大正時代の新聞記者は、どのように取材を行っていたのでしょうか?
また、カメラは当時すでに普及していたのでしょうか?
詳しい方、教えてください。
また、大正時代の新聞、新聞記者について詳しく載っている本やサイトを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

明治時代の新聞は絵ですが、大正時代の新聞は写真が入ってます。

遠方からの輸送手段は伝書鳩ですが、これは大正12年より。戦後しばらくまで伝書鳩大活躍で、新聞社には鳩小屋がありました。あるいは電話通信。取材先の記者が電話を本社にかけ、その電話を受けて記事を書き起こすアンカー記者、という絵柄は戦後間もなくまでそうでした。
http://www.geocities.jp/showahistory/history1/02 …
昭和初期の新聞は以上でどうぞ。昭和初期も大正年間もそう大きな違いはないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
教えていただいたリンク先のページが、とても参考になりました。

お礼日時:2005/04/21 16:28

 新聞社によっては、そこらへんのことを社史に書いてあるものもあります。

新聞社の社史は、大きな図書館であればひとつやふたつ、あると思います。
 また、新聞の歴史についての本であれば、春原昭彦著「日本新聞通史」(新泉社)が、容易に手に入る本の中で良い文献だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
図書館に教えていただいた本があるみたいなので、探してみようと思います。

お礼日時:2005/04/21 16:34

大正時代限定というわけではありませんが、戦前の新聞(東京、大阪圏のいわゆる「大新聞」の)記者は、必ずしも自分で取材するのではなく、小僧さんみたいな人が取材してきたことをまとめて文章にする作家といった趣だったそうです。

特に有名な記者ほどデスクワーク中心で、現在のように「足で稼ぐ」様子ではなかったと聞き及びます。その辺の経緯は、現在の全国紙が出している「社史」の類で読むことが出来るはずです(といっても図書館で読むことが出来る種類の本なのかどうか、定かではありませんが)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
近くの図書館に、毎日新聞の社史なるものがあるということなので、行って見てみようと思います。

お礼日時:2005/04/21 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大正時代のネガフィルムなし写真の著作権は?

祖父母宅には、大正初期の写真が存在します。
この写真を利用したいのですが、撮影者不明・ネガも存在しない(当時からある写真屋に無かった)です。
著作権はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

大正初期となると、旧著作権法が適用となる時代ですね(旧著作権法は1899年に制定)。

旧著作権法では写真の著作権は発行から10年間とされていました。

したがって、もう著作権は切れています。

Q朝日新聞記者 和田俊記者

みなさんはカンボジアの例の事件について、和田記者はなぜあのような記事を書くにいたったのだと思いますか?
彼はこのあのような記事を書かざるをえない状況にあったのでしょうか。あるいは実際になにかを感じ取ったのでしょうか。ただ単に話題性ほしさに書いたのでしょうか。
知識のある方々、朝日新聞社はこういった捏造記事を多く掲載してきた過去があるようですが、そういう悪口的なことは抜きにして純粋な意見を聞かせていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

捏造という行動に目が行きがちですが、その背後にある「思想」がそうさせるのだと思いますよ。カンボジアの記事に関しては捏造というよりも、和田記者本人が本気でそう思っているように感じ取れました。

メディアは真実を報道する責任があると言いますが、もともとは「権力者の嘘や不正を暴いて国民を守る」という思想があったわけです。中立ではなくてあくまでもひとつの思想を持った勢力です。だから、真実でも中立でもないんです。
本当に真実や情報を右から左へ伝達するだけであれば、そこに正義も悪もない無味乾燥なもののはずなのですが、メディアは「真実を報道する」というところに正義感もっていますね?そこにはある種の思想があることを意味していると思います。
民主主義が実現した以上、いつまでもその思想や正義感を持っていていると、単なる一政治団体になりかねません。

