最近、「けぶるような笑み」という表現を見かけましたが、意味がわかりません。国語辞書をいくつかあたりましたが、わかりませんでした。どのような笑みの時に使用するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足を拝見しました。


そうですねえ、どちらの辞書にも源氏の若紫の巻から例を取り上げているんですね?
そうすると時代感覚の基準として平安時代を設定していることになりますね。
平安の頃、貴族階級の人々の身だしなみとして衣に香を焚きしめたそうですが、いまどきの香水等と違って沈香だとか白檀だとか天然素材から利用できる自然な香りですよね。そして、この当時の人々の美意識として先にも申し上げたとおり「あからさまな」「激しい」ものは美しくないという感覚があった。ですから「におやか」という感覚にも当然「あからさま」「激しい」という感覚は含まれていなかったのではないでしょうか。言ってしまえば「ほんのり」と「におやか」の間に大差はない、と。こういうことになりましょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。時代背景を考えると、まったくおっしゃるとおりだと思います。大変参考になりました。

お礼日時:2005/04/07 16:01

初めまして。


早速ですが、この場合「ほんのり」があるないには、拘らなくていいのじゃないかと思います。
大辞泉と広辞苑ですか、違いは「ほんのり」か「におやか」ですね。どちらも香りにまつわる言葉ですね。要するに美しさの表現のバリエーションですから、それがどのように美しい笑みであるか、ということですよね。
日本人古来の美意識には激しいものむき出しのものは浅ましいダサい美しくないという感覚があります。こんにちの、これでもかと言わんばかりの風潮とは雲泥の差ですね。
「けぶる」ような笑み・・・つまり芳香があえかに広がるように、ほんのり匂やかな、ゆったりと、おうような、花のつぼみが、ゆっくり広がっていくような、春霞にけぶるような・・・
こんなイメージでしょうか。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。「ほんのり」に拘ったのは、「ほんのり」が程度を表す言葉だからです。「美しくにおやかに見える」の方には、あからさまではないといったニュアンスは入ってないような気がしますが、いかがでしょうか?

補足日時:2005/04/07 04:21
    • good
    • 0

煙るような笑みではないでしょうか?


ほんのり美しく見えるという意味ですが

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0566050 …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
確かに、大辞泉には、「ほんのりと美しく見える」という意味が載っており、例文として、「面付きいとらうたげにて眉のわたりうち―・り」〈源・若紫〉があげられています。
ところが、手元の広辞苑の第二版を見ると、「美しくにおやかに見える」という意味が載っていて、例文として、同じ文章である「眉のわたりうち―・り」〈源・若紫〉があげられてます。
つまり、広辞苑の方には「ほんのり」という部分がないのです。「ほんのり」があるのとないのでは、意味がかなり違うような気がするのですが・・・。

補足日時:2005/04/07 03:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ゾッとする」のに「ゾッとしない」って? どういう意味ですか?

酷いものや、不気味なものをみたとき、あまりに異質なものを感じたときに
「ゾッとする」と言いますよね?

これと全く同じ状況で
「ゾッとしない」と言うこと(書くこと)があるみたいなのですが、
いまいち、ピンときません。

例えば、少し前にあった小学校での児童殺傷事件を
伝えたニュース・キャスターが
「聞いているだけでも、あまりゾッとしない事件ですね」
と言っている場合などです。

これはどういうことなのでしょうか? 何かしらの国語的な決まりが
あるのでしょうか?
詳しい方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 
「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。

他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。

「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。怖い小説を読んでぞっとしたり、寒い冬に、おふろに入って、お湯だと思って冷水のシャワーを浴びると、「ぞっとする」ということになります。

他方、「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定ではなく、「感心できる・関心がない」という意味です。「怖くない・寒くない」という意味ではないのです。

>「聞いているだけでも、あまりゾッとしない事件ですね」

これは、聞いて、なるほどと思ったり、いかにもこれでよい、という風に感心できる事件ではない、という意味で述べています。「あまり感心できない事件ですね」と言っているのです。

A「最近の女子中学生は、電車の床などで、あぐらをかいて座っているらしい」
B「それは、何というか、ぞっとしない話だな」
C「それは本当か。だとすると、ぞっとするなあ」

Bは、「感心できない話だ」と答えていて、
Cは、「そこまでしているのか。怖い話だ」と答えているのです。

Cは、「感心できない」を通り越して、怖い風俗状況だ、と述べています。

以前に、似たような質問がありました(そこで、引用されているURLを、以下に引用します):

