ヒトの体内において、スポーツドリンクの水分は水と比べてだいたいどれくらいのスピードで吸収されるのでしょうか?
また、一番早く水分が吸収できるスポーツドリンクではどれくらいの速さでしょうか(水と比較して)?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般には少し冷やした真水が一番吸収速度は早いのではと思いますが…



どんな状態での水分吸収を想定するかにより異なるのではないかと思います。スポーツ飲料はミネラル・糖質の補給や多量の水分が失われた際に起こる自発的脱水の防止といった観点から作られているのではないかと思います。

下記URLを参考にしてください。

参考URL:http://www.dr-supplement.com/column/clmn_0003.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございました!
質問がアバウトで申し訳ありません。
一応以前の質問 (等張液ポカリスエットについて) のご回答でもその趣旨のURLは拝見したのですが、どれくらい吸収スピードが水と違うのかがいまいち理解しづらかったので…。すみません。
結構、企業はスポーツドリンクの水分吸収が早いと宣伝していますが、そこらへんのこと(吸収速度)を曖昧にしがちな気が致しまして…
本当にそんなに早いのかなと疑問を抱いたのです。
やっぱり数値化して公表することはないのでしょうか…

補足日時:2005/04/10 22:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなってすみませんが、ベストアンサーに選択させて頂きました!

お礼日時:2015/02/22 23:56

たしかに吸収速度は温度と浸透圧に影響されるので水よりは遅くなってしまいますよね。

そこから吸水速度は水>薄い(?)スポーツドリンク(エネルゲン?)>濃いスポーツドリンク(ポカリ?)になりそうですね。質問意図を想像するに、実際にスポーツをされていて素早い水分補給をしたいのだと思いますが、よほど長時間の運動でなければ運動中の糖分の補給は必ずしも必要ではないし、水を飲んだほうがよいような気がします。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!
質問がアバウトですみません。
当方、某大学のソフトボールサークルで運動していますが、水分は摂らないでよいほどです。
どちらかといえば、安静時における吸収速度の違いが知りたかったです。高校生物の授業(浸透圧の範囲)でスポーツドリンクは水より吸収が遅いと習ったのですがどれくらい違うのかと疑問に思いました。安静時にスポーツドリンクを飲んだあとお腹がチャプチャプするので吸収速度はあまり早くないなあと思いまして…。methyl様のおっしゃるよう濃いスポーツドリンクをその時飲んだからかも知れません。

補足日時:2005/04/10 22:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の内容に追加いたします。
今後とも、いろいろ勉強したいと思います。本当に勉強になりました!

お礼日時:2015/02/22 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QフォレスターXTは速いって言うけど フォレスターTSの方が速いんじゃ?

フォレスターXTは速いって言うけど

フォレスターTSの方が速いんじゃ?

Aベストアンサー

TSはXTをベースに見た目のカスタム、走りをチューニングした特別なグレードなので、当然TSの方が走行性能は上です。逆だったらチューニングした意味がありません。

Q哺乳類霊長目ヒト科ヒト属ヒト?

 この分類はあっているでしょうか。私の知る限り、(UMAは別として)ヒト科にはヒト属しかなく、ヒト属にはヒトしかないと思うのですが、他にこのような生物はいるのでしょうか。また、ヒトだけがそうだとすれば、なぜなんでしょうか。
 そう思いたくはありませんが、人間は自分の兄弟や親戚を皆殺しにしながら進化したのでしょうか。

Aベストアンサー

申し上げ難いのですが少し違うと思います、まず生物を分類する際には、種を基本単位にするのですが、界・門・網・目・科・属・種となり<人>の場合は
動物界・脊椎動物門(有羊膜亜門)・哺乳綱・(真獣亜綱)・霊長目(真猿亜目)
類人猿科(ヒト亜科)・Homo(ヒト属)Sapiensとなります。
それとQuarkさんが仰るヒト科とはヒト上科の中にあるヒト科だと思うのですが、ヒト科にはHomo ergaster Homo erectus Homo neanderthalensis
Homo heidelbergensis Homo habilisが私の知る限りあります。
きつい事を言うかもしれませんが、自分の兄弟や親戚を皆殺しにするのは人間だけでなく生物界に於いては日常的に起こっている事です。
ですが、高度な社会を作ることができ尚且つ共存できる者達が自らのエゴで殺し合うのは悲しいことですね。

QXJRを買おうとしてるのですが 加速、最高スピードは速いですか? 速いネイキッド型の250か400

XJRを買おうとしてるのですが
加速、最高スピードは速いですか?

速いネイキッド型の250か400があれば
いろいろ聞きたいです

Aベストアンサー

あ、64馬力ではなくて、59馬力だったかもしれません。
当時の最高出力。

Q何故必須アミノ酸はヒトの体内で合成できないのか

単純に合成経路がないから、でいいのでしょうか。
どこかで見たのですが、特定のアミノ酸を容易に摂取できる環境下に生息していたおかげで、合成の必要がなくなり、負担を避けるために進化した、つまり合成経路を失くしたということでしょうか。

Aベストアンサー

意地が悪いと思いますし、じゃぁ書くなよと言われることはわかっています。

結論はわからないと思います。

何についてもそうですが、生物の現在の有り様について、
どうやって?(How)という疑問にはある程度答えることは出来ると思います。
しかし、なぜ?(Why)という疑問には答えることがほとんど出来ないと思います。

例えば、どうやって人の腕は2本できる(発生する)のか?
という疑問はある程度分子レベルでも説明できます。
しかしながら、なぜ人の腕は2本なのか?
という疑問はわからないというのが正確であると思います。
いろいろ理屈をこねることは可能ですが、それはあくまで空想です。

QビデオカメラからPCへの転送速度はどれが速い?

HDDや内蔵メモリ、SD、SDHC、SDXCカードなどありますが、
パソコンに転送する速度が速いのはどれがどの位速いのか教えてください。

SDカードよりSDHC、SDXCと速くなると思うのですが、その中でもクラスがありますが、
SDHCよりSDの方が速いものはありますか?

速いものがあるとすれば当然価格も上がるのでしょうか?

フルハイビジョンで1時間の録画でPCへの転送時間など分かれば判断しやすいのですが・・・

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> HDDや内蔵メモリ、SD、SDHC、SDXCカードなどありますが、
> パソコンに転送する速度が速いのはどれがどの位速いのか教えてください。

・パソコンへの転送速度は、ビデオ機器やSDを、どのようにパソコンと接続するかにより変わります。
ビデオ(HDDや内蔵メモリ)をUSB2.0ケーブルで直接パソコンと接続した場合、USB2.0規格は、480Mbps(60MB/秒)が理論値の最大速度。
従って、実速度は、30MB/秒程度が最高転送速度となります。

・USBカードリーダーを使用した場合。
USB3.0規格は5Gb/秒が理論値の最大速度。
USB2.0規格は480Mb/秒が理論値の最大速度。

・SD側の規格は・・・
SDXCは最高速度300MB/秒を目指す規格。
SDとSDHCは10MB/秒以上を目指す規格。

従って、転送速度は、次の順位になります。
1位・SDXCをUSB3.0カードリーダーでパソコンと接続した場合。
http://www.iointerconnect.com/c0_1.php?pid=16&bid=1&cid=11
2位・ビデオから直接USB2.0でパソコンと接続した場合。
3位・SD、SDHCをUSB2.0以上のカードリーダーを使用した場合。

> HDDや内蔵メモリ、SD、SDHC、SDXCカードなどありますが、
> パソコンに転送する速度が速いのはどれがどの位速いのか教えてください。

・パソコンへの転送速度は、ビデオ機器やSDを、どのようにパソコンと接続するかにより変わります。
ビデオ(HDDや内蔵メモリ)をUSB2.0ケーブルで直接パソコンと接続した場合、USB2.0規格は、480Mbps(60MB/秒)が理論値の最大速度。
従って、実速度は、30MB/秒程度が最高転送速度となります。

・USBカードリーダーを使用...続きを読む

Qヒトの体内の血液のめぐりかたについてお教えください。

ヒトの体内の血液のめぐりかたについてお教えください。
1 体循環と肺循環がありますが,肺胞から酸素を受けとる血管と肺胞の細胞でできたアンモニアを受け取る血管は,それぞれ別で,肺循環専用(右心室をでて左心房に帰る),体循環専用(左心室をでて右心房に帰る)の2系統の血液循環があるということなのですね。肺胞には,体循環用の血管も行っているということでいいのですね。

2 酸素は動脈内に,二酸化炭素は静脈内に入るということでいいのでしょうが,小腸で吸収される栄養分や,細胞でできたアンモニアなどは,動脈に入るのか,それとも静脈にはいるのでしょうか。

3 そもそも,右心房に戻ってくる血液は,2酸化炭素が多い静脈血100%だ思いますが,右心房の中に戻ってくる血液は,アンモニアや尿素を含むものと,栄養分を含むものなどごっちゃなのでしょうか。

Aベストアンサー

いろいろと勘違いされているようです。

まず、アンモニアは毒性が高いので大部分が尿素に変換されます。そして腎臓でこし出されます。
肺の血管は確かに気管支動脈(体循環系)からの吻合(シャント)(つまり血液が合流するところ)がありますが、大部分(90%以上)が肺循環に由来します。
そもそも、酸素や二酸化炭素の物質交換を行うのは毛細血管です。分子レベルでは毛細血管も動脈と静脈に分けられるそうですが、形態的には分けることに意義がないです。
なので、肺胞で酸素を放出し二酸化炭素と尿素を受け取る血管は同じ毛細血管です。
ちなみに小腸で吸収される栄養は肝門脈系に入ります。肝門脈が動脈と静脈のどちらかといえば静脈ですね。
血液中では基本的に養分と老廃物がごっちゃになっていると考えてください。肺の細胞だって養分がなきゃ生きてられません!!

Q速い車って?

フェラーリは速い(早い)とかランエボは速い(早い)とか言う表現はどういう意味で使っているんですか?

最高速度が高いから速いのか?
一定速度に達するまでが速いのか?
ドライバーの腕が良いことを言っているのか?

アクセル踏めばどんな車だってスピードは出るし、コーナー立ち上がりが早いのならドライバーの技量なのではないのかと思うけど。

Aベストアンサー

車の性能を比較するのに単純なのは最高速と加速性能なので、欧州車ではスペックとして最高速度と
0-100kmのタイムを公表していますね。

サーキット走行等の複合的な比較はニュルブルリンクのラップタイムなどが使われることが多いです。

Q【究極のダイエット方法は水を飲まないことって本当ですか?】 身体は水を飲まないと脂肪を燃焼させて水分

【究極のダイエット方法は水を飲まないことって本当ですか?】


身体は水を飲まないと脂肪を燃焼させて水分を作り出すので肥えている人は水分の取りすぎが原因だと言っている人がいました。

本当ですか?

Aベストアンサー

水はちゃんと飲まないとダイエットは成功しないよ。飲み過ぎは×飲まないのも×究極の×なダイエット方法は水を飲まないこと。

Q今のWRCでのシトロエンはドライバーが強いから速い?

WRCを見ていると優勝常連はシトロエンのセバスチャンローブですが、これはシトロエンのマシーンが優秀だから速いのか、セバスチャンローブが速すぎるからシトロエンが速いのかどちらでしょうか?たとえば三菱、スバルのマシーンにローブがのるってもローブは十分優勝できるのでしょうか?

Aベストアンサー

>これはシトロエンのマシーンが優秀だから速いのか、セバスチャンローブが速すぎるからシトロエンが速いのかどちらでしょうか?

これは、どちらかと言うのは難しいですね。
スバルがここ何年か低調で、WRCは実質、シトロエンとフォードだけの勝負だったので、
シトロエンの車が抜群に速かったからかどうかはわかりません。
確かに速いけど、比べる相手がフォードしかいないとも言えます。
ドライバーのローブはミスが少なく、安定性は抜群で、
しかも、勝負所では誰もついていけないような速さをみせます。
WRC史上、NO.1のドライバーだと思いますが、
安定性は、マシントラブルの少なさ、チームのミスの少なさと分けて考えることが難しく、
上記のように参戦しているメーカーが少なくて、スバルの車が低調なので、
ローブが速すぎるからシトロエンが優勝し続けるとは言い切れません。
あえて言うなら、車が速くてローブが速いから、シトロエンが勝ち続ける、でしょう。

Q腎臓での水分の再吸収について

 原尿は腎細管でナトリウムイオンと大部分の水が再吸収され、残りの水は集合管で再吸収されるこのとき集合菅での水の再吸収はバソプレシンによるとテキストにあったのですが、腎細管での水の再吸収は何によって行われているのですか?

Aベストアンサー

腎臓の髄質は浸透圧が高く、その中を通る腎細管ではホルモンのはたらきではなく浸透によって水が移動していきます。腎細管は水の透過性が高くなっていて、水の膜を通した動きはスムーズです。
ナトリウムイオンを移送する際には濃度勾配に逆らうことになるので、能動輸送です。
鉱質コルチコイド(アルドステロン)は、ナトリウムイオンを再吸収する際にチャネルにはたらきかけるホルモンです。

集合管では、逆に管内の水分濃度が相対的に低いのでバソプレシンを伴った水の能動輸送が行われます。

専門的になりますが、参照URLに水の再吸収イメージのでているサイトをいれておきます。

参考URL:http://bunseiri.michikusa.jp/kidney2.htm


人気Q&Aランキング