営業中心でやってきた中堅の代理店なのですが、
新しくマーケティング部なるものを新設することになりました。
そこで、マーケティング部としては、何をやっていけばいいのか教えてもらえませんでしょうか?
上司に対してや営業担当とのやりとりで注意した方がいいことなどもあれば教えてもらえると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

衝撃的な告白ですね。



最近、社内にマーケティングセクションを設立する事が流行っているようですが・・・。

コトラ-の本の中でフィリップ・ネートという人が次のように述べています。
「性急にマーケティング部門やマーケティング・チームを編成しても、真のマーケティング文化を根付かせる事は出来ない。たとえ、この上なく有能な人物をその職に就けたとしても無理である。マーケティングは経営トップに始まる。経営トップが顧客志向の必要性を確信していないとしたら、社員がマーケティング・アイデアを受け入れ、実践する事など、どうしてできよう」

マーケティングは全社的な取り組み。
厳しい意見を言うようですが、なにをやっていいのかを社外の人にアドバイスを求める、というのは論外ではないでしょうか。
    • good
    • 0

マーケティングに関しては様々な参考書が出ていますが、どれを読めばよいのか?探すのが大変ですので、私の経験から端的に申し上げます。



扱っている商品が「何故売れているのか?」「何故売れないのか?」につき把握し、『売れるように手を打つ』役割を持った部署です。また、新製品の市場投入に当たっては、計画通り売れるようにする策を講じる部署です。
そのためには、市場における自社の状況を把握(お客様は誰か?その評価は?競合相手は?市場の動向は?自社の能力は?自社の戦略の正しさ加減は?など等・・)その上で営業部門を操りながら目標を達成させる部署です。
従いまして、基本的な機能としては『調査する機能』「企画する機能』の両面が望まれます。

営業部門に対しては、上記の視点に基づきマーケティング部門の「調査・分析」した内容を理解してもらいその上で「目標達成のための戦略・施策展開の仕方」に従い営業活動を行ってもらうことになるため、それなりの説得性と推進力が求められます。
マーケティング部門の担当者は、スタッフ部門なので営業現場は営業部門に任せる・・・という考えの方がいらっしゃいますが、これは大きな間違いで自分の「調査・分析したこと」「企画したこと」の正しさ加減を検証するために営業現場へ出向き、営業担当以上の活動をしなければならないことがあることを承知しておいてください。

営業業績が芳しくなくなってくると、営業部門からは「あいつらの言う通りにやったのに・・・」と責任転嫁されますし、また経営トップからは「詰めが甘かったから・・・」と責められます。またうまく機能しても市場での成果は1~2年後にしか現れてきませんので、精神的にもタフネスさが求められます。
ただ、この部署を経験すると様々な知識・能力がつきますので、将来経営幹部になるにも転職するにもその経験が活かされますので、自分の勉強の場だと思い頑張ってみてください。
    • good
    • 0

今までのお仕事の内容が書かれていませんので、既存の仕事の内容がかぶるところがあればご容赦下さい。



代理店のお仕事ということで、基本的にお客様の注文書に基づいて、商品を客先に納入する、という形ではないかと推測いたします。

マーケティングの観点が入るとなると、大きく変ってくる点は「提案」と「市場開発」の部分だと思われます。つまり、お客様の求めている商品やサービスを調査して、より適切な商品やサービスを提供する、もしくは提供につながるような提案をして、新規拡大を図っていく、というイメージになるかと思います。

御社での新しい組織の役割については存じませんが、仕事の流れとしては、上記のような考えの下に、営業担当からの情報の吸い上げや市場調査などを通じて情報を入手し、お客様の潜在的なニーズを具現化できる商品やサービスを開発、調達し、お客様に提案して、新しい商品を売り込んでいく形になると思います。

(単に新しい商品が出ましたので、これどうですか?という売込みでは無い、ということです。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCSKマーケティングとフジスタッフについて

先日、CSKマーケティングの登録に行きました。
面接を兼ねた登録会でしたが、
「採用する場合は連絡を入れます」
と言われました。
また配られた案内文には
「採用の可否に関しては問い合わせしないでください」と書いてありました。

不採用の理由は答えられないのなら分かりますが、
不採用かどうかも答えなんて、
どんな考えがあるのでしょうか?
CSKマーケティングの評判はどうでしょうか?

