8月31日にディーゼル車を中古で購入して約千キロほど走りました。今日エンジンオイルレベルゲージを抜いて、布でぬぐってみたら色が真黒でした。再度ゲージを差し抜きしてぬぐってみてもやはり真黒でした。どれ位の黒さかと言うと、絵の具の「黒」と同じくらいです。納車前にエンジンオイルとエレメントは交換してもらってます(もちろん実際に現場を見たわけでなく、整備記録とお店の方が言うにはですが・・・)。

そこで質問させていただきます。

Q1 ディーゼル車のオイルは、ガソリン車のオイルと比べて色が黒いのでしょうか?

Q2 Q1がNOだとしたら、黒くなった原因は何が考えられるでしょうか?

ご回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おまけです。

確かにディーゼルエンジンではガソリンエンジンに比べオイルの汚れはかなり早い(見た目では)ものです。これはディーゼルエンジンではオイルにかかる負担がガソリンエンジンよりかなり大きいためです。ただしディーゼルエンジン用のオイルはオイル自体に汚れを溶け込ませておく性能がガソリンエンジン用のオイルよりもかなり高くなっていますので、見た目に黒くなっていても問題ない場合が多いのです。ただし粘度の低下には十分気を使う必要があります。ディーゼルではガソリンエンジンと比べ圧縮圧力が高い分、燃焼圧力も高くなり摺動部にはガソリンエンジンよりずっと高い圧力が加わります。オイルの粘度が低下してしまうと極圧下では油膜切れを起こす可能性があります。
    • good
    • 0

新油のときの色は、ガソリン用よりも色が少し濃いです。


新車のディーゼル車を、2台乗り継いでいますが、1000キロ走れば、墨汁のように真っ黒になります。
自分でオイル交換するので、いつも手が真っ黒になりました。
#4のかたが言っておられるように、数分まわすだけで、あっという間に黒くなります。
心配しなくていいですよ。
ディーゼルは、そういうものです。
    • good
    • 0

 仕事でバスを運転していたものです。


 自分でオイル交換やフィルターを取り替えた直後、エンジンを数分回しただけで、真っ黒だったです。
 すぐ、オイルパンのネジ外して、抜けていくオイルの色を確認しましたが、かすかに、新しいオイルの色が光に透けて見える、黒と琥珀のまだら色のオイルでした。

 まぁ、その時私も納得いかなかったです。
    • good
    • 0

a1 ガソリン車のオイルと比べれば色が黒かったり茶ぽいです。



 主に 軽油を使うことや 燃焼室内の形状など いろいろ違うためです。

a2でも絵の具の「黒」までは いきません。

原因は カーボン すす が燃焼室内で発生してしまい。
オイルが洗い流してくれている状態だったりとか とにかくオイルの通過経路に
原因があります。

納車整備で煤飛ばしのスプレーをつかってますか。?すすが燃焼室内で ぼろぼろとれたとか。いろいろ考えられますが 排気ガスの色を教えていただけると
もっと原因が絞れます。排気ガスの色が黒ければ不完全燃焼が考えられます。
キャブの封印シールをはがして調整します。オイル上がりの場合は厄介です。
ピストンリング破損なども考えられます。

2D整備士より




 
    • good
    • 0

その昔ガソリンスタンドでバイトしていた者です。


ディーゼル車のエンジンオイルは入れる前はガソリン車の物と同じような色をしていますがエンジンに入れて1kmも走れば真っ黒になります。
たぶんススで黒くなるのでしょう。上り坂でエンジンをふかすと真っ黒な排ガスが出ますね。それです。
従ってディーゼル車のエンジンオイルの具合を見るのは色ではなく粘性と量で確認することになります。
    • good
    • 2

ピストンリングが磨耗しているとオイル交換してもすぐにオイルは黒くなる。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCastrol Edge 5W-40の品質は?

愛車BMW318iにCastrol Edge 5W-40 このエンジンオイルを使用しています。
このオイルはBMWではロングライフ指定オイルで推奨されています。

ここで質問ですが、このロングライフ指定のCastrol Edge 5W-40 このオイルを1年間使用してから交換しても大丈夫でしょうか?

走行キロ数は年間4000キロ未満です。あるBMW所有者のブログにもこのCastrol Edge 5W-40オイルで1年後に見たらそれでもあまり汚れないし、減りもしない。粘度もまだいけそうでした。と書いてありました。

こんなに長い期間交換しないで走行してもエンジンには障害はないのでしうか?

ご回答を宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通に乗ってるぶんには問題ないでしょう。
距離数も少ないし。

>。あるBMW所有者のブログにもこのCastrol Edge 5W-40オイルで1年後に見たらそれでもあまり汚れないし、減りもしない。粘度もまだいけそうでした。と書いてありました。

汚れないのはいいことではありません。
エンジンの状態にもよりますが、汚れない=汚れを取っていないです。
でもこのオイルはそういったものではエンジンの状態、メンテがいいんでしょうね。
減るのも同じです。エンジンの状態が悪いと燃焼室に入って燃えてしまいます。減るということはブローバイもひどいはずなんで、エンジンの中べったべたになりますし。

後は1年間大丈夫なんだと安心しないでちょくちょく見たほうがいいです。

Qディーゼルエンジン、過度のオイル交換は有害?

知人がこんな事を言っていて気になっています。

『何かの雑誌かホームページだったかで、ディーゼルエンジンは過度のオイル交換をすると有害、って見た記憶がある。』

何でも、ある程度のスラッジカーボンが燃焼室の気密性を保つ役割をしているのに、過度に交換するとスラッジカーボンが無くなってしまう…との事です。

これは本当でしょうか?詳しい話を知っておられる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

●以前、某自動車メーカーの開発実験耐久に携わっていた者です。

●ある程度のスラッジカーボンが燃焼室の気密性を保つ役割をしているのに、過度に交換するとスラッジカーボンが無くなってしまう…との事です。

→ディーゼルエンジンでこの様な事は全くありません。
*オートマチックトランスミッションオイル(ATF)を長期間交換していない状態で、新品に交換するとこれに似た状態になり、不具合が起きる事はあります。

●エンジンオイルの過度の交換(目安として3000km以下)は、有害にはなりませんが、無駄な交換(オイル自体の性能が交換が必要な程低下していないのに交換)という事になります。
有害な面をあえて挙げるとすれば・・・
例えば500km毎と頻繁に交換すれば、オイルドレンボルト(オイルを抜く時に緩めるボルト)やオイルフィラーキャップ(オイル投入口の樹脂製キャップ)のネジ部の磨耗が、多少早まる事位でしょうか。

Q激安のオイルについて

この前ホームセンターにエンジンオイルを買いに行きました。
ごく普通のファミリーカーに使うオイルなので安い物を探していましたが4リッターで2500円以上ぐらいがほとんどでした。

その中でカストロールのXLX
http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927415&contentId=6500315
というオイルだけが異常に安く1200円ほどでした。
たまに今回のように海外メーカーのオイルで輸入品にシールを張ったような物ではなく缶自体が日本語表記の製品で他の製品に比べて気味が悪いくらい安いものを見かけるのですがこういったものは信頼できる物なのでしょうか?

メーカー物の安いオイルに偽者があると言うような話を聞いたことがあるのですが実際どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、ファミリーカーにカストロールのXLXという商品をよくケーヨーD2で買って使うことがありましたが、なんら心配はありません。ちょっと前ならカストロールGTX7とか言うのもよく使いました。

普通に走る分にはなんら問題はありません。乗られている車や使い方でうまく使い分けていただければ、定期的にオイルエレメントと交換されれば非常に経済的だと思います。詳しい説明はNo5の方やその他の方が回答しているので割愛しました。
いままでDIYで車10台以上乗りついで30年オイルが原因のトラブルは一度もありませんでした。

QGエンジン専用オイルとDエンジン専用オイルの混合

GエンジンにはDエンジン専用オイルを使用しても、当面の間は問題なく使えるとの記載があちこちのHPに記載があります。

DエンジンにGエンジン専用オイルは、酸中和性能の関係で使用はできないとの記載もあります。

もちろん、専用指定されているエンジンオイルを指定以外のエンジンに使うというのはよくないことはわかるのですが、後者の場合(Dエンジン)に、Gエンジン専用オイルを実際に使用した場合、または、補充時のオイルがガソリンエンジン専用のものだった場合に、実際にはどうなるのでしょうか?
実際に使用されて問題が発生した方、いらっしゃいませんか?

エンジンオイルに対する性能要求が厳しくなってしまった結果、兼用オイルが減ってきているように思えるので、今回の質問となりました。
兼用できなくなってきているというのは、SJ以降の二輪車に対する適用もJASOのMA・MB指定が無い物は使わないようになっていたりと、エンジンオイルの専用化が進んでいるので、ますます選択が困難になってきていると感じますよね。

Aベストアンサー

将来的に考えれば・・・起こるでしょうね。

50対50での混合
間違えて入れたのなら抜いて、新たにちゃんとしたオイルを入れればいい話ですし、仮に半分しかオイルが無かったなら、違うオイル(ディーゼルエンジンにガソリンエンジンオイル)を補充せず、規定量の半分でもオイルとしての機能は果たしますので、同一銘柄・同一粘度を後に補充しましょう。

もしかして、ガソリンエンジンオイルとディーゼルエンジンオイルをブレンドして兼用オイルとして使いたいのでしょうか?
銘柄が同じで粘度のみが違う場合なら、兼用オイルになりますが。Dオイル・Gオイルの混合←この場合は、得体の知れないオイルになり両者の機能は失われている と思ってください。
(醤油とソースを混ぜるとどんな味?)

もし、兼用オイルとして使いたいのならディーゼル用の低粘度のものを使えば、問題は軽微なハズです。
(超低燃費車・超低排気ガス車・コモンレール式ディーゼル車を除く)

ただし、バイクに4輪用のオイルの兼用はダメです。(湿式クラッチが張り付きます)

Qいままでロータリーで使用してきたオイルについて

ロータリーエンジンで使用するオイルについては、本当に悩まされました。
オートバックスに置いてあり、マツダ純正オイルと同じ粘度 を探した結果、
「カストロール マグナテック 0W-20」を使用してきました。

理由は・・・
オートバックスに置いてある。
マツダ純正オイルと同じ粘度である。
価格が安い。
カストロールジャパンではRX-8での使用テスト済み。
(問題なく使用できるとエンジニアは語る)

オイルについて考え直そうと思っているのですが、
いままで使ってきたオイルはどうだったでしょうか。




カストロールで推薦するオイルがあったら教えてください。
http://www.castrol.com/castrol/productseriessection.do?categoryId=82927404&contentId=6007381

Aベストアンサー

今まで使っていたオイルは銘柄はいいと思いますが、粘度が低すぎと思います。高回転まで回していればおそらく油膜切れに近い状態になっていてもおかしくありません。
カストロールのエンジニアが自分のところのオイルはダメだとは言えないでしょう。
純正オイルが低粘度なのは燃費が良くなるからです。あとは低価格ということのみ。純正オイル信仰者の方からすれば純正が一番なんでしょうが・・・純正オイルはコスト最優先です。R35GTRなどは純正指定オイルであってもコストパフォーマンス無視で1Lあたり¥2100のオイルです。メーカーでも本当に良いオイルは高いとわかっているのです。
カストロールであれば『RS』か『XF-08』。『XF-08』は部分合成ですが油膜切れ防止用の添加剤が多めでスラッジが出にくい添加剤が入っているからです。あと価格も安めなので追加補充が必要なロータリーにはお薦めです。粘度に関しては5w-40、または10w-50がいいかと思います。
カストロール以外でも評判のいいオイルは5~10w-40~50くらいのものが多いです。
http://www.speedmaster.co.jp/products/pro/prospecseries_pd.html
http://item.rakuten.co.jp/carkichi/432082
http://www.rmagic2007.net/shop/products/detail.php?product_id=207
http://www.amazon.co.jp/RE%E9%9B%A8%E5%AE%AE-RE%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BCG-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB-10W-40-SM/dp/B007QSIRV8
この辺の物はコストパフォーマンスよりも性能を優先しているものです。

今まで使っていたオイルは銘柄はいいと思いますが、粘度が低すぎと思います。高回転まで回していればおそらく油膜切れに近い状態になっていてもおかしくありません。
カストロールのエンジニアが自分のところのオイルはダメだとは言えないでしょう。
純正オイルが低粘度なのは燃費が良くなるからです。あとは低価格ということのみ。純正オイル信仰者の方からすれば純正が一番なんでしょうが・・・純正オイルはコスト最優先です。R35GTRなどは純正指定オイルであってもコストパフォーマンス無視で1Lあたり¥2100の...続きを読む

Qエンジンオイルをちょっとだけ抜きたいんです

エンジンオイルに添加剤を入れようと思っています。
今オイルは適量入ってますので添加剤の分だけ抜きたいのですが、
自分で簡単に抜ける方法がありますか?

添加剤は350CCくらいです。
車はスカイラインR32。オイルは自分で変えたことはありません。

Aベストアンサー

>リフトアップはどこでやってるんですか?

そのまま地面に寝そべって潜れませんか。だめなら
リフトアップしなくてもフロントタイヤを∠口のような板でも置いてそれに乗り上げればよいです。
それで、寝そべったまま作業する。
車が動かないようにサイドブレーキ引いておくなど注意して。
自分でオイル交換する場合は誰もこういう方法で行っていると思います。

ジャッキアップだと外れた時に車の下敷きになったり危険なのであまりおすすめしません。

それとオイルの量を測るときは車が傾いていると正確に測れないので注意して下さい。

Qエンジンオイルの混合について

私はアドレスV125Gを乗っている者です。

アドレスには950mlのオイルしか入らないため1Lのオイルを買うと50mlのオイルが残ってしまいます。
しかし、オイルフィルターを交換する場合は1050mlのオイルが必要です。
だから、今度オイルフィルターを交換することにしたんですが
現在残っているオイルは「MOTUL 7100 10W-40 100%合成油」と
「Castrol POWER1 4ST 10W-40 部分合成油」があります。
また、今回使用するオイルは「elf MOTO 4 HP ECO 10W-40 半化学合成油」です。
MOTULやCastrolの残っているオイルは二つあわせて50~80mlしかない
と思われるので、今回この三つのオイルを混合しようと考えているのですが、大丈夫でしょうか?
また、添加剤の「ZOIL」を兄から貰ったので、入れたいと思っているのですが、大丈夫でしょうか?

このようにオイルを混ぜて使ってみた方や、オイルに詳しい方
是非教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

現実問題、オイルの混合でトラぶったことはありません。
それより、オイルの量を算数で出していることが気になります。
アドレスV125Gがどうかわかりませんが、通常なら規定量にマーク
あるいは、オーバーフローがあるはずなので計算で残りの量を入れるのではなく、規定の量に調整してください。
PS 貰ったオイル、添加剤が古くて酸化している様なら入れないほうが良いと思います。

Qガソリンエンジンとディーゼルエンジン

日本ではディーゼルエンジンは排気ガスの問題で嫌われていますが、ガソリンエンジン用のガソリンも精製段階で軽油の3倍のCO2を出しているそうなので、一概にガソリンエンジンが良いとは言えない気がします。ガソリンエンジンよりディーゼルエンジンのほうが安全性が高いですし、燃費も良いのでとても便利なエンジンだと思うのですが、環境への影響や安全性やその他を含めて皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

世の中では「ガソリンエンジンはクリーンで、ディーゼルエンジンはダーティだ」という図式ができあがっているみたいですが、現実にそのようです。けれども、その原因は、開発への力の入れ方の差ではないかと思います。つまり、乗用車に多く使われてきたガソリンエンジンには多くの力を注いで排ガス対策をし、ディーゼルエンジンはそれを疎かにしてきただけだと思います。

 かつてアメリカで、乗用車の排ガス規制法、マスキー法が施行されたとき、世界中の自動車メーカーの誰もが悲鳴を上げたものでした。ホンダのCVCCエンジンはこのとき誕生しています。

 そもそもディーゼルエンジンは原理的に優れたエンジンですので、気合いを入れて排ガス対策をすれば、ガソリンエンジンよりクリーンなエンジンになるのではないかと思います。

       ディーゼルE  ガソリンE
---------------------
燃料      軽油・重油   ガソリン
着火      空気圧縮    電気花火
馬力当り質量  大       小
馬力当り価格  高い      安い
熱効率     良い      悪い
       (30~40%)  (22~28%)
経費      安い      高い
火災の危険度  少ない     多い
騒音・振動   大きい     少ない
冬季の始動性  やや悪い    良い

ガソリンエンジンはガソリンを燃料にしないと動きませんが、ディーゼルエンジンは粗悪な重油、灯油、あるいは植物油でも動くと聞いています。(ガソリンではなぜか動かない)

世の中では「ガソリンエンジンはクリーンで、ディーゼルエンジンはダーティだ」という図式ができあがっているみたいですが、現実にそのようです。けれども、その原因は、開発への力の入れ方の差ではないかと思います。つまり、乗用車に多く使われてきたガソリンエンジンには多くの力を注いで排ガス対策をし、ディーゼルエンジンはそれを疎かにしてきただけだと思います。

 かつてアメリカで、乗用車の排ガス規制法、マスキー法が施行されたとき、世界中の自動車メーカーの誰もが悲鳴を上げたものでした。ホン...続きを読む

Qカストロールの2ストオイル

NS-1に乗っているのですが、現在、ホンダ製の純正オイルを使用しています。

先日、某カー用品店に行ったところ、カストロールの2ストオイル『Ride!2T』(http://www.castrol.com/castrol/productdetailmin.do?categoryId=82927458&contentId=6500331)
が、純正オイルよりも安く売っていました。
缶に記載された説明のよると、始動時に安定するといったようなことが書かれていました。
また、小型バイク、スクーター向きとも記載されていました。
このオイルはNS-1での使用は適さないでしょうか?

もし、使えるのならば、今現在使用している純正オイルと混ぜると、何か問題がありますか?
お教え頂ければ幸いです。

なぉ、NS-1のチャンバーはメガブレイズというものが購入時に付いていました。
しかし、峠などを攻める趣味はなく、街乗りに使用しています。

Aベストアンサー

NS-1って事はレッドゾーンはたしか12,000rpm位でしたよね?純正でもGR2位入れておいたほうが無難な気はします。
(GR2ならホームセンターで\1k前後なので価格もYAMAHA RSなんかより手頃)

車体は違うんですが同系列エンジンをボアアップして乗ってますが、普段乗りでも私は10,000rpmまで回っちゃってるので、一応高回転の部類に入るエンジンなんじゃないかと思っていますので、カストロールでいうなら2TS位じゃないとちょっと怖いかもとか思います。
でもボアアップ無しの原付1種の状態だと7,000rpm位で走れるのかなぁ?それでも自分ならRide!2Tじゃちょっと怖くて嫌かも。
純正でもSuperFine以上にしておくと思うし。

話が前後しますが、私の原付のオイルをTTSからGR2に変更したのは、決定的なトラブルがあった訳では無いのですが、微妙に相性の悪さを感じたからです。
No4のアドバイスにあるように、ちょっと粘度の違いがあったのかもしれないかなと思っています。カストロールのほうがちょっとオイルかぶりした感じだったですね。(まさに性能ではなく相性)

ほんというとHONDA純正オイルの排気は鼻を刺す臭いなので、私にとってはカストロールのほうが我慢できるマイルドさで良かったのですがw

NS-1って事はレッドゾーンはたしか12,000rpm位でしたよね?純正でもGR2位入れておいたほうが無難な気はします。
(GR2ならホームセンターで\1k前後なので価格もYAMAHA RSなんかより手頃)

車体は違うんですが同系列エンジンをボアアップして乗ってますが、普段乗りでも私は10,000rpmまで回っちゃってるので、一応高回転の部類に入るエンジンなんじゃないかと思っていますので、カストロールでいうなら2TS位じゃないとちょっと怖いかもとか思います。
でもボアアップ無しの原付1種の状態だと7,000rpm位で走れ...続きを読む

Q「ディーゼルエンジンとガソリンエンジン」違い

教えて下さいと言われたらどれくらいまで答えますか?
私は実際に

・高圧縮の自然着火
・排ガスの代わりにススが出る。

位しか答えられませんでした。
機械系の人間として上記のようなことで「ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いと言えば?」と
問われて知っておくべきことは何でしょうか?

Aベストアンサー

ガソリンエンジン
「引火」しやすく「着火」しにくいガソリンが燃料であるため、燃焼速度を制御しやすく燃焼音が小さく静寂性に優れる。
アクセルバルブが存在し理論空燃比を保持するよう燃焼空気と燃焼を制御し三元触媒にて排気を浄化する。このためポンピングロスが大きくなる。
ただし、過給機付きで吸気管圧力が正圧の場合は燃料供給を過剰にし燃焼温度の過剰な上昇を防ぐ制御を行う。
圧縮比が低く、熱効率が悪い。しかしながらピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの回転部品を軽量にできるため高回転化が可能になり高出力化が可能。

ディーゼルエンジン

「着火」しやすく「引火」しにくい軽油が燃料であるため、燃焼させるために燃焼室内に直接噴射するしか方法がなく、よって燃焼速度が急峻で制御しにくく燃焼音が大きい。しかし今現在、ピエゾ素子インジェクタにて緻密な噴射制御にて改善されている。
アクセルバルブが無く、ポンピングロスが小さい。燃料噴射量のみで燃焼を制御するため過酸化燃焼になりやすく排気ガスがクリーン。
しかしながら着火燃焼であるため煤が発生しやすく、排気ガス内の煤の分離と排出方法にやや難がある。
また常に新気をフルに吸気しているため排気圧力が大きく過給機との相性が良く、また燃焼噴射量のみで燃焼制御しているため燃料を過濃供給する必要がない。
着火燃焼させるために圧縮比が高く熱効率が良い。なので燃費が良い。
しかしながらピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの回転部品を高圧縮に耐えるよう頑丈に作らなければならず高回転化が難しい。結果、低回転域では高トルクは得やすいが高出力は得難い。

ガソリンエンジン
「引火」しやすく「着火」しにくいガソリンが燃料であるため、燃焼速度を制御しやすく燃焼音が小さく静寂性に優れる。
アクセルバルブが存在し理論空燃比を保持するよう燃焼空気と燃焼を制御し三元触媒にて排気を浄化する。このためポンピングロスが大きくなる。
ただし、過給機付きで吸気管圧力が正圧の場合は燃料供給を過剰にし燃焼温度の過剰な上昇を防ぐ制御を行う。
圧縮比が低く、熱効率が悪い。しかしながらピストンやコンロッド、クランクシャフトなどの回転部品を軽量にできるため高回...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報