心理学と大脳生理学というのは同じ領域を研究しているように思いますが、
内容上共通している部分というのはあるのでしょうか?
共同で研究する場合というのもあるのでしょうか?
実例を教えていただけると勉強になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

心理学は人間の心の働きを明らかにする学問です。

しかし人間の心は認知心理学や学習心理学で解説されるように、その知覚(視覚・聴覚とか)や学習・記憶などにも関係します。
大脳生理学は大脳の働きを明らかにする学問であり、知覚・学習・記憶を処理する場所である脳の物理的・化学的構造と機能を扱います。
これまでの流れでは、心理学において構築された理論が大脳生理学の発達によって物理的に証明される傾向が強い気がします。
知覚や記憶に関しては、大脳生理学の分野も発達してきていますので共同研究も行われていると思います。
また臨床心理学の分野では、いくつかの精神病が脳の障害に起因していることも徐々に明らかになっているので、その治療は心理療法と、大脳生理学によって明らかになった薬品を使用した薬物療法が並行して行われています。

その違いは、心理学では仮説的構成概念を使用して理論を構築しますが、大脳生理学では、厳密な実験を行い物理的・化学的な関係で理論を構築します。

仮説的構成概念とは、その存在が物理的・生物学的・化学的な根拠はないものの、理論の説明においてその存在が仮定されるもので、フロイトの超自我・自我・イドもそうです。心理学ではその存在を原因・行動などから推理して理論を構築します。科学的でないといった批判もあるかもしれませんが、その手順は厳密な統計学的手法を用いていますので、その点では十分に科学的であるといえます。
大脳生理学では多分このような概念は使用しないのではないでしょうか。

また心理学には人間の個体を扱うだけではなく、社会心理学のように人間と人間の「関係」を扱う分野もあります。この分野は大脳生理学では明らかにならないことだと考えられ、どちらかというと社会学に近い分野です。

もし将来、大脳の働きが全て解明されたら人間の心は全て明らかになるのでしょうか?わたしはそうは考えていませんが…

:記憶のネットワーク:
心理学の一説において、記憶はネットワーク構造をもって保持されていると考えられています。関係するものどうしが結びついていて、すぐには思い出せないこともヒントや例をあげられると、そのネットワークが活性化して思い出せるということです。
生理学においては、記憶は神経細胞の結びつきであるとされます。何かを思い出そうとすると、海馬が機能して大脳に分散している記憶の中から結びついているものを活性化させ、記憶を呼び戻します。
    • good
    • 0

同じ領域ではないでしょう。


心理学はどちらかと言えば精神分析などですよね。ホントはこの人は何を考えているかとか。
大脳生理学は、脳のどの部分(解剖学的に)を使って人間は記憶しているのか?と言った事を研究しているのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/10 18:00

心理学は様々な学問と被りますよね。

哲学・医学・文化…。悩み事がありアドバイスされても、頭では分かるが私には無理と感じる時は、理屈ではわかるが感情では分からない状態です。それを脳で説明する場合、左脳では分かるが右脳が分からないという説明になると思います。カウンセラー・セラピスト・リラクセーショントレーナーがどう違うかと説明するのも難しい事で、どの部分が被るというより、切っても切れない関係ではないでしょうか。拙い説明でごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2000/12/28 05:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吸血鬼について

カテゴリから言うとオカルトや民俗学になるんでしょうが
ないので 知識と言う意味で関連深そうなここに質問します。吸血鬼には十字架やにんにく・銀の銃弾・木の杭を
心臓に刺す・・・が弱点と
聞きましたが、その説はどこからきてるのでしょう?
また純潔の吸血鬼と吸血鬼に噛まれて吸血鬼化した吸血鬼とは何か呼び方に違いがあるのでしょうか?
回答お願いします

Aベストアンサー

ブラム・ストーカー 作の小説「吸血鬼ドラキュラ』(1897年)
が最初だったと思います。
自身は、中学期に図書室にあったものを借りて読みました。

ニンニク、十字架、心臓に木の杭、太陽が嫌い などの設定は
原作者の創作である可能性が大 と思います。

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q吸血鬼

吸血鬼って、存在すると思いますか?
吸血鬼は、隠喩として考えてもらっても構いませんし、
伝説や映画に出て来るヴァンパイアと考えてもらっても構いません。

あなたなりの吸血鬼について教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。
います!
私が、吸血鬼です! 
ただ、血では無く、主に「アルコ~ル」ですが。
今夜もまた、吸血鬼に成っています(泣)

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Q吸血鬼または、権力を駆使した漫画。

このごろ、吸血鬼や俺の空や内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎などにはまっています。吸血鬼や権力や地位を使う漫画があれば教えてください。

Aベストアンサー

垣野内成美さんの作品に吸血鬼ものが多いです。

吸血姫(ヴァンパイア)美夕
吸血姫 夕維
THE WANDERER 1~3

DAHLIA THE VAMPIRE 1,2
チャイナ・ブルーJASMINE 
ルビー・ブラッド

桂 明日香さんの
BLOOD+ 1~5

スエカネ クミコさんの
BLOOD+ A 1~2

如月弘鷹さんの
BLOOD+ 夜行城市

まだあったと思いますが、今はこれくらいしか思い出せませんね…

Q「心理学研究」(2006)に掲載された論文『対処的悲観者の心理的wel

「心理学研究」(2006)に掲載された論文『対処的悲観者の心理的well-beingおよび主観的well-beingの検討』の執筆者の一人『細腰寛樹』氏の読みを教えて。点字図書館に納める図書「ネガティブ・マインド」(中公新書)に記述されていますが、正しい読み方がわかりません。
 すでに刊行されている図書の中の人名です。視覚障害者のための音声化に必要な読みです。

Aベストアンサー

本人の学位論文審査資料によると、「ほそごし ひろき」だそうです。
にごります。論文表題で検索したら一発で出ましたよ。

Q吸血鬼が出てくる、または吸血シーンのあるアニメ

同様の質問がありましたが、質問した年が2006年と
結構?経っているので新たに質問させて頂きます。

最近(2006年)以降のアニメで
吸血鬼(ヴァンパイア)が出てくる、または吸血鬼でなくても
吸血シーンのあるものを探しています。
絵が綺麗だったり、ミステリーチックなものが好みです。


今までみた吸血鬼・吸血シーンのあるアニメ
・ヴァンパイア騎士
・屍鬼
この二つはキャラクターも格好良くて内容も面白かったです。

Aベストアンサー

No.2です。追加で
・HELLSING[OVA](アーカード、セラス・ヴィクトリア他多数)
・魔法先生ネギま!?(エヴァンジェリン・A・K・マクダウェル)
・BLACK BLOOD BROTHERS(望月ジロー、望月コタロー他多数)
・かりん(真紅家の家族、橘友里耶※ハーフ 他多数)
・ソウルイーター(モスキート)
・薄桜鬼(羅刹隊※吸血衝動に苛まれる)
・おまもりひまり(明夏羽※9話に吸血シーンあり)

Q先が読める人の心理は心理学でどう研究されているか?

この間、客観的だと先が読めるという
「岡目八目」ということわざのことを
質問しました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=671164

これについていろいろ知りたいことがあるのですが、
このように先が読めるという人の心理状態を
心理学では何と表現していますか?
またそのような研究はいつごろ誰がどんな研究
対象で始めたのでしょうか?

 
 例えば「人間の見る夢について」という質問
なら、「フロイト」が性の意識と関連付けてと
いうような答えがあると思います。
そんな感じの答えが欲しいのですが。
 

Aベストアンサー

「岡目八目」の質問スレッド、拝見させていただきました。僕は、詳しくないのでズバリとは答えられませんが、これ、絶対に面白い研究がありますよ。

「岡目八目」の心理学的研究ということですよね。この場合、客観的だとなぜ先が読めるのか?というよりも、客観的な立場だとなぜ判断力が上がるのか?あるいは当事者はなぜ判断力が下がるのか?という問いの方が心理学的だと思います。つまり「岡目」(客観的な視線)にあるとき、判断や思考を阻害する要因は無いか、あっても当事者で入るよりは少ないが、当事者である場合、僕らは往々にして十分な判断や思考ができず、結果的に判断を誤ることがある。それはなぜか?という研究。

例えば、航空機の事故についての研究があります。ある航空機事故が起きたとき、車輪が出ないことに気を取られた搭乗クルーは機体の高度がどんどん下がっていることに気付きません。しかし、管制塔はそれに気付き、機長に対し「大丈夫か?」という質問を送りました。機長は、出ない車輪について、なんとかするよ、という意味で「大丈夫だ」と答えました。その航空機は結局墜落してしまったそうです。

そのような場合、まず航空機の搭乗クルーが冷静さを欠き、客観性を失っていた(広い視野を失っていた)ということが言えると思います。彼らの思考は、出てくれない車輪のことでいっぱいになっていたということですね。そのために管制塔からの言葉は、機体の高度についてのことだったのに、車輪のことだと勘違いしてしまったわけです。管制塔は、てっきり高度のことに気付いていると思っていたために「大丈夫だ」という答えを聞いて安心してしまいました。緊張と安心の差はありますが、どちらも客観性を欠いていたと言えると思います。

「岡目八目」についても、同様のことが言えるのではないでしょうか? 目の前に勝負がある人と、そうでない人の場への参入の具合とか、感情の昂ぶり方の違いとか、制限時間のプレッシャーとか客観的で冷静な思考と判断を阻害する要因はたくさんあると思います。

で、僕の回答ですが、心理学は、いろいろな立場や考え方があり、ちょっと分野を特定するのは困難です。ただ、状況判断ということで、人間の認知過程を扱う認知心理学や認知科学の状況論的アプローチや、人間の心理過程における社会的な影響と研究する社会心理学などがあげられるかな、と思います。apple-manさんが挙げておられるフロイトですが、彼を出すなら、緊張しやすい性格の心理療法というような感じで臨床心理学やカウンセリング心理学なんでしょうが、それでもたぶん、フロイトは出てこないでしょう。錯誤行為ということで防衛機制論と絡めてフロイトを出しても良いけど、ちょっと無理しすぎな感じ。臨床を追っていけば、フロイトの弟子筋は出てくるかもしれません。

例に挙げた航空機事故の事例は東京大学出版から出てる上野直樹『仕事の中での学習 状況論的アプローチ』を参考にしました。前述した「状況論」の入門書です。apple-manさんの質問に直接答える本ではないし(ヒントはいっぱい詰まってると思いますが)、ちょっと難しく、やや退屈な本かも知れません。でも読むと世界の見方が少し変わります。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3a8eac2d285810103e1c?aid=<$aid>&bibid=01707951&volno=0000

「岡目八目」の質問スレッド、拝見させていただきました。僕は、詳しくないのでズバリとは答えられませんが、これ、絶対に面白い研究がありますよ。

「岡目八目」の心理学的研究ということですよね。この場合、客観的だとなぜ先が読めるのか?というよりも、客観的な立場だとなぜ判断力が上がるのか?あるいは当事者はなぜ判断力が下がるのか?という問いの方が心理学的だと思います。つまり「岡目」(客観的な視線)にあるとき、判断や思考を阻害する要因は無いか、あっても当事者で入るよりは少ないが、当事...続きを読む

Q吸血鬼が吸血鬼の血を輸血したら

現代に生きる吸血鬼がいたとして。吸血鬼が、体の損傷で血が足りなくなるなどして仲間の吸血鬼の血を輸血したら、どうなるんでしょうか?
血が足りなくなったら、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ないのか…そもそも血が足りなくなるほど重傷になること自体無いのだろうか…と私自身いろいろ考えてしまっているのですが、皆さんの自由な推測ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

吸血鬼どうしの輸血なら、別にどうにもならないと思います。人間と同様の効果がありそうです。

人間の血液は彼らにとって食料にあたるはずです。人間にとっての栄養ドリンクみたいなものでしょうね。
吸血鬼の体の構造がどうなっているかわかりませんが、人間と同様に口から摂取した栄養を分解・吸収して体内で血を作るようになっているなら、口から摂取した人間の血液は、胃や腸で分解・吸収されて、彼らの血や肉を作るもとになるはずです。

そう考えると、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ない、とは言い切れなさそうです。
人間も、輸血が必要になるほど血液を失ったとき、栄養ドリンクを飲んだところで効果があるとは考えにくいです。
やはり、吸血鬼もそれほど血を失ったら、人間の血を吸っているヒマもないのではないかと思います。
仲間の血を輸血するのがてっとり早い治療になるのではないでしょうか。

……とここまで書いている途中で思い出したのですが、『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』では、重傷を負った吸血鬼のディオは、ジョセフ・ジョースターの血を吸って一瞬で回復していましたね。ま、そこはマンガだからと言ったら、身も蓋もなくなってしまいますが。

吸血鬼どうしの輸血なら、別にどうにもならないと思います。人間と同様の効果がありそうです。

人間の血液は彼らにとって食料にあたるはずです。人間にとっての栄養ドリンクみたいなものでしょうね。
吸血鬼の体の構造がどうなっているかわかりませんが、人間と同様に口から摂取した栄養を分解・吸収して体内で血を作るようになっているなら、口から摂取した人間の血液は、胃や腸で分解・吸収されて、彼らの血や肉を作るもとになるはずです。

そう考えると、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ない、とは言い切...続きを読む

Q教師免許を持っている学校の先生って心理学も学んでいるんですか? 先生が「こっちも少しは心理学の勉強し

教師免許を持っている学校の先生って心理学も学んでいるんですか?
先生が「こっちも少しは心理学の勉強したから」とおっしゃっていたので気になって。
誰か分かる方は教えてください!

Aベストアンサー

教員免許を取るために必要な科目のうちに、「幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習の過程」という分類があり、これに該当する大学での科目名として「教育心理学」等のものがあります。これを履修しないと、教員免許が取れません。
教育心理学の科目を履修したことで、「少しは心理学の勉強」をした、と言うのは、嘘ではないですね。まあ、せいぜい2~6単位(2単位=1回90分の講義×15回分)の範囲でしょうが。
さらに、免許に必要な必修科目以外にも、大学の教養科目あるいは専門科目で(自分の専攻課程の必修とは別に)心理学関係の授業を選択した、ということもできますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報