家の前の公道に「子供飛び出し注意」などの看板を立てたいのですが,許可は必要でしょうか?
必要ならばどこに許可をもらえばいいのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (4件)

道路標識は、都道府県の公安委員会が設置することになっていて、個人で自由に設置することは出来ません。

ただし、道路標識ではない「車庫前につき駐車禁止」などの表示は、自分の土地・家屋に設置することは自由です。

 公安委員会では、設置の必要性等を勘案して設置しますが、公安委員会も予算がありますので、緊急度の高い場所や事故多発地帯等を優先します。

 警察署に届け出をする方法もありますが、役所の交通安全担当窓口に相談して、市町村として要望を出す方が、早く設置となる場合が多いので、町内会等の組織から要望してもらったり、個人で要望するよりも、複数の住民や組織で要望した方が、現実性があります。
    • good
    • 0

自分の敷地内に設置することは不可能なのでしょうか?もしそうなのだとしたら、前の方が回答しているような道路占用申請をするということになります。

ただ、道路によっては有料のところもあるのです。金額は様々。これはその道路を管理するところに問い合わせて下さい。役所にいけば解ります。土木関係の係。ただ、そこは本当に道路なのでしょうか。道路に見えるだけで道路ではないこともありますよ。ちなみに飛び出し注意程度のことで、公安委員会が関係することはまずありません。公安委員会が関与するのは道路法令に定められているものだけです。例えば止まれ、とか、いわゆる交通違反等に関するものです。ですから、警戒標識類ですので関係ないと思われます。
    • good
    • 0

前の二人の回答の他に、公道上であれば、「道路占用許可」というものが必要になるはずです。

担当は各自治体の役場(市役所とか)です。私の勤め先の区役所では、土木部門に「占用係」という係があって、そこが担当していました。
とりあえずお住まいの自治体の役所・役場に電話をかけて、「どうろせんようをしたい」と質問してみて下さい。
    • good
    • 0

道路標識ということであれば、各都道府県の公安委員会に届出をすることになってます。


ま、手続き上では管轄の警察署に届出を出して、それから公安委員会の調査等の結果、OKが出たら公安委員会で設置をすることになってます。

 詳しくは下のURLを参照ください

参考URL:http://www.jaf.or.jp/qa/advice/answer/H/H_6.htm
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q緑の看板(標識)と青の標識では何が違うのでしょうか

よく青の看板は見かけますが、緑の看板(標識)と青の標識では何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

緑の標識は案内標識といって道を案内する目的の標識、青の標識は指示標識と言って進行方向などを指示する目的の標識と一応分類されています。
 

Q痴漢に注意の看板が消えた

人通りの少ない路地に以前は警視庁からの「痴漢に注意」の看板があったのですが
最近なくなりました。
痴漢被害がなくなると何年後に看板撤去とか、そういうのがあるのでしょうか?
また、痴漢に注意の看板って痴漢の被害がどれくらいでると設置されるんでしょうか?
基準とかあったら教えてください。

Aベストアンサー

「痴漢に注意」の看板があること自体が、警察が「ここは危険な地域です」と認めていることになります。

そういう看板が撤去されたとすれば、治安が良くなったと喜ぶべきことです。

基準については、警視庁に聞いても教えてくれないでしょう。

Q山道に行けば錆び捲った看板 標識どう思いますか? 景観が損なわれるだけでなく事故に成りかねません。

山道に行けば錆び捲った看板
標識どう思いますか?
景観が損なわれるだけでなく事故に成りかねません。

Aベストアンサー

国鉄の時代の標識。
もたれかかっています。

>景観が損なわれるだけでなく事故に成りかねません。
危険はないかな。
「国鉄か~」とほのぼのします。

Q「歩行者・自転車 専用信号」という看板は必要なのでしょうか?

ちょっと前に気付いたのですが、歩行者信号の隣には必ず縦書きで「歩行者・自転車 専用信号」という看板が取り付けられています。今まであの看板が付いていない歩行者用信号にお目にかかったことがありません。
これって一体誰のために存在するのでしょうか?

自動車と同じ形式のものを縦にした信号機につけるのなら、混乱を避けるために必要かもしれません。しかし、上に赤・下に青でレンズに人の絵が描かれている信号機全てにつける必要はないのではないでしょうか?

日本で自動車の免許を取得した人ならば、あの形式の信号が歩行者用であることは100%知っている筈です。

それでは免許を持たない人の為にあるのでしょうか?ちゃんと人の図柄が描かれているのですから、おそらく分からない人はいないでしょう。

ならば、生まれたばかりで社会の仕組みをあまりよく知らない小児の為についているのでしょうか?しかし小児に漢字は読めないでしょう。

じゃあ、日本の交通法規を知らない外国人のため?漢字圏出身の外国人ならいざ知らず、日本語を読めない外国人には無用の長物です。

私が思うに、あれはお役所と信号機メーカーとによる陰謀ではないかと睨んでいますが、考えすぎでしょうか?

ちょっと前に気付いたのですが、歩行者信号の隣には必ず縦書きで「歩行者・自転車 専用信号」という看板が取り付けられています。今まであの看板が付いていない歩行者用信号にお目にかかったことがありません。
これって一体誰のために存在するのでしょうか?

自動車と同じ形式のものを縦にした信号機につけるのなら、混乱を避けるために必要かもしれません。しかし、上に赤・下に青でレンズに人の絵が描かれている信号機全てにつける必要はないのではないでしょうか?

日本で自動車の免許を取得した人な...続きを読む

Aベストアンサー

2つ理由があります。
「歩行者・自転車 専用信号」と書いてない場合には、自転車にたいして法律上無効になってしまいます。
何も看板が無いと、あの形の信号は歩行者専用だからです。
自転車は、その看板が無いと自動車と同じ信号機に拘束されます。
もっとも、歩行者も歩行者専用の信号が無いと、自動車と同じ信号に拘束されるのですが…

もう1つは、些細な理由です。
ご指摘の通り免許の無い歩行者でも、あの信号の意味を知らない人はいないと思います。
しかし、法律ではそういう過信は許されません。
「私は信号機の意味などしらない」と主張する人には、違反の罪を問えません。
知らなかった事など、裁判で調べるのは困難です。
「私は漢字が分からない」という主張なら、小学校を卒業したか調べればすぐに分かりますから。
日本語の分からない外国人は、自分の安全のために日本語をわかる努力をするか、ガイドを雇う義務があります。

Q交通規制、標識ではなく、”看板”の有効性

よく、”スクールゾーン”などでは、規制区域入り口に”標識”(進入禁止+規制時間)により規制をし、そのうえで、”車止め”や”立て看板”が見受けられます。

しかしながら、標識による規制が全くない状態で、突然添付写真のような”立て看板”が出てくることがあります。

このような規制は法的に有効なのでしょうか?ちなみに、この立て看板のあった道路の標識には、バイク=終日、車=時間規制 の標識は一切ありませんでした。(駐車禁止と制限速度の標識のみ)

このような看板で規制が可能であれば、第三者が勝手に立て看板を立てても、それが有効か無効か、ドライバーは判断ができません。

ちなみに、以前聞いたところでは、〇〇署(今回の写真)、〇〇市役所 では”無効”で、〇〇署署長 とあると”有効”と聞いたこともあります。後者が有効の場合、ゲリラ的に地域住民が”勝手に規制”することも事実上可能となってしまいます。(もちろん法的根拠がないから、違反とはならないが・・・)

どなたか、知識のある方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>ちなみに、以前聞いたところでは、〇〇署(今回の写真)、〇〇市役所 では”無効”で、〇〇署署長 とあると”有効”と聞いたこともあります。

道路交通法第五条1項
第五条  公安委員会は、政令で定めるところにより、前条第一項に規定する歩行者又は車両等の通行の禁止その他の交通の規制のうち、適用期間の短いものを警察署長に行なわせることができる。
(「前条第一項」は、交通規制に関する条項)

質問文に添付された看板には「〇〇署署長」と言う表記が有りませんが「規制するように命じたのが〇〇警察署の署長」であれば、その規制は「法的に有効」であり、規制を無視すれば「交通違反」になり、警察に見付かれば捕まります。

逆に言えば「規制看板に『〇〇署署長』と言う表記があったとしても、その規制を命じたのが公安委員会でなく、〇〇署署長でもなく、住民の誰かが勝手に設置した」と言う場合、その看板に「法的根拠」はありません。

と言うわけで、重要なのは「看板の表記」ではなく「誰の命令で規制が行なわれているか」です。

ドライバーは、看板を見ただけでは「規制の命令者が判らない」つまり「規制に法的根拠があるかどうか判らない」ので、規制を無視した場合に交通違反になるか交通違反にならないか、判断できません。

なので、結果的に
>ゲリラ的に地域住民が”勝手に規制”することも事実上可能となってしまいます。(もちろん法的根拠がないから、違反とはならないが・・・)
と言う事になってしまいます。

もし「法的に有効」だったら、捕まるのはドライバーの方ですから、素直に従っておくか、その場で管轄署に問い合わせて規制が行われているか調べるしか手はありません。

どんなにチャチな看板(例えば「ベニヤ板に手書きで、警察の表記が無い」としても)であろうが「規制を命じたのが警察署長であるならば、規制に従うしかない」ですからご注意を。

なお「規制看板を設置したのが住民」であっても、以下のような場合、規制が有効になります。

それは「道路が私有地内を通っている場合」と「道路が私道の場合」です。

例えば、行政の手落ちで、土地収用が完了しないまま「私有地の真上に道路を通してしまった」などと言う場合、土地所有者は法的に私有地内への立ち入りを禁止できるので、道路の真ん中に「通行禁止」と言う看板を立てる事が出来るし、勝手に立ち入った者は「不法侵入」になります。

例えば、行政の手落ちで、私有地を借用して道路を通した後、賃貸契約の継続を怠って契約が切れた場合、土地所有者は法的に私有地内への立ち入りを禁止できるので、道路の真ん中に「通行禁止」と言う看板を立てる事が出来るし、勝手に立ち入った者は「不法侵入」になります。

そういう訳で「住民が立てた看板も、場合によっては、従っておかないとヤバい」です。

どんな場合であれ「通るな」と書いてあるなら通らない方が良いです。もしかしたら「通ると道路が崩れたりして危険だから、通行禁止にしている」かも知れませんから、看板を無視したら命を落とす危険に遭うかも知れません。

>ちなみに、以前聞いたところでは、〇〇署(今回の写真)、〇〇市役所 では”無効”で、〇〇署署長 とあると”有効”と聞いたこともあります。

道路交通法第五条1項
第五条  公安委員会は、政令で定めるところにより、前条第一項に規定する歩行者又は車両等の通行の禁止その他の交通の規制のうち、適用期間の短いものを警察署長に行なわせることができる。
(「前条第一項」は、交通規制に関する条項)

質問文に添付された看板には「〇〇署署長」と言う表記が有りませんが「規制するように命じたのが〇...続きを読む

Q検問の時に、道路許可は必要なの?

警察がシートベルトとか飲酒運転とかで道路のスペースを利用してますが、思うのですが、道路って警察のものなんでしょうか?検問場所が県道とか国道とかでやってる事が多いですが、検問する時に、役所の許可があるのでしょうか?基本的に道路は警察のもので、検問も警察が好きな時にやっていいって事でしょうか?

Aベストアンサー

必要な様です

許可は警察署長が発行します
ですから 如何様にも対応できます(警察署によって異なるでしょうが、管轄内全道路の使用許可証を持っているようです)

なお 道路は警察の物ではありません
道路の管理は 国・県・市町村役場の担当部門です

警察は 道路交通を管理する権限を有するだけです

Q不親切な看板、標識

北九州から大分へドライブしていたときの話です。
都市高速から行橋、中津経由で「宇佐別府道路」に乗れば最短で大分に入れるのですが、都市高速の途中に九州自動車道へ誘導する看板があり、「大分方面」って書いています。しかし、九州自動車道に乗れば鳥栖、日田を経由することになり、100キロ以上大回りしてしまいます。
初めて大分へ向かう、相当数のドライバーが誤ったのではないかと推測されます。
これはひとつの例ですが。普段から、いろんな道路標識の不親切さに悩まされてきました。これって改良してもらいたいのですが、方法はありますか?

Aベストアンサー

福岡北九州高速道路公社に書かれたことを
ぶつけてはいかがでしょうか。
それが最善です。

http://www.fk-tosikou.or.jp/

Qマンホールの蓋を開けるのに許可は必要?

マンホールの蓋を開けるのに許可は必要?

例えば、市の職員が道路のマンホールを開けて、中に入る場合。
(1)警察の許可は必要なのでしょうか?
(2)また、許可が必要な場合、事前に警察に書面で許可を申請する事になるのでしょうか?
(3)仮に、市の職員が職務ではなく、マンホールの蓋を開けて、中に入った場合、何か罪になるのでしょうか?

例えば、建築車両を道路に止めたりする場合、警察の許可を得、許可書みたいなの提示している見たことがあるのですが、上記3つの場合、どうなるのかと思い、お手数ですが、お教え下さい。

Aベストアンサー

道路使用許可は、道路管理者に提出し所轄の警察署に送られ、「協議書」を添付して「意見」(条件)を書きくわえられて返されます。

マンホールの蓋を開けるのが、道路管理者であれば許可は必要ありませんし、幹線道路以外では通知も必要としません。(事前に取り決めがされています)
また、下水道管理者或いは共同溝の使用者等は、事前に通知方法・許可事項が定められています。

Q法定以外の交通標識について

法定以外の交通標識について
自動車運転免許試験等で取り扱う標識以外の標識(?)に関する質問です。

1.信号待ち
4車線の一桁国道と、2車線道路の信号付き交差点があります。
この2車線道路側に右折レーンは無いのですが、「直進車と右折車は並んで待機してください」というような看板が交差点直前にあります。設置者は、市と警察署の連名です。
元々2車線道路で幅が無く、普通乗用車同士でないと並べないため、右折レーンを設定できないことからの苦肉の策ではないかと思います。
この看板を無視して、左寄りから右折すると検挙対象でしょうか?
また、並んで待たないと検挙対象になるのでしょうか?

2.転回
その近所、別の4車線道路(市道)での話です。
こちらには、「危険ですので転回しないでください」という看板が50mおきに5箇所くらい設置されています。これも市と警察署の連名です。転回禁止標識はありません。
数年前に大型ショッピングセンターが出来たため、向かい側の駐車場へ入る車に対する牽制だと思うのですが、転回禁止標識を設置できない理由も思い当たりません。
転回禁止とするためには難しい条件があるのでしょうか?
また、この看板を無視して転回すると、検挙対象でしょうか?

客観的な根拠を示せる方、回答をお願いします。
該当する条文などを示して頂けるとありがたいです。

法定以外の交通標識について
自動車運転免許試験等で取り扱う標識以外の標識(?)に関する質問です。

1.信号待ち
4車線の一桁国道と、2車線道路の信号付き交差点があります。
この2車線道路側に右折レーンは無いのですが、「直進車と右折車は並んで待機してください」というような看板が交差点直前にあります。設置者は、市と警察署の連名です。
元々2車線道路で幅が無く、普通乗用車同士でないと並べないため、右折レーンを設定できないことからの苦肉の策ではないかと思います。
この看板を無視して、左寄りから...続きを読む

Aベストアンサー

> この看板を無視して、左寄りから右折すると検挙対象でしょうか?

看板の有無に関わらず、右折する際には、「あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄」らなければならない(道路交通法第34条第2項)ため、左寄りから右折すると検挙対象となるかと存じます。

(左折又は右折)
第34条
2 自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。


> この看板を無視して転回すると、検挙対象でしょうか?

転回については、道路標識等(道路標識又は道路標示)によって禁止されていなければ、歩行者や他の車両の妨害となる場合を除き、転回することができます。(道交法25条の2)
ところで、道路標識等の様式は、「内閣府令・国土交通省令で定める」こととなっております(道交法4条5項)が、ご質問にある看板は府令・省令に定めのある様式ではないため規制の効力を有せず、検挙対象とはならないものと考えます。
なお、「内閣府令・国土交通省令」とは、「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」を指します。

転回禁止に関する規制標識は、都道府県の公安委員会が設置することとされております(標識令4条2項)。
公安が規制を要しないと判断したのか、そもそも公安において議題にもすら上がっていないのか、はたまた設置を要すると決議したものの予算の都合で規制実施に至っていないのか・・・そのあたりの事情は推測しかねます。

> この看板を無視して、左寄りから右折すると検挙対象でしょうか?

看板の有無に関わらず、右折する際には、「あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄」らなければならない(道路交通法第34条第2項)ため、左寄りから右折すると検挙対象となるかと存じます。

(左折又は右折)
第34条
2 自動車、原動機付自転車又はトロリーバスは、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、そ...続きを読む

Q交通量調査に道路使用許可は必要?

マーケティングの一環として、路上(私道ではありません)の片隅で交通量調査を行いたいのですが、道路使用許可は必要でしょうか?

道路交通法を読んでみたんですが第七十七条一項一号の「作業」にあたるのかわからなかったものですから、質問させていただきました。よろしくお願い致します。


道路交通法第七十七条 次の各号のいずれかに該当する者は、それぞれ当該各号に掲げる行為について当該行為に係る場所を管轄する警察署長(以下この節において「所轄警察署長」という。)の許可(当該行為に係る場所が同一の公安委員会の管理に属する二以上の警察署長の管轄にわたるときは、そのいずれかの所轄警察署長の許可。以下この節において同じ。)を受けなければならない。
 一  道路において工事若しくは作業をしようとする者又は当該工事若しくは作業の請負人

Aベストアンサー

交通量調査を行う場合、道路使用許可は必要です。
管轄の警察署に用意されている「道路使用許可書」を提出して許可を受ける必要があります。
場所を特定できる地図があると良いでしょう。
手数料が2000円程度かかります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報