それとフジスタッフに登録に行ってきました。
まだ登録したばかりなので、どんな会社かわかりません。

フジスタッフの良いところ、悪いところを
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
CSKさんは、行け行け会社といいますか、若い方が多いです。
ですのでという事はありませんが、結構CSK以外にも採用か否かの判断をする会社は多いようですね。

ただ、不採用の場合連絡しないとは。。。まだそれほど年数のたってない会社なので、それでよいと思っているのかもしれませんね。ただ評判事態はよくないです。
あとフジスタッフさんですが、当たるひとにもよりますが、いい人感じの方だと思います。人がまんべんなくいいのが良いところでしょうか?
悪いところは、あまりないですかね・・・私自身はですが!
深津がキャラクターですしね?!よかったら参考にしてください。

Qマーケティングと営業

マーケティングの部門で働いている主人が、最近営業職に転職したい、と言い出しました。
主人が言うには、マーケティングの勉強のために、営業職を経験したい、ということなのですが、私にはよくわからないので、返事に困っています。
30歳になって、職種を変更するというものは当たり前なんでしょうか?
また営業に転職して、またマーケティングに戻る、なんてこともできるのでしょうか、、、?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は29才マーケですが、営業から声がかかったことがありますし、半分営業みたいなこともしています。
この年齢は、仕事も一人前にできるようになった頃で、別の仕事でさらにスキルアップするチャンスでもあり、職種を変更する人は多いです。逆に、この期を逃すと、職種の変更が難しくなります。
マーケを経験していると、営業をやるにしても、セールストークに説得力を持たせたり、よりよい企画書がかけたりと、利点はあります。
但し、どちらかというとマーケは専門職、営業は総合職なので、営業に移動すると、様々な知識が必要になります。
これを学ぶことは旦那さんにとって、スキルアップになるはずです。
また、マーケの理論だけでは通らない営業の現場を経験することで、理想のマーケティングプランと、通るマーケティングプランの違いなども見えてくるはず。
職種の変更には、きっと大変なこともあると思いますが、得るものは大きいと思いますよ。
それから、再びマーケに戻れるか・・・
ということですが、社風や個人によると思うので、なんとも言えません、但し、私の知っている限り、マーケ→営業→マーケの人もいますし、営業→マーケ→営業の方もいらっしゃいますよ。

私は29才マーケですが、営業から声がかかったことがありますし、半分営業みたいなこともしています。
この年齢は、仕事も一人前にできるようになった頃で、別の仕事でさらにスキルアップするチャンスでもあり、職種を変更する人は多いです。逆に、この期を逃すと、職種の変更が難しくなります。
マーケを経験していると、営業をやるにしても、セールストークに説得力を持たせたり、よりよい企画書がかけたりと、利点はあります。
但し、どちらかというとマーケは専門職、営業は総合職なので、営業に移動すると...続きを読む

Qマーケティング学科の人

マーケティング学科の人、マーケティング学科の卒業生の人、なぜマーケティング学科を選んだのか教えてください。
また、経営学科でマーケティングの勉強してる方も、マーケティングを学んだら、何に役に立つか、教えてください。

Aベストアンサー

マーケティング学科は経済学・統計学・心理学の要素がベースにありますが
私は心理学の要素にとても関心を持ち選択しました。
なぜその商品を手にするのか、ブランドの何が作用したのか、
そういった消費者心理がおもしろいく感じたのです。

何に役立つかといえば
私はマケの仕事をしていたので、直接的に仕事に役立ちました。
マケの用語・思考・知識があることが仕事の大前提です。

また、マーケティング学科卒という肩書きは
就職・転職活動でマケを仕事とするにあたり、かなり有利にはたらきました。

しかし、正直、マーケティングは学問として深く追求する意味はないな、とも思います。
「マーケティングの基礎」というような本を1冊理解すれば十分な学問だと思います。

●●マーケティングと銘打って深く細分化された手法が現れては消えていきます。
そういったものは本質的でも普遍的でもなく、ある成功ストーリーを華やかに脚色したものにすぎず、ほとんど意味がないんですよね。
実社会ではそんなことよりも会社のカラーや上司の方針が優先されるのが現実です。

つまり、マーケティングは、基礎は役立つけど、応用は役立たない学問、だと思います。

マーケティング学科は経済学・統計学・心理学の要素がベースにありますが
私は心理学の要素にとても関心を持ち選択しました。
なぜその商品を手にするのか、ブランドの何が作用したのか、
そういった消費者心理がおもしろいく感じたのです。

何に役立つかといえば
私はマケの仕事をしていたので、直接的に仕事に役立ちました。
マケの用語・思考・知識があることが仕事の大前提です。

また、マーケティング学科卒という肩書きは
就職・転職活動でマケを仕事とするにあたり、かなり有利にはたらきまし...続きを読む

Qマーケティング担当と営業担当

マーケティング担当と営業担当の違いは何ですか。

Aベストアンサー

北米でマーケティングを勉強して、日本でマーケターしてます。

東京と大阪でもマーケティングの認識は違うと感じております。

 マーケティングの中でも、マーケティングリサーチ、製品企画、ブランド戦略、プロモーション、PRなど分かれます。 ただ、営業と大きく違うところは、マーケターは直接お客様に売り込むことはしません。
売り込むためには・・という仕掛けを製品中心に考えます。サンプルを作るのか、販促物を作るのかなど、考えていきます。製品企画の段階でこれらも全部計画を決めていきます。

 営業の仕事と混在する方が非常に多いのは、確かですね。

Qマーケティングについての疑問

疑問なのですが、世の中には数多くのマーケティング代行会社があります。そして、そこにマーケティング代行を委託する企業があります。


マーケティングにも種類がいろいろあるので、今回の質問では、マーケティングの内容はテストマーケティングさせていただきます。


(1)企業がマーケティング代行会社にマーケティング代行を委託する場合、どういったポイントを比較して委託先を決定するのでしょうか?

(2)また、逆にマーケティング代行会社が案件獲得のために企業に営業を欠けることもあるかと思います。そういう場合、代行会社側はどういうポイントを企業にプッシュするものでしょうか?

マーケティングの仕組みや精度に違いがあると思うので、(1)についても(2)についても、そのあたりが比較のポイントになると思いますが、マーケティング効果予測というポイントでの比較もあるのでしょうか?
※この場合の効果予測とは、投資リターンの予測とします。

そもそも、マーケティングを代行する場合、効果の予測はどういう判断のもとに行われ、どういった計算方法で算出されるものなのでしょうか?

御教示ください。

疑問なのですが、世の中には数多くのマーケティング代行会社があります。そして、そこにマーケティング代行を委託する企業があります。


マーケティングにも種類がいろいろあるので、今回の質問では、マーケティングの内容はテストマーケティングさせていただきます。


(1)企業がマーケティング代行会社にマーケティング代行を委託する場合、どういったポイントを比較して委託先を決定するのでしょうか?

(2)また、逆にマーケティング代行会社が案件獲得のために企業に営業を欠けることもあるかと思います。そ...続きを読む

Aベストアンサー

効果の予測はどういう判断のもとに行われ、どういった計算方法で算出されるものなのでしょうか?

これは、マーケティング会社のノウハウです。
商品とか、マーケティング手法とか、それらの経験から踏まえたものです。

ということは、マーケティング会社を生かすかどうかは、発注側の力量にも関わる事ものです。

その辺を教えてくれるところと手を組まれてはいかがでしょう。

Qマス・マーケティングよりもセグメントマーケティング

マスマーケティングよりもセグメントマーケティングのほうが有効になりつつ理由を教えてください。できれば、企業の例もつけてもらいたいです。

Aベストアンサー

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースから始まり、いまの日本メーカーまで続いて来ました。

この原動力は、市場側ではニーズの多様化であり、生産技術的には、トヨタのカンバン・システムでした。

現在はこの多様化がもっと進みつつあり、One-to-one マーケティング(↓URL第2段落目)が必要だと言われています。問題はどう生産がコストを上げずに対応するかです。ITに熱いまなざしがそそがれていますが。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fitbiz/crm/crm01/crm02.html

マスマーケティングは、市場が同じニーズを持っているとして、少品種大量生産・販売を行うことです。元祖は、フォードがT型という一種類の自動車を、ベルトコンベアで大量生産し、販売したことに始まります。その結果自動車は非常に安くなり普及した。これはこれで意味があったと思います。

セグメントマーケティングは、人々のニーズが多様化していくなかで、市場をいくつかにくくって、それぞれの市場(セグメント)向けに、それぞれのニーズにあった製品を複数作り、販売することで、ゼネラルモータースか...続きを読む

Qマーケティングって何?

マーケティングの意味を教えてください。

港には

感情マーケティング

ほっらかしマーケティング

いたずらマーケティング

パラサイトマーケティング

このような商材、書物がありますが・・・

なんか・・・マーケティングという表現をモノ
を売るためには便利な言葉として使っているような
気もしてしまいます。

何故、人は○○マーケティングという言葉に反応するのだろう?

そんな凄い言葉なのかな~
マーケティングって・・・

私は20代の頃、女性をディスコクラブで良くナンパ
していました。お持ち帰りもしていました。
女性を口説くステップを体系的にして、
「持ち帰りマーケテイング」という商材もでき
ますよね!?

ですよね。

要はこれもマーケティングですよね。
商材として販売している人もいるかもしれ
ませんよね。

下品な話で申し訳ありません。

是非、マーケティングをどう捉えているか
みなさま、無知な私に教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マーケティングとは、一般的には「売れる仕組みつくり」のことです。
売れるっていうことは、売る人と買う人がいて、そのどちらも
それなりの満足が得られないと、そうした行動は起こりません。売る人は、買う人がどうすれば喜んでくれるか、満足してくれるかをきちんと
考えなくてはいけません。すなわち、買う人がどんなことに喜んでくれるのか、知らないと、満足させるものを提供することが出来ず、結果売れずに、自分もうれしくありません。
で、持ち帰りマーケティングで考えますと、その女性がどういったモノ、コトに興味を示すのか、また嗜好性はどうか、理解できていないとなかなか持ち帰りできないですよね。持ち帰るために、そうしたターゲットの女性に好まれるクルマをもち、ビシッとしたスーツを着たり、また羽振りのいいところをチラミセしたり・・・。
そうした自分が狙うマーケットに存在するターゲットのことを良く知り、分析し、行動を取るには、どうしたらよいかを考えるのがマーケティングの第一歩で、それを持続させるような仕組みを作ることがマーケティングの目的です。
ちなみに、市場調査はマーケティングの手法の一つではあります。
で、マーケティングの深化で、「売れ続ける仕組み」を目指すのが「ブランディング」となります。
 こんなんでどうでしょうか。

マーケティングとは、一般的には「売れる仕組みつくり」のことです。
売れるっていうことは、売る人と買う人がいて、そのどちらも
それなりの満足が得られないと、そうした行動は起こりません。売る人は、買う人がどうすれば喜んでくれるか、満足してくれるかをきちんと
考えなくてはいけません。すなわち、買う人がどんなことに喜んでくれるのか、知らないと、満足させるものを提供することが出来ず、結果売れずに、自分もうれしくありません。
で、持ち帰りマーケティングで考えますと、その女性がどういっ...続きを読む

Q企業のマーケティング部に所属しているものです。1万件のアンケートデータ

企業のマーケティング部に所属しているものです。1万件のアンケートデータ(設問40問)の分析を実施しようと思っています。それを自社で分析する場合、エクセルのみで実施することは可能でしょうか?
もしくは、統計ソフトを購入した方が、効率的でしょうか?
データ量が多いので、エクセルのみで計算式でやっていくと、自分のパソコンだと直ぐに止まってしまいそうな危惧があります。
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

データ量としては問題ないと思いますが
計算式によっては重いかもしれませんね。

Accessが使えるのであれば、
Accessで計算させて
計算結果だけをExcelにコピーや
エキスポートで移し、
グラフ表示などだけExcelで
行うようにすれば負荷が減るので
問題なく出来ると思います。

Qマーケティングの定義とは?

マーケティングという言葉をよく耳にしますが、つまるところマーケティングとは何なのでしょうか?
マーケティングの定義を一言で言うとどういうことになるのでしょうか?
またマーケティングと営業の違いについても教えてください。

Aベストアンサー

アカデミックな(正しい)定義は、
企業と消費者との双方向のコミュニケーションのうちの、
企業が消費者からひっぱってくる方向のモノ。
例として消費者の動向を調べるなど。
これは「狭義のマーケティング」とも言えます。

それに対する一般的な定義で、
「広義のマーケティング」といえるのは、
有名なマーケティングの4P
(製品戦略・価格戦略・流通戦略・プロモーション戦略)
注:内容については、業界による違いなど、多説あります。
このマーケティングの4P、あるいはそれらをあわせた
マーケティングミックスを、いかに構築するか、です。

この広義のマーケティングのなかのマーケティングの4P
のなかの、プロモーション戦略の一部が
文頭の狭義のマーケティングにあたります。

この両者が非常にややこしいことと、
広義のマーケティングは経営戦略との違いが
またややこしいので、結構昔に(人聞きですが、)アカデミックなところで
文頭の狭義のマーケティングを、「マーケティング」と定義づけされた
と、私の教授に聞きました。

しかし、やはり一般的には、広義のマーケティングの意味で使われることが多く、
あるいは「マーケティングミックス」「マーケティングの4P」など、
広義のマーケティングの考えに基づいた古い理論の言葉が、
有名で、便利なのでいまだによく使われています。
だから、この狭義のマーケティング、広義のマーケティングを
両方理解しておかないと、
少し混乱してしまう場面がある可能性があると思います。

アカデミックな(正しい)定義は、
企業と消費者との双方向のコミュニケーションのうちの、
企業が消費者からひっぱってくる方向のモノ。
例として消費者の動向を調べるなど。
これは「狭義のマーケティング」とも言えます。

それに対する一般的な定義で、
「広義のマーケティング」といえるのは、
有名なマーケティングの4P
(製品戦略・価格戦略・流通戦略・プロモーション戦略)
注:内容については、業界による違いなど、多説あります。
このマーケティングの4P、あるいはそれらをあわせた
マー...続きを読む

Q突然の不動産マーケティング部への異動(未経験です)

いつもお世話になります。
私は広告代理店に勤めていて、10月からマーケットをやらないかと言うというお話を頂き、挑戦してみようと異動する事となりました。

私自身、担当者から依頼され企画書を作成した経験はあるものの、イチから一人でマーケをするのは初めての事で右も左もわからぬ状態です。
昨日、本屋さんで不動産マーケの本が見つからず
入門書を購入し少し読んで見ましたが、これから大変だなぁ・・・と気持ちが重くなっています。

不動産マーケ経験者の方など、多角的にお話を聞きたいのですが・・・

(1)情報収集に物件周辺の聞き込み調査をする際、不動産屋さんなどには、お客として行き話を聞けば良いのでしょうか?

(2)今ある情報収集の手段は、チラシのデータ、レインズ、不動産経済研究所の不動研、住宅情報(本とネット)です。これらをどう駆使すればより良いでしょうか?

(3)価格相場などは、周辺物件を集めまくっていてはキリがないのですが、どの程度の数を収集すれば良いか?

(4)他、工夫があれば教えて頂きたいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

いつもお世話になります。
私は広告代理店に勤めていて、10月からマーケットをやらないかと言うというお話を頂き、挑戦してみようと異動する事となりました。

私自身、担当者から依頼され企画書を作成した経験はあるものの、イチから一人でマーケをするのは初めての事で右も左もわからぬ状態です。
昨日、本屋さんで不動産マーケの本が見つからず
入門書を購入し少し読んで見ましたが、これから大変だなぁ・・・と気持ちが重くなっています。

不動産マーケ経験者の方など、多角的にお話を聞きたいのです...続きを読む

Aベストアンサー

>私は広告代理店に勤めていて、10月からマーケットをやらないかと言うというお話を頂き、
>挑戦してみようと異動する事となりました。

面白い分野だと思いますよ。

>私自身、担当者から依頼され企画書を作成した経験はあるものの、
>イチから一人でマーケをするのは初めての事で右も左もわからぬ状態です。

マスマーケティングと違って不動産分野はエリアと現場が中心です。なにしろ土地勘がなくては
商売になりません。
それとなんといっても首都圏近畿圏以外商売になりませんから、一定の範囲は押さえれば
やっている専門家が少ないだけに、けっこういい仕事ができます。


>昨日、本屋さんで不動産マーケの本が見つからず
ないです。みすず総研の石澤卓志さんの『2001年のオフィスビル』とかジャンルごとには
ありますけど、要するにリサーチ結果ですね。
総研なら各金融系の総研のレポートなど、市場のマクロ動向がつかめますが
今話題はオフィスでも物流でもなくマンション分譲なのだと思います。
ことにリートとファンドの動向
一番いいのは過去5年の「東洋経済」の不動産特集をざっと読むことです。


>入門書を購入し少し読んで見ましたが、これから大変だなぁ・・・と気持ちが重くなっています。
専門家をうまく使いながら集めた情報の集計分析に徹すること。分析の結果を専門家にヒアリングして
修正をかけていけばいいのです。
この世界、にわか専門家やWebでゼニ儲けするためにいい加減なデータと憶測を書きまくっている
素人がいますから、要注意です。
マンションならケンコーポレーションが賃貸を中心に細かいデータを追っています。

>不動産マーケ経験者の方など、多角的にお話を聞きたいのですが・・・
一応、商業施設を中心にマーケティング経験はあります。

>(1)情報収集に物件周辺の聞き込み調査をする際、不動産屋さんなどには、
>お客として行き話を聞けば良いのでしょうか?
週刊誌がマンションのモデルルームに覆面取材してバレてますよね。オフィスビルは単純に
調査でいいですが、マンションデベには、正面から広報通じてヒアリングが正攻法でしょう。
それとは別に、専門の調査会社を使う手もあります。

>(2)今ある情報収集の手段は、チラシのデータ、レインズ、不動産経済研究所の不動研、
>住宅情報(本とネット)です。これらをどう駆使すればより良いでしょうか?
対象はマンション市場ですか?
まず地価動向、新築分譲坪単価(マンションの価格/占有面積)の分布、過去5年の供給動向
などマクロ動向を頭にいれます。
地価についてはマクロでなく、たとえば大塚駅前など今も公示地価が毎年7%の下落して
いるのに対して渋谷区松涛は、1%の値上がりを示しているなど
地域格差の現れ方をつかみます。
これらは、基本の素養です。
そのうえで、大きな個別物件の売れ行き、トピックスとなる御殿山ハウスの一括分譲化
とか、今後の武蔵小杉新駅とその周辺開発など話題のプロジェクトを見ていきます。
さらに、つくばエキスプレスなどの新線周辺の動き、や大型物件の動向をみていかいます。

>(3)価格相場などは、周辺物件を集めまくっていてはキリがないのですが、どの程度の数を収集すれば良いか?
新築のマンションの平均坪単価を推計を含めて抑えていきます
あとは、完成在庫の動向なども面白いデータになります。
というか調査の目的をしっかりおさえないとただデータごっこになってしまいます。
ターゲットとなる立地に対して求められるのは分譲平均坪単価です。
競合物件の平均坪単価は電話では教えてくれません。チラシから略算で出すか
モデルルームで聞き込むか、業者からデータを買います。

>(4)他、工夫があれば教えて頂きたいです。
目的をもっと明確に持たないと、知らない人にには何聞いているかわかりませんよ。
なんだか、あなたの上司になったような気分です(^^;

>私は広告代理店に勤めていて、10月からマーケットをやらないかと言うというお話を頂き、
>挑戦してみようと異動する事となりました。

面白い分野だと思いますよ。

>私自身、担当者から依頼され企画書を作成した経験はあるものの、
>イチから一人でマーケをするのは初めての事で右も左もわからぬ状態です。

マスマーケティングと違って不動産分野はエリアと現場が中心です。なにしろ土地勘がなくては
商売になりません。
それとなんといっても首都圏近畿圏以外商売になりませんから、一定の範囲は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報