熱処理によって、不活性化することです。補体は細胞障害性などの生理活性があるので、それを排除したいときに行います(たとえば細胞培養に使うときなど。それでも最近は、可能であれば(とくに影響がないかぎり)非働化処理はしないほうがいいという記述も多い)。

Q髄膜炎とはどんな病気ですか?

友人が突然倒れ、診断の結果、髄膜炎とわかりました。
当初は一週間で退院の予定でしたが、再検査で白血球の数値が高いことから、入院が延長になりました。本人は比較的元気なのですが…
髄膜炎とはどんな病気なのですか?
また退院後、どんなことに気をつければいいのでしょうか?
素人の私にもわかるように教えて下されば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

髄膜炎とは、髄膜という、脳と脊髄を包む膜にウイルスや細菌が進入し、炎症を起こす病気のことです。私は昨年の冬に罹り、約3週間入院の末無事完治しました。
主な症状は発熱と頭痛、吐き気が続き、倦怠感や背中が痛くなることなどです。私の場合、最初は風邪だと思って医者で感冒剤をもらって飲んでいたのですが、相当強い薬のはずなのによくならないので、3日後に同じ医者を再度訪れて詳しく症状を説明したところ、「それは髄膜炎の疑いがある」と言われ、大きな大学病院を紹介してもらい、そこで髄液検査を受けて即入院となりました。
私の場合ですが、炎症を起こしているウイルスが特定できず、無菌性髄膜炎と診断されましたが、医者からは「髄膜炎は普通、完治に最低1ヶ月はかかる」と忠告されました…。治療といえば抗生剤の点滴を続けることくらいですが、私もなかなか数値が下がらず、入院後1週間では全くよくなりませんでしたね。現在、お友達の様子は比較的落ちついているとのことですので、多分大丈夫だと思いますが…。
ちなみに、この病気には食事制限はありません。好物の食べ物を差し入れるのは構わないと思います。また入院中はずっと点滴をつけっぱなしなのであまり動き回れず、かなり退屈すると思いますが、長時間読んでも疲れない軽めの漫画本などを差し入れするといいでしょう。
回復の見込みがたっていない入院患者さんは、それは不安な毎日をおくっていることと思います。少しでも元気づけて差し上げることで、お友達も不安から少しは解放されるのではないでしょうか。ぜひ元気づけてあげてください。お友達が早くよくなることを祈っております。

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~funairi/infect/mening.htm

髄膜炎とは、髄膜という、脳と脊髄を包む膜にウイルスや細菌が進入し、炎症を起こす病気のことです。私は昨年の冬に罹り、約3週間入院の末無事完治しました。
主な症状は発熱と頭痛、吐き気が続き、倦怠感や背中が痛くなることなどです。私の場合、最初は風邪だと思って医者で感冒剤をもらって飲んでいたのですが、相当強い薬のはずなのによくならないので、3日後に同じ医者を再度訪れて詳しく症状を説明したところ、「それは髄膜炎の疑いがある」と言われ、大きな大学病院を紹介してもらい、そこで髄液検査を受...続きを読む

QMSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)について

MSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)について教えて下さい。
MRSA(+)から、MRSA(-)になり今度はMSSAが(3+)となりました。これはどういう意味合いがあるのでしょうか?
詳しくわかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

黄色ブドウ球菌は抗菌薬耐性の観点から、メチシリンやオキサシリンに耐性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus: MRSA)とメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(methicillin-sensitive Staphylococcus aureus: MSSA)に分けられるてます。

つまりMRSA陽性がMRSA陰性になり、その後MSSAの陽性がでたということでしょうが、MSSAはメシチリンという抗生物質で抑えられるので問題ないと思います。病気でもありませんし普通に常在する黄色ブドウ球菌です。

MRSA(+)ならメシチリンが効かない(耐性がある)ということで問題がありますが、MRSA(-)MSSA(3+)は問題ないです。よほど感染に注意するべき傷口に入ったりしない限り大丈夫だと思いますよ。

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

QMD, PhD の文字の意味を教えて下さい。

良く、病院や健康番組で、「MD, PhD」を見ますが、教授とか?そんな意味でしょうか? あまり正確にわかりません。いまさらこんな簡単な文字で恥ずかしいのですが、教えて下さい。
どんな意味ですか? どうして、名前の後ろに片方のMD だけでなく、「MD, PhD」の両方つけるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1さんの回答にもありますが、MDはMedcine Doctor=医学博士という意味。Ph.Dは、「学術博士号」という意味。ただし、学術博士号の場合には、Philoshopa Doctorという意味があり、哲学博士号という意味にもなります。

欧米の大学の場合には、日本の大学と違い、大学の学部まではどの専門分野でも、ほぼ同じ教育が行われます。コース選択制と呼びますが、大学入学後、学生本位でカリキュラムを選択して、BA(学士)号を取得します。

その後、医師の場合には、医学専門大学院を卒業して医師免許を取得します。そのため、医学専門大学院を卒業すると、自動的に医学博士号が授与されます。

Ph.Dの場合には、大学の学部を卒業後、ある分野の大学院に進み(大抵の場合には、理学部)を卒業して、そこで学位を取得します。その卒業の資格として、Ph.Dが贈られます。

つまり、専門分野としての医師資格を持っているということと、学術分野でなんらかの研究グループに所属して研究を行ってきたのだという証明として両方を記載するのだと思います。

欧米の場合には、意外に知られていないのですが、非常に教育などでも格差があり、Ph.DやMDを取得するためには、「恵まれた家庭に生まれるか?」もしくは、大学時代に普通の人の何倍も努力が求められる社会です(例えば、AAAという成績を収めないと、奨学金が剥奪されるなど)。

そのため、両方の資格を取得するというのは、非常に数少ない人であるという証明のためだと思います。

No.1さんの回答にもありますが、MDはMedcine Doctor=医学博士という意味。Ph.Dは、「学術博士号」という意味。ただし、学術博士号の場合には、Philoshopa Doctorという意味があり、哲学博士号という意味にもなります。

欧米の大学の場合には、日本の大学と違い、大学の学部まではどの専門分野でも、ほぼ同じ教育が行われます。コース選択制と呼びますが、大学入学後、学生本位でカリキュラムを選択して、BA(学士)号を取得します。

その後、医師の場合には、医学専門大学院を卒業して医師免許を取得します。...続きを読む

Q房室解離と完全房室ブロックの違いについて

房室解離と完全房室ブロックの違いがいまひとつ理解できません。
文献を調べたりしましたが、よくわかりませんでした。ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

すでに理解されておられると思いますが、通常は心房上部の洞結節ペースメーカーの刺激が心房に伝わり、この刺激が引き続き房室結節を通って心室に伝わります。
つまり心房P→心室QRSで、回数も同一で、その間隔も一定です。
しかし、心房と心室が異なったペースメーカーにより支配されている状態を房室解離といいます。

心房からの刺激が房室結節~心室に伝わらない(ブロック)ためにブロックされた先の別のペースメーカーで心室が刺激される完全房室ブロックも広い意味では完全房室解離とも言えますが、通常は完全房室ブロックと呼びます。通常、P波は増加し、QRSは少ないことになります。

房室解離と呼ぶことが多い状態は洞結節機能低下により心房側の刺激頻度が低下したか、房室接合部以降心室側の過敏性亢進などでここでのペースメーカー頻度が増えたことで、房室伝導は悪くなくても心室側が心房側からの刺激を待たないで独自に興奮を始め、心房P≦QRS心室の状態となっているものです。

参考URL:http://www.udatsu.vs1.jp/dissociation.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報