昔のマンガやアニメでコンピュータというと象徴的に出てくる表示装置がありますね。数センチくらいの四角の素子が縦横それぞれ数十個ならんでランダムに点滅しているパネルです。

アレは実在したのでしょうか? そうだとしたら何のためだったのでしょう? CPUの状態の表示かなとも思いますが、それにしてはビット数が多すぎるしあの表示の仕方で役に立ったのか…。少なくとも私がメインフレームやミニコンに触れ始めた70年代末ごろには、ああいうものは装備されていませんでした。

それとも想像上のものなのでしょうか? だとしたら誰か最初に考えついた人がいるのでしょうか?

あの表示装置についてご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 


 
>> 数センチくらいの四角の素子が縦横それぞれ数十個ならんでランダムに点滅しているパネルです。 <<


1.
 この質問を拝見したあと、'60年代現役だった方が「'60~'70年代のコンピュータを一般人が見て 四角く点滅する光景が印象に残るとすれば これでしょう」と現物を見せてくれました。当時のコンピュータに広く使われてたもので、オリジナルは米軍用らしく、当時の国産コンピュータ各社も そっくりな国産品を作ってたそうです。
 検索で年代証拠的な絵がありました。↓のコンソール。
http://www.capcomespace.net/dossiers/cinema/imax …
 この映画(アポロ13)の撮影に使われた機器は'60年代当時のものだそうです。
(参考までに;表面に見えてないスイッチ本体は 細長い円筒形。円筒の底に端子が多数あり。表面は四角い箱状。箱の中に小電球が4個あって色フィルタ付き。 表示だけのと、箱自体が押しボタンスイッチの 2種類がありました。)


2.
 当時、会社がコンピュータを導入するのは旧弊充満な体制を刷新する意図が濃かったそうで(これが話のメインで面白かったでしたが省略)、点滅ランプなども意図的に最新鋭な機械の雰囲気がするように設計したのだそうです。
 中央処理装置(CPU)の盤面がにぎやかなのは 多数のスイッチやダイヤル、細かく書かれたレジスタの名前やビットの番号ゆえで、実装されてるビット表示ランプは 点滅が超高速だから暗くボーッと光って見えるだけで、ご質問の「アニメによくあった光景」にはほど遠いとのことでした。
 そして、アニメのように「光るパネルをタイル状に並べたド派手なコンピュータ」は存在しなかったようです。例えばまず最初の商用コンピュータ IBM-650 からしてそんな形態をしてない。
http://www.thocp.net/hardware/pictures/ibm_650.jpg
 次に'60年代一世風靡した名機 IBMシステム360。現在の眼で見ると寒々しいですね
http://www.tamabi.ac.jp/idd/shiro/hist/ibm-360.gif
その上位機種の中央処理装置(CPU)の外観。下部に上記の四角い表示スイッチが見えます
http://www-5.ibm.com/es/press/fotos/mainframe/i/ …
モノクロでピンボケの接写は迫力ありますが、(下位機種ですが)客観的に見ると‥
http://ed-thelen.org/comp-hist/vs-ibm-360-30.jpg

 これらを見ると '60年代でもアニメと全然違いますね。盤面が派手なのは60年代までで、この後 IC化と共に タンスや引き出しのような 地味なただの箱になります。

多くのアニメやマンガに描かれたのは、それなりに社会的な認知があった図式だったからでしょう。マイナーなものでは無かったと。(ひょっとして、テレビのCMとか クイズ番組の舞台装置とか。)


3.
 昔のSF映画によくあった「壁一面にランプがびっしりなコンピュータ」の原風景は何かという話;
 おなじみのエニアックの一部(博物館)
http://photo2.si.edu/infoage/eniac.gif
 下に整然と並んでるのは配線を差し込む穴で関係ありません。ランプは中央上部の10×10個ある小さな点々です。縦に0,1,2‥‥8,9 の数字が書いてあって どれか1つだけ点きます。つまり10桁の数字表示器、いわば電卓の10桁表示です。
 で、
必ず出る話「莫大な数の真空管が」というやつです
http://histoire.info.online.fr/images/eniac4.jpeg
 壁一面の真空管。真空管は電球のように光るから、「壁一面のランプ」のイメージに合いそうですね。 画面で、人が面してるのは 故障したときすぐ差し替える部品棚だそうです。高熱と球切れ故障の続発に苦められて 電圧を低くして使ったのでフィラメントは暗かったそうですが、この光景が「アニメのシーン」のふるさとでしょうか。 しかしただし「この機械は限られた軍関係者しか目にすることは無かった」そうで。もし後年 陳腐化した後に公開されたとしても アニメやマンガに描かれたかどうか。。
 可能性として「原爆の計算」とかの宣伝ニュース映像などで 社会的な共通常識になったのかもです。たとえば昔の大衆マンガの人工衛星がスプートニクの形で描かれたように。

 他に、エニアックの前に、今ではあまり有名ではない「ハーバード・マーク1,2,3」というリレーだけで作られた計算機械がありまして、これは他大学にもオープンされてたので、こっちの映像が社会によく知られてたかもです。
http://page.mi.fu-berlin.de/~anske/referate/Aike …
http://www.feb-patrimoine.com/Histoire/invente/i …
 ホテルの受け付けのようw
http://www.csm.ornl.gov/ssi-expo/P2-HMk2.jpg
 大仕掛けな装置です
http://ed-thelen.org/comp-hist/TheCompMusRep/TCM …
 現存する一部(博物館)
http://www.karlw.citymaker.com/i/Harvard%20Mk1/M …
その左端。(常数設定らしい。)
http://www.karlw.citymaker.com/i/Harvard%20Mk1/D …


 これはナチ時代ドイツのコンピュータ Z3。紙テープのプログラムを読んで動きます。爆撃で破壊されたそうです。
http://irb.cs.tu-berlin.de/~zuse/Konrad_Zuse/img …
 光ってる1枚1枚がリレーです。電磁石でピクピク動くスイッチですね。
ランプではないけどこういうリレー機械も「壁一面に」のイメージに寄与したかもですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な説明と写真の紹介、大変参考になりました。

あのパネルそのものはなかったけれども、その元になりそうな縦横に素子が並んだ機器はいろいろあったのですね。マンガのパネルはやはり想像の産物でしょうか。広い面積を単純な図形で埋められるので、背景として描きやすかったということもあるのかなと思えてきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/10 16:06

> 少なくとも私がメインフレームやミニコンに触れ始めた70年代末ごろには、ああいうものは装備されていませんでした。



70年代に富士通から、MAXというマトリックスコンピュータが販売されていました。 CPU4台からのバスとチャネルのバス(8か16本)を接続する、交換機のような部分のパネルはあんな感じです。 交換機といってもリザーブ(接続予約)状態にあるランプは同時に点灯するので、けっこう華やかに見えます。
今でも数百ギガビットシリアルバスの、マトリックスコンピュータが売られています。 フルカラーLEDがたくさん(256個?)並び、通信負荷量で色が変わるので綺麗なものです。(注:私は富士通の「まわしもの」ではありません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

70年代の富士通のマトリックスコンピュータですか、検索したのですが見つけることができず残念です。そのパネルを見てみたいものですが…。いずれにしても近いものが実在したということですね。

もうすこし探してみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 14:18

1960年代くらいまでのコンピュータは


真空管でした。
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/eniac …

メモリーのフリップ・フロップも真空管
で構成していたわけですが、真空管の
寿命は半導体に比べて非常に短くて
よく壊れていたわけです。

メモリーが壊れると、計算がおかしくなり
ますから、各ビットが正常に動作
しているかモニターする表示ボード
があったんです。

http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/baby. …

 のしたのほうのCRTによる表示というのが
その1例です。

>それぞれ数十個ならんでランダムに点滅しているパネルです。

 表示装置にはいろいろあったようですが、
1940年代などメモリーは数十ビット
ですから、1ビットの1,0を1つの
ランプで表示してもそういった
単純な点滅パネルですんでいたんですね。

参考URL:http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/baby. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお!このCRT表示はかなり近いイメージです。これを漫画的に拡張するとあのパネルになることは想像できます。

ただ、マンガのパネルは記憶素子としての必要以上に大きいのと、別な作家のものでもあまりに似通っているので、誰か「元祖」がいるのではないかと思うのですが。

それにしても、CRTが記憶装置になるとは知りませんでした。勉強になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 14:17

参考URL8月29日ドイツ博物館。


IBM360の写真です。1964年発表です。
16個×2段のランプがありますよね。
アドレス16ビット、データ16ビットだと思います。
ただ、16ビットだと65kバイトしかサポート出来ないので
ちょっと計算が合わないのですが。(^^;

私の使っていた同じ1964年発表のIBMのミニコンはまさに上限が65kワードで
ランプはこれとよく似ていました。

縦横何十個と言うのはCE(カスタマー・エンジニア:保守技術者)がレジスタ類等を
見る為のもので表に出ていなかったと思います。
見栄えがいいので映画などでは誇張しているのでしょう。
いかにもコンピュータが忙しく動いているように見えますから。

余談ですがディスク主流になってもコンピュータ室というと磁気テープがくるくる回る
写真や映画を撮っていたのを思い出します。

参考URL:http://www.apollostar.com/k-ishii/TripToGermany. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

磁気テープもやはりコンピュータの象徴でしたね。自分のプログラムであれを初めて自在に回せるたときは、いかにも「コンピュータを動かしている」という気分になったものでした。

65kのカベもありました~。私の場合はパソコン(いやマイコン?)でしたが…。

やはりマンガや映画はレジスタのビット表示の拡張でしょうか…。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 14:16

例えば自動車のメーターパネルでも診断機能を使うと点灯や消灯によって現在の状態をあらわせますよね。



自分は昔対空ミサイルのレーダー手をやっていましたが、確かに壁中スイッチやランプで埋め尽くされています。

でも漫画みたいに点滅されたら瞬時に把握できるとは思えませんが。

マニュアルと照らし合わせれば理解可能かと思われます。(ついていけませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、レーダーともなると状態を表すランプの数も多いのでしょうね。

ただ、昔の表示装置としてああいうパネルが実在したのか、それとも実際の装置にヒントを得た漫画的想像であったのかに興味がありまして…。マンガに出てくるあのパネルは皆とても似ているので、創作なら誰か最初にやった人がいるのではないかと思うのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 14:16

コンピュータ自体と言うよりも,


工学的な何らかの計測によるGO/No GOの表示機とか,
そんな類ではないかと思います.

こういうものでしたら,当時からもありましたし,現在でもあります.
正常ならランプが消えていて,異常ならつく.
又はある規定値以上なら点灯する,入力があれば点灯する,とか.

そういえばLANカードのLEDもそんな感じですよね.

たぶん,モニタに集中的に表示させると言うことが,まだ主流ではなかった時代の発想,
又は1ビットの表示機を並べるだけで十分だと言う設計思想ではないかと思います.

訓練すれば,沢山の点灯の並びがパターン認識されて,
ぱっと見ただけで状況が把握できるというメリットがあるかも知れません.

そう言えば,松本零士の描く機械は,メータで埋め尽くされていますよね.
いまそれを見てもなんだかカッコイイ.
でもこちらの方が,現実にはあり得なさそうな...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、コンピュータの一部と考えなくてもいいですね。何らかの計測器の表示であってもいいのですが、どうもコンピュータというと出てくるような気がしまして…。いずれにしてもああいうパネルが実在したかどうかが気になってます。

真っ暗な中に浮かぶメーター群、雰囲気ありました。松本零士描くところの操縦室にも、件のパネルが出てきますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/08 14:15

パソコンはじめたころのアルテア 80系、とか、KIM 65系などのにはビットのステータスを示すランプがありましたね、、


スイッチをぱちぱち動かしてマシン語を入力してランプの点滅で確認。お金のある方はテレタイプ社のASRでテープで入力していたようです。
ミニコンクラスでも16ビットはあったはずですから当時のメインであればその倍の数のランプの点滅があるはずと考えます。70年代ではもう、CRTがありましたから、ランプの点滅は必要なかったかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビットのステータスを示すランプ、ありましたね。それの拡張でしょうか。実在のものなのかどうかが気になりますが…。あったにしても70年代より前ということでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 23:08

会社でぐるぐる大きいテープが回っていて、


総務の友人に聞いたら、テープの細い方に
偶数個の穴があれば偶数パリティで、
奇数個あれば、奇数パリティです。
といっていました。
当時、パソコン通信をやっていたので覚えています。
誤りの情報でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は一番古くてパンチカードで、紙テープを使った経験はないんですが、先輩で紙テープを読める人がいたと聞いたことがあります。あの表示装置と紙テープ、この辺はセットのようですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 23:04

ありましたね


懐かしい
今でもアメリカ仕様の番組はランプが多い

昔授業で、紙テープ(コンサートで使う者ではありません)と同じ配列と聞いた覚えがありますが
ウルトラマンなどで、あのランプをみながら
「キャップ、怪獣が・・・」と読んでいましたからね

お役に立てなく申し訳ありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

紙テープと同じ配列としたら、やはり実在のものなんでしょうか。ウルトラマンでも出てきましたか、憶えていませんでした。あれを見て怪獣の情報が分かるとしたらすごいですね。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/07 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメンバサーバーコンピュータって何?

NT4.0Serverで、NetLogonイベントID5722が発生し、その原因を調査していると、『ワークステーションおよびメンバサーバーコンピュータのアカウントが・・・』とあったんですが、メンバサーバコンピュータとは何者かがわかりまん。どなたかご存知の方、ご伝授願います。

Aベストアンサー

メンバサーバとはドメインコントローラになっていないNTサーバのことです。別名スタンドアロンサーバです。

ドメインコントローラとは、ユーザ認証しているサーバです。
プライマリドメインコントローラ,バックアップドメインコントローラの2種類があり、バックアップはプライマリと同様ユーザ認証をするほか、プライマリが故障したときにプライマリに昇格するなどが出来ます。

Q発光ダイオード(発光素子) フォトダイオード(受光素子)

発光ダイオード(発光素子) フォトダイオード(受光素子)

発光ダイオードの順電流を固定したとき、2素子間の距離とフォトダイオードの回路の出力電圧は反比例の関係にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1 です。
光量の減衰ですので、No.2 様の指摘の様に距離の「2乗」に反比例しますね。

昔、適度なフォトカプラが無く自作して利用の際、低輝度側が底打ち状態や変動する現象の問題で悩んだ事があります。
原因は受光側に外光が漏れ込み、黒の遮光材で作った筒で発光側と受光側を結合し外光を遮断したのと、
増幅回路中にある波形クランプ用Diが透明のガラス管封じでフォトダイオード動作しており周囲の明かりで変動したので、黒マジックで外装を塗り潰した経験があります。

部品種類が豊富な現在は無用な心配事ですが、参考になれば幸いです。
 

Q\\サーバー名¥コンピュータ名 の入力法

Outlook2003の半角英数モードで、¥を入力すると、/(スラッシュの反対向きの記号・・・読み方分からないので)で表示されます。なぜなのでしょうか?

「\\サーバー名\コンピュータ名」を表示するには、どうすれば良いのでしょうか?
\\~の部分にカーソルを持っていくと、リンク先に飛ぶようにしたいので、どうしても「半角英数の\マーク」を記入したいです。

Aベストアンサー

> /(スラッシュの反対向きの記号・・・

バックスラッシュは、¥記号の欧米表記と考えてください。
コンピュータ上で扱える限られた文字数の割り当ての経緯でそういう事になってます。


> リンク先に飛ぶようにしたいので、

メールの中での問題なら、試しに自分宛に送ってリンクを確認して見ては?
日本語フォントが適切にインストール、設定された環境であれば、きちんと¥で表示されます。

QWDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との比較について

WDX(波長分散型X線分析装置)とEDX(エネルギー分散型X線分析装置)との違いについて教えてください。
*:蛍光X線ではなくSEMに付属するものです。
WDXはEDXと違いピークの分離能がよいことはわかるのですが、感度もやはりWDXの方がよいのでしょうか??
その他、WDXとEDXの比較が乗っているサイトとかわかる方
は、大変面倒とは思いますが、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

EDX(SEM計装)しか使ったことがないので,比較ができませんが,参考URLや下記サイトが参考になるでしょうか.
http://www.muroran-it.ac.jp/mat/momo/epma/epma.html
メーカーに問い合わせるのがいいと思いますよ.
取り急ぎ.

参考URL:http://www.dent.niigata-u.ac.jp/epma/edxwdx.html

Qサーバー用コンピュータを普通にPCとして使う上で問題はありますか?

CPU:Pentium4 2.8G
HDD:S-ATA 160G
RAM:256MB (1x256MB, 1R) PC3200 DDR2/400MHz SDRAM DIMM ECC
インテル(R) E7221 チップセット 800MHz フロントサイドバス
PCI スロット (3) PCI 32ビット/33MHz, (1) x8 PCI-Express, (1) x1 PCI-Express
対応OS:Microsoft(R) Windows(R) Server 2003、Red Hat(R) Enterprise Linux(R) ES

この高性能サーバー用コンピュータを普通にPCとして使う上で何か問題はありますか?
OSとしてWindowsXPは使えますか?

Aベストアンサー

現在注文中です^^;
6台目として使用予定のためいろいろ調べています。

>マザーボードを交換すればAGPもしくはPCIExpressX16のグラボを搭載してつかうことは可能でしょうか?

マザーの画像を見ましたがネジ穴の位置が違うようでムリですね。ネジ穴を立てることができれば載るでしょうけど。
バックパネルもダメですね。電源も微妙に配線違うかも。

コネクタの仕切り一部除去するとx16の一部のグラフィックは使用でき、している人もいますね。
保証の関係でグラボ側削ったつわものもいますね。
ただx8の速度までしかE7221は対応していません。
シルクにx16とある以上、他のマザーと共用の可能性もありますね。

できなければPCIバスの方で増設するしかありません。

ECCありなしは混在できないと思います。
PC2-3200なのでメンテ用に保管しておいてPC2-4300を2枚買うか、PC2-3200をヤフオクや中古ショップで探すのがいいかと。
ECC付きはあまり流通してませんが。
ECCなしのPC2-4300で動作報告はありますね。

VGAは2003サーバー用がXPでも使えるとの話ですが。
LANはBroadcom公式でBCM5751で落とせばいいかと。

参考URL:http://downloadfinder.intel.com/scripts-df/Detail_Desc.asp?agr=N&Inst=Yes&ProductID=1857&DwnldID=7957

現在注文中です^^;
6台目として使用予定のためいろいろ調べています。

>マザーボードを交換すればAGPもしくはPCIExpressX16のグラボを搭載してつかうことは可能でしょうか?

マザーの画像を見ましたがネジ穴の位置が違うようでムリですね。ネジ穴を立てることができれば載るでしょうけど。
バックパネルもダメですね。電源も微妙に配線違うかも。

コネクタの仕切り一部除去するとx16の一部のグラフィックは使用でき、している人もいますね。
保証の関係でグラボ側削ったつわものもいますね。
ただx8...続きを読む

Q液晶製造装置とタッチパネル製造装置

各製造工程の液晶製造装置は、各タッチパネル製造工程に応用可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

I液晶パネル製造工程上のガラス洗浄、フォト・レジスト、シール塗布・スペーサ散布・張り合わせ、圧着・シール硬化、以降の基盤関連やセット工程などは応用可能でしょうね。
ただ実際のところ、指やペンで接触する程度のタッチパネルの製造に、液晶パネル製造時に必要とされるほどの精度は必要じゃないので、同レベルの製造装置はまったく必要としません。
また、現在大型化している液晶パネル製造装置の規模も、必要ないでしょう。

つまり、「応用」という程の事では無く、既存技術で可能であるという事です。
そのタッチパネルに、何らかの特殊技術を付与しようとする場合には、話が変わるかもしれません。

QLinuxサーバーのバックアップ&他のコンピュータへコピー

(1)Linuxサーバーでバックアップを取りたいのですが、
どのような方法がありますでしょうか?

バックアップはテープやMOなどではなく、ハードディスクに
取りたいと考えております。
#dumpコマンドで出来るというのは聞いたことがあるのですが、
#それが分らなかったもので・・・・

(2)ネットワークで繋がった他のコンピュータ(Linux)へデータをコピーしたいときには
どのようなコマンドを打てばいいのでしょうか?


どちらか一方でもかまいませんので、ご教授ください。


使用OS:Redhat Linux 7.1J

Aベストアンサー

HDDにバックアップをするのであれば、tarを利用すればいいかと思います。
以下のURLにマニュアルがありますので目を通してみてはいかがでしょうか。
http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_tar/man1/tar.1.html

また、他のコンピュータにデータをコピーする場合はrsyncが便利だと
思います。
http://www.infoscience.co.jp/technical/rsync/

よろしければご参考ください。

QACサーボモータのホール素子について

ACサーボモータを駆動するには、固定子のコイルのON/OFFタイミングを切り替える必要があります。
切り替えるタイミングは、ACサーボモータ内にホール素子が内蔵されていて、モータアンプ側にホール信号を出力していると考えていました。

[質問]
現物を見ると、ホール信号がケーブルのピンアサインを確認しても見当たりません(インクリメンタルエンコーダ信号は有る)。どうやって、タイミングをはかっているのでしょうか?
もし、インクリメンタルエンコーダの信号からタイミングを計っているとしたら、演算処理に時間がかかってしまい、ON/OFF制御には間に合わないような気がします。また、インクリメンタルエンコーダ信号は、絶対位置が分からないため、タイミング信号には適していないような気がします。

Aベストアンサー

現在の産業用ACサーボモータのエンコーダ信号の多くは昔ながらの
90度位相差AB信号+モータコイルUVW相のパルス列信号とは限りません

http://www.tamagawa-seiki.co.jp/jp/c30001.html#a4
RS485通信バスの2線式シリアル通信で
モータの絶対位置現在値+UVW信号をデータ伝送します
1回転17bit, 多回転16bitとかのエンコーダは皆そうです
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/servo/nproduct/mr_j3/index.html
http://www.e-mechatronics.com/product/servo/index.jsp

ただ必ずしも全てがそうとは限りません
昔ながらのAB+UVWのサーボモータも生き残ってます
どれがどうなのかは各メーカ、形式で違いますので一概に言えません
同一メーカでもAB+UVW式、通信バス式、
そして更にはセンサレス(エンコーダレス、文字通りエンコーダが無い)まで
概ね3種類有ります


また、エンコーダ信号伝送プロトコルには業界統一規格はありませんので
メーカ毎にみな違います(メーカ相互の互換性は無い)
現在お使いのモータメーカに直接問い合わせる以外の選択肢はありません

現在の産業用ACサーボモータのエンコーダ信号の多くは昔ながらの
90度位相差AB信号+モータコイルUVW相のパルス列信号とは限りません

http://www.tamagawa-seiki.co.jp/jp/c30001.html#a4
RS485通信バスの2線式シリアル通信で
モータの絶対位置現在値+UVW信号をデータ伝送します
1回転17bit, 多回転16bitとかのエンコーダは皆そうです
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/melfansweb/servo/nproduct/mr_j3/index.html
http://www.e-mechatronics.com/product/servo/index.jsp

ただ必ず...続きを読む

Qコンピュータ名を変更するとSQLサーバーが起動できなくなる。

SQLserver2000について御質問します。

既にSQLserver2000をインストールしてあるPCのコンピュータ名を変更すると、SQLserverが起動しなくなります。
まず再起動した地点で画面上に
「Your SQL Server installation is either corrupt or has been tampered with(unknown package id).Please rerun Setup.」
と表示されます。再セットアップしても状況は改善されません。
幸いXPでしたのでシステム復元をしたら基に戻りましたが、このままではコンピュータ名を変更できません。解決方法をご存知でしたら御教授御願いします。

Aベストアンサー

No.1 でご指示のコマンド後、エンタープライズマネージャで
1. 旧コンピュータ名の削除
2. 新コンピュータ名の追加
を行う必要があるようです。

参考URL:http://www.casupport.jp/resources/tng/tecdoc/031010023.htm

Q電力用半導体素子を使用したアクティブフィルタ

こんにちは、

IGBTとかの、パワーエレクトロニクスに興味を持っております。
アクティブフィルタ、STATCOM、SVCは、それぞれ、どのような方式で、無効電力を調整するのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。ざっくり1から3を説明すると、以下のようになるかと思います。

1. 進相コンデンサのバンク数制御
たとえば、最大100kVarの補償をしたいときに、10kVarのコンデンサを10セット用意します。
で、必要な個数だけスイッチで系統につなげば、0,10,20,...,80,90,100Kvarの進相容量にできます。

2. 進相コンデンサ+半導体スイッチで容量の連続制御
これも二通りあるようです。
2-a. 進相コンデンサと並列に分路リアクトルを設置します。この分路リアクトルにサイリスタスイッチをつないで、半サイクル内でON/OFFさせれば、分路リアクトルを流れる電流の大きさを変えることができ、分路リアクトルの遅れ無効電力を連続に調節できます。これと、並列に入れた一定容量の進相コンデンサと合わせれば、進相無効電力(=コンデンサの進相無効電力-分路リアクトルの遅れ無効電力)を連続調節できます。

2-b 進相コンデンサに直列に半導体スイッチを入れて、高速にON/OFFすれば、進相コンデンサの電流(進み無効電力)の大きさを連続的に変化できるようになります。

3. SVG
これは、系統に並列に正弦波コンバータを接続し、コンバータの交流入力電流をPWM制御を使って無効電力を吸収するように動作するものです。
例えば、電圧型PWM変換器を使う場合には、電圧型変換器をリアクトルを介して系統とつなぎます。変換器の交流電圧を系統電圧と同位相にし、変換器交流電圧の大きさを変えれば変換器に流れ込む無効電力を調節できます。(ちょうど、同期調相機で界磁を変えて内部の電圧を変えることで無効電力調節ができるのと同様の動作。STATCOM(静止同期調相機)という名称は、この観点で名づけたもののようです。)

#2です。ざっくり1から3を説明すると、以下のようになるかと思います。

1. 進相コンデンサのバンク数制御
たとえば、最大100kVarの補償をしたいときに、10kVarのコンデンサを10セット用意します。
で、必要な個数だけスイッチで系統につなげば、0,10,20,...,80,90,100Kvarの進相容量にできます。

2. 進相コンデンサ+半導体スイッチで容量の連続制御
これも二通りあるようです。
2-a. 進相コンデンサと並列に分路リアクトルを設置します。この分路リアクトルにサイリスタスイッチをつないで、半サイクル内...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報