そもそも人が何の感想も持たず、自分のフィルターも通さずに記事を書くのは不可能です。ある一点からの「自分の主観の範囲内で客観的に」伝えるのが限界です。こうあって欲しい、ああなって欲しい、こうあるべき、これは許せない、これが好き、あれが嫌い・・・、そういうものから逃れられないわけですが、それでも真実を歪曲せずに報道していると勘違いしていると、歪みが出てくるのだと思います。これは見る側も同じですよ。
「あぁ、和田記者にはそう見えたんだな」、「あまり犠牲者や死者のことは気にならない人なんだな」、「クメール=ルージュ側の思想に好感を持ってる人だな」という風に記事を捉えれば、たったそれだけの話です。メディアが真実を客観的に報道するものだと勘違いすると、疑問に思えてきます。

正義感というのは最もタチが悪いもんですよ。権力者VS民衆という図式が終わって、何が正義なのかすら多様になっている今でさえ、どうも朝日新聞はいまだにひとつの思想に基づいた正義感が強いようです。正義のためなら多少の不正も犠牲も目に入らない。そして、正義をみんなに理解してほしい。なかなか理解してもらえないなら、理解してもらうために捏造などはあまり深刻な問題だとは思えない…。

客観に徹する努力が足りず、なにか主張しなければ気が済まないようです。で、なにかを主張したり人を説得しようとしたら、その材料や情報を集めるのが普通ですから、捏造などということになります。自分の伝えたい大きなことを伝えるために、小さなウソはあまり気にならないという感覚は、誰しもあるはずです。悲しいことに新聞社も例外ではありませんし、正義感でやってる以上本人たちが気づくことは無いと思います。

捏造という行動に目が行きがちですが、その背後にある「思想」がそうさせるのだと思いますよ。カンボジアの記事に関しては捏造というよりも、和田記者本人が本気でそう思っているように感じ取れました。

メディアは真実を報道する責任があると言いますが、もともとは「権力者の嘘や不正を暴いて国民を守る」という思想があったわけです。中立ではなくてあくまでもひとつの思想を持った勢力です。だから、真実でも中立でもないんです。
本当に真実や情報を右から左へ伝達するだけであれば、そこに正義も悪もな...続きを読む

Q明治天皇誕生日は大正時代も祝日でしたか?

明治天皇の誕生日は、大正時代も祝日だったのでしょうか?
大正時代は大正天皇誕生日のみになり、昭和2年に再び明治節として明治天皇誕生日が祝日に復活しましたか?
それとも大正時代の間も大正天皇誕生日とともに明治節は祝日であったのでしょうか?

Aベストアンサー

明治天皇の誕生日(11月3日)は明治時代には「天長節」として祝日でした。「天長節」とは、現代風に言うと「天皇誕生日」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E9%95%B7%E7%AF%80
参照。

No1さんの回答の通り、11月3日は大正時代には祝日ではなく、昭和2年になってから、「明治節」として「天長節」(昭和天皇在位中は4月29日、現在の「昭和の日」)と並ぶ祝日になったものです。

ちなみに、大正天皇の誕生日は8月31日でしたが、大正時代の天長節は8月31日ではなく10月31日でした。
これは
「8月31日は残暑の厳しい時期なので、礼服を着ての天長節式典の実行が困難である。よって2ヶ月ずらした」
と言われています。

Q新聞記者・テレビ記者に必要な学歴

私は高校三年の受験生です。
一応、私立法学部を目指そうと思うのですが(五教科無理なので国立はあきらめてます)
新聞記者・テレビ記者に必要な学歴と言うのはどの程度のものなのでしょうか?
新聞記者は「学歴不問」とか言っていますが、実際にA新聞社は東大ばかりだと聞きました。
MARCH・関関同立の法学部でも微妙なのでしょうか?

Aベストアンサー

身内に新聞記者がいますが、日本女子大の文学部卒で中日新聞の社会部に居ます。
 普通の大卒でOKと思いますが?

Q大正時代の新聞記者

大正時代の新聞記者は、どのように取材を行っていたのでしょうか?
また、カメラは当時すでに普及していたのでしょうか?
詳しい方、教えてください。
また、大正時代の新聞、新聞記者について詳しく載っている本やサイトを教えてください。

Aベストアンサー

明治時代の新聞は絵ですが、大正時代の新聞は写真が入ってます。遠方からの輸送手段は伝書鳩ですが、これは大正12年より。戦後しばらくまで伝書鳩大活躍で、新聞社には鳩小屋がありました。あるいは電話通信。取材先の記者が電話を本社にかけ、その電話を受けて記事を書き起こすアンカー記者、という絵柄は戦後間もなくまでそうでした。
http://www.geocities.jp/showahistory/history1/02b.html
昭和初期の新聞は以上でどうぞ。昭和初期も大正年間もそう大きな違いはないと思います。

Q朝日新聞の優れた取材能力 取材記録は何処に?

70年前~100年前の日本軍の悪行を事細かに記事にするには、相当な取材能力があると思います。
特に東アジア圏、取り分け中国と朝鮮で行われたとする事件事故の記事が中国政府と韓国政府が発信する事案について、全て正しいと解釈できる記事を書かれています。
歴史的な事案を扱うものですから客観的な事実として朝日新聞が取材で得られた証拠とする資料の記事が見当たりません。日本の優秀な新聞社で有りますから証言だけで全国記事にしているとは思えません当然、色んな側面から取材をされて裏図けの元に記事を書かれているかと思います。
質問ですが、朝日新聞がよく取り上げる南京大虐殺と慰安婦に置ける取材で得られた資料または
記事の掲載は、どこで見れますか?また、いつの記事で見れますでしょうか?
これと同じ文面で朝日にメールを8月16日にしましたが返信、返答がまだありません

Aベストアンサー

記事は「聞蔵II」という記事データベースで探せると思います(有料契約)。

取材の記録や資料は,公になっている情報や資料であったり情報提供者が公開に同意したりした場合は見ることができますが,そうでない場合は取材源秘匿という原則があるので見ることはできません。

Q大正時代

今、大正時代について調べています。
歴史の授業ではこのへんは飛ばされがちで、全然知識がないのです。
明治と昭和にはさまれたこの短い期間にどんな事があったんでしょう?
また、大正時代の雰囲気がわかるサイトなんかを探しています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

大正時代といえば、関東大震災を考えます。(大正十二年)
http://research.kahaku.go.jp/rikou/namazu/03kanto/ueno/ueno.html
http://research.kahaku.go.jp/


あと、「竹久夢二」。
http://www.ryobi.gr.jp/yumeji/yumeji.html


「国立歴史民俗博物館」
http://www.rekihaku.ac.jp/index.html
「都市の大衆の時代」に復元展示の映像が少しあります。
http://www.rekihaku.ac.jp/zyoosetu/no5/index.html

Q新聞紙記者と(情報系)雑誌記者の違いについて

素朴な疑問なんですけど新聞紙記者と雑誌記者の違いは何でしょうか?
新聞紙とは何か?から考えていたらそれならゲンダイとかR25のような時事ネタなどをのせている雑誌との違いがあるのか気になりました。

1.例えば今日起きた事件は、いつ報道されるのでしょうか?今日中に完成させて明日載るのが最短でしょうか?
2.誤報に対する謝罪を見たことがありますか?
3.雑誌に号外(速報の)ってありますか?
4.新聞と雑誌の違いはなんでしょう
5.新聞紙記者と雑誌記者の違いはなんでしょう
6.暗黙のルールを感じたことってありますか?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

1.例えば今日起きた事件は、いつ報道されるのでしょうか?今日中に完成させて明日載るのが最短でしょうか?


明日の朝刊が最短です。
新聞は1回で全数を印刷していません。
従って一番最初と最後では内容が変わります。
その間に間に合う記事を差し替えるのです。


2.誤報に対する謝罪を見たことがありますか?

謝罪を極端に嫌がりますが、ごくまれに乗ります。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071208/trl0712080009000-n1.htm

3.雑誌に号外(速報の)ってありますか?

聞いた事がありません。
新聞と違い速報で作ることに慣れていないのでないのです。

4.新聞と雑誌の違いはなんでしょう

新聞はあらゆる層に向け記事を提供
雑誌は対象となる読者層に向け、コアな情報を提供


5.新聞紙記者と雑誌記者の違いはなんでしょう

スポーツ紙などを除き、新聞記者は徹底的に鍛えられ、
裏付けのない記事は載せません。記事の質が違います。
雑誌はその点、趣味の世界が多くいい加減な面があります。


6.暗黙のルールを感じたことってありますか?

ジャニーズにはどこも切り込みません。
相撲界も以前はタブー視され八百長記事がほとんどでなかったものの、
若者の死亡事件から漸く切り込みました。

1.例えば今日起きた事件は、いつ報道されるのでしょうか?今日中に完成させて明日載るのが最短でしょうか?


明日の朝刊が最短です。
新聞は1回で全数を印刷していません。
従って一番最初と最後では内容が変わります。
その間に間に合う記事を差し替えるのです。


2.誤報に対する謝罪を見たことがありますか?

謝罪を極端に嫌がりますが、ごくまれに乗ります。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071208/trl0712080009000-n1.htm

3.雑誌に号外(速報の)ってありますか?

聞いた事があ...続きを読む

Q【共働き世帯】江戸、明治、大正時代の共働き世帯の割合を教えてください。 専業主婦が生まれたのは昭和

【共働き世帯】江戸、明治、大正時代の共働き世帯の割合を教えてください。

専業主婦が生まれたのは昭和時代だけで、江戸時代には夫婦共働きが普通だったそうですが、国の統計グラフは専業主婦絶世期の昭和時代から(わざと?)グラフが始まっており、専業主婦は昭和時代の特異な仕事だったと言われても信じられません。

どのくらいの割合で江戸時代、明治時代、大正時代は共働き世帯だったのか教えてください。

本当に専業主婦って昭和時代特有の一時的な特殊な女の仕事だったのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸、明治、大正時代じゃ、一夫多妻も認められているし、丁稚奉公や使用人制度もあるし、農民はみんな共働き。
共働きというのは、外部に給料で雇用されないと、自営や自給自足じゃ成り立たないのです。

江戸時代が共働きなのは、日本全国で8割が農民で、城下町には農地がないので、製造業とサービス業しかなかったのです。
一夫一妻で核家族で構成され、金本位制度が普及してサラリーマンが大多数になるまで、一家に複数の女性がいるんだから、明治末期以降じゃないと、専業主婦や共働きって仕事はないし、職業階級を絞らないと変化の割合をカウントできません。

昭和を振り返る、サザエさんのような家族揃ってちゃぶ台を囲むような昔の日本家庭って、戦後が30年、戦前にも30年くらしかない。
ちゃぶ台自体が、江戸末期に箸のことであるチョップスティックから名付けた輸入された文化であって、日本人の食事は膳や囲炉裏で食べてたんですから。食事なんて家長から順番に片手間にしていたのです。
和服は簡単には洗濯できないし、夏服冬服で質屋に入れて数枚しか持っていないので、日々の洗濯はふんどしと腰巻きと手ぬぐいしかないし、
掃除は、日中家に人がいない時間がないので、朝に終わってしまいます。そもそもほうきや雑巾やはたき自体から作らないと売っていない。
冷蔵庫もないし、市場も毎日は開かれないから、毎日の買い物は売り子や御用聞きがやってくる。
農家は現金収入がないから、買い出しもめったにできず、毎日一つの鍋で足し足し雑炊です。
布団だって公家のもので、武士以下は掻巻か筵で、布団干しだってなかったのですから。

