「教えて!ピックアップ」リリース!

投資と投機の差とはよろしくお願いしますm(_ _)m

A 回答 (8件)

「投機」とは、「市場の誤り(市場の評価値と本来の価値の乖離)」を探して、その乖離が将来解消されることに期待して資金を動かす行為です。



従って、「投機」を行うには「市場」が絶対に必要です。一方で、「投資」は、ある対象物の将来価値が高くなることに期待する行為なので「市場」は必ずしも必要ありません。「自分に投資する」ことはできても「自分に投機する」ことができないのはこのためです。

「投機」を「博打」と混同している人がいますが、もちろん全く異なります。「投機」は自由市場の機能そのもので、市場の評価値と本来の価値の乖離を解消させる力があるため、市場の安定化につながります。ロンドン市場とニューヨーク市場と東京市場で、商品の価値(例えば為替レート)が揃うのは、「投機」による動きがあればこそです。コストゼロでそういうことを達成できるので、為替は固定相場制から変動相場制に移ったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/09/27 04:36

投資は現金を何らかの投資商品に投下することそのものを意味し、投機は将来の価格変動を予想して、現在の価格との差額を利得する目的で行われる売買行為を意味します。


投機はターゲットを先行して決めた投資でもあり、短期的な利ザヤを狙う側面もあり、高いリスクを取って取り組む投資と言えます。
投機とはギャンブル性を含むことがあり、投機目的の投資なんて言い方もされます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/09/27 04:37

投資のうち、比較的短期に利ザヤを稼ぐような取引を


投機ということが多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/09/26 11:15

・言葉のとらえ方によります。



・上場株式の売買ということで考えれば、どちらも市場での売買を行うという点では同じです。

・投資=investment、投機=tradeととらえれば、前者は企業の成長に資金を投じる視点でお金を投じること、後者は売買で安く買って高く売るか、高く売って安く買うかを行うことです。

・投資の視点でも結果として投機、tradeと同様の取引になる場合もあり、両者の区別は意識の問題で実際の売買では区別することが難しい場合もあります。

・一般に、なにか「投資」はよいことで「投機」はだめ、博打、リスキーというような言われ方をすることがありますが、個人的には別にどちらがよくてどちらが悪いということはないと思っています。ただ、自分がどんなつもりで売買しているのかは常に意識して、ご都合主義で判断を変更したのすることがないように心がけています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/09/26 10:52

続き。



カレーライスとライスカレーも
追加します。
    • good
    • 1

投資は 将来利益出る物を買う



投機は相場の上下差額利益専門


つまり、誰かに投機したと言わない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/09/26 10:36

ご飯とライス、


ぼた餅とおはぎ位の違いです。
盛り蕎麦とザル蕎麦程の違いが
あれば良いのですが・・・。
    • good
    • 1

単なる言葉遊びですか?


 
投資も投機も紙一重ですよ。
一括りにすれば同じ穴の狢。
 
どちらもリスクはある。
投機とは、リスクの度合いが高いとはよく言われることですが、ではその線引きは?と問われれば?
 
本人の考え方次第でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/09/26 09:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング