私が事務の人にメールを送った際、「~については○○君に聞いてみてください」と書いたところ、事務の人から、それは先生口調で上から下へ向かう言葉使いだから、「聞いてみて頂けますか」とするようにと注意されました。

私は「~してください」は相手を目上に思って使う言葉だとも思うのですが(もちろん年下の人にも「~して下さい」と使います)、いかがでしょうか。「頂けますか」よりは尊敬の度合いが低いとは思うのですが。

今後の参考にしたいと思いますので、教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>私は「~してください」は相手を目上に思って使う言葉だとも思うのです



その通りです。「下さる」は目上の動作を表す、立派な尊敬語です。元来、目上が目下に「下す」のですから。(反対に、目下から目上には「上げる」ですね)
しかし、他の観点から言うと、好ましくない表現と言えるかもしれません。

以前、留学生に日本語を教えている人の文章に「現代日本語の待遇表現では、目上の人の動作に直接言及するのは失礼に当たる」とあるのを読んだことがあります。
留学生がレポートを書いてきて「先生、読みたいですか?」と聞くのだそうです。「君、それはおかしいよ」と注意すると、「読みますか? お読みになりますか?」などさまざまな表現に言い換えるのですが、その先生曰く、「あなたは読むか?」と聞くこと自体に問題があると。「読んでいただけますか?」と「(わたしが)いただく」形にするのがよい、とのことでした。

ご質問の「聞いてみてください」も、「(あなたが)聞いてみろ」を尊敬表現にしたものなので、事務の方はその辺が気になったのではないでしょうか?(命令形云々ということもあるかもしれませんが)

蛇足ですが、ご質問にあった、事務の方の
>先生口調で上から下へ向かう言葉使いだから
には苦笑してしまいました。教師だっていつもいつもえらそうな口を聞いているわけではないんですけどね
(笑)。
    • good
    • 3

私は文学部といっても普通の大学生ですが。



尊敬語だ謙譲語だといろいろ回答がありますが、その点については重複いたしますので..私の回答もjun102さんのものと同じです。

あとは丁寧さの聞こえ具合ということでしょう。

何かはっきりした基準があるわけではない(知らない)のに我々はTPOに応じて言葉を使い分けます。それも人それぞれの判断で。

私も
「~については○○君に聞いてみてください」
がただしいと知っていながら、ちょっと「なぜか」不足な気がしないことはない。。といった感じに。人によって受け取り方が違うのだと思います。

結果としては
「~については○○君に聞いてみてください」
でよい。ということです。
    • good
    • 3

 たとえば「聞いてください」という言い方は「聞く」という動詞に、元々は「上の方から下々に下されたい」という意味の「ください」という言葉を付け加えた謙譲語ですから、本来はけっして目上に対して使ってはならない言葉使いというわけでもないのです。


 むしろ、そんな風に細かく理屈っぽく分析して考えるなら「お聞きください」と「聞く」に「お」を付けるというのも元々はおかしい表現。

 しかし、こんなことを今の時代にウンヌンしてもはじまらない。とにかく今のこの社会では「聞いて下さい」ではやはり目上に対しては、多少は丁寧なものの、丁寧な内ではややぶっきら棒、やはりここは「お聞きになってください」と言うほうがより自然で丁寧でしかも常用語、もうこれだけ覚えて慣れてしまいましょう。

 これと似ているのが「帰られますか」「行かれますか」といった表現。「~られるか」という言い方は元々武士階級の「~られよ」という勧める意味の言葉、これがちょっと遠慮した表現として使われはじめたらしい。

 これも、こんなことは今となってはどうでもいいこと。こんな時には「お帰りになりますか」「お行きになりますか」といった表現で慣れてしまいましょう。 

 

 
    • good
    • 1

「~てください」でも確かに間違いではありませんが、「お(ご)~してください」だと謙譲語の典型的な間違いになってしまいますので、


この場合の原文を生かすなら「お聞きください」の形をとればよいと思います。
「お(ご)~ください」の形は「お(ご)~になって(なさって)ください」のいわば縮約形で正しい敬語です。
ですから、「~てください」は、「お(ご)~ください」の語がなじまないものにだけ使うようにした方が無難です。
    • good
    • 1

本当は「~して下さい」でいいのです。


理由は、「~して下さる」は立派な尊敬語で、その命令形が「~して下さい」ですから。
 しかし「本当は」と言ったのには、次のような現象があるからです。現代の日本人は「命令形」が嫌いなようです。たとえば
 いらっしゃる(「いる」「来る」などの尊敬語)→いらっしゃい(その命令形)
 召し上がる(「食う」の尊敬語)       →召し上がれ(その命令形)

「いらっしゃい」「召し上がれ」は昭和初期には、映画や小説の中にも上流階級の言葉として使われています。戦後、身分とか階級制度とかが無くなった(実際はその残骸は残っている。たとえば「目上」や「目下」)ので、お互い平等となり他人から命令されるのが不快に思われるようになった。それが多分「命令形の使用」と「尊敬語」を天秤に掛けて「命令形の使用」が重さを持ち、嫌われるようになった原因だろうと思います。
 その結果「頂きます」という謙譲語が不必要なほど多用され、使っている本人もどういう意味か分からないで使うという現象も見られます。

 また、「いらっしゃい」が命令形なので、「いらっしゃいませ」も使われますが、この「ませ」も実は「ます」という助動詞の命令形、そこで「いらっしゃいまし」が出てきました。この説明は……止めておきましょう。

 わたしなどは、目上はタンコブくらいしかないし、目下は人間以外。それらを除外し、身近な人や友人以外には一応尊敬語を使うことに決めています。謙譲語は必要な時以外は使いません。しかし、本当にうまく使っているかは我ながら疑問です(笑)

 しかし、世の流れに逆らえない人は、「聞いて下さるようお願いします」とでも言っておいたらどうでしょうか。
    • good
    • 2

文法的なことは詳しくわかりませんが、「ください」は少なくとも丁寧な表現であると思います。

(尊敬ではないですね)
また、仕事のメール(社内)は基本的に簡潔であるべきだと私も思いますので、必要以上に言葉を飾る必要はないと考えます。

ただ、相手との上下関係がどの程度かによって、メールの文面も少し変えた方がいいとは思います。

相手が、例えばずっと上の立場の部長だったりする時に「~してください」は違和感ありますよね。
自然に、「~して頂けますでしょうか」と書くのでは?
逆に、例えば「親しくさせてもらっている1年先輩」には「~してください」と書いてもさしつかえないと思います。

今回の事務の方が、あなたよりどの位エライのかはわかりませんが、少なくとも相手には違和感があった訳ですから、これからはアドバイスに従ったほうがよいと思います。
(こういう事を指摘してくれる人、貴重だと思います。)

ちなみに私なら、「~については○○君にご確認願えますでしょうか」とか「ご確認、お願いいたします」と書きます。
「聞いてみてください」は、あまり仕事メールっぽくない感じです。事務の方も、もしかしたらそう感じたのかもしれません。
    • good
    • 3

感じが“下さい”となっているように、もともとは上意下達を表すことばらしいので、厳密に言えば、指摘されたとおり間違いでしょう。



ただ、言葉は生き物で、現在では丁寧語で済ませられる場合であれば、目上の人につかっても問題ないでしょう。

ちなみに自分はやっぱり“下”という漢字に抵抗があるので、Mail等文字で書く場合は、“ください”と平仮名にしています。
    • good
    • 0

ください 「下さい」 を辞書で調べると 動詞「下さる」の命令形。

「くださいまし(ませ)」の略語となっていると思います。相手に対し請い求める意味です。
 おそらく、音(おん)の響き等から、丁寧な印象を受けていると思いますが、国語を勉強した人達にとっては、「下さい」が命令語であると判っていると思います。目上の人に対しては、「お願いします。」「頂けますか。」が良いと思います。
 私は、もうある年齢になっており、最近、お客様や上司への連絡文書を書く機会が多いのですが、これまで日々使っていた日本語を理解していないことに気が付き反省しております。mikegoさんは、事務の人から注意を頂き良かったのではないでしょうか。知らないまま年を重ねますと、私みたいに後で苦労します。
    • good
    • 1

