ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

ベランダで藤の花を育てたいのですが
お手入れ方法が解りません
どなたか教えて下さい

A 回答 (2件)

ベランダで藤を育てたことはありませんが、鉢植えの注意点を紹介します。


 花後は、実がつかないように花がらを摘み取り、お礼肥えをやります、(200倍ぐらいの液肥を2~3回)
 置き場所は日がよく当たり、蒸れないように風とうしの良いところが良いでしょう。
 延びてきたつるは切らないで、邪魔にならないように丸めておきます。
 水は切らさないように注意します。
9~11月にかけて、肥料をやります(骨粉いり油粕を7号鉢で5~6個、月1回)
 1~2月に寒肥を1回上げます。丸めておいたつるは落葉してから2月末までの間に、花芽から先3芽ぐらい残して剪定します。樹形も整える。
 植え替えは2~3年ごとに行います、このとき太い根はあまり切らないようにします。
 以上が一般的な管理法ですが、5~6年以上たった木の場合は、夏の間だけ腰水をします、植木鉢の高さの半分ぐらいを、水につけておきます。これは根を発育させないで花芽をつかせる為です。
 藤の生涯は、人間に似ています、忍耐と休養の冬、躍進する春、繁茂する夏、調整する秋、だそうです。
毎日の管理は大変でしょうが、頑張って毎年良い花を咲かせてください。
    • good
    • 0

NO1です。


植え替えの時期は、11~12月上旬または2月下~3月中旬です、用土は水はけが良く保水力があれば何でもかまいません。私は赤玉7、腐葉土3ぐらいを使っています。病虫害はあまり心配要りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご丁寧に有難うございました

参考に致します!

お礼日時:2005/04/18 10:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q藤の苗約1.5mの鉢植から藤棚に仕立てていきたいのですが、やり方を教え

藤の苗約1.5mの鉢植から藤棚に仕立てていきたいのですが、やり方を教えてください。
冬にホームセンターで購入しましたが、現在、葉がたくさん茂っていて、特に人間の頭くらいの位置にこんもりと葉が重なって、その先に何本も蔓が伸びてきています。
スチール製のアーチを傍に置いて、そこに這わせようとしていますが、このままでいいのでしょうか???
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、鉢植えの場合は棚仕立てにはできません。
なぜなら鉢植えは、植え替えてやらなければいけないからです。元気に育っていれば、どのような大きな鉢でも2~3年で根詰まりを起こしてしまいます。根詰まりを起こせば鉢の中は古い根で一杯になり、新しい根が生えるスペースがなくなります。こうなるともう生育不良になり、元気に育つことはできません。
新しい根の方が水分や養分をより多く吸収してくれ、また鉢内は水の通りが悪くなり、根が満足に水を吸うことも難しくなります。
根もギュウギュウ詰めで、鉢からの抜き易さを考慮しても、2年を目安として植え替えるのがよろしいでしょう。8号鉢以下であれば毎年植え替える必要もあります。水遣りしても水がサッと抜けず、滞留して時間がかかるようになったら、詰まりしている、あるいは根詰まり気味のサインです。

今年伸びたツルも冬には木質化して来ますが、これが藤棚などに固定されていると植え替え作業は難しいですね、植え替え作業もいい加減なものではダメですから、まず不可能と言ってよいでしょう。
根をあまり切り詰める事はしませんが、根もほぐして古い土も半分以上落としてやらなければいけません。ちなみに植え替え最適期は、2月の中下旬あたりの早春です。まだ落葉している状態で植え替えます。
鉢植えの場合はスタンダードな仕立てとしましょう。ツルは今年伸ばされても構いませんが、植え替え時は、やはり切り落とすことになります。あるいは太くなって木質化したツルの基部だけ残すようにします。ここにも花芽が付きます。
藤棚などにできるのは、やはり地植えの場合です。

画像は今年の4月21日のもの。早咲き種のものですが、今年の3月4月は寒かったので、開花が2週間ばかり遅れたようです。枝の上部に割りと真っ直ぐめの枝部分がありますが、この部分は木質化したツルの基部をやや残したものです。花房が重く、枝全体が垂れ下がるので支柱で支えてやっています。

結論から言いますと、鉢植えの場合は棚仕立てにはできません。
なぜなら鉢植えは、植え替えてやらなければいけないからです。元気に育っていれば、どのような大きな鉢でも2~3年で根詰まりを起こしてしまいます。根詰まりを起こせば鉢の中は古い根で一杯になり、新しい根が生えるスペースがなくなります。こうなるともう生育不良になり、元気に育つことはできません。
新しい根の方が水分や養分をより多く吸収してくれ、また鉢内は水の通りが悪くなり、根が満足に水を吸うことも難しくなります。
根もギュウギュウ...続きを読む

Q一才藤の剪定についてとその後の管理。

一才藤の剪定に疑問ありです。花が終わり花の房を切るとありますが、
樹から切り落とすのか?、葉?蔓?を2,3残し切り落とすのか?よく分からなくなっています。現在は2,3残して切り落とした状態になっています。。2,3の箇所から新しい葉?蔓?が成長し始めています。これでよいのでしょうか?今年初めての一才藤で悩んでいます。外に置いた状態ですが、今後の管理など詳しくご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉の数がすこし少ない様ですね。画像のように花の房の基部の葉芽を残した状態でよろしいです。これが左の葉のように伸びてきます。
葉は花後にどんどん増やしていって下さい。葉が増えすぎたら今度は日当たりや風通しを考慮して、葉が付いている基部から剪定します。
葉の量が適量になるまで剪定しますが、そのぐらいでなくてはいけません。

一才藤は藤のなかでは特別で、若木のうちから非常に花つきが良く、普通に施肥してかまいません。また花つきの良さは老木になってもかわりません。ですから花後は緩効性の肥料を置き肥して、週に1回液肥を与えて肥培するようにします。
藤(マメ科植物)は根の根粒菌と共生し、空気中の窒素を肥料にすることが出来ますが、一才藤の場合はあまり気にする必要はありません。
しかし窒素、リン酸、カリと肥料の三要素をバランスよく与えるようにします。
藤というのはある程度老成しないと花が咲かない、樹が若返ったら花が咲かないから肥料は控えめにする。などは一般的によく聞く言葉で、それは確かに当たっていますが、一才藤の場合はそれに当てはまらず普通に肥培して結構です。
むしろ花後の疲れを早く回復し、また樹にエネルギーを蓄えた方が良いのです。隔年開花(花が沢山咲いた翌年度は花数が減る。)の傾向はありますが、そのためにも肥培します。
従って藤の鉢植えで夏場によく行われる「腰水法」も一才藤の場合は必要ではありません。
(腰水法・・藤の成長を人為的に止めて老化させ、花つきを良くする方法。
7月8月あたりの花芽分化期に鉢の1/3を水に浸けるが、危険性があり元気のない藤では枯れることがある。)
また幹に傷をつけて花つきを良くする方法もありますが、これも一才藤には必要ではありません。それほど一才藤は花つきが良いのです。

緩効性の置き肥はほぼ何でもよく、私の場合は「発酵済み油粕+配合肥料」の玉肥、コバエが発生しはじめたらIB化成肥料あたりをよく使います。
液肥はハイポネックス(原液)を1000倍に薄めたものを週に1回のペースで与えます。
与える時期は芽出しの3月、花時は避けて5~10月ぐらいまで与えます。
バラ並みですね。(笑)
http://www.mc-agri.co.jp/gijutu/ib_s1.html
http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

もう少しするとツルが伸びてきますが、これは切らずに支柱のようなものに絡ませます。あまり沢山ツルが生えるようでしたら余分なものは切っても結構です。
落葉すればツルは全て切っても構いませんが、翌年は木質化したツルに花が咲く事もあります。
藤は水を好みますから、土の表面が乾いてきたら十分に水遣りします。
ただし土の排水性は良くなくてはなりません。植え付け時、植え替え時は土を吟味します。
赤玉土(小粒)+腐葉土+山砂類が良いでしょう。それぞれ5:3:2ぐらいの割合です。9号鉢以上になれば赤玉土は中粒も幾らか混ぜるようにします。
根張りはかなり良いですから、7号鉢以下は毎年植え替えます。8号鉢以上は2年に1回植え替えます。
根はあまり切り詰めないようにしましょう。「藤巻き」という言葉もあるくらいですから。
また元肥としてマグァンプKの大粒や中粒を土に混ぜ込むと良いです。リン酸の多い長期間効く肥料です。
植え替え時期は落葉期です。11月か3月あたりが良いでしょう。

画像は「長崎一才藤」。購入後15年ぐらい経っています。最初は6号プラ鉢に入っていましたが、今では12号鉢になっています。開花は4月上中旬の早咲きです。芳香もありますね。

葉の数がすこし少ない様ですね。画像のように花の房の基部の葉芽を残した状態でよろしいです。これが左の葉のように伸びてきます。
葉は花後にどんどん増やしていって下さい。葉が増えすぎたら今度は日当たりや風通しを考慮して、葉が付いている基部から剪定します。
葉の量が適量になるまで剪定しますが、そのぐらいでなくてはいけません。

一才藤は藤のなかでは特別で、若木のうちから非常に花つきが良く、普通に施肥してかまいません。また花つきの良さは老木になってもかわりません。ですから花後は緩効...続きを読む

Q藤の盆栽の腰水について

藤の盆栽では、枝の伸びを抑えるためなどの理由で、6月~7月くらいまで植木鉢をボールなどの水につけますよね。

今回、この腰水をしていると、肥料のようなにおいがしてきました。少なくとも、4日くらいは水を換えていませんでした。この藤は植木鉢つきで先月購入したばかりなので、まだ植え替えはしていませんが、おそらく、油粕などの肥料が入っているとは思います。

藤本体の状態は、葉も青々と元気に茂っていて、根が腐っていると言うことはなさそうです。

腰水って、藤に限らずかもしれませんが、結構、頻繁に水を交換してやらなければならないのでしょうか?お教えいただければ、たすかります。

Aベストアンサー

一部、思い違いがあるようですので。
植木鉢の大きさは尺貫法が基本です。
18センチなら、6寸で、6寸鉢となるんですが、尺貫法で表示してはいけないので、6号鉢と表記します。
ですので、私が書いた10号は直径30センチの鉢です。
実際に異臭がするほどになるには15号(45センチ)くらいの土の量がいりますが。

では。


人気Q&Aランキング