>No.246490 質問:かしらん?
>http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=246490

>なぜ「ぞっとしないな」と表現するの?
>http://homepage2.nifty.com/osiete/s466.htm

subways to understand 《z》
>http://www.linkclub.or.jp/~cdl-tska/subway/z-s.html

>ぞっとしないなあ
>http://www.hmt.toyama-u.ac.jp/gengo/petit/petit2000feb14.html
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=246490,http://homepage2.nifty.com/osiete/s466.htm

 
「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。

他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。

「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。怖い小説を読んでぞっとした...続きを読む

Q「青」と「蒼」の違い

ネット等でも調べましたがいまいちよくわかりません・・・
できれば専門家の方にお伺い致したく投稿しました。
「青」と「蒼」の具体的な意味の違いを教えて下さい。
ただ色の違いを表すものなのでしょうか?
どのような状況でどちらを使えばよいのでしょうか?
できればこれらそれぞれの漢字の意味や起源のようなものも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

こんにちわ。 文字を細々と研究しているものですが・・・(専門家ではありませんが)。
漢字の元祖-中国でどのように使用されているかが参考になると思います。

>「青」と「蒼」の具体的な意味の違いを教えて下さい。
*青:植物の葉っぱの"みどり色"の意。比喩的に"春" "若者" "青春"の意。"Blue"色の意。黒色の意。方位の"東"の意。

*蒼:草や木の葉の色。深緑色。濃い藍色。灰黄色。灰白色。天。人が大勢いるの意。白髪交じりの意。老いてなお力がある意。

蛇足で、
*藍:植物の藍。あい色。晴天の空の色。野菜の名前。
*碧:青緑色。浅緑色。宝石の青玉。春草の緑色。

>ただ色の違いを表すものなのでしょうか?
*正確を期すれば青と蒼は異なる色です。使用範囲も少し異なります。

>どのような状況でどちらを使えばよいのでしょうか?
*日本語ではほとんど混同して使用されているので大きな差は無いと思います。しかし漢字の元々の意味を意識しながら使い分ければより的確な表現が可能になると思います。

*青:
青田。青田買い。青信号。青海亀。青梅。青刈り大豆。青首大根。青菜。青桐。青蛙。青雨。青そこい(緑内障)。←(以上全て、ほんとうは緑色をしている)。
青臭い。青年。←(若い草のように未熟の者の意)。
綺麗な青色をしたスポーツカー。青天の霹靂。青海原。顔が青くなる。←(以上すべて、ほんとうに青い)。
青目(眼球の黒目の意)。←(中国語の意味の黒色の意から)。
青帝(せいてい)。←(春を司る天の神。東の方向に住むといわれる。色は"Green")。

*蒼:
BMWは蒼色が似合う(BMWのロゴマークは半分が濃い藍色です)。顔面蒼白(あおじろい顔、灰白色の顔)。蒼白の頭髪(灰白色の髪の毛)。古色蒼然(色あせて灰色になって古びた様子)。蒼天(濃い藍色の空、比喩的に春)。蒼樹(あおあおと茂った樹)。蒼浪(老衰して髪が乱れる樣)。蒼老(老いてなお力がある、枯れている)。

>漢字の意味や起源のようなものも教えて
*漢字の元祖-中国ではいわゆる「みどり」(Green) は「青」と書き表します。現在でも特に文語表現のときには「青」と書けば「みどり」(Green)のことです。会話でも普通に「青」と言ったら「みどり」を指します。そして日本語の「あお=青」/英語で言う"Blue"は「藍」と書き表します。

日本語で「みどり」"Green"と言えば昔から「緑」のことですね。そのむかし中国伝来の書物には当然ながら「みどり」の意味で「青」と書いてありました。当時、その書物を読んだ日本の学識者たちは「青」の字は「みどり」と理解しました。それが現代日本にも引き継がれている状況です。漢文の素養がある現代人、または漢文が必須科目で学校で習っていた時代の年配者は今でも「みどり」のことを「青」と表現する傾向があります。一番いい例が交通信号の"青色ランプ"です。『青信号になったら進みましょう』と言います。あれは実際は「みどり色」ですよね。進め信号は"Green"が世界共通です。日本人だけが"青信号"と現在でも表現している理由の典型例です。

銅の錆の緑青(ろくしょう)もそうです。あの錆色はどう見たって"Blue"とは関係有りません。"緑青"の中国語の意味は孔雀石のことで、マラカイトグリーンといって鮮やかな"みどり"色をしている宝石の一種です。銅の錆の色と同じだったので「ろくしょう」のことを緑青と書きました。「ろくしょう」は鮮やかな「マラカイトグリーン色」をしています。この熟語の青も「みどり」と深い関係が有ります。

現代の時代でも中国人が「青」の文字を見ると、まず"Green"を連想します。「青」の文字を見て"Blue"を連想するのは世界広しと言えども我が日本人だけではないでしょうか(爆)。中国人が言う「緑」は日本人の言う「みどり」よりももっと濃い「みどり」のことです。

以上、日本語の辞典にも出てくる熟語などを選びました(^^♪。

こんにちわ。 文字を細々と研究しているものですが・・・(専門家ではありませんが)。
漢字の元祖-中国でどのように使用されているかが参考になると思います。

>「青」と「蒼」の具体的な意味の違いを教えて下さい。
*青:植物の葉っぱの"みどり色"の意。比喩的に"春" "若者" "青春"の意。"Blue"色の意。黒色の意。方位の"東"の意。

*蒼:草や木の葉の色。深緑色。濃い藍色。灰黄色。灰白色。天。人が大勢いるの意。白髪交じりの意。老いてなお力がある意。

蛇足で、
*藍:植物の藍。あい色。晴天...続きを読む

Q「~ありき」の意味・使い方を教えてください

「結論ありき…」
「小説ありき…」

など、ありきという言葉はいったいどういう意味なのでしょうか?
馬鹿な質問ですみませんが、心優しい方教えてください!

Aベストアンサー

最近の会話の中では「それがあって初めて成立する」とか「それがあってこその○○」みたいな使い方をされますね。

「あなたのアプローチはまず結論ありきで、課程というものを軽んじているように思えます」みたいな。

いちばん有名なのは聖書の「はじめに言葉ありき」だと思いますが、これは#1の方がおっしゃっている本来の用法です。

Q帰路

帰路に着く、と言う言葉は
 「家に着いた」と言う意味でしょうか?
それとも
 「帰り始める」と言う意味でしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「帰路につく」の「つく(就く)」は動作の開始を表します。
したがって「帰り始める」の意味になります。
ちなみに下記辞書の用例にも掲載があります。

【就く】 Yahoo!辞書
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B0%B1%E3%81%8F&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=13697112358400

Q黒髪、焦げ茶髪のbrunet(ブルネット)って日本人でも使いますか?

私はよく黒髪のことをカタカナ言葉のようにbrunetと読んでいます。

金髪はblondで黒髪はbrunetですよね。東洋人はbrunetですが、東洋人でもbrunetというカタカナ言葉として使えますか?

例えば

「私は(日本人)ブルネットなの。」

といった感じです。

それともbrunetとは欧米人の黒髪だけを指すのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています.

そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. (マリリン/モンローは後者になります)

ただ、こちらでは、髪毛の色の名前はたくさんありますので、それによって、「いつも」同じ色の髪の毛の色を言います. dark blonde, light brown, brown, brunet等のように、色が濃くなります.

また、burnetといって、dark brownからbrownish blackまで含めた色合いもまとめていってしまう事があります. (このときは、髪の毛の色は4種となります、 blonde, brunet/brown, red, black)

こちらでは、この地毛と染めた色の事が普通に分かっていますので、運転免許書、ないし、パスポートでも、地毛ではなく、いつもの髪の毛、と言う事で、表記しています.

また、最近では、東洋人も染めますので、brunetと言う言い方で、ダークブラウンに染めていれば、その色の髪の毛をしている、と言うようになってきています. (I'm a brunet but the real hair color is black、と言う具合ですね)

よって、日本では既に髪の毛を染める、と言う事が普通になってきていますので、いつもの自分の髪の毛の色(地毛とは限らず)を言ってもいいと思いますよ. つまり、I'm a brunet. My hair color is brunet. I dye my hair brunet.と言うような感じですね.

また、日本女性の染めているダークブラウンはblack hairとはいえませんね. ですから、brunetのほうが自然なかんじです。

これでいいでしょうか。 分からない点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まず、blonde と言う単語ですが、eが付いたりつかなかったりしますが、ここアメリカではeをつけるのが普通となっています.

そして、そのブロンドの殆んどの地毛はブルネットなんですね. (子供の頃はブロンドでバービーのような毛であっても、十代になると色が変わってきます) でもそのような、染めたブロンドの人の事をなんて言うかというと、ブロンドの色であれば、ブロンド、と言うんですね. Natual blondeとbleached blondeの違い、となるわけですね. (マ...続きを読む

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q「昏い」の意味

恩田陸さんの「禁じられた楽園」をよんでいたら
「昏い」という言葉がでてきました。読みは「くらい」でいいのでしょうか?
意味を調べましたが よく分かりません。
「暗い」との違いを教えてください。
また調べる事が可能なサイトあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
何で読んだかは忘れてしまったのですが、
「暗い(くらい)」→主に明暗明るさを現す。
「昏い(くらい)」→日が暮れて暗いさま。転じて、心理状態を現すときに使う。
まるで日が暮れてあたりが真っ暗になったときのように気持がふさぎこんだ状態。先が見えずどうすればいいか戸惑っている様子……。
だったような……。
記憶なのでちょっとあいまいですみません。
     

Q「返事を返す」に「違和感を感じる」。

二つ質問があります。
「返事を返す」と、「違和感を感じる」についてです。

まず一つ目の「返事を返す」。
耳にして何だか不思議に思いました。
意味が二重になっている気がしたからです。
「返事をする」で良いのではないでしょうか?

それと二つ目の「違和感を感じる」。
これは、私は普段使っていました。
けれども、間違った使い方だとOKwebのどこかの質問で知りました。
気をつけようと思っていたのですが、goo辞書で調べたところ、
「違和感を感じる」と載っていました。
「違和感を感じる」は間違いなんでしょうか?正しいのでしょうか?

詳しい方、ご回答をどうかよろしくお願いします。
ちなみに下記がgoo辞書です。
http://dictionary.goo.ne.jp/

Aベストアンサー

#5です。
「返事を返す」ですが、
わたしの感覚では、変な表現ではないですね。
「そんな返事を返すなよ!」とかいう場合は、確実に変じゃないですね。

語源やことばの成り立ちまで考えると、意味が重複しているものでも、実際の使用方法を考えるとそうではない場合は多いと思います。
例えば「犯罪」は「罪」+「犯す」という複合語であるという意識は希薄で、単に「罪」という意味で使われています。ですから、「犯罪を犯す」はちっともおかしくありません。

#3様の紹介しているサイトの記事で「被害をこうむる」が重言の例としてあげられていますが、わたしは、「被害を被る」も「犯罪」の例と同様で重言ではないと思います。

さらに、文脈まで考えると重言ではないと言える場合はもっとあります。

例えば、「店を開店する」とだけ聞くとはっきりと意味が被ってますが、「サラリーマン向けの店を開店する」とすると、不自然ではなくなります。
ついでに言うと、字面は重複してないけれど、
「この店の開店は、来月頭にスタートする」というと意味が重複しているので変だと思います。

・「意味」が重複がしているかが重要

ということを考えたときに、

・「意味」って、文脈や使用背景によって、変わってくる

ということにも着目しないといけないと思います。


そもそも、重言については、別に間違いでもなんでもなくて、自然か不自然かの問題だと思いますので(意味がかぶってもいいじゃないですか!)、そんなに気にすることはないと思いますよ^^

#5です。
「返事を返す」ですが、
わたしの感覚では、変な表現ではないですね。
「そんな返事を返すなよ!」とかいう場合は、確実に変じゃないですね。

語源やことばの成り立ちまで考えると、意味が重複しているものでも、実際の使用方法を考えるとそうではない場合は多いと思います。
例えば「犯罪」は「罪」+「犯す」という複合語であるという意識は希薄で、単に「罪」という意味で使われています。ですから、「犯罪を犯す」はちっともおかしくありません。

#3様の紹介しているサイトの記事で「被害...続きを読む

Q「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでし

「けなげ」と「いじらしい」の違いがわかりません。教えていただけないでしょうか?例文があるとなお助かります。

Aベストアンサー

#2です

両方使う場合もありますね。「いじらしい」を更に強調する感じで。

形容詞である「いじらしい 【可憐しい】」には、弱いものが頑張っている様をみて感じるきもち。かわいいがかわいそう。など意味合いがあり、その中には形容動詞として「けなげ【健気】」も含まれてます。


例◆運動会のリレーで子供が、傷だらけでも頑張って走り回っているのが健気でいじらしい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報