単なる事務連絡は「簡潔明瞭」が原則ですから余計な敬語は必要ありません。



丁寧語を使用すれば充分です。
私の場合でしたら、「確認されたし」とします。

但し、〔私は「~してください」は相手を目上に思って使う言葉だとも思う〕これは敬語の分類としては「目上の人」に使用するには不適切だと思います。

事務の方の仰るとおりです。
    • good
    • 0

私は目上の人に「~して下さい」は使いません。

「~して頂けますか?」もしくは「~をお願いします」と言うようにしています。「~して下さい」というのは先生口調というか命令口調に近いと思うので、目上の人には「~して頂けますか?」と様子を伺いつつお願いするという意味でその事務の方は仰ったのではないでしょうか。

逆に目下の人に「~して下さい」はいいと思います。

日本語って難しいですよね・・・><;
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Q「~して頂けないものでしょうか」の使い方

 私は日本語を勉強中の中国人です。ある敬語の表現についてお伺いします。「~して頂けないものでしょうか」はどのような時に使うでしょうか。私は「~して頂けないでしょうか」ぐらいしか出来ないので、「~して頂けないものでしょうか」の使い方が分かりません。恐れ入りますが、教えて頂けないでしょうか。よろしければ、質問文の不自然な部分の添削もお願い致します。

Aベストアンサー

ひょっとすると、これまでの回答が三者三様で、どれが正しいのかといぶかしく思っているのかもしれません。
それで、重なることもありますが、私も回答をすれば方向性が見えてくると思い、回答します。

「~して頂けないでしょうか」と「~して頂けないものでしょうか」のどちらが丁寧であるか、ということは、私は差はないと思います。また、どちらがより謙遜している表現か、ということで言っても差はないと思います。

「~して頂けないでしょうか」は、もちろん「お願い」の表現です。
形から見ると、「頂ける」か「頂けない」かを問うているのですが、これは相手がするかしないかを聞いています。つまり、相手の意思を聞いている表現だということです。

「~して頂けない『もの』でしょうか」も「お願い」なのは同じですが、
こちらは、形から見ると、「頂ける『もの』」か「頂けない『もの』」かを問うています。この場合の「もの」は、お願いする内容をさしています。

例えば、
「車内に熱気がこもっておりますので、窓の近くのお客様は、窓を開けて頂けないでしょうか。」
と言うのは、(初夏のなどに)電車の車掌が車内放送で言いそうな表現です。
これは、「お願い」ですが、「するかしないか」を問うている形です。(相手の意思を聞いている。)

もし、
「車内に熱気がこもっておりますので、窓の近くのお客様は、窓を開けて頂けない『もの』でしょうか。」
と言えば、これは相手の意思を聞いているのではなく、「窓を開ける」という行為そのものを問題にしています。
つまり、
「窓を開けるということが、すぐに協力してくれるような たやすいことなのか、それとも拒否するほど大変なことなのか」
を聞いています。

相手の意思を聞くとは、相手の意思を尊重することです。
たとえ行うのにたやすいことであっても、拒否する自由を与えるのが相手の意思を尊重するということです。

逆に、「窓を開ける」という行為そのものを問題にするということがどういうことかを考えてみましょう。
当然、「拒否するほど大変なことだ」というような答えを望んでこの問いを発してはいないのです。
「行うのはたやすいです。」というような答えをすることを前提に問いを発するのです。(「お願い」ですから普通はそういう問答はしませんが、もし、相手が答えるとすれば、ですよ。)
つまり、
「拒否するほどたいへんなことじゃないでしょ。だったら協力してよ。」
という、詰問調の押し付けがましいお願いになります。


他の例:
「3000円貸して頂けないでしょうか。」:相手に拒否する自由を与えている。
「3000円貸して頂けないものでしょうか。」:"3000円くらいなら貸せるだろう(なんで貸してくれないんだ)。"という気持ち。


基本的には、「~して頂けない『もの』でしょうか」は乱用しないほうがいいです。
しかし、(相手がいやと言いそうだが)どうしてもしてほしい(無理なことをお願いする)場合にはこの表現のほうがふさわしいですし、「しないのはおかしい」と責めるときにもこの表現を使います。

ひょっとすると、これまでの回答が三者三様で、どれが正しいのかといぶかしく思っているのかもしれません。
それで、重なることもありますが、私も回答をすれば方向性が見えてくると思い、回答します。

「~して頂けないでしょうか」と「~して頂けないものでしょうか」のどちらが丁寧であるか、ということは、私は差はないと思います。また、どちらがより謙遜している表現か、ということで言っても差はないと思います。

「~して頂けないでしょうか」は、もちろん「お願い」の表現です。
形から見ると、...続きを読む

Q単元指導計画と学習指導案の違い

導入・展開・まとめがあるのは学習指導案でしょうか?
単元指導と学習指導の違いがそもそも分かりません。
教育実習にたくさん書くには学習指導案でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにするということも多々あります。

このようなコンパクトな指導案を「略案(りゃくあん)」と言います。

略案の学習過程を「導入・展開・まとめ」と区切る学校も多いと思いますが、その形にこだわらない学校もあります。

教育実習は、指導の基本を一通り勉強する必要がありますから、「単元指導計画」を含む「細案」を書かされることが多いと思います。

通常は、実習の初日に教務主任や研修主任または指導教官からその学校の形式が示されると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%B0%8E%E6%A1%88

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにすると...続きを読む

Q「~につけ~につけ」と「~にせよ~にせよ」の使い分けについて

 問い 勝つ(  )負ける(  )、とにかく精一杯やるしかない。
 以上の文の括弧に「~につけ~につけ」「~にせよ(にしろ)~にせよ(にしろ)」のどっちを入れたらいいでしょうか。「~につけ~につけ」と「~にせよ~にせよ」をどう使い分けたらいいでしょうか。「~にせよ~にせよ」組の文は後に意志や禁止などを表す文が来ると考えています。たとえば、
 ○ ビールにしろ、日本酒にしろ、飲んだら運転できない。
 ○ 雨にしろ、風にしろ、学校に行く。
のようなものです。そうすれば、問いの文は「~にせよ~にせよ」の方が正解ですね。
 でも、次のような文もありますね。
 ○ 自分でやるにせよ、人に頼むにせよ、これは時間がかかる。
 ○ 好きにせよ、嫌いにせよ、彼女が優れた歌手であることは皆が認  めている。
 意志・禁止とはいえないですね。困ってしまいます><
 

Aベストアンサー

「よきにつけあしきにつけ」=いいときにもわるいときにも
実際に両方の場合がある (あった) ことを前提にしています。

「いいにせよわるいにせよ」=いいかわるいかは問題ではない。
実際にどうであるかを離れて一般論として言うか、どちらか判らないときに、「どちらにしても」の意味合いで言うかのどちらかでしょう。

「雨につけ風につけ」=雨の日にも風の日にも (~だった)
「雨にしろ風にしろ」=雨が降ろうが風が吹こうが

(それと「~につけ~につけ」が使われる場合は限られています。)

「問い」の場合は当然「~にせよ~にせよ」ですね。

Q教育実習で、研究授業の指導案を間違えてしまったとき

明日、研究授業があります。昨日指導案を作成し、全員の先生の机に配布しました。昨日の時点で指導教諭と何度も見直しをしたのですが、今日、指導案に間違いを発見してしまいました。

研究授業の指導案を既に先生方に配布した後に間違いが見つかった場合、どうすればよいのでしょうか?もう一度回収し、修正すべきですか?ただ、明日の1時間目に研究授業なので、回収し修正するとしたら明日の朝になります。それに、回収できない先生もいるかもしれません。

どなたか経験のある方お願いいたします。

Aベストアンサー

 間違いの種類にもよると思うのですが、以下のように考えてはどうでしょうか。
(1)展開上の問題ならば、あくまでも「指導案」は「案=プラン」ですから、授業中に変更してはいけないということはありません。授業の展開はむしろ、児童・生徒の応答に応じて変更し、臨機応変に対応することが望ましいと考えます。指導案通り授業が進めば、それはそれで素晴らしい授業ですが、指導案を金科玉条の如く固定的に捉えるのは如何なものかと思います。
(2)誤植、明らかな誤りの場合は、できれば訂正版を配布した方がよいと思います。その場合、回収するのが困難であればせず、破棄してもらうよう依頼し、新しいものを「訂正版」として全職員に配布すればよいと考えます。明日は指導教官にお願いして早めに出勤して、印刷をする位の態度は必要だと思います。そのくらいのことは、指導教諭ならばOKしてくれると思いますよ。
とにかく、明日の研究授業自信をもって頑張ってください。

Q「そう思っていただければ幸いです」の否定形は?

言葉とは難しいもので、普段何気なく使っている表現なのに、ふと別の角度から考えるとわけがわからなくなってしまうこともあるものです。
これもそのひとつだと思いますが「そう思っていただければ幸いです」の否定形は何でしょうか。つまり文末に「幸いです」を使って「そのように思ってほしくない」という意味のことを表現するには、どうすればいいのでしょうか。あるいはその形で否定形にするのは無理なのでしょうか。
ある人が「そう思っていただけなければ幸いです」と書いていましたが、その表現に違和感を覚えるのは、私の考えすぎでしょうか。

Aベストアンサー

>「そう思っていただければ幸いです」の否定形は?
つまり文末に「幸いです」を使って「そのように思ってほしくない」という意味のことを表現するには、どうすればいいのでしょうか。あるいはその形で否定形にするのは無理なのでしょうか。

      ↓
指摘されてみれば確かに不自然な感じを持ちますが、普段の何気ない会話・文章表現では、シチュエーションと前後の脈略・文節、イントネーションや表情&態度で、全体のニュアンスを決めたり、意味や意思を伝え強弱を補完するように思います。

つまり、例示された内容では「いただければ・・・幸いです」と尊敬や丁寧・謙譲の意味合いが強く、それは肯定的・賛意を顕在的にも潜在的にも伝え表示するので、否定的な印象や受け止めには適さない、否定形には使いづらい言葉だと思います。

強いて言えば、「幸いです」の前の部分で否定の文節・言葉を表示・使用する事で、受け止めと反応としては否定の意思・意図を伝える事に成ると思います。

例えば、反対とか否定の心・気持ち・意見を記載&述べ、それに続く文節・言葉に「ご賢察頂ければ幸いです」を続けると、尊敬や丁寧や謙譲のスタンスは変えずに、否定する意思を表示出来るのではと思います。

>「そう思っていただければ幸いです」の否定形は?
つまり文末に「幸いです」を使って「そのように思ってほしくない」という意味のことを表現するには、どうすればいいのでしょうか。あるいはその形で否定形にするのは無理なのでしょうか。

      ↓
指摘されてみれば確かに不自然な感じを持ちますが、普段の何気ない会話・文章表現では、シチュエーションと前後の脈略・文節、イントネーションや表情&態度で、全体のニュアンスを決めたり、意味や意思を伝え強弱を補完するように思います。

つまり、例示...続きを読む

Q新任の先生も指導案を全部作るのですか?

ご回答者さま こんばんわ。

タイトルの件について、質問をさせてください。

現在、小学校教員を目指しております。

試験に合格し教壇に立った場合、
いきなり全教科、全コマ数の指導案を作成するのでしょうか。

それとも、指導案は予め用意されており、
数年の経験を経て自作の指導案を作成するのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

これは、通常週末に管理職に提出します。その時、新卒の人はそれなりに細かく見られ、「指導」が入るものです。

指導案は、人に公開する授業の場合に書きます。通常ですと、研究授業ですとか公開授業(学校公開=授業参観も含む)くらいしか書く機会はありませんが、新卒の場合ですと、初任研がありますから、人に授業を公開する機会は年に数回あります。その都度授業案は必要となりますから、ベテランよりは書く機会は多くなるでしょう。

日常の授業自体は、通常、教科書の他に教師用指導書、赤本(教科書に赤字でポイントが書いてある本)を使って「教材研究」をした上でノートや先ほどの週案簿にメモ書きをする程度の場合が多いですね。

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

こ...続きを読む

Q「逆鱗に触れる」っていう言葉は目上の方に対して使う言葉なんですね。 友達を激しく怒らせてしまった場

「逆鱗に触れる」っていう言葉は目上の方に対して使う言葉なんですね。

友達を激しく怒らせてしまった場合に使う慣用句はないのでしょうか。

知ってる方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

痛いところをつく
(自分でも自覚している欠点などを、わざわざ指摘してしまった時など)
 あ、ごめん、痛いところを突いちゃった?ごめん、ごめん。

古傷に触れる
(思い出したくない思い出、昔の記憶などにうっかり言及してしまった場合など)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆鱗に触れるというのは、目上の人に逆らって怒らせてしまう、「逆らう」というところに力点のある言葉だと思います。しかも、怒らせたら自分を破滅させるほどの力のある相手だということを強調しています。
いずれも友だちには当てはまりません。

怒っている様子を形容するなら、怒髪天を突くなど、また色いろありますが、怒らせてしまった行為を言いたいのですよね?
でしたら、上記2つあたりが適当かと。

Q学習指導案の書き方

私は来月、英語科の教育実習にいくのですが、学習指導案の書き方、何を、どう書けばよいのかが、よくわからなくて困っています。大学では指導案の書き方の指導がなく、本や参考書を読んでもいまいちわかりません。実際に自分で書いてみましたが、独善的な気がします。例えば、単元の目標等はあらかじめ設定されているのでしょうか。それとも、自分で設定して決めるものなのでしょうか?わからないことが多くて困っています。

Aベストアンサー

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生徒は』とはつけなくていいです。

それから『学習過程』。ここでは1時間の授業で実際なにをするか、時間のわりふりも含め、表で書きます。
表の項目は、『学習内容(先週までの復習・Lesson5・等小タイトルを書く)』、『学習活動(生徒が具体的に何をするか、生徒主語で書く)』、そして『支援と評価』ここでは考えられる支援と評価を具体的に書きます。たとえば英語だったら『朗読させ、よく読めた生徒をほめる』『文法が飲み込めていない生徒には、このようにアドバイスする』などです。これを授業の『導入』『展開』『まとめ』に区切って、わりふっていきます。

長くなってしまいましたね。さらに、分かりにくいかも・・・。この指導案はあらかじめ作っていかなくてはならないものなのでしょうか? 研修をしてから作っていいものであれば、教習先の担任の先生に相談してもいいかと思います。

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生...続きを読む

Qこの字を読んで頂けませんか?

この字を読んで頂けませんか?

友からこんな字の手紙をもらいましたが、読めません。
どなたか読んで戴けませんか?

Aベストアンサー

変体がなです。

宇希東里幾与此 うけとりきょひ

ですね。

http://www.efontshop.com/feaddfont/help/hentaikana.jpg

http://www10.plala.or.jp/koin/koinhentaigana.html

が参考になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング