ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ヒトの体内において、スポーツドリンクの水分は水と比べてだいたいどれくらいのスピードで吸収されるのでしょうか?
また、一番早く水分が吸収できるスポーツドリンクではどれくらいの速さでしょうか(水と比較して)?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般には少し冷やした真水が一番吸収速度は早いのではと思いますが…



どんな状態での水分吸収を想定するかにより異なるのではないかと思います。スポーツ飲料はミネラル・糖質の補給や多量の水分が失われた際に起こる自発的脱水の防止といった観点から作られているのではないかと思います。

下記URLを参考にしてください。

参考URL:http://www.dr-supplement.com/column/clmn_0003.html

この回答への補足

ご回答ありがとうございました!
質問がアバウトで申し訳ありません。
一応以前の質問 (等張液ポカリスエットについて) のご回答でもその趣旨のURLは拝見したのですが、どれくらい吸収スピードが水と違うのかがいまいち理解しづらかったので…。すみません。
結構、企業はスポーツドリンクの水分吸収が早いと宣伝していますが、そこらへんのこと(吸収速度)を曖昧にしがちな気が致しまして…
本当にそんなに早いのかなと疑問を抱いたのです。
やっぱり数値化して公表することはないのでしょうか…

補足日時:2005/04/10 22:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅くなってすみませんが、ベストアンサーに選択させて頂きました!

お礼日時:2015/02/22 23:56

たしかに吸収速度は温度と浸透圧に影響されるので水よりは遅くなってしまいますよね。

そこから吸水速度は水>薄い(?)スポーツドリンク(エネルゲン?)>濃いスポーツドリンク(ポカリ?)になりそうですね。質問意図を想像するに、実際にスポーツをされていて素早い水分補給をしたいのだと思いますが、よほど長時間の運動でなければ運動中の糖分の補給は必ずしも必要ではないし、水を飲んだほうがよいような気がします。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!
質問がアバウトですみません。
当方、某大学のソフトボールサークルで運動していますが、水分は摂らないでよいほどです。
どちらかといえば、安静時における吸収速度の違いが知りたかったです。高校生物の授業(浸透圧の範囲)でスポーツドリンクは水より吸収が遅いと習ったのですがどれくらい違うのかと疑問に思いました。安静時にスポーツドリンクを飲んだあとお腹がチャプチャプするので吸収速度はあまり早くないなあと思いまして…。methyl様のおっしゃるよう濃いスポーツドリンクをその時飲んだからかも知れません。

補足日時:2005/04/10 22:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足の内容に追加いたします。
今後とも、いろいろ勉強したいと思います。本当に勉強になりました!

お礼日時:2015/02/22 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水分補給後に血液に行き渡る水分の割合について

水分補給後、水分は、排泄(汗や尿)で出て行き、別の器官(小腸、胃)などに吸収されますよね。血液中にも最終的に行き渡るわけですが、例えば250mlの水を飲んだあと最終的に血液中に取り込まれる量はどれくらいになるのでしょうか?人によって個人差があると思われるし、排泄(汗)に関しても気温の問題、その人が安静な状態であるか、運動をしている状態かなどからんでくると思いますが、およそどのくらい吸収されるでしょうか?わかる人いましたら、教えてください。お願いします。

このようなことに関して詳しく解説している教科書的な本などありましたらそちらも教えてください。こういうことは医学、栄養学などどの分野に属するのだろうか・・・・

Aベストアンサー

こんにちは。
 飲んだ水は、胃を通過した後、腸でほぼ100%が吸収され、血液に入ります。ですから250ml飲めば、そのほとんど全てが腸から吸収され、まず血液に入ります。
 尿や汗で排泄されるのは、血液に入った後の話です。血液に水が入ってくると、当然血液が水によって薄まるわけですが、この濃度の変化を脳が感知して、排尿や発汗を促進する反応が起こります。たとえば、コーヒーを一缶飲むと、しばらくすると尿意が起こりますよね?これは、上記の一連の反応の結果としておしっこが作られ、尿意として現れるわけです。そういうふうにして血液の「濃さ」というのは、厳密に調節されています。
 医学で言えば、生理学のカテゴリーのお話になりますので、本を探す際のご参考になればと思います。ちょっと具体的な書名は存じないのですが・・・。

Q飲んだお水は何分で胃を出るんですか?

水を一杯飲むと胃に水がたまりますが、
胃の中で水は何分間滞在しているのでしょうか?

Aベストアンサー

1日(24時間)の水分はおおむね口から1200ml、食物から1000ml、体内で300mlか。
摂取水分少ないと肌がかさかさになったり、血液中の水分減っていわゆるどろどろ血液です。
飲んだ水分は基本的に尿になって排出されます。飲むのは水がいいです。
お茶には利尿作用あって飲んだ以上の尿が出ます。コーヒー(カフェイン)にも利尿作用あります。

胃から十二指腸に排出される水分は1時間に1000ml(1リットル)、夏なら1時間に1-2l(リットル)の汗かきます。
通過が早いのは果物(いわゆるフルーツ)で30分です。食べ物は野菜(1h)炭水化物(2-3h)たんぱく質(3-4h)脂肪(7-8h)。
遠足に持たせるお弁当は消化のいいものは常識だし、病院でもらう「食後*分(食間)」の薬は食べ物とともに腸に到達することを想定です。

Q脱水で尿量がおかしくなりますか?

脱水で尿量がおかしくなりますか?

1年位前に炎天下の中、毎日運動して大量な汗をかいていたにもかかわらず、水分補給をあまり行わなかった時があります。
その時、尿量がおかしくなったことがあります。20時間位出なかったと思ったら、2時間で膀胱がいっぱいになるほど尿がたまったことがあります。
脱水状態になると腎臓がダメージを受けるとネットに記述されているのを見たのですが、腎臓にダメージを受けると上記のように尿の量が極端におかしくなったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

それだけで済んで良かったですね(^-^)
その後尿がでないとどうなるかと言うと
尿毒素が血液中に溜まり、人工透析で外に出すしかなくなって、それでも駄目だと、お亡くなりになります
それを防ぐために何とか腎臓は、尿を作ろうとするわけで、結果何とか膀胱が、いっぱいになるほど溜まったのでしょう
脱水症状は最悪、腎不全、肝不全などから、多臓器不全になって亡くなるのはそのためです
熱中症まで行くと、高熱で、脳もやられますので、注意が必要です
とにかく汗をかいたら、その分は最低補給しないと亡くなります
その他にミネラルも補給しないと、汗とともにミネラルも出てしまうので、補給が必要です
後血液中の水分が、尿や汗で出てしまうために、血液が泥度得尾になって、血栓を作りやすくなり、狭い血管が詰まる事もあります
何にも良い事はないので、とにかく水分補給だけはしてください
私が行っている工場では、熱中症対策の為に、だれがいつでも飲んで良い対策用の水や、梅干し、熱中飴が夏場は常備されています

Q体重増加・現象は、グリコーゲン+水分の影響?

教えてgooって本当に役に立っています。

ところで、ダイエットを始めるとビギナーズラックみたいに3日間で2、3キロの体重が減ることがあります。増えるときも1日で2キロも増えることがあります。

ここの過去の質問などを拝見すると、筋肉の中のグリコーゲンが減ったためだとか書かれています。
グリコーゲンに付いている水分が影響しているとか。

普通の市民のマラソン(と言っても10kmとかハーフとか)に出ると、体重が激減するのもグリコーゲンと水分の影響なんでしょうか?

グリコーゲンってそんなに体内にあるでしょうか?

素朴な疑問だったので質問させてもらいました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

グリコーゲンは成人男性体重60kgの場合、平均400~500gを限度として体内に蓄積されると言われています。
またグリコーゲンは保水性があることで知られており、1gのグリコーゲンを体内に蓄えるために4gの水分を蓄えるとされています。
ということで、グリコーゲン枯渇状態と完全充填状態では400g+1600g=2kgの体重差が生じる可能性があります。

しかしながら一日に充填できるグリコーゲンの量には限度があり、最大200g程度と考えられます。
つまりグリコーゲンの蓄積量によって一日あたりに変動する体重は1kg程度と考えられます。
一日に2kgも3kgも体重が増えるのはグリコーゲン蓄積以外の要因があるち考えていいと思います。

まずはミネラルの変動量ですミネラルは単体では体にとどまれず、水分をベースに作られる化合物を身にまとった形で体内に存在します。例えば塩分を大量に摂取すると一時的に体内のミネラルバランスが崩れて、体内の水分量が増えることがあります。

あとは排泄物の影響です。一回の排泄で大体200~400g程度は体重が変動します。例えば夕食を食べる時間がいっていでないと翌朝の排泄物の量に影響が現れます。
本来ならスッキリ出て体重へのインパクトもないはずの排泄物ですが、数百gを限度に体重に影響を及ぼします。そういうものが諸々重なって一日2~3kgの体重変動が生じることになります。便秘の人は生活のリズムから見直す必要があります。

こうして、さまざまな変動要因の総合的な結果が日々の体重の変動要因になります。

グリコーゲンは成人男性体重60kgの場合、平均400~500gを限度として体内に蓄積されると言われています。
またグリコーゲンは保水性があることで知られており、1gのグリコーゲンを体内に蓄えるために4gの水分を蓄えるとされています。
ということで、グリコーゲン枯渇状態と完全充填状態では400g+1600g=2kgの体重差が生じる可能性があります。

しかしながら一日に充填できるグリコーゲンの量には限度があり、最大200g程度と考えられます。
つまりグリコーゲンの蓄積量によって一日あたりに変動する体重は1kg程度と...続きを読む


人気Q&Aランキング