主婦業の家事の多くが、近代文明の工業製品化の中で家事道具のオペレーターとして発生し、自動機械化でなくなっていったのです。

江戸、明治、大正時代じゃ、一夫多妻も認められているし、丁稚奉公や使用人制度もあるし、農民はみんな共働き。
共働きというのは、外部に給料で雇用されないと、自営や自給自足じゃ成り立たないのです。

江戸時代が共働きなのは、日本全国で8割が農民で、城下町には農地がないので、製造業とサービス業しかなかったのです。
一夫一妻で核家族で構成され、金本位制度が普及してサラリーマンが大多数になるまで、一家に複数の女性がいるんだから、明治末期以降じゃないと、専業主婦や共働きって仕事はないし、職業...続きを読む

Q記者会見で新聞記者は世論を代表しているのでしょうか

【質問】
記者会見での新聞記者は何を持って世論を代表したかのような発言をするのか?
「みんな怒っていますよ!」「こんな意見が多いですよ!」「国民の意見は無視ですか?」等々。
もっと客観的なヒアリング、インタビューに徹するべきという批判はないのでしょうか?



うる覚えですが(10年以上前の話です)、
モスクワの駐ロシア日本大使館で高級ワインを揃えやプール等の豪華施設を建設したことに対して行った記者会見で記者が「国民の税金ですよ!何とも思わないんですか!」と詰め寄っていました。我こそは国民の声、代表者と言わんばかりの剣幕で。

その時私は、「外交なんて裏でいろいろつながって情報ゲットして国益の為に邁進すること。日本の大使館は豪華で優雅でおもてなし最高!とみんなが寄りつけば、良いではないか。何でもっと豪華な施設を作って世界の度肝をぬかないのか?ちいさいところにけちけちして本当の目的を達成できないのであれば、まさに木を見て森を見ずではないか?」と思いましたが、記者の一方的な批判の前に私の意見など全く無視されてしまいました。
その件で世論調査をした訳でもないのに、何で国民の意見を代表したかのような態度でインタビューするんだろうととても違和感を感じました。

【質問】
記者会見での新聞記者は何を持って世論を代表したかのような発言をするのか?
「みんな怒っていますよ!」「こんな意見が多いですよ!」「国民の意見は無視ですか?」等々。
もっと客観的なヒアリング、インタビューに徹するべきという批判はないのでしょうか?



うる覚えですが(10年以上前の話です)、
モスクワの駐ロシア日本大使館で高級ワインを揃えやプール等の豪華施設を建設したことに対して行った記者会見で記者が「国民の税金ですよ!何とも思わないんですか!」と詰め寄っていました。我こ...続きを読む

Aベストアンサー

1:>記者会見での新聞記者は何を持って世論を代表したかのような発言をするのか?
2:>もっと客観的なヒアリング、インタビューに徹するべきという批判はないのでしょうか?

1ですが、発言とは「記者による質問」ではなく、インタビューへの回答についての「記者の意見」でよいのでしょうか。
「記者による質問」の内容自体に問題があることもありますが、それ自体はただの質問に過ぎない場合もあります。

回答1:以下の目的によります。
A:自分達(メディア)が世論を代表しているという印象を与え、相手から自分達が期待する反応を引き出そうとしている。
B:自分達(メディア)が望まない応答については、それ(世論の代表)によって相手に圧力を掛ける。
C:その発言を含む記者会見の内容を記事にすることで、読者にインタビューの対象について自分達(メディア)が望む印象を植え付けようとしている。
D:弱者(世論が弱者と思い込んでいるだけの場合もある)の代弁者を装って、世論の指示を得ようとしている。

回答2:そのような批判はあると思いますが、メディアは自分達への批判は記事にしません。
(彼等によれば、これを「報道しない自由とか権利」というそうです。)
インターネットでは話題になるケースもあります。
そもそも、インタビュー自体に問題のある場合もありますが、それ自体はただの質問に過ぎない場合もあります。

報道する側が偏向した記事や編集された映像を流せば、相手がどう応えても無駄ですが。

某新聞社で使われている報道用語
(1)「政府は何もやっていない」       → 自分たち好みの行動を取っていない
(2)「議論が尽くされていない」        → 自分たち好みの結論が出ていない
(3)「国民の合意が得られていない」    → 自分たちの意見が採用されていない
(4)「内外に様々な波紋を呼んでいる」   → 自分たちとその仲間が騒いでいる
(5)「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」→ アンケートで自分達に不利な結果が出ました
(6)「心無い中傷」                → 自分たちが反論できない批判(はやめろ)
(7)「異論が噴出している」          → 自分たちが反対している
(8)「本当の解決策を求める」   → 現実的な具体策はないがとにかく政府等のやり方はダメだ
(9)「各方面から批判を招きそうだ」→ 批判を開始してください
(10)「~なのは間違いありません」 → 証拠が何も見つかりませんでした
(11)「両国の対話を通じて~」   → 中韓に都合の悪い行動はやめて中韓の言うことを聞け
(12)「問われているのは~」    → 次に中韓と市民団体に騒いで欲しいのはここだ
(13)「表現の自由・報道の自由」  → 捏造(記事)の自由・偏向(報道)の自由
(14)「人権尊重」           → (中韓に有利になるように)人権を尊重しろ
(15)「右翼」              → 自分達にとって都合の悪いことを言う人



【朝日新聞が作った捏造の歴史】(事実でないことを記事にして伝え、世の中を動かしてきた朝日新聞。)
http://ccce.web.fc2.com/d/as.html
〈「日本軍虐殺」捏造コラム 残虐なポルポトを「アジア的優しさ」と報道 「従軍慰安婦」捏造報道、等々〉

【毎日新聞問題の情報集積wiki - ひどすぎる】
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/
(毎日新聞事件とは 日本を代表する大手一流新聞社の毎日新聞社が、インターネットの自社サイト毎日新聞英語版にて、少なくとも9年以上にわたり日本人に対する誤解を招くような記事を英語で全世界に向けて配信していた、という事件です。)


最近では、あの橋元発言について、わざわざアメリカの国務省まで言って捏造報道をしています。(動画も参照)
(橋下氏は「慰安婦」と言っていますが、朝日はそれを【従軍慰安婦】と変更しています。)


私は、法律で中立性を求められているとはいえ、広告料を収入源としているメディアに公平さを期待する方が間違いだと思います。(そして、広告主は国内企業や日本政府だけとは限りません)
これについては、経済紙も同様です。
むしろ、某経済史は隣国で反日暴動が起るまでリスクを全く語らないどころか、市場の規模や将来性を過剰に評価して投資を煽っている分、悪質かもしれません。

しかし、メディアはそれを知られると不味いので、自由を標榜し弱者の見方の振りをしているだけです。
一部のメディアは、それを拡大して自由とか人権とか称して、外国人の権利を与えることさえ主張しています。



大使館のワインについては金額が不明なので判断できませんが、質問者様に同意します。
特に欧州の外交官は元貴族階級による事実上の世襲になっているので、一応経済大国といわれている(らしい)日本が、貧相な大使館や賓客への饗応をした場合、それだけで国益を損ないます。
(度肝を抜くほどの豪華さは過剰だと思いますが)

http://www.youtube.com/watch?v=ZnmMD_8MGzY

1:>記者会見での新聞記者は何を持って世論を代表したかのような発言をするのか?
2:>もっと客観的なヒアリング、インタビューに徹するべきという批判はないのでしょうか?

1ですが、発言とは「記者による質問」ではなく、インタビューへの回答についての「記者の意見」でよいのでしょうか。
「記者による質問」の内容自体に問題があることもありますが、それ自体はただの質問に過ぎない場合もあります。

回答1:以下の目的によります。
A:自分達(メディア)が世論を代表しているという印象を与え、相...続きを読む


人気Q&Aランキング