換気扇等のファンをアルミ製にして問題はないでしょうか。
また、寿命は?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

油煙の油が酸化していると、アルミでも腐食します。

アルミってさびないと思っている人が多いけど結構錆ますよ。(アルミのさびは、白く粉を吹く感じでそのうち黒くなります。)錆びだすと早いですよ、それにアルミは中性金属で酸でもアルカリでも腐食してしまいます。煙にはいろいろな成分が入っているのでなかなかアルミ製というのは見ませんね。(形状からしてアルミの成形品より樹脂の方が安くて軽いからかも)
とは言っても、アルマイト処理(耐蝕処理)して、使用すれば、使用場所によっては使用できると思います。

この回答への補足

油の酸化。気が付きませんでした。
ありがとうございます。

補足日時:2005/04/15 08:40
    • good
    • 0

 アルミは金属疲労に弱いので・・・・・・


 そしてやらかいので
 使っている内にひびが入り、羽が飛んで行くので怖いですよ
 寿命(耐久性)は短いですね

 放熱を良くするために筐体がアルミの製品は見ますが、羽がアルミは見た記憶が無いですね

この回答への補足

そうでした。強度的な部分を見落としておりました。
ありがとうございました。

補足日時:2005/04/15 08:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミアングル

板厚5-6mmのアルミアングルを探しています。
L部は15-20mmくらいで不等辺のものがほしいです。
(長さは1m以下)

薄板のアングルは、建築資材でさまざまなものがありますが、これくらい厚く、かつ小さい(幅の狭いもの)となると、規格品が見つかりません。
(50mm以上の大きな幅のものならありますが)

どういうところで扱っているでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ押出し形材のカタログを見ましたけど、
残念ながら、L-5x15x20はありませんでした。
こちらの不等辺アングルをクリック
http://www.alumi-world.jp/oshidashi/2109c01a.html
同業者はこちら、
http://www.namekawa.co.jp/index.html
不等辺アングルも扱ってますが、そのサイズはありませんでした。
(手持ちのカタログにて)
角棒を削り出してもらうこともできますが、
1mを1本だけだと、何万円にもなりそうな、、、、?

フラットバー5x15と5x20を合体ってどうでしょう。
アルゴン溶接でグニャグニャになりそうですね。

Q理科の問題の添削をよろしくお願いします。

理科の問題の添削をよろしくお願いします。

1( )の中に適する数字又は語を入れよ。
(1)2⇒有効数字1桁なので2桁目が四捨五入されている。
( 1.5 )≦(2の真の値)<( 2.4 )※[不等号に注意]
(2)2.0⇒有効数字2桁なので3桁目が四捨五入されている。
( 1.95 )≦(2の真の値)<( 2.04 )※[不等号に注意]

2有効数字に注意して次を計算せよ。
(1)3.96+2.586= 6.55
(2)3.89-2.3= 1.6

Aベストアンサー

>(1)2⇒有効数字1桁なので

の右側の( )内に入る数字は、2.4ではなく、2.5です。
 例えば、2.499は2.4よりも大きな数ですから、仮に

( 1.5 )≦(2の真の値)<( 2.4 )

が正しいとすると、2.499は(2の真の値)ではないという事になり、有効数字2桁で表した場合の(3の真の値)という事になってしまいますが、それは明らかに変である事が御解りになるかと思います。
 「<2.5」の範囲には2.5は含まれませんが、2.4999999999・・・・・・・・の様な、2.5よりも僅かでも小さい数までが含まれます。
 どれ程2.5に近い数字であっても、2桁目が4である以上、2桁目で四捨五入すると、2になります。

 同様に

>(2)2.0⇒有効数字2桁なので

の右側の( )内に入る数字は、2.04ではなく、2.05です。

 他の答えはあっていると思います。

Qアルミのアングルを探しています

アルミのアングル材を探しています、(ブロンズ色)
住まいのDIYのため30ミリ×50ミリのアングルで長さが2000ミリ位のものを1本でよいのですが探しています。新潟、三条、長岡市内のホームセンターで探してみましたが該当するものが見つかりませんでした・・・・最悪50ミリ×50ミリのアングルを片面切断してもらえる所でもよいです、
肉厚は1,5ミリ~2,5ミリ位の物です、
当該地域で手に入れることの出来るお店を教えてください。

Aベストアンサー

コメリの「パワー店」はご存知でしょうか?
新潟ではありませんが会社の近くにあるパワー店はすごいです。
仲間内ではスーパーマンならぬ「スーパーコメリ」と呼んでいます。
通常店舗の10倍ぐらいの店舗面積があります。
無い物ももちろんありますが仕事で必要になるものや自宅の補修部品など良く買いに行きます。
同じコメリでも品揃えが違いますからもしかしたらあるかもしれません。
以前店員さんに置いてない物は取り寄せできますと聞きました。

新潟市内だと河渡と新津にあるようです。
参考URLは新潟県内の店舗検索サイトです。

ムサシもコメリも新潟がお膝元ですよね?
威信を賭けて大規模店舗を作っていませんか?

参考URL:http://www.komeri.com/disp/CKmSfCitySelectShop.jsp?p=15

Q理科の問題の添削をよろしくお願いします。

理科の問題の添削をよろしくお願いします。

1mm=[1000]μm
1μm=[1000]nm
1km=[100000]cm
1nm=[10^-9]m
1kg=[1000]g
1g=[1000]mg
1mg=[1000]μg
1ng=[0.000001]g
1pg=[10-12]g
1b=[1000]mb (圧力)
1KB=[1000]B
1GB¬=[1000000000]B
1TB=[1000000000000]B

Aベストアンサー

日本や中国の単位は万、億、兆、京、垓...というように、4桁ずつ
で違う単位になりますが、西洋の単位は3桁ずつで変わります。

科学的な分野で使われる度量衡をSI単位といい、長さ[m]、
質量[kg]、力[N]などのkほんたいとそれを組み合わせた単位
体積[m^3]、圧力[Pa]=[N/m^2]からできています。
それらの値をわかりやすくするために接頭語を使います。

<SI単位の接頭語>
G(ギガ)=10^9
M(メガ)=10^6
k(キロ)=10^3
h(ヘクト)=100
c(センチ)=0.01
m(ミリ)=10^-3
μ(マイクロ)=10^-6
n(ナノ)=10^-9

解答の単位変換は全て正しいと思います。
ただし、B(バイト)は主に二進数で計算することが多いので、
1kB=2^8=1024 とすることもあります。
おなじように、1MB=2^16とすることも、10^6
とすることもありますが、どちらも正しい値です。
電子工学の世界では前者を使うことが多く、それ以外では後者を使う
ことが多いです。
また、HDDなどの表示容量は低い方の値になっていることが多く、
ソフトウェアなどの必要メモリ量などは多い方というように、都合良く
使われているようです。

日本や中国の単位は万、億、兆、京、垓...というように、4桁ずつ
で違う単位になりますが、西洋の単位は3桁ずつで変わります。

科学的な分野で使われる度量衡をSI単位といい、長さ[m]、
質量[kg]、力[N]などのkほんたいとそれを組み合わせた単位
体積[m^3]、圧力[Pa]=[N/m^2]からできています。
それらの値をわかりやすくするために接頭語を使います。

<SI単位の接頭語>
G(ギガ)=10^9
M(メガ)=10^6
k(キロ)=10^3
h(ヘクト)=100
c(セン...続きを読む

Qアルミパイプとスチールアングルの接着方法。

アルミパイプ(25パイ)と鉄アングルを接着するにいい方法はないですか。
パイプは300mmほど長さがあり20パイ内径。
アングルは市販モノ。
コンパネくり抜いてタッピングビスでとめる。
シリコンコーキングかモルタルをヌリまくる。

これぐらいしか思いあたりません。
溶接はよーしません。

カメラクレーン(10kgぐらいシーソー型)が。きます。
シンプルでカンタンでカクジな方法ないですか。

Aベストアンサー

  こんばんは。#3です。お礼の欄見てまた来てしまいました。

 マストクランプでしたら、10kg位の物を取り付けて可変するのには問題ないと思います。

 但しアルミパイプの径が25mm径だと細い感じがします。36mm位か42mm位にした方が良いと思います。
 太くなってもアルミなのでとても軽いです。

 固定するパイプとアングルの大きさのUボルトを用意して、アルミ板に4ヶ所Uボルトを止める穴を開けてUボルトで締め付ければ完了です。

 Uボネルトとアルミ板でしたらだいていのホームセンターに置いてあると思います。
 屋外で使用するのでしたらUボルトはステンレス製が良いでしょう。
 
 この製品として、アマチュア無線や業務用無線のアンテナ部材のマストクランプというものがあります。

 こんな感じでいかがでしょうか。

Q理科の問題の添削をよろしくお願いします。

理科の問題の添削をよろしくお願いします。

(1)H原子一個の質量が1.7×10-24gの時,H原子6.0×1023個の質量は何gか?
 式)1.7×10-24×6.0×1023           答1.02g
(2)O原子一個の質量が2.7×10-23gの時,O原子6.0×1023個の質量は何gか?
 式)2.7×10-23×6.0×1023           答16.2g

Aベストアンサー

添削を要しないくらい良い解答と思います。
添削が必要なのは問題の方です。
原子1個の質量を計ることはかなり難しく無意味です。
それよりも、水素分子を2.0mol集めると4.0gに
なり、6.0×10^24個で4.0gになる事の方が
重要です。
問題のための問題であるような気がします。

Qアルミホイールの規格は?

ネットでアルミホイールを購入しようと思うのですが、ホイールには様々な規格があると思うのですが、せっかく来たものが使えなければなにもなりません。で、注意する点を教えてください。14インチの4穴です。タイヤは175がいまあります。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「アルミホイールのサイズの読み方」

ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/J-hide/wheel.htm

Qこの化学の問題を教えてください!よろしくお願いします!

この化学の問題を教えてください!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

(1)~(3)までお答えします。

(1)
再結晶とは、簡単に言えば、溶媒に一旦全部溶かして、それを析出させる操作です。溶かしたり析出させたりする、ということを科学的に言うと、「溶解度を変化させる」となります。この、溶解度を変化させるのは、大学入試問題のレベルでは、具体的には温度を上げたり下げたりする、というのが大半です。
(実用的には、良溶媒[りょうようばい]中でなおかつ温度を上げて一旦完全に溶かし、そこに温度を保ったまま貧溶媒[ひんようばい]を少しずつ加えて析出させる、という事をしたりすることもありますが、これは「晶析」[しょうせき]と呼んで「再結晶」とは区別することもあります。いずれにしても入試問題にはまず出ないと思います。)
温度を上げたり下げたりするので、温度を上げた時にその温度で分解しないことが必要です。ですので、「再結晶に向いている物質」としては、「熱で分解しない物質」、「向いていない物質」はその逆で「熱で分解する物質」というのが答えの一つです。「違いは」という問いですので、「熱に対する安定性」というのが一つの答えです。
ほかに、溶解度の変化の大きい物質は、少しの変化で完全に溶けたり、析出したりして再結晶しやすいですので、違いは「溶解度変化の大きさ」となります。
済みません、今この二つしか思いつきません。

(2)
98 %硫酸の1 Lで考えます。密度が1.84 g/cm3すなわち1.84 kg/Lなので、体積1 Lは質量1.84 kgに相当します。濃度が98 %なので、そのうちの溶質(純硫酸)の質量は、
1.84 kg×0.98
です。この質量を物質量に換算すると、H2SO4のモル質量を、(1×2+32+16×4) g/mol=98 g/mol=0.098 kg/molとすると(水素原子、硫黄原子、酸素原子のモル質量をそれぞれ1 g/mol、32 g/mol、16 g/molとすると)、
1.84 kg×0.98÷(0.098 kg/mol)=(1.84×0.98÷0.098) mol
となります。これが1 L中にあるので、モル濃度(=溶質の物質量÷溶液の体積)は、
(1.84×0.98÷0.098) mol÷1 L=(1.84×0.98÷0.098) mol/L=18.4 mol/L
となります。
次に、質量モル濃度(=溶質の物質量÷溶媒の質量)を考えます。
98 %濃硫酸1 L中の溶媒の質量は、
(1-0.98)×1.84 kg/L=(1-0.98)×1.84 kg
です。よって、質量モル濃度は、
(1.84×0.98÷0.098) mol÷{(1-0.98)×1.84 kg}=[0.98÷{0.098×(1-0.98)}] mol/kg=500 mol/kg
となります。
「1 kg当たり500 molも?」と、馬鹿でかい値のように感じますが、検証してみます。
98 %濃硫酸の1 Lは、上述の通り1.84 kgに相当します。このうち、
溶質の純硫酸は、1.84 kg×0.98=1.8032 kg
溶媒の水は、1.84 kg×(1-0.98)=0.0368 kg=36.8 g
です。
すなわち、溶媒の水は、わずか36.8 gしか存在しないわけで、そこに溶質の純硫酸が1.8032 kg、物質量では、1.8032 kg÷(0.098 kg/mol)=18.4 molも溶けている(混ざっている)ので、
「溶媒1 kg当たりの溶質の物質量」である質量モル濃度は、
18.4 mol÷0.0368 kg=500 mol/kg
となり、間違いないことが分かります。

(3)
1 mol/Lの希硫酸500 mL(=0.5 L)中に含まれる溶質(純硫酸)は、
物質量:1 mol/L×0.5 L=0.5 mol
質量:0.5 mol×0.098 kg/mol=(0.5×0.098) kg
です。これだけの純硫酸を含む98 %濃硫酸の量は、
質量:(0.5×0.098) kg÷0.98=(0.5×0.098÷0.98) kg
体積:(0.5×0.098÷0.98) kg÷1.84 kg/L=(0.5×0.098÷0.98÷1.84) L≒0.0272 L=27.2 mL
となります。

(1)~(3)までお答えします。

(1)
再結晶とは、簡単に言えば、溶媒に一旦全部溶かして、それを析出させる操作です。溶かしたり析出させたりする、ということを科学的に言うと、「溶解度を変化させる」となります。この、溶解度を変化させるのは、大学入試問題のレベルでは、具体的には温度を上げたり下げたりする、というのが大半です。
(実用的には、良溶媒[りょうようばい]中でなおかつ温度を上げて一旦完全に溶かし、そこに温度を保ったまま貧溶媒[ひんようばい]を少しずつ加えて析出させる、という事をし...続きを読む

Qアルミホイルの規格(サイズ)

 国産車で車種、年式ごとに取り付け可能な
アルミホイールのサイズ一覧表みたいなサイトは
ありませんか?


○例えば
メーカー 車種  「オフセット」 「インチ」・・・

ホンダ ○○○  ○○~○○  ○○~○○インチ
トヨタ ○○○  ○○~○○  ○○~○○インチ

Aベストアンサー

(http://www.j-sp.com/RNG/matching/matching.html)
(http://www.naproparts.com/match.htm)

などが、当方の知っているサイトです。

O・Z(http://www.oz-japan.com/products/index.html)も、参考になります。

ただ、どれも新しい車の情報がメインで、ちょっと古い車ですと探すのが大変です。

カー用品店にて、『エンケイマッチングデータブック』を見せてもらうのが一番確実です。

タイヤとセットで考える場合は、ブリヂストンの丸秘データブックにて調べてもらうと良い場合もあります。

Q分析法について、以下の試験問題のご回答をよろしくお願いいたします。

分析法について、以下の試験問題のご回答をよろしくお願いいたします。
以下の試験問題のご回答をよろしくお願いいたします。
固形物未知試料の定性および定量に、最も有効な分析手法は次のどれか?
(1)常磁性共鳴吸収法 (2)原子吸光法 (3)蛍光X線法 (4)熱重量測定法 (5)酸化還元滴定法

Aベストアンサー

常識的には(3)でしょう。
(1)は磁性がないと何にも見えない。
(2)非常に良いがまず固形物を硝酸溶液に変えなくてはいけない。
(3)装置に放り込んでRETURNを押せば勝手に元素分布を書いてくれる。
(4)相変化があるか熱分解(パイロリシス)が起きないと何も見えない。
(5)これもまず溶液化しないといけない、元素分布は分からない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング