35,607円に、平成15年12月28日から今年5月までの年5分の割合による利息を足すと、どういう計算で、一体総額いくらになるのでしょうか?

A 回答 (3件)

5分ということは5%ですね。

何割何分何厘というときの、分ですよ。何割の1/10です。

35607×5/100=1780.35円が年利です。
期間を日数で計算しますが、5月までというのは31日までで良いのかな?
利息の日数は最初と最後の日にちをカウントする(両端入れ)ので、155日分の利息が必要です。
すると、1780×155/365=755.89...となります。
あとは端数を切り捨てるか、切り上げるかで、755円か756円となります。
365で割っているのは365日ということですね。年利を日割りで計算しなおしています。
切り上げの場合で、35607+756=36363円が総額ですね。
    • good
    • 0

あら、1年足りませんでした。


1780円加算しなければいけませんね。
総額38143円です。#1と違うのは月割りと日割りで、端数の処理の違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
最初の日をカウントするかどうかで#1さんと意見が違いますが、計算方法、総額が分かり、助かりました(^o^)/

お礼日時:2005/04/15 19:04

5分とは5%のことですので、年利5%と同じです。



平成15年12月28日から12月31日までは3日間(28日当日は含まず)、平成16年はフルに1年間、平成17年1月1日から5月31日までが151日間ですので、年に換算すると1+(3+151)/365で、約1.42ヵ年となります。

この1.42ヵ年に年利5%が付きますので、複利計算ではない限り、35,607x0.05x1.42で、利息は2,528円となり、元本と合わせて38,135円となります。(利息に対する税金は計算から除外しています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
5%だったんですね・・(汗)安心しました。

お礼日時:2005/04/15 18:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q利率の計算について教えてほしいのですが、 「10万円を年利9%の1年(

利率の計算について教えてほしいのですが、 「10万円を年利9%の1年(12回)ローンで借り入れた場合、毎月の返済金額は8745円」になるというのは、どういう計算からこの金額が出てくるのかわかりません。この8745円をダイレクトといいますか、まず出すにはどのように計算するのか?
という事と、年利9%の1年ローンという文章自体もよく飲み込めません。
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ローン返済の計算は大変難しいです(私も逃げの姿勢ですが)。幸い親切にもexcelで計算出来るフリーソフトを公開されている方がお見えです。
》http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se415133.html

試しに「10万円を年利9%の1年(12回)ローンで借り入れた場合」の試算をしてみましたら間違いなく8,745円が出てきました。

Q平成16年の5円玉

平成16年の5円玉を探しているのですが、どんな方法がありますか?

Aベストアンサー

Yahoo!オークションなどを利用するというのは?

Yahoo!オークション>アンティーク、コレクション>貨幣>硬貨>日本>現行>5円
http://list5.auctions.yahoo.co.jp/jp/2084036918-category-leaf.html?

--

参考URL:http://list5.auctions.yahoo.co.jp/jp/2084036918-category-leaf.html?

QPMT関数を使用しない実質年利の計算方法

PMT関数を使用せずに、実質年利に対する毎月の支払額を出したいと職場仲間に聞かれ困っています。
ネットで探すと色々な式が出てくるのですが、どれがその式なのか分からず、適当な式に値をあててみるのですが、PMTと合いません。
実質年利ってどうやって計算しているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

このようになりますね。

A          B       C
借入金    利率(年利)   期間   (1)
\1,000,000     5.50%     25年  (2)

月利で計算すると、

=A2/((1-(1+(B2/12))^-(C2*12))/(B2/12))

という計算になるはずです。

年利計算でしたら、

=A2/((1-(1+(B2))^-C2)/(B2))

参考にしたところ
http://www.filemaker.co.jp/help/FunctionsRef-153.html

Q2008年7月募集の個人向け国債5年ものの年利

2008年7月に募集した個人向け国債・5年ものの年利を教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらで、どうぞ。

参考URL:http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/kojinmuke/contents/list_kotei/No_11.html

Q終身保険の年利の計算方法について

終身保険の年利の計算方法について教えて下さい。

たとえば・・・。

20年後の解約返戻金が、払い込み金額の115%になるという終身保険に加入し、
保険料の払い込み期間を10年とした場合に得られる返戻金の年利は、

15%/10年=1.5%

と考えても良いのでしょうか?

トンチンカンな質問でしたら、申し訳ありません。

Aベストアンサー

複利で計算されるので、そんな単純な計算ではありません。
100万円一括払いで、20年後に115万円が戻ってくるのならば、平均利回りは約0.7%になります。
10年ならば、約1.41%です。
通常は一括払いではなく、保険料を月々支払うので、計算はより複雑になります。

もしも、解約返戻率と銀行預金の利率を比較するのなら、利息などのプラス分にかかる税金が異なるので、話はもっと複雑になります。
銀行預金の利息は、利息に20%の税金がかかります。
保険の場合には、一時所得となり、他の所得と合算しての課税となります

Q「あなたの「未払記録」につき平成16年1月7日までに正式な関係書類を持参の上、あなたの自宅に訪問致します。」

以下のような気持ちの悪いメールが来ました。憤りを感じるとともに気持ち悪くてたまりません。

==========================================
あなたの「未払記録」につき平成16年1月6日までに正式な関係書類を持参の上、あなたの自宅に訪問致します。

あなたが後払い会員登録した下記通信料金※1が未払いのままです。
支払期限※2が過ぎておりますので、料金(延滞利息等を除く)には年14.5%の割合で計算した延滞利息※3が別途加算されています。
訪問を拒否する方は支払いの約束※4をして頂きます。
※1当サービス利用料金です。
※2下記支払い期限を参照して下さい。
※3支払い日によって変動します。
※4訪問を拒否する方はこちらをクリックして下さい。

ここをクリック
訪問を拒否する方はこちら支払いの約束をして頂きます
あなたの「通信履歴」2003/07/01/19:12     

あなたの「申込記録」

■登録日時 :平成15年3月01日(木)午後1時03分
■支払期限 :平成15年7月02日(木)午後9時
■SITE・名 :GALクラブ
■商品名  :銀行振込後払い会員 190日
■期間 :190日
■料金   :90,700(延滞利息等を除く)

※注意
当方は法人ではありません。独自の判断で回収致します。あなたの自宅に訪問する際、交通費、調査費用等は当方が負担致します。原則的に、午前7時から午後9時までの間に訪問致します。
あなたが留守の場合は訪問時間が大幅に前後する場合があります。
本状到着までにお支払いの場合は、行き違いにつき何卒ご容赦願います。
==========================================
どうすればいいでしょうか?

以下のような気持ちの悪いメールが来ました。憤りを感じるとともに気持ち悪くてたまりません。

==========================================
あなたの「未払記録」につき平成16年1月6日までに正式な関係書類を持参の上、あなたの自宅に訪問致します。

あなたが後払い会員登録した下記通信料金※1が未払いのままです。
支払期限※2が過ぎておりますので、料金(延滞利息等を除く)には年14.5%の割合で計算した延滞利息※3が別途加算されています。
訪問を拒否する方は支払いの約束※4をして頂きます...続きを読む

Aベストアンサー

私へも「GALクラブ」とかで、昨日の日曜日にメールできました。
私のところには、確か「36,000」とかでしたが・・・

それも、いちいちHTML形式のメールで色付きで・・・
よっぽど暇なのか、

もっとも私の場合、よく見もせず、そのまま削除してしまいましたが・・・・

今時、後払いの銀行振り込み等という「有料サイト」など、ありません。

この手のものには、徹底無視するに限ります。

この手の行為は、「数打てば当たる」ですから、
相手側が「しめた!、引っかかった」とおもえば、
また、しつこく何回も接してくる可能性があります。

決して、こちらの個人情報をもらさない上でも、
クリックや、返信をしてはなりません。

Q年利率の計算について質問します。 いま、簿記三級の勉強をしていて貸し付けの所でつまずいています。 貸

年利率の計算について質問します。
いま、簿記三級の勉強をしていて貸し付けの所でつまずいています。

貸付金10,000円の返済を受け、利息とともに現金で受け取った。 なお、利息の年利率は8%で、貸付期間は146日であった



この場合、一年なら利息ら800円は理解できます。
それに12ヶ月を割ると1ヶ月単位の利息が出るのも解りますが、146日と言った日数の場合どのような計算をするのでしょうか?

問題の解答欄には

式)[ 利息金額 ] = [ 貸付金額 ]×[ 年利率 ]×([ 日数 ] / 365)
= 10,000×0.08×(146 / 365)
= 10,000×0.08×(2 / 5)
= 320(円)


この(146 / 365)の部分がよく理解できません。

お願いします。

Aベストアンサー

一年は365日として計算する。
365日のうち146日です。

Q確定申告で教えてください【平成20年度のリフォームを21年度の経費に当ててもいいのでしょうか】

皆様お忙しい中すいませんが確定申告の件で教えてくださいませ。
賃貸アパートのリフォーム代金を
平成20年度にまわすべきなのか、平成21年度にまわすべきなのか
教えてくださいませ。
内容は下記となります。

(1)リフォームの完了日付は20年12月25日
(2)リフォーム会社へ支払う日付は平成21年2月20日
(3)領収書の日付は21年2月20日

【疑問点】
平成20年にリフォームが完了しているのだから、
平成20年の確定申告にまわすべきなのでしょうか??
それとも代金を支払った21年の分に申告するべきなのでしょうか?

当方としては平成20年度の分の確定申告にまわしたいのですが、
いかがでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>平成20年度にまわすべきなのか…

個人の税金はすべて 1/1~12/31 がひとくくりで、「年度 (4~3)月」ではありません。

>(2)リフォーム会社へ支払う日付は平成21年2月20日…

青色申告で、なおかつ「現金主義」の届けを出してあるなら、21年分の申告です。

青色申告でも現金主義ではない一般の青色申告や、白色申告なら、20年分の申告です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

なお、いくらほどのリフォームかお書きでありませんが、原則として 10万円を超える修理・修繕は「資本的支出」として減価償却資産となります。
20年分の経費になるのはわずかですが、そのあたりはお分かりになった上でのご質問ですよね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>平成20年度にまわすべきなのか…

個人の税金はすべて 1/1~12/31 がひとくくりで、「年度 (4~3)月」ではありません。

>(2)リフォーム会社へ支払う日付は平成21年2月20日…

青色申告で、なおかつ「現金主義」の届けを出してあるなら、21年分の申告です。

青色申告でも現金主義ではない一般の青色申告や、白色申告なら、20年分の申告です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

なお、いくらほどのリフォームかお書きでありませんが、原則として 10万円を超える修理・修繕は...続きを読む

Q利率の計算について教えてほしいのですが、 「10万円を年利9%の1年(

利率の計算について教えてほしいのですが、 「10万円を年利9%の1年(12回)ローンで借り入れた場合、毎月の返済金額は8745円」になるというのは、どういう計算からこの金額が出てくるのかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

う~ん、めんどくさいw

4月に借りたとします。
借入残高は以下のように推移します。

4月:100,000円
5月:(100,000-8,745)(B)+(100,000×9%/12)(C)=92,005円(A)

まずA。Aはその月の返済完了時のあなたの借り入れ残高です。
Bは前の月までの金額に対して、あなたが支払った分を引いています。
100,000-8,745だと91,255円になりますが、それだけが借入残高でなく、あなたか借りてから支払うまでの1ヶ月分の利息がつきます。その分も借入残高に乗せられます。それがCです。
Cは前の月から支払うまでの借入残高100,000×9%(利率)/12(1ヶ月分なので12で割る)
その分を乗せると92,005円になります。

6月:(92,005-8,745)+(92,005×9%/12)=83,950円
7月:同じ考えなので式省略=75,834円
8月:=67,657円
9月:=59,419円


2月:=17,292円
3月:=8,676円
4月:=-3円

恐らく4月は8,745円ではなく、8,742円の支払いじゃないですかね?
端数は切り下げで計算しましたが切り上げや四捨五入だと4月の結果が数円違います。
ま~大した差ではないです。

う~ん、めんどくさいw

4月に借りたとします。
借入残高は以下のように推移します。

4月:100,000円
5月:(100,000-8,745)(B)+(100,000×9%/12)(C)=92,005円(A)

まずA。Aはその月の返済完了時のあなたの借り入れ残高です。
Bは前の月までの金額に対して、あなたが支払った分を引いています。
100,000-8,745だと91,255円になりますが、それだけが借入残高でなく、あなたか借りてから支払うまでの1ヶ月分の利息がつきます。その分も借入残高に乗せられます。それがCです。
Cは前の月から支払うまでの借入残高100,00...続きを読む

Q老齢基礎年金の繰上げで、昭和16年4月1日生まれと4月2日生まれで条件

老齢基礎年金の繰上げで、昭和16年4月1日生まれと4月2日生まれで条件が違うようですが、なぜ、ここで区切られているのでしょうか?また、昭和16年4月2日以降生まれの人は第二号被保険者になっても、繰り上げ支給の老齢基礎年金の支給停止とならないのはなぜですか?

Aベストアンサー

法律だからここで文句を言ってもどうにもなりませんけど。
4月1日と4月2日で違うのは、学齢の境界が4月1日と4月2日だからです。


人気Q&Aランキング